競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

2019年12月

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
追記:やはり・・、結果的に買えなくてよかったです。
ロードゴラッソはまだしも、ロンドンタウン・・・しんがり負け
金杯は頑張り、なんとか馬券に絡みそうな穴馬をさがそうと思います。(16時10分)


ホープフルSではやはりコントレイルは圧倒的な実力をみせました。
着差以上に強く感じました。2〜3着も人気上位の評判馬がまったく危なげなく入線して、穴馬がつけこむような隙は全くありませんでした。勝利騎手のインタビューで福永騎手はまだ1度しか騎乗していなくて、さらに前走の重賞は名手・ムーア騎手が騎乗していた経緯でしたが、「いつもスタートが〜〜・・」とこの馬のことはよく知っているから俺に任せておけ!的なコメントをしているように聞こえました。

勝手な想像ですが、福永騎手も心の中で”この馬は相当強い”と感じたのでは?と感じました。クラシックも含め先々とんでもない馬になる可能性まで感じたのかもしれません。ぜひこの馬の主戦ジョッキーになりたいと考えているのでは?とも感じました。
(全く勝手な想像で違っている可能性が高いと思いますので、先に謝っておきます。すみません・・・)

あとは逃げて同厩の優勝馬に貢献した?パンサラッサ、同じく先行して坂上まで渋太い走りを披露したラインベックの2頭はまだ奥がありそうに感じました。

さて表題のレースは即PATのみなので買えませんし、あと約1時間に迫っていますが簡単に予想だけ楽しみたいと思います。

◆東京大賞典
穴で超ハードスケジュールの中まだ結果を出していない岩田康騎手のロンドンタウンとここのところ追いかけているロードゴラッソに注目と思っています。
相手はサウジのレースが新設され今をガチガチのピークにすると・・、という可能性がでてきたゴールドドリーム、このコースは敵なしのオメガパヒューム、さらに地力ではほとんど差がないと思われるケイティブレイブの3頭に絞り込んでいいのでは?と思っています。

昨日はファイナルSに救われましたが、今年は例年にも増して不発の嵐でした。
勘定していませんが年間の収支も含めて要所要所でショウナンの馬に救われました。
これから例年なかなか難しい冬競馬ですが、今年こそはなんとかそこそこは当たらないかな?と思っています。
11月から年末は公私にわたって色々多忙で、特に今月は最低限の予想と掲載しかできませんでした。
年末年始も金杯他の展望も含め、機会があったらいつものような「ごたく」も含め掲載するつもりです。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在12月29日(日)14時53分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
金曜日朝に掲載の「出走馬確定、一般レース枠順未確定段階でのホープフルS他今週の展望」は下記URLです。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53341814.html
追加で記載したい内容以外や追加や変更する内容のみ下記に記載します。大方は上記の展望どおりに考えています。

昨日の記事でラインベックの両親が今年他界した名種牡馬と書いてしまいましたが、正しくは父親と母父でした。またまた失礼しました。
前売りもありオッズも大勢は判明しました。
自信度はまったく低いのでご注意ください。

◆ホープフルS
現状で強いのが1頭いるようですが、ここで本当に強いかが判明する思いますが、まずは少なくとも印はつけたいと考えています。
◎オーソリティ
○ブルーミングスカイ
▲コントレイル
★ラインベック
△ナリノモンターニュ
△ガロアクリーク
△ブラークホーク

◆ペテルギウスS
展望どおり穴でカラクプアに注意と思いますが、他では人気系でクロスケ、スマハマに注意と思います。

◆ベストウィッシュC
シルク3頭出しですが、内の人気薄の2頭ナイトバナレット、ディロスに注意と思います。ナイトバナレットは地力は十分で有利な内枠です。ただ厩舎はG1に複数出しで帯同馬的な意味での遠征の可能性もあります。過去もたまに??と感じることがある馬で好走した時も、抜け出して差されたり、追い込んで2着とか、みたいなタイプなので。

◆ファイナルS
外枠がどうかと思いますがダノンジャスティスとブライティアレディが有力と思いますが、中穴でショウナンタイガ、穴でディーパワンサに注意と思います。

◆立志S
人気のフレッチア、ミッキーブリランテあたりが有力と思いますが、穴ではモルフェオルフェ、サンラモンバレーに注意と思います。また馬券圏内であればチャンピオンルパンも可能性十分と思います。

◆フォーチュンC
いつも追いかけているケージーキンカメが出走です。年齢的にもここは当然メイチと思いますが、現実的ではないので他にさがすとムーンレイカー、スパイクナードあたりも注意と思います。

◆春待月賞
最終レース常連だったヨドノビクトリーが川田騎手で特別戦に出走で注意と思います。人気ではコマノバルーガ、グランソヴァールあたりと思いますが、穴でスズカモナミにも注意と思います。

◆YJS2戦
シゲルポインターに注目しています。他は以下は難しいと思いますがテンノサクラコ、ホノカにも注意と思います。

◆YJS1戦
展望どおりシャイニーピースに注目ですがかなり人気のようです。穴ではタックボーイ、ファストライフに注意と思います。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在12月28日(土)AM9時47分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
有馬記念はアーモンドアイは負けてしまいました。今後立て直しが行われるとは思いますが、使い込んでいいタイプには思えず、これだけ実績があるのも考えるとそう簡単にはいかない可能性もあり、人為的な部分も含め困難をきわめそうです。
・アーモンドアイ出走決定時の記事
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53340459.html
出走馬の大半はそこが目標だったり、引退レースなので一概に今後のことは不明ですが、レース振りからスティッフェリオは今後も注意と思います。昨年はG3やG2はすべて勝利したのに、G1はすべて惨敗でしたが、現役を続行するという前提で考えたら来年は陣営もG1での好走を目標に切り替えてくる可能性があり、注目です。

有馬の後の中山12Rで直線で追い込んで3着に入ったショウナンマッシブはこの時期は好走例もあり、1月も同じ開催が続くことを考えれば、次走以降は人気になる可能性もありますが次走あたりは勝負に出てくる可能性もあり注意と思います。前走の最後の直線の走りから調子がかなり上がってきたと感じました。

◆ホープフルS
枠順も確定しました。現状強そうな馬(コントレイル)が1頭いてさすがに押さえざるを得ない感じです。
個人的には池添騎手が再度1週前、直前と2度にわたって遠征して追い切りに騎乗したオーソリティには特に注意と思っています。

他年末にいつもの超ハードスケジュールが復活して、息子のヤングJ騎乗と同場で今年の中央の騎乗を終える岩田康騎手のラインベックにも注意と思います。前走は3着とはいえ大きな差をつけられ前出の強い馬に完敗しましたがデビュー戦2戦目ともで中京の力の要る馬場をこなして勝利したり、両親とも今年亡くなった名種牡馬で、馬主も秋は泣かず飛ばずだった、その名種牡馬と同じです。今回はあまり騒がれていないということもあり、今年の締めくくりのG1でもあるので馬主としてはなんとしても少なくとも来年に向けて上位に入りたいと考えていると想像します。

あとは騎手の動向でブルーミングスカイに注目しています。

と、個人的注目馬を挙げましたが、上記の馬の騎手はすべて当日5Rの同条件のレースには騎乗がなく、それが多少気がかりです。

◆ペテルギウスS
カラクプアに注意と思います。

◆中山YJS第1戦
前述の岩田康騎手の息子、岩田望騎手騎乗のシャイニーピースに注意と思います。

◆兵庫GT
ネットでは即PATしか買えなくて、直接売り場に買いに行くひまもなく、私も買えませんが出馬表を見て感じたことを少々だけ。
ノボバカラが条件的にも個人的な好走の条件を満たしている、と感じています。もちろん勝つかどうかはともかく馬券に絡んでくる可能性はかんりあると思っています。穴では前述の岩田康騎手のテーオーエナジーには注意と思います。騎手も知りつくしているコースでその辺も有利になると考えています。

他今日は前売りもあるようで、オッズなど人気の情勢もわかるので詳細はまたあらためて掲載しようと思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在12月27日(金)AM7時39分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
修正の追記12月23日17時45分(事後)
下記の記事で当日レース名をなんと複数間違えてしまいましたので、事後ですが修正します。
下記の青字に色を変えたレースが対象です。
◆ノエル賞→正しくは、フェアウェルS(中山10R)
◆中山12R→正しくは、ノエル賞(中山9R)

でした。大変失礼いたしました。


木曜日の深夜(金曜日)掲載の「有馬記念他今週の展望」は下記URLです。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53341193.html

土曜日の朝に掲載の「土曜に予想と同時に記載した有馬記念の展望」は下記URLです。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53341278.html

穴予想を楽しんでいる部分もありますので、くれぐれも不発にご注意ください。

今日は中山6Rで個人的にPOGに登録して唯一勝利をあげているプレジールドビブルが出走しますが、今回も人気薄です。ただ持ち時計がなくきびしそうですが、外枠を引いたので何とか少しでもがんばってほしいと思っています。
今年は有馬が豪華メンバーで話題ですが、今年は年末恒例の大穴もほとんど出ていません。もしかしたら有馬が大荒れになる可能性もあると思っています。調整具合や勝負度合いでは人気と今回の結果は必ずしも一緒にならないような気がします。また紐でとんでもない(といったら失礼かもしれませんが・・)相手が上位に来る可能性もあると思います。

◆有馬記念
原則は上記URLにもありますが、展望と注目馬は変わっていません。がただ次のようにも思います。
展望にも記載しましたが実際の事情や勝負度合いは想像の域をでなくてそれで推理するしかありませんが、先述のように地力的には勝負度合いが大きければ上位にくる地力はほとんどの馬がそなえているように思います。またトリッキーで長距離のコースなのでその適性も問われるし、場合によっては世界的な、または国内でも有数の騎手が多く騎乗しているので、展開や仕掛け、騎乗技術によってはその部分でもかなり実力差がち縮まる可能性もあると思っています。

ということでこのまま本命と勝負度合いだけで考えるとつまんないので、今まで展望に記載してきた本命系の予想をひっくり返して、個人的なポリシー???を貫いて穴予想に変更したいと思います。明らかに無謀なので参考にはされないほうがいいと思います。(もとからそんな人がいるかも不明ですが・・)
◎クロコスミア
○ワールドプレミア
▲キセキ
★ヴェロックス
△アルアイン
△レイデオロ
△エタリオウ
△アーモンドアイ
△リスグラシュー

12時10くらいに赤字部分を入れ替えました。軸や印上位は変えませんが、紐を一部変更しました。こんな状態なのでいまだにまだ迷っている部分があり、難しいと思っています。


◆ギャラクシーS
個人的に適性などからマルカソレイユとアードラーに注目しています。他は過去に天保山Sに出走したフュージョンロックとヌーディーカラーあたりにも注意と思います。

◆ノエル賞
全く人気はありませんがブラックランナーに少々注意と思います。

◆クリスマスキャロル賞
斤量的にバケットリスト、スワンボートはハンデ戦で馬券に絡んでくる可能性はあると思いますが、実績的にあまり手が出ない感じです。買うとしても複勝を見物料程度に。

◆中山12R
トーセンリストはこの条件で走るかどうかは疑問ですが、個人的にはいずれそれなりのクラスにいく地力はあると思っているので、今回も一応注意と思います。ただ自分のリズムで走れないともろそうなところもあるので逆の意味でその辺は注意と思います。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在12月22日(日)AM11時18分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ



ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
木曜日の深夜(金曜日)掲載の「有馬記念他今週の展望」は下記URLです。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53341193.html

穴予想を楽しんでいる部分もありますので、くれぐれも不発にご注意ください。

そういえば先週の朝日杯では人気薄の3頭が3〜5着に入りましたが、特に和田騎手のタガノビューティーはレース振りから今後面白そうと思いました。出馬表の段階で少なくともこの馬よりは有力そうな馬は他の騎手に乗り替わりになり、和田騎手はこの馬に騎乗しました。それを考えると穴で狙えた可能性もないことはありませんでしたが、意外に人気薄の度合いは低く最低人気の区域ではなかったのとダート馬なので走ってみないとわからない部分があり、なかなか手がでなかった、というのが本当のところで正直びっくりしました。

それから有馬記念の話になりますが、東スポの爆笑・田中氏をはじめ予想の中で、4枠両馬がサイン的に面白いという話を結構みかけました。要は新聞の出馬表を見てすぐ感じたのは、「レイワ」という言葉が浮かび上がるようになっているからかもしれません。おまけによく見ると、両馬の親はそれぞれディープインパクトとキングカメハメハで、今年逝った名種牡馬です。

またレースにはその両方の馬主の金子氏の馬、当時のトレーナーだった池江泰郎師のご子息の厩舎の所属馬のアルアインなど話題性のある馬が複数出走しているようです。

ただ近年キタサン1枠問題以来特に囁かれている?「競馬は出来?レース」という疑惑が発生する可能性もあり、ストレートにそのような結果がプラスにならないケースもあると感じています。

ディープインパクトやオルフェーヴルのような突出した馬でない限り、ファンに色々想像させてしまう余地ができてしまうのかもしれません。(アーモンド以外は・・)

さてまだ土曜日ですので、簡単に土曜日も参加します。
◆阪神C
残念短距離のG1レースというイメージであり、また前哨戦ではないので来年にそなえての賞金加算レースでもあるという印象です。
ここが目標の馬もいるかもしれませんが、格式の高い設定なのに有馬の週ということで毎年地味な印象です。

展望で述べたフィアーノロマーノは意外に人気になっていて、穴を狙うのには少し面白みがなさそうです。
今回関東の騎手では田中勝騎手(人気)、横山典騎手、吉田隼騎手が参戦ですが、経緯は不明ですが吉田騎手は追い切りではシヴァージに騎乗でしたが、レースではワンアフターに騎乗です。

あとはレッツゴードンキがレース後に引退式があるようで、これも経緯や事情は不明ですが岩田騎手は追い切りで有馬のスカーレットカラーには騎乗せず、レッツゴードンキには騎乗しました。牝馬でもあるし、G1で惜敗など後半は大きな実績もなく、ここは引退戦ですがメイチの可能性があると思っています。

あと地力では地味ですが、グアンチャーレ、ロジクライ、マイスタイルは侮れないと思います。また人気ですが実力を出し切ればグランアレグリアもこの先メイチのレースもなくここを狙っての遠征と思います。

ただ紛れがある阪神内回りなので伏兵には注意と思います。

中で結構気になっているのは前出の和田騎手のグランドボヌールです。つかみどころのない馬という印象ですがノーマークになりそうなのですんなり先行できれば面白いと思っています。

まずは注目は展望から注目のフィアーノロマーノと引退戦のレッツゴードンキですが、他では先述の人気どころのグランアレグリア、マイスタイル、グアンチャーレは押さえたいところと思います。穴ではロジクライと先述のグランボヌールと思っています。あとこれは点数の関係で買わないと思いますが、今回レインボーフラッグがここまで人気がないのが気になっています。このメンバーであれば少し紛れれば馬券に絡むくらいの地力はあると思っていますが・・。

個人的には馬券は絞って当初から注目のフィアーノとレッツゴー、穴目でロジを加えた連馬券で場合によっては押さえでグラン、グアンあたりまでと考えています。他はグランドボヌールの単複少々見物料ていどにと思っています。

◆中山大障害
展望で注目のメイショウダッサイはやはり人気になりました。他ではヨカグラあたり。またメドウラークもここはこのレースが目標だったと思うので個人的にはメイショウかメドウのどちらかは先行して残りそうだと考えています。

あと未勝利やオープンなど平場で個人的に注目していたブライトクォーツやシュンクルーズが出走してきます。このメンバーでは難しそうですが、距離が大きく伸びて変わる馬もいるのでちょっと注目しています。

◆中山8R
難しいと思いますが、個人的に大穴でショウナンカイドウに注意と思っています。

◆有馬記念展望2
原則は最初の展望に記載した内容と大きく変わっていません。印順位は直前に決めます。
追い切りや枠順抽選会であまり気になったことはありませんでした。
ただ騎手が追い切りに騎乗した馬、特に騎手が追い切りのために遠征したりした馬で、特に池添騎手が2週続けて稽古をつけたフィエールマン、わざわざ騎手が来日するリスグラシューは特に気になっています。
またオッズは現時点まででは大きな違和感は感じていませんが、強いていえばクロコスミア、アルアイン(共同ですが・・)に若干感じました。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在12月21日(土)AM10時17分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
結局日曜日もまったくダメでしたが、今年もそのまま大穴の夢を見ながら、年越しになりそうです。

地方交流重賞はやはりここしばらく鋭い騎乗を見せていた吉原騎手が本領を発揮し始めました。川崎を勝って騎乗機会重賞2連勝です。いろいろあって中央転入はまだ難しそうですが、来年の交流重賞も期待です。
また今年の様子で異色の新人・藤井騎手、また豪州などで修行を続けている富田暁騎手も来年は楽しみです。

少し日が過ぎましたが、先週の日曜日のレースで個人的次走注目馬が少々いました。
阪神7Rで4着のヴォルスト(10番人気、単勝56.4倍)は人気薄でしたが、騎乗の岩田騎手の様子や装備がすでに違っていたように思いました。4角で仕掛けましたが、直線向いて外から追い込み体制になりましたが、直線で1回止まりかけました。しかしゴール前で再度伸びてばてた先行馬は交わして4着に入りました。気難しそうなうえ、脚の使いどころも難しそうですが、エンジンがかかるとかなりの脚を使えそうです。まだ2歳なのでこれから期待です。

あと北総Sで今回個人的にも若干注意と記載したタガノファジョーロは、結局5着になりましたが、レース振りから次走も引き続き注意と思います。穴っぽい馬はしばらく追いかけたほうが、要はしがない経験則ですが人気薄+実力ある、と感じた馬はしばらく追いかけたほう結局収支がよくなる、と考えています、ただ見立て違いでダメな場合の見切り時は困難極めると思っています。むしろその判断力が難しいと思っています。

あと土曜日に戻りますが、自分でPOGに登録していたディーズギャラントは今回初ダートの1戦にのぞみました。後ろから馬場そうじかと思ったら、直線だけで4着まで追い込んできました。こちらは馬券よりも初勝利に向かって次走こそは、と期待しています。

◆有馬記念
引退馬が5頭、G1馬が11頭で現役最強といわれている馬も含まれ、まれに見るメンバーという評判です。
でもレベルは高いけど重賞未勝利馬も2頭と少しユニークです。

いつもそうですが、ダイユウサク、タップダンスシチー、マイネルブリッジ、アメリカンボスなどフタをあけるとどんな豪華メンバーでも意外な馬が上位に顔をだすというのが、わりと恒例になっています。
共通しているのは長距離実績、中山実績、内枠の馬、ノーマークの先行馬、なぜか牝馬などのどれか、もしくは複数に該当していると感じています。

また最近はローテーションも各陣営、オーバーワークにならないように考えているようで、高校野球の投手の球数制限ではありませんが、長い目で見た場合では馬にとっては過酷なスケジュールは解消しつつあるようです。なのであまりハードなローテーションの馬や、すでに目標だったと思われるG1を勝っている、使い出しが早く秋に3戦以上消化している、海外の大レース帰り、牡牝で事情は違いますが、種牡馬入りが確定している牡馬の引退戦などは若干割引と考えています。また一概にはいえませんが内枠が圧倒的に有利と思っています。また3歳馬が2キロ減で出走できるのでこれも不利にはならないと思っています。

それから海外騎手、特に遠征騎手はクリスマス時期にわざわざ残って騎乗するのでここは賞金から考えても、最低掲示板には載りたいと考えている、と想像します。特に今回は事実上有馬のために来日する遠征騎手もいて、手ぶらでは帰れないと考えていると思います。

また前日と当日に同条件のハンデ戦がありますが、特に日曜日のレースに騎乗する騎手や出走する厩舎、また当日他のレースをほぼ棒に振って騎乗する騎手などには注意と思います。

それから年末年始ということで前週も翌週も地方交流重賞が目白押しですが、ハードスケジュールをぬっての参戦で、さらにそこでは有力馬に乗らない騎手も注意と思います。

現段階で前出の理由などで内枠から、
スワーヴリチャード、エタリオウ、ステイッフェリオ、フィエールマン、リスグラシュー、アーモンドアイ、クロコスミア、アルアインの8頭に注目しています。
また変わるかもしれませんが・・・。

◆阪神C
現段階ではフィアーノロマーノに注目しています。大きな根拠はありませんが前走のG1でのレース振りからですが、そこがメイチだったとは思えず力試し的な走りだったとすれば今回は面白いのでは?と考えています。

◆中山大障害
現段階では人気しだいですが穴っぽかったらメイショウダッサイに注目しています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在12月20日(金)AM3時21分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
土曜は全くでした。完全に焦点がずれていると感じています。
今日も下記に色々長々と書きますが、話半分で、お願いします。
くれぐれも不発にご注意ください。

またここのところ残高問題に加え、公私で他の用事が立て込んでいるので、個人的にも馬券は見物料ていどにしか買わないつもりです。それにしてもタンザナイトSは最悪でした。買った馬の名前が呼ばれたかどうかすらも、ほとんどわかりませんでした。切った強い?馬はちゃんときていましたが・・。

そういえば土曜日のレースでたまたまレース映像を見て面白いと感じた超人気薄の馬がいました。
中山7Rで8着だったコンカルノーという馬です。単勝で300倍を超えていた馬ですが・・。
レースは結構緩みのないペースでした。この馬は先行して内の経済コースをまわりましたが、やはり直線で失速しそうになりました。ところがゴール前は結構渋太く、3着馬とは0.6秒差でした。脚色もそんなにおとろえていませんでした。

今後は出走機会があれば狙うつもりです。
もちろん相手関係や枠順、展開、ポジションの助けは必要だと思いますし、上級条件で通用するかはともかく、この後も人気になる可能性は多分低いと思います。ただ抹消しなければの話ですが・・。

以前(約1年少し前くらいですが)、同様に京都の条件戦(500万)で同じように単勝が200倍を超えていたスーパーライナーという馬がいましたが、その時に「おっ」と思う走りを一瞬見せました。その馬は今では上のクラスでも馬券に絡んでいます。同じようにそれなりに活躍馬してくれれば、と思いひそかに期待しています。

◆朝日杯FS
穴馬は大体は展望どおりですが、軸は思い切って元来の馬と変えて選びました。

木曜日の深夜(金曜日)掲載の「出走馬確定、枠順未確定段階での朝日杯フューチュリティS他今週の展望」は下記URLです。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53340459.html

武豊騎手がここを勝てば全G1制覇になるところでしたが、今までは2着どまりで勝てていません。と思っていたらさらにG1のホープフルSが新設され、さらにまたハードルが高くなりました。メディア上で散々騒がれているので承知と思いますが、今回デイリー杯を勝った馬は代打騎乗で、今回はスミヨン、でもうだめかと思っていたらタイセイビジョンという有力馬の騎乗依頼が入り、さて今回は・・・、というのが一般的な報道のようですが、なぜタイセイが空いたのか?私はサークルやエージェントの詳細な事情は全くわかりませんが、元に騎乗していたルメールがラウダシオンに乗るためのようです。

となればラウダシオンも有力だという、可能性も十分あります。
メディアによればルメール騎手が自ら騎乗を希望していたようです。
またゲートに最後入れになること、翌週のアーモンドアイの追い切りで水曜に美浦に遠征したのに、ラウダシオンの追い切りに騎乗するために栗東で木曜にわざわざ伸ばして騎乗したこと、またアーモンドアイ騎乗で一番困る事態は騎乗停止ですが、そうなりにくい外枠です。それにリーディングも大体確実になったようです。しかもこの馬はそんなに人気もないのでノビノビ騎乗ができそうです。ここはプレッシャーなしで騎乗に専念でき、一発ある可能性は十分と考えます。

◎軸ラウダシオン
○レッドベルジュール
▲ウイングレイテスト
★サリオス
▲ペールエール
△ジュンライトボルト
△マイネルグリット
△タイセイビジョン

◆ディセンバーS
ビッグレッド関係が複数出しなのと、実力馬の休み明け出走が目立ちますが、このレースと正月の金杯をセットで考えている陣営が多そうです。つまり勝たないと賞金加算ができないオープンなので、調整やハンデ戦の出走権取りも含まれると思っています。

となるとビッグレッドの馬少なくとも1頭以上は首尾よく上位に絡む可能性が高いと思います。
おそらく出馬表を見たときから、素人の私のような1ファンでも、皆同じように感じているのか?、前走のレース振りからも、今の馬場状態からも内枠のウインイクシードが人気になっています。まともならこの馬が一番手と思います。

ただ逃げ馬はマークがきつくなるとスムーズに行かないことも多々あると思っています。穴狙いだから、自分の構想どおりに考えてしまう、悪い癖の虫が騒ぎ出しました。同じビッグレッド系ならマークがきつくなく、内枠で器用そうなアンノートル、マイネルハニーを狙ってみたいと考えています。マイネルハニーは斤量や賞金から現実的ではないと思いますが、競馬は意表をつくことが多いので。ちなみにアンノートルは前走のキャピタルSは道悪ということで注意が必要と思い若干注目しましたが、今回は総合的に面白そうな存在になると思いました。

※キャピタルSの時の予想の記事
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53338812.html

他ではまったくこの条件には合いませんが、ある理由でエンジニアの一発にも注意が必要と思います。この馬は今まで人気薄ばかりですが、注目したことも買ったこともない馬です。

◆他のレースで注意が必要と思った馬(人気薄で難しい馬もいますのでご注意ください)
・舞浜特別
ミスズマンボ、ステラルーチェ、フォーティプリンス
・北総S
タガノファジョーロ
・中山12R
アルスラーン、ウイングセクション、トーセンの2頭
・元町S
トライン(ここしばらくは凡走続きでしたが、今回は注意と思います)
・北摂特別
アロハブリーズ
・阪神12R
アカツキジョー、ロングベスト、メイショウバイタル
・中京9R
ナンゴクアイネット、イリスファルコン、タカミツリリー
・寒椿賞
ケイアイワイプ
・浜松S
ビリーバー、エンゲージリング(ミルファームの2頭)

有馬の週までは同様にするつもりです。(メンバー的に穴も難しそうですし・・)

ホープフルSおよび金杯の週はそれなりに研究しようと思っています。
特に今年はどうか、わかりませんが、追い切りなどで元旦など正月に馬場入りする騎手はその年は注意と思っています。
※ちなみに昨年は北村友騎手がかなり目立ったように記憶しています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在12月15日(日)AM2時15分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
木曜日の深夜(金曜日)掲載の「出走馬確定、枠順未確定段階での朝日杯フューチュリティS他今週の展望」は下記URLです。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53340459.html

多くの方は承知かもしれませんが、アーモンドアイが有馬に出走する最大の理由は「年度代表馬」争いかもしれません。現在G1を2勝している馬、または有馬を勝つと2勝になる馬がかなり出走しています。
これは3冠や海外G1制覇に次ぐ大きなタイトルである意味歴史に名を刻みます。
・・・と考えてみました。

遅くなりましたが、土曜日も少々買います。
この時期は大穴に注意と思います。
◆ターコイズS
本来はコース形状的に内枠有利と思いますが、まずはハンデ評価を考えてみました。
その中で若干恵まれたな、と個人的に感じたのはフィリアプーラ、モアナ、ディメンシオンあたりでしたが、そんなに大きな違和感はありませんでした。ただハンデは見込まれたほうが走るケースが多いと感じる時もあり、難しい判断と考えます。

またシゲルピンクダイヤは得意の距離、このメンバー、牝馬限定戦のハンデで54キロ、で勝負にならないようだと来春の大きなレースでは難しいと思いますが、今回この時期に東上した理由は、賞金加算も必要ですが、輸送慣れも含めてかもしれないと思っています。
ということは、距離が長いとはいえ、オークスで結果を残せなかった流れを考えると、輸送の今回はある程度結果を求めての可能性もあると思っています。もちろん訓練もかねての話かもしれませんが・・。
でも逆に考えると、必勝ではない可能性もあると思っています。
馬券は見物料なのでフィリアの単複、モアナとシゲルあたりのワイドで考えています。

◆タンザナイトS
展望でエイシンティンクルに注目と記載しました。その考えは大筋では変わっていません。ただ思いのほか人気になっているようです。皆同じように感じるのかもしれませんね。
ということでここもハンデを考えてみました。また先週のG1がペースの関係もありますが、思いのほか上がりがかかっていて、高速だけど、パワーも必要な馬場の可能性があると思っています。特に3週目の今週は差しも決まる可能性があり、外枠でも乗り方や展開で可能性十分と思います。ということで、総合的に考えて穴ではエントリーチケット、メイショウカズヒメという対照的な条件の2頭に注目したいと思います。

もちろん強そうなのが2頭いますが、1頭はターコイズのシゲルではありませんが、輸送慣れなど他の目的もかねて、もしくは力の衰えがあるかどちらかの可能性があると思っています。もちろん個人的な想像ですが・・・。
またもう1頭はハンデが見込まれていると感じました。先程の話ではありませんが、逆に本当に強く、ものともせずに圧勝の可能性もあると思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在12月14日(土)AM11時23分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
香港は日本馬の優勝ラッシュでした。
正直言うと「今がピーク?、的な感じもあり少し不安をおぼえました・・」
ただしばらくは栄華を誇りそうです。が、欧州の軟らかく力も要る馬場に今後どう対応していくか?という問題が凱旋門賞での好走を占う部分になりそうだと感じました。
ただそれもディアドラではありませんが、慣れもかなり重要なのかもしれないと思いました。
雪国の人の雪道歩きのように・・・。

あと有馬記念にアーモンドアイが出走してきました。他の方とは違う見解かもしれませんが、個人的にはもう十分強いのはわかっているので、これ以上いいのでは?というのが本音です。勝ってもそんなに価値が上がるとも思えないし、負けたらケチがつきそうだし、出走すること自体リスクを負うと思うので、なぜ?というふうに思いました。

それと無関係ではありませんが、出走が微妙になっているクレッシェンドラヴがもう1頭回避が出ないと出走が難しくなりました。知人の一口もっている馬でもあり、この舞台が一番一線級と力差が少なくなる条件と思うし、枠順や展開などで十分上位を狙える可能性があり、まだあきらめずに期待しています。また個人的にはルックトゥワイスもこの条件のほうが面白そうと感じていたので、これもまったく出走意志などがなかったようで、ひそかに残念に思っています。

まあこの話はそれくらいにしておきます。

今週も相変わらずごたくは並べますが、馬券は淡白に、と考えています。

◆朝日杯展望
この時期の2歳馬はまだ未完成と考えています。
本当に強い馬もいるかもしれませんが、もしそこまで出ない場合は完成度や成長力によって地図が塗り変わる可能性もあり、常に穴っぽい馬は狙いたいと考えています。ただどの馬にそのような要素があるかも見当もつかず難しい検討になりそうです。
ただでさえ馬券を当てるのは難しいので、それが倍加すると感じています。

現状阪神の1600はごまかしの利かない地力の試されるコースと思っています。そこに現状でトップクラスの馬が集うので、まず力のない馬が、ラッキーで勝てたり、上位に食い込むのはよほど展開などの助けがないと難しいと考えています。

ただここのところはホープフルSのG1昇格があり、この時期の命題である賞金加算と輸送慣れにおいて賞金をクリアしている馬は輸送と皐月賞と同じ条件を経験させる意味で、そちらに出走させるほうが長い目でみれば得策、という流れが少しずつ定着しきた感もあります。

今後はNHKマイル狙いや、賞金加算の馬、早熟的な馬のG1奪取目標などの陣営が勝負をかけるレースになるのでは?と個人的には想像しています。

あと今年は夏場の福島と中京が馬場が悪化したことでひじょうにタフな馬場になり、底力が試されるレースになったと思っています。今までの能力とスピードだけで好走していた馬より、そういう馬場で好走歴のある馬がそろそろ頭角を現す可能性があると個人的に期待しています。

ということで、現段階では前出の両場を経験したり、好走した馬、ウイングレイテスト、ジュンライトボルト、ペールエール、マイネルグリットあたりに注目しています。まだ2歳戦なのでここが目標の早熟タイプでも馬券に絡む可能性が十分あると思っています。

◆タンザナイトS
ここはかなり注目していますが、エイシンティンクルが距離短縮で出走してきました。どのような戦法に出るか?枠順など、まだ不明な部分や走ってみないとわからない部分もありますが、この条件ならそんなに人気にならなそうなので、単複で狙ってみようと考えています。

他のレースは条件がわかってから見物料がわりに少々だけ買おうと思っています。また直前に予想だけは少し楽しみたいと思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在12
月13日(金)AM1時57分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
海外競馬はあまり詳しくなく、また日本の競馬のサークルや慣習と比較してどうなのか、はまったくわかりませんが、個人的な印象や想像で考えて、せっかく日本の強豪馬の応援もかねて、見物料もかねて観戦したいと思っています。個人的な物差しとしては前走のレース振り、騎手の動向、特に厩舎や騎手は遠征している陣営には何かしらの目的があると考えているので、その辺を想像して考えてみたいと考えています。またボウマン騎手は限定されたレースに騎乗しますが、少なくとも馬券に絡む可能性はかなり高いのでは?と考えています。

全然関係ありませんが、先程行われた中京4Rの障害未勝利戦で比較的人気だったのに8着に沈んだメジャーリーガーはゴール前後の様子だけみたところでは、次走は注意と思いました。

◆香港ヴァーズ
オブライエン厩舎の2頭に注意と思いました。ここは日本馬も有力と思いますが特にここを狙ってきた感があるグローリーヴェイズと当地や遠征に慣れているディアドラには注意と思います。総合力に優れたエグザルタントは押さえて。

◆香港スプリント
サイズ厩舎というところがなんと5頭出しです。中では人気薄のディービーピン、アイヴィクトリー、フルオブビューティーの3頭注意と思います。またボウマン騎手のミスタースタニングにも注意と思います。現段階で圧倒的な強さを見せているエセロは押さえで。あとダノンスマッシュも地力は足りているうえ、北海道の馬場では走っていたので連下には押さえたいところと思います。

◆香港マイル
今春まで圧倒的な強さを誇ったビューティージェネレーションですが、少しかげりが出てきている感じです。日本馬にも十分チャンスありと思います。特に国内G1をパスしてここに備えたアドマイヤマーズとノームコアに注意と思います。またペルシアンナイトも消化不良のレースが続いていますが、地力もあり、当地でもそれなりの走りを見せていて注意と思います。穴では前走のレース振りからカーインスターに注意と思っています。

◆香港カップ
ここに向け仕上げ、松岡騎手も追い切りで遠征したウインブライトは当然有力ですが外枠がどうかと思います。マジックワンドはタフな遠征を続けていましたが前走ついにG1を勝ちましたが、ムラがあるのと目に見えない疲れが心配と思います。穴ではこれも失速すると全くダメなようですが先行力があり少なくとも4角までは先頭集団に残りそうなタイムワープに注意と思います。人気系ではボウマン騎手のフローレに注意と思います。前走は有力な前哨戦で、勝ち馬はヴァーズに出走、枠も最内で条件は揃っているという印象です。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在12月8日(日)12時25分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

↑このページのトップヘ