競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

2009年06月

さきほどディープスカイの話を書きましたが、右回りの神戸新聞杯を勝っていました。
大変失礼致しました。
要はなんのかんの理由をつけて今回はサクラメガワンダーから買いたいということです。

後でよく考えてみたら、阪神内回りで2200はこのレース以外に重賞すらないことに気づきました。

何故なんでしょうか?



ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
不調なのもありますが、用事で時間がなくて先週は見送りました。
今週はグランプリなのでとりあえず予想しますが、自信度イマイチです。

◆宝塚記念
馬場を悪化させるような雨は降らなそうです。阪神はほんの若干時計がかかっているようですがここ数年より状態は良さそうです。
◎軸サクラメガワンダー
遠距離輸送なし、得意の右回り小回りの中距離、良馬場期待、ここを狙いすましたようなローテーションなど好条件が揃いました。連対軸で狙いたい。
◯ディープスカイ
この馬の狙いもここのようですが、ここを好走条件に凱旋門賞も視野にあるようで、当然押さえたいところです。唯一大阪杯で59キロとはいえ負けたように、毎日杯レベルの重賞以来、右回りで勝っていないどころか、右回りを避けたローテーションさえに思えます。陣営は勝負でしょうが、今回サクラを軸として上位にとってみます。
▲カンパニー
△アドマイヤフジ
△インティライミ
△ドリームジャーニー
注エリモエクスパイア

★馬券はサクラから馬連を◯に300円、▲△注に100円。エリモからワイドで◎◯に100円ずつ。計1000円。
★また当レースの『三連単を当てる』という企画で『穴狙い千ちゃんの旅行記2』
に掲載しています。

◆バーデンバーデンC
ファルカタリア、アポロドルチェ、ドラゴンウェルズ、ステキシンスケクンのワイドボックス。ステキシンスケクンの単複(100,300)合計1000円。

◆他のレース
★水無月特別
プラチナムペスカの単複(100,300)
★鷹取特別
チャームナデシコの単複(100,300)
★南港特別
キングアレキサンダの単複(100,300)
★鶴ヶ城特別
チャームウィークの単複(100,300)
★いわき特別
ロイヤルロードの単複(100,300)
★福島8R
マルマツフライトの単複(100,300)
★福島7R
ゴーギャンの単複(100,300)

以上合計4800円

★6/28の購入金額・・4800円
★6/28までの購入金額・・129800円
★6/14までの購入金額・・125000円
★6/14までの回収金額・・116060円
★6/14までのの回収率・・92%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
G1戦線はまったくピントが合いませんでした。気を取り直して頑張ります。

◆検証
★東海S
土曜日にブリリアントSがありました。最内の素質馬マチカネニホンバレが快勝しましたが、このレースに出走していた中で前走東海Sに出走した馬が一部好走しました。
東海Sはご覧になった方はご存知だと思いますが、近来まれに見る出入りの激しいタフなレースになりました。スタート直後から次々に仕掛けが入り、息もつかせない展開になり、最後の4角では大きく外に振られた馬もいました。
この流れで仕掛けを入れた馬、先行して厳しい展開に巻き込まれた馬、しかも最後外に振られた馬などをチェックしました。
ピサノエミレーツ(5着)、ロールオブザダイス(9着)、ウォータクティクス(16着)、アロンダイト(2着)、マコトスパルビエロ(4着)、ワンダースピード(1着)、ネイキッド(14着)、メイショウトウコン(8着)、ボランラス(3着)などです。
ブリリアントSでもこの中でマコトが2着、ロールオブザダイスが3着、ボランタスが4着と好走、ネイキッドはまた外々の不利もあり10着でしたが次走以降引き続き注目したいと思います。勝ったワンダースピード、2着のアロンダイトなどは特に厳しい流れに耐えた感があり大きなレースに出てきたら注目です。

★高松宮記念
特に厳しい展開のレースにはなりませんでしたが、中京特有の4角で大きく外に振られる不利を受けた馬がいました。順位が悪くても今後は注意です。特にサマースプリントシリーズに出走してきて人気がなかったら狙ってみたいところです。すでにその対象だったファリダットが一走おいて高松宮記念で3着に入っています。
ほかの対象馬はスプリングソング、アイルラヴァゲイン、ヘイローフジです。

★プリンシパルS
通常ダービートライアルの中では、レベルの落ちるレースといわれていましたが、今年は賞金加算競争が歯列で、最後のきっぷを求めて出走した馬が激しいレースを展開しました。もとより東京2000はトリッキーなコースできびしい展開になるとかなりタフなレースになります。秋の天皇賞がいい例です。
当レース出走馬のその後は、1,2着馬がダービー10,3着と例年よりはるかに好走、4,5着馬が白百合Sで1,2着に入りました。日曜日のエーデルワイスSでも多数出走しますので注目です。特に先行した馬は注意です。

★土曜日の東京5Rでツクバタイヨウは4角で大きく外にふくれ相当なタイムロスがありましたが、立て直して最後は再度追い込んできました。かなり地力も精神力もありそうなので次走以降注目です。

★土曜日の東京・くちなし賞でマイネルフレンズはかかったのかも知れませんが明らかな無謀なしかけ状態になり敗れましたが、次走以降適切なレース展開の流れになれば、かなり面白そうです。

◆エプソムC
例年通り比較的地味なメンバーが集結しました。人気差ほど実力差はないと見ました。新潟大賞典・都大路S先行組、関西騎手遠征組、大レース連対経験のある馬などに注意です。
◎ニルバーナ
◯キャプテンベガ
▲アーネストリー
△ダイシングロウ
△エリモエクスパイア
△シンゲン
△ヒカルオオゾラ
馬券は◎から馬連で6点、◎の単複(100,300)で計1000円。

◆CBC賞
ハンデ戦、サマスプリントとの兼ね合いもあり、余裕のある実力馬がいなければ、ハンデの利や賞金加算、コース適性に勝負度合いを絞り込んでみたいと思います。
◎軸ボストンオー
◯メイショウキトリ
▲アーバンストリート
△トレノジュビリー
△コレデイイノダ
△ソルジャーズソング
グリーンチャンネルのコンシェルジュの古谷剛彦氏も◎を推奨していました。枠順、脚質、コース適性、現在の馬場状況、ハンデなどを考えるとここは賞金が半分になる4歳馬がサマーシリーズにむけて、上位に入り加算したいのでは考え、メイチ勝負と見ました。
馬券は◎から馬連で5点、◎の単複(100,300)で計900円。

◆エーデルワイスS
オオトリオウジャから馬連でストロングガルーダ、ストロングロビンの村木氏の馬に2点。計200円。

以上合計2100円。

★6/14の購入金額・・2100円
★6/14までの購入金額・・125100円
★6/7までの購入金額・・123000円
★5/31までの回収金額・・116060円
★5/31までのの回収率・・94%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
先週かなり荒れてしまった馬場に追い打ちをかけるように土曜日にまた状態が悪化した印象です。今日は暑くなるのでかなり回復しそうですが、内目はかなりボコボコになっている可能性があります。若干時計がかかるのと、力の要る馬場になっていると思います。
以前のダイワメジャーのようなレースができる馬がかなり有利と思います。
また芝刈りをしたようなので、外だけ芝が伸びて深いということもなさそうで、展開によっては大外一気的な馬も浮上の余地ありと考えます。

◆安田記念
すべては、ウォッカとデォープスカイの対決ムードに終始しそうですが、一応現段階ではディープの方がローテーション的にレースを絞り込んでいる感があり、実力的に大きな差が無いとすれば有利と考えます。
★騎手
四位騎手は今週は東京で騎乗です。土曜日は1レースのみで、今日はダート平場と芝の2500と麦秋Sでタカオセンチュリーに騎乗で本番です。
藤岡佑騎手は安田記念のみの騎乗です。

★レースレベル
一概なことは言えませんが、結構はっきりしてるのは大阪杯の出走馬はかなりのレベルだったということです、その後大きなレースでも好走馬を量産しています。
都大路Sや谷川岳Sも先行組は比較的好走率が高いようです。例年上位を賑わすマイラーズC組はそこそこのレベルと考えます。
高松宮記念組はイマイチのようです。特筆は東京新聞杯で先行した組で、かなりきびしい競馬になり好走率が高いようです。

★香港馬は?
賞金がかかっているサイトウィナーは先行なだれ込み型のようで展開は向きそうですが、ここに照準を合わせたというよりは前走の勝利での参戦で、昨年2着のアルマダのほうが、ここを狙ってきた感があります。いずれにしてもビババダカやグッドババをはじめ香港のマイラーはかなりのレベルと思いますので無視は危険と思います。
実際咋暮のG1出走のスーパーホーネットはアルマダとは1勝1敗です。

★予想
軸は今回はディープスカイと考えます。宝塚〜凱旋門という予定でここがメイチでない可能性もありますが、ここで正攻法で上位に入れないようではこの先はないと考えます。そしてウォッカの時ではありませんが降ろされてしまう危険もあるわけでここは失敗が許されない騎乗です。またローテーションも負荷をかけた大阪杯のみを叩いての形で、3歳時に菊花賞に見向きもしなかったことを考えると、陣営も左回りのマイル〜2400が最適と考えているのではと思います。昨秋もそんなローテーションでした。
軸◎ディープスカイ
◯スーパーホーネット
余裕のある日程でここ勝負
▲アルマダ
昨年2着
△ウォッカ
押さえたい
△コンゴウリキシオー
一昨年の2着
△カンパニー
今回なぜ人気がないのかわからない
※穴にこだわりたいので、ウォッカを軽視します。力の要りそうな馬場や消耗戦になった時を考えると消える可能性もあると考えました。
馬券は◎からウォッカ以外に馬連で4点(200円ずつ)、ディープ→ウォッカの馬単200円、ディープスカイの単勝を500円。計1500円。

◆麦秋S
ポーカーフェイス一頭軸でタカオセンチュリー、スリーアリスト、シルクストリートの三連複3点。シルクヒーローの複勝200円。計500円。

◆関ヶ原S
ハギノプリンセスの複勝200円。

★御嶽特別
メイショウアサガオの単複(100,300)

◆あじさいS
ハードウォンの単複(100,300)

◆中京3R
アグネスクィーンの単複(100,300)

◆中京4R
スズカイエロー、メイショウラダック、ビコーフェザー、セイウンエポックの馬連ボックス

◆ホンコンJCT
スィートブレナムの単複(100,300)

以上合計4400円

★6/7の購入金額・・4400円
★6/7までの購入金額・・123000円
★5/31までの購入金額・・118600円
★5/31までの回収金額・・116060円
★5/31までのの回収率・・97%


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
まずはお詫びです。
昨日香港馬のアルマダの話を書きましたが、成績表を見間違えました。アルマダは昨年の安田の前のG1でグッドババの2着でした。大変失礼致しました。

さて今日は四位騎手の話です。これはすべて個人的な見解と推測であり、事実とは異なりますので、よろしくお願いします。

四位騎手は一昨年のウォッカ、昨年のディープスカイとダービーを2連覇しましたが、なぜか今年は騎乗馬もいない状態でした。よく考えてみればダービーはホースマンの夢、それを2年連続独り占めにしてしまったのですから、騎乗馬がいなくてもそれはある意味しょうがないことかも知れません。

ところが3連覇がかかっているわけですから、最後の最後までこの可能性を残しておかなければなりません。先週の四位騎手の騎乗は土曜日は中京で数鞍のみで、ダービー当日の日曜日は当然東京に出向きました。

実際の騎乗は関東馬と関西馬の人気薄各一頭、そして目黒記念はエリモエクパイアの計3頭です。特にダービー前後の午後おそいレースから11Rまではすべて騎乗なしでした。だれかがもしか落馬負傷などで乗れなくなったら、代わりに騎乗できる準備を万全にするためであろうと考えます。

それくらいダービー3連覇とは偉業であり、ほかのすべてを犠牲にする価値があるのでしょう。

結局ダービーはすべて予定通りの騎手が無事に騎乗、四位騎手はダービーで騎乗することは出来ませんでした。

ただ四位騎手がすごいのは、平場で騎乗したテン乗りの人気薄2頭とも見事に勝利したことです。しかも追い込んでの勝利です。
目黒記念は凡走でしたが、大雨の後の荒れた馬場も経験して、来週の安田記念でのディープスカイ騎乗にむけて、いろいろ参考になったこともあったはずです。

四位騎手は最近あまり派手なパフォーマンスは見られませんが、着実に前進しているように思います。

今度の安田記念は自分が勝ったダービー馬同士、しかも対戦成績1勝1敗での事実上の決着になります。前走は負けはしましたが、59キロの負荷で強敵に惜敗。勝った馬は予定外の天皇賞でも3着と相当の実力馬です。

一走、一日を無駄にしないで、後に活かして頑張ってほしいと思いました。

安田記念はウォッカ、香港馬2頭、ディープスカイ、そして悲願のG1を狙うG2を4勝しているスーパーホーネットの事実上5頭の戦いになるのでしょうか。人気サイドではありますが、今年のレースの中でも有数のドラマが見られればと思っています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
昨日書いたほかに番外編として、少しうがった見解です。
これも全く根拠はありませんので、ご覧になる方はそのつもりでお願いします。

◆返し馬のとき
ご覧になった方も多いと思いますが、ダービーの返し馬はひじょうに特殊でした。馬場入場の順番ですが、最初に入ったのは何とアンライバルドでした。次がリーチザクラウン、そして1番のロジユニヴァースの順です。
たしかあの時は大雨の直後で少し小やみになった時でした。小雨のうちに早く馬場に入り、屋根のある待避所に行きたい、そんなところだと思いますが、ロジは1番なので早く出る必要は無く、前の二頭がいかに勝負をかけていたかの象徴に思えました。

同じことが目黒記念でもいえました。ほかの馬より一足早く、圧勝したミヤビランベリは待避所に入っていて、出走馬紹介の時は待避所でした。
これは雨が本降りの時には当然で、返し馬やゲートに入るまでに水分を吸って斤量が楽に1キロくらい変わってしまうそうです。

後から考えれば、偶然あまりないような大雨の中のレースになりこの辺に勝負の度合いが大きく出たように思えます。

◆単勝オッズ
これはもっと根拠が無い話ですが、ロジの単勝オッズは売り出し直後から締め切りまでずっと2番人気でしたが、馬連の人気は4〜5番人気相当で単勝だけが売れていたことになります。どのような人が買っているのかは全く不明ですが、アグネスデジタル〜ヒシミラクルのときではありませんが、理由なしに馬券が大量に売れることはないはずで、人気騎手、スターホース、女性騎手、ゴロが日にちと一緒、共同馬主など以外で単勝や複勝馬券が売れている時は一応注意が必要だと思います。

◆G1は人気馬が外枠になることが多い?
あまり深くこの話をするつもりはありませんが、一般的には人気馬が外枠に入ると何故か馬券の売り上げが通常より多くなるそうです。

ほかにもいろいろな競馬の専門家の過去の分析で、ハンデ戦のトップハンデ馬の斤量が一頭だけコンマ5キロ単位の時は勝負けになる確率が高い、細い腹帯は勝負け、エッグハミに変えたら勝負など数々の格言めいた話がありますが、いずれも根拠はないにしても、理にかなっている部分もありつねに頭の片隅に入れておいて、冷静に判断する材料として活用してもいいかな、とは思います。

今週は安田記念ですが、先週が大雨の中で芝のレースガ多かったので、内目がかなり荒れてしまったようで注意です。
あと香港の2頭はかなりレベルが高いと見ました。安田2着の後、グッドババというかなり強い馬を破ってG1を取った馬とその馬を大きく破りG1を勝った馬が来日です。しかも同厩舎の馬です。ウォッカがどう戦うかに注目です。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
横山典騎手がついにダービーを勝ちました。イングランディーレ以来2着が指定席になっていたうっぷんをダービー初制覇で晴らしました。まずはおめでとうございます。

ただ馬券は完敗と言うか、結論もフラフラで買う時点でこれは負けるな、と思ってしまうような状態でした。また修行を積みたいと思います。

◆ダービー検証
後になって冷静に検証すると、下記のような毎年いわれている特徴がありました。もちろん馬場の問題もありますが、意外にセオリーは守られていました。以下は私見ですのでご承知おきください。
・白百合Sのとおり、プリンシパル組に一蹴された青葉賞組は全滅でした。逆にプリンシパルのアントニオバローズが3着に健闘。
・毎日杯組、NHKマイル組も今回は下馬評通りまったくダメでした。
・1〜3着馬の皐月賞成績は、すべて先行集団組で、やはりきびしい流れが次走に活きた形に?
・同様に1〜3着馬の騎手はすべて前3走乗り替わりなしで、これも例年の傾向どおりでした。
・麻生首相の表彰のせいではないのでしょうが、1〜4着馬は個人馬主でした。最後の直線半ばでアプレザンが力尽き、共同馬主の馬は有力馬も含めすべて全く勝負にならない位置取りでした。
・橋口調教師はまたも多頭出しで届きませんでした。来年以降多分ダービーに照準を合わせた戦略を組んでくると考えますので注目です。
・レースを見て気になった馬は、最後の最後にいい脚で追い込んだシェーンヴァルトです。上がり最速タイで、ゴール前の200は際立っていました。かなりスタミナがありそうで、地味ですがデイリー杯勝ち馬で賞金もそこそこ積んでいますので秋以降注目です。あと距離伸びてマッハヴェロシティにも注意が必要そうです。
・騎手では岩田騎手、蛯名騎手、柴田善騎手、内田博騎手のダービー挑戦に注目したいと思います。

★5/31の購入金額・・3900円
★5/31の回収金額・・0円
★5/31までの購入金額・・118600円
★5/31までの回収金額・・116060円
★5/31までのの回収率・・97%


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

↑このページのトップヘ