競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

2018年02月

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
◆中山記念
ご存知の通り以前は種牡馬の登竜門といわれたレースですが、近年は国内外の中距離の大レースの登竜門的色彩が強くなっているという印象です。このレースを足がかりにして名馬へと多くの馬が名を挙げています。ただ注意したいのは以前と違いあくまでもここメイチではないケースが多くなっていると考えています。
特に開幕週の中山の1800ということで、コース形態、展開がかなりの鍵を握ると考えています。いずれにしても先行馬と内枠の馬には注意です。

展望で書いたとおりの見解は基本は変わっていませんが、マイネル2頭、特にハニー、マルターズ、あとはコース巧者のサクラこのあたりがここメイチと見ます。それから先々の構想はわかりませんが、試験的に使ってきた感があるペルシアンナイトは人気ですがここは惨敗は許されない状況と考えます。

ということで、中心ペルシアン、紐でMハニー、マルターズ、サクラ、大穴でMサージュに絞込み馬券を買うつもりです。

◆阪急杯
ここは展望の通り、穴狙いでは実力をつけたムーンクレスト中心に考えます。また相手的には58キロですが実力上位のレッドファルクス、底を見せていないモズアスコットとカラクレナイに注意です。あと加えて枠順や条件的に恵まれたミッキーラブソングの激走にも期待です。まだトライアルなのでこのような馬も上位を狙えると考えます。ということで本線はムーンクレストから有力3頭に、あとミッキーからレッドとモズに少々という感じです。

◆小倉城特別
穴でワンダーアビルマンに注意です。単複とビッグレッドの2頭にワイドで。

◆周防灘特別
コース巧者のヤマニンマルキーザ、オフクヒメとローカル専門的色彩の強いブラックバードに注意で単とワイドB。
あとは前走数年ぶりに激走を見せあわや馬券に絡みそうになったキングクリチャン、あとは最内のヤマニンアタシャンに注意で単複を少々。

ー余談です・・ー
先週のG1は全くの大惨敗でした。やはり東京ダ1600の流れで内の先行馬が玉砕的に逃げでつぶれました。芝スタートの関係で外が有利との分析が多いですが、個人的にはスタート直後の合流点に殺到するために内枠の馬がポジション取りのために脚を使わざるを得ない、とうのが一番の理由と考えています。他の芝スタートで関西各場のダ1400はそこまで外は有利にならないと思っています。東京ダ1600はスタートして合流点付近で微妙にコースが曲がっているので、これも外枠にかぶされやすい原因なのではと思っています。

ただ条件戦などでは実力のない馬が多いため、意外に内の先行馬は残るケースも多く、今回のG1でも住み分けさえ出来れば昨年のニシケンモノノフのようにかなり粘り込めると思います。

若干というより思いっきり負け惜しみ気味ですが、今後もフェブラリーSに限定すれば内の先行馬に大穴の目があるという見解で、一般の見解を逆

手にとってまた穴を狙いたいと考えています、近年中に必ず先行残りの大穴が出ると信じて・・。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在2月25日(日)AM3時45分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
先週は結局インフルになり、さらに他にも同時に面倒くさい(個人的な話なのですが・・)ことが起きて、それらの影響もあり今週も簡単に。

先週以降気付いたことなどはフリーMに。

東スポでの爆笑・田中氏が「今度という今度こそはショウナン・・・」とありましたが、注目馬の内容はともかく、全く同感です。とことん来るまで、狙うのも一法です。見立てがあっていれば・・の話ですが。

ということで今週は昨年から田中氏以上にしつこく狙い続けている対象で・・。

柴田善騎手の軽量騎乗とクリノの馬のハンデ戦です。
おそらく今回くらいが騎手も馬も一杯一杯かもしれません。

◆アクアマリンS
クリノハッチャン、クリノコマチのクリノ両頭、柴田善騎手のシーズララバイに注目です。
人気がないので単複で。

◆仁川S
メイプルブラザー、スズカリバー、アスカノロマン、オールマンリバー、アドマイヤロケットに注意です。

◆富里特別
これは条件には嵌ってますがかなり難しいと思いますが、柴田善騎手のサンシロウで。単複。

◆日曜日注目馬
・中山記念
馬も調教師も引退のディサイファに注目です。
ただレース的にはビッグレッド多頭出しとG1馬3頭で、そのあたりが中心と考えます。
マルターズアポジーにも注意です。

・阪急杯
近走明らかに力を付けているムーンクレストに注目です。あとは路線変更のモーニン、前走の走りでカラクレナイに注意です。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在2月24日(土)AM8時48分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
昨日記載したとおりで、個人的事情に終始しますが、体調や他の新たな問題のため、最小限の内容での予想です。

◆フェブラリーS
昨日記載したとおりテイエム、ゴールドの両雄と穴でキングズ、ロンドンの両馬をあげましたが原則は変わっていません。
あと加えて大穴でニシケン、ノボは先行残りの注意が必要では?と思っています。
特にニシケンは前走、芝G1の色気か、他の馬の除外目的か、真の目的は不明ですが芝千二を使う変則ローテでの参戦です。
スタート直後が難しい東京ダ千六ですが、スタートを決めれば内枠は決してマイナスにならないうえ、昨年は坂上まで止まらず見ている人たちに「あわや・・」というかなりの見せ場を作った馬です。
今年はテイエム、ケイティ、逃げ宣言?のノボなど先行勢が複数いますが、どの馬も住み分け可能なタイプで無用な競り合いにはならないと考えています。
玉砕的な逃げを打たないかぎり先行残りには注意が必要です。また他の騎乗パターンはともかく先行のペース判断ではかなりしたたかな戦略が打てる横山典騎手の騎乗ということもひじょうに有利だと思っています。

羽生、宇野選手の金銀メダルの翌日にゴールドというのも話できすぎなので、
◎テイエムジンソク
○ロンドンタウン
▲ニシケンモノノフ
★ゴールドドリーム
△キングズガード
△ノボバカラ
△サンライズノヴァ
※買う馬券はフリーMで。

◆小倉大賞典
※詳細はフリーMに。
大外が気になりますがローカル重賞では上位の常連のクインズミラーグロ、人気ですが力つけたトリオンフ、あとは先行のウインガナドル、これもハンデ57キロにおさまったダッシングブレイズあたりに注意です。

またここで勝てばJRA平地最高齢重賞制覇がかかるヒットザターゲットの走りに注目です。
5年前にこのレースを制し、約3年ぶりにG3に参戦するということで、この先現役かどうかも不明ですが、ここは相当なメイチの勝負をかけてくると考えています。特に調教師もこの2月で引退です。

あと内枠に入ったサトノ2頭ですが、昇級の場合、端数ハンデがない区域だとどちらかに切り上げ切り下げにするのではと思いますが、両馬とも切り下げになっているのでは?と感じ内枠も含め注目です。

◆大和S
個人的な物差しで注目したい条件のヤマニンアンプリメ、コウエイエンブレム、メイソンジュニアが皆人気だったり、そこそこ穴人気でイマイチ面白くないので、これに加え、この馬も高齢ですが55キロのハンデになっている追い込みのナガラオリオンに注目です。もちろん展開や状況次第の馬ですが、嵌ればまとめて差し切るくらいの脚は持っていると考えます。

◆小倉9R
リーダース、キャノンストームに注目です。

◆京都4R障害戦
全く人気はありませんがグリーティングワンに注意です。前走休み明け太目で本来左回りコースと考えますが、今回も注意です。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在2月18日(日)AM6時くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
題名だけ立派ですが、風邪か、インフルかわかりませんが、発熱しているので今週は原則ほんちょっとのみです。
とりあえずお医者さんに行ってきます。


・ダイヤモンドS
リッジマン、トウシンモンステラ、ハッピーモーメントの各単複とワイドボックス

・京都牝馬S
ワンスインナムーンからミスエルテに。

・橿原S
モズワッショイの単複

・フェブラリーS展望
現段階ではキングスガード、ロンドンタウン、ゴールドドリーム、テイエムジンソクに注目しています。

話変わりますが、先週の競馬の映像などを見ていて、浜中騎手に今後注目してみたいと思います。
詳細はフリーMで。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在2月17日(土)AM4時35分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
悪くても若干は当たる日が続いていたのに、昨日は全くでした。
今日は反面教師に参考にしてください、という感じです。
特にレースでの対戦成績と騎手動向で予想した重賞のクイーンCは圧巻でした。
そのデータで嫌った馬がことごとく上位を独占しました。
いかに近走の成績があてにならないこと、またこの時期の若駒は潜在能力と成長力で馬がどんどん変わっているかを思い知らされました。ある意味今回上位に入った馬こそ、本当に成長して馬が大きく変わってきているのかもしれません。
今後も継続して重視する必要があるかもしれません。特に勝ったテトラドラクマ、3着のアルーシャは騎手の腕もあるかもしれませんが、かなり厳しいラップで先行してそのまま好時計で押し切るという、相当な能力を感じました。

他気が付いた馬はフリーMに記載します。

また春麗ジャンプSでは全く人気薄(なんでここまで不人気かとも思いましたが・・)、ミュートエアーが3着に入り穴をあけました。よくよく見るとこの馬和田正道厩舎の馬で、和田師は今年70歳、もしかしたら今年の引退調教師の一人?と思いました。くわしいルールや情報はわかりませんが、もしそうであればそろそろこのような厩舎は人気にかかわらずメイチで仕上げてくることが予想されます。注意が必要だと思いました。

今朝開催が発走時間変更で決まりましたが、当初の予想は雪や強風など悪天候の中でという前提のもので、今日はおそらく天候条件はレース中はほとんど回復すること、また馬場条件は逆に雪の水分を大量に含んだ状態でさらに悪化することが予想されます。

本来は全く白紙に戻すべきですが、予想事態がこの状態なので、あえて当初の予想のままにして買ってしまうことにします。

というか、この時間に更新していること自体、仕事など他の用事が詰まっている、という理由もありますが・・・。

◆門司S
逃げや先行の残り目でミキノグランプリ、アースコネクター、サンライズウィズに注意です。

◆壇ノ浦特別
スズカディープに注意です。

◆巌流島特別
マカレア、トウカイクローネに注意です。

◆小倉12R
藤田菜七子騎手騎乗のコリーナに注意です。ここは風の関係もあり内目の枠の先行差し有利とみました。また減量のうえ、休み明けが走るタイプで、前走多くは二桁着順で掲示板の馬も不在のメンバーでもあり人気の有無はわかりませんが上位入線のチャンスと考えます。

◆小倉8R
アグネスザルーツ、マイネルシュバリエ、クリデュクールに注意です。あと人気になりそうですが実力馬のデルマオギンは押さえたいところです。

◆小倉6R
デューズワイルズ、フォースフィールド、トロピカルストームに注意です。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在2月13日(火)AM8時15分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!

一部文脈がおかしい部分があり、予想内容の変化はありませんが、一部修正しました。(AM2時23分)
レース番号を2度にわたり記載を間違え、大変失礼しました。

京都記念のケントオーは直線向いた時に一瞬騎手のみならず馬券を買った私も夢を見ました。
ただ、手ごたえが・・・、というより、やはり相手が悪かったです。

通常は夜間発売を中止しても原則競馬が中止になることは少ないのですが、明日の小倉は中止の可能性は結構あるのでは?と考えています。低気圧による雪ではなく季節風と寒気によるものなので、コースがはずれるとか、気温が高いというケースは考えにくくそれなりに雪は降ると考えています。問題は時間帯と積もるかどうかです。

仮に開催されても強風と寒気、場合によっては雪の中で行われる可能性が強く、かなりの悪コンディションと考えます。小倉競馬場の立地から考えると西〜北西の強風が吹いた場合はスタートから正面直線は追い風、2角あたりから向う正面〜3角までが向い風気味で、4角からゴールまでが追い風になると考えます。
平均ペースでの前提ですが、1角近辺が登り坂があり、向う正面から下りがあるとすれば、捲りが利かなく、4角〜直線は前が止まらない可能性があります。つまり逃げずに先行して前に壁を作り4角あたりで一気に加速するという感じが風を効果的に使える乗り方ということかもしれません。また芝18やダ17など周回コースでは捲りや3角以降の追い上げが通常より難しくなる可能性があり、離して逃げると残る可能性も十分です。

要は短距離は逃げや外を周る追い上げは風圧でかなり不利があり、中長距離は離しての逃げや内目の先行に利があるのでは、と思います。

こんな色々考えていても、中止になる可能性も十分あるので、当日朝の状況を見るしかないかもしれません。

◆クイーンC
昨晩はキャロット3頭(しかも最内に2頭)、サンデー2頭で、どの馬もそれなりの実力馬であることからこの5頭と派手な勝ち方を見せたオハナの組み合わせで、と考えていました。(人気のマウレアは無視できませんが・・・)
私は実際に競馬関係の事情通ではないし、専門家でもないので明け3歳牝馬の多頭立てレースなど、他に検討材料がなく、安易に考えてしまいます。

ただ今回ある馬とレースを物差しにするという、地方競馬の予想屋のようなことができる対象があったので、それを手がかりにしてみたいと思います。

・対戦成績と実力は?
実力がどんどん変わる時期の牝馬で一概にはいえませんが、物差しはライレローズという馬です。
この馬新馬で今回人気のオハナとほぼ互角でした。今度はライレが勝ったレースで、今回全く人気のないマルターズルーメンという馬が3着で大きな差はありませんでした。

次にライレは重賞のフェアリーSに出走しました。トリッキーなコースですが基本的にあまり不利のない内目の枠でしたが7着と完敗でした。レースはど平均より若干遅めのペースでしたがこの馬の上がり3Fは34.9秒でした。

今回のレースに出ている馬でフェアリーSに出走していた馬を調べると、
・ライレローズ   7着、上がり34.9秒  24時現在単勝62倍
・レッドベルローズ 3着、上がり34.5秒  24時現在単勝13倍
・テトラドラクマ  6着 上がり35.2秒  24時現在単勝6倍
・ハトホル     4着 上がり34.4秒  24時現在単勝72倍

テトラは大外で当然不利はあったと思いますが、あくまでもクラシックなどのために賞金加算を狙いメイチで出走しているレースなので叩き台ではないと考えれば、単勝と成績がかなり食い違っていることに気が付きました。

またフェアリーS4着のハトホルはその前走で白菊賞で8着と完敗でしたが、このレースの勝ち馬はG1で2着のリリーノーブルでした。もちろん0.9秒差がつきましたが、このレースは平均より若干遅めのペースで位置取りの差が大きく、リリーとハトホルの上がりの差は0.3秒でした。

・騎手の動向
これも私は事情通ではないので勝手な推測の域を出ませんが、次に騎手の動向です。
内目の2番のキャロットの馬は福永騎手で勝ったのに、福永騎手が当日遠征してきているのに騎乗馬はレッドベルローズです。また北村宏騎手は新馬勝ちで出走のアトムアストレアに騎乗せずライレローズに騎乗です。前出で前走1番人気のテトラに騎乗の石橋脩騎手は前出のオハナに騎乗です。
※もちろん抽選落ちの馬もいるので、正確な情報は知る由もありませんが・・・。

以上の内容から、サンデーRの2頭出、G13着マウレアとこの馬と赤松賞でほぼ互角で今回内目1番に入ったキャロットのナラトゥリス、そして前述のフェアリーS出走馬で人気がないのに大きな差がなさそうなレッドベルローズと大穴になりますがハトホル、ライレローズを候補として考えたいと思います。

というわけで、
◎マウレア
○ハトホル
▲レッドベルローズ
★ナラトゥリス
△アルーシャ
△ソシアルクラブ
△ライレローズ

ということになりました。
買う馬券ははフリーMで。

◆門司S
逃げや先行の残り目でミキノグランプリ、アースコネクター、サンライズウィズに注意です。
買う馬券はフリーMで。

◆雲雀S
昨晩の展望のとおり人気どころはロワアブソリュー、レインボーフラッグ、マテンロウハピネス、シーズララバイに注意です。
買う馬券はフリーMで。

◆テレビ山梨杯
ブリガアルタに注意です。

◆春麗ジャンプS
プレジールシチーに注意です。

◆東京12R
ポップアップスターとディアコンチェルトのワイド1点で。

◆壇ノ浦特別
スズカディープに注意です。

◆巌流島特別
マカレア、トウカイクローネに注意です。

◆小倉12R
藤田菜七子騎手騎乗のコリーナに注意です。ここは風の関係もあり内目の枠の先行差し有利とみました。また減量のうえ、休み明けが走るタイプで、前走多くは二桁着順で掲示板の馬も不在のメンバーでもあり人気の有無はわかりませんが上位入線のチャンスと考えます。

◆東京6R
モリトユウブに注意です。

◆東京3R
アルジに注意です。

◆小倉8R
アグネスザルーツ、マイネルシュバリエ、クリデュクールに注意です。あと人気になりそうですが実力馬のデルマオギンは押さえたいところです。
買う馬券はフリーMで。

◆小倉6R
デューズワイルズ、フォースフィールド、トロピカルストームに注意です。
買う馬券はフリーMで。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在2月12日(月)AM1時39分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
すみません、時間が迫っていますが、またレース名を間違えました。

「★東京5R新馬
ゴールドクロスに注意です。」

と書きましたが、正しくは

「★東京R新馬
ゴールドクロスに注意です。」

でした。

失礼しました。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
そういえば先週の東京新聞杯は5頭出走の4歳馬のうち4頭が掲示板に載りました。
(残念ながら私が注目のカデナのみ沈みました・・)
ということで4歳馬のレベルの高さと年初から早めの勝負気配は相当なものかもしれません。
今日も琵琶湖特別で1・2着、洛陽Sもサトノアーサーが道悪の中で快勝、58キロのアメリカズカップも僅差の4着でした。当面は4歳馬に注意です。(1000万クラス以上は特に)

昨晩も触れましたが金沢の吉原寛人騎手が東京で多数騎乗です。ただ吉原騎手は以前は関東で騎乗の時は関西ほどは上位入線が多くありませんでした。これはもしかしたら関東では強い馬への騎乗依頼が少ないという可能性もあるのでは?と思います。また東京競馬場は地方競馬の競馬場とはかなり状況がちがい、少し乗りにくいのかもしれません。ただ今後中央入りを目指すのであれば克服する必要があり、ここは人気の有無にかかわらずベストの騎乗をして勝負をかけてくると思っています。人気薄でも注意です。

それから藤田菜七子騎手が小倉→東京→小倉というハードスケジュールでの騎乗となります。
目的はわかりませんし、勝てそうな成績の馬もいませんが、こちらも注意です。

◆日曜日予想
※重賞は常識的に考えたら固い決着になりそうですが、穴予想家までがこぞって本命予想になっていたので、それではつまらないので思い切って穴馬を無理やりさがしました。あまり参考にされないほうがと思います。また仮に多少参考にした時も、決して大枚をつぎ込まないでください、と一応お願いします。
★京都記念
昨日の展望で述べたとおりですが、他2頭にコメントを入れます。
・ミッキーロケット
賞金加算がしたいのではと考え4歳馬ではありませんが昨晩名前だけあげましたが、使い続けている目的があるのでは?ということと、たまに凡走しますが少なくとも京都とは相性がいいようできわめて堅実で今まで掲示板をはずしていません。また比較的コース形態の似た函館でも連をはずしていません。今回人気もないのでかなり注意と思います。
・ケントオー
他の馬場掃除の常連?とちがい単に出走手当目的ではない可能性があると思っています。というのも道悪も苦にしないうえに京都や阪神のマイルは比較的得意のはずなのに洛陽Sではなくこちらに出走してきたということです。かなり難しいとは思いますが、他の強い馬が休み明けの叩き台で一部が凡走した場合、この頭数なら当初から3〜5着狙いのレースをする可能性もありと思ったからです。また適鞍?とも思える洛陽Sはオープンでは珍しくそこそこのメンバーがそろい3着以下に沈む可能性もあります。また注目すべきはこの馬、ここ3走相手が違いますがすべて2千を使っていてしかも着差も僅差です。経済コースをうまく立ち回り、なだれこんで3着なら可能性ありと感じています。

というわけで、昨晩と一部予想を変えます。
◎ミッキーロケット
○レイデオロ
▲クリンチャー
★クロコスミア
△ケントオー(大穴低確率注意)
△アルアイン
△モズカッチャン
※穴狙いなので馬券は印どおりには買いません。フリーMで。

★共同通信杯
こちらも一部予想を変えます。
◎オウケンムーン
○ステイフーリッシュ
▲ゴーフォザサミット
★グレイル
△アメリカンワールド
△コスモイグナーツ(大穴低確率注意)
△ブラゾンダムール(大穴低確率注意)
※穴狙いなので馬券は印どおりには買いません。フリーMで。

★バレンタインS
吉原騎手騎乗のブラゾンドゥリスに注意です。
理由はフリーMで。

★初音S
比較的人気ですがヒストリアに注目しています。新馬戦の返し馬のときに他の馬よりひときわバネを感じるキャンターを見せていました。今回勝つかどうかはわかりませんが、いずれはオープン入りして重賞を勝てる器では?と思っています。

★京都12R
大穴でアバンサル(低確率注意)、中穴でテイエムグッドマンに注意です。相手はメイショウの2頭で。

★東京7R
スーパーブレイクに注意です。
理由はフリーMで。

★東京6R
エンパイアカラーに注意です。
先行馬が比較的少なく、コース形態、馬場状態からも内目の枠で有利と考えます。

★東京5R新馬
ゴールドクロスに注意です。

◆月曜日の重賞他展望
★クイーンC
前走強さを見せたオハナはまともに走れば相当強そうです。キャロットとサンデーRが多頭出しで、このあたりが馬券に絡んできそうです。あとは阪神JF組で上位のマウレアに加え、8着でしたが個人的見解ではけっこう健闘したソシアルクラブに注意です。

★門司S
サンライズウィズ、ベストセラーアスク、アースコネクター、アスターゴールドあたりに注目しています。
狙いどころはフリーMで。

★雲雀S
レインボーフラッグ、マテンロウハピネス、ロワアブソリュー、シーズララバイあたりに注目しています。
狙いどころはフリーMで。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在2月11日(日)AM0時05分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
今帰宅したら、気付きました。

昨晩の記事内で、
「背振山特別および小倉6R
小倉8Rとともにこのレースはビッグレッドの多頭出しです。どちらかは馬券に絡むとみてビッグレッドの馬を中心に狙います。詳細と買う馬券はフリーMで。」

と書きましたが、正しくは

「背振山特別および小倉6R
小倉Rとともにこのレースはビッグレッドの多頭出しです。どちらかは馬券に絡むとみてビッグレッドの馬を中心に狙います。詳細と買う馬券はフリーMで。」

でした。
表題は間違っていませんでしたが、説明文が8Rのままでした。大変失礼しました。

というのも1番のパラノーマルが3着に入ったようなので、馬券に絡んでいました。
フリーMは馬名も入っていて、レース番号も間違っていませんでした。
※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在2月10日(土)13時15分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
3日間の変則開催です。天候はご存知の通りの豪雪、極寒のあとに気温上昇と雨が降りそうです。そして日曜日後半からは日本海側がまた寒さと雪になりそうです。

問題は土曜日の京都の雨はいつごろから降るのかと、月曜日の小倉開催は雪予報で大丈夫か?ということです。期間中めちゃくちゃな強風が吹く感じではないようです。

また今週からムーア騎手が来日です。また日曜日には金沢の吉原寛人騎手も関東で騎乗です。吉原騎手は関東は相性が悪く今回は何か目的があると思います。

それから騎手の動向では、変則のため長距離移動の騎手が多くなりますが、浜中騎手は京都→東京→小倉とかなりハードな移動で、現段階では東京が勝負?と考えています。

◆土曜日予想
・洛陽S
道悪巧者が集結しました。登録以前の段階から狙っていたのでしょうか?京都の雨は午後からになりそうで、馬場が悪化するタイミングが難しそうです。ただ昨秋からの経緯もあり、馬場はかなりの荒れ馬場になっているので少しの雨でも悪化が進みそうなのでパンパンの良馬場での能力とは違う結果になりそうです。
またマイルでの目標レースや、来年からの4歳馬の降格がなくなることを考えると、これまでの流れどおり今年の4歳馬は早め早めの賞金加算をしたいところで、4歳馬には注意です。

天候状態もありますが現段階では上記の理由などからカワキタエンカ、キョウヘイ、オートクレール、グァンチャーレに注目しています。詳細と買う馬券はフリーMで。

・琵琶湖特別
ララエクラテールに注意です。

・こぶし賞
トラヴェスーラに注意です。

・帆柱山特別
小倉は土曜は開幕週と雨の影響で先行馬、内枠が圧倒的に有利と個人的に考えています。
ビットレート、スナークスカイ、ロジベスト、サウンドテーブル、エルカミーノレアルに注目です。

・背振山特別および小倉6R
小倉8Rとともにこのレースはビッグレッドの多頭出しです。どちらかは馬券に絡むとみてビッグレッドの馬を中心に狙います。詳細と買う馬券はフリーMで。

・小倉12R
メイショウの両頭、特にメイショウイッポンに注意です。

・あすなろ賞
先週きさらぎ賞で穴で○を付けたオーデットエールが連闘で出走です。走法からも雨で道悪になれば注意です。

・京都8R
かなり難しいかもしれませんが、連闘で出走のワイルドグラスに注意です。

・京都6R新馬
個人馬主2頭出し、しかも内目の枠でキクノの2頭に注意です。

・京都5R
アサナギ、リバプールタウンに注意です。

・京都4R障害
かなり確率が低そうですがトウキョウタフガイを大穴で狙います。

・京都3R
ノーブルキッスに注意です。

・京都1R
イチザティアラ、タマモオテンバに注意です。

◆日曜日重賞展望
・京都記念
格の高いレースですが、今年も馬場の悪化が気になります。ただ雨の影響は日曜日の午後はそれなりに回復しそうです。
またG1にはかなり期間が空いていて強い順にゴールとはなかなかいかないようです。それから冒頭の洛陽Sのところでも述べましたが4歳馬は牝馬は無条件でハイレベル、牡馬も中長距離はレベルが高いうえ、賞金制度の問題もあり、どんどん勝負をかけてきそうです。
まずは能力上位のレイデオロは休み明けとはいえここは中心と考えます。賞金的にミッキーロケット、クリンチャーはどちらも勝負がかりとみました。馬場の悪化があまり問題なさそうなモズカッチャン、クロコスミア、ディアドラも上位候補と考えます。現段階の本命候補はフリーMで。

・共同通信杯
近年はクラシックや古馬になってからの中長距離G1で活躍する馬を毎年輩出してきましたが、今年はホープフルSのG1昇格やクラシック大本命馬が間隔を空けてきたせいか、かなり小粒なメンバーという印象です。
また土曜日夜〜日曜日朝にかけて雨予報で馬場の完全な回復は難しいのではと思っています。
人気どころのほかに内枠のサトノソルタス、アメリカンワールド、コスモイグナーツあたりに穴で注目しています。現段階の穴馬候補はフリーMで。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在2月10日(土)AM1時45分くらいです。

↑このページのトップヘ