競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

2020年01月

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
新しいURKのブログにも記載しましたが、私自身も詳細な事情は全くわかりませんが、URLを変更しました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」
http://keiba-ananerai02.blog.jp/

先程いつもタイミング的に投稿している、
「出走馬確定、枠順未確定段階での根岸S、シルクロードS展望」
を掲載しておきました。

もしよろしかったらお寄りください。

まだデザインやパーツなどはこれからですが徐々に整備していくつもりです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
当初の予想には一切触れず、記載もしませんでしたが、ウラヌスチャームの取捨に相当迷っています。
大きな根拠はありませんが、すごく気になっています。

ミッキースワロー以外は近走はムラモあり、絶対的な馬がいないという印象もあり、それも理由のひとつですが、よくよく見ると適性もかなり高く、現在の馬場でどうか?という問題もありますが、枠順なども含め、上位に入る条件はそろっているように感じます。

ここ最近のレース振りだと少し足りないように思いますが、他の有力どころがこける可能性もあり、その時に浮上する地力や適性は充分にあると思っています。

もとから有力馬の頭数から、点数が増えすぎるともはや資金を投入する価値があるのか?という問題もあり、今回は思い切って、個人的には買わないということにしましたが、やはり気になります。

東スポで爆笑・田中氏も推奨しているようですが、もっともだと思っています。

あと昨日の土曜日小倉5Rで3着に入線したコンカルノーは以前(12月14日)に17頭建てで17番人気(単勝470倍くらい)と全く人気がなかったのにみどころのあるレース振りで印象に残った馬でした。今後も注意が必要だと思っています。
参考
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53340605.html

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月26日(日)13時03分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
土曜日の予想はほんのごく一部をのぞいてまったくかすりもしませんでした。
もしご覧になっている方は別の色々な意味で活用の方法があると思いますので、日曜日も同様に活用していただければ幸いです。
個人的には殆どヤケと思われるかもしれませんが(実際そうなのかも・・)、さらに考えられない穴狙をしようと考えています。
実際に馬券を買うのは超大穴もいてかなり難しいと思いますので不発にご注意ください。

中山9Rの呉竹賞はスローペースの前残りの決着になったようですが、外を回って追い込んだ人気の2頭、ショウナンマリオ、コヴァルトウイングは向かない展開や距離ロスにもめげずそれなりの地力をみせました。今後少し人気も落ちるかもしれない、と思い、特に近走順位が人気に反映するオープンクラスに出走のときは、人気薄でも思わぬ激走を披露する可能性があると感じています。次走以降に注目と思います。特にかなり長い距離で脚を使ったショウナンマリオには注意と思います。

あと東雲賞で休み明けで馬群に沈んだサンクロワ今後順調に使われてくれば次走以降に注意と思いました。
それから中山最終Rで4着に逃げ粘ったフジマサディープは展開や枠順の利があったとはいえ、今回の不人気は距離がどうか?というのもあったのを考えると、意外に善戦したと感じました。時計がかかる馬場で切れ味優先でない舞台であれば、これも今後注意が必要と思いました。

上記の馬たちはおそらく、特に後述の馬は人気になりにくいタイプと思いますので、順調であればいずれ回収可能な馬と思いました。
ただ上級のクラスで通用するかは別問題なので、勝負付けが済んでから突っ込んできてくるぐらいのほうが、長く穴を狙えるのかも・・・、と思いました。


日曜日が1月最後の週の開催ですが、現段階では今年は1月の重賞では中山金杯で人気になったウインイクシードが馬券に絡んだ以外は、ビッグレッド系があまり活躍していない印象です。中でもマイネルやコスモの馬はいつもより出走すら減っているように感じます。
日曜日も東西3頭が重賞に出走しますが、果たしてどうでしょうか?

ちなみに金曜朝に掲載の今週の重賞の展望記事は下記です。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53344949.html

◆AJCC
年間の中でもトップクラスに地味な重賞の印象です。適性のある馬の出走が多く、大荒れは少ないですが、毎年のように意外な馬が馬券に絡む印象のレースです。ただ近年はドバイなど海外レースの開催時期が初春のため、ステップ的に使う可能性は高いと考えています。展望でも触れましたが、出走の目的自体も問われている部分もあると思っています。

◎軸ブラストワンピース
特に大きな目標がないようなので、とすればG1馬でもここは少なくと上位を狙う可能性が高いと考えます。
○ミッキースワロー
G1を使わずに得意の距離とコース、条件が揃いすぎていますが、アクシデントがない限り昨年はG2が2着どまりなのでここは。問題は休み明けだけと感じています。
▲ステイフーリッシュ
本来近走の実績からは軽視されがちですが、逆に考えればここか京都記念くらいしか、条件の揃ったレースもなく、タイトルがほしいタイミングなのと、騎手の動向で。
★ラストドラフト
追い切りの経緯などを考えてもここを叩き台にする理由が見当たらず、勝つかどうかはともかく枠順も比較的恵まれ、ここは勝負と考えます。
△マイネルフロスト
実はダービー3着、青葉賞でも最後に着差を詰めています。意外に自在性もあり、軽視は禁物と思います。
△ルミナスウォリアー
現在の馬場状態、ハンデ評価、騎手が追い切りに騎乗したことから、最初から掲示板を狙ってくるようなレースをした場合は・・・。

◆東海S
ここは大筋は展望どおりに考えています。結論は、
◎モズアトラクション
○スマハマ
▲インティ
★エアアルマス
△アングライフェン
△コスモカナディアン
△マイエンルクラース

以上2重賞は多分難しいと思いますが、超人気薄のビッグレッド、特に今回出走のマイネルや岡田氏のコスモも押さえたいと考えています。

◆門司S
展望どおりクリノフウジンの嵌ったときの地力に注目と思います。オープンでも通用する馬と考えています。連馬券の相手はスマートの2頭に。

◆初霞賞
セイウンオフロードに注意と思います。

◆若竹賞
展望どおり10月15日の東京新馬戦に出走した、マイネルデストリョ、レッドライデンに注意と思います。特にマイネルは前走は中途半端な競馬になった印象があり、今回は思い切りのいいレースになれば、勝ち負けの可能性も十分と考えています。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53337313.html

◆八幡特別
タイセイトレンディ、ノーブルノートに注意と思います。

◆京都12R
ホープフルスターに注意と思います。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月26日(日)AM2時47分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
今日は重賞もなく、あまり特別に考えているレースもないので、本当に簡単にします。
馬場状態はどこも既にそれなりに悪化して、季節柄もあり時計はかかっていると思っていますが、今後はきわめて微妙な感じだと思っています。
ただ日曜日は小倉や京都はある程度道悪に、中山はあまり影響はないのでは?と思っています。

◆アレキサンドライトS
要は先行残りになるか、前が止まるか、という展開の読みが大きく左右すると思っています。
個人的に大きな根拠はありませんが人気薄で気になった馬を少々買いたいと思っています。
具体的には地力のあるエムオーグリッタに注目ですが、若干ムラがあり嵌ればという印象です。
人気薄ではメイクハッピーやスターライトブルーあたりは侮れないと思っています。

◆岩清水S
地力のあるユニコーンライオンはコース的に合うと思いますし、最内枠がどうかとは思います。
ただ少々渋った神戸新聞杯で直線での脚とある意味での器用さを見せたように感じました。
実力馬のドナウブルーのハンデを考えれば、ここはこの馬が中心なのかもしれませんが、先々はユニコーンのほうが大物感もあり今回は人気もそこそこしかないので面白そうと思っています。ただ確実性はないように思うので馬群に沈む可能性もありと考えています。
穴ではショウナンタイガ、実力馬のタイキサターン、ヒルノマゼランあたりが気になりました。

◆響灘特別
穴でプリカジュール、ミラビリアに注目しています。

◆中山5R
もうすぐですが、10月15日の東京新馬戦に出走して、前走は4着だったアルディエンテが出走します。
参考
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53337313.html

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月25日(土)AM11時27分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬(中央競馬中心)・今週の展望 に参加中!
先週の日曜日は一部の穴馬は馬券に絡みましたが、個人的には完敗でした。
今週は登録を見た感じでは大荒れはなさそうにみえますが、無理やり穴馬を考えてみようと、いつもながらですが考えています。
原則は個人的にもあまり現実的ではないと考えている部分もあるので、もしご覧になっている方がいたら不発にご注意ください。

特に今週は天候と馬場状態に注意と思っています。例年と違いこの多雨と晴天率の低さによる馬場の回復の遅れがどのように影響するか、という問題です。逆にここでの出走が今後の地力強化の足がかりになる可能性もあると思っています。

◆AJCC
まず人気薄も含めた出走の目的、要は勝負や好走をめざしているかも焦点になりそうだと思っています。
もちろん人の心の中はわかりませんが、行動に現れた部分を拾っていきたいと考えています。

人気になりそうなところではブラストワンピースは川田騎手が東上して直前追い切りに騎乗しました。他ではミッキースワローは調教師が直前に、ニシノデイジーは田辺騎手が一週前追い切りに騎乗しました。ラストドラフトも直前は同様に騎手騎乗だったように記憶しています。
あと人気薄そうな馬ではルミナスウォリアーが柴山騎手騎乗でした。こちらは馬場悪化に対応できる可能性がありこちらも注意が必要と思いました。

それから初芝のクロスケは常識的にはありえないとは思いますが、走ってみないとわからない部分があり、馬券は買わないと思いますが、なぜここで、という部分もありますが、走りには注目と思います。賞金的にスケジュールやローテーションを埋めたりする余裕はないはずで、オープンでは勝負にならないとふんで、出走だけが目的でない限り、一発勝負に出る可能性もあると思っています。
※昨年1回平場のオープンに出走して、惨敗したようでした。失礼しました。AM10時52分くらい追記

社台RHの3頭で現状では一番近走の実績では劣っているルメール騎乗のステイフーリッシュは地力はかなりありそうで個人的には一番注意と思っています。

まとめるとと穴ではルミナスウォリアー、比較的有力どころではステイフーリッシュ、ミッキースワロー、ブラストワンピースに注目しています。ラストドラフトも侮れないと考えています。

◆東海S
みやこSの再来か?インティとスマハマの出走です。インティとしては本番でスマハマに出走されるといやなので、ここでしっかり序列をつけるか、スマハマの権利取りを阻止したいのでは?と個人的に考えています。ただインティは今回武豊騎乗で斤量は1キロ減り、勝負になるので、前回のような無茶?なレース振りはないのでは?と思っています。いずれにしてもここはスマハマは今までのローテーションではないハードスケジュールで出走してくることを考えれば勝負をかけてくる可能性が高いと考えています。

要はスマハマが馬券、というか悪くても賞金を加算する2着以内に入るか、それとも馬群に沈むのか、どちらか?というのが個人的な見解です。
あとは今回は注目になり比較的人気しそうなヴェンジェンスにも注目と思います。個人的な理由は昨年の超ハイレベルと感じた天保山Sの勝ち馬であり、そこからこの活躍が始まっていると感じています。ただ枠順と、今回は今までのようなノーマークの馬ではなくなる可能性もありスムーズに実力を発揮できるか?がポイントと思っています。他の陣営から見たらこの馬が実力を出し切れば困るのでは?と考えています。

比較的穴では個人的に考えている京都⇔函館の条件にあてはまるモズアトラクション、アングライフェンにも注目と思います。

大穴?ではあまり大きな根拠はありませんが、ビルジキール、マイネルクラースにも注意と思っています。

現段階で一番注目しているのはモズアトラクションで、人気ではスマハマの取捨です。

◆門司S
ここはコース適性はイマイチで、特に先行有利な道悪ではどうかと思いますがクリノフウジンが再度出走予定です。嵌ったときの地力はかなりあると思いますが、少なくとも年齢的にここから数走のうちに馬券に絡んでくるのでは?と思っています。

◆若竹賞
このレースにはマイネルデステリョ、レッドライデンが再度出走してきます。
この2頭は再三このブログでも記載していますが10月15日の東京芝2000の新場戦の出走馬です。
このレースの出走馬は当分追いかけてみたいと考えています。
参考
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53337313.html

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月24日(金)AM8時30分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
今日は用事が多く、レースは絞って、簡単に。
穴が多いので不発にご注意ください。

愛知杯のデンコウアンジュには正直びっくりしました。
地力は承知していましたが、道悪の開幕週で斤量、年齢的にも健闘はしても馬券に絡むのもどうか?と思っていたので、まさか勝つとは思っていませんでした。人気の度合いより、意外な結果と感じました。

火曜深夜(水)掲載の展望記事は下記です。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53344225.html

木曜深夜(金)掲載の展望記事は下記です。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53344360.html

土曜午前掲載の展望記事は下記です。(土曜日予想の後に記載)
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53344453.html

◆日経新春杯
色々な予想番組等で菊花賞で定量での順位とハンデに温度差があることが指摘されていました。
根拠は定かではありませんが、日本のハンデキャッパーはかなり優秀であると聞いたことがあります。ただハンデの設定はそれなりの規則性があると思われます。
真実は不明ですが、もしかしたらメロディーレーンの岡田氏はそのことを逆手にとって戦略として考えているのかもしれないと感じました。特に極端な短距離や長距離ではハンデ評価の設定はきわめて難しいと考えられます。

以前の例では2011年はルーラーシップが56.5キロで勝利、ローズキングダムは58キロ、ヒルノダムールは56キロでした。
今年でいえば56キロのレッドジェニアルはほぼ妥当に近い斤量で、逆に複数出ている条件クラスの馬のハンデが問題視されているのかもしれないと思いました。中でも明け4歳馬はその恩恵もあると感じています。

ただでさえこの時期の特殊な馬場に加え、雨も加わり、自分も含め馬券ファンはさぞ困っているのでは?、と想像します。

現段階での地力評価を取るか、軽ハンデを取るか、という選択を迫られていると感じています。

またまたごたくを並べてしまいましたが、個人的には週初からの展望と大きく変わりませんが、
◎軸サトノガーネット
○レッドジェニアル
▲チェスナットコート
★タイセイトレイル
△エーティーラッセン
△ロードヴァンドール

としましたが、要は年末から好調の矢作師がここは勝負に出る、と考えました。
他注意が必要と思うのは、大逃げです。特に先行型が複数いるので、後続がなかなか脚がためられない2や3頭逃げになった場合も考えられると思っています。そうなれば好位の内で脚を貯められる馬も漁夫の利的に上位のチャンスが出てくると思っています。ここには記載しませんでしたがレッドレオンなどがその可能性があると思っています。

◆京成杯
10月15日新馬戦出走馬として展望から注目のビターエンダーは相当な穴人気の対象になっているようです。テレビ報道によれば歯がわりはほぼ終わっているようなのでクラシックが楽しみですが、ここは騎乗者自身も含め陣営も意識すると思うし、当然マークもきつくなるので要因としては有利になることはないと思っています。

あと中山は最終あたりのレース映像ではコース全般で内をあけたり、直線は広がったりで、今までと同じように考えないほうがいいと感じました。

ということで、展望に一部加えますが、
◎軸ロールオブサンダー
○ヒュッゲ
▲ビターエンダー
★キムケンドリーム
△スカイグルーヴ
△ゼノヴァース

◆ジャニュアリーS
エポックに注意と思います。

◆京都12R
ここは展望のとおりにナムラヘラクレスに注意と思います。あと連闘で関西に遠征のギンゴーは地力はともかく陣営は勝負では?と思っています。

◆中山12R
穴でショウナンバニラに注意と思います。相手は難しいですがキタイ、タマモメイトウ、オジョーノキセキあたりと思っています。

◆中山7R
10Rのエポックもそうですが酒井学騎手が関東に遠征で騎乗ですが、午前のレースとここと10Rのみで主たる騎乗がどこかは不明ですが、なにか目的があるのでは?と思っています。このレースで騎乗のビービーデフィも外枠がどうかですが注意が必要と思います

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月19日(日)AM10時58分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ


ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
ご承知のように中山、小倉は雨や場合によっては雪の影響を受けそうです。
両場ともお昼前後までのようですが、気温が低く馬場はなかなか回復が難しそうです。
降水量はたいしたことはなさそうですが、それなりに適性が問われると思います。
良馬場でも強く、道悪でも変わりなく強い馬もいれば、からっきしダメな馬もいそうですが、走ってみないとわからない部分もあり、この時期の馬場特性、また開幕週の小倉はその部分での特徴も加わりかなり難しい(ただでさえ容易ではないのに・・・)状況になりそうです。

火曜深夜(水)掲載の展望記事は下記です。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53344225.html

木曜深夜(金)掲載の展望記事は下記です。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53344360.html
◆愛知杯
上記の展望で注目のレイホーロマンス、レッドランディーニに引き続き注目です。
あとは内枠と脚質、軽量などでサヴォワールエメに注意と思います。
他で陣営の戦略のうまさなのか、ハンデに若干違和感を感じたアルメリアブルーム、ランドネ、そして2勝クラスで藤田菜七子騎手が騎乗するカレンシリエージョにも注意が必要と思いました。
人気では斤量がまだ若干割り引かれてると思われる明け4歳馬のフェアリーポルカ、パッシングスルーも注意と思います。

◆ニューイヤーS
展望どおりキャプテンペリーと外枠ですが道悪得意のキョウヘイに注意と思います。
人気では中山マイルの内枠でここは凡走が許されないジャンダルムは道悪でどうか以外はマイナス要素がなく軸としては適しているように思います。
穴では先行で実績がある最内枠のミュゼエイリアン、ポジションしだいですがハーレムライン、あと大穴で先行残りでショウナンライズあたりに注意と思います。

◆羅生門S
展望どおりスリーランディア に注意と思います。あと初ダートのダノンジャスティスの走りに注目と思います。

◆小倉9R
田辺騎手のポベータテソーロ、柴田大騎手のコスモレリアに注意と思います。

◆小倉8R
タイセイブランシュは右回り、道悪など色々なハードルがありますが、まったく歯が立たないという走りは近走ではまだしていませんが全く人気がなくためしに見物料で単複を最低単位だけ買ってみようと思っています。難しいのでご注意ください。

◆日曜日重賞展望続き
現段階で追記部分を記載しました。今までの見解の詳細は上記URLのリンクのページに記載あしてあります。
・日経新春杯
展望どおり矢作厩舎の3頭、特にチェスナットコートとサトノガーネットに注目です。
他ではノーマークになりそうな先行勢のエーティーラッセン、ロードヴァンドールに注意と思います。

・京成杯
これも展望どおりビターエンダー、ロールオブサンダーに注目ですが、爆笑・田中氏が注目などビターエンダーは思いのほか穴人気になっていて少々驚いています。10月15日の東京・新馬戦の走りは爆笑・田中氏もふれていましたが、知っているのか、知らないのかそのレースの3〜6着馬がすべて勝ち上がった脅威のレベルだったことには触れていませんでした。しかも各馬の次走の勝ち方はそれぞれ印象に残る強い勝ち方でした。さらに近々でも1着馬と4着馬が上の条件でも掲示板に載っただけでなく、まだ奥がありそうな感じに見えました。今回どうこうよりも、先々どこかで活躍するのでは?と考えています。

今回はむしろ逆に思ったよりも人気のないロールオブサンダーのほうが面白いくらいに考えています。
人気どころではスカイグルーヴとゼノヴァースが大きく注目されていますが、先々はともかくこの条件と状況であればヒュッゲ のほうが面白そうと考えています。

穴ではキングオブドラゴンに注意と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月18日(土)AM10時58分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
結局小倉の愛知杯で騎乗予定と記載されていた田辺騎手は騎乗しないことになりました。事実上出走馬確定前にすでに違う騎手で発表されていたようです。ダミーだったのか?、減量に失敗したのか?、はたまたひと悶着あったのか?計り知れないところですが、田辺騎手は土曜は当初の予定通り小倉で騎乗の予定なので、後者の2つ、減量失敗かひと悶着ではないかと推察します。

さて枠順確定前ですが、今週の注目馬ですが、火曜日深夜(水曜日)の展望とは大きく変化していませんが、出走の可否や他レースの注目などもあり若干は違っています。そして明朝の枠順確定で変わる可能性はまだあります。

参考
火曜日深夜(水曜日)に掲載した今週の展望記事のURLは下記をご覧ください。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53344225.html
今週も色々用事が立て込み、原則は後半のレースで注目馬をピンポイント中心で狙うつもりです。
◆日経新春杯
チェスナットコート、サトノガーネット

◆愛知杯
レイホーロマンス、レッドランディーニ。
後者は田辺騎手ではありませんが、斤量の問題であれば馬自体はかなり勝負気配濃厚そうです。

◆京成杯
ビターエンダー、ロールオブサンダー

◆ニューイヤーS
キャプテンペリー、キョウヘイ

◆羅生門S
スリーランディア

◆土曜日中山12R
人気になりそうですがダイワの2頭、ダイワギャバン、ダイワダグラス

◆土曜日京都12R
ナムラヘラクレス

◆土曜日小倉の田辺騎手
結局一般レースのみの騎乗になりましたが、手ぶらで帰るわけにはいかないはずで、ここは彼の騎乗馬は人気にかかわらず注意と思います。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月17日(金)AM2時27分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬(中央競馬中心)・今週の展望 に参加中!
先週は3日間開催で、最終日はあまり立て込んでいなかったのでわりとレースも見れて一般レースの馬券も見物しながら買えましたが、それがどうなのかわかりませんが、メインは不発でした。でも例年よりはましだったので、というよりいつもはこのまま不発嵐になるのか?という状態にはなっていないので正直少しほっとしています。ただ競馬は1レースごとにリセットされるので慎重にじっくり検討していきたいとは考えています。でも蔵が建つような状況とは程遠いので、少なくともレース前は参加するレースは一戦必勝でのぞみたいとは、思っています。

フェアリーSは柴田大騎手が何の躊躇もない逃げが、他の馬に付け入る隙を与えなかったという印象です。枠順を変えて同じメンバーで戦ってもまったく違う順位になるかもしれないと思いました。ただ2着のチェーンオブラブはかなり地力を付けていると感じました。賞金も加算でき、順調なら今後が楽しみだと思いました。またシンザン記念で2着のプリンスリターンも1戦ごとに奥がもっとあるように感じました。どちらも人気になりそうな馬には見えず、クラシックのどこかで思わぬ激走をみせそうな可能性を感じました。

今週はハンデ重賞が複数ありますが、またまた元3歳馬と古馬が一緒に走りますが、斤量換算が五分五分に近づいていることもあり、狙って当てるのは結構大変だと思っています。特に明け4歳馬はハンデがどうなのか?という判断が相当困難な馬もいて、あまり深く考えるより地力や印象重視でシンプルに考えたほうが当たるかもしれないと思います。

すべて登録段階なのでもし出走してきたら、という前提で考えています。出走するか否かは、不明ですのでご承知おきください。
◆日経新春杯
オールドファンなら有名なハンデの名物レースの新春杯ですが、過去も色々あり、今の時期の固い馬場は過酷な斤量の馬は負担が大きく、再度ハンデ戦に戻ってからはの近年は比較的軽量の馬が多く出走するイメージです。前述の通り馬にはそれなりに負担がかかる環境であるという前提で考えたいと思っています。

個人的には矢作厩舎の3頭登録に注目しています。中でも賞金が足りないうえ、京都の長丁場しか活躍の場がないくらいの印象があるチェスナットコートに注目しています。矢作厩舎は父親の大井競馬の影響があるのか、ないのかハードスケジュールをする馬は意外にどこかで激走する場面を過去もよくみかけます。マラソンの川内選手ではありませんが、レースを使うことでトレーニングをしているのかもしれません。この馬も直近で長丁場のレースに連続で出走していて常識的に考えれば、大丈夫?という感じですが、ここは逆にそれも買い材料と考えています。またサトノガーネットは個人的に判断材料にしている京都⇔函館の法則に加え、中京や関西地区、滞在の北海道など近場のレースに良積が集中しているように感じます。
この2頭を中心に考えてみたいと思っています。

あと本来なら体重が軽いので話題になったメロディーレーンも、前走のレース振りから面白そうですが、当然そこそこの穴人気になりそうなのと、どうせなら掲示板に載った菊花賞レベルの距離のほうが他の馬が苦にする分、面白そうに感じました。

◆愛知杯
ここはあまり普段関西のローカルに遠征しない田辺騎手が今年は年初からお手馬でもないレッドランディーニ騎乗予定です。ダミーの可能性もありますが、もし出走がかない、騎乗が予定通りであれば狙ってみたいと思っています。人馬ともに右回りの周回コースは得意とするところに思えますし、この斤量で天気予報のように若干馬場がゆるくなれば面白そうと思います。あとは前2走に前出のチェスナットコート同様長丁場をこなしての登録となったレイホーロマンスにも注意と思っています。こちらもハンデから考えれば十分チャンスありと思います。いずれにしても開幕週の周回コースなので枠順も影響があると思うので、最終的にはその辺も考えたいと思っています。

◆京成杯
このレースは現段階ではピンポイントでビターエンダーを狙おうと考えています。
これは再三このブログでも記載していますが10月15日の東京芝2000の新場戦の出走馬です。
このレースの出走馬は当分追いかけてみたいと考えています。
参考
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53337313.html

他では昨夏の中京や福島の道悪競馬を経験したフルフラットとロールオブサンダーに注意と思っています。
これは当時は半端な道悪ではなく、出走した馬は相当な地力強化になったのでは?と思っているからです。しかもこのようなレースに出走してくるということはその局面か、その後のレースで勝っているからで、特にまだクラシックなどを考えると早い時期で、時計のかかる冬の中山の周回コース、という設定も向いている可能性を考えています。

原則は以上の3頭に絞って考えて、出走してきたら単複やワイドで少々だけ狙ってみたいと思っています。

◆ニューイヤーS
雨の影響がどれくらいあるか、という問題がありますが、個人的にはキョウヘイ、キャプテンペリー、ノーヴァレンダの3頭が出走してきたら少々だけ狙ってみようかな、と思っています。

いずれにしても木曜日に出走馬が決まり、枠順が金曜日に決まってから本格的に考えたいと思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月15日(水)AM1時58分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
馬券に絡むかどうかは別にして出馬表など色々な理由で個人的に気になった馬を列記しておきます。
全く人気のない馬も複数含まれているので承知と思いますが不発にご注意ください。
馬券も下記の馬をすべて買うわけではありませんのでご承知おきください。

※追記(AM11時50分くらい)
京都12Rを忘れていました。
シャイニーピース、バリオラージュが少し気になりました。


◆中山5R
ディンブラ、コトブキテティス

◆中山6R
スティルアリス

◆中山7R
カッチョエペペ

◆成田特別
ネコマヒカ、クリノカポネ

◆新春S
ヴィルトファン、マンカストラップ

◆中山12R
穴でエレベル、アルスラーンに注意と思います。
人気ではスマイル、ネガイの石川氏が2頭出しで注意と思います。

◆京都5R
ダイメイティアラ、ムジカ

◆京都6R
ラブミーレディー、グランマリアージュ

◆京都7R
ペー

◆京都8R
レクスミノル、サウンドテーブル

◆乙訓特別
ゴッドバンブルビー、キョウワヒラリー

◆寿S
サウンドバーニング、ウインクルサルーテ

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月13日(月)AM11時23分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

↑このページのトップヘ