競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

2008年06月

ブログネタ
第49回宝塚記念 に参加中!
27f75280.JPG先週は記事を書けませんでしたが、オッズマスターズグランプリは単週で7000位くらいでまた通算9000位台に入りました。今週の土曜日(28日)もすでに一日で先週の土日分くらいのポイントを確保しました。あとは最終日に一発大きなのが当たれば、と思っていますが。

写真は先々週のエプソムカップのゴール前です。知人の馬(共同)『ファストロック』出走したのでまた応援に行って撮影しました。残念ながら負けてしまいましたが。クリックすると大きくなります。

◆宝塚記念
ここ数年は道悪もあり、かなりの消耗戦になっていますが、今年も明日は大雨の予報が出ています。今の阪神の馬場はただでさえ時計がかかっていて雨が降ると先週のマーメイドSみたいに追い込みのきかない状態になる可能性があります。道悪の巧拙はかなり重要な要素と考えます。通常2秒以上時計がかかると切れ味の差し馬の出番はなくなり、先行馬とスタミナ型と道悪巧者の天下になりマーメイドSの再現も考えられます。ただトップホースの定量戦ですからそこまでは考えにくいですが・・。しかし一昨年のバランスオブゲームみたいな例もありますのである程度馬場を読んで決め打をしたいところです。

★コメント
・インティライミ
2〜3着狙いに徹すれば、上位も可能だが勝ちに行くと甘いところがあると見ます。得意の中京の稍重2000で負けたが58キロで、内枠の利もあり先行出来れば怖い存在。
・メイショウサムソン
条件揃いすぎのイメージ。勝って当たり前の雰囲気でマークもきつそう。また外国遠征のプランもずっと続いているようでここでピークに仕上げると中途半端で、秋の外国、JCあたりを狙っているように思えます。ただ雨も苦にしないようで少なくとも上位には来そう。穴狙いとしては軸にはしたくない条件。
・フォルテベリーニ
道悪荒れ馬場の福島記念や金杯を好走。前走は54キロでロックドゥカンブと写真判定。実力的には難しそうだが、道悪の度合いに寄っては内を突いてスルスルと入着も考えられる。
・アルナスライン
前走58キロで堂々の2着。スタミナ十分で道悪を苦にしなければかなり有力。ハンデキャッパーの評価はかなり高そうで、このレースがもしダメでもいずれ大きなレースで再度大駆しそう。要注意。
・サクラメガワンダー
前売り発売直後1倍台の単勝オッズで、1時間くらいは一桁倍率だった。だれかが単勝を大量に購入された様です。さくらコマースの全オーナーはしばらくG1タイトルとはご無沙汰。元府中市民としては応援したい所ですが。毎度書いているアドマイヤムーンを差し切った馬ですが、雨は苦手の様です。ただ先行して粘り込みというパターンもあり、特に輸送の短い関西圏では惨敗はなく必ず掲示板に載っている。相手なりに走るので相手強化もあまり関係ないタイプ。
・アドマイヤオーラ
今回追い切りが目立った一頭。ただ実際のレースでは肝心なレースに限って期待を裏切ってきた馬。走り方から道悪は不利になりそうな気がします。
・アドマイヤフジ
昨年の4着馬。今年は一皮むけた印象。年齢からもここは最大のチャンスと見ました。ローテーションはいつもの目黒記念経由を阪神大賞典〜天皇賞直行とここ勝負は明らか。近藤氏の3頭出しのなかではかなり有力と見ました。
・ロックドゥカンブ
斤量の恩恵を今回も1キロもらえるのでここはかなりの勝負とみました。器用で雨は苦にしないようだが最近は常に内を突くタイプで内をつけない状態になって外から差し切れるか疑問。
・エイシンデピュティ
つかみ所がないが、天候は味方しそう。内田騎手がわざわざ関西まで追いきりに行ったが、正直距離経験がないのが心配。
・ドリームパスポート
実力馬もついに人気薄になってしまった。以前はこういうタイプの馬が勝つレースだったはず。サムソンの勝負度合い次第だが唯一このメンバーではサムソンと互角の地力があり要注意。距離は適距離。
・アサクサキングス
実力は4歳NO1だが、雨のレースは2回とも大敗。先行有利の流れはあるが、過去の凡走はすべて阪神コース。また距離も2400以上に集中していてここは人気の一角だが割り引きたい。
・カンパニー
アドマイヤフジとならび近藤氏の中で注目。一昨年の当レースで悪天候の道悪でディープ以外とは差の無い5着。重の大阪杯や中山記念でも好走していて。じわじわ伸びるところもありここは注目です。
・アサカディフィート
ここでG1を使ってくるとは思っていませんでした。上滑りの馬場は苦手だが雨がひどくなった力の要る重馬場は得意で金杯などで実証済み。ここでもしもということになれば10歳ということで最年長記録になります。雨の度合いに寄っては充分上位を狙えるはず。追い込みのきかない馬場で追い込める珍しいタイプ。消耗戦になったら警戒。
・エアシェイディ
過去函館記念で相手は弱いが力の要る道悪で2着があり、距離、コース形態からかなり有力と見ました。輸送は比較的苦手とのことで本来は秋の東京で勝負と思っていましたが、長距離以外どんなコース、相手でも好走していて注意。特に右回りの深い芝は強そう。

★結論
◎カンパニー
◯エアシェイディ
▲アドマイヤフジ
△アサカディフィート
△メイショウサムソン
△インティライミ
△ドリームパスポート
注ロックドゥカンブ

軸が人気薄なので手広く狙います。

◆バーデンバーデンC
毎年予想を楽しめるハンデ戦。
◎アポロドルチェ
◯トーセンザオー
▲ロイヤルキャンサー
△コスモシンドラー
△フジサイレンス
△ニホンピロブリュレ
△ニシノシタン

◆いわき特別
タカラボスに注目です。前走差の無いレースをして力を付けた感があります。1,2,4,8に。

◆鷹取特別
グランシュバリエに注目です。ハンデ戦で石橋騎手が52キロで騎乗は注意。

◆水無月特別
ヒノトリに注目。道悪で時計がかかると追い込み一手だが必ずいい脚を使う。前走は着順は悪いが差はわずか。単複で。

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
やっと宝塚記念以外の大きなG1が終わり、本題のローカルに突入前です。今朝大きな地震がありました。大変な災害になっている様です。お見舞い申し上げます。

オッズマスターズグランプリは先週は約9000ポイントで一週で6900位くらい、通算で9000位台とはじめて、通算10000以内に入りましたが、今日はほとんど当たらずこのまま明日も当たらなければ1200ポイントくらいしか取れず、あっさり大きく後退になりそうです。

◆CBC賞
サマースプリントシリーズをひかえ、ここで勝負をかける馬はハンデ戦ホースか、中京巧者と考えます。また最終週で外差しが決まるようになったようですが、逆に考えると皆が馬場が悪い内を避け四角で外にまわると、内を突いた馬が意外に残ってしまうケースもあると考えます。また逃げが不利になると皆が思えばペースが遅くなることも考えられ、内枠の人気薄の逃げ馬が思い切って逃げれば、とこのパターンにかけてしまおうと考えました。
◎ウエスタンビーナス
内枠、先行馬の条件で、2走前の2着馬はG1ホースのエイジアンウィンズ。53キロなら展開次第で十分勝負になるはず。
◯タニノマティーニ
小牧騎手がこちらで騎乗であれば、勝負気配ありと考えます。55キロでこれも内の先行馬。中京の1200は重馬場以外は凡走はなし。
▲スピニングノアール
△キョウワロアリング
△ナカヤマパラダイス

◆エプソムカップ
軸◎ドリーミーオペラ
前走卯月Sでは同じ位置からヒカルオオゾラと同じ所から追い出し、競り勝って勝利。2着馬ヒカルオオゾラは次走楽勝。ほか6着のトップオブツヨシは次々走快勝。さらに11着コパノスケは次走3着。3着のスズカコーズウェイも次走で3着とほかカイシュウタキオンなどレバルの高いメンバーを相手に57キロで快勝しました。全くの人気薄でムラはありますが過去は結構好走歴もあり重賞にも出走しています。ここは思い切って大穴で狙ってみます。
◯ヒカルオオゾラ
前述の卯月Sの2着馬。ほぼ本格化したと見ていいと思います。この秋の楽しみな一頭です。ここで大負けするようでは、まず今後もないと思った方がよく、ここは事実上は中心視したい馬です。
▲イクスキューズ
前走は発馬で大きな不利があったが逆にそれですばらしい末脚で追い込みを見せました。先行一辺倒の脚質に幅ができると面白い存在です。レバルの高い牝馬世代で互角の勝負をしてきた力を期待。
△ブライトトゥモロー
この中では格上ですが、57キロと若干のムラが気になるが、勝負けの力は十分で押さえたい。
△マイネルキッツ
東京の1800は軒並み好走。騎手は勝ちに行く後藤騎手なので、一発あれば逆転も。ただ勝てない時は馬群に沈む可能性もあり。
△トーホウアラン
今日斜行してしまい来週から騎乗ができなくなる藤田騎手としては安定した力のあるこの馬で上位をとっておきたいところ。

◆他の穴注目馬
★東京7R
バウシングライト
★東京8R
イケトップガン
★日吉特別
ベルグミサイル、カブキメーク、スリーセブンスピン、ヘイアンルモンドのボックス。
★長久手特別
ブリュンヒルト、クリスタルルージュに注意。
★あおぎりS
大穴でクィックリープを狙ってみたい。相手もワイドで人気薄のコスモサレオス、グランシュヴァリエあたりに。
★中京12R
クラリオンコールに注意。

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
オッズマスターズグランプリ第2戦の第一週は、約4000ポイントで総合で13000位くらいでした。前回よりははるかにましなスタートになりました。
土曜日はまたちょっとした仕事が入り、朝投票してから出掛けましたが、結構ラッキーで、一日で先週より多いポイント獲得が確実になりました。また日曜日も頑張りたい所ですが・・。

知人のブログのスモールパッケージさんから当ブログのご紹介をいただきました。ありがとうございます。そういえばローカル、平場の記事は日に日に減っていますね。ダービーは完敗でしたが、今回も大穴は??という感じで、どうしたものかと思っています。

◆安田記念
今年のG1の中で、最大の好メンバーがそろいました。香港の強豪も加え、興味深いレースになりそうです。
☆ポイント
取捨が問われるのは、香港馬とウォッカと考えます。香港馬はマイルでは世界でも有数の強豪ぞろいで国際レースの上位馬がそろって参加です。当然力を出し切れば上位に食い込むはずと思います。ウォッカも同様で力は抜けていると思いますが、実際にダービー以来勝利はなく四位騎手が乗らなくなったあたりから色々とぎくしゃくしてローテーションの焦点もイマイチ絞り込めていない中途半端な状態が続いてしまっているように感じます。人為的な部分で振り回されてしまい、能力を出し切れない状態が続いていて個人的には復活してほしいと願っています。

今日もまた雨が降りそうですが、あまり影響は無いようです。ただパトロールフィルムでもわかりますが、かなり最内は荒れてきているように感じます。ただ直線はあいかわらず内から3分どころの馬が軒並み残っているようです。それを考えると先週のディープスカイの大外一気はすごいことですよね。

あと他の馬では美浦に残って調整したスーパーホーネット、吉田騎手が栗東まで追いきりに出向いたオーシャンエイプス、追い切りではハーアーゲームは相当な入念な追い切り過程をこなしたようです。

単勝の売れ行きは、発売直後にジョリーダンスが3倍くらいまで買われ、そのあとはグッドババが2倍台で売れていました。そのはかピンクカメオが10倍台まで買われていました。

◎コンゴウリキシオー
能力を出し切れば、昨年のダイワメジャーを物差しにすれば、力は一枚上と考えます。凡走続きで手を出しづらいのですが、逃げ馬はいきなり好走するケースが多く、昨年のマイラーズCを勝った時も人気薄でした。昨年の香港マイルの雪辱戦でもある。単騎で行ければ。
◯スーパーホーネット
今回が最大のG1のチャンスで調整過程、昨年のマイルCを見ても力上位は明らか。ただ条件が揃いすぎで、それが気になります。
▲グッドババ
説明の必要はありませんが、力を出し切れば。
△アルマダ
レースビデオを見る限り、仕掛けどころひとつでグッドババと互角の力と見ました。
△アイルラヴァゲイン
1200のイメージが強いが、3歳時は確かNHKマイルで3着しており、大穴で狙いたい。
△エイシンドーバー
昨年は出走にこぎ着ける前に力尽きた感じで京王杯を勝つのがゴールになってしまった。マイルCは休み明けで、今年は京王杯を使わずこのレースに照準は明らか。順位は低いが内の先行の利もあり、かなり有力とみました。
△エアシェイデイ
秋の天皇賞で期待したい馬だが、ここでわざわざ出走してきたということは実力から見て押さえたい。
注スズカフェニックス
軸が人気薄なので、押さえたい。

↑このページのトップヘ