競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子
(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。


本当の一番の狙いは「全くの人気薄・・例えば複勝10倍以上など」を仕留めることです。

現在「タウンクリニックドットコム」というサイトをやりながら「時代文化ネット」というサイトを構築中です。何か連絡のある方はメニューバー「ご連絡用フォーム」ボタンからメールでの連絡をお願いします。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 競馬ブログへ


2018年10月

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
※AM4時40分くらいまでに内容は変えていませんが若干文章を整備しました。

土曜日のアルテミスSは不発でした。ただ勝った馬だけでなくこのレースに出走した馬の一部は今後も面白そうです。今後それなりに活躍する馬を量産するのでは?と思いました。

全般もですが特に重賞は不発続きですが、また長々と下記に予想を書きます。
天皇賞はある種、有馬やダービーと並んでお祭りなので、ああでもない、こうでもない、と色々考えるのが楽しいのかもしれませんね。

参考にする方は、もちろん反面教師にしてのほうが賢明と思います。

◆天皇賞秋
ここは秋の中距離G1初戦ということで、叩いた馬で先々活躍する条件があるかないか、という部分でもこのレースで勝負をかけているかどうかを考えてみたいと思いました。ただまともに考えると穴はもちろん、大穴など考えにくいメンバーなので馬券を印どおりに買うかすらも迷っています。いっそ目をつけた穴馬の単複と◎とのワイド程度に絞って見物に徹してもいいのかも、と考えています。
・今後のスケジュール
近年は秋天→JC→有馬という公式はなくなりつつあり、狙いを絞り込んでの出走が多いと感じています。ここで問題になるのは暮れの香港です。ここにどういう登録をしているかが先日発表されました。あとは来春の大レースですが秋天を本格的に狙うタイプは当然ドバイと大阪杯がかぶります。そう考えるとここか香港でメイチ勝負してあとは来春の2レースしか敵鞍がなくなります。下記にもありますが半年以内で海外2回遠征はきついので香港は登録だけという馬もいると考えています。というよりそんなに沢山の出走枠があるかどうかも疑問です。そうなると2千前後がベストの馬は仮に香港に登録があってもここメイチの可能性もあります。
ただ休み明けの馬や、一部のタフな馬はマイルCSにも出走可能なのでここは注意と思っています。

★秋天出走馬の香港予備登録
ヴィブロス 第一希望マイル、第二希望2000
ステファノス 2000のみ
サングレーザー 第一希望2000、第二希望マイル
マカヒキ 第一希望2000、第二希望2400
ブラックムーン 第一希望マイル、第二希望2000

というふうになっています。香港は12月のレースであり、ここを本格的に狙っているケースは秋天でピークにするとかなり無理がありそうです。ここが休み明けくらいでちょうどいい感じでは?と思います。また香港の馬場は日本とは違い時計がかかり、さらにいえば秋天とは違い右回りです。また香港で激走した場合は春のドバイを目指す場合は馬には再度の検疫など大きな負担がかかる可能性が高く、ドバイで実績のある馬は実際には出走しないでドバイに絞り込む可能性もあるのでは?と思っています。

そのように考えるともとから香港には登録さえしていない秋天出走馬の有力どころで、欲をいえば1回叩いていたり、ここをゴールに使ってきた馬のほうがさらに勝負気配は濃厚と考えています。

さて上記の条件も含めた個人的私見による可能性ありの各馬のコメントです。
・ステファノス
内枠有利で実績もあり穴で注意ですが紐までか?
・ブラックムーン
大穴ですが人気にかかわらず地力があり注意ですが、休み明けもありよくても入着級で複少々。
・ヴィブロス
陣営から伝わってくるのはマイル〜1800がベストと考えている?と感じます。圏内とは思いますが紐まで。
・レイデオロ
過去のレースは原則2200〜2400で勝負がかりの印象で、もちろん地力は高そうですが過信は禁物と感じました。こちらも香港は登録なく本当の狙いはJC?
・スワーヴリチャード
休み明けが気になりますが左回り、特に東京巧者で、安田出走などを考えるとJCよりここの適性の方が高いと考えている可能性があると思いました。アルゼンチンは相手関係や56キロのハンデ、賞金加算が必須だったことでの出走と考えます。勝ち切るかどうかはわかりませんが香港登録もなく有力。
・マカヒキ
香港登録では2千→24千の順で有力ですが、ムラがあり負ける時は惨敗もありそうです。
・アルアイン
香港登録なく、この先敵鞍もなく、賞金や実績も加算したいはずです。叩いてここ勝負の可能性高いと考えます。問題は東京コースがどうか?
・ダンビュライト
長距離馬に思えますが、意外に2千を繰り返し使っていて2千〜22千あたりが向いていると陣営が考えている感じです。地力が疑問ですが先行するとかなり渋太く、香港登録もなく賞金加算も必須で、Bコース変わり、少頭数のレースということも考えると人気薄ですが注意です。
・サングレーザー
前走通り福永騎手騎乗であればさらにここもと思いましたが、それを上回るモレイラ騎乗で経緯は不明ですが、もしモレイラ騎手確保プラス彼を他の馬に乗せない、ということが目的であれば、勝った騎手からの乗り替わりでは異例ですが、かなり注意です。香港は2千→マイル登録ですが、短距離からの距離変更もあり、ローテーションはもちろん考えているとは思いますが、目先のレース1戦ごとに全力勝負と思いました。有力です。
・キセキ
穴狙いのターゲットになっている感じです。ただ前走は復活しての休み明けではないので叩き台というような余裕があったかは疑問で自体が勝負がかりだった可能性もあると思っています。であれば若干割引です。菊花賞は長距離で超荒れ馬場、ダービー上位馬不在で過信は禁物と思います。
・ミッキーロケット
宝塚や近々の実績で長距離の印象が強いですが実はもとは2千前後でこその馬。ただ速い時計や東京がどうか?
・サクラアンプルール
前走はサマーチャンピオンがかかり、またここ最近の主戦・田辺騎手ではなく単にタイトルのために勝ちに行ったのか、戦略的に仕掛けたのかが難しいところです。もし後者であれば人気はありませんが上位の可能性十分というふうに考えています、

◎軸アルアイン
○スワーヴリチャード
▲サングレーザー
★レイデオロ
△サクラアンプルール
△ヴィブロス
△ダンビュライト

馬券は◎から人気に馬連、穴にはワイドで。

◆カシオペアS
プリメラアスールがすんなり先行できれば今回は注意と思っています。

◆ルミエールAD
穴では内枠がどうかですが前回1400をハイペースで逃げたウインソワレに注意です。それから裸同然の軽量で連闘するジュリーハーツ、ノルマンディ系の2頭、アペルトゥーラ、ナインテイルズに注意です。またこれはかなり難しい可能性がありますが前走は惜しくも馬券に絡みませんでしたが見せ場があった9歳馬のシベリアンスパーブも少々買いたいと思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月28日(日)AM3時59分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
土曜日の天候で馬場状態が若干悪化する可能性がありそうです。
そういえば再度秋華賞の話ですが直線のゴール前の脚色が抜けていたアーモンドアイとほぼ同じ脚色だった馬がカンタービレでした。もちろん同じ実力があるかはわかりませんが、今後G1でも好走の可能性十分と感じました。

あと先週土曜日の京都8Rで人気薄で快勝したプティットクルールですが、今までのあと一息のレース振りから一皮向けた印象です。着差以上に強い勝ち方と感じました。上のクラスのハンデ戦では馬券に絡みましたが、定量戦ではもうワンパンチ足りない感じでした。まだ4歳で成長する可能性を考えれば長距離戦では今後期待できそうです。田中健騎手と相性がよく、1000万でも馬券に絡んだこともありハンデ戦などで斤量が軽い時は特に注意と思います。

◆スワンS
メンバー的に叩き台とはいえモズアスコットは凡走が許されないパターンと考えますが、以前もメンバーのレベルに関係なく取りこぼしもあるという印象もあり他の馬が勝つ可能性も十分です。またモズが上位でも人気薄が絡む可能性も十分と思います。
もとよりメンバーだけでなく、レース自体のレベルも高い可能性があるセントウルSで好走したコウエイタケルに注意です。また賞金加算が必須なうえ事前入厩したロードクエストにも注意です。さらに追い切りなどの様子も含めべステンダンク、コース形状が比較的似ている函館で好走歴の多いデアレガーロあたりまで注目しています。

◆アルテミスS
岩田騎手は今週美浦で追い切りでアフランシールにも騎乗しました。来週のJBCに絡んでの東上の可能性もありますが、この馬のための可能性もあります。実力的にも面白そうなので注目です、あとデビュー戦のレース振りからトスアップにも注意です。他の有力馬に比べて地味ですが潜在能力は引けを取らないと思っています。あとは人気ですが衝撃的な強い勝ち方をしたグレイシアは押さえざるを得ないと思っています。


◆国立特別
前回の51キロ騎乗では寸前に馬が出走取り消しとなり、「ひょっとしたら減量失敗?」と思わせた武豊騎手の久しぶりの51キロ騎乗のプリュス、軽量のエスターテあたりに注目しています。

◆岩船特別
真偽や本当の目的は不明ですが今週美浦での追い切りに騎乗馬ではないのですが、Gチャンネルの追い切りの映像では栗東の菱田騎手が参加していたようです。一週前の可能性もありますが、今週は新潟、京都の騎乗で一部美浦の馬にも騎乗があります。その中で軽量の関東馬で将来的にも面白そうなジョブックコメンに注目です。

◆東京12R
武藤騎手が前走騎乗で今回も減量のリーガルオフィス、今回武藤騎手が減量騎乗のラインアストリアに注意です。

◆超大穴注意馬
ほぼ難しいと思いますので話半分ということで、あまり参考にしないでください。
・京都1R
チョウヤバイ
・京都2R
スーペルゴラッソ

◆天皇賞秋展望
普通に考えたら強力な馬に一流騎手、さらに日曜日は馬場が悪化する可能性も少なく、Bコース替わりで、少頭数とまぎれる可能性がきわめて少ない形になりました。一部目的は不明ですが難しそうな馬を除けば有力馬の戦いの可能性が強いと思っています。
ただローテーションや前走のレース振り、当地での実績、あとはトリッキーなコースなので枠順も含めて考えれば、穴ではステファノス、サクラアンプルールあたりは面白そうと考えています。あとこれはかなり難しいと思いますがJBCのニシケンの追い切りで栗東遠征したと思われる横山典騎手が追い切りに騎乗したブラックムーンも実は地力があり注意です。特に昨秋のマイルCSでは全くの人気薄でしたがゴール前では見せ場たっぷりの豪脚を披露しました。距離も守備範囲内ではないかと思っています。
また今回は比較的人気がないアルアイン、サングレーザーも一回叩いていて今後のスケジュールやレース条件的にもここはメイチ勝負の可能性が高く注意と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月27日(土)AM4時18分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
土曜日は一部は的中がありましたが、メインが全くの不発でした。
富士Sにいたってはあのメンバーですから当然かもしれませんが、すべてかすりもしませんでした。
今回の上位のメンバーはマイルCSでもそこそこ人気になりそうですが、仮にケイアイノーテックが出走してきたら中心に買おうと思っています。毎日王冠のゴール前後の脚色は個人的には相当インパクトがありました。
あと東京の新馬で勝ったタニノミッションは相当強い可能性があると感じました。

そういえばアーモンドアイのぬいぐるみが急遽G1当日に販売になり、あわてて買いましたが、直後に即一旦売り切れになったようです。オークスを勝って久しく、相当待たされたところで秋華賞当日に突然売り出したのです。

また雑誌「優駿」も秋華賞直前に3冠を取らないと括弧がつかないような大々的な特集号を発売したようです。
もちろんアーモンドアイは実力的に抜けた存在ではありますが、先を読んだような前述の諸々の内容には若干違和感を感じましたが・・。

キタサン内枠問題以来のちょっとした違和感でした。

日曜日は用事で終日忙しいうえに残高問題もあり今から決め打ちで少々だけ買います。
そうです。ごたくを並べている場合ではありません。

菊花賞も今年の牡馬のレベルから考えると、とんでもない予想になっている可能性が強い、とは思いますが、このまま突入して少々だけ(せこいですが・・)買います。

ちなみに今日見たテレビやメディアの予想で私の注目穴馬に印を打っている方は殆ど皆無でした。
皆さんも気をつけてください。

◆菊花賞
やはり基本は予定通りにします。
◎ブラストワンピース
○オウケンムーン
▲ジェネラーレウーノ
★グレイル
△コズミックフォース
△エタリオウ
△メイショウテッコン

※馬券は買ってしまいました。(少々だけ、リアルタイムでは見れませんが見物料?程度・・・)
◎から○▲★にワイド
▲★ワイド
○オウケン単複、△コズミック複

◆ブラジルC
コスモカナディアンを中心に考えています。左回り、長距離ダートが大丈夫そうなうえ、前走のハンデ決定時から思っていましたが、ハンデ設定はプロが行うので当然適正ではあると思いますが、陣営の出走の組み立てがうまいのか55キロ止まりです。同じ角度で考えると事実上同じ馬主系のマイネルオフィールにも同様の印象があり注意です。あとは多少人気になるかもしれませんがグレイトパールをもう一度狙おうと考えています。

◆大山崎特別
何走かに1回は穴をあけ、前走も穴で注目したけれど残念ながらあと一歩だったブロンズテーラーに再度注意と思います。ただこの馬勝ってしまうと上のクラスで通用するか疑問なところもあり、もう7歳なので仮に近々にJRAの競走馬としては区切りをつけている期限があるのであれば、当然勝ちに行く可能性もあると考えられます。この馬は脚を貯めれば、嵌れば突き抜ける脚もあると思っています。

相手では10Rも多頭出しなので微妙ですが、12Rもメイショウが3頭出しです。
特に12Rは最内に先行馬、外枠に自在な馬がいて、さらに2番枠に実力はともかくもう一頭メイショウがいて少なくともこの馬は最内の先行馬にとっては味方でありサポートできなくても妨害はありえません。
他の出走馬からするとおそらくレースを組み立てにくい状態ではないかと想像しています。

つまりメイショウがレースの主導権を取れる可能性もあるのでは?と想像しています。
ここは人気はありませんがメイショウが上位に絡んでくる可能性はあると思います。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月20日(土)PM10時33分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
今日の競馬と直接関係ありませんが、秋華賞を勝ったアーモンドアイの次走はどうやらジャパンCになるような雲行きのようです。となると、ルメール騎手が騎乗であれば恵量である53キロになるので絞らなければならないということになるはずです。
ということはJC出走、ルメール騎乗であれば3歳にして今年最大の大勝負ということになりそうです。
巷ではアーモンドアイに勝った唯一の馬、ニシノウララが話題になっています。もちろんこの馬も先行力、末脚ともに見所がありそうで面白そうな存在ですが、Nウララが京王杯2歳Sに出走する時に陣営が「ファンタジーSと比べメンバーの比較的手薄なこちらを選んだ」的なコメントをしていました。
もちろんまだ2歳で当時の早熟な馬の実力の評価ではあると思いますが、そのファンタジーSの上位馬はその後はそんなに大きく目立つことはありませんでしたが、ここ最近をみると結構活躍を始めています。ファンタジーSは比較的スローに流れたので末脚の目立った馬の実力が高いと思っていましたが、1着のベルーガは先週休み明けの信越Sで3着になりました。ファンタジーS3着のアマルフィコーストは夏の函館準オープンを2着・3着に、5着のモズスーパーフレアはオープン入りして先週のオパールSで3着に入りました。
どの馬もまだ伸びしろがありそうで、このあたりもあわせて注目です。

◆富士S
重賞勝ち馬が10頭以上、昨秋のマイルCSの1・2着が出走とG3とは思えない豪華なメンバーになりました。
ただ本番をひかえ多くが休み明け、また斤量も重い馬もいて評価通りに順位が決まるとは思えない感じです。
連で責めるとひじょうに難解な感じなので、勝つかどうかはともかく勝負ががかりそうな人気薄数頭を単複で狙い撃ちしたいと思います。

まずはヤングマンパワーです。このコースは大きく凡走することのない堅実な条件です。ここ2走は馬券には絡みませんでしたが見せ場はそこそこありました。ここでだめだと他ではもっと難しそうなのでここは少なくとも上位を狙ってくると考えます。

次はデンコウアンジュです。この馬は何より賞金加算に苦しみ続けています。G1で2着や重賞勝ちがありますがすべて降級で、ここぞという勝負レースも3着になりました。ただこのコースは前出のG1で2着したり、重賞を勝った舞台でこの馬もここで勝負をかけざるを得ないと思っています。

あとは2頭の地方馬です。特にハッピーグリンは今後のこの馬の路線を左右する重要なレースではないかと個人的に想像しています。またガリバルディは中央で重賞勝ちもあり、ハンデ評価も高くここは全く人気はありませんが、ここまで人気薄になる理由は地方に転出しての出走だからでは?と感じました。枠順も内目を進み脚をためられる1番になりました。少なくとも複勝少々くらいは押さえたいと思います。

◆室町S
人気ですが前走はハイペースでしたが先行勢で唯一見せ場をつくり、京都ではほぼ例外なく好走するブルミラコロに注目です。
あとは外枠になったコウエイエンブレム、実力馬キングズガードあたりで3頭のボックスで。

◆飛翼特別
このレースだけではありませんが、これから年末にかけて新潟、福島の裏開催が続きますが、ここを主な活躍の場とするミルファームの馬には人気にかかわらず注意したいと思っています。

ここもミルファームからコース得意の馬でスノードーナツ、アーヒラと2頭出走です。あとは大外に入ったジュリーハーツに注意と考えています。それからこれは個人的な趣味ですが超大穴でトロピカルガーデンの複を少々。


◆秋嶺S
リアンヴェリテ、ルッジェーロ、ダンツゴウユウに注目しています。

◆壬生特別
穴でパルティトゥーラに注目しています。

◆菊花賞展望PART2
当初の展望どおり本命系はブラストワンピース、穴ではオウケンムーン重視は変わっていません。あと追加でいえば穴でオウケンと同厩のコズミックフォースは今回オウケンよりさらに人気がないようで、国枝師から感じる勝負気配を考えると軽視されすぎのように感じます。前走もメイチの勝負でないのは明らかのように思えましたので、オウケンが不発の場合を考えこちらも押さえようかな、と現段階では思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月20日(土)AM11時31分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
菊花賞は日本でも数少ない3000メートル以上の平地レース(私の知るかぎり6レース)の一つで、いわゆる長距離適性が問われる部分が大きく、特に3歳馬はすべて初めてなのでやってみないとわからないレースと思っています。ただ近年は調教技術が進化して今まで活躍していた馬の地図が大きく変わることはなくなりました。
またここで勝ち負けになり、その後も活躍を続けた馬はほぼ例外なく名馬級の馬になっている、という印象があります。しかしその後鳴かず飛ばずの場合は逆にこのレースでの活躍がピークになりターフを去る馬が多いと感じています。このレースはそれだけ過酷なレースであると思っています。

それだけ消耗が大きく、ここで活躍するには心肺機能という、ある程度生まれ持った基礎的な素質が必要と考えています。
キタサンブラックのようにさらに猛調教で鍛え上げる馬もいて、馬の根本的な能力を見るにはひじょうにいい機会でもあると思っています。

今年の3歳牡馬はレベルが高いといわれていますが、一部の有力馬はやはりここを避けて、スケジュールを組んでいるようです。海外でも長距離のG1はきわめて少なく、有力外人の騎手にとっても関門のひとつなのかもしれません。

まずは近年はあまり参考になりませんし、個人的には殆ど知識もありませんが、血統、いわゆる遺伝子は大きな材料かもしれません。キタサンBの例もありますが・・、ただ母父バクシンオーはデビューからしばらくは中距離でも走っていたという記憶があります。

前置きが長くなりましたが、前日に結論を出すつもりですが、枠順だけ決まり午後から金曜日発売が行われる前の段階で大方の状況が判明した現段階での注目馬は、
本命系では
やはりブラストワーピースに注目さざるを得ません。池添騎手が前走に新潟記念の2週前くらいから繰り返し美浦に遠征して追い切りに騎乗していました。また彼はG1を勝つと断言していました。この馬でのことだと想像しています。
他エタリオウ、ジェネラーレウーノ、グレイルも紐として考えたいと思っています。
穴では個人的にはなんといってもオウケンムーンを中心に考えています。アーモンドアイ三冠で気分をよくしている国枝師が得意の事前入厩を行い、追い切りで北村宏騎手も栗東に遠征しました。ダービーを見るかぎり同厩のコズミックフォースも全く同様ですが、様々な要因を考えると私見ですがオウケンを上位にとりたいと考えています。

他穴で穴人気になりそうですがアフリカンゴールド、ユーキャンスマイル、先行のメイショウテッコンも注意が必要と考えています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月19日(金)AM10時38分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
※大穴や超大穴狙い(複を少々)と記載している馬は継続的に狙っている馬でピンポイントではなかなか馬券に絡まないタイプの馬で、確率的にはかなり低いのを承知で個人的に狙っていますので、くれぐれもご注意ください。

土曜日は重賞は時計も速く、ペースは速すぎで想定とはまったく違い完全に不発でした。ラインも結局ゴール前でつかまり3着と勝ちを期待していたので個人的には不発でした。G1デイですが状況から反面教師として参考にしたほうがいいかもしれません。

◆秋華賞
ほとんどの予想家や関係者が◎を他の穴馬にしても事実上はアーモンドアイでしょうがない、と感じているようです。
ただ外枠にどうしても逃げたい馬が入り、小回り、直線短く平坦、開幕間もない軽い馬場であり、またアーモンドは揉まれ強いのかがまだ不明です。地力では他を圧倒していと思うので、まだ能力に奥がありそうな馬、先行か内目を進む差し馬、など逆転でkる条件は限定されると思います。ここで浮上するのは騎手の手腕かもしれません。また展開とそのような位置取りであれ経済コースを進めるかが鍵のような気がします。あとは出走権をなるべく早めに確保できてここに照準を合わせてきたことも重要と思います。
特に賞金が足りているのにトライアルを使い、大負けしなかった馬(レース条件は違いますが過去でいえばホクトベのようなパターン)には人気にかかわらず注意と思います。
◎軸アーモンドアイ
○ゴージャスランチ
条件はクリアーしていませんが、いつも能力は高いのでは?と感じる馬で、いつか一発ありそうです。
▲ハーレムライン
賞金が足りているのにトライアルに出走して掲示板でした。新馬でRライラックに完敗ですが、秋になり馬体が大きく成長している可能性もあります。おそらく最低人気圏ですがAアイやRライラック以外とはそんな大きな差はない可能性もあります。中山マイルの内枠で勝っているのでごちゃつくのも大丈夫そうで注意です。
★サラキア
これもトライアルで浮上した馬ですが、能力もありそうで、京都の2000が向き沿そうと感じます。
△トーセンブレス
穴の指名が今回多いと感じました。柴田善騎手から乗り替わった藤岡祐騎手が関東までお追いきり遠征です。私見ですが動きがよく見えました。
△ランドネ
内で先行しそうで残る可能性十分と思います。
△パイオニハバイオ
フラットな馬ですが持久力勝負に強そうで展開次第ですが、内枠は有利そうです。柴田善騎手の動向もあり注意と思います。

◆信越S
トウショウの2頭に注意ですが、特にトウショウピスト、あとは地力も含めスターオブペルシャに、軽斤量馬ではアンフィトルテに注目と考えています。大穴ではウインソワレ、あとはこの条件ならアポロノシンザンに注意と思っています。大穴のウインは複少々で中心はトウショウP、スター、アンフィ、アポロで組み立て、トウショウDからもスター、アポロあたりには押さえたいと思っています。
あとは点数がかさむのでひかえたいところですがミュゼエイリアンは今回ハンデが恵まれているように思え気にはなっています。

◆オクトーバーS
一般オープンでは実力馬の両マイネルはともに58キロで、新進のアドマイヤアルバ、スティッフェリオが人気ですが、この2頭では4歳馬で来春賞金が減額するスティのほうが有力と思います。仮に買うとしたらスティからワイドで両マイネルに少々。
※スティは降級はもう終わっていました。失礼致しました。いずれにしても北海道でのレベルの高いレースを経験したということで先々期待している馬なのでこの馬を軸に買うつもりです。(PM0時40分)


◆神奈川新聞杯
グランドボヌールに注意で、仮に買うとしたらニシノウララ、ティルナノーグにワイド少々。

◆藤森S
まず難しいと思いますが、シルバードリームの複少々。まともに考えればヤマニンアンプリメが有力と思っています。

◆寺泊特別
これも難しいと思いますが、マイネルサイルーンとダイシンサクセスの複少々。中穴ではショウナンサスケは地力があり注意と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月14日(日)AM11時15分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
いよいよ秋のG1連戦が始まります。
あっという間に有馬記念になってしまう感がありますが・・。

◆府中牝馬S
賞金加算が必要な馬や一回叩いた馬を重視したいところです。
特に今年は夏後半から週中のみならず週末の天候も悪く馬場状態から若干時計がかかったほうがいい馬に注意と思っています。
◎クロコスミア
現状好走する条件がそろっている馬で地力もあり、昨年も好走していて注意です。
○ディアドラ
最終的な目標は不明ですが、一回叩いていることを考えればここは少なくとも上位を狙っていると考えます。
▲カワキタエンカ
賞金加算が必要と考え、スムーズに先行すると多少ペースが速くても簡単に崩れないので注意ですが、問題は東京コースがどうか。
★ソウルスターリング
復活を目指すのには一番いい条件です。
△リスグラシュー
△アドマイヤリード
△ジュールポレール

◆今週はいつも注目しているラインの馬に注意
中央競馬で現在大澤氏のラインの馬は12頭登録がありますが、今週は一挙5頭が出走です。通常多くても3頭くらいなので、個々最近はラインスピリットのG1での3着など活発な動きになっていることを考えれば、今週はどの馬も注意です。
・ラインカリーナ
プラタナス賞出走で、ここは先日すごい走りを見せたダイシンインディが出走のほか強敵ぞろいですが、デビュー戦では相当な能力を見せていてここでも一発の可能性十分です。
・ラインギャラント
新潟8R出走ですが開幕週もあり、枠順的にも注意です。

◆白秋S
ここは人気馬が順当と思いますし、定量戦なので狙いにくい条件ですが、いつも追っかけているキングクリチャンが出走です。すでに9歳ですが最近調子を上げてきている感じもありここも注意です。本来ハンデ戦での好走が目立ちますので順調に使えればの話ですが、次走以降に狙いがある可能性もありますが、ここは大穴狙いで複少々は押さえたいと思っています。

◆日曜日展望
・秋華賞
皆の注目はアーモンドアイの3冠達成に注目が集まっている感じで、私も同感です。
特別な馬と考えれば、現段階では相手の紐穴狙いで、と考えています。本来は京都内回りで開幕間もないことを考えれば内枠の馬か先行馬重視ですが、あまりこだわらずに考えます。
比較的人気ではまだまだ奥がありそうなサラキア、コース形態が似ている函館で好走したミッキーチャームに注目です。
穴ではゴージャスランチ、騎手の動向からパイオニアバイオ、あとは騎手が遠征で追い切りしてしかも動きがよく見えたトーセンブレスあたりに注目しています。

・信越S
穴党には勝負したい条件がならびました。現段階では特に注目はスターオブペルシャで、あとはトウショウの2頭(トウショウドラフタ、トウショウピスト)、あとはアンフィトリテ、ウインソワレに注目しています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月13日(土)AM5時55分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
凱旋門賞は上位2頭の強さが目立ちました。クリンチャーは残念でした。
比べるのは酷ですが、同じ距離の京都大賞典は強い馬は出るけど盛り上がりはなく、前哨戦、復活狙いとこの2頭の激突は見ごたえはありそうですが、あと一部は出走そのもが目的になっている感がありその温度差がその原因かもしれません。また現状この距離の層の薄さが際立っているのかもしれません。

毎日王冠のゴール前後の様子から、見た目はステルヴィオの脚色が目立ち今後も活躍が期待されますが、個人的な印象では次走はケイアイノーテック、キセキが面白そうだと思いました。

◆京都大賞典
ここは出走馬の中で追い切りなどで勝負する気があるのか?を計るしかありませんが、中でアルバートはモレイラ騎手が騎乗して追い切りました。もちろん休み明けや距離、開幕週であることなどの問題はありますが、モレイラ騎手は短期免許のうえ、来週は騎乗停止とここは毎日王冠に続き、もう一丁!、と狙ってくるとみました。あと大穴では仮に本気での出走なら距離延長でケントオー、またこの条件なら3着なら十分可能性がありそうなモンドインテロに注意が必要と思います。2強では不安定ですがサトノを上位に考えています。

◆グリーンチャンネルC
ハヤブサマカオーが速い逃げをうち有力差し馬で決着、というのが大方の見方のようですが、例によってここは逆に考えます。
特に東京1400は1600と違い、内枠などのスムーズな先行は残りやすく、特にハヤブサマカオーのブッ千切ったデビュー戦でみせた姿を考えれば、潜在能力は相当なものがありそうでここは注目です。
あとは内目の馬、ラインシュナイダー、タガノディグオ、モルトベーネはそれぞれみどころがありそうで今回は穴で注目です。それに人気ですがサンライズノヴァを加えて馬券を組み立てたいと考えています。

◆六社特別
昔府中に住んでいた時、府中の南口の繁華街の昔のさくらの焼肉屋の近くにたしか「六社堂」という書店がありました。勉強不足で意味はわかりませんが府中にゆかりのレース名だと思います。
前置きはさておき、期待の馬が数頭出走で穴の余地は少なそうですが、ハンデ戦なので少々買います。
穴馬は藤田菜七子騎手がこの距離をどう乗るかが問題ですが、ネイチャーレットに注目しています。他では左回りの長距離の方が持ち味が出そうなフェィズベロシティ、あとは超大穴で意外性でデルマサリーチャンあたりに注意です。

◆山中湖特別
ブラックオニキスが勝負がかりと考えます。

◆円山特別
まだ休み明けでどうかと思いますが、いつも人気薄で一発あるブロンズテーラーに穴で注目しています。このレースがどうかはわかりませんが順調に出走できれば来春までに一回は馬券に絡むのでは?と考えています。相手は実力あるタテヤマで。

◆南部杯
予定通り吉原騎手のノボバカラとルヴァンスレーヴへの連を狙いますが、ノンコノユメとオールブラッシュの馬券が途中色々な種類で一時売れていたようです。こちらの方が現実的かもしれません。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月8日(日)AM9時50分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
台風や雨はおおかた大丈夫そうです。ただ東京の午前中は若干風が強そうです。
土曜日は東京2Rでコスモハヤテが2着して穴をあけましたが、9月17日中山ダート1800(勝ち馬ダイシンインディー)に出走した馬でタイム差を見るとかなりありますがかなり強い勝ち馬を追いかけて消耗戦になり上位が大差になった部分もあり、レベル的にも高いと思っています。今後もこのレースの出走馬には注意と思っています。
また阪神12R4着のクリノカサットはスタート決めて、途中も先行、ゴール前も再度追い込む脚を見せました。次走以降注意と思います。

◆毎日王冠
秋天の前哨戦という印象が強そうですが、意外にも東京マイルのG1と大きくリンクしているのでは?と考えています。過去もここで好走した馬が軒並み東京マイルのG1で好走しています。あと3歳馬ではマイルG1の勝ち馬は逆にここでの好走例が多いという印象があります。3歳馬の問題は早熟かどうかで、成長性も重視ということでしょうか。それからこれが一番問題ですが賞金加算が必須かどうかとと休み明けとの兼ね合いだと思っています。できれば秋2走目の馬が本気度が高く、能力重視のレースですが思わぬ穴は大体このパターンかなと思っています。
◎サンマルティン
早い時計はのぞむところで、ここ出走は夏も休養にあてた?陣営の期待も考えれば穴の一発期待です。
○アエロリット
東京マイルG1で勝ち負けを繰り返し、騎手も加えればここは凡走が考えにくく、勝負と考えますが、賞金も十分で先に目標があると思うのでそこだけ気になります。
▲サウンズオブアース
私は素人目線ですが、今回追い切りで一番キビキビと走っていて以前の様子と変わっているように感じました。またローテーションを変えたのも札幌記念の好走だけでなく、京都は上位を狙うには荷が重い相手なので、という感じにもみえました。重賞初勝利を今度こそに期待で。問題は早い時計にどこまで対応できるかと思っています。
★ケイアイノーテック
前出の東京マイルG1勝ち馬であり、総合的な能力が高そうでまだまだ奥がありそうです。
△ステファノス
今回は地味ですが、本番は厳しそうなのと、今回のコンディションはこの馬にとって最適な条件が並んでいて、結果はともかく休み明けですがここは進退をかけて勝負せざるを得ない状況と考えます。
△ステルヴィオ
まだ能力の全貌がわからないつかみ所がない馬で圧勝から、大敗まで色々な可能性があると思っています。斤量的には有力馬の中では一番恵まれていると思っています。
△サトノアーサー
クラシックは鳴り物入りでしたが、やっと常識にかかってきた感じです。潜在能力から押さえざるを得いません。

ー日曜日の一般レースー
あとは結果はわかりませんが、出馬表で気になった馬をリストアップしました。
◆東京6R
※追い切り:ヴァンクールシルク
◆東京7R
ワンダープレジール
※連闘:ボールドスパルタン、ゴールデンタッチ
◆東京8R
ガチコ
※追い切り:ロードコメット
◆鷹巣山特別
ペルソナリテ、レッドヴェイロン、レッドアフレイム
◆テレビ静岡賞
ターゲリート
◆東京12R
ハシカミ、カネノイロ
◆京都6R
マルクデラポム
◆京都7R
ウインストラグル、クリノキング、クリノアントニヌス
◆京都8R
オースミベリル
※追い切り:バックドアルート
◆清滝特別
ミヤジユウダイ
◆オパールS
いずれにしても内枠・先行有利で、特に今年はアイビスSD→北九州記念→セントウルSの路線で出走した馬が好走している流れになっています。
穴ではアンヴァル、セカンドテーブル、ナリタスターワン
人気では
モズスーパーフレア、トゥラヴェスーラ、グレイトチャーター
◆京都12R
スノードルフィン

◆凱旋門賞
土曜は字を間違えましたが当初と変わらず、人気ではシーオブクラス、穴ではクロスオブスターズ、あとはムーア騎手の騎乗する3歳馬にも注意と思っています。

◆京都大賞典展望
土曜日の段階で軸はサトノダイヤモンド、穴はレッドジェノバと思っていましたがレッドはやはり穴人気のようです。むしろウインテンダネス、アルバートあたりを狙おうかと思っています。あと大穴でケントオーの複少々。

◆南部杯展望
土曜日と変わりませんが、配当妙味がなさそうなので本命はルヴァンスレーヴですが、馬券は昨年同じ吉原騎手で2着のノボバカラの一本釣りで行こうと考えています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月7日(日)AM9時39分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
今週は大きなレースが盛り沢山です。
今週も反面教師で活用してください。
騎手も東に西に大忙しです。また開催は東京、京都に変わりますが台風が日本海を通過する可能性が高く、雨は大丈夫にしても風の影響は受けそうです。6日午後の京都は南よりの風になりそうです。7日東京はまだ予測が難しいですがやはり南南西〜西の風が強まる可能性があります。横風の場合は風を受けない側で仕掛けずにじっとしているのが得策かもしれません。ただ6日の京都は開幕週、風の関係も考えると内枠の先行馬がかなり有利になるのでは?と考えています。いずれにして開幕週なので原則は内枠か先行馬を中心に考えたいと思っています。ただオーバーペースになる可能性もあり真逆の流れも多々あるのでは?と思っています。

◆サウジアラビアロイヤルC
サムシングジャスト、セグレドスペリオルに注目しています。

◆平城京S
モズアトラクションに注目です。

◆久多特別
カネトしブレス、ユアスイスイに注意です。

◆東京12R
スズカゼとハマヒルガオに注目です。

◆展望
現段階での私的な注目馬です。
・毎日王冠
3年連続続けていた京都大賞典からの秋の始動を札幌記念の走りで変更した初重賞制覇を目指すサウンズオブアースに注目しています。あとは地力は一線級と遜色がないと考えているサンマルティンに穴で注目です。

・京都大賞典
復活を目指すサトノダイヤモンドに人気でも注目ですが、穴では事前に栗東に入厩したレッドジェノバ、距離延びたほうが面白そうだと思っているケントオーの食い込みに注意と思っています。

・凱旋門賞
ショーオブクロスに注目しています。また前哨戦の前走の最後の直線の様子でクロスオブスターズに穴で注目しています。また日本のクリンチャーは意外に本番では好走の可能性ありと思っています。ただまともな展開になったら出番は難しいのでは?と思っています。

・南部杯
ルヴァンスレーブに期待ですが、穴で吉原騎手で昨年2着のノボジャックに注意と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月6日(日)AM11時30分くらいです。

↑このページのトップヘ