競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子
(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。


本当の一番の狙いは「全くの人気薄・・例えば複勝10倍以上など」を仕留めることです。

現在「タウンクリニックドットコム」というサイトをやりながら「時代文化ネット」というサイトを構築中です。何か連絡のある方はメニューバー「ご連絡用フォーム」ボタンからメールでの連絡をお願いします。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 競馬ブログへ


2018年04月

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
展望に書きましたが、昨晩忘れた分です。
◆晩春S
晩春S
人気系ではレインボーフラッグ、穴ではシーズララバイに注意です。超大穴では前々走中京の定量戦(訂正AM11:15)で意外な好走を見せたクリノコマチに注意です。クリノの短距離ハンデ戦の馬たちは個人的見解で根拠はありませんが、多分今春〜夏シーズンが引退前の大勝負と考えます。

馬券はシーズとクリノコマチのそれぞれの単複少々ずつとレインボーから両馬にワイドを。

クリノは追っかけで特に低確率です。ご注意を・・。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
※大穴や超大穴狙い(複を少々)と記載している馬は継続的に狙っている馬でピンポイントではなかなか馬券に絡まないタイプの馬で、確率的にはかなり低いのを承知で個人的に狙っていますので、くれぐれもご注意ください。

G1シーズンたけなわですが、何故か忙しく日曜日もピンポイントで控えめに。
青葉賞など今までの重賞を見るかぎりスプリングS、ゆきやなぎ賞出走馬には注意が必要と感じました。
◆天皇賞・春
展望と大きく見解は変わっていませんが、追い切りなどの動きを見るとトーセンバジルという馬が意外に調子もよさそうだし、長距離のレースでは凡走も少なく、侮れないことに気付きました。ただ普通に考えれば固い決着の可能性が高くヤマカツ、シホウは個人的な趣味での大穴狙いなのでご承知置きください。本当はカレンミロティックと迷いましたがさすがに10歳馬であり、ここは逃げ宣言もありヤマカツに印をまわしました。
◎トーセンバジル
外枠が同かですが、島川氏の馬は春天2着2回で、今度こその可能性もあり、今回はメンバー的にも一発の可能性あり。
○アルバート
ローテーションから今年は特に警戒
▲シュヴァルグラン
ご存知の実力馬で上位候補
★クリンチャー
堅実なタイプで、前走の様子から上積みもありそうで上位は堅そう
△ヤマカツライデン
ローテーションと阪神大賞典の感じからここメイチの可能性あり
△レインボーライン
トライアルが強い勝ち方ですが権利取りでメイチの可能性もあり過信は禁物
△ガンコ
底を見せていないので余力に警戒
注シホウ
超大穴で複ほんの少々

◆谷川岳S
トウショウの2頭出しが上位に絡むと考えています。他ではトラスト、アポロ、タガノブルグあたりが上位候補と考えます。

◆端午S
メイショウの4頭出しが中心になりそうですが、どれも条件でムラがあり意外に難しい感じです。中ではメイショウラビエが一番安定しているのではと考えています。この馬からMオーパス本線で、あとはワイドで他のメイショウに。

◆新潟7R
このコースはなぜか走るスノードーナツに注意です。

◆京都5R
ウォルビスベイに注意です。

◆東京3R
穴でフチコマに注意です。複とクレバージェットとのワイドで。

◆東京2R
穴でユーロジャイズに注意です。相手本線はショウナンカルロとショウナンマボロシのショウナン勢ですが、人気のラスティユースとキルロードも押さえたいところです。

◆京都2R
ホクセツに注意です。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在4月29日(日)AM3時35分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
追記:青葉賞では穴っぽいところではカフジバンガードに注意と思っています。(4月28日AM8時55分ころ)

※大穴や超大穴狙い(複を少々)と記載している馬は継続的に狙っている馬でピンポイントではなかなか馬券に絡まないタイプの馬で、確率的にはかなり低いのを承知で個人的に狙っていますので、くれぐれもご注意ください。

先週は話にならずでした。
早いですが連休も忙しく早めにアップです。
当面は反面教師にして頂いたほうがいいかもしれません。

◆青葉賞
馬同士の戦いとダービーでの上位入線を目指すレースという印象がありますが、今年は厩舎同士の戦いであり、また目指すは海外G1というイメージも加わりそうです。
というのも藤沢和厩舎、友道厩舎という協力厩舎が2頭出しで、さらにはダービー制覇を目指す音無厩舎の馬も出走です。
特に藤沢和厩舎は昨年念願のダービーを制覇、これからは秋や春の海外の大レースに照準を合わせているのでは?と個人的には感じているからです。ここで勝ち負けになるかはともかくどこか早めに賞金加算をしておきたい素質馬が揃いました。
◎スーパーフェザー
○ダノンマジェスティ
▲オブセッション
★ゴーフォザサミット
△エタリオウ
△ディープインラブ
△サトノソルタス

◆京都12R
前走さっぱりだったメイショウの3頭出しです。ここは巻き返しがありそうで注意です。各々単複で。

◆日曜日展望
・天皇賞・春
現段階での見解です。
ローテーション的にここに照準を合わせてきている長距離馬に注目ですが、特に出入りが激しい上比較的緩みのない厳しいレースになった感のある阪神大賞典組には特に注意です。
そんな中でゴール前後の脚色からクリンチャー、ヤマカツライデンには特に注意です。ヤマカツは比較的形状の似ている函館で好走歴があるうえ、長距離も得意、阪神大賞典に加え大阪杯も使いここに出走というウルトラハードローテーションでの出走で、明らかに今後のことなど考えずにここメイチの勝負と見ました。ハンデキャッパーの評価も低く、実績もありませんが離して逃げる近走の流れからスムーズに先行できればかなり面白いのでは?と考えています。他の人気どころシュヴァルグラン、アルバートもここ照準は明らかで押さえざるを得ないと考えます。また先行して渋太く芝の長距離では底を見せていないガンコも確実に押さえたいところです。あとはありえない感じもありますが前走仕掛けたのに大きく崩れなかったシホウもスタミナ戦は望むところで超大穴で3着に飛び込んでくる可能性がわずかにあるのでは?と感じています。

・晩春S
人気系ではレインボーフラッグ、穴ではシーズララバイに注意です。超大穴では前々走中京の定量戦で意外な好走を見せたクリノコマチに注意です。クリノの短距離ハンデ戦の馬たちは個人的見解で根拠はありませんが、多分今春〜夏シーズンが引退前の大勝負と考えます。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在4月27日(日)PM3時57分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
土曜日は一部人気どころが的中したものの赤字でした。
日曜も引き続き他の用事も山積みのため、レースは多いですが見物料程度を先に買って控えめに。
◆フローラS
ほぼ土曜日の展望のとおりですが、トーセンブレスが抜きん出た上がりとはいえフラワーC出走馬には注意です。内枠の有力馬にも注意です。
◎サラキア
○ノーブルカリナン
▲サトノワルキューレ
★レッドベルローズ
△ファストライフ
△ウアスベニノキミ
△ハイヒール(POG登録馬)

◆マイラーズC
こちらもほぼ展望どおりにします。
◎ダッシングブレイズ
○モズアスコット
▲ヤングマンパワー
★エアスピネル
△ロジクライ
△ムーンクレスト
△カデナ

◆福島中央テレビ杯
エルカミーノレアルとショウナンアエラに注目です。
大穴候補はカレン、ジェイラー、ウィズアットレースで。(各々複少々)

◆桃山特別
クラウンシャインとタガノグルナに注意です。
大穴候補はタガノヴェローナで。(複少々)

◆比良山特別
ハンデが1キロ増えましたが、渋太くスタミナがあるプティットクルールに注意です。

◆燧ケ岳特別
ラッシュアワーに注意です。

◆京都12R
12月23日のレース以降穴を出しているブロンズテーラー、ゼットマックイーンが出走ですが今回はそこそこ人気で両馬の馬券は見送り、穴でタガノサーモンを狙います。

◆東京8R
マジカルウインドに注意です。

◆東京7R
サトノキングダムとミッキーロイヤルのワイドを買います。

◆京都8R
大穴でスズカウルトラに注意です。(複少々)

◆京都5R
テーオーフォースとタガノタイトのワイドとテーオールチアの複勝。

◆福島9R
アクアリオに注意です。

◆福島(訂正4月22日AM2時48分)
連闘のギンゴーに注目です。あとはこの条件ならシゲルヒョウに注意です。ギンゴーの単勝と両馬のワイド。

◆福島4R
ビーハグに注意です。

◆京都3R
メイショウメイホウに注意です。

※大穴や超大穴狙い(複を少々)と記載している馬は継続的に狙っている馬でピンポイントではなかなか馬券に絡まないタイプの馬で、確率的にはかなり低いのを承知で個人的に狙っていますので、くれぐれもご注意ください。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在4月22日(日)AM2時20分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
※大穴や超大穴狙い(複を少々)と記載している馬は継続的に狙っている馬でピンポイントではなかなか馬券に絡まないタイプの馬で、確率的にはかなり低いのを承知で個人的に狙っていますので、くれぐれもご注意ください。

今週末からGW一杯まで作業や用事がたまってしまい、当面は簡単に。
東京は例年同様Aコースで内がグリーンベルトになると考えています。

◆福島牝馬S
目標と思われるG1のヴィクトリアマイルは昨年2着なのに今年は賞金不足の問題の可能性のあるデンコウアンジュが再度蛯名騎手が福島に遠征して出走です。ここは確実に賞金加算を狙ってくると個人的には考えています。
相手は穴でこちらも賞金加算を狙うブラックオニキスに注目で、あとは人気ですがカワキタエンカ、トーセンビクトリー、ワンブレスアウェイあたりで。ブラックから人気にも流したいところです。

◆オアシスS
内枠がどうかですが、穴ではタガノディグオに注意です。あとはドリームキラリに注目です。この馬はいずれ重賞でも今より好走する地力があると感じています。また人気のサンライズノヴァも押さえざるを得ないと思います。
あと超大穴ですがタムロミラクルとトラキチシャチョウの2頭には状態次第ですが今回は注意が必要と考えています。(複を少々程度)

◆彦根S
内枠有利のコースもありスカイパッションとスマートグレイスに注目しています。
またここは一部ずつと大穴で追っかけている馬が揃って出走です。クリノハッチャン、トシザキミ、テイエムゲッタドン、メイショウスイヅキ、メイショウブイダンです。(複を少々程度)
見たところ抜けた馬も不在、強豪ぞろいのレースというふうにも見えないので3着あたりに突っ込んでくる可能性はあると考えています。

◆府中S
ショウナンマルシェとマイネルラフレシアに注意です。

◆東京12R
レインボーラヴラヴに注目です。あと超大穴になりますがラブターボ、トロピカルガーデンの両馬(特にラブターボ)に注意です。(複を少々程度)

◆京都7R
プロキシマに注意です。

◆日曜日重賞展望
・フローラS
個人的にはPOGに登録していて距離延長で前走見せ場たっぷりだったハイヒールを応援しています。
実際の予想的には現段階ではサラキア、ノーブルカリナン、レッドベルローズあたりを狙おうと考えています。

・マイラーズC
現段階ではダッシングブレイズに注目しています。またG2メイチ狙いでヤングマンパワーを狙おうと思っています。
また安定しているエアスピネル、サングレーザー、モズアスコットあたりを押さえで考えています。あと穴ではガリバルディ、ムーンクレストに注意と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在4月21日(土)AM4時30分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
追記馬名記載間違い修正しました4月18日

まずご覧の方は承知と思いますが、前回記載の中で皐月のダービー優先出走権は今年から5着までになったようで、情報が古くてすみませんでした。
後で述べますが、結局連の馬券はワイド9点に絞込み買いました。
予想の段階では外しもいいところで穴が出るレースは確実に取らなければいけないスタンスなのでまた修行のやり直しです。

また天皇賞・春の最終登録馬が発表されました。強い馬もいますがなんともさみしいメンバーという印象です。
これも以前大阪杯から春天に向かうだろうと勝手な憶測で書いた馬が安田記念経由や宝塚直行、海外レース出走などに向かうようで、多様化したのは馬にとってはいいのかもしれませんが、やはり長距離のレースが敬遠されている流れがさらに強くなった感があります。これは世界的な傾向なのでしょう。
それから先週の桜花賞は予想以上にアーモンドアイの強さが際立ちました。他ではリリーノーブルとトーセンブレスがさらに力をつけてきていると感じました。オークスでは要注意だと思っています。

それにしても皐月賞は大レースとしてはきわめて珍しい展開になりました。今までの大逃レースの中でもひじょうに複雑なパターンだと感じます。長年競馬を見ていますがあまり似たレースを憶えていません。
強いてざっくり言えば、原型は典型的な2頭逃げで、原則は前残りのパターンになりました。ただ今回は馬場状態が思ったほど回復せず、さらにその中でやはりコース形状の関係もあるのかややハイペースになったので、前は残りましたが勝ち負けには加われませんでした。

某有識者のブログの予想通り一般生産馬の逃げグループにノーザンの逃げ馬が強引に絡み事実上3頭逃げになりましたが、前の2頭が予想以上に離したこと、馬場が追い込みに向かない状態だったこと、また2頭が予想以上に渋太くスピードがあったことなどから4角で反対にノーザンの馬が競り落とされ、さらに一番力とスタミナ上位のジェネラレウーノジェネラーレウーノが坂上までスピードが落ちず、好位にいた2頭以外は手も足も出なかった、とうのが本当のところではないでしょうか。

となれば実力馬に騎乗していたのは一流外人ジョッキーなどですから、その段階でターゲットは5着以内とすぐ切り替えたのでは?と感じました。勝負付けが済んでからすごい脚で突っ込んできたのはそのせいでは、と思います。

そういう意味ではサンリヴァルは先週土曜日の展望でも触れましたが、賞金を早めに加算し、その後の臨戦過程を考えれば当初からこのレースを視野に入れていたのかもしれません。(ということはよほど能力が高くなければダービーは若干割引ということになりますが・・)、そして3着のジェネラルも同様かなと思いますが、この馬はまだ奥がありそうな感じなのと、勝った戸崎騎手とともに田辺騎手の好騎乗もあると思います。ちなみに戸崎騎手は嵌ると人気の有無にかかわらずすごい騎乗をして皆をビックリさせますが、たまに圧倒的人気でもコケルという印象もあり一流どころの中ではすごく取捨が難しいと個人的には感じています。

ダービーでは当然前代稀に見るイレギュラーな皐月賞のレースを度外視して上位4〜7着の馬が再度人気になるのではと思いますが、個人的な見解では1・2着の馬ももちろん見限れませんが、展開的には3着のジェネラーレウーノには要注意と感じました。一番厳しいレースを強いられ、スピード、スタミナとも十分と感じ、自在性なども考えると侮れないのでは?と思いました。逆に有力馬は殆どがこの馬より後から行くので、ゴールまでにこの馬を交わせるか?というのが個人的な焦点であると感じています。田辺騎手は大レースでの度胸もあるので期待したいところです。

・馬券は?
今回も言い訳がましくなりますが、結論から言うと予想は完全に外れたのに一部的中してしまいました。

その経緯は、
注目した逃げ馬はあまりに人気がないので連には入れず単複のみ(複中心)で買い、印をまわした中で次に人気薄のサンリヴァル、ジェネラーレの2頭を軸にして有力の2,3番にフォーメーション、およびサンリヴァルージェネラーレのワイドと考え5点買おうと思いました。
ところが馬連では対象馬は3着の可能性も大で、今度はワイドだと配当がイマイチということで色々考えました。
そこで馬券は当初の予定通りワイドにするかわりに相手の有力馬サイドに配当妙味といいうことでステルヴィオとエポカドーロを加えてフォーメーションは2×4の8点にしてしまいました。
何とそれが逆に幸いしたというのが実際です。正直1点でも引っかかればというふうに思っていたので、自分自身この結果には驚いています。

たまたま結果的にワイドは3点とも的中ということになりましたが、そもそも印を厚くした穴馬や人気の印上位馬はすべて撃沈で、予想もほぼ完敗ということでした。

レースから数日後に知人のX氏と別件での電話のついでに皐月の話になりましたが、彼は三連複を特券以上でGETしたそうです。最初から焦点が合っていたのではないかと思います。さすがです。

さて今週末から春のG1本番の東京・京都開催ですが、東京は冬の開催からとは一変、ラチ沿いがグリーンベルトになる芝Aコースになるはずです。特に内枠と先行有利の2000で行われるフローラSは昨年のように人気はともかく実力とスピードのある馬が内枠に入ると、騎手がペース判断を誤らなければ、まず馬券に絡む可能性大と考えています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在4月17日(火)PM5時35分くらいです

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
公私共にバタバタして遅れました。
土曜日の予想はサッパリでハシカミ以外は全くでした。人気でしたがヨシオが準オープンを勝ち上がったのは良かったです。
ただ昨日の記載でレース名を下総を上総と間違えました。
今朝早くまでは本格的な雨でしたが、午後は各地回復しそうで一番気がかりだった強風もおさまりそうです。問題は馬場の回復度合いですが、メインレースの時間帯は本格的な道悪ではなさそうです。

◆皐月賞
皐月賞は桜花賞とともにこの後にさらに格の高いレースが控えています。そのレースの出走権は馬券圏外である4着にも与えられます。私たちファンと陣営には微妙な温度差があるということになります。
また本当に強い馬はどんなレースでも勝ち負けになると思いますが、そこまでのレベルでない場合は当然ダービーをピークにしたいはずです。また賞金が足りていない馬は勝ち負けに行って惨敗するよりはダービーに出走するという狙いで3〜4着狙いに出る可能性もあります。特に共同馬主や広告塔になる母体の場合は、皐月とダービーではレース格は一緒でも世間の注目の度合いが天と地ほど違うので、ここはその辺も考慮が必要と考えます。

あとはコース的にスピードと器用さが要求されるので、前述の湿った若干時計のかかる馬場に加えて検討が必要と考えます。
今回は混戦で絞りづらいので、穴馬を2〜3頭、皐月狙いっぽい有力馬を3頭くらい上げて連を少々と考えます。

穴馬は展望と若干変えます。3〜4着狙いで2〜3着に食い込む可能性を期待します。一応単複(複中心)で。
ということでアイトーン、ケイティクレバー、マイネルファンロンを狙います。特にマイネルは賞金的に足りていないので好走しなければダービーに出走が難しいということ、同じコースの重で完勝していることなどからメイチ勝負と考えます。

有力系ではローテーション的にジャンダルムはここメイチと考えます。またワグネリアンは本格的に強い可能性がありダービー狙いであってもここも好走の可能性大と考えます。それから他の穴等も注目していますが展望どおりサンリヴァルには注意です。
他も面白そうな上今後も有望な馬が沢山いますが、馬券を買う場合あまり大量に買ってはずすと損する(当たり前ですが・・)ので連は控えめにしたいと思います。

◎ジャンダルム
○ワグネリアン
▲マイネルファンロン
★サンリヴァル
△アイトーン
△ケイティクレバー
△ジェネラーレウーノ

◆アンタレスS
展望どおりロンドンタウン、トップディーヴォ、メイショウウタゲ、アスカノロマンに注目です。

◆千種川特別
キングクリチャン、ビーカーリー、ユアスイスイ
◆袖ヶ浦特別
トロピカルガーデン、オーバースペック、ショウナンアヴィド
◆京葉S
キタサンサジン
◆福島民報杯
ケントオー、アダムバローズ、ショウナンバッハ

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在4月15日(日)AM9時10分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
中山10R上総Sに以前から注目のヨシオが出走です。人気なので特に挙げませんが、距離延長が効を奏しいずれはオープンでも面白そうだと思っているので注目です。今週は雨と強風に注意です。

◆中山GJ
注目の2頭が出走ですが、穴で過去3着の経験のあるメイショウアラワシに注意です。

◆アーリントンC
ラセットに注意です。

◆利根川特別
比較的人気ではエンパイアステート、穴ではハシカミに注意です。

◆陽春S
前走から注目しているシゲルコングに注意でそろそろ一発ありそうだと思っています。

◆中山7R
プリンセスタイムに注意です。

◆阪神8R
マイアフェクションに注意です。

◆阪神7R
昨年POGに指名した馬ですが、ユノディエールに注意です。

◆日曜日展望
・皐月賞
雨や強風がレース前後まであると予想されていましたが、少し早まりレースの時間帯は回復しそうなのと雨も当初の予想よりは少なそうで、先行した馬が残る可能性十分と考えます。あと例年とちがいそこそこのタイミングで出走の可否の賞金の見当がついた感じがします。
現状では混戦ですが、大穴は考えにくいという予想が大半です。
現段階ですが、ここは意外に厳しいレースになった若葉Sの上位馬であるアイトーン、ダブルシャープを穴で注目しています。あとここに照準を合わせてきた感が強いサンリヴァルには注意です。もちろん人気どころは押さえざるを得ませんが・・。

・アンタレスS
現段階では今度こそのロンドンタウン、あとはトップディーヴォに注意です。穴ではメイショウウタゲ、アスカノロマンに注意です。

※日曜日の他レースの注目馬はフリーMで。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在4月14日(土)AM1時55分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
レース名で春雷Sを千葉Sと書いてしまいました。訂正します。AM11:05

土曜日はかろうじてニュージーランドT他で少々的中がありましたが、ほぼほぼ完敗でした。
阪神牝馬がスローになり期待していた差し馬の出番はまったくありませんでした。
そんな展開でリスグラシューの強さと、ニュージーランドTで大外を周った一部の馬の強さが目を引きました。
まだ3歳なのでこれから活躍の場があるかも、と思いました。

日曜日は桜花賞ですが、収録などがありバタバタで、さらに勝ってもいないのでかなり控えめに・・
特に一番期待していた阪神最終のテイエムの1頭がスタートでゲートに膠着して、絶望的な状態になり・・、がっかりでした。ちゃんと出ても難しかった感じもありましたが、せめて直線向くところまでは小さな夢を見たいものですが。

◆桜花賞
ラッキーライラックがどうなのか?というところで8対2くらいで無風決着というのが巷の予想のようです。
ただ3着も含め相手が荒れる可能性は大、だと見ています。
展望のとおり、素質に期待でアーモンドアイを応援していますが、ラッキーも押さえるつもりです。

穴はやはり予定通り、トーセンブレスを筆頭にリバティハイツ、ハーレムライン、そしてあとはプリモシーン、スカーレットカラー、アマルフィコーストに注意と思いました。

印が回らないので全く人気のないスカーレットは印をはずして複勝少々だけということにしたいと思います。

千葉S春雷S(訂正4月8日AM11:05)
今年になってからの短距離戦を見るかぎり近年はメンバーが手薄なシルクロードS出走馬の次走以降の好走が目立ちます。
また今回ビッグレッドが変則的に多頭出しをしてきましたが、通常のパターンとちがい今回は勝負がかりのような気がします。ということでマイネルバールマン、ウインソワレ、セカンドテーブル、アレスバローズの4頭に注目です。

◆梅田S
まったく人気がありませんがドラゴンシュバリエを大穴で狙います。順当ならテルペリオン、クリノリトミシュルが中心で、実力的にはストロングバローズも足りている感じです。ドラゴン単複と3頭にワイド、あとはストロングから人気2頭に馬連

で買いたいと思います。

◆阪神6R
穴でスノードリーム、スズカチャレンジの各々の単複とエーデルワイスから両馬にワイド。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在4月8日(日)AM1時55分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
ドバイや大阪杯、日経賞などを見るかぎり中山記念出走馬の好走が目立ちます。もとから日程的な部分や、中山千八はスタートしてから1コーナーが近いために見た目よりも緩みのないレースになるケースが多いなど、昔はG2では最高格で種牡馬の登竜門などといわれた過去とはまた違った形でのハイレベルメンバーがそろうレースになりつつあるようです。ただ後々期待できるのは上位馬ではなく、G1級の実力馬で叩き台に使い凡走した馬ということですが・・・

◆ニュージーランドT
外枠ですがケイアイノーテックはここは凡走が許されない状況で、他はカツジ、ラムセスバローズあたりかなと思いますが、穴ではコスモイグナーツ、ゴールドギアに注意です。


◆阪神牝馬S
かつては牝馬のG1以外では最高格のレースという印象でした。府中牝馬Sが昇格して若干影が薄れましたが、その流れは健在と見てここメイチの馬と賞金加算の馬の勝負という印象です。
ここメイチ系の筆頭はリスグラシューと考えます。現状G1ではわずかに足りない、勝ちに行っても、脚をためても2〜3着という難しい馬と思っています。安定性から上位は確実と思いますが、頭というより軸にという感じで考えます。
あとは賞金加算系でジュールポレール、ラビットラン、そして穴ですがデンコウアンジュには特に注意です。
他ではミリッサ、エテルナミノルも上位候補で注意が必要と思います。

◆ひめさゆり賞
トーセンウィナー、トーセンクリーガーに注意です。

◆中山12R
ウエスタンボルトに注意です。

◆阪神12R
メイショウが2頭出し、テイエムが3頭出しで、実力もそこそこなので馬券に絡む可能性大と考えます。特に休み明けがどうかですがメイショウエイコウはデビュー戦の芝のレース以外のダート戦はすべて馬券に絡んでいてまだ底を見せていません。
メイショウエイコウからテイエム3頭に流すというのが一番効率がよさそうな感じです。

◆福島7R
ブルベアカラシナに注意です。

◆福島6R
カルトデュモンドに注意です。

◆福島3R
比較的人気どころではライムチャン、あといつも追っかけているクリノヴィクトリア、それから穴でワンダーラストという馬が面白そうです。

◆桜花賞展望
サンデー、社台RHが各3頭出し、東京ホース、シルクが各2頭出し、キャロット、G1レーシング、吉田氏が各1頭と18頭のうち名義だけでも社台系生産馬主が多くを占め、個人馬主の馬で他系生産馬はマウレアとスカーレットカラーだけという今の競馬界を象徴するようなレースになりました。
実力的にははっきり勝負付けが済んでいるように思えますが、3歳牝馬であり、よほど抜けた存在でなければ人気4頭以外も十分に上位を狙えると考えます。
まず人気どころは今後の展開も考えまだ使い込んでいないアーモンドアイを上位に考えます。あとはラッキーライラックも人気ですが押さえざるを得ないと思います。
ただあとは穴で狙います。
筆頭は前走で本格化の兆しを見せてきたトーセンブレス、あとはハーレムライン、リバティライン、アマルフィコーストあたりまでと現段階では考えています。

ランキングラベル貼るのを忘れました。
※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在4月7日(土)2時50分くらいです。

↑このページのトップヘ