競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

2007年05月

ブログネタ
競馬◎予想 に参加中!
競馬◎予想 - livedoor Blog 共通テーマ
ダービー予想番外編です。

今日は東京競馬場に、皇太子殿下がダービー観戦、安倍総理がダービーの馬主表彰のために来場するそうです。日本の制度とはあまり関係ありませんが、皇室や王家にちなんだ馬名の馬が今年はけっこう出走しているので挙げておきます。お気付きの方もいるとは思いますが・・。

★フサイチホウオー
★アサクサキングス
★ヒラボクロイヤル

と3頭いました。

以前、ダイユウサク・・メジロマックイーン、
マンハッタンカフェ・・アメリカンボス
などで偶然決まった大レース(有馬記念ばかりですが)もあり、いちおうレース前にこんな話題もありますよ、ということで書きました。

あと、土曜日の金鯱賞は、ローゼンカバリーが快勝しましたが、新潟大賞典から出走した、ヴィータローザとニホンピロキースが渋太く好走しました。レースのレベルや能力にも寄りますが、新潟大賞典の出走馬もチェックしておきたいと思います。

人気blogランキングへ一票お願いします。 

ブログネタ
競馬◎予想 に参加中!
競馬◎予想 - livedoor Blog 共通テーマ

土曜日は全然だめでした。こんな調子で、いよいよダービーです。

◆日本ダービー
★フサイチホウオー
あの、皐月賞での豪脚は最強の証明で、あとは勝負に勝てるかどうかだけ。前回外がごちゃついた流れの不利やマークされる立場を克服すれば勝てるはずですが。
★ウォッカ
力関係から言って牡馬一線級と互角の勝負が出来るはずです。有力。
★ナムラマース
朝日杯など見向きもせずのローテーション。毎日杯で負かした馬が2頭トライアルを勝利。
★ヴィクトリー
渋太さは特筆もの。最近先行馬で成績を上げているカッチーに期待。余裕のあるローテーションも好感。
★サンツェッペリン
松岡騎手は間違いなく勝ちにいくはず。展開が向けば。
★フライングアップル
前走は大きな不利で度外視。それ以外は凡走無しだが、外枠が・・。
★ヒラボクロイヤル
皐月賞に見向きもせず、ダービーに絞り込むローテーション。ここ勝負。
★アドマイヤオーラ
騎乗問題が邪魔にならなければ、と思いますが。裏返せば皐月賞は勝つつもりで仕上げていたはずで、メイチだったはず。実力はトップ級で人気ですが個人的には今回はゴタゴタも含め割り引きたい。
あと弥生賞を物差しにすると、メイショウレガーロが土曜日の白百合Sで完敗したのを考えると、フサイチの出ないレースに賞金を加算したい有力馬がこぞって出走。各陣営でもフサイチは相当強いと思われている感があります。それを考えると、本番でも直接対決して僅差か負かした馬か全く新星のようにあらわれた馬を相手に考えてみたいと思います。現に今年は牝馬も牡馬も上位とそれ以外の馬大きな差ができたレースの多かったこと・・。
◎フサイチホウオー
◯ヴィクトリー
▲ナムラマース
△ウォッカ
△サンツェッペリン
△ヒラボクロイヤル
注トーセンマーチ

◆目黒記念
問題はポップロックとトウカイトリックのハンデをどう見るかで、これが的確であれば両方来るはずで平穏なレースになるはずです。逆に的確でなくて波乱になるとしたら両方とも切るべきで、私な穴狙いなので両方切ってみます。アドマイヤの多頭出しに注目です。ただアドマイヤフジは実績がありハンデは今回0.5キロ減。これは下降線評価で、このようなタイプはあまり来たのを見たことがありません。ハンデ減の馬はとことん減らされてvから狙うと人気も下がっていて妙味があるはずです。直近で引退しましたがトッオブザワールドなどが良い例です。
あとは上村騎手の49キロ騎乗に注目です。ローズプレステージは現段階では実力は足りませんが、ロゼカラーの仔で、ローズバドの下。ここは先行投資で押さえたいと思います。ちなみに上村騎手は体重公称49キロ、ダービージョッキー集結の当日、ここで騎乗するということは勝負けはともかく何かしらの勝負に出るはずです。金曜日の段階では一番人気(2.8倍)だったほどです。
それからやはり地味ですが上昇中のメイショウオウテに注目です。前走の上位2頭はどちらもG1制覇で、その2頭と全く差の無い競馬をしたわけですからここは注意です。

◆むらさき賞
穴を狙うレース。トウカイハッスルに注目です。全く人気がないのでワイドで十分ですが、臼田氏の2頭、アクレイム・ファイトクラブ、あとユキノアサカゼ、カイシュウタキオン。それから関西馬2頭、エイシンニーザン、復調のダイアモンドヘッドあたりまで押さえたいところです。

◆青嵐賞
タマモダンディに注目。

◆東京5R
アポロサーカスに注意。

◆東京6R
ノワールシチーに注意。先行力もあり、使っているレースを見るとかなり期待がありそうです。

◆有松特別
ミュージックホークに注目。

◆名古屋城特別
アンティークコイン

◆東京2R
ハシルペンチャン

◆中京8R
ノーブルフォース

人気blogランキングへ一票お願いします。



ブログネタ
競馬◎予想 に参加中!
競馬◎予想 - livedoor Blog 共通テーマ

◆金鯱賞
◎タガノデンジャラス
◯インティライミ
▲アドマイヤメイン
△ローゼンクロイツ
△スィフトカレント
完全な宝塚記念の前哨戦。安田記念に強力な香港勢が参戦で、最初からこの路線のローテーションで狙うG2クラスの中距離馬の戦い、という感じがします。問題はここに照準をあわせているか、ここで好走しないと後がない馬は?と考え、賞金を上積みしたい馬を軸にしました。

◆欅S
問題はトウショウギア。最近は勝つか惨敗かどちらかで軸にはし難い。軸には今回はトーセンブライトに。相手で面白いのは追い切り入念なライラプス。嵌ればハギノベルテンポ。トシザヘネシー、さらにトウショウギアも逆転候補で。

◆御嶽特別
ノーストピア、フサイチウィード、バンブーライカルト、アグネスクラウンで穴狙い。

◆白百合S
ダービーの指針に参考にしたいレース。
人気だがメイショウレガーロが中心。コースから逃げ残りの馬を相手に狙う。コンティネント、ワンダースティーブ。

人気blogランキングへ一票お願いします。

ブログネタ
競馬◎予想 に参加中!
競馬◎予想 - livedoor Blog 共通テーマ

◆前哨戦
例年皐月賞がダービーの最も重要な前哨戦で、トライアルや他路線からダービーを勝った馬は近年ではアグネスフライト、キングカメハメハだけで、タニノギムレットも皐月賞は一番人気でした。今年の皐月賞は前残りですが、そんな極端なスローペースではなくスタミナ戦の様相だったと思います。また4角でごちゃついて外を回った馬は殆ど競馬になりませんでした。フサイチホウオーを除いて・・。これは中京のあざみ賞と非常に似た状況であざみ賞で外を回って惨敗した馬たちはその後軒並み好走しています。その時も外を回った上に完勝したベッラレイアは、トライアルを完勝、オークスで2着と急激に本格化しました。もちろんもとから能力が高かったのでしょうが、小回りコースでかなりの不利な状況にひるまずに勝ちに行ったあざみ賞の走りはその後のレースで生きたとも考えられます。皐月賞で外を回った馬は要注意と考えます。能力の高い馬という前提ですが。
あとは毎日杯の出走馬にも要注意だと思います。それから阪神外回りコースを直近で走った馬も。要は昨年末に新設された阪神の外回りコースは直線が長い上に急坂もあり、馬にとっては大変な負担になり、その経験が次走に生きてくるのでは、と思っています。
◆調教過程
古馬とちがい、急に距離がのびたり、未経験の距離になるダービーはスタミナを強化する必要があり、やはり入念な調教が必要ではないかと思います。また前走で力を使い果たし疲れのとれない馬もかなり不利になると思います。権利取りや皐月賞でメイチ勝負をかけるローテーションの馬よりはダービーに照準を合わせたローテーションと調整を積んだ馬に注目したいと思います。

◆牝馬
今年は久しぶりに牝馬のウォッカが参戦します。結局オークスに出れば、という感じの流れにはなりましたが、ダイワスカーレットを物差しにすればこの馬も牡馬一線級と互角のレースが出来ると考えます。斤量的にも2キロ減で十分勝負になると思っています。

◆結論
現段階では、
◎フサイチホウオー
◯フライングアップル
▲ウォッカ
△ヒラボクロイヤル
△ヴィクトリー
△フィニステール
注アドマイヤオーラ
という感じで見ています。フサイチは一番嫌だったのは賞金不足で出走が絶望的になったダイレクトキャッチでは、と想像しています。というのもフサイチは共同通信杯の時だけ安藤騎手はゴール前で着差を計る余裕がなかったように見えたからです。それ以外のレースは辛勝に見えても計ったように勝った、いわゆる完勝で、ゴール板の所必ず横や後ろを見て着差を計っていました。負けた皐月も追い込んで上位に入れる確信があるからこそ追ってきたように見えました。
あとはナムラマースあたりも同等かなと思っていますがきりがないのでこの辺にしておきました。穴でフライングに注目したのは、皐月は外を回りさらに不利を受けて、上がりタイムを見れば、最後は競馬をしていない、と思ったからです。距離適性の問題はありますが、皐月の疲れは殆ど無く、東京はフサイチとも殆ど差の無いレースを2回しており、中間の追い切り本数は相当で、ダービーの出走権も皐月より前に取っていて、今回は入念な調整が出来ていると踏んでいます。菊花賞は厳しいタイプだと思いますので今回が勝負かと思います。藤沢調教師はNHKのプロフェッショナルでもやっていましたが、全力でその馬の適性を引き出し、一つや二つのレースを犠牲にしてもどこかで花を咲かせたいという、執念を人一倍持っていると思います。クリスエスやロブロイのような強力な馬でも果たせなかったダービーに、一枚役者が落ちてもこの馬の適性を見抜いて全力で勝負をかけ、今回は上位を狙ってくると予想しています。

人気blogランキングへ一票お願いします。 

ブログネタ
競馬◎予想 に参加中!
競馬◎予想 - livedoor Blog 共通テーマ

シンガポールのG1で、シャドウゲイトが快勝、コスモバルクも2着だそうで、おめでとうございます。

オークスはまぁ妥当な結果だと思いました。もちろん馬券は当たりませんでしたが・・。主役は不在でしたがタイムは逃げ馬がかなり引っ張った感はありますが速かったのではないかと思いました。そして今年の牝馬はレベルの高いメンバーのレースガ集中しているようで、チューリップ賞、桜花賞、あざみ賞、フローラS、スイートピーSの出走馬が殆どのオープンレースの上位に入っています。
また重賞以外でも土曜日のガーベラ賞でスイートピーS12着のカレンナサクラが3着、日曜日のカーネーションCでも、スイートピーS11着のマチカネアマテラスが快勝、2=3着のフローラS上位組でした。
一概なことは言えませんが、昨年の3歳牡馬のように秋になってもきさらぎ賞、毎日杯、スプリングS組が上位を占めたように、活躍が期待出来るかな、と思っています。先程挙げたレースの出走馬は夏のローカルでも要注意でよくチェックしておきたいと思います。

あと、古馬では東京の1000万下の石和特別出走馬も今週大活躍しました。土曜日の秩父特別はゴールデンミシエロとフェスティブナイトが1,2着に入り、日曜日の中京12Rでミスティックリバーが快勝。少し前に挙げた、三河特別のような感じで、出る馬、出る馬が上位に食い込んでいる感じです。今後もこの石和特別の出走馬は要注意です。

さて今週はダービーです。話題はウォッカがどうかという所だと思いますが、また白紙に戻して考えていきたいと思います。

あと今日は中京9R賢島特別で、大穴の1,2着を中心に予想したにもかかわらず、2頭の複勝のみしか馬券を買っていませんでした。馬連(1100倍)、ワイド、単勝とどれか買っていれば・・、とくやしい思いをしました。また頑張ります。

人気blogランキングへ一票お願いします。 

ブログネタ
競馬◎予想 に参加中!


競馬◎予想 - livedoor Blog 共通テーマ

◆オークス
今年のG1は波乱というより、想像を超える結果で、前哨戦の結果がまったく役に立たないどころか、かえって参考にした人ほどマイナスになっています。
JRAとしては大きな話題を振りまきましたが、今回は強い?馬が二頭とも不在、G1とは思えない寂しいメンバーになりました。展開や騎手の判断一つでとんでもない結果の可能性もと思います。・・ということで前売りも大きく割れています。
ただ土曜日のレースでカレンナサクラが好走したのを考えると、スイートピーSもかなりハイレベルと思います。桜花賞、あざみ賞の出走馬がことごとくその後のレースの上位を独占している感があり、特にあざみ賞で外を回らされた馬がその後のレースで好走しています。この辺の馬と互角に戦った馬に注目してみました。

◎トウカイオスカー
○ミンティエアー
▲ベッラレイア
△カタマチボタン
△ローブデコルテ
△ザレマ
△レインダンス

◆東海S
◎キクノアロー
安勝ー安光の乗り替りで、地元で注意、左回りの長距離はベスト、58キロがどうか。
○オリンピアンナイト
実力あり、注意
▲クーリンガー
人気薄の長距離、小回りは注意、先行できれば。
△メイショウトウコン
押えたい
△サカラート
一昨年の覇者
△クワイエットデイ
△ジュレップ

◆フリーウェイS
キョウワロアリングに注目、大穴でシンボリロッキー

◆葉山特別
軸はヒカルベガでしょうがないが、穴でグロリアスアーチ、アグネスパウエル、トーセンマンボ。

◆カーネーションカップ
マチカネアマテラス、社台、マイネル、コスモに。

◆五泉特別
マリーエンジェル、アイアムザヒロイン

◆賢島特別
シゲルガンバレ、ウィンレックス、リガードシチー


ブログネタ
競馬◎予想 に参加中!
競馬◎予想 - livedoor Blog 共通テーマ
◆ヴィクトリアマイル
★個別のコメント
・アサヒライジング
ハンデ評価56.5とG1連対級だが、休み明けは明らかに不調で・・。
・カワカミプリンセス
無敵だが、エリザベスはスイープとは2キロの斤量差があり、今回は同斤。さらに休み明けで大目標は宝塚とのこと。
・スイープトウショウ
一番勝利に近い条件だが、最近馬場やゲート入りに手こずり、惨敗する可能性もある。2年前がピークだとすると上積みは?との声も。
・フサイチパンドラ
2強に一番差の無い存在だが、好走は長距離に限定されている感も。直線の長い左回りは凡走無し。
・ディアデラノビア
昨年3着だが、スイープ、カワカミ、フサイチのいないメンバーで今年のメンバーの方が明らかに強力。ただ京都牝馬Sの末脚の破棄力は相当。
・キストゥへブン
東京に好走がないが、嵌ればまとめて差し切る力あり、距離は歓迎。
・アグネスラズベリ
マイルに勝利無し、昨年5着。勝ちに行かなければ入着も。
・アドマイヤキッス
コスモマーベラスと同ハンデで完勝だが、秋以降は他の有力馬にはすべて完敗。ただ素質は相当?
・デアリングハート
東京のマイルは最高の舞台。展開の助けがないと、決手比べでは分が悪そう。
・ジョリーダンス
今ノリノリの堀厩舎のエースで、しかもアンカツ騎乗。よく見ると近走は藤田騎乗の時のみ勝利で、その藤田はデアリングに騎乗。
・ビーナスライン
昨年函館でシーイズトウショウを並ぶ間もなく差し切った末脚、前走G1で4着だが、距離が・・。
・ブルーメンブラット
秋華賞を見る限りは力不足だが、オークスは不完全燃焼?昨日書いたように川島は勝ちに行く競馬をするはずで、直線で早めに抜け出して押し切りに出れば、上位に残る可能性も。
・コイウタ
桜花賞を考えれば、有力だが、現状53キロのハンデ評価で、前走も内をすくった感じで、直線叩き合いになってこのメンバーで?

★前哨戦
今日の京王杯を見る限り、短中距離のレースでレベルが高そうなのはマイラーズカップと谷川岳S。

こう考えると一番欠点が少ないのはやはりカワカミプリンセスで、他の馬は凡走の可能性も十分に秘めていると思います。次に少ないのは実力はともかくとしてアドマイヤとディアデラでともに悲願のG1です。ふだん穴狙いですが、ここまでメンバーが揃うと人気薄の馬が割り込む余地は少なそうです。カワカミを逆転できそうなのはやはりスイープかなと思いますが、なにぶん気性の問題で軸にすることは?と思ってしまいます。

ただ皆勝たないとあまり意味のない陣営が多く、前残りか間隙を突いての無欲の穴馬の可能性はあると思います。極端な追い込みか逃げに限定ですが。

★結論
◎カワカミプリンセス
◯ディアデラノビア
▲スイープトウショウ
△アドマイヤキッス
△ビーナスライン
△ブルーメンブラット
△デアリングハート
注キストゥへブン

ここまで、実際にこの印の馬連の他に昨日の記事のとおりブルーメンとビーナスの単勝を買ってみたいと思います。土曜日は全然でしたので、読んだ方も反面教師に使っていただければ幸いです。

◆東京8R
ストームシャドウ
◆栗東S
シルヴァーゼット、ウィングシチー、ハリーズコメット、ニシノコンサフィスのボックス。
◆洛陽S
前走ハイレベルの三河特別快勝のシルクアヴァロンが軸。コマノルカン、オーヴェール、フィレンツェ、マルターズホビーに。
またこのレースに出走のピクシーダストの成績で阪神牝馬Sのレベルを計りたいと思います。
◆京都8R
ローランアントレ
◆新潟7R
ワイルドオーキッド
◆新潟9R
レフトシート
◆新潟10Rゆきつばき賞
トミノドリーム

人気blogランキングへ一票お願いします。

ブログネタ
競馬◎予想 に参加中!
競馬◎予想 - livedoor Blog 共通テーマ

ヴィクトリアマイルは今年も牝馬の強豪が勢揃い、豪華メンバーになりました。
まともに考えたら、昨秋のエリザベスの再戦と言うことになりますが、東京のマイルということで、若干条件は違い興味深いレースになりそうですが、事前にコメントを2つ。

◆先日、安藤調教師が7月に勇退というニュースが流れましたが、安藤調教師と言えば、落馬で他界された、岡潤一郎騎手の師匠です。岡騎手はリンデンリリーで当時のエリザベス女王杯を制し、その約2年半後に落馬で帰らぬ人になってしまいましたが、その鞭を引き継いだのが川島騎手。オースミハルカで2回G1、2着になりましたが、まだG1制覇が出来ていません。安藤ー川島ラインは強烈なつながりで、あと2ヶ月で、G1で出走できそうな馬は、今回のブルーメンブラットくらいで、可能性の問題でオースミグラスワンくらいだと思いますが、私は事情通ではないのでくわしくはわかりません。

ただ言えることは、どういう理由でやめるかは色々と事情があるとは思いますが、安藤ー川島でG1をまともに戦える馬は今回のブルーメンブラットくらいだということになります。

ブルーメンは3歳時はクラシック候補にもなり、かなりの素質馬と期待されていた馬です。今回の相手は余りに強すぎる感もありますが、昨年の神戸新聞杯、菊花賞のソングオブウィンドのような存在、いわゆる遅咲きの素質馬の可能性もあり、今回は思い切り仕上げてくるはずですから、注意してみたいと思います。

◆もうひとつ、先週NHKマイルで大穴を出したピンクカメオは、桜花賞の時にもう一頭の出走馬とともに栗東に事前入厩していました。桜花賞ではだめでしたが、国枝調教師としてはこの馬にかける期待というのが(もう一頭だったかも知れませんが)相当大きかったあかしではなかったのではないかと思います。そしてその証拠に次走で実際にG1を勝ちました。

同様に今回出走する馬、というか厩舎で全く同じスケジュールできている所があります。それが今回3頭出しする堀厩舎です。堀厩舎は除外ラッシュにもかかわらず、昨年末に長期にわたってキンシャサノキセキ、ビーナスラインを栗東に入厩させていました。
堀厩舎はここ数年急激に成績を伸ばしている厩舎です。今年になりその成果が出始め、ジョリーダンスが阪神牝馬S、スプリングドリューが福島牝馬S、キンシャサノキセキが谷川岳Sそれぞれ快勝。
ただキンシャサは待望の賞金加算はかないましたが、連戦の疲れで安田記念を前に休養になってしまいました。ここは前述のジョリー、スプリング、そして年末に栗東に入厩していたビーナスと3頭が出走します。特にビーナスはわざわざ遠征してまだ成果を出していない状態です。

調教師はプロですから、見込みのない馬に無駄なエネルギーは使わないと考えますので、距離適性やコース適性を無視しても、ビーナスラインは注意が必要だと思いました。

◆おまけ
出走馬を見ていたら、巨人になじみの馬が3頭、これで3頭買ってみるのもおもしろいかな??
カワカミー藤田騎手のデアリングー柴田のアサヒ・・。

◆最後に京王杯の追い切りのビデオを見て
先程の予想では触れませんでしたが、アポロノサトリとリキアイタイカンがすごく気になりました。
私は馬の走り方や体つきを見る専門家ではありませんので、わかりませんが、単複を別に買っておこうと思います。

人気blogランキングへ一票お願いします。 


ブログネタ
競馬◎予想 に参加中!
競馬◎予想 - livedoor Blog 共通テーマ

◆京王杯スプリングC
◎マイネルスケルツィ
◯フサイチリシャール
▲プリサイスマシーン
△シンボリエスケープ
△フジサイレンス
△エイシンドーバー
注インセンティブガイ
距離、コース実績、ハンデキャッパーの評価と実際の勝敗を素直に信じるとほぼこのような力関係かと思われる。ただフサイチは遠征帰りで割り引き、オレハマッテルゼは切り捨てました。
マイネルを高く評価したのは、マイラーズカップはかなりタフなレースだったのと、無理使いを控えグレードの高いレースだけ使ったことを評価したのですが、なにぶん東京は苦手なのでこれがコケたら全部ダメになります。

馬券はマイネル1頭軸から三連複で残りの6頭のうち、フサイチ、プリサイスで1点でこれが本線(穴でも何でもないですが・・)。あと片方ずつをもう1頭軸にして他の4頭に流す8点。計9点で買ってみたいところです。

◆新潟11赤倉特別
一昨年の勝ち馬トーセンレーサー、ケイジーフジキセキから穴でダブルキングにワイドを2点。あとダブル1頭軸から三連複で、トーセン、ケイジー、ディーエスハリアー、ロケットパンチのボックスの6点で買ってみたいところです。

◆京都ジャンプS
ファントムスズカの単複で行きます。

◆あと新潟の7〜9Rで連続してグラスでお馴染みの半沢の馬が出走します。この馬主さんは新潟ではなく福島が地元ですが、ローカルのまとめ使いはかなり注意で、人気もありませんのでこれも買ってみたいと思います。

◆葵ステークス
桜花賞で9着のカノヤザクラから、エイシンの3頭に流したいところです。

人気blogランキングへ一票お願いします。 

ブログネタ
競馬◎予想 に参加中!
競馬◎予想 - livedoor Blog 共通テーマ

これはびっくりです。夜の一般のニュースでも話題になるほどの大穴になりました。 NHKマイルカップは皐月賞を遥かに上回る大穴に(馬連は皐月の方がつきましたが)。

ムラマサノヨートーはなぜきたのか?雨、ハイペース、うーんそれだけではなかなか理解できない何かが・・。

ただ、今日は皆がもっとひどい雨になると思っていたのではないでしょうか?金杯や京王杯など馬場が非常に悪化すると先行馬は圧倒的に有利になるはずで、ペースも予想以上に早くなり、皆早め早めの仕掛けもはいりで、最後はスタミナ戦の様相になり、後ろで脚をためていた馬たちに一気にかわされた、という印象でした。

まぁ何を言っても負けは負け、他のメインも総崩れで惨敗でした、3,6レースと京都9レースで穴っぽい馬の複勝が当たったぐらいで、殆ど残金もなくなってしまいました。

今週は牝馬のマイル戦ですが、心してかかりたいと思います。

人気blogランキングへ一票お願いします。

↑このページのトップヘ