競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子
(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。


本当の一番の狙いは「全くの人気薄・・例えば複勝10倍以上など」を仕留めることです。

現在「タウンクリニックドットコム」というサイトをやりながら「時代文化ネット」というサイトを構築中です。何か連絡のある方はメニューバー「ご連絡用フォーム」ボタンからメールでの連絡をお願いします。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 競馬ブログへ


2008年10月

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
今日は時間の関係で競馬の話のみです。
先週は大変な大穴になりました。はっきりいってかすりもしませんでした。今週はいよいよ菊花賞ですが、メンバーが下手するとG3並みとい割れれるくらい揃いませんでした。でもある意味その馬にもチャンスがあるというレースになりそうです。結構激しい攻防になるかもしれないと思っています。

◆菊花賞
★ポイント
・長距離ということもありペース配分、仕掛けのタイミングなど騎手の力量、馬場状態を熟知していることなどが勝つ為には必須といわれています。

・本当に能力の高い馬か、スタミナのある馬でないと乗り切れないということで当レースで好走した馬が以後活躍する確率はかなり高く(故障などを除けば)陣営としては、馬の底力を計るには格好のレースです。

・馬場状態は引き続き良好ですが、深い芝、洋芝適性は必要、また朝から若干雨が降っていて、場合によっては少し影響がありそうです。

・飛び抜けた馬がいない現状で、このような未知のデータが山積みのレースに大枚はたいて勝負をかけるのは??と思います。この馬は無名だが将来強くなるぞ!と期待している馬に賭けてみようと思っています。

・普段血統はあまり気にしませんが、このレースは別格で、自身知識もありませんが、一般的に長距離血統といわれる馬はことごとく好走している印象があります。訓練だけではどうにもならない何かがあるように思うレースのひとつです。

★結論
まずスマートギアという馬に注目しています。臨戦過程は厳しく、疲労が残っている可能性もありますが、前3走はすべてハンデ戦で、2走は今回出走の馬にことごとく敗れていますが、僅差であるうえにハンデキャッパーの評価は常にこの馬の方が高いことに注目です。そして前走ついに勝利しました、2着の馬は土曜日のレースで2着に好走しました。距離や疲労の問題を乗り越えれば能力は一線級とみました。

次にノットアローンです。ラジオNIKKEI賞でハンデ評価が57キロで2着でした。メンバーのレベルは低かったのですが、内枠と同廐の馬が隣りで邪魔をされないこと、さらに京都の長距離はめっぽう強い横山騎手の騎乗も魅力です。

あと注目はヤマニンキングリーです。いつも一歩足りない印象ですが、常に第一線級と僅差の勝負で、レベルの高いメンバーの白百合Sを快勝。休み明けは大幅に体重増で今回は要注意です。

以下渋太く、芝では常に掲示板を確保しているロードアリエス、他の人気有力各馬を少々ずつ押さえておきたいところです。あとさらにになりますが母父がリアルシャダイのフローテーションもほんの少々押さえておきたいと思います。
印にすると、
◎スマートギア
◯ノットアローン
▲ヤマニンキングリー
△ロードアリエス
△マイネルチャールズ
△スマイルジャック
注オウケンブルースリ
という感じですが、馬券は◎◯▲くらいまでのボックスとマイネル、スマイルから馬連で▲あたりに流してみたいと思います。いずれにしてもどちらかというと今後を見据えて見るレースでは、と思っています。

◆東京8R
オイワケウコンを狙ってみます。もとから左回りの1800は得意の条件で内枠に入り、さらに前走脚質転換で要注意です。相手はダイワの2頭、関西馬2頭で。人気がないので単複とワイドで十分です。

◆福島民放杯
脚質的にはアポロドルチェが有利で人気でも中心にしたいところですが、相手は穴の可能性十分です。ウエスタンビーナス、ルルパンブルー、サイキョウワールド、ウィンレックス、コパノフウジンあたりに買ってみたいと思います。

◆西郷特別
ここは熊沢騎手が軽量で乗るショウナンサリーレに注目です。単複中心に。相手で注意は開幕週の先行馬でコース実績があるユキノハリケーンです。

◆神無月S
穴で関西馬のミッキーフォルテに注目です。

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
まず関係ない話から。最近駅中(エキナカ)の成功で、JR各社は駅のビル化、商業施設化を進めています。それにともない古い駅施設はどんどん取り壊されています。先日仕事の途中で両国駅を利用する機会がありました。国技館や江戸東京博物館、ちゃんこなど観光客が多くなってきている駅ですが、駅としての利用価値はひじょうに衰退してしまいました。かつては房総方面の急行列車の始発駅として秋葉原駅とともに独特の旅情をかもし出していました。今でも名残でそのホームだけが残っています。そして注目は逆に乗降が減ってしまったおかげで古い駅舎が残っているということです。重厚な石造りの立派な駅舎です。いずれは観光客がこの駅舎をたずねて来るような時代になるかも知れません。

ざっと調べてみたら、首都圏で古い駅舎が残っている駅は、東京駅をはじめ、上野駅、原宿駅、高尾駅などが有名です。あと国立駅は一旦取り壊されましたが、住民運動で高架化が完成したらまた再建される予定だそうです。渋いところでは青梅線沿線で御嶽駅、鳩ノ巣駅、奥多摩駅などもかなりの時代物だそうです。そして注目は青梅駅で鉄筋なのですが、実は都内の駅舎では最古参級で80年以上経っているそうです。また鶴見線沿線も工業地帯らしい時代物の駅舎が残っています。特に国道駅は駅舎というより、ガード下ですが昭和の時代を彷彿とさせる駅のようです。写真を見ても古い映画の場面を見ているようです。
あと東海道線には平塚以遠に残っているようで、大磯、早川、根府川、そして私が頻繁に利用している真鶴駅の駅舎もかなりの時代物だそうです。熱海駅も古い駅舎をベースにして新しい駅施設を追加しているそうで、名残が残っています。

私はレトロファンなので、これから訪問先でこのような建物の撮影もしてみようかな、と思っています。

さてやっと競馬です。

先週は57キロを懸念されたウォッカが強い競馬で2着に食い込みました。さすがです。勝った馬は距離が長いと苦しそうな馬という評価なので、56キロで出走出来るウォッカが天皇賞に出走すれば当然相当な人気になるのでしょうが個人的にはかなり懸念しています。それはコース形態です。東京1800はすんなり競馬が出来るコースなので、強い馬が好走する確率の高いコースですが、多頭数の東京2000はスタート後すぐコーナーがある為にランペースになりやす展開にひじょうに左右されやすいということです。内に包まれたり、外枠の先行馬で距離損をしたりで人気や実力通りに決まるケースはディープのように抜きん出た実力馬が大外をぶん回しても楽勝出来るような馬か逆に器用さも備えた馬のどちらかのケースが多く、どちらかというとウォッカは2400向きのタイプに思えてしまうからです。
あと先週の競馬で、オクトーバーSに出走して凡走した馬でパープルイーグルという馬の今後に注目したいと思います。それなりのメンバーのハンデ戦で55キロでしたが、距離が伸びれば伸びるほどいいタイプに見えました。今後芝の長距離戦に出てきたら要注意だと思います。

あと馬場ですが時計はもちろん速いのですが、今回の東京、京都とも野芝に洋芝のオーバーシードとなっています。特に京都は野芝も11センチ以上で深い芝になっています。これは札幌の開幕時のような時計の速い洋芝のような状態ではないかと思います。小倉、新潟、中山、阪神はすべて野芝のみでしたので、札幌好走馬に注目の必要があるのではと思います。特に京都は顕著になるのではと思っています。土曜日もデイリー杯ほか数レースが札幌からの馬が快勝したようです。

◆秋華賞
★ポイント
・前述の馬場適性、さらにまだ内側が有利そうなのと、内回り2000なので基本的には内枠有利とみました。またすぐにコーナーがあるので場合によっては乱ペースに注意です。また器用な馬、コース取りでは内の先行馬群で待機して直線で抜け出すのが理想というイメージです。

・権利取りの時期とローテーション、またこのあとエリザベス女王杯があることも念頭におきたいところです。

・基本的にG1を好走する馬は騎手の乗り替わりが少なく、人馬一体で、出来る限り前の時期から準備をしているケースが多いようです。良馬場になりそうなのでかなり重要な要素だと思います。今回蛯名騎手や四位騎手が斜行で騎乗停止になってしまいました。しょうがない部分もあるのでしょうがともにそれなりに期待出来る馬だったと思いますのでやはり残念です。

・社台関係が今回も4頭出し、金子真人氏が2頭、ディアレストが2頭出走です。あと関東の田村厩舎が2頭、小島茂厩舎が2頭出走です。このような多頭出しはやはりレース上は不利になることは少ないそうで、特に先行馬がらみだと勝負けになるケースが多いと感じています。内枠の馬か先行馬が含まれていたら要注意です。どのような展開にも対応可能になるからです。今回のように現状では抜きん出た馬が不在の時は特に注意したいところです。

★結論
軸◎リトルアマポーラ
◯トールポピー
本当は相当強い馬に思えますが、このコース形態が。
▲オディール
届かないタイプだが、嵌れば。
△エフティマイア
小回りコースは苦手そう。蛯名騎手ならもっと期待出来たが、前週に斜行すること自体、G1で2回連続銀メダルの馬に乗っている騎手の準備としては・・、と感じこの後エリザベス(外回り2200)に出走したらと勝手に思っています。
△ブラックエンブレム
ローズSから栗東で調整、岩田騎手最騎乗で雪辱、枠と脚質有利。フラワーCはレベル高いメンバー。
△レジネッタ
器用さと強さを両方持っている。本格化後はムラがなく、かならず押さえたい馬。
△レッドアゲート
春とは違う、ここにむかって仕上げるローテーション。前走は脚ならし?
注メイショウベルーガ
末脚期待で逆転も。人気のない今回は注意だが乗り替わりが・・。

?馬としての力はトール、エフティ、レジネッタ、オディールあたりがが強いと思っています。ただ実際勝負で強い馬、騎手そして枠や展開に恵まれることも大きな要因です。今回は社台の多頭数が連対を確保しにいくと見て、穴狙いであることも考え予想しました。馬券は上位馬連ボックスですでに購入しました。

◆府中牝馬S
前述のようなコース形態、定量戦であること、唯一のG1のステップレースであることから人気で決まることが多く穴党泣かせのレースです。メンバーもG3とは思えない豪華メンバーでメジャーなG2のメンバー構成です。JRAハンデキャッパーの評価なども参考にしたいのですが、ハンデ戦そのものに出走しない第一線級が一番強いということになってしまいます。

◎ブルーメンブラッド
◯キストゥへブン
▲ベッラレイア
△カワカミプリンセス
△ヤマニンメルベイユ
注ローブデコルテ
?馬券は◎から馬連流しか、◎◯から三連複流しで、あまり自信ありません・・いつものようにですが

◆天王山特別
プラチナムペスカに注目です、内枠に入りすんなり先行出来れば人気はありませんが好戦可能です。

◆白秋S
モルトグランデ、メジロシリング、アーバンストリートが実力上位と思われますが、コース巧者のスピードタッチが割って入ってくる可能性も十分あり、スピードから3頭に流してみたいところです。

◆サフラン賞
レイラニとミスクリアモンを穴で注目しています。

◆清水S
秋華賞に出走ならなかったポルトフィーノが人気になりそうですが、ここはハンデ戦、スピリタスにも注意です、この両馬から穴にいきたいところですが、相手は芝未勝利ですがメガトレンドで。あと超大穴なのでワイドで十分ですがライブリシュロムにいって見たいと思います。

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
そろそろ色々なブログを復活させようと思っていますが、競馬の予想の前に関係ない話を少々。土曜日に用事で方南町に行きました、地下鉄の駅を上がったところの立食いそばが健在でうれしかったです。ここは天ぷらも自家製でお土産で安く売っているほどです。今回も海老天いり400円ンのセットを買い、家で天丼にして食べました。美味しかったです。そういえば来春『ムーンライトながら』が廃止になるニュースを先日書きましたが、『はやぶ・富士』も廃止になる予定だそうで、いわゆる東京口のブルートレインはこれですべてなくなってしまうそうです。このようなものに旅情をもとめて旅に出る人も多いと思うのですが・・。

凱旋門賞出走のメイショウサムソンは残念ながら凡走に終わりました。テレビで見たところ、スタート直後だけでなく最後の直線でも走りにくそうになる不利があったように見えました。武豊騎手も何かアドマイヤの近藤オーナーと一悶着あってから色々な意味でリズムがおかしくなっているように感じられます。また新人の三浦騎手はついに新人の最多勝にむかって武豊騎手に並びました。特に土曜日のバンブーエールは追い出しのタイミング、コース取りとも絶妙だったように思います。単に馬の強さだけでは勝てないハンデ戦であっぱれの騎乗でした。さて今週は毎日王冠など古馬G1戦線のメインに限りなく近いメジャーレースです。毎日王冠は個人的には相性がよく過去、穴をあけたスガノオージ・ドージマムテキやトーヨーリファールなど結構取らせてもらっているレースです。今年もメンバーは揃いましたが無理矢理穴を狙ってみたいと思います。

◆毎日王冠
ウォッカの57キロをどう見るかが最大のポイントだと思っています。また以前でも当ブログでドリームパスポートが関東に移籍した理由の中に東京で勝負をかけるという部分もあるのでは、と勝手に想像して書きましたが今回注目の新人・三浦騎手騎乗で出走となりました。穴人気になっている様ですがこれをどう見るかも重要と思っています。結論的にはウォッカはおさえ程度、ドリパスは今回は人気なので思い切って見送り次回の天皇賞で狙いたいと思います。注目は左回り得意のハイアーゲーム、ハンデ評価の57.5キロ以上の馬でアドマイヤフジ、サクラメガワンダー、エリモハリアーあたりを狙います。特に騎手の乗り替わりのない馬、開幕週なので内枠の先行馬、また中山は野芝でしたが、東京は洋芝をオーバーシードしており洋芝適性も考えたいと思います。

軸◎アドマイヤフジ
地味ですが、古馬になり着実に力をつけていて、今回近藤氏の二頭出しは当然カンパニーが有力に思えますが、内枠で57キロで出走、春のローテーションは完全にメジャー路線、しかもすべて6着以内、さらに川田騎手もこのレースの為に上京、勝負掛かりと見ました。特に一流馬の斤量がかさむ別定戦です。次走よりここで結果を出したいところです。
◯ハイアーゲーム
左回りの1800はベスト。良績の殆どはこの条件に集約されています。現状ではG1で勝負をかけるタイプではなくここがメイチと見ました。
▲サクラメガワンダー
開幕週と先行力、内枠、何度も書いているように2歳時ですが、あのアドマイヤムーンを差し切った数少ない馬の一頭です。関東圏では軒並み凡走で心配ですが、関西圏では掲示板を外したことは殆ど無く力自体は上位と見ました。特に昨年後半からの成績は安定していて福永騎手が乗るのも好材料です。関東は凡走のジンクスがあってもなおかつ出走して好枠を確保した今回は要注意です。
△ウォッカ
斤量以外は減点材料はなく、人気になるのももっともです。押さえておきたいところです。
△エリモハリアー
超大穴ですが、この馬が来たらとんでもない馬券になるはずです。函館記念、新潟記念、朝日CC、オールカマーと過酷なローテーションをすべて凡走しているのにさらに格上のこのレースに出走してくること、前3走はすべて苦手な野芝のレース。洋芝の得意の函館は57.5のハンデで4着と健闘しており、評価が低いわけではなく、陣営も無意味にわざわざ遠征してくるとは思えず、一発に期待です。
注カンパニー
58キロだが実力上位は明らかで押さえたい。

◆京都大賞典
ここは少頭数で人気馬が明確なので、穴は難しいですが、比較的穴っぽい3頭に絞り込みました。

・結論
ポップロック、アドマイヤモナーク、トーホウアランの馬連ボックス。

◆相模湖特別
ショウナンアクロスに穴で注目。単複と人気薄なので手広く流したいところです。相手はアロマンシェス、ラルケット、パパラチア、アドマイヤダーリン、コスモチーキー、ランヘランバまで。

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
だいぶ前ですが、別冊宝島の競馬読本に『馬券で成城に豪邸を建てた男』という記事が載っていました。株取引などでは、今流行のネットのデイトレーダーなどで、若くして億単位の儲けを短期間で稼いだ人などがテレビで特集されていましたが、彼らは徹底的に株取引を研究して、いい相場環境のもとで利益を出しまくったと報道されていました。今の金融危機でどのようにすごされているんでしょうか。こんな環境でも確実に利益を出し続けているのでしょうか。

話をもどしますが、馬券で豪邸を建てた人はどんな風にしたかというと、とにかく馬券を買わないそうです。でもレースはパドック等もふくめじっくり観察するそうです、場合によっては、たとえば注目している馬が出走するとあらば、小倉までレースを見る為だけに行ってしまうのだそうです。

彼はレース条件等を絞り込み(たとえばダートの短距離の条件戦など・・)、あるていど馬も絞り込んでしまうそうです。そしてじっくりレースを観察し続けるそうです。そして人気薄の逃げ馬など投資効率の高い馬が走ると確信したレースのみを購入するそうです。

要は我慢に我慢をかさね、研究してここぞというタイミングで勝負をかけるらしいのです。ですから実際に馬券を買うのは年に数回だとのことです。

どんな道でも大きな成果をあげるには、血のにじむような努力が必要だということを思い知らされました。だいたい競馬が好きな人が競馬場に行って馬券を買うのを我慢することぐらいの苦痛はありません。趣味で楽しんでいる人にはとうていできないことです。

ここのところまた負けが込んできて、残金はたった800円になってしまいました。一万円引き出したのでトータル負けはしばらくありませんが、だらだら買っているとあっという間にマイナスになるのは目に見えています。この話を思い出したこともあり考えを少し変えてみても良いかな、と思っています。

◆スプリンターズS
G1に40回目の正直で勝てるチャンスがめぐってきた上村騎手のスリープレスナイト。ダート馬から転身したが前走は56キロのハンデで事実上の圧勝。もう一頭待望のG1制覇がかかる新進の堀厩舎の一頭、キンシャサノキセキ。ローテーションはどちらもサマーシリーズをすててこのレースに照準を合わせた感じで減段階の距離適性ではここ勝負は明白です。当然どちらも1着以外はいらないはずで、ここで2着狙いの馬が突っ込んでくる余地が生まれるという、勝手な推測で穴馬券を狙ってみたいと思います。

候補は、まずトウショウカレッジ、地味ですが実はハンデキャッパーは57キロ評価でここ数走もトップクラスとは差はあまりありません。タマモホットプレイは今回も全く人気がありませんが、開催後半の馬場は函館で良績があるように得意で、特に1200は一番実績があります。過去ではかなりのメンバーの1400のG2を快勝しており、最近は当レースに合わせたローテーションを組んでいる感があり嵌れば突っ込んでくる可能性は十分と見ました。

本来G1勝者でローテーションもここにあわせてきたスズカフェニックス、ファイングレインですが、条件的にはファインのほうが優勢と考えますが、横山騎手がわざわざ追い切りをしたスズカは武豊騎手が凱旋門賞騎乗の単なるピンチヒッターではなく、橋田厩舎としてここは勝負せざるを得ないレースと考え、スズカを押さえたいと思います。

・結論
三連単 スリー → トウショウ → キンシャサ
    スリー → スズカ → キンシャサ
馬連  スリー、トウショウ
ワイド スリー、タマモ
以上この4点でいってみたいと思います。

◆ポートアイランドS
阪神競馬場は雨が降って、現在稍重の状態の様です。ここは比較的馬場悪化でも対応出来る先行馬を中心に考えたいと思います。またマイネルが3頭出しですが、ここのところ不調ですが、ハンデ評価が高い2頭を相手に考えたいと思います。この2頭はたしかかなり馬場が悪化した京王杯2歳Sで好走したと記憶しています。
・結論
ワイド タマモサポートからマイネルフォーグ、マイネルレーニアに2点流し。

◆兵庫S
ここは雨のハンデ戦で、注目は石橋騎手が52キロで騎乗のドリームキューブです。単勝まで狙えるところだと思います。また大穴で連闘のマスラタケヲを複勝で狙ってみたいと思います。

◆秋風S
ここはあり得ないとは思いますが、障害練習をしていた、モリノミヤコを複勝で狙ってみたいと思います。本来実力はワルキューレが安定していてハンデも手頃だと思いますが、トリッキーな中山1600、50キロの軽量、内目の枠でここでだめだと障害にまわる可能性もありで、平地ではここは勝負をかける場面と見ました。難しいとは思いますがくれば20倍以上の高配当が期待出来るのでほんの少々だけ買ってみたいと思います。

↑このページのトップヘ