競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

2019年01月

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
日曜日はまた再び不発でした。
という理由だけではありませんが、サイト構築の関係で当ブログも内容的に単なる馬券予想日記だけではない形に改修します。改修というよりはテーマの増設という感じですが・・

「時代文化ネット」の他のサイト構築などもあり、当面は馬券はあまり買わないので、馬券はかなり控えめにするつもりです。予想して馬券を買うのは重賞を含め原則1日2レースで、重賞で買わないレースはプラスαでなんちゃって予想のつもりです。

ただ馬主、騎手、馬などの観察は従来どおり続けます。
またフリーMに記載している周辺の他の気付いたことなどは記載しますが、他のテーマの構築のアップ時は若干違う内容にするつもりです。

他テーマは「競馬コレクション」「過去の競馬的中例」とすでに一部記事掲載の「穴馬列伝」にしようと思っています。
途中で修正する可能性もありますが、原則この考え方で構築を進めていきたいと思います。

ご興味のある方は引き続きどうぞ。

順調に構築を進められれば、早ければ春のG1幕開け「スプリンターズS」に間に合えばいいと思っていますが、なるべく早めにいつもの更新にもどれればと思っています。

もしご覧いただいている方がいらっしゃいましたら、今後も引き続きよろしくお願いいたします。
「競馬を楽しむ」という観点でいろいろな観点から考えて、構築していきたいと思っています。

◆藤田菜七子騎手
先週今年の初勝利を挙げましたが、何と根岸Sを快勝したコパさんのコパノキッキングでG1に騎乗することが決まったようです。カペラSは手薄なジョッキーのせいか柴田大騎手で快勝、マーフィー騎手で根岸Sを快勝と勝っているのに次走は藤田菜七子騎手に・・という、騎手が順番に乗り替わるという珍しい流れになりそうです。またJRAとしても有名人の有力馬に人気女性騎手が騎乗するという、今までにないPRになりそうで、馬券の売り上げだけでなく、注目度のボルテージも上がりそうで一般メディアでも大いに話題になりそうです。

◆今週の展望
・中京スポーツ杯
以前から注目のトラインが登録してきました。除外はありませんので回避しなけば出走と思います。G1ホープフルSで競争中止、その影響があるのかないのか4月の出走も凡走でした。ところが休み明け7ヶ月ぶりの京都の芝1600でほぼ勝負付けが済んだ後内側をすごい脚で伸びてきた馬がいました。それがトラインでした。その段階でエンジンが違うな。という感じでしたが次の前走でもそんなに人気にはなりませんでした。
若干ペースが速かったとはいえ中京の尖がったコーナーの外を回り、直線だけで最後方からごぼう抜き、しかも見た目以上の楽勝にみえました。
今回はさすがに人気になると思いますが、前回と同じ条件でどこまで強さを見せられるか、注目です。
個人的にはオープン、いや重賞でも通用すると思っています。

・東京新聞杯
ロジクライ、ロードクエスト、サトノアレスなどそこそこのレベル古馬とタワーオブロンドン、レイエンダ、ジャンダルムなど昨年クラシックや3歳G1路線を賑わした馬が対決で楽しみなレースになりそうです。
ここはタワーオブロンドン、サトノアレス、レイエンダと藤沢和厩舎が3頭出しで注目です。過去も藤沢和厩舎多頭出しは多くはどの馬かが馬券に絡んでいて馬券の軸にできそうな面々です。先々の大レースのために賞金加算をしたいという出走と思っています。

穴では普段あまり馬券を買ったことがない馬ですが、ストーミーシーに注目しています。中山など小回り巧者というイメージがありますが、意外に東京でも好走しいています。また新潟も含めると左回りも意外に好成績です。また賞金などを考えるとこのレースで勝ち負けできるかはともかく、先々の大レースなど目標どおりの重賞レースに出走を続けるためには、この時期にできれば賞金加算をしたいと陣営も考えているのでは?と思います。
ローテーションもかなり時期を詰めて使い続けている感じで、そろそろ走りごろではないかと考えています。
もし出走してきたら今回は狙ってみたいと現段階では考えています。

・銀諦S
過去もこのコースで全く人気薄であわや(4着)、という走りを演じたマイネルエスパスが出走してきたら狙おうと思っています。しかもハンデ戦(前走から1キロ減で僅差負け)で、さらにいえば持ち時計もないので、あまり時計が速くならない今の時期にはぴったりという感じです。要は除外や回避など出走するかどうか?も問題だと思っています。多分全く人気にならないので単複で少々だけ買ってみようと現段階では思っています。ただムラう馬なので注意とも思っています。

今回は改修の件と展望でしたが、次回更新から随時前述のようにしていきます。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月28日(月)PM5時05分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
全くの不発ではありませんでしたが、他の事情もあり日曜日は重賞のみの予想で簡単に。
中京のレースで一部気付いたことをフリーMに記載しました。

◆根岸S
今国内のG1トライアルで事実上G2クラスのメンバーがそろうG3レースという印象です。以前秋の1200で行われテいた時と様変わりになっています。他にも個人的には阪急杯、平安S、武蔵野S、富士Sなども同様な感じだと考えています。
リステッド競争の設定前に重賞の格の見直しの方が急がれているように思いますが・・。
また関東で実施されるのに、何と関東馬は3頭のみ(うち地方転入馬が2頭)でしかも深夜現在12、14,16番人気でです。あとは関西馬12頭と地方馬1頭で有力馬はすべてその中にいると思われます。
東京の1400はマイルと違い内枠の先行馬はスムーズならかなり有利になる可能性もあると思っています。ポジション取りとペース配分の勝負になりそうです。
◎サトノファンタジーシー
岩田騎手の動向からここはメイチ勝負とみました。
○ケイアイノーテック
毎日王冠のときに余力十分に見えましたが、成長力の問題か、切れ味の問題か、いずれにしても昔のホクトベガやクロフネではありませんが、ダートで大化けする可能性ありと思います。試金石ですがこのタイミングで使うことは真剣勝負とみました。。
▲ユラノト
安定した実力があり本番では難しい可能性が高いと思いますが、ここは有力と思います。
★コパノキッキング
前走勝った柴田大騎手のにマーフィー騎手に乗り替わりですが、前走時は阪神JFと香港国際競争と同時のレースであり、また距離がどうなのか?という問題もありここは本番への試金石も兼ねているので、脚ならしではないと思っています。
△クインズサターン
ケイアイより賞金面で問題があり、チャンピオンズCでは除外対象だったというおぼえがあります。得意のコースで上位を狙ってきそうですがポジション取りが難しい枠で若干割引。
△サンライズノヴァ
東京しか走らないのでは?と思うほどの東京巧者という印象です。当然本番への叩き台と思いますが、8分仕上げ程度でもここで惨敗するようでは、と思います。まず掲示板には入るのでは?と思います。
△マテラスカイ
重賞でこのコース、距離で通用するかは走ってみないとわかりませんが、先行タイプなのに外枠がどうかですが、絡まれなければ鞍上が鞍上だけに残る可能性もありと思います。

※キタサンは条件戦ですが、過去本来内枠有利の東京の1300では外枠でも好走していて東京適性は十分と思いますが、なにぶん印が回りませんでした。来たらごめんなさい。

◆シルクロードS
何度も書いていますが特に短距離では京都と函館は成績がリンクしている馬が多く、コース形態が比較的似ているからだと思っています。また今の京都は時計がかかる荒れ馬場に近く、さらに日曜日は雪で若干馬場が湿っている可能性もあり、ハンデ戦も加えて考えれば、単純なスピード勝負にはならないと考えています。

まずその条件が一番嵌っているのは58キロがどうかですがセイウンコウセイと考えています。展望でも記載しましたが、特に池添騎手がまた追い切りに遠征しました。今回勝ち負けになるかはわかりませんが、少なくともこのレースか本場の宮記念かどちらかでメイチの勝負をかけてきそうです。
あとは人気にかかわらずなるべくBコースに変わり、コース的に比較的有利と思われる内目の枠の京都・函館好走暦のある馬を狙います。最有力なのはいつも追っかけているフミノムーンです。あとはダノンスマッシュ、キングハート、外枠ですがアンヴァルあたりです。あとは条件にはあまり関係ありませんが、賞金加算がしたいビップライブリーくらいまで。

特にフミノとキングはハンデが1キロ少なくなりました。またフミノはローテーションもかなり無理をして使ってきているのでメイチ勝負の可能性十分と考えます。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月27日(日)AM2時53分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
全体的な騎手の動向ですが、福永騎手が何気にかなりハードなスケジュールです。先週は土・京都、日・中京、23日に太井、今週土日が京都、30日川崎記念で上京です。おそらく遠征する地方交流が勝負っぽいですが、23日は着外で、30日川崎が勝負では?と思います。

あとは後述しますが池添騎手がまた追い切りで美浦に遠征です。昨年は多くはブラストワンピース絡みと思われる追い切りでの遠征を繰り返しました。秋前に「この秋は何としてもG1を勝ちたい」と述べていましたが、最後の最後にお手馬のブラストワンピースで有馬を快勝、勝負強さを見せ付けました。
今回の遠征の主目的は不明ですが、同様に遠征時によく騎乗していたやはりG1馬のセイウンコウセイに今回も騎乗しました。ブラストが大阪杯始動でまだ牧場のようなので、もしかしたら今回の目的は宮記念を目指している感じのセイウンが目的の可能性もあると考えています。トライアルとはいえ実力的に考えても、注意と思います。

あと強い冬型で京都は雪の心配がありますが、今晩遅く〜朝に積雪がなければ大丈夫そうですが、今回は通常の冬型より大気が不安定なようで、もしかしたら影響があるかも、と考えています。

◆愛知杯
斤量の軽い実績のない馬でも勝負になるレース、という印象です。ただ今年から降級制度の廃止で昨年降級で賞金半減のままの4歳馬や降級はない明け4歳であっても先々オープン馬でごった返しそうな2〜3千万クラスの馬たちは重賞などに出走するためには早めに賞金を加算したいはずで、休み明けとはいえ、それなりのレベルと思われる馬も出走してきました。2千以上の中長距離はまだ斤量換算が有利なうちに勝負をかける可能性があります。例年より人気どころの信頼性は高そうです。

ただ個人的には斤量の軽い馬が馬券に絡むという観測で穴や当地実績馬を少々狙いたいと思います。
ここのところ絶不調なのであまり参考にしないでください。
◎レイホーロマンス
○レイズアベール
▲ワンブレスアウェイ
★ノームコア
△エテルナミノル
△キンショーユキヒメ
△ヤマニンエルフィン

◆白富士S
ブラックスピネルとマイネルサージュ、トリコロールブルーの馬連ボックス

◆知立特別
オジョーノキセキとショウナンマッシブのワイド。

◆京都6R
エナジーピエトラに注意と思っています。

◆日曜日展望
現段階での注目です。
・根岸S
人気ではユラノト、芝からの転戦ではケイアイノーテックに注目しています。あと中央に転籍のラブバレット、クロスケの2頭ですがこのレースでどうかはわかりませんが、あえて転籍してきたということは何か目的があるはずです。あまりにも人気がなく、実績的にも難しそうですが、本当の力を出し切れば掲示板くらいの力はある可能性もありしばらくは注意と思います。

・シルクロードS
まともに考えれば前述の追い切りで遠征した池添騎手が騎乗のセイウンコウセイと諸条件がそろっているダノンスマッシュと個人的には思いますが、穴ではBコース変わりとはいえ荒れ馬場などを考えると時計勝負だと分が悪いいつも追っかけているフミノムーンにも注意と思います。またビップライブリー、リョーノテソーロにも注意と思っています。

・森泰斗騎手
ここのところ地方交流重賞でJRAの馬に連続騎乗の予定で、さらに日曜日は中央で複数騎乗です。事情通ではないので詳細はわかりませんが、年齢的に考えてもJRA移籍を狙っているのでは?と思っています。そのためにはある程度の勝鞍が必要なはずで、人気にかかわらず注意と思います。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月26日(土)AM10時10分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
ドツボが続いています。おまけに日曜日は終日外出、さらにjavascript:void(0)残高問題も浮上していて余裕がある行動も難しいと考えていて残りわずかな資金(オーバー?)で「参加することに意義がある」程度に、と考えています。特に今週まではもしご覧になった方は違う活用方法で使っていただいたほうが「意義がある」と思っています。

タイセイの馬は個人的な指標にかなわなかった人気薄が2着に入り土曜日は取れませんでした。日曜日は実績馬はあまりいませんが、最近は高額な馬も購入しているようですが、人気にかかわらずいきなり激走する馬がいるタイプが多いという印象なので、余裕のある方は人気のない&可能性のありそうな馬は小額だけ複勝、ワイド、紐などで押さえるということはもしかしたらいいことがあるかもしれないと思っています。

メイケイも不発でしたが、日曜日出走のメイケイハリアーは初ダートでゴールドアリュール産駒ということで人気になっているようです。あまり妙味がないので見送ります。

土曜日の展望で記載しましたが、東京に開催が変わる前に、ということも考え、まだ真冬で手薄な状態では最終週の中山のミルファームの馬には注目です。また同様の意味ではダイワの馬の一部も条件がそろえば面白そうです。

◆AJCC
春のG1を占う重要なレースではありますが、賞金加算や本当に強い馬が休み明けなど、頭数がそろわない割にはすんなり決まらないレースという印象です。過去の記憶では有馬やJCを使った馬は順位に関係なく好走する、という印象もありますが、例が多すぎたり人気だったりで予想上はあまり約に立ちません。やはりローテーションや中山適性、賞金加算などが重要なポイントと思います。
また強い明け4歳というイメージが定着しつつありますが、この世代から賞金編成がかわり、6月の降級がなくなるので、早くから稼ぐように3歳秋〜4歳春がピークになり今後の成長が思ったほどではない。という馬も混ざっている可能性があると考えています。特に外人騎手での好走は騎手の手腕の部分もかなりあることや、そのためのマークもきつくなる可能性もあると思っています。古馬、特に賞金の足りない馬には人気にかかわらず注意と思っています。
◎ダンビュライト
ムラがあるのではずすと馬群に沈む可能性も十分ですが年初から気合が入り、今週以降も重賞がらみのハードスケジュールをこなす北村友騎手がレース数を絞っての騎乗ですので、ここは賞金加算も含めメイチと考えます。海外で狂ったリズムを取り戻せば、と思います。
○ミライヘノツバサ
出走レースが少ないの一概にはいえませんが、すべての好走が中山という典型的な中山巧者の可能性があります。ローテーションもここか日経賞を狙い済ました感じで、ここでダメだと他もダメというふうに考えます。また賞金加算も必須でこの馬もメイチと思っています。
▲ジェネラーレウーノ
あまりにも条件がそろいすぎで騎手もマークがきつくなりそうでかえって競馬がしにくいのでは?ということで上位には入りそうだけど、勝てない、というほうにかけます。
★フィエールマン
本来始動初戦で嫌いたいところですが、ルメール騎手が遠征で追い切ることや、菊花賞以外に実績がなく、まだこれからさらに強くなる可能性や、陣営も今はどんどん実績を積みたい可能性があり、ここは人気でも押さえざるを得ないというふうに思います。
△ショウナンパンドラ
本当は中山では実績がありませんが、展開がはまると中山では必ずいい脚を使います。8歳ですが昨夏以降馬が変わったようなっているのでハンデ評価は低いですが要注意です。ただ今回の追い切りは最近では動きがイマイチ、というふうに映りました。(素人目線ですが)
△マイネルミラノ
常識的には考えにくいですが、とにかく走りを見ているとコーナリングが極めてうまいという印象があります。漁夫の利的な3着の可能性は若干あると考えています。

本来よく馬券を買うサクラアンプルールは今回印上は△にしますが、多少穴人気なのと今回動きがイマイチに見えたので・・、紐なら程度に考えます。

◆東海S
強そうな明け4歳が2頭出ますが、他に絶好調な馬や強力な馬もいないのでどちらかは馬券に絡むと思います。
あとは展開しだいでほとんどの馬にチャンスがありそうと考えます。特に新潟と並びとんがったコーナーの小回りなのでポジション取りができることとできれば内枠が有利と思っています。器用な馬や、地方や中京、新潟など形状の似たコスの適性も必要と考えます。
ここは印は人気上の2強と穴で5頭ほど選び最強重賞予想に出しますが、実際の馬券はアスカノロマン、モルトベーネ、マイネルバサラに絞りたいと思います。コスモはかなり穴予想家が注目していて人気薄ではありますが、その割には買われている印象で中穴程度の状態なので今回は若干割り引きます。というのも昨年のような逃げ馬を経済コースで追いかけたまま後続をある程度離して直線に入るというイメージができず、団子になると瞬発力では分が悪そうなので掲示板の可能性は高いと思いますが、馬券に絡むのであればむしろアスカやMバサラのほうが人実がない割りに条件的に可能性があるのでは?と考えこれらの馬の方を上位に取りました。

◆一般レース(金夜〜土朝の記事をほぼそのまま再度記載、追加記載分は※表示)
ほぼ昨日の展望のとおりに買います。展望の内容を再度記載します。
・中山12R(個人的勝負レース?)
今週一番狙いたい馬です。前走後ブログにも記載しましたが、人気の有無はわかりませんが、フロムマイハートを狙います。また穴ではカレンシリエージョ、ユメノマイホーム、カレンあたりに。

・大須特別
以前から追いかけているブロンズテーラーが出走です。準オープンでは難しそうなのでこの先勝つとかえって引退が早まる可能性もありますが、すでに明け8歳で意外にここは勝負をけてくる可能性も十分と考えています。
※穴紐でタマモコーラスに注意と思っています。

・中山8R
これも以前から追いかけているゼットマックイーンが出走です。あとはミルファームの2頭、アーヒラとギンゴーに。
※追加で内枠がどうかですが、ダイワスキャンプに注意と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月20日(日)AM2時57分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
AM2時50分くらいに東海Sを若干修正しました。
AM3時30分くらいに東海Sを再度若干修正しました。

先週は日毎にどんどん不発になり、月曜メインのころになると何を買っても当たる気がしない状態になりました。ということ、でしばらくはご覧になった方はあまり参考にしないほうがいいと思います。
個人的な注目馬はほとんど日曜日に出走ですが、日曜日は終日外出です。でもちょうどいいかもしれません・・?

今週は中京が始まりますが、メイケイの馬が3頭出走です。他場でも警戒が必要と思います。
また注目すべきはタイセイの田中氏の馬が13頭出走です。実力的に難しい馬もいますが、ある条件が重なれば多少人気薄でも十分狙えると思っています。内容はフリーMに記載しますが大きな根拠があるわけではなく、単なる個人的な一種の経験則ですのでご承知おきください。

◆すばるS
見物料でバイラ、アキトクレッセント、サクセスエナジーの最低単位のワイドボックス。

◆初富士S
ティソーナからレッドシルヴィとレッドローゼスの東京ホースの2頭に。

◆祇園特別
上記の2馬主のタイセイソニックとメイケイダイハードから実力馬のトゥザクラウンとダイアトニックに。

◆中京4R
見物料で初障害ですが上記馬主のタイセイアプローズの単。

◆中京6R
ここは小倉開催ではありませんが、ダンツの2頭が馬券に絡むと見て、この2頭と社台RHの2頭との馬連フォーメーション。

◆日曜日展望
現段階での注目馬です。日曜は個人的には前走の注目馬、追いかけの馬、ミルファームの馬に注意と考えています。終日外出なのと不発続きなので超控えめに買うつもりです。
・AJCC
現時点では穴ではミライヘノツバサに注目しています。人気では今週から来週は超ハードスケジュールの中、好調の北村友騎手のダンビュライトに注目と思っています。ほか中穴でショウナンバッハ、人気ではジェネラーレウーノ、フィエールマンは押さえざるを得ないと考えています。あとは9歳ですが小回りのコーナリングがうまそうなマイネルミラノは侮れないと思っています。少頭数なのでもう少し絞りたいと思っています。

・東海S
チュウワウィザード、インティでしょうがない感じですが、具体的にはアングライフェン、アンジュデジール、サルサディオーネ(回避)あたりと、スマハマも気になり、牝馬や明け4歳馬にも注意と思っています。他大穴では内枠に入ったアスカノロマン、妙に追い切りの動きが気になったモルトベーネも上位の可能性ありと考えています。これももう少し絞りたいと思っています。

・中山12R
今週一番狙いたい馬です。前走後ブログにも記載しましたが、人気の有無はわかりませんが、フロムマイハートを狙います。また穴ではカレンシリエージョ、ユメノマイホーム、カレンあたりに。

・大須特別
以前から追いかけているブロンズテーラーが出走です。準オープンでは難しそうなのでこの先勝つとかえって引退が早まる可能性もありますが、すでに明け8歳で意外にここは勝負をけてくる可能性も十分と考えています。

・中山8R
これも以前から追いかけているゼットマックイーンが出走です。あとはミルファームの2頭、アーヒラとギンゴーに。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月19日(土)AM2時25分くらいです

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
日経新春杯は◎のガンコがダントツの最下位で話になりませんでした。ニューイヤーSもほぼそれと同様でかすりもしませんでした。新春杯のメイショウテッコンは武騎手鞍上でしたが、そこそこのハイペースの中で途中で仕掛けました。勝ちに行った可能性もありますし、消耗してこの後休養する可能性もありますが、体内時計が日本人騎手ではダントツという武騎手があのペースで仕掛けて勝ちに行くのはかなり無謀という印象があります。このまま次走につなげるのであれば、次走はかなり有力ではないか?と思いました。

3日間開催のうえ、不発の連続で残高問題が浮上してきたので、月曜日は終盤のレースのみでいきます。

◆京成杯
一部有力どころの回避もあり、個人的にレベルが高いと感じた葉牡丹賞の上位組が中心と思いますが、なにぶんまだ若駒のことで成長や不安定さなども考えると人気薄の台頭も可能性としてはあるのでは?と思っています。といいつつも展望で記載したとおり、このブログでも葉牡丹賞の後、勝った馬はかなり強いのでは?と書いたのをおぼえているくらいで、その基本線は変えないで考えます。
◎シークレットラン
新馬をのぞけば全く底を見せていない感じで相当強い可能性もあるので軸で。
○ダノンラスター
逆転候補と考えています。前走はレベルもさることながらこの馬の最後の脚はかなり印象に残りました。
▲ナイママ
ここで上位に入らないようだとほぼ同じ舞台でクラシックをかけたトライアルに出走しても難しいのでは?と思います。そこに照準を合わせて今回はコースチェックでないかぎりは勝負に出ると考えています。
★ランフォザローゼス
△カイザースクルーン
△クリスタルバローズ
△カテドラル

◆淀短距離S
穴ではコウエイタケルとフミノムーンあたりに注目です。

◆ジャニュアリーS
ハヤブサマカオーに注意と思っています。阪神ダ14を1分22秒台前半、園田ダ14を1分27秒台で走っていて距離短縮でスピードで押し切る可能性もありと考えます。ただスムーズに先行できなかったり、逃げつぶれると惨敗の可能性もかなりあり軸には不適で単複で見物料程度にと考えています。他の理由の一部はフリーMに記載します。

◆紅梅S
人気ですが前走ゴール前後の様子でプールヴィルはかなり有力と思っています。他穴ではエイシンゾーン、アカネサス、ミッドナイトラブあたりに。

◆中山12R
地力はあるラッシュアウトに注意です。問題は減量ですが復帰した久々に本番で騎乗の山田騎手かもしれません。

◆京都12R
あまり食指がわかないレースですがもし買うなら見物料でホットファイヤーの単複あたりと思っています。理由はフリーMに。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月14日(月)AM3時32分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
フェアリーSは人気サイドののフィリアプーラが強さを見せましたが、3着のグレイスアンはこじんまりとまとまったいわゆる「早熟型」と思っていましたが意外に器用で、さらにゴール前後の様子から残念ながら牝馬のクラシックでは春は小回りコースがないのですが、ローカルや秋の秋華賞などは面白いのでは?と思わせる内容と個人的に感じました。まだ他にも奥がある可能性もあり今後はあまり人気にならないと思いますが要注意と思いました。

今週は土曜日から不発ばかりでした。3日間開催で気が重いのですが、あまり参考にされないほうがいいかもしれません。
ということで簡単に・・
◆日経新春杯
◎ガンコ
なぜこのタイミングで、この馬なのか?自分でも不思議ですが、この馬はダート、芝を含め活躍する競馬場や馬場状態が限定されているタイプと考えています。難しいかもしれませんが、秋〜年末のローテーションなどから考えると57キロがどうか?でここも叩き台になる可能性もありますが、春にかけてどこかで一発あるのでは?と個人的に考えています。また乗り役本人が追い切りに騎乗するなど出走だけが目的には思えないと思いました。今まで印を殆どつけたことはありませんが、今回は人気の盲点でもあり面白そうです。
○ルックトゥワイス
前走は切れる、というより圧倒的な脚を見せました。六社Sでは今回人気のムイトオブよりハンデ評価も高く、もし前走でかなり変わり身を見せてきたと考えると今回のハンデであれば、と考えます。
▲ノーブルマーズ
荒れてきた感がある現在の京都の馬場にピッタリな条件になりました。器用に立ち回ったとはいえ宝塚で3着でローテーションや賞金加算、56キロで出走できる今回は勝負と考えます。
★ウインテンダネス
△グローリーヴェイズ
△ムイトオブリガード
△メイショウテッコン

◆ニューイヤーS
展望どおり大穴でダイワリベラル、中穴でハーレムラインとストーミーシーに注目です。単複と3頭のワイドで少々。

◆新春S
現在の京都の馬場であればここのところ不発続きのハナズレジェンドでも上位を狙えそうです。あとは休み明けで地力的に難しいかもしれませんが大穴でテイーエスクライがスムーズに先行したら注意と思います。

◆五条坂特別
前走騎乗の若手Jがそのまま継続騎乗で、距離を伸ばしてきたシシゲルコングに注意と思います。あとはカフジキングもそろそろ走り頃では?と思い注意と考えています。

◆京都12R
中穴でベルクリアに注意と思っています。

◆京都8R
地方転入ですが以前の中央時に未勝利芝で好走歴のあるモズダンディーに注意と思います。

◆京都7R
ノースヒルズ関係のイグレット、アニエーゼの2頭に注意と思っています。どちらかは馬券に絡んでくるのでは?と考えています。

◆中山4R
こちらも展望どおりエスケークラウンに注目です。人気がないので単複で少々。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月13日(日)AM2時33分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
シンザン記念2着のマイネルフラップにはビックリしました。外からいい脚で追い込み、一度よれて止まりかけたのにまた体勢を立て直しまたいい脚で追い込み、最後は僅差で2着。まだまだこれからのような感じですぐに、という感じではないかもしれませんが、潜在能力は相当高いのでは?と思わせる内容でした。今後面白そうです。

◆フェアリーS
近年は早くの賞金加算を狙う馬が参戦するようになり、クラシックや夏以降の重賞でも活躍する馬がでてきました。今年もメンバー的にここで上位に入れば、それなりに活躍しそうです。
◎フィリアプーラ
まだ底を見せていない感じ、というよりどの程度強いのか、真価が問われるレースになりそうです。前走の脚は他の馬との比較では桁違いの脚に見えましたが・・。
○グレイスアン
走法などからかなり完成されている感じがします。この時期なら多少早熟の馬であっても、先々がありそうでも好走の可能性あり、と考えます。
▲アゴベイ
★アクアミラビリス
△セントセシリア
△アマーティ
△エフティイーリス

◆初春S
比較的人気ですがビービーサレンダー、スマートレイチェルに注目しています。

◆羅生門S
ハイヒールに注目しています。

◆新春ジャンプS
ゼンノトライブに注意と思っています。

◆中山12R
ソイルトゥザソウルに中穴で注目ですが、相手は内枠のサクステッド、シセイヒテンと思っています。

◆京都12R
オールザゴーに引き続き、あとはエイシンデジタルに注目しています。

◆京都8R
イペルラーニオに注目です。

◆日月のレース展望
・日経新春杯
現段階での見解です。ガンコに注目しています。もちろん強い明け4歳馬のグローリヴェイズ、アフリカンゴールド、メイショウテッコンは押さえざるを得ないと思っています。またわざわざこのために遠征する北村宏氏騎手と横山典騎手のシュペルミエール、ロードヴァンドール、実力馬のノーブルマーズ、ウインテンダネス、そして前走ついに脚が炸裂したルックトゥワイスなど人気馬もそのまま有力と思っています。

・ニューイヤーS
まずは大穴ですがダイワリベラルに注意と思っています。あとは外枠がどうかですがストーミーシー、ハーレムラインに注目しています。

・日曜日中山4R障害未勝利戦
かなりの穴ですが西谷騎手騎乗のエスケークラウンが一発あるのでは?と思っています。

・京成杯
前走葉牡丹賞でひじょうに強い勝ち方に見えたシークレットランに注目です。人気になると思いますが、今後のクラシックに直結するのでレース自体も注目です。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月12日(土)AM10時37分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
◆浜中騎手狙い撃ち
1月3日に重賞など今週の追い切りが行われたようですが、資料が少なく以外の詳細は不明ですが、少なくとも浜中騎手、松山騎手、北村友騎手はコースで騎乗馬の追い切りに参加したようです。重賞以外のどの馬に騎乗したかは不明ですが北村友騎手と松山騎手は土曜日に2勝ずつ勝鞍を挙げています。それに対し浜中騎手は土曜日は不発でした。ただ騎乗馬は日曜日に集中していて、全部で7鞍に騎乗です。このうちどのくらい好走できるかはやってみなければわからないかもしれませんが、意気込みはかなりあるのでは?と考えています。
騎乗は京都で、騎乗馬は、
1R         アイキャンテーラー
4R          ユーフォニー
6R         ホイールバーニング
9R寿S     ダノンアイリス
10R万葉S     グローブシアター
11Rシンザン記念 ニホンピロヘンソン
12R         タガノカトレア
単複で狙ってみたいと思います。

◆シンザン記念
一昨年はアルアイン、ペルシアンナイトを、昨年はアーモンドアイが出走したレースで過去もクラシックの登竜門レースとして出世レースになっているようです。今年も素質馬が集合したようですがイマイチ食指がわきません。前出の浜中騎手、松山騎手、北村友騎手が追い切りに騎乗したようですが、情報が少なく追い切りをテレビ放映した以外の馬の動向は不明です。なぜか戸崎騎手は日曜日京都騎乗で、前走勝利した騎乗馬が出走ですが、この馬には川田騎手が騎乗で本人はこのレースには騎乗しません。何か不思議な感じで多少違和感があります。戸崎騎手は他に鳴り物入りの馬に騎乗はなく、強いて言えば今週不在のデムルメが前走騎乗した馬に数頭騎乗のほか、夏まではクラシック候補だったダブルフラットに騎乗です。そこそこの成績は残せそうですが、遠征で自分で勝利した重賞に乗らないのは??という感じです。

ということで追い切りに乗り役が騎乗の3頭、ニホンピロヘンソン、ヴァルディゼール、ミヤケのうち1頭は馬券に絡むのでは?と考えています。ただミヤケは若干難しそうな感じなので、ニホンピロとヴァルディの2頭に絞りたいと思っています。

◆ポルックスS
岩田騎手が遠征のテーオーエナジーが断然人気ですがよほどのことがない限り馬券から外れることはないのでは?と思っています。相手は常識的に考えればこのメンバーならサイディックメア、クルーガー、ヨシオあたりと思いますが、穴狙いなのでひとひねりしてブラゾンドゥリスの地力に期待と思っています。

◆万葉S
前出の浜中騎手のグローブシアターに期待したいところですが、ユーキャンスマイルとアドマイヤエイカンの2頭が抜けている感じであとはハンデ戦でもあり3着狙いならどの馬にもチャンスがありそうです。戸崎騎手のアルターが意外に人気がないので前回はそこそこ穴党には人気だったのに不発だったコウキチョウサンに注意と思っています。

◆中山12R
ビッグレッド関係が3頭出しです。有力外人騎手不在など好走の条件がそろいました。土曜日の金杯ですでにウインブライトが勝っているのでどうか?とは思いますが、内枠で外人騎手騎乗で人気ウインイクシードの他、地力ならこのクラスでは上位のマイネルスフェーン、大穴でウインスラーヴァまで押さえたいところです。相手は本来はゴールドギアなのでしょうが、ここは開幕週ということでダイワギャバンが面白そうです。また3着ならこれもムラ馬ですが地力はあるサブライムカイザーも一発の可能性十分と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月6日(日)AM3時17分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
今年は前半はバタバタが続きそうな流れになりそうで、せめて重賞の馬券の勝率を上げたいと思っています。
◆有馬週の次走注目馬
・12月22日(土)中山7R ジャカンドジョー
・12月22日(土)中山12R フロムマイハート
他騎手のことなど等気付いたことはフリーMに記載します。

◆金杯
通常「この馬が活躍するだろう」とか「勝つのはこの馬だろう」など多くの高額条件レースでは馬券は当たらなくても見当がつくものですが、例年金杯はまったく焦点が定まらないレースという印象があります。その中でよく穴を出すのは軽量馬か昨秋にG1に出走した馬、という印象もあります。
・中山金杯
追い切りでは多くの有力馬がキャンターなど軽めの調整の中でしっかりコース追いした馬もいました。ただ京都も同様ですがGチャンネルでは限定された馬しか放映されませんでした。中では素人目ですし条件的に難しそうですがヤングマンパワーと遅れましたがマイネルサージュはそれなりの仕上げではないかと感じました。あと軽めですがコズミックフォースも気になりました。西の騎手で遠征するのは武豊騎手と和田騎手、藤岡祐騎手です。折角なので人気薄の単複で狙うつもりです。
◎サンマルティン
理由の一部はフリーMで。都大路Sでの勝ち方は強く、負かした相手にはそれなりの馬もいました。要注意。
○マイネルハニー
前走は58キロで着順ほど負けていなく、得意のコースで内目の枠と条件はそろいました。
▲ヤングマンパワー
この条件に変えて、ここは何か目的がありそうです。年齢的にも勝負がかりの可能性ありと思います。
★タイムフライヤー
G1馬ですがムラがありそうです。ただ前走くらい走れば楽勝も。
△ステイフーリッシュ
上記同様ですがこちらもムラがありそうです。地力は一級品とみました。
△コズミックフォース
国枝厩舎のもう一頭。ダービーではありませんが相手なりに走りそうで、内枠で自在性もありそうで注意。
△マイネルサージュ
七夕賞のように休み明けはあまり関係なさそうです。問題は仕上がっているかどうかと外枠と立ち回れるかどうかだと思います。嵌れば上位もありそうです。
※印はまわりませんでしたが武騎手のマウントゴールドも押さえたいところです。

・京都金杯
追い切りでは前述の通りですが個人的にはこれも地力的な部分は除けばカツジ、ツーエムマイスター、マイスタイルあたりが気になりました。また軽めの馬の中ではストーミーシーも気になりました。使用コースから開幕週もあり展開にもよりますがペースが平均以下であれば内枠の馬が断然有利と考えます。
◎マイスタイル
勝つかまではどうかで、外枠と距離変更が気になりますが、田中勝騎手は遠征でこのレース1本勝負でメイチとみました。また個人的な観測ですが比較的コース形態の似た函館と相性がいいので。ツーエムと競り合いにならなければ開幕週の馬場も味方になりそうです。
○パクスアメリカーナ
当初からの期待馬で地力を出し切れば勝てそうですが、条件がそろいすぎてマークがきつくなりそうです。
▲アドマイヤアルバ
京都のマイルで54キロであれば。賞金加算もしたいところと思います。
★カツジ
△サラキア
△アサクサゲンキ
人気はありませんが距離が伸びて持ち前の渋太さが生きてきたように感じます。
△ツーエムマイスター
常識的には難しそうですが、追い切りの様子とあえてここを使ってきたことを考えるとノーマークで逃げれると無視はできないと思います。

他のレースは見物料程度で見て、次走以降の注目があればと考えています。
年初なのでこれくらいにしておきます。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月5日(土)AM3時01分くらいです。

↑このページのトップヘ