競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

2010年02月

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
今週は種牡馬の登竜門である伝統の中山記念、高松宮記念の前哨戦の阪急杯と格の高いレースです。
ただ中山記念のほうは多少さみしいメンバーになりました。また雨の影響をかなり受けそうな馬場状態で注意です。
しかも例年そうですが、開幕週で内のAコースになることやコース形態から、先行馬、特に内枠の逃げ馬には注意です。

◆中山記念
重馬場を苦にしない馬、賞金加算が必要な馬、ローテーション、先行馬などに注意です。
斤量は別定戦なので58キロ以内はあまり気にしなくていいと考えます。
ただ先行馬がそろったので乱ペースになると思わぬ伏兵の台頭もありえますが、天候等から消耗戦になった場合は追いかける馬の方がきつくなる可能性大です。
特にモエレビクトリーはこのようなペースに持ち込むと好走するタイプで息の抜けない厳しい展開になると考えます。
◎軸アブソリュート
重の鬼で、安田記念を目指しているとすればここは悪くとも入着を果たしたいところです。軸で。
○ドリームサンデー
臨戦過程がほとんど重賞で、今回の条件は最適です。同厩舎の人気の馬よりこちらに注意。
▲キングストリート
前述の人気の馬であっさりの可能性もありますが、道悪、右回り、急坂などを克服すれば。
△シャドウゲイト
道悪はこちらも鬼です。田中勝騎手の動向から割引。
△ショウワモダン
地味ですが渋太い。前走は不適なダートでしたが、前々走は先行馬にきつい展開で先行した馬は軒並み次走以降に好走。
△モエレビクトリー
そのまま逃がすとスピードがあり、しかも渋太い。内枠も好感で注意です。

★馬券
アブソリュートからシンプルに馬連を印に5点とショウワとモエレにワイドを。◎○二頭軸三連複を印に4点。
計1100円。

◆阪急杯
社台RHが3頭出しですが、斤量の問題やインパクトが少なく紐程度にと考えます。
こちらは馬場は良さそうです、いつもの開幕週のように内枠の先行馬には注意です。
人気の二頭以外は手広く穴を狙いたいところです。
★馬券
・馬連でエーシンフォワードからヘッドライナー・ファルカタリア・ヤマニンエマイユ・グッドキララ・トウショウカレッジまで5点。
・エーシンフォワード・ビービーガルダン二頭軸の三連複で、相手は社台RHの3頭・ヤマニンエマイユ・グッドキララ・トウショウカレッジ・ワンカラットまで7点。
・三連単:エーシン→ビービー→社台RHの3頭・ヤマニンエマイユ・グッドキララ・トウショウカレッジ・ワンカラットで7点。
・三連単:エーシン→社台RHの3頭・ヤマニンエマイユ・グッドキララ・トウショウカレッジ・ワンカラット→ビービーで7点。
ヤマニンエマイユの単複(100、300)
計3000円。

◆両国S
スタッドジェルランとサクラロミオの馬連300円。この両馬からノワールシチーとダイバクフにワイドフォーメーション4点。スタッド・サクラ二頭軸三連複でノワール・ダイバクフに2点。
計900円。

◆阪神12R
ピエナポパイの単勝200円とこの馬から馬連でトーセンスターン、バトルブリンデイズ、アドマイヤシャトルに。計500円。

◆潮来S
マゼラン、ベルグミサイル、アイティトップの馬連ボックスとマスラタケヲの複勝200円。

◆中山7R
ホッカイレシフェの単複(100、300)

◆中山6R
ロトディパーチャーの単複(100、300)

◆阪神4R
スプリングロックの単複(100、300)

以上合計7200円。

★2/28の購入金額・・7200円
★2/28までの購入金額・・59300円
★2/20・21の的中金額・・6140円
★2/20・21までの購入金額・・52100円
★2/20・21までの回収金額・・45790円
★2/20・21までのの回収率・・87%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
出掛けですが、フェブラリーSだけ追加です。
ダイショウジェットの複勝500円、エスポワールシチーとの馬連200円、ワイド300円。
計1000円追加です。

★2/20の購入金額・・3000円
★2/20までの購入金額・・52100円
★2/14の的中金額・・4650円
★2/14までの購入金額・・49100円
★2/14までの回収金額・・39650円
★2/14までのの回収率・・80%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
今週はG1ウィークですが、いろいろ立て込んでいるところへ、土曜の朝一で急用で金沢に行くことになってしまいました。
もう出発しなくてはいけないので土日分を簡単に。
◆京都記念
なんとしても賞金加算が必要なジャガーメイルを狙います。
馬券はジャガーの単勝とジャガーから馬連でブエナビスタに。
三連複ジャガー、ブエナ、ドリームジャーニー。
三連単ジャガー→ブエナ→ドリームおよびブエナ→ジャガー→ドリーム
穴ではありませんがこれで買います。計500円。

◆クィーンC
イイデサンドラに注目。単勝と馬連でテイラーバートン、アプリコットフィズ、ギンザボナンザ。ワイドでプリマビスティーに。
計500円。

◆フェブラリーS(日曜分)
人気のエスポワールシチーはまず連ははずさないと考えます。また内田騎手復帰のサクセスブロッケンも有力です。
芝から参戦してきた馬ではローレルゲレイロとリーチザクラウンに注目で、この両馬から有力2頭に馬連フォーメーションで4点。
三連複エスポワール・サクセス二頭軸でローレル、リーチに2点。
三連単エスポワール→サクセス→ローレル・リーチで2点。
三連単エスポワール→ローレル・リーチ→サクセスで2点。
計1000円。

以上合計2000円。

★2/20の購入金額・・2000円
★2/20までの購入金額・・51100円
★2/14の的中金額・・4650円
★2/14までの購入金額・・49100円
★2/14までの回収金額・・39650円
★2/14までのの回収率・・80%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
◆ダイヤモンドS
ハンデ戦ですが東京3400という特殊な舞台であり、クラス分けや他の条件の評価されたハンデはあまり関係ないと考えますが、今回は比較的メジャーを狙う馬も混じっているかんじです。人気ですが軸を決めて狙いたいと思います。
◎軸フォゲッタブル
58キロの天皇賞を目指している馬がほぼ同条件でハンデ戦とはいえ57キロで連対出来ないようだとこの後はかなりきびしくなるはずです。
◯モンテクリスエス
前走同タイムで勝った馬の斤量が増えて、こちらは据え置き、昨年の覇者。賞金加算が命題でここは勝負をかけてきそうです。
▲ヒカルカザブエ
騎手は好調、先々を考えれば伸びしろもありそうで逆転をの可能性有りと考えます。
△ダイワワイルドボア
前走の方が適条件でしたが、前走は仕掛け潰れの感もあり今回は意外性で注目です。
△メイショウドンタク
地味ですが力を付けてきた印象です。注意。
△ドリームフライト
長距離戦は引き続き注意です。福永調教師は今月末で引退。
△ハーマジェスティ
先日根岸Sを制したコンビ。軽量注意。
★馬券
フォゲッタブルから馬連で印に6点。(◯に400円、
▲には300円)ワイドで△に4点。計1500円。

◆きさらぎ賞
◎レーヴドリアン
◯ダイワバーバリアン
△クォークスター、ネオヴァンドーム、インペリアルマーチ
★馬券
・馬連◎◯を300円。◎△を3点。
・三連複◎◯二頭軸で△に3点。
・三連単◎→◯→△3点と◎→△→◯3点
計1500円。

◆尾頭橋特別
コスモオースティンからワイドでタイカーリアン、ティルフィング、カイゼリンに。計300円。

◆ヒヤシンスS
わざわざ関東に乗りにきた川島騎手のマカニビスティーが軸。馬連で相手はトーセンアレス(400円)、ビッグバン、アイアムイチバン。マカニ、トーセン二頭軸三連複でビッグバン、アイアムイチバンに。三連単マカニ→トーセン→ビッグバン、アイアムイチバンとマカニ→ビッグバン、アイアムイチバン→トーセンに。計1200円。

◆飛鳥S
ブーケフレグランスの単勝200円。ヤマニンウィスカーに馬連。
ブーケ・ヤマニン二頭軸三連複でウィルビーキング、アペリティフに。
計500円。

以上合計5000円。

★2/14の購入金額・・5000円
★2/14までの購入金額・・49100円
★2/13の的中金額・・7890円
★2/13までの購入金額・・44100円
★2/13までの回収金額・・35000円
★2/13までのの回収率・・79%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
ここのところ公私共に忙しく(良い忙しさではないのですが・・)簡単に
◆バレンタインS
ズバリ、穴軸はマルブツイースターで。単複(200、500)と馬連でピサノパテック、アントニオバローズ、ヤマニンエマイユに。ワイドでマイネルフォーグ、ゼットフラッシュ、ダイシングロウに。
計1300円

◆アルデバランS
フサイチセブン・トランセンドとキングトップガン・ユウキタイテイ・クリーンのワイドフォーメーション6点。
キングトップガンとクリーンのそれぞれの単複(100、300)。
計1400円

◆銀蹄S
タマモグレアーの単複(200、500)と馬連でフアィナルスコアーに。ワイドでワインアドバイザーに。
計900円

◆東京1R
タマモの二頭出しに注目。両頭のそれぞれの単複(100、300)と両頭から馬連とワイドのフォーメーションでヤマイチテキーラとハニーカラーに計4×2で8点。
計1600円

以上合計5200円

★2/13の購入金額・・5200円
★2/13までの購入金額・・44100円
★2/7の的中金額・・5730円
★2/7までの購入金額・・38900円
★2/7までの回収金額・・27110円
★2/7までのの回収率・・69%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
土曜日の小倉大賞典で2着に入線したマイネルスターリーに騎乗していた三浦皇成騎手がまた進路妨害で降着になってしまいました。
年始の大規模な落馬事故で騎乗停止明け2週目で再度の騎乗停止になりそうです。馬の癖もあるのでしょうが、脚色的に差し込まれる状態でなかったのでひじょうに残念です。最近完全にリズムが狂ってしまった感があり、この先も大変そうです。

◆シルクロードS
日曜日の京都は降雪予想のためPATの夜間投票が中止になっています。開催情報や馬場状態に注意です。さらに16頭立てなのでダート変更の可能性もありその辺も注意です。
ハンデ戦でありながら、高松宮杯の前哨戦でもあり賞金加算でメイチの馬、本番への調整の馬などが混在して能力評価はもちろん勝負気配の読みが難しいレースです。
思い切って穴目で勝負してみます。
◎軸ショウナンカザン
この先の大きなレースに余裕を持って出走態勢を整えるためには賞金加算が必要です。芝、ダート問わず堅実でデビュー時以外は殆ど掲示板を外したことはありません。特に芝1200はすべて入着で、内目の枠も取れここ勝負と考えます。
◯ドラゴンウェルズ
▲レディルージュ
△エイシンエフダンズ
△シンボリグラン
△キルシュブリーテ
★馬券
◎ショウナン一頭軸の三連複ボックスで10点。
◎から馬連で印に5点。
計1500円。

◆共同通信杯
穴を狙う雰囲気ではないので1頭だけ穴っぽい馬を狙います。
◎軸アリゼオ
◯タイセイレジェンド
好走馬量産の未勝利戦を圧勝した馬で本来本命にと考えていましたが、騎手が少々チグハグな状態で◯に。
▲ロジスプリング
△ハンソデバンド
△ダイワアセット
△カシマレジェンド
前走も注目しましたが出遅れて惨敗です。ただ身体能力を期待して人気がガタ落ちの今回は大穴で注目です。
★馬券
◎から馬連で印に5点(アリゼオ・ハンソデは200円)。
カシマレジェンドからワイドで印に5点。
カシマの単複(100,300)
計1600円。

◆賢島特別
パパラチアの単複(100,300)

◆早春S
ツバサドリーム、ショウナンライジン、アメジストリングのワイドボックス。

◆春日特別
オカゲサマデ、シゲルキリガミネのそれぞれのの単複(100,300)

◆京都8R
デュークワンダーの単複(100,300)

◆萌黄賞
レオパステルの単複(100,300)

◆中京5R
マイネルが4頭出しと単独馬主では珍しい多頭出しでここは勝ちに行くと考えます。
人気のマイネルグートの単複(200,500)、マイネルリブレット・ダウザーの単複をそれぞれ(100,300)、マイネルバンベールの単複(100,200)で計1800円。

以上合計7200円。

★2/7の購入金額・・7200円
★2/7までの購入金額・・38900円
★1/31までの購入金額・・31700円
★1/31までの回収金額・・21380円
★1/31までのの回収率・・67%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴馬列伝 に参加中!
穴馬列伝の第二弾は取ったり、やられたりの馬です。
二頭が表題ですが、この両馬は1991年4月に東京競馬場4歳(現3歳)未勝利戦ダート1700mで対戦しています。
ゴールデンアイをご存知の方は多いと思いますが、タヤスジャッジ?
何だそれ?というのが本当のところだと思います。

桜花賞の大穴で味をしめ、立川のウィンズに通うようになってしまった私が最初に出会った穴的中レースでした。
ビギナーズラックではありませんが、味をしめた人間を待っているのは「どつぼ」です。
翌週からせっせと朝からウィンズに通い始めた私は。来るレース来るレース、すべてわけのわからない穴目を買い続けましたが、さっぱり当たりません。
今考えれば、当然なのですが、当時は枠連しかなくて大穴はそうそう出ませんでしたし、内容もろくに研究していないので仮に穴が出ても仕留めるなど至難の業だったのです。

そんな時、高本公夫氏のたしか「競馬が面白いように取れる〜」とかなんとかいう本を本屋さんで見つけ、買ってみました。
そこにはびっくりするような内容の話がたくさん出ていました。
ほかのギャンブルや実社会でもよくいわれることですが、列挙すると、
★競馬のレースは興行として作られている部分がある
★馬は動物だから偶然性が高いように思われているが、実は車を運転するくらいの感じでコントロールできる
★調教師や騎手は仲間や派閥がありレースにおいても協力関係がある
・・・などなどです。
実際に20年以上レースを見ていますが、上記の話は全部否定はしませんが、それ以前に馬にそれだけの能力がないとそんな芸当も出来ませんし、人間が主導しいる興行であることは事実なので、多少は人為的な部分があるとは思いますが、かなり乱暴な見解であるとは思いました。

ただ当時の私には新しい世界を見たような、新鮮な感動がひろがり、
「よし、そういうことも含め1レース、1レースを徹底的に研究してみよう」
ということになりました。

早速その週の競馬の新聞を購入すると、徹夜で研究を始めました。
特に日曜日のレースは土曜にゆっくり研究できるので厩舎の人間関係などまで事細かに検討しました。

それが表題の1991年4月28日東京1レースでした。
検討の結果人気薄で注目できる要素が浮かび上がった馬がタヤスジャッジでした。
そのレースは前走の内容からゴールデンアイが非常に有力だと思い、かなり人気でしたが、
タヤスジャッジの単勝、複勝、枠連1−8を500円ずつ購入しました。

タヤスジャッジは期待通り激走しました。
もしかしたら勝つのでは期待させるくらい最後まで頑張りました。
かなりきわどい勝負になりましたが、結局ゴールデンアイが勝ち、タヤスは2着でした。
タヤスの単勝も買っていた(たしか80倍くらいはついていた記憶があります)ので残念でしたが、枠連8990円をゲットすることが出来ました。

勝ったゴールデンアイは下級条件では強い馬でしたが、サーペンフロというあまりぱっとしない血統らしいので世間ではあまり注目されていなくて、あまり人気をかぶりませんでしたが順調に出世してオープン馬になりました。(血統はあまりくわしくないのであしからず)

おもにダート中心でしたが、芝の長距離や力のいる芝で切れ味のある馬が苦手な条件や消耗戦ではがぜん力を発揮しました。
特に、
★93年札幌日経オープン7番人気2着
★93年函館記念11番人気優勝
★93年天皇賞・秋17番人気4着
★95年中山金杯13番人気2着
★95年東京新聞杯5番人気優勝(雪のためダート変更でたしかグレードなし重賞扱いだったように記憶しています)
など地味ながらメジャーな舞台で渋い活躍をしてファンを楽しませてくれました。特に天皇賞の掲示板と金杯のサクラローレルとの大穴では世の中をあっと言わせました。

一方のタヤスジャッジは特に派手な活躍もせずにターフをさりました。
ところがそれからはるかたって、あるテレビ番組で偶然東北地方か何かの乗馬クラブのリポートがあって、何気なく見ているとそこで乗馬に使われていた馬の厩舎に名札がついていたのですが。
「タヤスジャッジ」と書いてあるではありませんか!
「おおっ」本当に驚きの声をあげてしまいました。
「元気に頑張っていたんだ」
けっこうな感動の瞬間でした。
この話もすでに十年以上前の話ですが・・。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

↑このページのトップヘ