競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

2017年11月

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
◆ジャパンカップ
ジャパンカップの穴予想は軒並みマカヒキに集中している感じです。
金子氏2頭出し、得意のコースなど条件がそろっているのと今秋は復活の兆しが出てきているからだと思います。個人的な感触では今秋の不良馬場は半端ではなくそれなりのダメージを受けているとみて、別路線組を重視したいと思います。秋天組でスンナリだと原則人気サイドという可能性が高いというのもあります。
◎レイデオロ
藤沢和師は今まで多くの大レースを鉄のローテーションで確実に出走馬を上位入線に導いています。ここも同厩のソウルスターリングがいますが、当初からここを狙っていたのはレイデオロでソウルも有力ですがこちらを上位に取ります。

○イキートス
ローテーションや昨年のレースから軽視は禁物です。またコースを問わずきわめて堅実なので上位入線の可能性十分です。

▲サウンズオブアース
前走の大敗はよくわかりませんが、昨年の2着馬で、重賞未勝利ということまで考えれば、出走するG1レースは全力投球と考えます。重賞未勝利の最強馬などという不名誉な記録が残らないためにもここか有馬がメイチの勝負がかりと考えます。
前走の印象ですが1着以外はいらないという感じで勝てないとわかった瞬間にレースをやめたのでは?と個人的に勝手に想像しています。乗り替わりですが田辺騎手はのようなパターンでことごとく人気薄でも激走するのを見かけます。

★キタサンブラック
秋天組ですが、この馬は異色のタフさもあり実力からも注意が必要と思います。目標は引退レースで昨年の雪辱戦になる有馬と思っていますが、引退をひかえているので勝てるレースは勝ちにいくと考えます。また過去オグリキャップ、ハイセイコー、テイエムオペラオー、ミホノブルボンなど無敵に近い馬でも血統背景(あまりくわしくありませんが・・・)などを考えると、この馬の場合は種牡馬になってからの商売より、ここで稼いだほうがいいタイプというふうに感じます。そのためすべてメイチの仕上げをしてくると、前回秋天の勝利をみて考えを変えました。確実に押さえたいところです。

△シュヴァルグラン
すべてにほんの少し足りない感じですが、力を出せば確実に掲示板に載りそうです。鞍上はデムーロが乗らず、乗り替わり騎手も名手ですがいきなりなので若干割引きです。

△ギニョール
馬場適性などは全く未知ですが、高速馬場を苦にしなかった場合イキートスとほぼ同格で、先行力があるうえ内枠なので前残りに注意です。

×1ワンアンドオンリー
こちらも執拗に使い続けている印象でいつか一発ありそうです。特にダービーを勝った時の横山典騎手がまた栗東に出向いて追い切りに騎乗しました。横山典騎手はこの秋この馬以外の追い切りも兼ねて毎週のように栗東に出向いている印象ですが、おそらくこの馬の関係では?と考えています。毎回人気は全くありませんが、前走の不良馬場をのぞくと上位馬とはそこまで差はない印象です。もとから強烈な末脚が武器の馬で本当に復活すれば馬券に絡む力はあると考えます。また夏以降重賞は勝ちましたが前田氏は注目し始めた夏以降まだG1で馬券に絡んでいません。ここはひそかにチャンスありと感じています。

×2ディサイファ
毎回少しだけ買っていますが、小島太厩舎の最後のG1だけでなく、ずっと使い続けているのに結構堅実に走っています。もちろん前述の事情もあると思いますが、起用に立ち回れるタイプなので上位の可能性はあると考えています。

◆京阪杯
◎アットザシーサイド
昨晩記載しましたが、ここで賞金加算ができないと来春の予定が大きくずれる可能性があります。人気ではありますが凡走は許されない一戦と考えます。

○ダイシンサンダー
芝の短距離に変えてから重賞でもずっと堅実な走りをしています。今回は特に若干時計がかかる馬場でこの馬にピッタリの条件と考えます。

▲ティーハーフ
コース形態が比較的似ている函館の重賞で圧勝していること、今の京都は前述のように函館に近い感じだと思うのでここか、中京で走らなかったら、今後はなかなか活躍は難しいのでは?と想像しています。ここはメイチ勝負とみました。

★ネロ
JBCでは惜しかったですが皆をビックリさせました。なぜ不振になったのかは知る由もありませんが本来重賞を勝てる実力はあると考えます(昨年の勝ち馬です)。特に今回は騎手も勝負がかりの吉原騎手(後述)なので特に注意です。

△メラグラーナ
末脚が炸裂すれば上位というか、まとめて差し切りも。

△ラインスピリット
内枠で先行すると逃げなくても渋太いので注意です。

△フィドゥーシア
瞬間的なスピードは非凡で先行馬ですが、脚の使いどころひとつで勝ち負けの可能性ありと考えます。

×ソルヴェイグ
とりあえず押さえだけ

以上重賞予想のJCの×2と京阪杯の×は最強の予想には記載しません。(7頭なので)

◆一般レース
・吉原騎手
金沢の吉原騎手が京都で多数騎乗があります。本来の9Rha難しそうですが、他レースで騎乗の中央馬は前回の東京とちがいかなり有力な馬もいます。色々事情も絡んでいるようでJRAの騎手試験にはなかなか受かりませんが、ここは中央での勝鞍を一気に増やしたいところです。過去も関西での騎乗時はそれなりの結果を出しています。
※狙い馬はフリーMに記載します。


・東京8Rオリエンタル賞
ハンデ戦ですがデムーロ騎手が52キロで騎乗のサンティール、潜在能力高そうなワンダープチュック、内枠で軽量のナムラムラサキの3頭に注目しています。あとは人気はありませんが昨日メインで不発だったマイネル両頭を少々押さえたいところです。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月26日(日)AM3時50分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
相変わらず当たりませんが、マイルCSのコメントで、3歳馬が斤量の問題もあり近年不振だという記載をしたうえで、今年は特に牝馬がレベルが高く一部注意だという記載もしました。
(正直サングレーザーは個人的には内容だけでは買えないと思いコメントすら入れませんでしたが、まだ伸びしろがありそうです・・)
結局やはり古馬を重視する予想にしたところ、結果はご存知ののとおりで1,3,4着と僅差とはいえ上位をほぼ独占しました。
虫が騒いだのか、わざわざこんな結果になるのに、あんな記載をして軽視したということは、暫くはここに記載している内容を結論ではなく別の角度から検討すればもしかしたら参考になるかもしれません。

あとこれは追い切り関係で気付いたことですが、ジャパンカップの最終追い切りでディサイファに先着した小島太厩舎のエジステンツァは今週出走しませんが、出走してきたら要注意だと考えています。
もちろん人気になりそうですが、小島太厩舎が元の境勝太郎厩舎の流れをくんでいるのであれば、過去この陣営で追い切りで格上馬をあおる動きをした馬は人気にかかわらず好走しているケースが多いと感じています。
ディサイファはおそらく小島太厩舎の来春の定年の前の最後のG1出走となる可能性が高く、荒天で激走して見せ場たっぷりで7着に入った秋天の消耗などもあり直前は軽めにしたのでしょうが、エジステンツァはそれなりに出世する可能性がある馬と考えています。

また大レースとサラリーマンのボーナス時期が重なり共同馬主の馬には特に注意したいところです。

◆京都2歳S
穴でシスターフラッグに注目しています。基本は見物料で単複を少々買って、「見るレース」だと思っています。

◆キャピタルS
マイネルが3頭出し、ダノックスが2頭出しです。マイネルは共同馬主でもあるうえ、先行馬がそろいペースを作れる可能性が高く全く人気のないホウオウも含め注意が必要です。またいきさつはわかりませんが前走強敵相手にあわやという走りをしたダイワキャグニーの北村宏騎手が全く人気のないミュゼエイリアンに騎乗です。この馬近走はさっぱりですが、3歳時はクラシックのメンバーと全く互角のレースをしていて軽視は禁物と考えます。
あとは前走の敗戦のせいか人気薄になったトウショウドラフタにも注意です。問題は距離でベストの1400ではありませんが、前走の様子などから忙しい競馬よりマイルのほうが競馬がしやすいのではと思っています。

◆銀嶺S
曲者ぞろいのうえハンデ戦で、紐は大穴もありそうですが、軸では前走のレースとゴール後の様子からカネトシビバーチェに注目しています。大穴で狙う馬はフリーMに記載します。

◆高雄特別
こちらもハンデ戦ですがショパン、サトノシャークは実力があるのではずせませんが、中心はスティルウォーターを狙います。穴ではありませんがヒダカBの今週の勝負馬ではと思っています。こちらも穴で狙う馬はフリーMに記載します。


◆日曜日重賞展望
・ジャパンカップ
長らく日程の影響もあり外国馬の実績が芳しくありません。凱旋門賞、BC、香港が続くせいだと思います。また馬場的にも欧州の馬にはあまり相性がよくないようです。逆に言えば欧州で大きな実績がない馬でも激走の可能性があり過去もそのような結果が多く見られます。
今年はいつもは登録のみに終わるオブライエン厩舎が急遽出走で注目されていますが、ドイツの2頭も侮れない感じです。

明らかにここを狙っているローテーションはレイデオロ、シュヴァルグラン、シャケトラあたりで秋天1〜3着馬もそんな感じです。(後述で消耗の記載をしましたが・・・)

それから超大穴では、最後のG1出走になりそうな小島太厩舎のディサイファ、復活をかけ再度横山典騎手が追い切りに遠征したワンアンドオンリーの2頭も再度出走で、過去も安田記念のイクノディクタスではありませんがいきなり復活する馬もいるので一応注意が必要です。

おそらく多くの方がサトノクラウンとソウルスターリングの取捨に困っているのでは?と想像しています。
特にデムーロ騎乗に決まったサトノは勝ち負けがはっきり結果で出そうです。陣営や鞍上も2〜3着はいらない状況だと想像します。

あとは秋天での消耗度がまったく予測できず、唯一マイルCSではサトノアラジンは原因は不明ですが最後の4角〜直線は名前すら呼ばれなかった惨敗でした。当時陣営は馬場が悪くほとんど消耗していないので大丈夫ということでしたが、実際はかなり影響したのでは?と感じています。

思い切って秋天出走の馬を全部はずすのも一法かもしれません。(とんでもない大穴になりますが・・・)

・京阪杯
この先大きなレースもないので春に備えての賞金加算目的のレースになりそうです。
人気になりそうですが基本的にアットザシーサイドという馬に期待しています。四位騎手の騎乗動向や3歳時の実績、近走の走りなどから大きなレースで活躍しそうな器だと感じています。そのためにもここは2着以内に入り賞金加算が必要になります。あとは前走マイルCS3着馬と互角の勝負をしたヒルノデイバローやG13着のソルヴェイグあたりが有力走ですがどれも人気になっているようで紐は人気薄で狙いたいところです。
穴ではラインスピリット、ティーハーフ、ダイシンサンダー、ネロ、フィドゥーシアあたりを考えています。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月25日(土)AM3時30分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
土曜日のフリーMに一部見当はずれの記載をしてしまいました。失礼しました。
しばらくこの形でやっていましたが、以前の形にもどしてみようと思います。
ただ以前から考えている穴が出るパターンの検証のデータを他のブログを作成して構築してみようと思っています。

年明けから始めようと思います。

さて外に出かけていたので承知していますが、雨の区域が南にずれたようで東京はほとんど馬場が悪化しなかった感じみたいです。夜帰宅して録画を見て確認しましたが途中でも都内のあちこちにずっといたので、すでに覚悟していました。

◆マイルCS
コンシェルジュなど予想番組の中でもほとんどがエアスピネルとイスラボニータが中心になっているようです。
どちらも安定した実力があり今回は万全を期しての出走という感じですからもっともだと思います。
一部穴も全くの人気薄の指名はわずかだと感じました。ただ今回はそれなりのペースで逃げる馬がいるので馬場状態も考えるとかなりハードなレースになりそうで瞬発力だけではきびしいのでは?と考えています。中距離の適性というか持久力もかなり必要と考えます。そう考えるとなおさら上記2頭に有利な可能性もありますが・・・。

また今回3歳馬が複数出走して一部人気になっていますが、3歳馬の斤量が2キロ減から1キロ減になってから2001年以降馬券に絡んだのは2003年ギャラントアロー(3着)、2004年ダンスインザムード(2着)、2005年ラインクラフト(3着)、2010年ゴールスキー(3着)の4頭のみで1キロの差は結構あるのかもしれません。というのもこのレースはゴール前で数頭が上位争いで僅差の勝負になるという印象がありその時の斤量の差はけっこうあるのかもしれません。

注目馬
・マルターズアポジー
問題はスムーズに自分のペースで行けるかどうかです。つつかれたり、他の馬に出られて前半で脚を使うようなことがなければ直線に坂のないコースということもあり強豪でも簡単に掴まえることができない可能性があると考えます。
あとは夏場に使ったことで万全かどうかが問題です。かなり注意と思っています。

・レッドファルクス
スプリンターズSの勝利インタビューで来春の高松宮記念まで左回りがなくどうしようか?というコメントを聞いて額面どおりに受け取れば今秋より前述のレースや安田記念など来春にかけているという印象ですが、それでも前走桁違いの脚を見せたのですから、能力だけで上位に入る破壊力を秘めている感じです。切れ味というより重戦車という感じで今の馬場は大丈夫と考えます。

・ペルシアンナイト
外枠が気になりますが、アーリントンCで見せた脚は多馬より1枚も2枚も上という感じでした。世代のレベルの問題はありますが無視はできないと感じます。

・レーヌミノル
こちらも3歳馬です。先々はペルシアンの方が素質を感じますが、現段階では3歳牝馬は先日のエリ女杯や夏競馬を見るかぎりかなりのレベルと見ました。エリ女杯では3歳馬は勝ち馬以外も上がりで33秒台を記録していて着順は悪いですが最後は伸びています。現状ではこの馬のほうが面白いかもしれません。和田騎手に乗り替わりですがその点で大きなダメージはないと思いますので、この馬は注意です。距離は違いますが小倉2歳Sで見せた脚はかなりのものと思います。早熟でなければ面白そうです。

・ヤングマンパワー
毎日王冠では穴で注目しましたがおしくも粘れませんでした。ただ前走もそうでしたがすんなり先行できればかなり渋太く持久力がありそうなのと、前走時も書きましたが今年はローテーションを変えてきて明らかにここに照準を合わせている感じなのでここは穴では特に注目しています。

・ガリバルディ
実は昨年外枠でしたが前のレースの脚色などから穴で馬券を買いましたが、届かずというかゴール前は脚色が一緒になりました。正直力負けという印象でしたが、脚の使いどころひとつで前崩れになればチャンスありと考えます。

・ブラックムーン
ウインガニオンがそれなりのペースで逃げた中京記念で最後内から突っ込んで馬券に絡みました。枠順や今回のメンバーと展開を考えると全く人気はありませんが注意が必要です。こちらも押さえたい馬です。

・ウインガニオン
マルターズが関屋記念で圧勝したことで人気を落としている感がありますが、逃げ馬や先行馬は展開やちょっとしたペースのアヤで番手の馬が浮上することが多々あると思っています。

・サトノアラジン
レッド同様破壊力の馬という印象で今の京都の馬場は大丈夫と考えます。内目の枠に入りましたが包まれたり不利がなければ確実に掲示板以上に入ってきそうです。紐で買おうと思っています。問題は秋の大目標だった天皇賞が道悪で競馬にならずピークを維持できているかというふうに考えています。

・ムーンクレスト(超大穴)
どうしても追い切りの走りが気になり複勝だけ100円かってみようと思います。

以上の馬を組み合せて穴で狙います。

◆霜月S
穴軸の馬はフリーMに記載しました。これもムーンクレスト級ですが10歳のキョウエイアシュラも見物料で100円複勝を買おうと思います。

◆福島民友C
武蔵野Sから連闘のブラゾンドゥリスに注意ですがそこそこ人気になっているようなのでここはずっと使い続けている感があるリーゼントロックに注意です。あとは平坦では先行すると渋太いスズカリバーも注意です。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月19日(日)AM4時17分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
土曜日は仕事の打ち合わせ他で昼前から出てしまうのと、さらに相変わらずの状態なので控えめに。
コース替わりですが、雨でまた馬場が悪化しそうです。特にレース時間帯に降りそうな東京はまたまた悪化しそうです。

先週のレースでは土曜日の京都5R新馬戦でのミスティックに注意です。スタート直後から離された後方でしたがゴール前かなりのところまで追い込みました。次走で走るかわかりませんが、能力はあると見ました。
日曜日の京都6Rのワンダーレアリサルも注意です。
あと同じ京都の7Rは途中仕掛けて大敗したメイショウサルーテは場内が沸くほどの脚を向う正面で使いました。1800は距離的にどうなのか?という感じでしたが、今後注意です。また先団の後ろあたりで地味なレースだったテイエムグッドマンも次走以降注意です。それから勝ったザイディックメアは騎手の動作から次走以降は過信は禁物と感じました。

今週注目はサラリーマンのボーナス時期も近付き共同馬主の馬に注意です。

◆東スポ杯
馬場悪化が予想され、10月後半の道悪で勝った馬が複数出走と7頭立てのわりには相当難しい条件になりました。
良であれば素質馬ルーカスが馬券に絡む可能性が高いと思いますが、どの馬でもチャンスがありそうな条件になるかもしれないと思っています。
ただ先月の悪化と今回はかなり温度差がありそうで、原則あまり買いたいレースではありませんが、買うとしたらということでランキングコメントに買う馬を記載します。

◆他一般レース
前述の共同馬主の注目馬をフリーMに記載します。

◆マイルCS展望
実力的にどうかとは思いますが、パンパンの良馬場でもなさそうなのでここは人気薄を少々だけ狙います。
即PATの発売でもかなり人気は割れているようですが、もとから照準を合わせていたと思われる馬を狙いたいところです。
現段階ではそこそこ人気ではマルターズ、サング、レッド、サトノ、ペルシアンあたりで、人気薄ではヤングマン、ガリバルディ、ムーンクレスト、レーヌ、ブラックあたりに注目しています。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月18日(土)AM2時40分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
日曜日の出馬表で気づいたのは最終日になるシュミノー騎手がメインほか複数レースで管理してもらっている藤沢和厩舎の馬に乗ることと、エリ女杯出走のスマートレイアーの大川氏の馬が東京の一般レースでも2頭出しなど多数出走していることです。また福島記念に出走のショウナンバッハの関係かショウナンの馬も複数出走します。福島12Rは2頭出しです。
重賞の注目馬はランキングコメント欄で、一般レース注目馬と気づいたことはフリーMに記載します。

◆エリザベス女王杯
豪華メンバーで例年以上に盛り上がっている感じです。穴狙いはかなりきつそうですが京都コースは最後の生垣を抜けたところからのコース取りで一気に勢いがつく馬がいるので3頭とも有力馬にならないケースも多々あります。今回は実力がある馬がはっきりしているので各馬のコメントは控えます。

有力どころでは、ヴィブロス、スマートレイアー、モズカッチャン、ルージュバックの4頭に絞ります。
ディアドラを迷いましたが、一戦一戦全力タイプに見え、前々走、前走と相当なエネルギーを使っているはずで、ここでまたはじけるようだと名馬の域になると思い、ここは見送ります。来たらごめんなさい。

穴は調教や過程などからマキシマムドパリ、トーセンビクトリー、デンコウアンジュ、タッチングスピーチの4頭に絞ります。

◆福島記念
例年なかなか当たりませんが予想を楽しませてくれる裏開催のなかでは最大級の名物レースです。
今年はキャロットの有力馬とビッグレッド関係の4頭が中心で、他昨日書いた穴の中では内枠に入ったショウナンバッハ、ケイティープライドあたりかな、と思っています。

◆一般レース
・福島4R障害未勝利
メジャースターダムに穴で注意です。
・福島7R(大穴)
日曜に福島で重賞を含め複数出走のショウナンの一番手ショウナンサザナミが全く人気がないので打診的に単複をほんの少々買います。
・オーロカップ
トウショウの2頭に注意、穴注目はフリーMで。
・奥多摩S
スターオブペルシャ(シュミノー・藤沢和)、ロワアブソリュー中心、穴注目はフリーMで。
・tvk賞
ヒストリアに注意スマート・ロードも押さえ、穴注目はフリーMで。
・福島6R
ハローマイディアに注意、穴注目はフリーMで。
・福島12R二本松特別
ショウナンサスケに注意、穴注目はフリーMで。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月12日(日)AM3時30分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
武豊騎手の不倫?ではない(火遊び?)騒動や落馬での今週の騎乗取り消し、JCにオブライエン厩舎の馬参戦など話題にはことかきませんが、今週のエリ女杯も相当なメンバーがそろい見物対象としては面白そうなレースになりそうです。

前回記事の中で「口三味線をきる」と書いてしまいましたが、それをいうなら「口三味線を弾く」ということだということに後日気づきました。学識のなさが露呈してしまいました。失礼しました。

さてその件ですが「口三味線」が炸裂した結果になりました。木原調教師のコメントにはこれからも気をつけないといけませんね。そういえばフーラブライドの時も同様に感じていたおぼえがあり、引退前のエリ女杯や京都大賞典前には「胸をかりるつもりで・・・」などというコメントを繰り返していました。ところがG1本番では見せ場たっぷりの差のない6着、ダート出身で人気にならないタイプで皆「あわや・・」と思ったのではと思います。
今回のジンソクも急に本格化した感があり、ダートから転向して一線級と互角にわたりあったフーラとどこか画像がかさなります。

口三味線はともかく調教師として異色の能力を秘めている可能性もあり今後も目が離せないと感じました。

さて今週も重賞が目白押しですが、先刻書いたように当方で考えている人気薄好走パターンを研究するという側面から競馬、そしてブログなどを展開していきたいと思います。馬券はそのエッセンスとして考えたいと思います。

またこれもこめんとで注目した京王杯のニシノウララですが、レースでは先行した後失速して上位には入りませんでした。
ただ今後はまだ2歳でもありますし、あのコメントの意味するところを想像するに勝負になる部分もあると感じましたので今後は人気にもならなそうですし引き続き注目したいと思います。(実はレース中に気づいたこともあり他にも理由があります)

ランキングコメントに「重賞の結論」、フリーMで「一般レース結論と他気づいたこと」というパターンは当面は続けます。

◆武蔵野S
ここもメンバーがそろいました。ただ騎手の騎乗馬がかなりあべこべになっているようです。前走勝って一部人気になりそうなクインズサターン、メイショウウタゲ、サンライズノヴァの騎手が皆乗り替わりになっています。毎度書いていますが私はサークル内のエージェントの事情など承知していませんので詳細はわかりませんが、重賞なので一線級の騎手の騎乗動向は今後も考えるとかなり重要なファクターだと考えています。

最終的に内田博騎手がブラゾンドゥリスに騎乗することから順にずれていったのであれば、この馬には注意せざるを得ません。もしくはサンライズノヴァの主戦騎手が戸崎騎手なので前走がピンチヒッターだったのであれば中心はサンライズノヴァということになります。いずれにしてもこのどちらかの馬が馬券に絡んでくる可能性はかなり高く、サンライズがノヴァが見せ馬だった場合はもう一頭のソアに注意ですが、前走騎乗の北村宏騎手がクインズに騎乗であり可能性はありますが、この2頭からは若干割り引きたいと思います。

他では強豪のベストウォーリア、カフジテイク、モーニンではすべて注意ですが、斤量やこのあとのスケジュールなどから特にカフジは注意です。

また乗り替わりの話と若干矛盾するようですが、メイショウウタゲも追い切りを見ていたら好調なのではと思い個人的には注意です。ただ私は相馬眼はありませんので、ご承知おきを・・。また同様に矛盾しますが地力の高そうなクインズサターンにも注意です。今回大駆けするかはわかりませんがいずれ大きく出世する馬というふうに思っています。

あとはここのところ地味ですがピオネロに注意と思っています。これも追い切りで感じたことです。
さらにムーア騎手が乗るゴーレデンバローズも復調していれば十分圏内と考えます。

◆デイリー杯2歳S
フロンティア、ケイアイ、カツジ、ロードイヒラニあたりに注目しています。

◆京都ジャンプS
タマモプラネット、スズカプレスト、マイネルフィエスタに注目しています。

◆一般レース
シーズン的に共同馬主の馬も一部注意です。
※一部クラブの情報は私的な推測で根拠はありませんがフリーMで
(ただ私の推測域では今週はタイミング的に勝負気配の強そうなクラブがなく次週意向は本格的に注意と考えています。ただ日曜日の一般レースには一部注意が必要な馬がいると思っています)
あと京都12Rと福島8Rで狙ってみたい馬がいます。人気の状態で考えたいと思います。

◆エリザベス女王杯展望
他の要因を重視している部分もあるので馬券を買うかどうかはわかりませんが、追い切りを見ていて気になった馬は下記の馬です。牝馬は格より調子、という部分もあるので一応注意です。
ウキヨノカゼ、クロコスミア、ジュールポレール、タッチングスピーチ、 デンコウアンジュ、ルージュバック
あと他事項での検討では現段階では横綱のヴィブロスはもちろん、京都大賞典出走馬のスマートレイアー、マキシマムドパリ、3歳馬ではレース振りやコース、距離などを考えるとディアドラ、モズカッチャンに注目しています。

以上のメンバーから人気薄の馬を絞り込んで狙いたいと思います。土曜の晩にまた検討を加えます。

◆福島記念展望
シーズン的に共同馬主系のビッグレッド関係とキャロットの多頭出しの中に馬券の軸があると考えていますが、追い切りなどから穴っぽいところでショウナンバッハ、ケイティープライド、スズカデヴィアスあたりに注目しています。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月10日(金)PM11時50分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
JBCレディースであのラインハートがついに3着に突っ込んで複勝30倍以上の高配当を出しました。
オープン入りした後はしばらく短距離の芝、そしてダートや中距離の芝の重賞などを使い続け鳴かず飛ばずで、知らぬ間に地方入りしていました。当時大澤氏のラインが活躍する中で同じラインでありながら馬主も大塚氏で違い、常時単勝100倍以上の人気薄で使い続けて、ここでやっと日の目をみた、と思いました。

もちろん予想的にはすでに対象からはずしていましたが、たまたまJBCレディースは狙い馬がいなかったので見物料で複勝を100円だけ買ってみていました。まさか来るとは思っていなかったのでビックリ・・・、他は一生懸命考えても当たらないのに・・、複雑な気分です。

ただ残高的には助かりましたので良しとしたいところです。

◆アルゼンチン共和国杯
いわゆる秋の目黒記念が改名されたレースで春の目黒記念とまったく同じ内容です。
この後長距離の重賞はJC、有馬など大レースか、ステイヤーズSのような特殊な距離かで、特にハンデ戦で力の及ばない馬でもチャンスがある年内最後のレースで、近年強まっているJCや有馬のトライアル的な色彩だけでなく、以前からの長距離系のオープン馬の目標になっているレースです。

今年は有力どころは3歳と古豪とアルバートという3分割的な感じです。
個人的に追いかけているヒットザターゲットとレコンダイトがまたまた出走です。
写真のように2年前の春の目黒記念で穴を出した時以来ほぼかならず春秋ともに出走して馬券に絡まないまでも毎回それなりの走りを披露しています。特にヒットは今回が最後のチャンスかもしれません。またレコンダイトも今回叩き台と思われた京都大賞典でもかなり仕上がっていた感じで、今回はかなり気合が入っている可能性があります。

当然今回もこの2頭を中心に考えています。

あと気になるのは、競馬コンシェルジュで津田氏が◎でサラトガスピリットを推奨していたことです。近走はまったくでオープン入りした時はそれなりの下馬評でしたが、ここでいきなり◎にするということはそれなりに確信があるのではと感じました。推奨理由の説明でも大きな要因の説明はなく取ってつけたような説明だったので他に何か根拠があるのではと考えています。
また他の競馬記者の一部も本命ではありませんが紐の上位でサラトガを推奨していてサークル内で何か情報があるのでは?と感じています。私は素人なのでよくわかりませんが全くの人気薄なのでラインハートではありませんが、見物料程度の複勝ぐらいは押さえておきたいところです。

また他で気になるのは春の目黒では直線で一旦抜け出し見せ場たっぷりの3着だったハッピーモーメントで、前回の京都大賞典のときに私もコメントで賞金的な問題もあり京都かこのアルゼンチンかどちらかで勝負をかけてくるのでは?と書いたことを思い出しました。前走凡走で目も離れて人気も落ちていますが人気薄では特に注意が必要です。

また今回はまったく人気がありませんが、トルークマクトにも注意が必要です。この馬、場やメンバーは問わず自らがうまくレースを運ぶと侮れない力を発揮します。本来はハンデ戦以外でも好走歴がありますが、オープン入り後はやはりメンバー的にはハンデ戦のここあたりで勝負をかけてくる可能性が強いと考えています。

詳細は馬券はフリーMに記載します。

◆みやこS
昨日書いた、テイエムジンソク陣営のコメントの「強いメンバー」とは?これがかなりの核心につながっていると思っています。たとえば本当はテイエム陣営が本当は自信がありいわゆる「口三味線」をきっている可能性もあります。
また本心であれば当然その馬(たち)が勝ち負け候補ということになります。

候補としてはG1入着級かG2連対、もしくは3歳馬ということではと思っています。
となると一番実績があるのはアスカノロマン、あとはキングズガード、モルトベーネあたり、3歳ではエピカリスとローズプリンスダムぐらいまで、さらにムラはありますが3歳のタガノディグオも対象かもしれません。この6頭+テイエムというのがまともに考えると上位かもと思います。

あとは準オープンの定量戦でテイエムに完勝して、ここのところ追い切りで関西通いが続いていた横山典騎手の騎乗対象だったトップディーヴォも注意が必要です。
今回もJBCでニシケンモノノフで勝利した流れもありますが、おそらくこの騎乗のために関西遠征と思われます。

詳細は馬券はフリーMに記載します。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月5日(日)AM8時15分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
昨日の記事で金曜日なのに土曜日と書いてしまいました。
またまた不発が続いています。気力がなえそうですが続けます。
ただ今後他のサイト活動全般と合わせ、色々ブログの内容を考えていきたいと考えています。
私は特定のジャンルにこだわらないで競馬予想を考えていますが、今までの経験則や当時の専門家の指摘などに基いてある法則に嵌った人気薄の馬を中心に馬券を買っています。
承知と思いますが、ここのところを見れば一目瞭然ですが当たらないときも多々あります。
まだ検証や目の付けどころが甘いのか修行や分析が足りないと思っています。
他のファクターの開発も含め、検証や研究を深め精度が高くなるように目指す、というブログ記事に移行していこうと思っています。
もちろん目先の予想をして馬券を当てることも重要ですが、夏場のように異様に当たり続けたり、最近のように全くになったりでこの方法では先々同じ繰り返しになる可能性があり、それではまったく面白くありません。

という感じで考えていますので、近日中に大きな改修やリニューアルをしようと考えています。
いわゆる予想屋的な事業や、馬券師みたいなギャンブラーになる気はなく、プロ業者とは一味変えた競馬研究ができれば、面白いかな?と思っています。

ということでいつものしょぼい予想です。

そういえば金曜の福島1Rで3着のスズカアーチストという馬の次走に注目しています。
外枠のためスタート後1角をまわるとき大きく外を回らされました。普通のパターンだとここでほぼ終わりですが、この馬途中も外目をまわりながら後半に再び追い上げゴール前でも1・2着の馬をしのぐ脚色で3着に入りました。
ペース的に比較的ゆったりだったのも幸いしたようですし、減量騎手で時計も平凡なうえ、福島ダートなので、他場で通用するか微妙ですがその分人気にならない可能性もあるので今後は面白いと思っています。持久力はかなりのものと感じました。

◆京王杯2歳S
まず馬場の荒れ具合と内外の状態の差がポイントですが、金曜は東京は開催がなく走ってみないとわからないと思います。
東スポの出馬表の陣営コメントで気になる記事が2つありました。
カシアス陣営で「中央場所デビュー組との兼ね合いで勝負になる〜云々」というコメントがありました。
メンバーを見渡すといわゆる一般的な中央場所(東京、中山、京都、阪神)デビューの馬はトーセンアンバー1頭だけです。
しかも初戦は4着、2戦目は3着でした。他を見ると多くは中京、新潟、札幌でカシアスの函館と大きな違いはありません。
どういうことか考え、こういうことではと自分なりに推測しました。
つまり直線が長いか、坂があるようなコースで、裏開催ではないということではないということと、さらにいえばデビューは中央ではなくても中央場所で中央デビューの馬も加えた特別戦などで比較的好走したメンバーをいっているのではと解釈しました。
そういう意味で対象はかなりひろがります。
陣営は敵は上記の馬だと見ているようです。

もうひとつはニシノウララ陣営の「ファンタジーSも考えたがメンバーを考慮してこちらに出走した」というコメントです。
これは「こちらであれば勝てる可能性がある」と「こちらであれば上位に入る可能性がある」という2通りの解釈が可能であると思います。いずれにしてもファンタジーSを見ると夏の2歳重賞で走った馬は直線は見せ場をつくりましたがゴール前の脚色は追い込んだ上位馬とはかなりの差がありそれなりのメンバーであったことがわかりました。
どちらにしてもこちらのほうが手薄であるということなのだと思います。
ただ上位という意味であれば、1〜2頭はこちらにもかなり強いのがある可能性もあるのでいきなりニシノが勝つかどうかは早計かもしれません。

以上の内容から推測すると中央でそれなりの走りを見せた馬とカシアスが有力であり、また牝馬(3頭)でも通用するというこという感じに考えています。
結論はランキングコメント欄に記載します。


◆一般レース
フリーメールに穴馬を記載します。
・みちのくS
金曜日の段階では馬場状態は比較的時計も速く、開幕週ということで内目の枠が有利と考えます。
重賞好走馬や昨年の同レース上位馬も出ているので人気馬総崩れはないと思いますが、展開やポジションで人気順どおりには決まらない可能性は十分だし、穴っぽいのが1頭入ってきたりする可能性もあると考えています。比較的人気どころではラズールリッキーから上位人気に流したいと考えています。

・会津特別
有力なのが2頭いますが、ここも伏兵に注意です。ショウナンとトーセンのどちらかは馬券に絡みそうです。

・福島12R
意外に揉まれない外枠が好走するコースという印象があります。勝ちきれないメンバーが集結した感じもあり伏兵に注意です。


◆日曜日重賞展望
・アルゼンチン共和国杯
今回は3歳馬2頭対アルバート対古豪という感じに見ています。人気がない古豪に注目です。

・みやこS
3歳もレパードS1〜3着馬がそろって出走、古馬との力比べが見れて面白いレースになりそうです。
こちらもテイエムジンソク陣営から気になるコメントが。エルムSもそれなりのメンバーだったのに「今回の強いメンバーでどうか〜云々」というコメントが出ていました。今回一線級は当然JBCに出走しているはずですがみやこSでテイエム陣営が指している「強いの」がわかれば、という感じに考えています。穴は難しいかもしれませんがタガノ2頭出し、過去追い切りに遠征して何度も足を運ぶ騎手の馬、近走不振の重賞好走馬あたりを穴で狙いたいところです。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月4日(土)AM8時20分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
3日間開催とJBCが複雑に絡み競馬ファンは楽しみが多そうですが、散財に注意です。(自分にですが・・)
京都はコース替わりですが馬場が荒れているようなので注意です。
ファンタジーSとJBCスプリントは最強ランキングコメント欄で、個人的に注目している福島3Rと4Rはフリーメールに記載します。相変わらずですが、今週はアルゼンチンとみやこSに注力してぜひ穴で馬券に絡む馬をさがしたいと思っています。

◆土曜日予想
・西郷特別
ムーンザムーンとモクレレの馬連、ワイド1点
・磐梯山特別
サムワンライクユー
・福島12R
シゲルヒョウ
・福島6R
スプリングキャロル
・京都8R
アルティマウェポン、ショウナンナナイロ、エンパイアブルー


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月3日(金)AM8時05分くらいです。

↑このページのトップヘ