競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

2019年10月

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
天皇賞はアーモンドアイの圧勝でしたが、個人的にはアエロリットの渋太さが妙に印象に残りました。もちろん人気のサートゥルナーリアやダノンプレミアムは勝ちにいく競馬をしたのでゴール前は脚が残っていなかったり、アエロリット自体が内枠で、Bコース変わりや高速馬場の恩恵があったとは思いますが、この相手でハナを切って最後差し返すくらいに脚が残っていたことなどを考えると、相当実力をつけている感じです。他場で同じように走れるか、また展開が不向きなときにどうか、などまだハードルはありますが、今後注意が必要な馬だと思いました。

今週は予報どおりだと馬場の心配が少ないと思いますので、穴党にとってはあまり歓迎できませんが、競馬自体はスピード勝負を満喫できると考えています。

◆アルゼンチン共和国杯
まだハンデが発表されたばかりの段階ですが、このレース(春の目黒記念も含めて)はハンデがかなり大きな比重を占めるケースもあり、まずはハンデについて考えたいと思います。
・オジュウチョウサン53キロ
すでに8歳であり、通常ならよくありますが、前走が準オープンで56で、今回は前走大敗で少々割り引かれた印象と個人的に思っています。前走は休み明けで叩き台と陣営がコメントしてますが、これが戦略であれば、ここは上位に入り、今後どうするかは不明ですが何かしらの足がかりにする可能性ありと考えます。
・アドマイヤジャスタ53キロ、ハッピーグリン55キロ
いずれもハンデキャッパーの一番の腕の見せ所では?と思います。どちらもハンデ戦の経験がなく、大きなレースでの出走経験もあり、またそこでそこそこの健闘も見せています。ところがどちらも前走は強敵揃いとはいえ、大敗していてハンデの設定自体かなり難しいのでは?という条件です。このパターンは大敗も圧勝もなければハンデキャッパーの勝ち?と考えています。ただ馬券に絡むまないとは限らないので注意は必要と思います。
・マコトガラハット51キロ
昨年穴を開けた時と同じ斤量ですが、馬齢は6歳であり、若い馬では52キロ見当という可能性もあると思っています。また長期の休み明けでもあり仕上がりが気になるところと思っています。ただこの条件は走るのはわかっているので、斤量の利で思わぬ好走も可能性としてはあると思っています。
・ムイトオブリガード56キロ、ルックトゥワイス57キロ
どちらもこのレースの条件では有力とされる馬と思いますが、このハンデが明暗を分ける可能性もあると考えています。
昨年の六社Sではムイトが56で1着、ルックは57で2着でした。続く昨年のアルゼンチンではムイトはほぼ妥当な55で2着、ルックは若干割り引かれたように感じた54でしたがなんと8着と大敗でした。
その後ムイトはオープンでは1キロプラスされ56で数戦しましたがすべてそこそこではありますが凡走で、今回も56です。
その後のルックは暮れの中山で強い競馬をみせて準オープンを完勝、ここで1キロ増量されオープンでは55キロになりましたが、いきなり新春杯で2着、ただその後も同じハンデ55キロ評価で、今春の目黒記念では同斤量で1着になりました。ところが今回は2キロ見込まれて57キロでの出走となりました。

単純に考えれば大きく見込まれたルックより、今回も56のムイトの方が面白そうですが、ハンデ戦はそんなに簡単ではないと過去の例からもそう思っています。事実この両馬もオープン入り後は見込まれたときのほうがことごとく好走しています。ただ今回は騎手の動向なども考えるとムイトの方が人気もなさそうで、実際にはルックに勝っていることもあり面白そうだと考えています。

他では前出の前走大敗、長期休養明けなど?でハンデが若干割り引かれている印象があるオジュウチョウサン、マコトガラハットあたりに注意と考えています。またハッピーグリンとアドマイヤジャスタもハンデがどうかわかりませんが、2〜3着の可能性は十分と考えます。特にハッピーは今回から中央入りで賞金加算も必須になり、コース、距離(24ですが)とも今までかなりの相手にそれなりの走りを見せているし、前回記事でも少し触れましたが毎日王冠出走馬ということもあり注意が必要と考えています。

他の馬はまた次回以降に考えたいと思っています。

◆みやこS
完全な前哨戦と考えているので、その条件に沿えば現段階ではスマハマとラビットランに注目と思っています。

◆京王杯2歳S
現段階ではマイネルグリッドに注目しています。

◆ファンタジーS
人気の有無はわかりませんが現段階では個人的な京都⇔函館の法則でケープゴッドに注目しています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月29日(火)AM2時47分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
土曜日は不発嵐でした。もしご覧になっている方は穴狙いのうえ、不発が多いのでご注意ください。

コックスプレートのリスグラシューは短い直線などきわめて厳しい条件で強さを発揮しました。また2着の馬はやはり内枠、軽量の利というところかな?と思いました。

日曜日は新潟が天気が悪い可能性があり馬場状態に注意と思います。東京もにわか雨の可能性があるそうですが、予測が難しく、仮に降ってもよほどの雨でないかぎり大きく馬場が悪化することはないと決め打ちしようと思っています。

ただ今年の秋の天皇賞は馬券よりも見るレースというイメージかもしれないと思っています。

・月曜日朝に掲載した天皇賞・秋の展望他の記事は下記です。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53336068.html
・木曜日夜中(金曜日)に掲載した秋天以外の展望の記事は下記です。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53336410.html
・土曜日朝に掲載した天皇賞・秋の展望の記事は下記です。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53336500.html

◆天皇賞・秋
今までの内容を総合的に考え、あとは一概にはいえませんが今日スワンSでモズアスコットが好走したことも踏まえて考えてみたいと思います。モズの前走は毎日王冠でした。かなりのメンバーのレースで特に直線では地力が問われたレースという印象でした。毎日王冠で順位や脚質にはこだわらず直線で「いい脚を使った」と感じる馬に注意と思いました。ちなみに現在までのオッズへの個人的な違和感はワグネリアン、ダノンプレミアムに若干感じました。(馬券種類・タイミングは記載しません。根拠はなくあくまでも個人的な印象で、もちろん結果も不明です。ちなみに今日のスワンSは不発でしたのでご注意ください)
◎ワグネリアン
この後の予定はわかりませんが、個人的な印象ではこの条件が一番合っているように感じます。前走ではアクシデントもあったらしいのですがレース振りからここはメイチと考えます。またあまり直接レースと関係はありませんが、北海道地震で母親が亡くなったこともあり、さらに今夏に名馬といわれた、父と祖父が亡くなったことなどもあり、陣営は今年の天皇賞では結果を出したいはずと思います。ただ外枠がどうかと思います。使い出しが札幌記念だったのも注目の理由のひとつです。
○アーモンドアイ
これだけ勝っているのに桜花賞以降は決して他の騎手に譲らず、追い切りも遠征をいとわないなど、ルメール騎手の執念を感じます。枠順もよく大きなアクシデントさえなければまず上位に入るのでは?と思います。
▲ダノンプレミアム
展望でもふれましたが今週川田騎手はこの条件のレースにはすべて騎乗です(ダノックスの馬でも騎乗あり)。特に秋こそはG1を勝ちたいのでは?と思っています。左回り、東京、他場も含めれば2000の重賞も複数勝っていて、しかもマイルCSには同じ馬主の馬が出走予定と、ここで勝負しなければ。いつ、どこで?という状況と思います。
★サートゥルナーリア
春より強くなって安定して本格化した可能性十分と思います。スミヨン騎手は久しぶりに日本に勝ちに来たはずで、騎乗馬に不足はないと思います。ミスやアクシデントがなければ3歳で斤量も軽くまず上位の可能性が高いと思います。
△ランフォザローゼス
外枠ですが藤沢和厩舎2頭出しではこちらが若くて斤量も軽く、騎手もデムーロ騎手と一発ある可能性十分と思います。前述の毎日王冠で直線の脚色も目立っていました。もとから春は陣営のコメントで「秋以降に強くなる・・」という記憶があります。
青葉賞での最後のゴール前の他の馬と一味違う脚色が忘れられません。(一瞬だけ本気で走っていたと感じました)
△アエロリット
今週からBコースで今日も先行馬が渋太く、しかも比較的内枠に入り、距離が大丈夫なら止まらない可能性もあると思います。
△ユーキャンスマイル
前出◎のワグネリアンと同じ馬主、厩舎でマカヒキも含めると3頭同様で注意と思います。特にこの馬、新潟記念で長距離でなくても強さを見せました。左回りは特に注意と思います。
注スワーヴリチャード
内枠でもあり実績と地力では馬券に絡む可能性十分ですが、休み明けなのと、なぜか大阪杯や宝塚などで好走するなど、海外レースで勝負をかける馬と似たローテーションに感じます。新天皇陛下と横山典騎手が誕生日が同じと話題になっているようですが、事前にこのような材料で勝った場合、「どうなの?」と思ってしまいそうです。ただキタサンの連続内枠のケースもあり、「何でもあり」かも知れませんが・・・。勝たなくても馬券に絡む可能性はかなりあるとは思います。昨年も国内の大レースでは致命的な出遅れなど、なぜか勝ちが逃げていくのが今までの印象です。今年こそは・・?

◆カシオペアS
展望に記載したアメリカズカップ、キョウヘイ、マイネルフラップに加え、シャイニービームとマサハヤドリームにも注意と思いました。

◆ルミエールAD
当初穴ではトウショウビストを狙おうと思っていましたが、同じトウショウのトウショウドラフタが特に馬場が悪化したときは注意と思います。斤量や賞金加算の問題もあり人気のないこちらを狙おうと思います。特に今日のスワンSでもキングハートやタイムトリップと信越S出走の馬が馬券には絡みませんでしたが思わぬ好走をみせています。相手では人気系で展望に記載したカッパツハッチと今回も軽量で出走できるクールティアラと追い切りでキビキビした動きで個人的に印象に残ったレジーナフォルテに注意と思います。

◆御陵特別
アッシェンブッテルに注目で相手でメイショウの3頭に注意と思います。

◆壬生特別
ショウナンマッシブに引き続き注目しています。

◆西湖特別
人気薄で地力的にかなり難しいかもしれませんがマイネルストラトスに注目しています。

◆精進湖特別
アトミックフォースに注意と思います。

◆新潟9R
ノストラダムス、ベガーズ、ショウナンバビアナに注意と思います。

◆京都7R
シャイニーロックに注目しています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月27日(日)AM0時50分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
・月曜日朝に掲載した天皇賞・秋の展望他の記事は下記です。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53336068.html
・木曜日夜中(金曜日)に掲載した秋天以外スワンSなど今週の展望の記事は下記です。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53336410.html

また週末にかけての大雨でかなり被害がでているようです。
競馬のほうも馬場状態がかなり心配ですが、東京、京都は水はけがよく回復もあると思いますが、京都は引き続きのAコースなので内目は悪化していそうで、開幕当初より続いていた内有利が若干変わってくる可能性があると思っています。

◆スワンS
まず現段階までにオッズに違和感を感じた馬は人気ではグァンチャーレ、スマートオーディンあたりで、穴ではセイウンコウセイでした。また道悪適性も多少問われる可能性もあると思います。
他騎手では今日は松岡騎手、田中勝騎手が関東から遠征です。また今日の京都外回りで1800、1600あたりで出場する騎手にも注意と思います。追い切りでは個人的にはグァンチャーレが印象が残りました。他では展望でも記載しましたが個人的な法則、京都⇔函館の法則も加えて検討したいと思います。
◎マイスタイル
○セイウンコウセイ
▲グァンチャーレ
★ノーワン
△カルヴァリオ
△モズアスコット
△マルターズアポジー
△ダイアトニック

◆アルテミスS
展望どおりショウナンハレルヤに注意と思います。他馬場状態も加味すればオムニプレゼンスにも注目です。ただ軸はリアアメリアでしょうがないと思っています。

◆東京12R
ポルタメント、コスモクウェンチに注意と思います。

◆京都12R
サンシャーロットに注意と思います。

◆京都8R
人気系ではキングフォルテに穴ではメイショウナンプウ、あとコースや距離適性がどうかですがグランプリワンに注目しています。

◆天皇賞・秋展望続き
天皇賞と同じ芝2000のレースは土曜日に2鞍、日曜日に1鞍ありますがすべてに騎乗を予定しているのは川田騎手でした。また戸崎騎手、ルメール騎手も2鞍は騎乗予定です。特に川田騎手は本番と同じダノックスの馬で騎乗するレースもあります。今年まだ中央G1未勝利で、秋も人気を背負いながら惜敗している流れからここはどうしても結果を残したいのでは?と思います。またルメール騎手はアーモンドアイに対する思い入れが相当大きいのか、毎レース1週前、直前ともに追い切りでも関東に遠征しています。少なくとも川田。ルメール両騎手は馬の地力をはずして考えても騎手の勝負気配は相当だと考えています。

◆コックスプレート少し予想
あまり豪州の詳しい事情はわかりませんが、JRAHPの出馬表によるとD&Bヘイズ&T.デイバーニッグとウォーラーという2つの厩舎が2頭出しです。またスタートと最後の直線が極端に短く外枠はかなり不利ではないか?と思います。ということで内枠で斤量ができるだけ軽い馬で2頭出しの馬を地力などは不明ですが少々だけ狙ってみます。具体的にはケープオブグッドホープ、ベリーエレガントに注目で単複見物料程度に少々、それから内枠で人気がまったくないハーレムの複勝を同様に少々だけ買ってみたいと思っています。ボウマン騎手の馬は鞍上も含め面白そうですが外枠なので見送ります。本当は欧州競馬でたまに走りを見ているマジックワンドあたりが面白そうと思っていましたが、ムーア騎手ということもあるのか、かなり人気みたいでこれも見送ります。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月26日(土)AM10時15分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ


ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
月曜日朝に掲載した天皇賞・秋の展望他の記事は下記です。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53336068.html

ちなみに枠順が決まった秋天はアーモンドアイも金子氏の3頭のうちワグネリアン以外は比較的内枠で外枠にはなりませんでした。コースがコースだけに枠順はかなり気になります。

下記は現段階での注目している馬などです。直前に変更する可能性もあります。不発にはご注意ください。
◆スワンS
マイルCSの前哨戦ですが、近年はこのレース目標に出走の馬も見かける、というふうに個人的には思っています。ここでも個人的に重要視している京都⇔函館の法則も含め考えたいと思っています。

今回距離がどうかという点もありますが、マイスタイルに注意と思っています。
もちろんマイルCSも京都で、実績のある距離なので展開によっては面白そうですが、現状の地力では少し荷が重い相手がそろいそうで、むしろここのほうが、と感じました。

他ではセイウンコウセイ、ノーワン、賞金加算がまた少々必要になりかけていると感じるロードクエストあたりにも注目しています。

◆アルテミスS
人気の有無がわかりませんがショウナンハレルヤに注意と思っています。

◆カシオペアS
個人的な趣味になってしまいますが、メンバー的にもかなり人気薄の馬でも上位を狙える可能性があると考え、アメリカズカップ、キョウヘイ、マイネルフラップを狙うつもりです。

◆ルミエールAD
この先この条件が得意な馬はローテーションを組むのが難しそうで、ここは斤量的な部分も考え多少人気になりそうですがカッパツハッチがメイチでくるのでは?と思っています。あとは頻繁に買っていますが前走この条件で思わぬ好走をみせたトウショウビストに注意と思っています。仮にここがダメな場合は出走可能であれば、京都⇔函館の法則もあり、京阪杯あたりが目標の可能性がありますが、年齢的にも先を見据えたローテーションではなく出走レースにその都度全力投球の可能性が高いと思っています。いずれにしてもこのコースは枠順も関係があると思うので、それを見てから再度考えたいと思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月25日(金)AM2時37分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
菊花賞は大きな着差はつきませんでしたが、事実上ワールドプレミアの完勝という印象でした。
このレースでは外枠で外を回りながら途中で仕掛けたタガノディアマンテに今後注目と思います。田辺騎手でもあり、クラシックのG1ですから、当然ここが目標だったと思われるので、今後を考えてではなく、あくまでも勝ちにいくか、上位を狙っていたと思いますが、直線に向いた時は一旦先頭に出る勢いで、ゴールまでに差し馬には屈しましたが、大きく失速はせず一桁着順でした。目立ちませんが一戦一戦少しずつ力をつけている可能性があると思いました。

他のレースでは日曜日・東京8Rのリーゼントシャルフに今後注目と思いました。このレースは実力馬と評判の3歳馬・ドナアトラエンテが抜けた人気でしたが、先行して後続の差し馬に差されて3着でした。この内容を考える上位馬はそれなりのレベルのメンバーであった可能性が高いと感じました。この相手で向う正面で後方から一気にまくり一旦先頭に並びました。外を通り内の馬と間を空けていたことなどを考えると、戦略的に仕掛けたのか、かなり気難しいか、というふうに感じましたので、注文がつく馬の可能性もありますが、脚を測った可能性も十分あると思います。まったく実績はない馬ですが、中距離から一回短距離にして、また中距離にもどして試行錯誤をしている感じですが、こういうタイプは小回りの周回コースなどで勝負をかけてくる可能性があると思いました。

さて今日は先週の日曜日(13日)の代替開催ですが、一部は個人的な注目馬が出走するので、一応記載します。今日は平日で用事が多く、レースはほとんど見れないと思いますが、メインだけは事前に少々だけ買います。
◆オクトーバーS
マイネル2頭、シルク2頭出しです。
中でも有利な内枠で左回りは堅実なシルクのトリコロールブルー、渋太いサラキアとシルクの馬が中心と思われます。あとは斤量の関係で3歳のマイネルサーパス、コース得意で一回叩いたダイワキャグニーとブレスジャーニーあたりが面白そうです。個人的には外枠ですがいつも追っかけているショウナンバッハが実績ある左回りで出走でここは相手関係からも注目しています。

◆東京12R
アオイサンシャイン、ミフトゥーロに注意と思います。

◆東京7R
ダイイチターミナルとアルママに注意と思います。

◆天皇賞・秋展望
ここは友道厩舎・金子真人オーナーの3頭出しに注目で、まず馬券に絡んでくると考えています。個人的には馬券の中心にしようと考えています。

3頭の中で一番注目はワグネリアンです。前走(札幌記念)のレース振りメンバーレベル、ローテーションなどここが目標なのは明らかと個人的には思っています。またユーキャンスマイルも前走でこの馬の適性と思われていた長距離だけでなく2000でも強い競馬をしました。侮れないと思っています。また札幌で好走歴があり東京でもダービーを勝っているマカヒキも地力がある割に今回はノーマークになりそうなので、少々は押さえたいと思っています。
(上の赤字部分は赤字は10月21日17時ころ修正:文章の意味の補正)

他一般的?な人気の馬では、なんといってもアーモンドアイが出走で注目です。またこのレースに照準を合わせ前走で力のあるところを披露したサートゥルナーリア、休み明けですが明らかにこの条件で上位を狙ってきそうなスワーヴリチャードあたりが中心と考えます。ダノンプレミアム、アエロリットはともに距離が未知数ですが、通用する可能性も十分でこの辺も押さえたいところです。

いずれにしても東京2000は枠順が結構大事と思っているので、今後追い切りの様子、枠順、オッズで人気の情勢などを見たうえで判断したいと思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月21日(月)AM9時50分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
木曜日夜中(金曜日)に記載した菊花賞、富士S他今週のレースやコーフィールドCの展望です。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53335783.html

土曜日はまたもやまったくの不発でした。
またコーフィールドCも全然でしたが、メールドグラースは強い競馬をしました。やはり重賞3連勝で、国内は見向きもせずに海外G1というローテーション自体が勝負気配プンプンだったのかもしれません。異色のローテでやはりラブリーデイ的な馬、という感じで、コースや距離を問わなそうです。今後は国内一線級のそろう大レースでも注目の馬になるかもしれないと思いました。

東京は馬場は意外に悪化せず、新潟は結構降りましたが、京都も含めあまり悪化しない程度で現状は収まっているように見えました。日曜日は全場とも天候は安定しそうで、馬場はほぼ大丈夫そうです。ただパンパンの良馬場というわけには行かないかもしれませんが・・。

富士Sのエメラルファイトは勝ちにいきましたが、結局直線坂のあたりで失速しました。ただ過去富士Sであのようなレース振りの馬はもちろん地力の裏付けが必要ですが、さらに次走は好走例(サダムパテックなど・・)もあり、引き続き好走するまで追いかけてみたい、と思いました。(もちろん順調に使えていれば・・ですが)

◆菊花賞
個人的な観測ですが、このレースは近年は長距離適性は少々は必要ですが、騎手や枠順、また賞金の状態、また一種の勢いみたいなものも必要という印象です。

◎軸ザダル
前走は賞金足りていたはずで、今回も内枠でもありここ勝負?
○ワールドプレミア
前走超スローの中、この馬のゴール前の脚は際立っていた印象でまだ奥がありそうです
▲ホウオウサーベル
蛯名騎手当日1本勝負
★ヴェロックス
地力は随一で押さえたい
△タガノディアマンテ
外枠ですが田辺ー鮫島コンビは当日芝2000で出走あり、また田辺騎手は5Rで他厩舎ですが外回り芝も出走があり注意
△ユニコーンライオン
京都⇔函館の馬で人気薄、相手は違いますが京都と函館は4回走ってまだ連をはずしていない
△ナイママ
こちらも外枠ですが、同様に柴田大ー武藤で当日芝2000出走あり注意

今日の競馬で極端な内枠有利ではない可能性もあると思い一部外枠にも注意と思いましたが、原則は内が有利と考えています。現在までのオッズへの個人的な違和感ですが馬券種類、タイミングは記載しませんがワールドプレミア、サダルに感じました。ただここのところ不発なのであまり参考にならないと思います。

あまり大穴狙いにはなりませんでした。

◆ブラジルC
サトノとビッグレッドがそれぞれ2頭出しですが、コース形態による枠順とハンデ戦ということで一筋縄にはいかないと考え、ハンデ戦略の関係でコスモカナディアン、他は内枠でマイネルクラース、サトノプライムに注目です。他はあと一息まできたクロスケあたりで。

◆桂川S
展望で大山崎特別と書いてしまいましたが、軽量、短距離芝のデムーロ騎手、京都の芝1200で内枠と条件がそろいクインズチャバラに注目です。

◆飛翼特別
軽量のケワロス、あとは同じ軽量で事実上このコースしか走らないスノードーナツ、若干緩い馬場であればサヤカチャンに注意と思います。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月20日(日)AM3時5分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
木曜日夜中(金曜日)に記載した菊花賞、富士S他今週のレースやコーフィールドCの展望です。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53335783.html

他の用事が多く遅れましたが、今週も簡単に。
今週も天候が不安定で、馬場状態に注意と思います。特に東京はかなり馬場が悪化しそうです。
◆富士S
展望どおりに◎はエメラルファイト、○カテドラルでいきたいと思います。他ではアドマイヤマーズやノームコアは馬場状態と斤量がどうか?ということがありますが押さえは必要と思います。
あと現在までの途中のオッズ違和感ですが、かなり途中で変化が多く特定しにくいのですが当初から別の要因で注目のカテドラルとエメラルファイト、あと共同でどうかと思いますがレッドオルガに若干感じました。あとこれは難しいと思いますので、話半分ですが現在までの途中の2−3−8の三連複と三連単のオッズになぜか若干違和感を感じました。

◆室町S
端数ハンデのカフジテイク、シュウジ、それからハットラブに注目です。

◆京都12R
アポロテネシーに注目しています。

◆新潟8R
少しずつ復調してきた感があるカレンに注目しています。

◆コーフィールドC
豪州の競馬はあまり見たこともないのでテレビで放映の参考レース映像のみで考えましたが、原則見物料で展望どおりクオフィラを単複のみでピンポイントで少々だけ買います。

◆菊花賞展望追記
現段階では展望どおりホウオウサーベル中心で、レッドジェニュアル、ニシノデイジー、ユニコーンライオン、メイショウテンゲン、ナイママで考えていますが、追加で騎手の動向でヴァンケドミンゴも検討対象に追加します。あとザダルが結構気になっています。枠順・・、若干のオッズの違和感などが理由です。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月19日(土)AM11時35分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ


ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
すべて現段階での展望です。
◆菊花賞
前回の展望でホウオウサーベル中心でメイショウテンゲン、ユニコーンライオン、レッドジェニュアルに注目と書きましたが、よくよく以前からの成績などを吟味しましたが、加えて比較的人気では今回ルメールが騎乗のニシノデイジー、人気薄そうなところでは外枠が気になりますがナイママに今回も注目と思いました。両馬の注目点は札幌2歳Sのレース振りです。またニシノデイジーは京都⇔函館の法則(個人的な法則ですが・・)、またナイママも京都外回りの比較的長距離では他の場よりスムーズで掲示板に載りました。侮れない条件だと思います。

◆富士S
先日このブログでもふれましたが、今年のダービーで比較的先行したり、3〜4コーナー付近など途中で脚を使った馬は次走では重賞でもほとんど馬券に絡んでいます。ということで馬場状態が心配ですがエメラルファイトに期待しています。また追い切りでの走法からカテドラルは力が要るほど馬場が悪化しない、通常の道悪なら注目と思います。

◆大山崎特別
クインズチャバラ

◆飛翼特別
ケワロス

◆代替競馬21日東京
代替などの時は個人的な印象ですが、馬使いの荒い馬主さんの馬、たとえば15日代替メインの勝ち馬のシゲルの馬やタマモ、ナムラ、メイショウ、クリノ、ミルファーム、ビッグレッド関係などに注目と思っていますが、今回は出馬投票をやり直すのと、若干日が開くことも考えて、と思います。むしろ15日とは若干違って本来有力と目されていた馬が再度出てきたら要注意という可能性も十分と思います。
・オクトーバーS
マイネルサージュ、マイネルサーパスの2頭と相手でショウナンバッハ、ブレスジャーニー

◆コーフィールドカップ
前走のレース振りからクオフィラ

現段階ではこんな感じですが、これから富士Sなど土曜日のレースの枠順が決定したり、重賞の金曜日発売が始まりオッズも最終形ではないにしても大雑把な人気の情勢もわかってくると思います。またそれらを見ながら土曜日と菊花賞の検討をしたいと考えています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月18日(金)AM2時20分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
今日は大きなレースはありませんが、個人的な穴の注目と、現在までのオッズで若干違和感を感じた馬をピンポイントで記載したいと思います。(すべてを買うつもりはありません)

個人的には他の用事も多々あり、見る時間もほとんどありませんが、事前にピンポイントで下記の中で一部の馬だけ見物料程度に単複のみを少々だけ買う予定です。いずれにしても不発続きなのでご注意ください。

調教師一次試験でなぜか蛯名騎手だけが不合格で、四位騎手、西田騎手、村田騎手は通過したようです。
蛯名騎手はダービーも未勝利ということもあるので、来年までまた騎手として大レースを狙うしかなくなったようです。これが本来の姿なのかもしれませんが、以前とは違い仮に実績ある有名騎手でも大変だと思いました。

◆代替開催
※は現在までのオッズに個人的に違和感を感じた馬です。(理由、結果は不明です)
・東京ハイジャンプS
ブライトクォーツ、※メイショウダッサイ、※サトノアッシュ
・白秋S
ウインドライジズ、ブルベアトリュフ(※、注目)
・山中湖特別
ブランクエンド、コスモインザハート
・プラタナス賞
※ミャゴラーレ
・東京1R
ミルファームが3頭出しで注意と思います。※カラーズオブラブ
・東京2R
エクメディクイーンに注意
・東京3R
ビッグレッド関連3頭出し。人気薄コスモプロケッラに注意
・東京4R
※スローフード、※ジュフォン、※ウイルホースバイオ
・東京5R
※フローズンスタイル
・東京6R
サイドストリート、タツオウカランプ、※ルソンデュレーヴ、※クリノヴィアンカ
・東京7R
※サルーテ、※フォースリッチ

◆菊花賞展望
今回前述のように調教師一次試験で不合格だった蛯名騎手騎乗予定で炎の十番勝負でも指名したホウオウサーベルに期待です。
他で穴っぽいところでは、現段階ではメイショウテンゲン、レッドジェニュアル、ユニコーンライオンあたりに注目しています。人気になりそうなヴェロックス、ワールドプレミアも押さえたいとは考えています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月15日(火)AM9時10分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
日曜日は個人的には不発でしたが、特に秋華賞はかすりもしませんでした。
今日は再びピンポイントで。

日曜日の京都10R三年坂特別でダントツの殿り人気で2着に入ったシベリアンタイガーはいつも感じている京都⇔函館の法則にピッタリでした。時計がかかる馬場や重も苦にしないのも好走の要因だと思いますが、このパターンは穴目では盲点になりやすいと思っているので今後も注意と思います。

今日は同時開催で盛岡で地方交流重賞の南部杯も行われます。騎手の動向にも注意と思います。

木曜深夜(日付は金曜)に掲載した秋華賞他の展望記事は下記です。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53334287.html

◆府中牝馬S
以前の古馬牝馬のG1がなかったころ、阪神牝馬Sが一番グレードが高く、ここに狙いをさだめる強豪牝馬が多かった、という記憶がありますが、古馬牝馬G1が2レース新設され、さらにこのレースが重賞になり格上げになり、G1に次ぐレースになったという印象です。トライアルとはいえ強い馬が複数出走して大きく紛れることはないという印象です。

今回は台風の影響や南部杯との兼ね合いもあり、馬場状態も難しそうです。さらに昨年よりメンバーが少々落ちる感じで、少々穴を狙います。(いつもですが)

当初展望ではラッキーライラックを、と書きましたが思いのほか人気になりそうです。また岩田騎手がそのまま騎乗のスカーレットカラーも同様です。安定した地力のプリモシーン以外は惑星的な馬で狙ってみます。

今回は逃げそうな2頭、エイシンティンクルと海外明けですが今回軽量で賞金が加算したいジョディーに原則ピンポイントで注目しています。相手は当初から注目のラッキーライラックと地力あるプリモシーンに注意と思います。今日の馬場は荒れていないのに大量の雨が降り、一回乾いたのに、また雨が降るという難しそうな馬場で騎手も様子見の可能性もあり、人気薄の逃げ馬には注意と思います。
もう1頭、差し馬では人気の盲点になっている感があるレッドランディーニにも注意と思います。この馬は賞金加算も必須の状況と考えています。


◆オパールS
こちらは展望と大きくは変えないつもりです。穴で狙う馬が外枠にならなかったからです。比較的人気系では大野騎手がこの馬のために遠征する?カラクレナイに注目と思っています。穴では予定通りまったく人気薄のフミノムーンとタマモブリリアンを狙います。あと他ではメイショウカズヒメ、メイソンジュニアにも注意と思っています。

◆国立特別
このレースは2頭の馬をピンポイントで狙います。中穴ではムスコローソ、大穴では展開が嵌ればという前提ですがタマモメイトウを狙うつもりです。

◆南部杯
展望どおり吉原騎手のサンライズノヴァを狙います。もちろんゴールドドリームも押さえますがまだ目標は先そうで、別の馬が勝つ可能性も十分と思っています。追い込みで脚質は不利そうですが、サンライズが最有力と考えます。あとはアルクトスも押さえたいと思っています。他では難しそうですがオールブラッシュ、ノボバカラが他の上位争いの間隙を突いて馬券に絡む可能性も十分と思います。

オッズ違和感など他に後で気付いたことがあったらまた記載するかもしれません。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月14日(月)AM11時17分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

↑このページのトップヘ