競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

2019年06月

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
個人的な事情は少し落ち着きました。
土曜日では函館9Rで勝利したナムラカメタローの途中のオッズに大きな違和感を感じました。
他福島12Rで馬場に先入れしてすぐ待避所で雨にぬれないようにしていたように見えたシールートは人気薄で3着に入線しました。

とにかく天候が不安定で馬場状態が悪化するにしても何時ころ、どの程度雨が降るか予測がかなり困難でしたが、今朝の段階で中京は午後一番にもう一度、福島は昼過ぎからしばらく雨になりそうです。
開幕週ですが、今日はメイン前に中京、福島とも数レース芝のレースがありそれなりに馬場状態も悪化しそうです。
一昨年の秋ではありませんが、上滑りする馬場では上手にすり足で走る馬が好走するみたいですが、あまり馬場が悪化するとパワーあり、また距離が長いと心肺機能が問われる、という感じでは?と考えています。少なくとも切れ味や時計勝負に強い馬には有利ではなくなりますが、本当に地力があり、時計勝負にでも両方強い馬もいます。一流になる馬は多くはそのパターンなので資質も重要かもしれません。3歳馬はこれから強くなる馬も多いと思いますし、距離などを変えた馬などはキャリアが浅ければ今後強くなりそうな馬にも注意と思います。函館はこれ以上の大きな馬場悪化はなさそうです。

このような日はクリノ、ミルファーム、ライン、デルマなどの馬は通常のパンパンの良馬場では難しい馬でもチャンスが出てくるので人気の有無にかかわらず注意と思います。一般レースはそのような馬を中心に狙ってもいいのでは?と思っているくらいです。

◆ラジオNIKKEI賞
このレース騎乗の騎手の多くが当日の同じ条件の新馬戦に騎乗しますが、5人ほど騎乗しない騎手がいます。

また再三記載していますが北村友騎手、武豊騎手の超ハードスケジュール、友道厩舎の2頭出しなどをよく見たら皆3頭とも社台F生産の馬でした。それから例によってビッグレッドが多頭出しですが、他クラブ関係の馬はこの時期は注意と思います。

またこのレースは作朝から前売りされていますが途中オッズにかなり違和感を感じる馬が複数いました。
JRA発表プラスご本人公表の体重で考えれば、当初津村騎手は減量に失敗したのか?はたまたダミーだったのか?どうかは定かではありませんが、週初注目で挙げ、途中で取り下げたサヴァワールエメは内田騎手に乗り替わりになりましたが、土曜日の松岡騎手の負傷で減量なして騎乗可能のウインゼノビアにPH騎乗のオハチが再度まわってきました。

原則はまだクラシックがありますから賞金加算を中心にローテーションや青写真を作っている陣営が多いと考えています。あとは前述の難しい馬場ですが、原則先行か内枠が有利と思います。またスタミナも問われる可能性があると思います。

上記の内容で事務的に考えると、上位は外枠が多いのですが、
◎ブレイキングドーン
○ゴータイミング
▲アドマイヤスコール
★マイネルサーパス
△レッドアネモス
△サヴォワールエメ
△ウインゼノビア
注ポルーニン

となってしまいました。あまり参考にならないかもしれません。(自信度=低い)

◆CBC賞
まずはサマーシリーズ、賞金加算や最終的な目標など陣営の青写真が大切と思います。
こちらも道悪問題ですが、短距離なのでどちらかというとパワー型がいいのかな?と考えます。ということで重実績もさることながらダートでの成績も参考にしたいと考えています。
走法や成績ではレッドアンシェル、ビップライブリー、セイウンコウセイ、ショウナンアンセム、アウィルアウェイは道悪は不利にならないと感じました。また追い切りの印象ではレッドアンシェル、アウィルアウェイ、アレスバローズが調子がよさそうに見えました。
あとはコース形状から中京での実績も重要と考えます。
また参考に土曜日の同じ条件のレース、日曜日の比較的条件の近い芝1400の2鞍に騎乗の騎手も調べてみました。

これも上記内容で事務的に考え、さらに個人的な好みも入れて考えてみると、

◎レッドアンシェル
○キョウワゼノビア
▲ショウナンアンセム
★セイウンコウセイ
△メイショウケイメイ
△アウィルアウェイ
△タマモブリリアン

となってしまいました、

◆巴賞
函館は意外に大きな悪化はなさそうです。
オッズの違和感は一部にありました。
ビッグレッド関係の多頭出し、賞金加算が必要な馬、斤量に注意と思います。中にはここで負荷をかけて次走が目標の馬もいる可能性ありと考えます。

個人的な印象で、注目度の高い馬は、

マイネルファンロンなどビッグレッド関係
アメリカズカップ 京都⇔函館の法則、賞金加算、道悪適性など条件がそろっています。
カデナ、ファストアプローチ 賞金加算
アストラエンブレム ルメール騎乗、地力
ナイトオブナイツ 重賞などより道悪の函館のオープンの方が狙いか?

というようなところに注目しています。

◆中京8R
ピースフルサンデーに注意と思います。

他場合によっては何かあったら追加で記載します。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在6月30日(日)AM8時25分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
また新たな個人的な事情で今週は急遽簡単に。
日曜日の重賞はまた翌日に。現段階では大きく週初からの展望とは変化していませんが、馬場状態など他の要因も加味するので若干変えようと考えています。
馬場は土曜日は福島、日曜日は中京、福島がかなり馬場が悪化しそうな情勢です。
開幕週で、道悪というかなり難しい馬場になりそうですが、いずれにしても内枠の馬、特に先行馬に注意と思います。他トータルでは今週はメイショウ、ショウナン、タマモの馬に注意と思います。

土曜日のレースと出走馬で注意したいと考えている馬は下記のとおりです。
・白川郷S
エンクエントロス

・郡山特別
コロニアルスタイル

・知多特別
ベストアクター、メイショウモウコ

・中京12R
人気ではエイシンゾーン、穴でクロムウェル

・函館7R
ナムラオッケー

あたりに注目しています。

また時間が許せば新たに何かあったら随時追加掲載しようと思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在6月28日(金)23時55分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
出走馬と騎乗騎手が確定しましたが、夏競馬ではよくありますが一部変更があったようです。
香嵐渓特別登録のクリノフウジンは残念ながら除外になったようです。
いずれにしてもどの競馬場も雨の影響が少なからずありそうです。
最初の展望とあまり変わりませんがとりあえず現段階での重賞の展望です。

・ラジオNIKKEI賞
ここのところ超ハードスケジュールの武豊騎手と北村友騎手のゴータイミングとレッドアネモスに注目と思います。
レッドは人気になりそうですが、オープン勝ちで54キロということに加え、前走2着の馬も次走で2着と、ここは勝つかどうかはともかく上位に入る確率はかなり高いと考えます。あとはビッグレッド関係でコース得意そうなマイネルサーパスと近走はさっぱりですがそのおかげかオープン勝ちがあるのに53キロのウインゼノビアに注意と思います。中でも個人的に一番注目は枠順しだいではマイネルサーパスです。

・CBC賞
軽量の3歳馬の2頭アウィルアウェイ、メイショウケイメイに注意と思います。アウィルは浜中騎手が騎乗になりました。メイショウは予定通り秋山騎手でどちらもこの斤量であればどちらかは馬券に絡む可能性はかなり高いと考えています。あとも展望どおりあっとビックリさせたショウナンアンセムとセイウンコウセイ、それから端数ハンデのアレスバローズに注意と思います。上記の中では個人的には前述の3歳馬2頭を中心に考えたいと思っています。

※そのほかのレースでの注目馬などはまた随時機会があったら掲載するつもりです。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在6月27日(木)20時20分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
私は即PATを使っていないので帝王賞は買えませんでしたが、Gチャンネルでやっていたので観戦だけしました。個人的にレース振りで気になったのはミツバで、次走にどこか出走するのかわかりませんが、もし長い休養なしに出走してきたら注意と思いました。

あと3着に突っ込んできたノンコノユメは、恐れ入りました。
ここから先は全く個人的な想像で、全く根拠もありませんし、間違いかもしれませんので聞き流してんもらえれば幸いです。

個人的な見解では・・・・・
今年から中央競馬の賞金体系が変わり、4歳馬の賞金が半減することがなくなりました。
特に今年は4歳のダートはレベルが高く、ルヴァンスレーヴ、オメガパヒューム、チュウワウィザードらが賞金がそのままで上位にランクされています。またゴールドドリームもまだ健在、さらにはインティという新しいヒーローが今年に入ってからG2、G1を連勝して賞金を大きく上積みしました。

今まで賞金上位のノンコノユメなどはうかうかしていると賞金面で不足して交流ダート重賞に出走がかなわない可能性もでてきたのでは?と想像します。
そこで5月にあえて地方に転出したという可能性もあるのでは?と感じます。
もちろん馬齢や衰えなども考慮の上とは思いますが、その部分も考えての戦略だった可能性もあると感じました。
これから夏を越えれば、秋〜冬にかけてダートの大きなレースが沢山あります。賞金を気にして準備するより地方、特に出走枠や番組が多く組まれている南関東はそういう意味では最適なのでは?と思います。

今回もそのような部分もあり今回の帝王賞のために叩きながら、じっくり調整できた可能性があると感じました。
それでも衰えも見せ始めていたのにトップの2頭が不在とはいえ、このメンバーで3着は激走の部類だと思いました。

ちなみにノンコノユメは途中の単勝オッズはかなり違和感を感じるオッズと個人的には感じました。

ということでまったく個人的な想像で創作した物語でした。

自分で書いておきながらですが、まさかそこまで手の込んだ戦略はないですよね?

あとここのところ中央のみならず海外や地方なども含め超ハードスケジュールでまた結果が出なかった武豊騎手もそろそろ今後は大きなレースで結果を残し始めるのでは?と個人的に思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在6月26日(水)21時12分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
宝塚記念はリスグラシューの強さとレーン騎手の好騎乗が印象に残りました。
後で気付きましたが、土曜日の展望でも少し触れましたが当日全く同じ条件で行われた阪神7Rと宝塚に両方騎乗した5人の騎手のうち岩田康騎手以外の4人が本番の宝塚では1〜4着に入線しました。もちろん馬や騎手の手腕、また枠順や展開なども大きな要因と思われます。そしてさらに一度事前に同じ条件で「下見」したことも好走の大きな要因のひとつに加えることができるのでは?と個人的には想像します。
特に天候や馬場状態がめまぐるしく変化するこの時期は季節的な問題もあり馬場読みもそれなりに勝負には関係あるのかもしれません。

あと他のレースで気になったのは、
6月22日(土)阪神7Rのエールショーで勝った馬も強烈な末脚で勝利しましたが、この馬はゴール後に勝った馬をはるかに上回る脚で突き抜けていきました。他では同じ土曜日の阪神8Rのメモリーコバルトで途中の仕掛けが入り負けましたが、次走は注目と思います。あと同じ土曜日の阪神・鶴橋特別で勝ったぜセルは途中でオッズにかなりの違和感がありました。

◆今週の展望
現段階での展望です。今週はまず全国的に雨が予想され馬場状態には引き続き注意と思います。

一般レースでは先日の東京ダートの富嶽賞でゴール前後の脚で個人的にかなり違和感を感じたクリノフウジンが日曜日の中京・香嵐渓特別に登録してきました。もとから中京は得意コースで出走してきたら狙ってみたいと思っています。

・ラジオNIKKEI賞
ダミーでなければ武豊騎手がわざわざ福島遠征で騎乗予定のゴータイミング、他ではサヴォワールエメ、あとはビッグレッド関係のマイネルサーパス、ウインゼノビアあたりに注目しています。

・CBC賞
穴では出走すれば軽量のメイショウケイメイに注目しています。他では前回函館で禁止薬物問題で除外になった2頭のうち函館以外では左回りに良積が集中している感のあるトウショウピストあたりに注意と思っています。そこそこ人気では葵Sはなんとか3着でしたが新潟のダリア賞でそこそこのメンバーで強い勝ち方をした印象でしかも軽量で出走予定のアウィルアウェイ、以前のダイタクヤマトのように突然一皮向けた感があるショウナンアンセム、当地でG1勝ちがあり道悪は歓迎のくちのセイウンコウセイ、端数ハンデのアレスバローズあたりに注意と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在6月25日(火)AM4時03分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
時間寸前ですが、追加です。
たぶん大穴で難しいと思いますが、テイエムディランの単複を少々買ってみようと思います。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在6月23日(日)14時17分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
今朝も昨晩書き忘れていた件があり、追加です。

いつも出走のたびに追っかけている感のあるツーエムマイスターが東京11RパラダイスSにまた出走です。
昨秋以来ほぼ休みなしで出走していますが、微妙に距離を伸ばしたりしながら、オープンの流れに段々なれてきているような印象です。

京都金杯以来、本来の1200,1400もおりまぜてマイルの方を中心に走っていますが、今年に入ってからは順位はともかく、着差はほぼ1秒以内におさまっています。

意外ですがこの年齢になり、クラス慣れしてきて地力も向上してきている可能性があると思っています。
原則は逃げ馬なので、前走の内容にかかわらずほぼ毎回少々ずつ狙っていますが、幸い人気にならないので、いつか一発あるのでは?と個人的には趣味的な部分もありますが、期待しています。

今回はこの馬にしては比較的人気になっていると感じていますが、馬場状態もあり他の馬の切れ味がそがれる分だけ、もしスムーズに先行できれば面白いのでは?と思っています。

個人的な趣味もあり今回も単複のみ少々だけ買ってみようと思っています。

また他にも気付いたことなどがあったら投稿するつもりです。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在6月23日(日)AM9時27分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
手前味噌ですが、実は宝塚記念はブログをリニューアルしてからは2年連続で大雑把だと大体的中している個人的には数少ないG1レースです。理由は単なる偶然のたまものとしかいえませんが。(空白期間をはじめ、それ以前はさっぱりでしたが・・)
参考
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53284940.html

http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53238818.html

でも今年はそろそろ・・・はずれるかな?、という感じもあります。その証拠にいまだに印が決められない状態が続いていました。ですが、時間も迫っているので、このまま結論に。

◆宝塚記念
※下記はすべて個人的見解と想像です。実際のところはどうなのか?は全く霧の中です。ご承知おきください。
(追記:AM3時01分)

問題はキセキの角居厩舎の動向と考えています。秋の凱旋門賞に登録しているので、ここは決して無理をしない可能性もあります。距離も、若干春より緩い馬場も、58キロの斤量も凱旋門賞のリハーサルかもしれません。でもレイデオロには神戸新聞杯、秋天、有馬と3連敗で、この条件であれば雪辱の可能性もあります。少なくとも秋を考えれば凡走は許されないはずです。メイチの大勝負ではなくても、9分以上は仕上がっていないと、2週連続ルメール騎手が遠征して追い切って、ここは当然勝ちに行きそうなレイデオロの再度後塵を浴びる可能性が大きいと考えます。

斤量利のあるロジャーと2頭先行して、馬場状態を問わず豊富なスタミナで本番?の凱旋門賞でどちらかが好走する目標が最終的なゴールと想像しますが、ここも上位は目指すものと考えます。

これに対して藤沢和厩舎・レイデオロはここは春のドバイ遠征で凡走して、秋までレースがないここに万全の体制で出走してきたからには、確実に上位というか、優勝を狙ってくる可能性が高いと思っています。

また同じローテーションで馬券に絡んだスワーヴリチャードもここは同様に勝負と考えます。というのも上記2頭とは戦績は悪かったり条件の制約の大きい馬、とう印象ですが地力的にはほぼ互角と思っています。

他では再三書いていますが、実際に勝ったレースでは強敵を押さえ込んだクリンチャーも三浦騎手の動向を考えれば、ここは有力と思います。多分ここに全精力を次ぎ込んでくる可能性が高く、今回は人気もありませんがほとんど差はないと考えています。スタミナには不安はないはずで3歳時とはいえ皐月賞ではレイデオロ、スワーヴに先着、京都記念では別定戦で斤量も軽く、また重馬場だったとはいえレイデオロ他多くの強敵を一蹴しています。少なくとも上位は狙っていると思います。

他も強敵ぞろいですが上記4頭を中心に狙ってみたいと思います。
馬券は人気の軸ががレイデオロ、穴がクリンチャーと考えていますが、キセキやスワーヴも同等に考え、4頭の連のボックスで考えています。馬券種類は倍率と予算で考えたいと思います。(馬連ボックス6点を厚めに、プラス三連4点、プラスワイド1点の予定)

他はレイデオロからエタリ、マカヒキに馬連、人気薄のスティ、ノーブルあたりにワイド、クリンチャーからはリス、エタリ、マカヒキにワイドでも押さえようと思っています。(計7点の予定)

あと三浦騎手応援でクリンチャーの単勝を買おうと考えています。

ただ夕立があったときは適宜比率を変えたり、一部買い目をけずることも考えています。

◆パラダイスS
ここは穴でショウナンライズ、人気系では再度出走のストーミーシーを買おうと考えています。

◆UHB賞
モンファロンを中心に狙いたいと思います。相手はインシュラー、タイセイソニックあたりに。ここばかりの話ではありませんがここはあまり自信がありません。

◆津軽海峡特別
穴でシュバルツボンバー、レコンキスタを中心に地力のあるテイエムグッドマン、あとは長期休養明けで今回はどうかですが、デビュー以来ダートではすべて馬券に絡んでいるボードウォークにも注目です。特にボードは今後この馬を保有しているヒダカBの看板馬になる可能性もあります。この季節、このタイミングですからクラブもこの馬が強い競馬をする姿をファンの目に焼き付けて募集に役立てたいと考えているのでは?と思っています。今回がダメでもスムーズに使えるようだったら近々勝ち負けになるのでは?と考えています。

※余談ですが今週から〜再来週にかけては他の馬も含めヒダカBの馬に注意と思っています。

◆他のレースで個人的に注意が必要と思っている馬
・東京8R
グルファクシー
・函館8R
ティボリドライヴ
・東京7R
フォークテイル
・デルマ
阪神3R
デルマシャンティ
函館9R
デルマキセキ
東京5R
デルマプラチナ

他また新たに事前に面白そうだと感じた馬がいたら、再度投稿するかもしれません。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在6月23日(日)AM2時38分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
たまに書いていますが、私の家は東京競馬場に近く、天候はほぼ同じですが、今急に雨が強く降り、おさまりましたが、そんな天気になってきました。馬場状態が少々悪化しそうです。

昨晩書き忘れましたが、先日の與杼特別 で直線でいい脚を使いながら若干違和感を感じたタマモカトレアが日野特別に出走で注意と思います。

陣営は前が詰まって、とコメントしていて、それが本当かもしれませんが、個人的には前述のように感じたので人気ですが狙いたいと考えています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在6月22日(土)12時19分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
不発が多いのでご注意ください。(逆の活用方法もありますので・・)

直近の天気予報では梅雨前線が当初の予想より南になり雨はあまり降らない予想に変わりました。ただ大気の状態は週末も不安定で夕立のような雨がなければ大きく馬場の悪化はなさそうです。夕立があったときは然るべく対応が必要かもしれませんが・・。函館は土日も断続的に雨が降りそうで、特に芝はそれなりの適性が必要かもしれません。

◆東京ジャンプS
少なくともテレビの映像上では今年の正月・元旦に馬場入りした関西の騎手はすでにダービーJの浜中騎手、今年は大阪杯勝ち以外も大活躍の北村友騎手、今回騎乗する西谷騎手でした。騎乗するアグリッパーバイオに注意と思います。あとは人気ですが地力のあるマイネルプロンプト、ラビッドシップあたりに。それから穴ではシゲルボブキャットに注意と思います。

◆アハルテケS
地力では随一と考えているワンダーリーテル、コース得意のイーグルフェザー、他関西騎手がこのレース騎乗1本で遠征するノーブルサターン、タガノディグオ、ナムラミラクルあたりまでと思っています。

◆大沼S
現状予想される馬場状態で考えれば通常のペースなら圧倒的に先行馬が有利と思います。特に人気薄のプレスティージオに注意と思います。他当地得意のハイランドピークや京都得意のモズアトラクション、さらにまた使ってきて後がないクロスケあたりまで。

◆垂水S
穴でテーオービクトリー、ウインクルサルーテ、近走は不振ですが地力は上位と思われるハナズレジェンドに注意と思います。

◆京橋特別
穴で再度スズカフューラー、大穴でサンティーニあたりに注意と思います。

◆八ヶ岳特別
馬場が緩くならなければ個人的にPOGで登録していたエトルディニュに注意と思います。決め手がないので切れ味勝負ではなく持久戦のほうがいいかもしれないと思っています。

◆鶴橋特別
人気ですがタニノミッションに注意と思います。

◆阪神12R
ゴッドバンブルビー、ハウリングに注意と思います。

◆阪神7R
人気ですがノンライセンスに注意と思います。

◆宝塚記念展望
現段階での見解です。馬場状態の見直しが必要と思います。
前回展望で述べたクリンチャー、エタリオウ、キセキ、リスグラシュー、レイデオロ、ノーブルマーズ、スティッフェリオは引き続き上位候補と思っています。理由は騎手の動向などが大きいですが厩舎や馬主など陣営の思惑も併せて考えています。あと追加では理由などは全く不明ですが夜中までの即PAT前売りのオッズで若干違和感を感じたスワーヴリチャードも気になっています。よくよく見ると今後は秋天くらいまでしか適鞍もなく、間隔調整や叩き台でここを使う意味はあまりなさそうで、勝つかどうかはともかく力を出せば馬券に絡む可能性は条件だけで考えればかなり高いのでは?と思います。その割りに今回は人気がないように感じます。
とにかく12頭で8頭に注目では多すぎるので、当日までに絞りたいと思っています。ただクリンチャーは三浦騎手がこのレースだけでなく大きなレースのたびにこの馬のために再三追い切りのために関西に遠征していて執念すら感じます。
また三浦騎手の中央G1初勝利もここが可能性としてはかなり高いのでは?と個人的に考えているので、現状はまだ中心に考えています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在6月22日(土)AM3時12分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

↑このページのトップヘ