競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

2019年11月

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
今日も外出先で結果を見たら、ほぼ全くでした。
G1が続くのにこの状態では・・・、普通の状態かもしれませんが・・・

土曜日予想で記載したように、予想だけ簡単に楽しんで、馬券は少々だけ買う、というパターンを続けようと思います。
まずは変則ですが、阪神のメインレースだけ狙いがはっきりしているので、記載します。
くれぐれも人気薄で難しい馬が多い上に、予想自体が不発続きなので、もしご覧になっている方がいたら、反面教師に活用されたほうがいいのでは?と思っています。

◆逆瀬川S
ここはかなり人気薄になりそうですが、アンネリース、テーオービクトリー、ケンホファヴァルトの3頭に注目しています。

G1を含めて他のレースよりも個人的には注目度が高いのと、出走馬が決まった時点で狙いたいと思ったので、先に記載します。

他のレースは順次また記載します。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月30日(土)19時17分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
先週の不発続きにピリオドを、と考えましたが、年末もあり他のことも忙しく、また残高問題も浮上してきたのでこの年末は馬券というよりは予想を中心に考えたいと思います。一部は馬券を買いますが単複中心に少しだけ、と考えています。
トータルでは個人的にはかなり自信度は低いと思っています。

◆ステイヤーズS
もとから異様に長い距離であり、ハンデ戦でもないので、本来は力の序列が難解ですが、陣営も過去のこのレースと年初のダイヤモンドS、春天や阪神大章典など数少ない長距離戦の実績くらいしかなく、一般の距離でのハンデ評価は通用しないため、仕上げたり、出走させる側もここを目標にしているかがポイントと考えています。つまり毎度同じようなメンバーがそろうレースという印象で、その中での序列は結構はっきりしている感じです。

この条件では抜きん出た地力のアルバートがすでに8歳で休み明けが16着と、この馬の取捨が大きな比重を占めると考えています。個人的には人気の度合いで決めたいところですが、他の一部のメンバーは走ってみないとわからない馬がいて、この馬が力落ちや調子がいいかどうか、という内部的な問題はファンには判断が難しく、長々と書きましたが、要するに先を見越して見物するレースにするか?、アルバートに大枚突っ込むか?という選択だと考えています。ただそんな中でリッジマンだけはここがこの馬の地力を一番発揮できる条件がそろっていると感じています。

穴馬さがしは正直難しい感じです。何かの手がかりがあれば見物料程度に買いたいと思います。
大きな根拠はありませんが、陣営のその日のレースの使い方と騎手の騎乗レースなどを見ていて、ベイビーステップとチェスナットコートに注目しています。ただリッジマン、アルバートは本来は押さえたいところと考えます。

◆チャレンジC
穴では個人的な趣味でいえばケイアイノーテックが勝負がかりではないかと考えています。他では賞金加算が必須なハッピーグリン、コースなど条件的にノーブルマーズに注意と思います。ただ外国人騎手の騎乗馬も結構いて、彼等の出方しだいでレースが大きく動く可能性もあると思っています。ただ枠順や脚質から開幕週であることなどから人気ですがギベオンは押さえたいところです。同様にブラックスピネルも注意と思います。

◆犬山特別
穴でマリオに注意と思います。他ディライトプロミス、ぷれシャスリーフあたりにも注意と思います。

◆中京8R
これもどちらも大きな根拠はありませんが、ニシノベースマンとアドマイヤクィーンに注目しています。

◆長良川特別
ここは地力のあるイタリアンホワイトが走りごろ、と考えています。他シークレットアイズ、ブラックサルートに注意と思っています。

◆中山12R
どちらも穴ではありませんがシセイタイガ、シセイヒテンの2頭出しはどちらも地力もあり注意と考えています。

◆阪神12R
エイシンネメシス、ミヤジシルフィード、メイショウカササギに注意と思います。

◆チャンピオンズC展望
クリソベリルが地力、斤量などからも優位は動かないと思いますが、先日の前哨戦・みやこSで先行した馬、また途中で仕掛けた馬には注意と考えています。具体的には人気件ではインティ、ウェスタールンド、穴ではワイドファラオ、ヴェンジェンスあたりです。特に穴の注目馬ではワイドは斤量の利もあり、ヴェンジェンスは先週少し触れましたが、距離は違いますが個人的にハイレベルと感じた天保山Sの勝ち馬でもあり、外枠がどうかですが前走は単なるフロックではない可能性もあり、侮れないと考えています。ただ他も地力のある馬が複数いるので、かなり展開が紛れたり、有力馬に不利がないと難しい可能性もあると考えています。ただコースはコーナーのとんがったコースでポジションや展開などがかなり影響するので東京よりも穴が出やすいコース、という印象があります。また有力馬は多くが勝ちにいくと思うので、ノーマークの先行馬やいいポジションを取った無欲の馬などが突っ込む可能性も十分あると考えています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月30日(土)AM10時12分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
ジャパンCのみならず先週は全滅でした。
特に象徴的だったのはジャパンCと京阪杯でした。
ジャパンCは配当はそこそこ人気でしたが、実際は中穴の馬が来たと感じています、馬券を買った人たちがうまかったのでは?と思います。
私は内が有利といいながら外の馬に印を付け、金子氏の馬がこういうパターンで来たら、???という場面なのに、結構重い印にするなど完全にチグハグでした。修行のし直しです。

ただ3歳牝馬は内枠とはいえ、また馬に地力があったとはいえ、凱旋門賞同様斤量もかなり有利にはたらいたと感じました。

先日仕事関係で別件で面会した方が、広尾の一口馬主だったので「クレッシェンドラヴ、おめでとうございます」と言ったら、今度は有馬記念に出走できるか微妙でヤキモキしている状況、と言われていました。一線級より格下なのかもしれませんが、実際は中山の特に時計のかかる冬の馬場は展開とポジションしだいでは、掲示板、いや馬券に絡む可能性十分と思います。何とか出走できないと有馬の投票でも微力ですが協力しようと思っています。

◆浦和記念
ロードゴラッソに再度注目しています。前走はさっぱりでしたが結構実力はあると感じています。馬券に絡むのではないか?と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月27日(水)23時58分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
今日も簡単に。穴が多いので不発にご注意ください。

水曜午前に記載した展望記事です。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53338590.html

土曜昼に記載した展望記事です。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53338812.html

雨は朝まで降っていたようです。
馬場の回復具合が鍵になりそうですが、東京芝は地力勝負になっている感じなのでそれなりに悪化していて、苦にしない馬以外は、持久力勝負になっている印象です。道悪の場数を踏んでいる馬に注意と思います。雪国の人の雪道歩きや、欧州の馬が重い馬場の競馬に強いのも、そんなことが関係しているように思います。

今日は西山牧場の馬が大挙10頭出走で、東京1Rですでに勝利しているようですが、特に東京は1R4R、5R、6R(2頭)、8R、9R(2頭)と出走ですが、すべて馬番で1か2に1頭は入っています。これは???と思っていましたが、すでに1Rは勝っているので、他のレースも見ものです。もう4Rが始まります。

◆ジャパンC
馬場状態への対応力、外国トップ騎手の手腕、ローテーション、なぜ外国馬がいないのかをうがった見方で考えた点、馬主や生産牧場の意向などを考えてみました。また通常でも内が有利なコースですが特に現段階では内の馬の好走が目立っているように思います。
今後内がどれだけ荒れるかですが、内の馬も4コーナー以降は少し外を通っていて、やはり内の有利は動かないように思います。このような条件を承知している名騎手がどのような騎乗をするか、これは見ものだと思っています。ある意味スタミナといい騎乗があれば上位可能と思います。
◎軸ダンビュライト
○ジナンボー
▲エタリオウ
★スワーヴリチャード
△ルックトゥワイス
△ワグネリアン
△タイセイトレイル
注ウインテンダネス
馬券はダンビュの単複とダンビュ、ジナン、エタリ、スワーヴ、ルックまでで連のボックスのみでと思っています。

◆京阪杯
穴ではなだれ込み型のダイメイフジあたりに注目していますが、こういう時は意外ですがノーマークの逃げ馬が内枠に入り注意と思います。アポロノシンザンが結構言われていますが、ラブカンプーはG1で2着もあり若干時計がかかっている現状で、逃げなくても大丈夫な脚質など、スタートを決めれば注意と思います。他は函館でも実績のあるパラダイスガーデン、フミノムーンあたりの上位進出に期待しますが、メンバーはそろっているので3着に1頭食い込めれば、と考えています。ダイメイの単複、アポロ、ラブ、パラダイス、フミノの複あたりで考えています。本命実力馬の1本勝負意外は大枚はたくレースではないと考えています。

◆オータムリーフS
穴でヌーディーカラーに注目で、単複とスズカコーズライン、コウエイエンブレムあたりにワイドで買ってみようと考えています。

◆京都8R
穴でハクサンペリーに注目です。

◆東京6R
穴でテンモントムに注意と思います。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月24日(日)AM11時21分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
水曜午前に記載した展望記事です。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53338590.html

東京は大雨になりました。日曜日もかなり影響しそう、というか雨がやまない可能性があります。
穴党といっても道悪巧者がどこにかくれているかは、まったく見当もつかず、走法が比較的道悪向きに見えても、馬場状態はいつも同じわけではなく、キタサンやキセキではありませんが程度によってまったく不発に終わることもあります。ひとついえることは原則逃げ馬に注意ということと慣れているかは重要と思っています。また苦にしない馬があまりいない場合は得てして地力に序列が変わらない場合もると思っています。今週は東京ホース関係とビッグレッド関係に注目しています。

ということで、個人的情報もあり今日もレース見物をできる状況ではないこともあり、見物?料程度に買います。

◆キャピタルS
人気のないほうから、個人的な趣味でカフェブリッツ、道悪は実績あるコスモイグナーツ、アンノートル、サトノ3頭出し、レッドヴェイロン、ソーグリッタリングあたりまで、と思っています。馬券は見物料なので個人的趣味のカフェとコスモの単複だけにするつもりです。全部人気系で決まったら当然全滅ですが・・・。ちなみにビッグレッドの2頭は馬主といううより道悪が不利にならないと考えたからです。

◆銀嶺S
マイネルラック、タガノアム(軽量)、ブルベアイリーデ(地力)に注意と思います。

◆日曜日展望
・ジャパンカップ
雨の影響がありそうです。また現状外枠ですが先行力、騎手の動向や腕でジナンボー(道悪、本格化?)、ダンビュライト(先行力、過去に一線級と互角)、スワーヴリチャード(走りごろ?)、ルックトゥワイス(パンパンより時間がかかる馬場のほうが上位と差がなさそう)、エタリオウ(騎手動向、脚質)、ムイトオブリガード(騎手動向)あたりに注目しています。現状では馬券はジナンボー、ダンビュライト、ルック、エタリオウの単複と連のボックスと思っています。

・京阪杯
人気薄では内枠のアポロノシンザン、パラダイスガーデン、フミノムーンに注意と思っています。人気の実力上位馬にまぎれて残ったり、内からなだれ込んでくれれば、と思っています。

・オータムリーフ
展望の記載と変わっていません。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月23日(土)13時32分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
追記:11月20日PM0時15分
天気予報を見たら、どれくらいかはわかりませんが東京は土日は雨が降るようです。
馬場状態に注意と思います。


一般的には時間的に中途半端な時間ですが、この時間くらいしか空いていなかったので掲載します。
個人的なことですが、身内に色々あり現状は競馬どころではない状況ですが、一応1年の中でも大きなレースなので当初から考えていた展望を記載します。また週末は若干時間ができるので少しだけ買うかもしれません。

◆ジャパンC
登録段階ですがざっと見たところ、重賞未勝利馬が5頭もいて、G1勝ち馬は5頭だけ、しかも今年になりG1で馬券に絡んだ馬はドバイで2着の1回だけというメンバーです。また外国馬がゼロで史上初らしいのですが、前にもそんな感じのメンバーを見たように記憶していたのですが、それは個人的な印象で必ず1頭は外国馬は出走していたみたいで、正直驚きました。

ただ外国人騎手はごっそり来日、これにモレイラやレーン、ボウマン(11月20日PM1時01分追加)が加わればほぼレース名を世界オールスタージョッキーカップにしてもいいくらいかも、と思います。欧州がオフとはいえ、賞金が高額なせいでしょうか?

それからご存知の通り香港は開催自体が危ぶまれています。詳細は事情通ではないので知りませんが、現状どのようになるか予想が難しい事態で、仮に開催ができる話になっていたとしても、ひっくり返る可能性もあると思っています。

現在の評価でいえば日本のトップホースの多くが香港に出走予定のようで、これからどうなるか?と思っています。

あとは多少流派があるようでですが、1頭をのぞいてほとんどの馬が大手生産牧場系の生産馬で、さらにこのコースではスペシャリストである栗東・友道厩舎が5頭出し、さらに今年はレースの冠名にもなるディープインパクトの馬主・金子氏の馬が4頭出しの予定です。

香港に行かない、残った日本の実力馬のうち距離的な問題もあるので一概にはいえませんが、このレースでも面白そうな馬も一部は避けるように?他のレースに出走した印象です。

と考えれば、レース名やメンバーなど、前述事情を考慮すると、金子氏、友道厩舎、大手生産者の一番のメインどころの馬(結構いますが・・・)が確実に少なくとも1頭は馬券に絡むのでは・と考えています。(ワグネリアン、ユーキャンスマイル、マカヒキ)

当初は金子氏・友道厩舎の3頭のみ先週に記載しましたが、騎手の動向などでエタリオウ、タイセイトレイルも侮れないと考えています。

またスワーヴリチャードは頭まではどうかと思いますが、馬券に絡む可能性は十分と思います。

好調な馬、嵌った馬、騎手の手腕が冴えた馬など、その馬の持つ本来の潜在能力よりも今回与えられた条件や状況、タイミングなどで思わぬ馬の台頭もあり得る感じで極論をいえばどの馬も馬券に絡む可能性ありというふうに思っています。むしろこの秋のG1の中ではきわめて難解なレースかもしれません。ただ強いていえば前述のように友道・金子氏コンビが絡むのでは?と考えています。

◆京阪杯
今回は実力はそこそこの馬も複数いるようですが、このレースも毎年厄介なレースという印象です。強いのがいる時はあっさり、ですが混戦になると差しが決まり始めた京都の最終週ですから、なだれ込み型の馬には注意と思います。ほとんどは展開に左右されると考えています。またコース形態上こんな馬場状態でもスムーズならやはり内枠に利があると思いますが、直線は多分外が伸びると思うので、騎手の瞬間的な判断も大きいと思っています。

具体的にはいつも記載している、個人的な法則・京都⇔函館の法則、賞金加算、人気薄が重なった馬をシンプルに単複で狙いたいと考えています。
個別では出走してくれば人気になりそうな馬ではモズスーパーフレア、リナーテ、ナックビーナスあたり、穴ではダイメイフジ、カラクレナイ、大穴ではパラダイスガーデン、いつも追いかけているフミノムーンあたりに注目しています。

◆キャピタルS
登録段階ですがサトノの里見氏の馬が複数出走する可能性があり注意と思います。穴では大きな根拠はありませんが、先日記載したとおり超大穴になりそうですがカフェブリッツに注意と思っています。

◆オータムリーフS
春に行われて当初から評判の高い馬が多く、レース自体も結構熾烈になり、その後も出走馬の一部が活躍している天保山Sに出走したスズカコーズライン、ヌーディーカラーに注目と思っています。また実力馬のコウエイエンブレムは地方に転出しましたが、再度中央に転入して、このレースで復帰予定のようですが、どのような経緯が不明ですが何か意味や目的があると思っています。仮に出走してくればここは復帰初戦であり年齢的にもゆっくり仕上げることは考えにくく、どのような走りをみせるか注目しています。

◆ベゴニア賞
先日から触れていますが、史上まれに見る次走以降好走馬を量産している10月15日代替開催の東京で行われた芝2000の新馬戦出走馬・レッドライデンに注意と思います。先日の東スポ杯2歳Sでは同様のマイネルデステリョはダメでしたが、相手が強すぎた感じもあり今回は特に注意と思います。

◆ウェルカムS
ケンホファヴァルトが出走してくれば、マークしだいですが東京は渋太いという印象がありすんなり逃げれば注意と思います。

また時間があれば掲載しますが少なくとも土日までは難しそうです。また馬券も買えたら、買うくらいに考えています。かなり人気薄も多く、仮に人気でもいつものようにここのところも不調なので不発にはご注意ください。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月20日(水)AM11時37分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
ジャパンCの展望でマカヒキが見せ場ありと記載してしまいましたが、これは間違いでした。
こんなかしょぼいサイトでほとんど全体に関係はないと思いますし、まだ来週の話で馬券発売前なので、「撤回」させていただく所存です。アルゼンチンのポポカトペトルと間違えました。いつもながら失礼しました。


土曜日朝に記載した、マイルCS、霜月S、福島民友Cの個人的な結論は記のURLをクリック(スマホはタップ)してご覧ください。理由などの詳細はこちらに記載してあります。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53338283.html


水曜日の深夜(日付は木曜日)のマイルCS、東スポ杯2歳Sなどの展望の記事は下記のURLをクリック(スマホはタップ)してご覧ください。理由などの詳細はこちらに記載してあります。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53338138.html

時間が空いたので、個人的に感じていること、昨晩出馬表を見ていて気付いたことを付記します。
また昼以降は難しそうなのでここでまとめて記載しておきます。

・その一
日本の競馬は大手オーナーズブリーダーが大きく発展させたこともあり、今やそれを表面上は認めていないように見える元祖・欧州の競馬界も含め、全世界が注目していると思っています。その中の大レースであまり注目度が少ない比較的地味なレースが、たとえば宝塚、マイルCSなど少々あるように感じます。よく宝塚でG1をなかなか勝てない馬がきわめて強い馬が夏場の暑さや馬場状態などの理由で不出走になったり、出ていても本気度が???という感じる状態の間隙をついて優勝するというような場面を見てきました。皆がすでに承知と思いますが、個人的には競馬はたんなるスポーツではなく、ギャンブルであり、興行であるという側面を持っていると思っています。

ということも踏まえて考えています。(実際はどうなのかは計り知れませんが・・・)

・その二
今年は特別な年です。令和という新しい時代がはじまりました。もちろん天皇も変わりました。
特に秋は10月下旬から、11月上旬にかけてその関係の行事が目白押しで、やっと昨日に一段落した感じです。
これが競馬とどう関係があるのかは、私は専門家ではないのでまったくわかりませんが、中央競馬は事実上国が運営していること、また地方競馬も運営団体はあっても収益などは間接的に地方行政団体に入るようになっている仕組みのはずです。
今後カジノが始まることでどう変化するのかは、不明ですが、現状ではきわめて国や地方の政治に近い事業の一つと感じています。

◆マイルCS付記
これはほとんどの人が気付いているのでは?と思いますが、なぜか1枠1番にダノンキングリーが入りました。キングは「王」です。また今回戸崎騎手が負傷のため、乗り替わった横山典騎手はなんと新天皇と同じ誕生日です。

また先日今年の色を発表した直後のJBC競争でアイドルの菜七子騎手を載せたけで惜しくも2着に終わったコパさんのHPには、来年の色が記載されていました。その色の馬が当該レースでも大穴を空けました。今回もその縁起のいい色枠に個人的注目馬がそれぞれ2頭入りました。コパさんは中央競馬会にとってはPR上も含めきわめて重要な存在になっていると思っています。個人的な功績のみならず、政財界や芸能界などに広い人脈があるのでは?と考えています。

あとこれは追加ですがマイスタイル、レイエンダはともに個人的な「京都⇔函館」の法則を考えると無視はできないと感じています。ただ外枠はCコース替わりで不利なのでは?ということと、競馬がたんなるスポーツではないという見解から考え、前出の内容から黒色の枠は?と思います。

◆霜月S
個人的には展開しだいで有利にも不利にもなる東京の1400ダートと思っていますが、大外のベストマッチョが少々気になっています。これも実績などを考えると意外に人気がないようです。ただ嵌らないと難しいと思っています。

◆福島民友C
ビッグレッド関係の馬に注意と思いますが、今回結構人気になるのでは?と思い注目からはずしたコスモカナディアンが意外に人気がないようです。コース実績や地力を考えるとこれはかなり注意と思います。ちなみに某有名競馬予想番組で理論派のX氏が大穴の馬を本命にしていました。この馬は昨朝に私も個人的予想で大穴ならこれ、と記載した馬でしたが、X氏の推奨理由は普段の切れ味のある秀才らしい分析とは違い、話の内容がよくわかりませんでした。他に何か理由があるのでは?と思いました。まあこれもレースが始まれば答えが出ると思いますが・・。人のことはとやかく言わないようにしていますが、印象に残ってしまいましたので・・。
ビッグレッドにもどりますが、昨日かなり出走していた馬がかなり馬券に絡んでいるので、当初よりは「過信?は禁物」と思っています。

◆会津特別
ミルファームの馬が3頭出しです。これは条件的には注目と思います。福島は差し馬場といっても、夏ほどではないと感じるので、内目のアーヒラは特に注意と思います。


◆まとめ
ミルファームは一般向けではありませんが、共同馬主の大手以外はここは大レースが続き、PRには絶好の機会です。特にまだ埋まっていないところはメイチの馬もいるのでは?と考えています。先週も広尾の馬が重賞を勝ち、昨日も京都の新馬戦でユニオン(ヒダカ)の単勝万馬券の馬が快勝しました。今日も東京メインでは今年のセールで高額馬を複数落札したライオンの馬が出走です。注文がつく馬と思いますが、賞金以外に妙味のあるこの時期のテレビ放映レースには特に注意と思います。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月17日(日)AM9時10分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
土曜日京都11RのアンドロメダSを忘れていました。

バタバタしていてもとから買おうと思っていたレースなので、簡単に結論だけ記載します。
Cコース替わりで外枠は本来難しいと思いましたが、またハンデ戦なので一部の外国人騎手の馬はそれなりの結果を出しそうですが、以外はどの馬にもチャンスありと考えます。

穴の本命候補でマイネルサーパス、大穴候補でキョウヘイ、ジョルジュサンク、先行残り期待でマイネルネーベルあたりに注目しています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月16日(土)AM9時25分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
今週は急遽事情がありまとめて簡単に予想だけ記載します。馬券をすべて買えるかは不明ですが、今朝の段階で買える分だけ少しだけ買います。

水曜日の深夜(日付は木曜日)のマイルCS、東スポ杯2歳Sなどの展望の記事は下記のURLをクリック(スマホはタップ)してご覧ください。理由などの詳細はこちらに記載してあります。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53338138.html

また個人的な趣味などで追っかけている馬もいて、現実的には難しい馬も結構いるので、一部??は聞き流してください。というか、実際参考になるかも疑問ですし、参考にご覧になっている方が居たらの話ですが・・。

◆マイルCS
◎軸ペルシアンナイト(もとから軸で注目)
○モズアスコット(急遽注目)
▲ダノンキングリー
★ダノンプレミアム
△エメラルファイト(もとから大穴で注目)

◆東スポ杯2歳S
展望どおりマイネルデステリョの単複のみ少々。以下記事追加:AM9時13分(史上まれに見る次走以降の好走馬を量産している新馬戦に出走した1頭)

◆飯坂温泉特別
メイショウベルボン

◆京都12R
ショウナンマッシヴ

◆POG関係
福島1Rのプレジールドビブル、福島3Rのダウンタウンスピカ、日曜京都4Rのディーププレザントが出走で、このうち土曜福島の2頭は馬券に絡む可能性ありと考えています。

◆日曜日一般レース
下記はともに馬主多頭出しに注意と思います。
・霜月S
中心がドリームキラリ、紐でスマートダンディー、スマートアヴァロン、大穴でニットウスバル

・福島民友C
中心はジョーダンキング、紐でマイネルユキツバキ、マイネルクラース、大穴?でサノサマー

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月16日(土)AM9時03分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
日曜日はかなり帰宅が遅れましたが、レースビデオでみたところは大方はかすりもしませんでした。でも競馬、そして秋〜暮れの注目レースは続きますので続けます。毎年のことですが・・。

今回ちょうど私もその時間に都心にいましたが、皇室の即位パレードが行われていました。
台風の関係で延期されての実施でしたが、そのめでたいイベントの関係があるのかないのか?枠連でいうと紅白の1−3で決まりました。
考えてみれば、本来の日程でパレード以外が行われた即位行事の直後の令和最初の天皇賞(秋天)でも間の2着に5枠(黄色)の馬が入りましたが、1着に1枠(白)、3着に(赤)とやはり紅白が馬券に絡みました。もちろんたんなる偶然かもしれませんが・・・。

またそういえばパンダが生まれ、キタサンが引退した年の有馬もその2つに関係があるのかないのか?偶然かもしれませんが、なぜか1枠にキタサンがはいり、結果パンダ色の白黒の1−2で決まりました。もちろんすでに皆が承知のことかもしれませんが・・・。

◆東スポ杯2歳S、および以前から注目の10月15日東京芝2千の新馬戦出走馬について
まずは一部では話題になりつつあるここのところよく記載している、10月15日の代替開催の東京の新馬戦2000メートル出走馬の話になりますが、今週の東スポ杯2歳Sにも1頭登録してきました。マイネルデステリョで、問題の新馬戦では6着でしたが、次走は結構強い勝ち方だったようです。今回はちまたでは良血馬のラインペックが話題になっているようですが、個人的には仮に上位に入れなくてもマイネルデステリョがどんなレースをするかで先述の新馬戦に出走した馬、該当馬を含め、特に勝った馬と次走に出走した5頭(1着4頭、2着1頭)の地力が他の馬たちに通用するかを見られると思います。コースも同じ東京コースで距離は若干違いますが、クラシックに直結する距離なので、今後の大きな参考になると思っています。もちろん当レースではマイネルデステリョの単複も少々買って見物したいと考えています。もしそれなりの走りを見せるようであれば他の馬の出走機会も順番に狙ってみたいと思っています。すでに次走で強い勝ち方をしたミッキーハッスルはしばらく追いかけてみようと考えているくらいです。

◆マイルCS
ポイントは前走および今までのレースでのレース振りで考えています。現段階では人気の有無は関係なしに考えています。
まず注目している馬を人気のなさそうな順に挙げると、エメラルファイト、ペルシアンナイト、ダノンプレミアム、インディチャンプ、ダノンキングリーと考えています。

というのもどの馬も前走のレース振りで今回がメイチなのでは?と感じたからです。
順に個別で考えると、まずはエメラルファイトですが前走はあの展開で直線一旦抜け出しかけたことを重視しました。あの状況ではゴールまでもたない可能性が高かったこと、休み明けのうえ、重賞を勝ったのは右回りで比較的力の要る馬場状態だった、と記憶しています。今回のほうが条件がそろっているのでは?と感じます。

またこれも大きな理由の一つですが、そして今回出走予定のダノンKも同様ですが、今年のダービーで比較的先行した馬や、早仕掛けっぽい馬は次走以降かなりの確率で、しかも大きなレースでも好走しています。
具体的には勝った馬は故障して引退してしまいましたが、2着ダノンキングリーは毎日王冠で古馬一線級に圧勝、4着サートゥルナーリア(早仕掛け)は神戸新聞杯優勝、マイネルサーパスはラジオNIKKEI賞2着、リオンリオンはセントライト記念優勝、サトノルークスはセントライト記念2着のあと菊花賞2着です。未出走のクレージュゲリエ以外ではエメラルファイトのみがまだ好走していませんが、前走は強敵相手に仕掛け気味に直線先頭に並びかけ、本番に向けてのレースに見えました。

ということで文中にもありましたがダノンキングリーも同様です。おそらく人気になると思いますが、毎日王冠でみせたあの他の馬(かなりの強敵)相手に一頭だけ抜けた脚を使い圧勝しました。
問題は右回り、また若干馬場状態も違うということ、さらに当時の鞍上も替わる、斤量の有利性が若干小さくなるということだと思います。

そしてエメラル、ダノンKはともに3歳ということで絶対的な斤量も古馬より若干有利になります。(ただダノンKは前走より負かした馬との斤量差が小さくなりますが)

次にペルシアンナイトですが、こちらは札幌記念時のレース振りからどこかで一発あるのでは?と思っています。
期待した毎日王冠でしたが、考えてみればこの馬はすでにG1馬であり、毎日王冠がいかにハイレベルであっても、狙いはG1や海外G1の可能性が高いと考えるほうが自然かもしれません。また毎日王冠のこの馬のレース振りも勝ち負けよりも次走につながりそうな、積極的な、また脚を測るようなレース振りに見えました。そして今回出走予定のマイルCSはい一昨年は斤量が軽いとはいえ優勝、昨年も2着ときわめて相性のいいコースであると思います。ここは休み明け3走目で相性のいい回り・コース・距離でG1ということでメイチは明らかと思います。

最後にインディチャンプですが、注目の理由は前走のレース振りです。58キロを背負い、前出の馬たちと同様に直線で一旦抜け出しました。展開が嵌ったとはいえ、現実に春のマイルG1であのアーモンドアイに先着していることを考えれば、少なくとも馬券に絡む可能性はあるのでは?と考えています。

以上の5頭にまずは事前に注目していますが、この後直前追い切りの様子や、オッズなどの情報をみて検討しようと考えています。

◆ジャパンC1週前展望
外国馬は不出走、騎手は世界の一流騎手が集結、と買う、というよりは見て楽しむレースという感じに考えています。
ただ今年は名馬・ディープインパクトや種牡馬として大成功したキングカメハメハが相次いで亡くなり、特にディープのメモリアルレースとしてJCも行われるようです。そこに前走それぞれ秋天で見せ場のあった友道厩舎でディープと同じ金子氏の3頭、ワグネリアン、ユーキャンスマイル、マカヒキが出走予定です。さらに加えて同じ金子氏の馬として堀厩舎のジナンボーも登録しています。中でも使い出しが早かったワグネリアン、またこちらも最初の新潟記念ですでに好走しているとはいえさらにこの馬の条件としては適性が高そうな距離になるユーキャンスマイル、そしてディープと同じ武豊騎手が騎乗予定で、同じ条件のダービーという大レースのG1で勝ち鞍があり、さらに前走(秋天)でゴール前に見せ場があったマカヒキと、この3頭が馬券に絡む可能性十分と考えています。特におそらく人気薄になりそうだということで個人的にはマカヒキには注意が必要と考えています。

ただここまでわざとらしい結果になると、後々波紋が・・・、という可能性もありそんな単純な話ではないかもしれませんが・・・。

とりあえず現段階ではこんな感じに考えています。

もしご覧になっている方がいたら、長々読んでいただき、ありがとうございました。

まあ、話半分で聞き流しておいてください。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月14日(木)AM2時37分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

↑このページのトップヘ