競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

2008年02月

ブログネタ
競馬◎予想 に参加中!


競馬◎予想 - livedoor Blog 共通テーマ
強風とダート変更がありました。

◆フェブラリーS
風が脚質とどのような関係か午前中のレースを見ていましたが、現段階では圧倒的に先行馬有利に働いているように感じました。

東京競馬場では今日はスタートが追い風、4コーナー手前から向かい風という感じみたいです。直線はかなりの向かい風のようです。

この状況ですと、スタートは軽いダート、直線が力のいるダートと同じ感じかと思います。

このまま風が強いままですと先行馬の残り目を考えなければいけないかと思います。
あと直線の攻防になったときに、深いダートで好走している馬に注意だと思います。

よって大きく予想は変えませんが、ヴァーミリアン、メイショウバトラー、ブルーコンコルドあたりの評価を若干あげたいと思います。

◆ダート変更
京都メインが雪でダート変更になりました。サインゴールドは先行力はありますがダートは?で、複勝のみに変更。

◆他の注目
東京8Rのダンシングホーク・イチライタッチ、東京9RヒヤシンスSのプラチナメーン、東京10RアメジストSのビッグベアシチー・カイシュウタキオン、東京12R甲斐駒特別のラドランファーマ、京都12Rのメイショウイッテキに穴で注目しています。

ブログネタ
競馬◎予想 に参加中!
競馬◎予想 - livedoor Blog 共通テーマ
◆フェブラリーS
今年は出走にこぎつけるのに各陣営大変だったようです。クワイエットデイあたりは重賞を勝ってやっと、という感じで、これは古豪や地方馬の参戦、回避したが芝の強豪の参戦なども影響しているように思います。結局ダイワスカーレットは外傷で回避、デアリングハートはこれが引退戦とのことですが・・。

最近はトライアル的な前哨戦からよりJCDや東京大賞典、川崎記念経由のローテーションを一流馬が選ぶようになり圧倒的に中長距離馬の活躍が目立っています。

今回も本格化した馬が狙いすましたローテーションで出てくる感じでこの辺が中心と考えています。

穴狙いとしては難しいレースになりましたが・・。

注目はメイショウトウコンです。未完の大器、追い込みが不発の連続ですが、北海道で見せた強さは本物、特にダートで上がり34秒台の脚を使えること、今回寮馬(同馬主)のバトラーが先行できること、直線の長い東京のこの距離のほうがヴァーミリアンには分がよさそうなこと等でここは本命にしたいと思います。

もう一頭注目はブルーコンコルド、今のこの馬が勝負になる距離はここしか考えられず年齢的にもJRAのG1初制覇の可能性はここがラストチャンスと考えます。

フィールドルージュ、ワイルドワンダーはこの距離、コースとも得意で絶対に抑えたいところ。

問題は前出のヴァーミリアンです。この馬の大目標は次走。とはいえ現状では最強です。ただ今回はここがメイチでないこと、この距離は最近は使っていないこと、はっきりいってこのレースに負けても大きな評価ダメージがないことを考えると軸にするよりは紐で狙ってみたいと思いました。

あと前出のトウコンの寮馬のメイショウバトラーの前残り、地方馬ではアンパサンド、ブリンカー装着で昨年3着のビッググラスに注意です。

◎メイショウトウコン
○フィールドルージュ
▲ワイルドワンダー
△ブルーコンコルド
△アンパサンド
△ビッググラス
△ヴァーミリアン
注メイショウバトラー

点数が増えますが、メイショウからですと当たれば十分に回収できるはずです。
今回はメイショウトウコンの大駆けの一発を狙ってみたいと思います。

◆斑鳩S
雪で開催がどうか?ですが、1枠1番のサインゴールドを穴で狙ってみたいと思います。単複で十分です。ハンデ戦の軽量、内枠で今の京都の荒れ馬場であれば十分に勝負になるはずです。特に体重管理が必要な石橋騎手がわざわざハンデ戦の軽量で乗ってきた、ということもあります。

↑このページのトップヘ