競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子
(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。


本当の一番の狙いは「全くの人気薄・・例えば複勝10倍以上など」を仕留めることです。

現在「タウンクリニックドットコム」というサイトをやりながら「時代文化ネット」というサイトを構築中です。何か連絡のある方はメニューバー「ご連絡用フォーム」ボタンからメールでの連絡をお願いします。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 競馬ブログへ


2011年11月

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
年末に来て限界まで当たらなくなっています。昨年の回収率に刻々と近付いていますが、それでも予想です。
明日も朝から用事なので、ここも控えめに・・

東京はせっかくCコースに変わり荒れ部分がなくななるかと思っていたら、先週は大雨でやはり内がかなり悪化しましたが、今週の土曜日は大丈夫な状態だったようです。
例年と違い時計はやはり若干かかっているようで、天皇賞の時とくらべると1秒くらいは時計がかかっていると考えたほうが良さそうです。
またコースの最内は良好ですが、内から1〜2頭分は一部荒れている感もあります。ダートはなぜか内枠が比較的有利そうに感じています。

京都は芝、ダートとも騎乗ミスや極端な展開でなければ内目の先行馬や好位差しの馬が有利そうです。
ただ京阪杯のようにグランプリエンゼルのような馬の差しが決まるということは全般に少し力の要る馬場になっていると考えたほうがよさそうです。
時計勝負や切れ味の馬は若干割り引きたいところです。

◆ジャパンC
先般から書いておりますが、現在の世界の競馬における2千メートル以上の実力馬の多くが集結した好メンバーのレースになりました。
実際比較が難しく、可能性のきびしいとある程度感じる馬は2〜3頭しかいない感じで、馬券は大変難しそうです。
もとから大金はたいて勝負するようなレースでなく、レース自体をスポーツ観戦で楽しみたいレースです。

また大きなポイントになりそうなのは、来年からG1レースの優先出走権がジャパンCなど一部の国際レースに採用されているレーティング上位5頭という部分がすべての古馬のG1に採用されるということです。
これはおそらく加熱する賞金加算競争を和らげるとともに。本当の実力馬に門戸を広くして、事前のステップレースで疲弊してしまうことを防ぐ狙いではないかと考えています。
実際今年の4歳などこれだけのメンバーがいると、重賞競争で賞金を加算することも一苦労です。特に4歳馬は春シーズンの後に賞金が半分になるので、秋に向けてどうしても一発勝負的な厳しい環境にさらされてしまいます。
このルールであれば重賞やオープンの5着以内に入り、できるだけ高いレーティング値を取るという戦略も出てきます。

たとえば今回の高いレーティング馬のそろったジャパンCで5着以内に好走することで、高いレーティングをもらえることになるので、逆に考えればこのレースからすでに来年に向けての戦いが始まると考えたほうがよさそうです。
特に3着以内に入着すれば、春のG1戦線で賞金が足りなくても出走権は得られたに等しく、このメンバー相手に勝ちに行くような無理なレースではなく、場合によっては2〜3着狙いをする陣営もあるかもしれないと考えたほうがよさそうです。
本賞金が少ない、またはこの1年で賞金加算のない実力馬には注意が必要です。無理に勝ちに行かずに2〜3着で馬券に絡んでくる可能性があります。
世界の大レースはすでにほとんどこのような流れができているので、日本が一番遅れているのかもしれません。
外国の大レースに出走するためにもここはどの馬も最悪でも5着以内を狙ってくると考えます。
★コメント
・ジャガーメイル
例年相性のいい香港が到達点になっていましたが、今年は現段階ではそういう話が一般には流れていません。人気はありませんが国内レースの競争条件ではこの条件がベストで注意が必要です。内枠も今週は有利そうです。
・ブエナビスタ
前走の負けの後も岩田騎手は国内最強馬宣言を続けています。ここは大負けは現役続行の危機にもなる可能性があり、最大の勝負をかけていると考えます。
・ローズキングダム
昨年同馬主同士の進路妨害後もあのヴィクトワールピサを差し切り2着に入り自力は十分です。問題は日本の競馬でいまいちまだ乗り切れていない騎手と絶好調かどうが気になるところです。
・トゥザグローリー
お母さんと同じで緩みのない流れで早くに抜け出し押し切るタイプと考えます。天皇賞前に追い切りで負けていたトーセンジョーダンを今回は2週連続で圧倒、前回に続き福永騎手はこちらに一貫して騎乗と、相変わらず人気はありませんが注目です。有力。
・ペルーサ
トレセンタイムで横山典騎手いわく「この馬の邪魔にならないように騎乗したいと思います」
横山騎手は普段コメントは控えめでこの言葉の裏には「この馬は本当に能力が高く、好走できる条件や好走しなくてはならない今回は騎乗するからには上位に入らなくてはならないし、上位に入れる能力は十分なので、入れないとしたら私のミスによるものになってしまう」
という意味にも取れました。そうとうな勝負気配と考えます。特に賞金が少ない状態なので最悪でも高いレーティングを取るというところを狙ってくるはずで馬券の対象としてはかなりの可能性だと考えます。
3歳時はヒルノダムールやトゥザグローリーなどを子供扱いにしており、東京コースはベストと思えるコースで、アクシデントやよほどの極端な展開の不利がなければ、超スローの瞬発力勝負にならなければまず上位に入ってくると考えます。
横山典騎手は土曜日の最終レースで東京2000で不利な大外から、うまく逃げに持ち込み、ハンデ戦時の評価で57キロくらいの強敵が結構いるメンバー相手に騎乗馬を2着に粘りこむという職人技を見せました。この技術にも注意です。
今国内の騎手では騎乗技術全般でアンカツと並び両巨頭であると考えています。
・ヴィクトワールピサ
実力はほとんどトップと考えますが、3歳時から好走歴が中山などに集中している感があり器用さを要求されるコースの有馬記念あたりが狙いで、内から抜け出し押し切るというパターンにならないと今回は難しいような気がします。
・ウィンバリアシオン
アンカツがインタビューで「相手はたくさんだ」というコメントをしました。つまり今回は注目度や人気がなくても手強い相手がたくさんいるということだと考えます。
前述のように騎乗技術による好走狙いという意味では押さえが必要ですが、試金石的な出走であるとともに場合によっては来年のことを考え5着以内狙いという騎乗も考えられます。
ただ瞬発力は菊花賞でも勝ち馬をしのいでいるというふうに映りました。かなりの能力がありそうでいずれは台風の目になりそうです。
・エイシンフラッシュ
天皇賞でのハイペースの被害馬の一頭ですが、なんと6着に粘りました。また今回は極端なハイペースは考えにくく持ち前の直線の脚比べになれば多分一番の実力馬と考えます。
ただ外枠のうえ、比較的積極的な騎乗が予想される外国馬や外国人騎手も外目に多く入り、スタート後の位置取りが難しそうです。
でもすんなりした流れにすぐ落ち着けばまとめて差し切りの場面もありそうです。
・外国馬
まとめてのコメントですが実際走ってみないとわからないというのが本当の気持ちです。ただ先述のように日本の騎手とは違い、積極的な仕掛けをする可能性が強く、急に本格化したデインドリームなどはそういう中でここ3戦連続圧勝と本当に強いのかもしれません。
吉田オーナーは凱旋門賞時は購入間もない時期だったうえに、勝ったことでエリザベスから狙いをジャパンCに切り替えたそうで、当初から狙っていたのではないということだけはたしかです。
本当に怪物なのか、顔見世興行的な出走かどちらかと考えます。頭か切るかどちらかなのかもしれません。とりあえず軸にはしないつもりです。
むしろ昨年ブエナビスタなどでラフな騎乗数々見せたスミヨン騎手や、日本国内レースではうまい騎乗が目立つルメール騎手あたりに警戒です。

★結論
◎軸ペルーサ
○ブエナビスタ
▲トゥザグローリー
△シャレータ
△エイシンフラッシュ
注デインドリーム

★馬券
・ペルーサの単勝500円。
・◎から馬連で印に各300円。
・◎一頭軸三連複で印に流し。
計3000円。

◆白菊賞
ウィンラウニカの単複(200,500)、シャンボールフィズとの馬連、ワイド。
計900円。

◆北國新聞杯
エンリルから馬連でデスペラード、エーシンバリントン、ナムラブレッド、ツルマルスピリットに各200円。
計800円。

◆アプローズ賞
ハングリージャック、アドマイヤバートン、アバウト、サトノオー、ヒシカツジェームスの馬連ボックス。
計1000円。

◆九十九島特別
ワンダースピンドル、モエレジュンキン、アキノグローブ、ノーザンソングの馬連、三連複ボックス。
計1000円。

◆WIN5
・白菊賞
シャンボールフィズ、ウィンラウニカ
・アプローズ賞
アドマイヤバートン、サトノオー
・九十九島特別
アキノグローブ
・北國新聞杯
デスペラード、エーシンバリントン
・ジャパンC
ペルーサ
計800円。

以上合計7500円。

★11/27の購入金額・・7500円
★11/27までの購入金額・・656700円
★11/20の購入金額・・10000円
★11/20の的中金額・・0円
★11/20までの購入金額・・649200円
★11/20までの回収金額・・607620円
★11/20までの回収率・・93%

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
土曜日は埼玉に行っていてレースを見ることができませんでしたが、以前新馬戦の圧勝で当ブログでも注目と書いたディープブリランテが東スポ杯2歳Sを道悪にもかかわらず圧勝しました。
これで賞金も加算できクラシックでの活躍の期待がさらに高まりました。
あとここのところ重賞の追い切りなどで感じたことですが、今年の牝馬のG1制覇ができなかったホエールキャプチャや今回マイルCSに出走のダノンヨーヨーの二頭は芝ではどうも最後の詰めが甘い状態が続いていますが、ダートで大変身の可能性があるのでは、と個人的に感じています。
私は馬の専門家ではないので見た目の印象だけの話ですが、思い切って路線変更してみても面白いのではと思います。

さて今週は土曜日の大雨の影響で日曜日もパンパンの良馬場は難しそうです。ただ東京、京都はCコースになるので荒れ馬場の部分は改善されそうで、特に東京はBコースでもカバーできなかった内目の荒れた部分は解消されそうです。
反対に新潟は大きく荒れた馬場に加え、日曜日もかなりの雨が予想され道悪の巧拙も大切な要素になりそうです。
◆マイルCS
レーティングでは外国の二頭が抜けていて、特に斤量が少なく賞金を稼げる日本で実績もあり、帯同馬を従え親子の厩舎で参戦と、今週も勝負気配プンプンです。
また他では斤量が有利な分値を上乗せできる3歳のリアルインパクトが斤量比較では頭ひとつ抜けています。
しかしあとは上位の馬はほとんど今回の斤量を考えるとどの馬にも上位チャンスがありそうで大混戦と言えるかもしれません。
また昨年の1〜2着馬は今年重賞で5着以内がなく値がありませんが、昨年の当レースのレーティング値はやはり上位の数値で馬券に絡んでくる可能性は十分と考えます。
★結論
◎軸サプレザ
前述のように騎手も含め減点材料がなくメイチの勝負とみました
○エーシンフォワード
今年は内が有利な環境のレースでことごとく外枠に泣かされてきました。岩田騎手がこの馬に乗ること、ここ3走は斤量の負荷を加え59,58,59キロで今回は57キロです。
ここで勝負をかけないでいつ?というタイミングです。内目の偶数枠と条件も揃いました。
▲イモータルヴァース
評価だけでいえば今回一番の有力馬です。問題は初来日ということです。サプレザがこけた時はこちらが上位の可能性大です。
△リアルインパクト
前述のように押さえておきたい条件です。
△エイシンアポロン
皐月賞大敗以来の池添騎手の騎乗です。池添騎手はたびたび触れていますがこの馬では是非好走したいはずです。
★馬券
印順位はつけましたが買い方は少し変えます。
・◎○▲の馬連ボックス各200円、ワイドボックス各300円
・5頭の三連複ボックス10点。
計2500円。

◆福島記念
良馬場であればマイネイサベルなどと考えていましたが、荒れた道悪になるとみて道悪巧者やスタミナタイプに注意です。
注目は古川騎手が騎乗を絞ったヤマニンウィスカー、藤岡佑騎手が遠征のゲシュタルト、力の要る馬場で台頭しそうなマイネルスターリー、道悪は鬼のマゼランとバウンシーチューンです。
5頭の馬連、ワイドボックス。ゲシュタルトの単勝300円。
計2300円。

◆霜月S
実力馬ブライトアイザック、ウィキマジックの一騎打ちと見ましたが、もう一頭この条件で体重53キロの大庭騎手が減量が必要な斤量で騎乗のタマモクリエイトを加えて考えてみたいと思います。
ブライトーウィキの馬連500円、タマモから両頭に馬連各100円。ワイドでタマモから両頭に各200円。
3頭の三連複100円。タマモ2着付けと3着付けの三頭の三連単4点。
計1600円。

◆宝ヶ池特別
ニジブルーム、エーシンウェズン、レオプライム、アルーリングライフの4頭の馬連、三連複ボックス。
計1000円。

◆奥多摩S
ここは大穴の馬を2頭狙い撃ちします。カゼノグッドボーイとスーパーワシントンの両頭のそれぞれの単複(200,500)。
計1400円。

◆WIN5
それぞれのレース予想とWIN5で買う馬は配当の問題、勝てるかどうかなどにより一部変えてあります。
・マイルCS
サプレザ、イモータルヴァース、リアルインパクト
・福島記念
ゲシュタルト、マゼラン
・霜月S
ブライトアイザック、ウィキマジック
・宝ヶ池特別
エーシンウェズン
・奥多摩S
シルクウェッジ
計1200円。

以上合計10000円。

★11/20の購入金額・・10000円
★11/20までの購入金額・・649200円
★11/13の購入金額・・7000円
★11/13の的中金額・・1450円
★11/13までの購入金額・・639200円
★11/13までの回収金額・・607620円
★11/13までの回収率・・95%

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
まったくいつもの大不調に突入しました。反面教師としてもご利用下さい。気分は自信度0.5くらいです。
◆エリザベス女王杯
単順に考えると今回の来日馬は相当な実力です。特にスノーフェアリーは騎手も馬も昨年圧勝のコンビで、斤量が増えること、外枠であること、ローテーションがきついこと以外に減点の要素はありません。
斤量はここ数走で一番軽く、外枠はこのコースでは見た目ほど不利はなく、ローテーション的には今年は6戦目でしかも勝ち鞍なしということで調子落ちや体調不良がなければまず上位は堅いと考えます。
またダンシングレインも経験がないほかは同様で、今回は逃げ馬が少なくもしすんなり先行したら捕まえるのはかなり大変だろうと考えます。

またこのレースは斤量の少ない3歳馬が年々有利になりつつあると思います。
調教の進歩、し烈な賞金加算競争で競走馬、特に繁殖に入る立場の牝馬はなるべく早く実績を上げたいというのが陣営の本音だと考えます。

優良な繁殖牝馬は、一流の種牡馬との配合で新たな名馬を生み出す確率が高く、今や世界的に優秀な繁殖牝馬を生み出すことこそが生産者や馬主が生き残り、繁栄する近道であるという価値観が大半になりつつあると思っています。

国内の馬で注目は、今回復活するレーヴディソールです。血統の配合として産み出されたといってもいいダイワスカーレットやブエナビスタをもしかしたら越える逸材である可能性が十分だと思っています。
ただ今回は悪い条件が重なっています。しかし過去も本当の実力者であればここは休み明けで惨敗、という程度の馬であればもうこの先も名馬の域に入るのは難しいと考えます。
兄のアプレザンレーヴは故障で引退、レーヴドリアンは死亡と嘱望されていたのに悲しい末路をたどった兄弟ののためにも頑張ってほしいところです。

あとはまだまだ内が大きく荒れてない現状で馬場状態を考えると、開幕週ほどではありませんが内目の経済コースを好位でまわれ直線で抜け出す脚のある馬が有利になると思います。
また多頭数なのでごちゃついた中でもひるまない馬も強いと思います。

京都の2200はスタミナも必要で、過去も前哨戦で長距離を使い好走した馬や長距離未経験でもその前提で組み立てている馬が軒並み好走しています。
★結論
本命系になってしまいました。
◎軸レーヴディソール
○スノーフェアリー
▲アニメイトバイオ
△ダンシングレイン
△ブロードストリート
注アヴェンチュラ

★馬券
・◎から馬連で各200円。
・◎○二頭軸三連複で印に各200円。
・アニメイトバイオの単勝200円。
計2000円。

◆武蔵野S
大きな波乱要素がなければ軸はダノンカモンで鉄板に近いと考えます。
ダノンから馬連でダイショウジェット、タイセイレジェンド、シルクフォーチュンに各200円。クリールパッションに100円。ワイドでクリールに100円。
計800円。

◆みちのくS
ハンデ戦時の評価と今回の斤量を換算するとまったくの横並びで大混戦です。このレースがWIN5の鍵をも握りそうです。
ドリームの2頭(セゾンRH)とダイワナイト、実績のあるアラマサローズ、タイガーストーンの5頭で勝負して見ます。
5頭の馬連ボックス。
計1000円。

◆ノベンバーS
当ブログ注目馬のランリョウオーの追いかけます。アロマカフェ、ムーンリットレイク、シェーンバルトに馬連各200円。
4頭の三連複ボックス。
計1000円。


◆ドンカスターC
実力馬のロードオブザリングが中心。相手本線はメイショウウズシオ。入着候補はダコール、穴はロードラテアート。
4頭の馬連、三連複ボックス。
計1000円。

◆WIN5
★ノベンバーS
ランリョウオー、アロマカフェ
★ドンカスターS
ロードオブザリング、メイショウウズシオ
★みちのくS
ドリームピーチ、ドリームバレンチノ、アラマサローズ
★武蔵野S
ダノンカモン
★エリザバス女王杯
スノーフェアリー
計1200円。

以上合計7000円。

◆2011年の成績
★11/13の購入金額・・7000円
★11/13までの購入金額・・639200円
★11/6の購入金額・・7000円
★11/6の的中金額・・0円
★11/6までの購入金額・・632200円
★11/6までの回収金額・・606170円
★11/6までの回収率・・95%

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
天皇賞は勝ち馬も時計もあっとびっくりのレースでした。超ハイペースなので先行した馬の次走以降が注目ですが、特にエイシンフラッシュ、シルポートには注意です。
またダークシャドウは今後距離が伸びてどうかということはありますが、先団のすぐ後につけて最後の伸びもあり地力は相当なものと思います。
またトゥザグローリーも見せ場たっぷりでした。ブエナビスタは終わっているの?という声も聞かれそうですが、ゴール前の脚はかなりのものと感じました。まだまだ注意です。

さて今週は最近G1馬を量産しているアルゼンチン共和国杯です。以前は秋の目黒記念としていかにもハンデ戦というメンバーでしたが、近年は賞金加算の問題や2000m超のG1に適したレースとしての意味合いが強くなりました。
問題は土曜から降っている雨です。また東京はやはり最内はAコース時からの度重なる雨で傷みつつあると考えます。
また京都も外差しが決まるケースもありそうです。新潟は展開次第ですが完全に外差し有利と考えます。
◆アルゼンチン共和国杯
道悪、長距離適性、斤量、騎手の乗り替わりのほか賞金加算したい馬に注意です。
追い切りで目立ったのはバネのある走りのカリバーン、頭を低くして大きなストライドでやわらかい走りを見せたゴールデンハインドと感じました。
また賞金加算が絶対のオウケンブルースリは田辺騎手が追い切りで栗東に遠征です。
道悪でも大丈夫そうな馬はナムラクレセント、ネコパンチ、ピエナファンタスト、イケドラゴン、アブソリュートあたりと考えます。
★結論
本来穴狙いしたいところですが人気を中心に狙います。
◎軸カリバーン
ここはどうしても賞金加算が必要です。
○ナムラクレセント
▲オウケンブルースリ
△コスモラピュタ
△ゴールデンハインド
△ピエナファンタスタ
注イケドラゴン

★馬券
◎から馬連で○に300円、▲に200円、○▲の馬連200円。
◎から△に馬連各100円。注にワイド100円。
◎○二頭軸三連複で印に各100円。
計1600円。

◆みやこS
強力な先行馬が多数出走のうえ、脚抜きのいいダートになりそうで早い時計に対応できそうな馬に注意です。
◎軸ゴルトブリッツ
○エスポワールシチー
▲トウショウフリーク
△ワンダアキュート
△ヒラボクキング
△シャア

★馬券
◎から馬連で○に500円、▲とワンダーに各300円、ヒラボクとシャアに各100円。
◎○二頭軸三連複で▲とワンダーに各200円、ヒラボクとシャアに各100円。
計1900円。

◆平ヶ岳特別
メロートから馬連でバクシンカーリーに300円、サクセスゴーラントに200円、フラワーウィンドに100円。
計600円。

◆京洛S
スギノエンデバー、キョウワマグナム、スカイノダン、ベイリングボーイ、ナイアードの馬連ボックスでスギノとキョウワのみ200円であとは各100円。
ベイリングボーイの単複(100,300)
計1500円。

◆銀嶺S
イアンペリアルマーチ・キングパーフェクト2頭軸三連複でトウショウカズンに300円、ダンシングマオとブラッシュアップに各200円、ジートップキセキに100円。
計800円。

◆WIN5
一部馬券予想と変えます。
・アルゼンチン共和国杯
カリバーン、オウケンブルースリ
・みやこS
ゴルトブリッツ
・平ヶ岳特別
メロート
・京洛S
スギノエンデバー、キョウワマグナム、ベイリングボーイ
・銀嶺S
インペリアルマーチ

計600円。

以上合計7000円。

◆2011年の成績
★11/6の購入金額・・7000円
★11/6までの購入金額・・632200円
★10/30の購入金額・・8000円
★10/30の的中金額・・0円
★10/30までの購入金額・・625200円
★10/30までの回収金額・・606170円
★10/30までの回収率・・96%

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

↑このページのトップヘ