競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

2017年12月

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
土曜日の記載で、マキシマムドパリをマドモアゼルパリと書いてしまいました。
失礼しました。

またまた中山で超万馬券が出ました。今度はトーセンの2頭出しのしんがり人気が勝ち、もう1頭の比較的人気薄が3着でした。このレースはダイワ、モハメド殿下も2頭出しでしたが、2着の馬は様々な要因を考えても個人的な見解では全く対象にもならない馬でした。
だからこんな高配当になるのでしょうね・・・。

今年はスターホースに上り詰めたキタサンブラックが暮れで引退しますので、来春から強い馬という側面では馬券は売れにくいと想像します。

ということまで考えると、今後もまだ様々な形で高配当が飛び出す可能性が強いのでは?と思います。

たとえばG1レース、またWIN5、または比較的大きなレースでの波乱ではないかと個人的には考えています。

とういうことで、日曜日の重賞は無条件で穴を狙います。(毎回ですが・・)
あとWIN5という側面では特別レースも単勝だけは高配当の可能性があり、その辺を狙いたいと思います。

それから日曜日に私が個人的にPOGに登録しているハイヒールが阪神JFに出走しますが、その馬主である石川達絵氏が日曜日にハイヒールを含め7頭出走させます。ハイヒールは内容的にG1ではかなり難しい可能性が高いので残りの6頭の中で好走馬がでるのでは?と予想しています。

あと先日レース後の検証で次走は注意と考えていたショウナンサリューが中京6Rに出走します。予想通り夜間発売の段階で人気になっていますが、未勝利馬なので一戦一戦が勝負のはずでここは単勝で勝負したいところです。

下記に石川氏の馬と他の注目馬を記載します。特に注目の馬はフリーMに記載しますが、日曜日は人気との兼ね合いもありますが、一般の注目馬ではイマイチ食指がわきません。

・石川達絵氏の出走馬
中山8R アスタリスク
阪神2R マグマ
阪神3R カトレア
阪神6R新馬戦 レクイエム
阪神11R阪神JF ハイヒール
中京2R タンゴ (ワキノアタリ)
中京12R長良川特別 スプマンテ (ジュニエーブル)

・他の一般レースの注目馬
中山1R ホクセツ
中山3R マイネルミシシッピ、コスモグラトナス、ウインスペリウス、マイネルソラニテ、ウインオルフェウス
中山4R トーセンルドラ
中山9R黒松賞 トランプ
中山10R美浦特別 カレンリスベット ハナズレジェンド、プロフェット
中山12R ダイイチターミナル、ダイトウキョウ、トロピカルガーデン
阪神12R メイショウブレナム
中京1R ブルベアクワイ、ブルベアアオジソ
中京4R メジャースターダム (シルバーソード)
中京6R ローデルバーン
中京8R マルターズゲイル
中京11R名古屋日刊スポーツ杯 ウインテンダネス、ミスズダンディー、スズカディープ

・WIN5での人気薄で期待できそうな馬(単勝で買いたい馬)
中京11R名古屋日刊スポーツ杯 ミスズダンディー
阪神11R阪神JF マドモアゼル、モルトアレグロ
中山11RカペラS キタサンサジン

◆阪神JF
先述のように穴で狙いますが上記に書きましたが、
マドモアゼル、モルトアレグロは穴で注目です。
他では以前京王杯2歳Sの時に出走したニシノウララ陣営のコメントで同週に行われたファンタジーSのメンバーと比べてこちらに出走する旨の記載がありました。その話を額面どおり信じればファンタジーSの方がメンバーが骨っぽいということになり、出走した馬には注意ということになります。ということでコーディエライトに注目します。
また有力どころではマウレアとラッキーストライクは上位の可能性がかなり高いと思っています。確実に押さえたいところです。

◆カペラS
先述に書きましたが、人気薄ではキタサンサジン、あとは実力馬のノボバカラに注目です。斤量の問題はありますがコーリンベリーもここは勝負がかりと考えています。

◆香港
日本馬で注目しているのは香港Cのステファノス、香港バーズで底を見ていないうえ時計がかかる馬場で強かったキセキです

。外国馬はわからないのでモレイラ騎手、ムーア騎手、ボウマン騎手の騎乗馬に流したいと思いますがなにぶん人気になりそうなのでオッズを見てからということになりそうです。
あと難しいといわれているスプリントですが前走の様子をみたところワンスインナムーンは内目の枠ということもあり、すんなり逃げたらかなり渋太い可能性があり人気もなさそうなのでこれは穴で狙ってみたいと思っています。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在12月10日(日)AM4時15分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
先週出走馬の今後注意の馬を追加します。
鳥羽特別のクードラパンです。実力馬で直線で一旦勝ちに行き抜け出しましたが後続に差されました。次走以降人気になる可能性がありますが、注目です。

週初のフリーMの補足ですが、他の馬主ではクリノ、シゲル・ブルベアがやはり穴を出すパターンが多いと感じていますが、シゲル関係では大穴は冠名ブルベアのほうが面白そうです。またクリノは通常はそのまま実力をつけてくるとそこそこ人気になるようで、個人的には芝やダート短距離の条件戦、特にハンデ戦が面白そうです。多頭出しの阪神や中山、福島など直線もつれそうなパターンで注意が必要ではと感じています。

土曜日の出走馬で穴っぽいところで注目は下記の馬です。
全体的な話では、ショウナン、先週より出走を増やしたクリノ、クインズあたりの馬に注意です。
特にショウナンは土曜日の中京に集中していて下記に記載していない馬も注意と思っています。

◆土曜日出走注目馬
中京3R グランドガール
中京4R シゲルゴリラ、ブルベアリンクス、メイショウタカモリ、ショウナンアリスト
中京5R アドマイヤフォーラム、マイネルヴォーダン、マイネルゼーラフ、ツジスーパーサクラ
中京6R クレスコブレイブ
中京7R ミツワサウスポー、ティーサムライ
中京8R モルゲンロート
中京10R浜名湖特別 コティニャック
中京11R中日新聞杯 マドモアゼルパリ、ケントオー、ショウナンバッハ
中京12R犬山特別 トーセンアルバータ、トーセンクリス

中山7R ダイワ2頭出しが中心でトリリオネア、グレイスニコ、クインズプルートに
中山8R メイショウミズカゼ
中山11R師走S リッカルド、ショウナンアポロン
中山12R ツヅク

阪神11RリゲルS トーキングドラム
阪神12R ドゥーカ

※土曜日注目馬で特に注意の馬だけフリーMに記載します。(大穴注意・・)

◆阪神JF展望
個人的な話ですがPOGに登録しているハイヒールが抽選をくぐり抜けて出走になりました。
頑張って欲しいのですが・・・。

現段階では外枠が気になりますがコーディエライト、爆笑田中氏も注目しているトーセンブレス(トーセン2頭出しなのもあり)、あとは穴ではマドモアゼルに注目しています。また明日追加するかもしれません。
原則は人気のオルフェーヴル産駒の2頭あたりにと考えています。

◆カペラS
地方に出てから活躍のブルドッグボスが中央での重賞勝利なるかが注目ですが、ここは斤量の問題がありますがおそらく進退をかけるぐらいの勝負度合いでコーリンベリー、スノードラゴン、あとはノボバカラの巻き返し、そして人気ですがかなり強くなりそうなブルミラコロが中心と考えています。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在12月9日(土)AM1時50分くらいです。

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
G1の話は多分ちまたに溢れていると思うので、まず他の日曜日のレースを見ていて気が付いたことを2点だけ。
ラピスラズリSのオウノミチ
逆瀬川Sのショウナンバーキン
はともにレース振りやゴール後の様子などから次走以降継続して注意したいと思いました。
ただ両馬とも地力勝負では分が悪いのである程度条件がそろった出走が前提と考えています。

日曜日G1当日に超大穴馬券が出ました。
中京7Rで三連単2200万、三連複500万超、馬連36万円超、ワイド新記録の12万、単勝4万円超、複勝万馬券など・・。土曜から中山は大荒れでそんな下地がそこでピークになったように感じで、流れもあるのかもしれません。

ただこれは当週の穴馬券連発も含め、果たして偶然でしょうか?
もちろんレースの流れで色々な偶然が重なったことも大きな要因だと思います。
結論からいえば個人的には出るべくして、出たと考えています。
善悪や正誤は棚に上げて考えますが、これは興業であり、ギャンブルという事業の一環なのだとあらためてつくづく感じました。

今は情報が行き渡り、競馬は純粋なタイムトライアルのスポーツであると考えている方は現状殆どいないと思います。
でなければ様々なコースで枠順の有利不利などが生じたり、ということはスポーツとしては完全に公正ではなくなるからです。

今回の超大穴は上位の馬が力を発揮した以外に下世話ですが下記の条件も重なったからなのでは?と考えています。
また下記にも書きましたが、競馬を支えている馬主さん(会社でいえば株主?)の事情も絡んでいるのでは?とも思いました。
・一般のボーナスシーズンである
・年末ジャンボ宝くじの発売期間と重なった
・比較的歴史の浅いG1の当日だった

などです。
競馬は配当額のルールを変えないかぎり、インフレや配当を高額にする必要が出てきた場合、より大きな高額配当を出すしか手段がありません。ですので季節的な要因も考えれば今後もこのシーズンは注意が必要だと思います。
ただ同じようなことが毎年、毎レースで起こると、「あれ?」という感じが強くなるので、手を変え品を変えというふうになると予想します。

また今年もしばらくは注意が必要だと思っています。

さて今回の馬券は考えられない組み合わせだったのでしょうか?

実は実績的にはまったく手が出ないのですが、馬主構成で考えると村野氏の2頭出し、中京の地元大物馬主、阪神の地元大物馬主であり、4着も村野氏の馬と馬主だけ見て勝っている人は少なくともワイドや三連複はけっこうあっさり取れた可能性があります。
しかも先週は永井氏も松本氏も大挙出走で、どちらも人気の有無にかかわらず好走馬を出すのをよく見かけます。逆に出走数が多すぎてすべて買うと結局大枚はたく必要がある部分が一番困難なのかもしれません。

私も自分で今週はメイショウ注目と書いておきながら、中京7Rでは見物馬券を買っていましたがもっと中穴的な馬を買ってしまい、少なくともこの人気薄のメイショウはまったく無視してしまいました。

また馬主多頭出しは近年は情報が出回っているのでまったくかすりもしないケースも結構あります。
地元馬主や馬主多頭出しをすべて追いかけているとそれこそ大穴に行き着く前に破産してしまいます。

やはり周辺事情やタイミングなどを見て絞り込んで、せいぜい複勝、ワイド、三連複の組み合わせで買うのが一番ゲットする確率は高いのでは?と考えます。

他に出やすいタイミングは?
と色々予想するのも面白いですよね。
将来的には国策でのカジノが解禁になる可能性もあり、このような馬券ハンターを目指すのもいいかもしれないと思いました。

◆大穴の出るパターン
これはレースの条件によってかなり違いますし、ある意味どんなパターンでもありうるのでしょうが、よくみラルパターンはというと
・短距離の追い込み
芝、ダートを問わずハイペースなレースでよくみられるパターンです。特に最後方から大外一気というのが一番決まりやすいようです。
・中長距離での逃げ
大逃げや、スローに落としての逃げ、これらもよくみられるパターンですが特にこわいのは、2頭で離しての逃げです。どちらかが残るパターンと片方が残るパターンがあり後ろの馬はきわめて対応がむずかしいケースです。
・内からの強襲
内枠の馬によく見られますが、コースロスのない内目の好位から中団を進み直線で内から伸びるパターンで開幕週などでよくみられるパターンです。

総じていえば内枠の馬、逃げ馬、完全に直線勝負に徹した馬など思い切った騎乗の場合が圧倒的に多いと感じています。

騎手も結構「穴騎手」というのが存在しますが、馬主的に良血の高額な馬よりも、リーズナブルな価格で購入された馬のほうが多くみらると思っています。多頭出しなどは特に可能性が高まるのでは?と思います。
要注意と感じている馬主はフリーMに記載します。

今回は本番のG1は中穴程度で大きく荒れませんでした。逆に土曜日から荒れまくったのもあり人気が割れて、特に3着馬からのワイドはビックリするくらいの高配当になりました。
でも後述にもありますが、まだまだ一般に大きくなじんでいるG1と思えないので近年中にドカンと一発大穴がでるのでは?と想像しています。

◆G1レースの大穴は?
まずこれから書く話は一面的な部分だけ推測したもので、競馬の持っている様々な側面はほぼ触れていません。当然ですがレースの結果は他の側面も深く関係しているという前提で書いていることをご承知おきください。

G1レースではまだなじみがなかったり、または世情の変化など周辺事情が生じた時、また格上げや名称変更でイマイチ地味な感じのG1は変更や発足後約数年〜10年目くらいに、また時代背景的な周辺事情があるときは適宜なタイミング必ずといっていいほど超大穴が出ています。

そしてこれは個人的な想像で根拠もないのですが、私自身は逆に個人的にはまったく否定的ではなく競馬予想の楽しみの最たる部分だと考えています。(取扱注意ですが!!)ただ海外馬が参加する可能性が前提のレースはなぜかあまり超大穴は出にくいようです。(記憶の範囲では遥か前の京王杯スプリングSくらいです)

さてG1大穴のパターンは例えば、
★ヴィクトリアマイル(2006年新設)
・2015年 ミナレット 3着 三連単2070万、三連複286万、ワイド863倍と865倍、複勝85倍
ご存知の通りG1超大穴の極めつけ

★NHKマイルC(格上げ新設1996年)
・2007年 1着ピンクカメオ、3着ムラマサノヨートー 単勝76倍、三連複122万、三連単973万

★秋華賞(新設1996年)
・1999年 1着ブゼンキャンドル、2着クロックワーク 単勝57倍、馬連946倍
・2008年 3着プロミナージュほか11−8−16番人気で決着 単勝29倍、馬連230倍、3着馬複勝62倍、三連単1098万、三連複186万
※再度大穴が出た一因としては名前に反してイマイチ華やかにならない当該レースとリーマンショックなど金融不況と重なったため? 

★高松宮記念(1996年高松宮杯が格上げ、1998年より時期と名称変更)
・2001年 3着テネシーガール  ワイド65倍、88倍
新設とともに1999年発足のワイド馬券浸透もかねて?
・2007年 2着ペールギュント 馬連402倍、三連単54万
レースの浸透とともにリーマンショックなど社会情勢が背景?

★マイルCS(1985年新設)
・1995年 2着メイショウテゾロ 馬連1043倍

★阪神ジュべナイルF(混合戦から1991年より牝馬限定、2001年より現名称に変更)
・1992年 1着スエヒロジョウオー、2着マイネピクシー 単勝35倍、馬連1204倍

とざっと見てみると一部はすぐ出ていますが、多くは約10年経過したころにとてつもない馬券が出ています。

またそれなりの知名度の大レースでも大穴は散発的に出ています。色々時期的な事情や社会的な状況も関係しているのかな?と個人的には感じています。
★スプリンターズS
・2000年 ダイタクヤマト 単勝257倍 馬連257倍
当該レースの時期変更初年度

★有馬記念
・1991年 ダイユウサク 単勝137倍
・1992年 メジロパーマー・レガシーワールド 単勝49倍、馬連315倍
ともにオグリキャップ引退で売り上げだけでなく競馬ファン減少の危機、ダイユウサク・マックイーンはともに映画俳優、パーマーは大逃げで話題に
・2001年 2着アメリカンボス 優勝馬マッハッタンカフェとの馬連486倍、複勝25倍
・2002年 2着タップダンスシチー 圧倒的一番人気が1着で馬連148倍
アメリカテロや山一倒産など金融不況後の株価などが大きく低迷、01年は馬名もアメリカにちなんだ名前で1・2着
・2008年 2着アドマイヤモナーク、3着エアシェイデイ 馬連294倍、三連単98万
リーマンショックと円高不況の影響とディープインパクト引退後の馬券売り上げ低迷?

★天皇賞・春
・2012年 ビートブラック 単勝159倍、馬連615倍、三連単150万
東日本大震災の復興も関係?


★エリザベス女王杯
・1989年 サンドピアリス・・単勝430倍
オグリキャップなど競馬ブームなどの影響?
・1992年 タケノベルベット・・単勝91倍、馬連704倍
トウカイテイオー、ミホノブルボン、マックイーンなど競馬ブームの継続の必要性とバブル崩壊による縮小への対策?
・2009年 クイーンスプマンテ、テイエムプリキュア 三連単150万、馬連1000倍
リーマンショックと円高不況の影響とディープインパクト引退後の馬券売り上げ低迷?

以上G1について触れましたが、新規格上げで設定意義が微妙で個人的にはまだ納得が難しいホープフルSもどうなるのでしょうか?ただクラシック直結のレースを目指している条件なので荒れるというよりはJRAは一流馬の登竜門にしたいのではないかと感じていて、むしろ今年を含め朝日杯のほうが今後配当的にも色々とそういう対象になりそうな気もします。
ただ短期間に連発で2歳G1というのも長続きするのでしょうか?

と好き勝手に書いてみました。
もちろん弱い馬が勝つことは不可能なので、そこは上位に入る力があるかを見切る必要はあると思います。
※本当は強かったり、急に一皮むけたりという馬などは今までが全然なので実際はなかなか見抜けないとは思いますが・・

◆騎手
ご存知江田照男騎手が現状は抜きん出ている印象です。テンジンショウグン、ダイタクヤマト、アメリカンボス、ミナレット、ネコパンチとすべて伝説級のドラマと配当を演出しています。(ミナレット以外はすべて中山)
今後面白そうな騎手は難しいですが、今回穴を出した木幡騎手兄弟も面白そうです。また嘉藤騎手や岩部騎手も面白いと思っています。それから気性的な部分も考えると荻野極騎手も注目です。初勝利がなんと単勝400倍超(複勝万馬券)と縁もありそうです。また意外ですが蛯名騎手もにん気薄注意です。あとはハンデ戦や3歳牝馬夏シーズンの軽量騎乗時で内枠の時の横山和騎手も注意です。

総合的にみるとやはり景気が悪い時のほうが大穴がでるという印象は否めなく、多少不謹慎と感じる方もいるかもしれませんが、ご容赦ください。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在12月5日(火)AM0時30分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
追加記事です。かなりの穴なので確率は高くないのでご注意ください。
阪神8Rダート1200で穴で注目馬ですが、きわめて人気薄なので気が向いたら参考にしてください。
まずはテイエムの2頭出しです日曜午前中までの段階でのテイエムはまだ好走馬はいません。
今日はG1に出走馬がいてしかも注目馬としてレースの目玉になっています。当然オーナー関係者も来場されていることが予想されます。本番ではやってみないとわかりませんが、他は事前にローテーションを合わせて今週に有力な馬をぶつけてくる可能性が強いと思います。
個人的には姫路特別のテイエムチューハイが有力と考えていますが、この2頭出しもひじょうに匂うと考えています。

あと前記2頭にも増して人気薄タガノマニカという馬も大変気になります。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在12月3日(日)PM0時32分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
中山は前半大荒れでした。注目のメイショウは人気の有無にかかわらず好走馬が目立ちました。
日曜日は若干割り引きたいと思います。
メイショウでは寒椿賞のメイショウオーパスが強敵相手に競り勝ちました。3着以下を千切っていたのでかなり強い可能性があります。未勝利を勝った時、差し切って勝ったのにゴール前は全く追っていなくて余裕だったのが印象的です。今後楽しみです。

あとは中京9Rで5着だったブラックカードは岡氏の2頭出しでしたが、最後の直線で完全に前が塞がり、ゴール寸前でまた伸びましたが及びませんでした。今回は枠順や途中までは恵まれた面もありますが次走以降要注意です。

あと中京8Rで2着のショウナンサリューは未勝利馬で毎回勝負がかりですが、前走芝で直線で再度伸び、見せ場たっぷりでしたが、今回ダートではあわやという感じの2着でした。相手が悪かった感もありこれも今後は人気になりそうですが次走以降注意です。

◆チャンピオンズC
テイエムジンソクの取捨はひじょうに難しそうです。相変わらず木原調教師は控えめなうえ、追いきりも遅れるなどまたまた口三味線の可能性もありますが、実際今回調教を坂路に変えたことから、ここのところの直線平坦コースでの連勝ということが不安になっているのでは?と感じました。本格化後は直線に坂のあるコースはまだ未知のようです。

ロンドンタウンは時計が早い時は強さをみせますが、実は重いダートでは大きな実績は現状ではないのでは?と考えています。

カフジテイクは主戦騎手が他馬に騎乗です。ただもっと成績が高い騎手の騎乗であり難しいところですが、個人的には軸にはちょっと・・というふうに思っています。

あとは秋口になってから交流も含めG1や重賞で勝った馬より、権利を持っている前提ですが休み明けを叩いて凡走した馬を狙いたいと思います。

絞り込むと
◎キングズガード
距離の問題はありますが、コース適性抜群、27走して掲示板をはずしたのは2回だけです。特にこの距離であればワンターンのコースより一周のほうがいいと考えます。まったく凡走するかもしれませんが実は想像以上に強かった、という可能性にかけてみても面白いと感じました。
○ゴールドドリーム
距離が大丈夫であれば
▲ケイティブレイブ
内枠、福永騎手騎乗で
★テイエムジンソク
逃げ残り注意
△グレンツェント
△モルトベーネ
地力あり叩いて変わり身の可能性もあるので、軽視は禁物と思います
△コパノリッキー
変則ローテーションは意図があるはずで、ここは警戒

◆ラピスラズリS
馬券的な軸はナックビーナスでしょうがないと思いますが、紐は穴で。エイシンに馬連、オウノミチ、ショウナンにワイド。

◆逆瀬川S
こちらも広尾レースの看板馬で募集のためにもハナズレジェンドが軸有力ですが、紐穴でハンデが減り内枠得意のショウナンバーキン、サンマルホームにワイド。

◆以前次走注意で記載した馬の出走
・姫路特別
テイエムチューハイ
・阪神7R
ワンダーレアリサス

◆メイショウ
先述のように有力馬はそれなりにいますが、こける馬も多そうなので、中京12Rの2頭出しを狙います。
※他Rで好走馬が連発していたら取りやめも視野に入れます。

◆共同馬主又は軽量馬に騎乗する騎手
前出の逆瀬川S以外の狙い馬はフリーMに記載します。(大穴で確率が低いので注意です)


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在12月3日(日)AM3時10分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
いよいよ師走競馬に突入です。
中山、阪神とも開幕週で馬場は良好そうですが、特に中山は前回から内側に移動してのAコースで、グリーンベルトがあるので芝は先行馬や内枠の馬に注意です。

◆ステイヤーズS
強い馬がはっきりしていて少頭数、しかもアルバート以外はそれぞれ馬主2頭出しと、紐穴もむずかしそうなレースですが、強いていえばプロレタリアトの単複を少々買って見物したいレースです。

◆チャレンジC
3歳馬がどうかですが、秋天、菊花賞は本格的な不良馬場で、JCでも秋天組はことごとく凡走、キタサンも最後に失速とやはりそうれなりにダメージがあるようです。ここは思い切って切りたいところですが、ブレスジャーニーは賞金を加算したのが2歳時のみでここは来春やクラス替え後をにらんで賞金加算が必須です。また早熟でなければ重賞でもクラシックで活躍した馬を破っての2連勝で、叩き2戦目ということも考えれば、ここは勝負がかりと考えます。
メンバーが手薄なこのレースに照準を合わせた可能性が高く人気ですが押さえたいところです。

あとはこちらも実力のわりに賞金加算ができないモンドインテロ、ここは凡走が許されない状況だと思います。

穴ではレッドソロモンと重で好走しましたが、以前とは変わってきた印象のメドウラークに注目です。

上記4頭で人気薄を絡めたワイドで買いたいと思っています。

◆メイショウ
メイショウの松本氏が今週地元開催で大挙出走します。全部買うと破産しそうなくらい出走するので絞りたいところですが、特に買いたい馬はフリーMに記載します。

◆森泰人騎手
先週の吉原騎手に続き地方の第一線級の騎手が騎乗します。ただ今週は本来乗りにきた、ミスマンマミーアで勝負がかりと考えています。人気ですが中心で。

◆共同馬主
まずシルクがステイヤーズS,チャレンジCとも出走ですが人気サイドです。
広尾は日曜日が勝負とみました。
土曜日で面白そうなのはヒダカBです。狙い馬はフリーMに記載します。

◆チャンピオンズC展望
史上稀にみる混戦になりそうです。
個人的に注目している木原厩舎のテイエムジンソクは今回もグリーンCの番組では従来どおりの控えめなコメントでした。
今までのパターンでは、これは「狙ってるな」という感じです。
思い切ってこの馬の大駆け(人気ですが)にかけて、軸にするのもいいかもしれません。

ただ個人的には穴から入るので、穴というか人気以外では現段階では、モルトベーネ、ロンドンタウン、グレンツェント、ゴールドドリーム、カフジテイクに注目しています。

今回はほとんどの馬にチャンスがありそうです。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在12月2日(土)AM4時20分くらいです。

↑このページのトップヘ