競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

2011年06月

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
WIN5の結論および個人日記「ショーパブ〜熱中症編」を個人ブログ「穴狙い千ちゃんの旅行記PART2」
に掲載しまたのでそちらをご覧ください。

雨が心配されましたが、競馬開催の地域に関してはにわか雨以外の心配はなさそうです。
ただ夜中に関西地方は雨が降っているようで、パンパンの良馬場という感じではなさそうです。
宝塚記念5頭出しの池江調教師が、実力馬トゥザグローリーが夏負けの兆候が出ていると記者会見で発表しました。

父である大御所池江郎師からいい馬を引き継ぎ、さらに独自の戦略で名調教師への道を歩もうとしている池江師は、今年は皐月賞、ダービー制覇だけでなくここもG1史上初の5頭出しを実現しました。
以前?の競馬の予想家であれば5頭が結託すればレースは必ず勝てる、というのがこの世界の常識だったはずです。

ただ今年のメンバーのうち数頭は世界の一流レースでも通用する実力馬であり、運や騎手の好騎乗がなければ勝利するのは並大抵ではないと思っています。
夏負けの馬がはたして勝てるのか?本当の状態は?
いろいろな思惑がすでに交錯しているようです。

またサンデーRの強豪が顔をそろえました。有馬は取り消したローズキングダムが加わり、前述のように協力関係はないとはいえ、同じ勝負服が上位独占も夢ではない、というくらいのメンバーです。

あとコメント時に注目していたエイシンフラッシュは素人の私の目にはバネのあるひじょうに良い状態に映りました。
この馬は調子がよければ、この条件では減点材料がほとんどなく、展開次第では勝つ可能性も十分と思っていたのでここは印を上位に打ちたいと考えます。
ただ逃げ馬がゆるみのないペースでスタミナ戦に持ち込んだときはかなりきびしいと思っています。

馬場が悪化する要因が少なくなり、道悪の鬼・ホワイトピルグリムは出走権があるのに中山のオープンに出走です。
当然かもしれませんが・・。
今回は穴狙いの私ですが、大雑把に言えば本命系でしょうがないと考えます。ただ中では一番コアなパターンを狙い撃ちしたいと思います。
◆宝塚記念
◎軸エイシンフラッシュ
○ルーラーシップ
▲ローズキングダム
△ブエナビスタ
△トーセンジョーダン
△ナムラクレセント
★馬券
◎から馬連で○に300円、▲、ブエナには200円、それ以外は100円。
◎○二頭軸三連複で印に、◎○ブエナは300円、それ以外は100円。
計1500円。

◆夏至S
フィフスペトルから馬連でホワイトピルグリム、オペラブラーボに各200円。トップかミング、フライイングアップルに各100円。
計600円。

◆函館日刊スポーツ杯
・ティムガッドから馬連でモモフク、ローブドヴルール、エスカーダ、キョウエイアシュラ、ミスベルツリーに。
・ティムガッドから一頭軸三連複でモモフク、ローブドヴルール、エスカーダ、キョウエイアシュラ、ミスベルツリーに10点。
計1500円。

◆尼崎S
カワキタフウジンから馬連でワンダームシャ、アドマイヤテンクウ、マゼランに各200円。
計600円。

◆鹿島特別
コパノカチーノを軸で馬連でニシノステディー、ゴールドバシリスク、シゲルソウウン、ハンマープライスに各200円。
ルナロッソ、ダイワの二頭にワイド。
計1100円。

以上合計5300円。

◆2011年の成績
★6/26の購入金額・・5300円
★6/26までの購入金額・・397800円
★6/19までの購入金額・・392500円
★6/19までの回収金額・・392450円
★6/19までの回収率・・99%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
先週の競馬の検証・反省・次走注目馬 に参加中!
先週はさっぱり、いつもは中山、阪神、函館は比較的相性がいいのですが、今年は逆のようです。
この調子のままグランプリの宝塚記念に突入です。
WIN5は相変わらずでしたが、今回は最低配当で当たらなくて良かったのかも・・。
当てる努力と難易度は穴狙いの私にとっては、そんなに変わらないはずですから・・。
そういえばマーメイドSで3着に突っ込んだアースシンボルは馬場に早く入場していました。
早く入場していたのはこの馬とロイヤルネックレスだけでした。注意が必要です。

さて宝塚ですが、やはり予想通りの豪華メンバーになりました。しいて言えばヒルノダムールとペルーサに出てほしかったところです。
また賞金、ローテーション的にも間に合うはずもありませんでしたが、ランリョウオーとダークシャドウが出るとどうなったでしょうか?
ランリョウオーは少し距離が長いような気がしますが、ダークはいい勝負になるかもと思います。
◆宝塚記念コメント
サンデーレーシングが4頭出し、池江厩舎が5頭出し、前田幸治氏が3頭出しになりそうです。
近年すばらしく充実して、今年はついに念願のダービーを取ったサンデーRがこの勢いで宝塚も制覇する可能性がかなり高いと考えます。
またサンデーRは共同馬主でもあり、多頭出しでも昨年のジャパンCでブエナビスタがローズキングダムの進路妨害をしたように、あまりそれぞれは協力関係はないと考えます。
ただ社台系のキャロットFは一頭ですが、トゥザグローリーという強力な馬でこちらも注意です。

例年は宝塚は時期的な問題もあり比較的春や秋の有力G1が取れなかった馬が、そういう馬たちがローテーションからはずしたり、調整不足のこのレースで勝負をかけるというパターンが多かったのですが、近年は長距離馬より中距離馬という流れなどからここに一線級が集結、秋の外国の大レース出走の足場にするパターンが増えてきました。
さらに今年は優勝すると世界の競馬の祭典ブリーダーズC出走権まで与えられるので、かなりの真剣勝負になりそうです。
★ブエナビスタ
一昨年の有馬、昨年のジャパンC、有馬と2着で、結局一流どころが集まるG1できれいに勝ったのは昨年の秋・天皇賞のみです。
ただ史上かつてないようなレベルの4歳馬たちを相手に常に連をはずさないだけでなく、実際には4歳馬たちよりもはるかに強い競馬をしていて、おそらく史上まれに見る能力の持ち主であることは疑いようもありません。
ダイワスカーレットやウォッカ、エアグルーブなども相当強いと思いますが、この馬はさらにスケールを感じさせます。
もう一発どこかですごいレースを見てみたいと思っています。
届きませんでしたが、今でも一昨年のエリザベス女王杯で使った脚が忘れられません。あれはペースミスでもう絶望的だったので、逆に本気で追いかけた脚だったと思っています。
直線に入って30メートル以上離されていたのを、ハナ・クビまで詰め寄るという鬼脚でした。
人気ですが確実に上位に食込んでほしいと考えます。

★ローズキングダム
日経新春杯では4歳馬トップの58キロという時期的にはとんでもないハンデ評価でしたが、とにかくピリッとしません。
しかしダービーの時もそうでしたが、見限れるような能力ではないと考えます。母親のローズバドも大きな実績はつくれませんでしたが引退寸前まで常にトップクラスの実力を見せてくれました。
ウィリアムズ騎手がどうさばくかにかかっていますが今回はそれなりのペースになりそうでレースはしやすそうです。

★トゥザグローリー
前走はスローペースを先頭に立ってしまいちぐはぐなレースでした。また前哨戦のローテーションがハードで、勝負度合いも??という感じでした。
これも実績以上に実力があった母のトゥザビクトリーの能力を考えるとどこかで一発G1を勝てる器と考えます。実際昨年の有馬ではドバイの優勝馬とブエナビスタと互角のレースを見せていて順調であれば上位の確率大と考えます。

★ルーラーシップ
前走をみてもわかるとおり今の充実度から今回も一番勝利に近いのではと思われていますが、条件がそろいすぎというか、前走はある意味負けてもいいレースだったはずであそこまで消耗して勝つ必要があるの?と思ったのも事実です。
特に出遅れ、極悪馬場と無理をしてはいけない状況だったはずでとにかく疲れが心配です。もちろん力を出し切れば勝ち負けであると思うので必ず押えたいところですが、軸には??と考えています。

★エイシンフラッシュ
この馬が一番つかみ所がないタイプと考えます。ひとついえることは私は馬の見方はあまりわかりませんが、好走するときは追い切りを見ていると多少ちがうように映るように思えます。
また瞬発力勝負になったときのほうが強そうな感じで、アーネストリー次第ですが、いつものアーネストリーのパターンだといまいち難しいように思います。ただ苦手なパターンになっても勝ちにいかないようなときは確実に上位に食込んできそうで、2〜3着狙いをされるかどうかが問題と考えます。
また今年は始動が遅くここにメイチの勝負をかけてきそうなローテーションです。
ただ前述の通り、メイチの勝負ということは勝ちに行くわけで苦手な展開になれば馬群に沈む可能性も大きいと考えます。あくまでも紐で。

★アーネストリー
今回は典型的な逃げ馬が不在ですが、こういうときに限って意外にきびしいペースになること多いと感じます。
きびしいペースも強いタイプで、前走は休み明けで勝ちきるまではいかないまでも逃げ残る可能性十分と考えます。紐で。

★トーセンジョーダン
有馬記念を見る限り、距離、芝、展開は向きそうでかなり注意だと思っています。また最後まで渋太い脚を使うので勝つ可能性もあると思います。
順調でなかったダービーは残念だった被災地・仙台のオーナー島川氏はここで雪辱を果たしたいところです。
穴で注目。また鞍上も先週はだいぶ勝てるようになってきたピンナ騎手でオンシーズンを棒に振って来日しているのでここは注意です。

★ダノンヨーヨー
本当に出走してくるとは思いませんでした。レースの感じでは中距離のほうが向いている感じを受けます。
阪神は得意コースですが相手が相手だけに・・。

★ドリームジャーニー
以前ブログに書きましたが個人的には昨年の春の時点で終わっている馬と考えているのでG1では馬券は買わないつもりです。

★ナムラクレセント
前走は得意の舞台とはいえ強敵相手に自分で競馬を作った部分もあり強い競馬でした。
距離は不適と思われますが、道悪になっても大丈夫で3着くらいの可能性は十分と思います。

★ホワイトピルグリム
極悪馬場では前走のように考えられないところから複勝圏寸前まで追い込むほどの力を発揮します。
水かきがついている馬で、道悪では無条件で注意。

以上実力馬は明白ですが、レースを見ていた感じでは春の天皇賞はスローペースながら馬によってはひじょうに出入りの激しいハードなレースを強いられた馬もいてこのレースに出走した馬で途中で脚を使った馬に注意が必要と考えます。

現段階では不動の実力馬ブエナビスタのほか、春天でハードだったトゥザグローリー、ローズキングダム、ナムラクレセントあたり、そして適条件のトーセンジョーダン、ルーラーシップ、そして逃げるアーネストリーまでと考えています。
あとはコース形態上、枠順もかなり影響しそうです。逃げ先行の外枠はあっさり逃げられないと、脚を使うはめになりきびしそうです。

◆2011年の成績
★6/19の購入金額・・8600円
★6/19の的中金額・・2440円
★6/19までの購入金額・・392500円
★6/19までの回収金額・・392450円
★6/19までの回収率・・99%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
WIN5の結論を個人ブログ「穴狙い千ちゃんの旅行記PART2」
に掲載しまたのでそちらをご覧ください。

ここのところ余裕がなくて日曜日主要レース中心の予想です。
本来阪神以外はローカルですが、今年は中山開催なのでまだそういう感じがしないのが不思議です。
いつもなら平坦巧者が活躍しますが、今年は予想がかなり難しそうです。
ここで注意は新潟のダートはまったく追い込みがきかなかったので、新潟ダートからまわってきた馬で外枠、差し・追い込み脚質の馬の豹変に注意です。
先週はジューンSの馬連、ワイドが的中でなんとか黒字でした。今週はメインをなんとしてもとは思っていますが・・。

◆マーメイドS
ハンデ戦になってからは毎年軽量馬が上位にきているので、軽量馬がかなり穴人気になっているようですが、逆にハンデの重い馬が軒並み人気薄になり妙味が出ています。
関東の騎手では田辺騎手、吉田豊騎手が遠征です。またプロヴィナージュは例によって栗東に事前入厩です。
畠山吉厩舎が3頭出しです。
◎軸ディアアレトゥーサ
先行力が生きるコースでこのメンバーであれば勝ち負けの可能性大と考えます。
○ブロードストリート
実力馬ですが近走は不振です。ただこのローテーションであえて使ってくるということは、それなりの覚悟があっての出走と考えます。
▲穴軸ロイヤルネックレス
△ポルカマズルカ
△フミノイマージン
ハンデが増えてきた以外に減点材料はありません。疲れがなければ。
★馬券
・◎から馬連で印に。
・◎▲二頭軸三連複で印に。
・◎○▲の単勝各200円。
計1300円。

◆バーデンバーデンC
アポロ二頭出しに注意です。
CBC賞とサマーシリーズの狭間のレースで、どちらでも難しい馬か叩き台かを見分けられないときびしいところです。
◎軸サクラベル
人気ですが体重50キロの松岡騎手が乗るということも含めここは斤量の恩恵が大きく中心で。
○穴アポロドルチェ
▲レディルージュ
このクラスの安定勢力。最近はいまいちですが地力は高くいずれ重賞も制覇する可能性十分と思っています。
今回はあまりハンデも背負わないので上位に入ると考えます。三連馬券の軸で。
△アポロフェニックス
★馬券
・上記4頭の馬連ボックス。三連複ボックス。
・アポロ2頭の単複(200、500)ずつ。
計2400円。

◆五稜郭S
コロンバスサークル、メイショウクオリア、ストロングガルーダ、マンハッタンスカイの馬連、ワイドボックス。
計1200円。

◆利根川特別
ウィンマリアベール、グリッターウィング、キクノセンヒメの馬連、ワイドボックス。キクノの単複(200、500)。
計1300円。

◆出石特別
エーシンダックマン1着付け→【アルーリングムーン】、【モトヒメ・ピースピース】の三連単流しで4点。

◆函館4R
キャプテンダリア、レオバルドゥス、シンボリストームの馬連、ワイドボックス。
キャプテン、レオのそれぞれの単複(200、500)。
計2000円。

以上合計8600円。

◆2011年の成績
★6/19の購入金額・・8600円
★6/19までの購入金額・・392500円
★6/12の購入金額・・5000円
★6/12の的中金額・・9100円
★6/12までの購入金額・・383900円
★6/12までの回収金額・・390010円
★6/12までの回収率・・101%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
WIN5の結論を個人ブログ穴狙い千ちゃんの旅行記PART2に掲載しまたのでそちらをご覧ください。

先週はまたもやG1はダメでしたが、モエレジンダイコ(1着)ほか何頭か穴目の馬が上位にきて何とか大きなマイナスにはなりませんでした。
今週は多忙のため日曜日WIN5対象レースのみの予想です。
土曜日は各地雨の影響がありました。日曜日は東京は大丈夫そうですが、阪神は多少影響があるかもしれません。

◆エプソムC
ランリョウオーと並ぶ4歳馬の期待馬・ダークシャドウの登場です。ここは賞金加算をどうしてもしたい場面で確実に2着以内を狙ってくると考えます。
天皇賞1・2着馬とまったく互角のレースをした前走の反動がなければまず軸不動と考えます。
◎ダークシャドウ
○マッハヴェロシティ
▲キャプテンベガ
△セイクリッドバレー
注チョウカイファイト

★馬券
・◎から○▲△に馬連各200円。注にワイド100円。
・◎一頭軸三連複流し6点。
・◎1着付け三連単で2着マッハ、3着以外の馬で3点。
計1600円。

◆CBC賞
別定59キロで完勝したヘッドライナーがハンデ57.5でどうかというところですが、こちらのほうがしんどいと考えます。
むしろキンシャサとほぼ互角なのに賞金加算もろくにできていないダッシャーの58.5のほうが上位と考えます。
ここで使ってきたということは最低でも賞金を加算したいと考えているのでは、と思っています。
ほかは栄進の3頭出し、減量が必要な斤量で騎乗の小牧騎手、武豊騎手に注意です。

★馬券
・ダッシャーから馬連で栄進、ツルマル、シゲルキョクチョウに(ホワイティには200円)
・ダッシャー一頭軸三連複で上記5頭に流し10点。
計1600円。

◆川中島S
ネオフリーダム、カフェマーシャルを上位で両馬の馬連200円。
ネオ、カフェマーシャル二頭軸三連複でアデュラリア、フェイムロバリー、キャプテンルビーに。
計500円。

◆ジューンS
柴田善騎手の53キロは注意でグラスゴッド、実力馬のミッションモード、渋太いネコパンチ、最近乗れてる柴田大騎手のドリームノクターンの4頭に注意です。
4頭の馬連ボックス(ミッションーネコは200円)とドリームから他の3頭にワイド。
計1000円。

◆あおぎりS
パクサから馬連でシルクシュナイダーに200円とサウンドボルケーノに100円。

以上合計5000円。

◆2011年の成績
★6/12の購入金額・・5000円
★6/12までの購入金額・・383900円
★6/5の購入金額・・11800円
★6/5の的中金額・・9530円
★6/5までの購入金額・・378900円
★6/5までの回収金額・・380910円
★6/5までの回収率・・100%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
WIN5の結論を個人ブログ「穴狙い千ちゃんの旅行記PART2」
に掲載しまたのでそちらをご覧ください。

土曜日は重賞などメインはまったくでしたが、勝負とみていた湘南Sのランリョウオーが快勝して黒字でした。
ランリョウオーはこれでオープン入りですが、クラス替えがあるので再度準オープンでの競馬になりそうです。
◆安田記念
アパパネという馬は今までにないタイプの馬であることはこの1年半のレース振りでもわかりますが、この馬と香港馬の取捨がすべてのポイントだと考えます。
まずアパパネですが、この1年半のG1レースは4・0・1・0で、G2以下のレースは0・1・1・1と歴然とした結果を残しています。
今年から宝塚記念はブリーダーズC出走権争奪戦になります。当然相当のメンバーがそろいます。
昨年もすでにナカヤマフェスタがブエナビスタを差し切った勢いで凱旋門賞で勝ち負けとここのところの日本馬のレベルは世界でもトップクラスと思われます。
その一角であるブエナビスタを押さえ込んで好タイムで勝った前走は相当の価値があると考えます。ただブエナビスタはあくまでも宝塚記念に照準があっている感じであること、昨年のエリザベス女王杯ではもう一枚力が劣るメイショウベルーガに完敗していること、ブエナビスタはは昨年のヴィクトリアマイルでも格下の馬にやっと勝っていることなどから過信は禁物と考えます。
また前走の勝負もかなりの部分は蛯名騎手の好騎乗によるところも大きいと思っています。

しかし香港馬の取捨の話にも関係しますが、マイル路線の国内のメンバーはここのところまったく低調で唯一海外G1で好走したエーシンフォワードはまたもや外枠となり、この馬に香港マイルで完勝したビューティーフラッシュくらいしか一流どころはいないと考えます。
ビューティーはここに照準を合わせる前に国際G1の香港Cで快勝して、その後もG1を2戦勝ち、さらに大レースであるドバイを使っています。
1回叩いているとはいえ昨年も大敗しているうえ主戦のモッセ騎手も来日しません。地力があるのであっさり勝っても不思議はありませんが現状では勝負気配は?というところもあり紐で押さえる程度と考えます。

こうなるとこの程度のメンバーであればアパパネは騎手は手の内に入れているベテランですし、大きな不利がない限りはまず上位は固いのではと考えます。
またこの馬が楽にG1を戦えるとしたらこのレースをおいてほかに考えにくくきびしいローテーションをあえて使ってきたのはそのような部分ではないかと考えます。

それでは他の馬にチャンスがあるのでしょうか。唯一相当のレベルの走りをしたエーシンフォワードは好走するパターンは内で脚をためて差すか、先行するパターンが多く今回の外枠はかなりきびしい条件と考えます。
実力的にはアパパネに勝つ地力は現状ではあると思いますが、トータルでアパパネより上位には考えにくい条件です。

それではほかはというと、やはりここにすべてを賭けている感があるスマイルジャックが浮上してきます。
特に左回り、しかもマイルに限定するとほとんど好走はこの条件に限られていると言っても過言ではありません。
また三浦騎手は最近ほかの一部の騎手と海外の一流騎手の騎乗を研究しているとかで、ここに来てかなり成果が出てきているようです。
もとから積極的な騎乗をして注目されていましたが、一時やはりその反動によるラフな騎乗や目立ちすぎたことからサークル内でのストレスなどがあったのでしょう。ずっとまともに勝てませんでした。

最近はほぼそれを乗り越えた感があります。なによりも以前のようなこわいもの知らず的な勇気ではない、本来の思い切った騎乗がよく見られるように感じます。
ここはスマイルジャックもG1を制覇できるとしたらほぼラストチャンスかもしれないので枠順もめぐまれたので間違いなく勝ちに行くと考えます。
しかしブエナビスタとほぼ同レベルのレースをした馬とまともに勝負したら地力では?という部分もあり、三浦騎手の仕掛けのタイミングがすべてを握ると思っています。
うまくそこそこの位置取りを確保して内で脚をためて、絶好のタイミングで仕掛ければこのメンバーであれば勝てる可能性はあると思っています。

そして最後に展望でも注目していると書いたダノンヨーヨーです。
総合的にいえばこの馬が一番上位の可能性が高いのではと思っています。
この条件はまったく底をみせていません。昨年のマイルCSでも勝負は負けてけんかは勝った感があり、そのレベルで考えればビューティーなどとほぼ同じレベルの地力があると考えます。
特に今回は途中のレースで余計なエネルギーを使わずこのレースでピークになるように仕上げたのは明白です。
騎手もウィリアムズ騎手を起用、ウィリアムズ騎手は日曜日は午後のレースをほぼキャンセルしていることからも、当日はこのレースを勝つことしか考えていないと考えます。
難点をいえば出遅れ癖と幾分外目枠が気になりますが、先行馬ではないことと東京はマイルはそれほど内外の有利不利はないと考えます。
また追い込み馬などで届かないというパターンもありえますが、騎手の腕でカバーできるのではと思っています。
◎ダノンヨーヨー
○アパパネ
▲スマイルジャック
△ビューティーフラッシュ
△エーシンフォワード
△シルポート

★馬券
・馬連◎○500円、◎▲300円。
・◎○二頭軸三連複▲に200円、それ以外に100円。
・◎1着付け三連単、○▲流し
計1500円。

◆ほかのレースの予想
若干変更はありますが、先日掲載した注目馬やコメントに準じて馬券を買います。
★垂水S
ダノンスパシーバから馬連でバアゼルリバーに200円、アヴェンティーノに100円。
★上越S
トーセンアドミラル・キョウジ二頭軸三連複でエイシンダッシュ、サイモントルナーレに。
★ホンコンJCT
マイネルナタリスからワイドでヒシカツジェームス、ヒカルアカツキに。
★安芸S
・ギンザナイトから馬連でメイショウの2頭に。
・フェイムロバリーからワイドでギンザナイトとメイショウ2頭に。
★ひかり賞
・カネスラファールとトウカイプライムのそれぞれの単複(100、300)
・マエストラーレから馬連でビギンマニューバー、スタットジェルラン、ロンギングスターに。
★真野湾特別
ケンブリッジシーザの単複(100、300)
★シンボリに今週も注意
東京7,8,9Rと3レース連続でシンボリの馬が出走です。7Rシンボリカージナル、8Rシンボリシュタルク、9Rロベリア賞のシンボリシュテルンの各馬の単複(100、300)ずつ。
★ダノックスの馬に注意
東京の安田記念にダノンヨーヨーが出走で、他場でも複数出走しますが、馬主さんが競馬場にきていると思われ注意です。
阪神の10,11,12Rに連続で出走です。11Rのダノンスパシーバは人気で軸で買いますが、ほかの10R安芸Sのダノンアスカは安芸Sの買い目とは別に単複(100、300)、12Rのダノンプリマドンナの単複(200、500)買います。
★東京1R
アドマイヤアキーダの単複(100、300)
★東京2R
コスモオルバースの単複(100、300)
★東京3R
ハーツドリーマーとシャドウシューターのそれぞれの単複(100、300)
★東京6R
モエレジンダイコ、ストライビングのそれぞれの単複(100、300)
★阪神1R
マウントフジの単複(100、300)
★阪神3R
レンヌルシャトーの単複(100、300)
※コメント時に阪神2Rと書いてしまいました。
★阪神6R
ノーブルディードの単複(100、300)
★あじさいS
テイクアベッドの単複(100、300)
★新潟2R
アラマサアフリート、ラデュレ、ラストメッセージの馬連ボックス。
★新潟3R
トーセンルクリアとフォレストリーダーのそれぞれの単複(100、300)と両馬からトーセンヒカリにワイド。

以上合計11800円。

◆2011年の成績
★6/5の購入金額・・11800円
★6/5までの購入金額・・378900円
★6/4の購入金額・・12000円
★6/4の的中金額・・14490円
★6/4までの購入金額・・367100円
★6/4までの回収金額・・371380円
★6/4までの回収率・・101%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
安田記念展望で述べたショウワモダンは回避・引退になりました。その関係でシルクアーネストが出走になったようで失礼いたしました。
あと若干追加の馬がいます。土曜日は急きょ朝から仕事が入りましたので今結論です。
◆ユニコーンS
相手は強化されましたが、エーシンブランの先行力にかけてみます。
エーシンから馬連でグレープブランデーに200円、アイアムアクトレス、オメガスカイツリー、アストロロジー、ビッグロマンス、アドマイヤサガスに100円ずつ。
エーシン・グレープ二頭軸三連複でアイアム、オメガ、アストロ、ビッグ、アドマイヤに。
計1200円。

◆天王山S
レディルージュ、セントラルコースト、エアティアーモ、ケイアイテンジン、マルカベンチャーの馬連ボックス。
セントラルからシルクフォーチュンに馬連・ワイド。
計1200円。

◆湘南S
ランリョウオーの単勝300円とこの馬から馬連でエオリアンハーブに300円、ラドラーダ、リーチコンセンサスに200円ずつ。
計1000円。

◆直江津特別
ヤマノベガの単複(100,300)

◆水上特別
メジロブラボーの単複(100,300)

◆三木特別
トップミノルの単複(100,300)

◆東京8R
マイネル3頭の単勝各200円とこの3頭とマグニフィセントのワイドボックス。
計1200円。

◆東京12R
エイワナギ・クラブトゥギャザーのそれぞれの単複(100,300)とこの両馬とスエズ、ホクトスワンを加えた4頭のワイドボックス。
計1400円。

◆東京4R障害戦
タッチマイハートとマンドリーカのそれぞれの単複(100,300)

◆東京5R
セミニョンの単複(100,300)

◆阪神3R
ザッツベターとラインレグルスのそれぞれの単複(100,300)

◆阪神5R
エメラルドヴァレーとハードポケットのそれぞれの単複(100,300)

◆阪神7R
デンコウジュピターの単複(100,300)とこの馬とペルレンケッテとのワイド。

◆阪神8R
エリモレインボーの単複(100,300)

◆新潟1R
シーエリアルの単勝200円

◆新潟2R
ダイメイロードの単複(100,300)

◆新潟7R
バンブーキャプテンの単複(100,300)とこの馬とアテンボーイとのワイド。

以上合計12000円。

◆安田記念コメント
冒頭で述べたとおりショウワモダンは引退になりました。
枠順も発表になりましたが、トリッキーな2000やコーナーが多い2400ほどは内外の枠順の有利不利はないと思いますが、よほど展開に恵まれないと外枠の逃げ馬はやはり最初に脚を使ってしまいそうです。
先日の候補の中から、シルポート、スマイルジャック、アパパネ、ビューティーフラッシュ、ダノンヨーヨー、ジョーカプチーノ、エーシンフォワードの7頭に絞り込んでみたいと思います。
軸はやはりスマイルかダノンというふうに考えています。

◆2011年の成績
★6/4の購入金額・・12000円
★6/4までの購入金額・・367100円
★5/29までの購入金額・・355100円
★5/29までの回収金額・・356890円
★5/29までの回収率・・100%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
昨日の展望の追加とほかのレースの注目馬です。
枠順が未確定なのとオッズの動向などで変更の余地はありますが、通過順、騎手の動向、コース実績、馬主など前走成績までのデータでの注目馬です。
◆6/4分の注目馬
★東京11RユニコーンS
ダート中距離で一変のエーシンブラン、安定勢力のグレープブランデーが中心で、相手がアイアムアクトレスと初ダートのアストロロジー、アドマイヤサガス。
★東京3R
グランドアトレ
★東京5R
セミニョン
★東京8R
マイネルウーノ、マイネルゲネラール、マイネルネオハート
★東京12R
エイワナギ、クラブトゥギャザー、スエズ、ホクトスワン
★阪神2R
エアポートメサ
★阪神3R
ザッツベター
★阪神5R
エメラルドヴァレー、ハードポケット、ラポール
★阪神6R
クロバーリーフ
★阪神7R
デンコウジュピター、ペルレンケッテ
★阪神8R
エリモレインボー
★阪神10R三木特別
トップミノル
★阪神11R天王山S
エアティアーモ、マルカベンチャー、レディルージュ
★新潟1R
シーエリアル
★新潟5R
バンダムクレスト
★新潟6R
アランロッド
★新潟7R
アテンボーイ、バンブーキャプテン
★新潟9R
ストロングジョイス
★新潟11R直江津特別
ヤマノベガ、ディアトウシロウ

◆6/5分の注目馬(主要レース以外)
★東京1R
アドマイヤアキーダ
★東京2R
コスモオルバース、ビリーヴマイン、ミトラ
★東京3R
ハーツドリーマー
★東京4R
メジロサモン、メジロダイボサツ
★東京6R
モエレジンダイコ、ストライビング、カドデュソレイユ
★東京10RホンコンJCT
クラレットジャグ、ヒカルアカツキ、ヒシカツジェームス、マイネルナタリス
★阪神1R
ドリームボルト、マウントフジ
★阪神2R
レンヌルシャトー
★阪神4R
コンフェルヴォーレ、ブチカマシ、メイショウナゴン
★阪神6R
カリスマサンスカイ、キクノキアラ、ノーブルディード
★阪神7R
カスガ
★阪神9RあじさいS
テイクアベッド
★阪神10R安芸S
ダのんアスカ、トーセンクロス、フェイムロバリー、メイショウトリノ、メイショウヤワラ
★阪神12R
グリッターエルフ、スピルオーバー、ダノンプリマドンナ
★新潟2R
ラデュレ
★新潟3R
トーセンヒカリ、トーセンルクリア、フォレストリーダー
★新潟8R
ヤサシイキモチ、ユウグフラウヨシコ
★新潟10Rやまぶどう賞
ルシャンバルダン
★新潟12R真野湾特別
ケンブリッジシーザ、フェブムービング、オリオンザポラリス

◆先日展望の日曜日主要レース展望追加
★安田記念
昨日の展望と大きく変わりませんが、有力どころではダノンヨーヨー、スマイルジャック、エーシンフォワード、アパパネ、ショウワモダン、ビューティーフラッシュ、ジョーカプチーノに絞込み。
大穴系ではリーチザクラウンと昨日はコメントしませんでしたがダービージョッキー池添騎手が日曜日に絞り込んで騎乗のシルクアーネストも気になるので少々押えたいところです。
あとは枠順が決まったところで脚質と枠順などで6頭〜7頭以内に絞り込みたいと思っています。軸はダノンかスマイルでと考えています。
★垂水S
ダノンスパシーバに加え安藤克騎手騎乗のバアゼルリバーとメイショウウズシオに注目です。
★上越S
トウカイプライムがひかり賞にまわったので中心のエイシンダッシュは変わりませんが相手はドットコムとトーセンアドミラルで。
★ひかり賞
カネスラファールは穴で、有力どころではマエストラーレ、グラヴィテーション、スタットジェルラン、ロンギングスターあたり。こちらに回ったので多少割引のトウカイプライムは押さえ程度で。
★湘南S
予定通ランリョウオーから強力牝3頭に。

◆2011年の成績
★5/29の購入金額・・10000円
★5/29の的中金額・・33850円
★5/29までの購入金額・・355100円
★5/29までの回収金額・・356890円
★5/29までの回収率・・100%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
先週の競馬の検証・反省・次走注目馬 に参加中!
日本ダービーはオルフェーヴルが道悪にもかかわらずひじょうに強い競馬で圧勝でした。
2着のウィンバリアシオンも不利が続いた春先のステップレースのうっぷんを晴らすかのような快走でした。
秋にこのまま歩を進めるとすれば、菊花賞ではイメージ的にはウィンは有力だと思いました。
広い直線の長いごちゃつかないコースはほぼ間違いなく伸びるのではと感じます。

かえってオルフェーヴルのほうが、ここのところのハードなスケジュール、タフなレース続きで、この反動があったらという感じをうけました。
まあ負け惜しみになってしまうのでこの辺にしておきます。

見せ場があったのはショウナンパルフェでした。果敢に直線で一旦勝ちに行きましたが最後は力が違いました。
三浦騎手はやはり少し変わってきた印象です。思い切った騎乗をするようになったので今後は人気薄の時には特に注意が必要です。

ただ馬券はWIN5以外でただひとつだけ勝負をかけたシンボリ2頭出しが炸裂して大幅黒字でした。
WIN5もほとんどが一番人気とはいえ、第3戦まで楽しめました。

さて今週は関東地区は馬場の悪化はなさそうです。しかしここのところの多雨でそれなりに馬場は悪化しているようです。
ただ近年はいつもそうですが、路盤が強化され以前ほど荒れ馬場にならないせいか、外を回る馬が減り逆に芝が適度に踏み固められないため外を周ると伸びないケースもありそうです。
馬場読みやペース配分など騎手の判断がかなり勝負を分けそうです。

またここ数年は特に顕著ですが、統計的(データは解析してませんが、印象です)には内枠の馬がやはり有利だと感じます。
特に大レースで外枠で勝ちきる馬はよほど力のある馬と考えます。枠順もかなり勝負に影響しそうです。

◆安田記念展望
当然アパパネが抜けた人気になりそうです。レーティングでも牝馬としての評価ではプラス3ポンドで一番の評価です。
また勝負根性、東京マイルというベストの舞台を考えると馬群に沈むというのは考えにくいところです。

ほかでは西園厩舎が京王杯SCに続き3頭出しです。前走はシルポートが2着に残りましたが、1400〜マイルでハイレベルなメンバーが揃っていて今回も注意が必要です。
シルポートが人気になりそうですが、むしろエーシンフォワードのほうがローテーションなどから注意だと思っています。
いずれにしてもこの3頭は位置取りが勝負を分けるタイプで枠順を見てみないとなかなか判断しづらいところもあります。

個人的に注目しているのは前述の三浦騎手が騎乗のスマイルジャックです。
重賞はダービー(2着)以外はほぼ左回りのマイルのみの好走です。昨年もあわやとう場面がありました。
そして一昨年の関屋記念を勝ったあたりから、安田記念にすべての照準を合わせて調整をつづけてきているようなローテーションを守っています。
現段階ではこの馬を上位軸で馬券を考えようと考えているくらいです。

あとはダノンヨーヨーです。今年になってからはあまり目立った活躍はありませんが、清水成駿氏が東京新聞杯の時に東スポで、取材などによれば先のG1を見て仕上げていてこのレースではいらない、というようなことを述べていました。
その証拠に前走のマイラーズCではアパパネに先着して3着と、だんだん調子を上げてきているのは明らかです。
おまけにこの馬はデビュー以来一貫してマイルにこだわっていて、一度だけ芝の1800を使った以外はすべて芝1600のレースしか出走していません。
そしてこれまたすごいのは掲示板をはずしたのは1回だけ、馬券の対象にならなかったのは2回だけという安定ぶりです。
G1でも2着している実力を考えれば、あっさり勝ってもまったく不思議はありません。
調整過程からも今回は特に注意が必要と考えます。

穴っぽいところでは・・・
まずショウワモダンですが馬が終わってなければ、わざわざ59キロのレースを使い続け付加をかけてきたのはここに照準があったと思うので注意です。
特にダービー卿はハンデ戦でハンデキャッパーが現状で59キロというほぼ最高の評価をしているとうことは注目です。

その点を考えればハンデキャッパーが今年になってから58キロの評価をしているリーチザクラウンやジョーカプチーノあたりも展開ひとつで上位に浮上する可能性が十分あると思います。
穴人気になりそうなストロングリターンや突然好走するライブコンサートは紐で押さえる程度と思っています。
ストロングは勝たれてしまったらもうしょうがないところと思っています。以前のアサクサデンエンがそうでした。

香港馬は大震災が起きた段階でこのスケジュールが海外ではなかなか想定しにくかったのではと考え、ビューティーフラッシュが押さえ程度と少々割り引きたいと考えています。
ただこの馬は過去に相当の強力メンバー相手に好走しているのでまったく無視は危険だと考えます。

◆4歳馬に注意
クラス替えで4歳馬が勝っても再度同じクラスでレースができるタイミングなので、あらゆる条件レースでは優先して考えたいところです。
中には賞金によっては2階級降級する条件の馬もいますのでその馬の収得賞金額はかなり重要な問題になってくると考えます。
また逆に降級してくるレベルの高い4歳馬がこないうちに好走したい勝負がかりもあると思いますので、その辺も注意したいところです。
たとえば勝負がかりの4歳馬とクラスが上に行くときびしそうな高齢馬の組み合わせの馬連などがよく出現するのもこのころだと思っています。

◆垂水S
ハンデ戦でしばらくコンマハンデの馬がきていません。ここで登録のあるダノンスパシーバは57.5キロで出走してきたら今回は注意だと思っています。
特に当日は安田記念で、有力馬のダノンヨーヨーが出走するので関係者が競馬場に来ている確率が高く実績からみても単勝も含め軸で狙いたいところです。

◆上越S
前々走あたりから急激に変わってきたエイシンダッシュの真価が問われそうです。メンバー的にもここで好走できるかが大きなポイントになりそうです。
相手で面白そうなのは、ダートの長距離で意外な好走を演じたドットコム、あと引き続き以前は実力があり平坦コースは注意のトウカイプライムあたりに注目しています。
ひかり賞にも登録があるので斤量の問題もありどちらに出走するか注目です。逆にあえて新潟に出走するようだと当然斤量的に不利な条件になるので勝負がかりと考えます。

◆ひかり賞
ここはハンデ戦で、もしコース条件ピッタリで53キロで出走できるカネスラファールが出走したら注目です。
東京の14〜16ダートに好走歴が集中していること、ここまでのような高速決着にはならなそうなこと、そして今年になってからハードなスケジュールのうえにここに出走すれば連闘になるわけで年齢的にも間違いなく勝負をかけてくるのでは、と思っています。

◆湘南S
ここは以前期待の馬でとりあげたランリョウオーが登録してきました。出走すれば当然人気になりそうですが、まだ上を目指す馬だと思っていますのでもちろん軸で考えたいところです。
相手はエオリアンハーブ、ラドラーダ、リーチコンセンサスの牝馬の強力な3頭に注意です。

◆2011年の成績
★5/29の購入金額・・10000円
★5/29の的中金額・・33850円
★5/29までの購入金額・・355100円
★5/29までの回収金額・・356890円
★5/29までの回収率・・100%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

↑このページのトップヘ