競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

今週の展望

ブログネタ
競馬(中央競馬中心)・今週の展望 に参加中!
先週の日曜日は一部の穴馬は馬券に絡みましたが、個人的には完敗でした。
今週は登録を見た感じでは大荒れはなさそうにみえますが、無理やり穴馬を考えてみようと、いつもながらですが考えています。
原則は個人的にもあまり現実的ではないと考えている部分もあるので、もしご覧になっている方がいたら不発にご注意ください。

特に今週は天候と馬場状態に注意と思っています。例年と違いこの多雨と晴天率の低さによる馬場の回復の遅れがどのように影響するか、という問題です。逆にここでの出走が今後の地力強化の足がかりになる可能性もあると思っています。

◆AJCC
まず人気薄も含めた出走の目的、要は勝負や好走をめざしているかも焦点になりそうだと思っています。
もちろん人の心の中はわかりませんが、行動に現れた部分を拾っていきたいと考えています。

人気になりそうなところではブラストワンピースは川田騎手が東上して直前追い切りに騎乗しました。他ではミッキースワローは調教師が直前に、ニシノデイジーは田辺騎手が一週前追い切りに騎乗しました。ラストドラフトも直前は同様に騎手騎乗だったように記憶しています。
あと人気薄そうな馬ではルミナスウォリアーが柴山騎手騎乗でした。こちらは馬場悪化に対応できる可能性がありこちらも注意が必要と思いました。

それから初芝のクロスケは常識的にはありえないとは思いますが、走ってみないとわからない部分があり、馬券は買わないと思いますが、なぜここで、という部分もありますが、走りには注目と思います。賞金的にスケジュールやローテーションを埋めたりする余裕はないはずで、オープンでは勝負にならないとふんで、出走だけが目的でない限り、一発勝負に出る可能性もあると思っています。
※昨年1回平場のオープンに出走して、惨敗したようでした。失礼しました。AM10時52分くらい追記

社台RHの3頭で現状では一番近走の実績では劣っているルメール騎乗のステイフーリッシュは地力はかなりありそうで個人的には一番注意と思っています。

まとめるとと穴ではルミナスウォリアー、比較的有力どころではステイフーリッシュ、ミッキースワロー、ブラストワンピースに注目しています。ラストドラフトも侮れないと考えています。

◆東海S
みやこSの再来か?インティとスマハマの出走です。インティとしては本番でスマハマに出走されるといやなので、ここでしっかり序列をつけるか、スマハマの権利取りを阻止したいのでは?と個人的に考えています。ただインティは今回武豊騎乗で斤量は1キロ減り、勝負になるので、前回のような無茶?なレース振りはないのでは?と思っています。いずれにしてもここはスマハマは今までのローテーションではないハードスケジュールで出走してくることを考えれば勝負をかけてくる可能性が高いと考えています。

要はスマハマが馬券、というか悪くても賞金を加算する2着以内に入るか、それとも馬群に沈むのか、どちらか?というのが個人的な見解です。
あとは今回は注目になり比較的人気しそうなヴェンジェンスにも注目と思います。個人的な理由は昨年の超ハイレベルと感じた天保山Sの勝ち馬であり、そこからこの活躍が始まっていると感じています。ただ枠順と、今回は今までのようなノーマークの馬ではなくなる可能性もありスムーズに実力を発揮できるか?がポイントと思っています。他の陣営から見たらこの馬が実力を出し切れば困るのでは?と考えています。

比較的穴では個人的に考えている京都⇔函館の条件にあてはまるモズアトラクション、アングライフェンにも注目と思います。

大穴?ではあまり大きな根拠はありませんが、ビルジキール、マイネルクラースにも注意と思っています。

現段階で一番注目しているのはモズアトラクションで、人気ではスマハマの取捨です。

◆門司S
ここはコース適性はイマイチで、特に先行有利な道悪ではどうかと思いますがクリノフウジンが再度出走予定です。嵌ったときの地力はかなりあると思いますが、少なくとも年齢的にここから数走のうちに馬券に絡んでくるのでは?と思っています。

◆若竹賞
このレースにはマイネルデステリョ、レッドライデンが再度出走してきます。
この2頭は再三このブログでも記載していますが10月15日の東京芝2000の新場戦の出走馬です。
このレースの出走馬は当分追いかけてみたいと考えています。
参考
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53337313.html

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月24日(金)AM8時30分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
結局小倉の愛知杯で騎乗予定と記載されていた田辺騎手は騎乗しないことになりました。事実上出走馬確定前にすでに違う騎手で発表されていたようです。ダミーだったのか?、減量に失敗したのか?、はたまたひと悶着あったのか?計り知れないところですが、田辺騎手は土曜は当初の予定通り小倉で騎乗の予定なので、後者の2つ、減量失敗かひと悶着ではないかと推察します。

さて枠順確定前ですが、今週の注目馬ですが、火曜日深夜(水曜日)の展望とは大きく変化していませんが、出走の可否や他レースの注目などもあり若干は違っています。そして明朝の枠順確定で変わる可能性はまだあります。

参考
火曜日深夜(水曜日)に掲載した今週の展望記事のURLは下記をご覧ください。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53344225.html
今週も色々用事が立て込み、原則は後半のレースで注目馬をピンポイント中心で狙うつもりです。
◆日経新春杯
チェスナットコート、サトノガーネット

◆愛知杯
レイホーロマンス、レッドランディーニ。
後者は田辺騎手ではありませんが、斤量の問題であれば馬自体はかなり勝負気配濃厚そうです。

◆京成杯
ビターエンダー、ロールオブサンダー

◆ニューイヤーS
キャプテンペリー、キョウヘイ

◆羅生門S
スリーランディア

◆土曜日中山12R
人気になりそうですがダイワの2頭、ダイワギャバン、ダイワダグラス

◆土曜日京都12R
ナムラヘラクレス

◆土曜日小倉の田辺騎手
結局一般レースのみの騎乗になりましたが、手ぶらで帰るわけにはいかないはずで、ここは彼の騎乗馬は人気にかかわらず注意と思います。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月17日(金)AM2時27分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬(中央競馬中心)・今週の展望 に参加中!
先週は3日間開催で、最終日はあまり立て込んでいなかったのでわりとレースも見れて一般レースの馬券も見物しながら買えましたが、それがどうなのかわかりませんが、メインは不発でした。でも例年よりはましだったので、というよりいつもはこのまま不発嵐になるのか?という状態にはなっていないので正直少しほっとしています。ただ競馬は1レースごとにリセットされるので慎重にじっくり検討していきたいとは考えています。でも蔵が建つような状況とは程遠いので、少なくともレース前は参加するレースは一戦必勝でのぞみたいとは、思っています。

フェアリーSは柴田大騎手が何の躊躇もない逃げが、他の馬に付け入る隙を与えなかったという印象です。枠順を変えて同じメンバーで戦ってもまったく違う順位になるかもしれないと思いました。ただ2着のチェーンオブラブはかなり地力を付けていると感じました。賞金も加算でき、順調なら今後が楽しみだと思いました。またシンザン記念で2着のプリンスリターンも1戦ごとに奥がもっとあるように感じました。どちらも人気になりそうな馬には見えず、クラシックのどこかで思わぬ激走をみせそうな可能性を感じました。

今週はハンデ重賞が複数ありますが、またまた元3歳馬と古馬が一緒に走りますが、斤量換算が五分五分に近づいていることもあり、狙って当てるのは結構大変だと思っています。特に明け4歳馬はハンデがどうなのか?という判断が相当困難な馬もいて、あまり深く考えるより地力や印象重視でシンプルに考えたほうが当たるかもしれないと思います。

すべて登録段階なのでもし出走してきたら、という前提で考えています。出走するか否かは、不明ですのでご承知おきください。
◆日経新春杯
オールドファンなら有名なハンデの名物レースの新春杯ですが、過去も色々あり、今の時期の固い馬場は過酷な斤量の馬は負担が大きく、再度ハンデ戦に戻ってからはの近年は比較的軽量の馬が多く出走するイメージです。前述の通り馬にはそれなりに負担がかかる環境であるという前提で考えたいと思っています。

個人的には矢作厩舎の3頭登録に注目しています。中でも賞金が足りないうえ、京都の長丁場しか活躍の場がないくらいの印象があるチェスナットコートに注目しています。矢作厩舎は父親の大井競馬の影響があるのか、ないのかハードスケジュールをする馬は意外にどこかで激走する場面を過去もよくみかけます。マラソンの川内選手ではありませんが、レースを使うことでトレーニングをしているのかもしれません。この馬も直近で長丁場のレースに連続で出走していて常識的に考えれば、大丈夫?という感じですが、ここは逆にそれも買い材料と考えています。またサトノガーネットは個人的に判断材料にしている京都⇔函館の法則に加え、中京や関西地区、滞在の北海道など近場のレースに良積が集中しているように感じます。
この2頭を中心に考えてみたいと思っています。

あと本来なら体重が軽いので話題になったメロディーレーンも、前走のレース振りから面白そうですが、当然そこそこの穴人気になりそうなのと、どうせなら掲示板に載った菊花賞レベルの距離のほうが他の馬が苦にする分、面白そうに感じました。

◆愛知杯
ここはあまり普段関西のローカルに遠征しない田辺騎手が今年は年初からお手馬でもないレッドランディーニ騎乗予定です。ダミーの可能性もありますが、もし出走がかない、騎乗が予定通りであれば狙ってみたいと思っています。人馬ともに右回りの周回コースは得意とするところに思えますし、この斤量で天気予報のように若干馬場がゆるくなれば面白そうと思います。あとは前2走に前出のチェスナットコート同様長丁場をこなしての登録となったレイホーロマンスにも注意と思っています。こちらもハンデから考えれば十分チャンスありと思います。いずれにしても開幕週の周回コースなので枠順も影響があると思うので、最終的にはその辺も考えたいと思っています。

◆京成杯
このレースは現段階ではピンポイントでビターエンダーを狙おうと考えています。
これは再三このブログでも記載していますが10月15日の東京芝2000の新場戦の出走馬です。
このレースの出走馬は当分追いかけてみたいと考えています。
参考
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53337313.html

他では昨夏の中京や福島の道悪競馬を経験したフルフラットとロールオブサンダーに注意と思っています。
これは当時は半端な道悪ではなく、出走した馬は相当な地力強化になったのでは?と思っているからです。しかもこのようなレースに出走してくるということはその局面か、その後のレースで勝っているからで、特にまだクラシックなどを考えると早い時期で、時計のかかる冬の中山の周回コース、という設定も向いている可能性を考えています。

原則は以上の3頭に絞って考えて、出走してきたら単複やワイドで少々だけ狙ってみたいと思っています。

◆ニューイヤーS
雨の影響がどれくらいあるか、という問題がありますが、個人的にはキョウヘイ、キャプテンペリー、ノーヴァレンダの3頭が出走してきたら少々だけ狙ってみようかな、と思っています。

いずれにしても木曜日に出走馬が決まり、枠順が金曜日に決まってから本格的に考えたいと思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月15日(水)AM1時58分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
先週に引き続き変なタイミングでの掲載になってしまいましたが、この後用事が山積みでこのタイミングしかありませんでした。展望は下記のレース以外はあらためて直前などで掲載しようと思っています。(AM8時05分くらい追記)

フェアリーSは登録馬が多く、出走馬が確定しないと検討のしようがないうえ、明け3歳ということでわからない部分が多く、また同じようなタイミングになりました。フェアリーSにもし出走できればサナチャンという馬を難しくても狙ってみようと思っていたので個人的には残念に感じました。


先週の月曜京都6Rで優勝したヴォルストは前走は岩田康騎手で個人的に穴で面白そうと思う部分がありましたが、今回もあまり人気がない状態での出走でしたが、思った以上に強い勝ち方でした。前走騎乗の岩田康騎手は人気のサトノラファールに騎乗、これは当然と思いますが、サトノは馬群に沈み、和田騎手に乗り替わったヴォルストが勝利しました。
参考ー前走の後の記事
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53341193.html

岩田康騎手は人気にかかわらず時に個人的に注意と思うときがありますが、そんな時は次走他の騎手に乗り替わった時でも注意と思います。これは以前に注目していたスーパーライナーでも同様でした。
参考
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53300395.html

岩田康騎手はG1などでも同様のことがあり、これは個人的に当時のタイミングでは穴で狙いたいと思う場面ではありませんでしたが、あのクロコスミアが岩田康騎手から他の騎手に乗り替わり、岩田騎手が他の馬に乗ったときでもクロコスミアのほうが馬券に絡んでいたことがありました。どんな事情があるのか詳細は全く不明ですが、岩田康騎手は人気にかかわらずある条件に当てはまる馬に騎乗したときはそのレースも含め、次走に乗り替わったとしても注意が必要と感じています。わかりにくい表現になりましたが確証もない印象的な話なのでこんな表現になってしまいました。

そんな中で先週予想ではまったく触れませんでしたが、月曜日の京都メインの万葉Sのときにレトロロックでも同様に感じました。この馬は年齢的にも、内容的にもかなり難しいと思いますが、来月には実績的には以前は得意だった小倉が開幕します。ということは次走も注意という可能性があると感じています。先の話なのでこの話はこの辺で・・・。

さて今週の展望ですが、3日間開催ですがまだよく検討していない部分もあるので直前にかなり変わる可能性がありますが、注目している馬だけ記載します。不発にご注意ください。
◆シンザン記念
例年穴を狙うのが難しいという印象で、今年も同様に感じました。
人気ですが朝日杯のレース振りから注目のタガノビューティーに注目しています。賞金加算もしておきたいところだと思います。
当時は詳細な事情は不明ですが、和田騎手の動向から注目すべきだったのかもしれません。(結局4着で馬券には絡みませんでしたが・・・)
参考
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53341278.html

他ではここは出走できる否かでの登録や出走かもしれませんが、牝馬に注目しています。中でも関東から遠征でこれも人気しそうですがサンクテュエール、あとは関西馬のカイトレッド、オーマイダーリンあたりの牝馬、そして牡馬ですが馬場の悪い当時の中京で快勝したヒシタイザンあたりに注意と思っています。
※カイトレッドは出走しませんでした。、またフェアリーSも除外されてしまいました。失礼致しました。(10日16時32分追記)

◆フェアリーS
比較的人気ではスマイルカナ、他穴っぽいところではカインドリー、ダイワクンナナ、ウインドラブリーナあたりに注意と思っています。人気になりそうなシャインガーネットも現段階での地力と鞍上から押さえざるを得ないと思っています。ただこのコースは枠順が大きく影響するので、枠順が決まってからあらためて考えたいと思っています。

◆土曜日中山5R
10月15日新馬戦出走のスピッツェンバーグに注意と思います。
参考
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53337313.html

◆日曜日中山2R
個人的にPOGに登録していてダートの中距離で変わり身をみせたディーズギャラントに注目しています。
参考(前出のヴォルストと同じ記事です)
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53341193.html

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月10日(金)AM7時58分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
新年おめでとうございます。
また懲りもせずにできる限り掲載していく所存です。
色々な意味でご活用いただければと思います。
本当は他の楽しみも掲載できればと思いますが、状況は昨秋以来あまり変わっていないのでできる範囲で、と考えています。

昨年は一部のたまたまに近いヒットに若干救われましたが修行が足りないことを強く感じましたので、参加するのであれば大事に考えていきたいと思っております。

さて年初から難敵である金杯など正月競馬です。
以前は最初のレースにアラブの少頭数などが組まれていて、それがとんでもない穴になったりしましたが、アラブもいなくなり、三連単時代になり様相は一変しました。

近年中には今世間を騒がせている「カジノ」なども国策で行われるとすれば、またどんどん変化していくと考えています。基本的にはどんどん過激になっていくか、違う部分、たとえばスターやアイドルホースや騎手など別の部分で商売を拡大する可能性があると思っています。また他のスポーツ同様、外国の一流馬と現地で互角に戦えるようなレベルや技術の向上が命題になると思っています。
その流れを考えれば、穴はその真逆にあると感じていて、つまり有名でない血統やスタッフによる激走を予想できるかが勝負になりそうだと考えています。

さてまたごたくになったので、本題に・・・
現状出走馬確定段階での最初の印象での注目と、ざっと見たデータの羅列だけ掲載します。直前に変える可能性もあります。
今週は特に重賞は登録が多く、出走するか、またはできるか否かがわからなかったので、少なくとも出走が確定してから記載しようと思っていました。

また1月は週末に用事も多く、今月も引き続き簡単に、というか検討するレース自体を絞り込もうと思っています。

◆中山金杯
・個人的な印象
注目馬 
レッドローゼス、
注意が必要
マイネルサーパス、マイネルハニー、ウインイクシード、クレッシェンドラヴ、ブラックスピネル

・各馬の内容
アンノートル 騎手7R騎乗 賞金加算必須
イレイション 騎手7R騎乗 賞金加算必須
ウインイクシード 賞金加算必須
カデナ 鮫島克2鞍騎乗
ギベオン 端数ハンデ 騎手5R、7R騎乗  外人騎手
ザダル 騎手5R、7R騎乗  外人騎手 賞金加算必須 4歳55キロ
タニノフランケル 騎手年男 帯同馬あり
テリトーリアル 藤岡康3鞍騎乗
トリオンフ 騎手5R、7R騎乗 帯同馬あり
ノーブルマーズ 騎手5R騎乗 外人騎手
ブラックスピネル 騎手5R、7R騎乗 帯同馬あり
マイネルサーパス 厩舎7R出走 賞金加算したい 4歳55キロ
メイショウエイコウ 騎手7R騎乗 賞金加算必須
レッドローゼス 騎手5R、7R騎乗 厩舎5R出走 騎手年男

◆京都金杯
・個人的な印象
注目馬 
マイネルフラップ
注意が必要
メイケイダイハード、カテドラル、エメラルファイト、ソーグリッタリング、タイムトリップ、マルターズアポジー

・各馬の内容
池添厩舎親子で3頭出し、池江厩舎2頭出し
エメラルファイト 騎手1鞍騎乗 5R騎乗 4歳56キロ 京都実績あり
エントシャイデン 騎手5R,6R騎乗 厩舎6R出走 賞金加算必須
オールフォーラヴ 騎手5R,6R騎乗 京都実績あり
カテドラル 騎手5R,6R騎乗 池添学 厩舎5R出走 4歳55キロ 賞金加算特に必須
サウンドキアラ 騎手5R,6R騎乗 賞金加算必須 京都実績あり
ストロングタイタン 騎手6R騎乗 池江
ソーグリッタリング 騎手5R,6R騎乗 池江 京都実績あり
ダイアトニック 騎手5R騎乗 京都実績あり
タイムトリップ 騎手5R,6R騎乗 賞金加算特に必須 京都・函館実績あり
ドーヴァー 騎手5R,6R騎乗 帯同馬あり
ハッピーグリン 騎手5R,6R騎乗 賞金加算必須
ブレステイキング 騎手5R,6R騎乗 賞金加算必須
ボンセルヴィーソ 池添学 厩舎5R出走 賞金加算必須 京都実績あり
マイネルフラップ 4歳53キロ 賞金加算特に必須 京都実績あり
マルターズアポジー 騎手5R,6R騎乗 帯同馬あり
メイケイダイハード 騎手6R騎乗 斤量53キロ 賞金加算必須
メイショウショウブ 池添謙 4歳牝馬53キロ 賞金加算必須 京都実績あり
モズダディー      厩舎6R出走 賞金加算特に必須 京都実績あり

◆一般レース
・万葉S
タガノディアマンテ、ドゥーカ、チェスナットコート、レイホーロマンス
・招福S
シベリウス、リフトトゥヘヴン、ロジペルレスト
・日曜中山5R
フローズンスタイル、マイネルデストリョ
・月曜中山5R
アルディエンテ

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月3日(金)23時57分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
有馬記念はアーモンドアイは負けてしまいました。今後立て直しが行われるとは思いますが、使い込んでいいタイプには思えず、これだけ実績があるのも考えるとそう簡単にはいかない可能性もあり、人為的な部分も含め困難をきわめそうです。
・アーモンドアイ出走決定時の記事
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53340459.html
出走馬の大半はそこが目標だったり、引退レースなので一概に今後のことは不明ですが、レース振りからスティッフェリオは今後も注意と思います。昨年はG3やG2はすべて勝利したのに、G1はすべて惨敗でしたが、現役を続行するという前提で考えたら来年は陣営もG1での好走を目標に切り替えてくる可能性があり、注目です。

有馬の後の中山12Rで直線で追い込んで3着に入ったショウナンマッシブはこの時期は好走例もあり、1月も同じ開催が続くことを考えれば、次走以降は人気になる可能性もありますが次走あたりは勝負に出てくる可能性もあり注意と思います。前走の最後の直線の走りから調子がかなり上がってきたと感じました。

◆ホープフルS
枠順も確定しました。現状強そうな馬(コントレイル)が1頭いてさすがに押さえざるを得ない感じです。
個人的には池添騎手が再度1週前、直前と2度にわたって遠征して追い切りに騎乗したオーソリティには特に注意と思っています。

他年末にいつもの超ハードスケジュールが復活して、息子のヤングJ騎乗と同場で今年の中央の騎乗を終える岩田康騎手のラインベックにも注意と思います。前走は3着とはいえ大きな差をつけられ前出の強い馬に完敗しましたがデビュー戦2戦目ともで中京の力の要る馬場をこなして勝利したり、両親とも今年亡くなった名種牡馬で、馬主も秋は泣かず飛ばずだった、その名種牡馬と同じです。今回はあまり騒がれていないということもあり、今年の締めくくりのG1でもあるので馬主としてはなんとしても少なくとも来年に向けて上位に入りたいと考えていると想像します。

あとは騎手の動向でブルーミングスカイに注目しています。

と、個人的注目馬を挙げましたが、上記の馬の騎手はすべて当日5Rの同条件のレースには騎乗がなく、それが多少気がかりです。

◆ペテルギウスS
カラクプアに注意と思います。

◆中山YJS第1戦
前述の岩田康騎手の息子、岩田望騎手騎乗のシャイニーピースに注意と思います。

◆兵庫GT
ネットでは即PATしか買えなくて、直接売り場に買いに行くひまもなく、私も買えませんが出馬表を見て感じたことを少々だけ。
ノボバカラが条件的にも個人的な好走の条件を満たしている、と感じています。もちろん勝つかどうかはともかく馬券に絡んでくる可能性はかんりあると思っています。穴では前述の岩田康騎手のテーオーエナジーには注意と思います。騎手も知りつくしているコースでその辺も有利になると考えています。

他今日は前売りもあるようで、オッズなど人気の情勢もわかるので詳細はまたあらためて掲載しようと思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在12月27日(金)AM7時39分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
木曜日の深夜(金曜日)掲載の「有馬記念他今週の展望」は下記URLです。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53341193.html

穴予想を楽しんでいる部分もありますので、くれぐれも不発にご注意ください。

そういえば先週の朝日杯では人気薄の3頭が3〜5着に入りましたが、特に和田騎手のタガノビューティーはレース振りから今後面白そうと思いました。出馬表の段階で少なくともこの馬よりは有力そうな馬は他の騎手に乗り替わりになり、和田騎手はこの馬に騎乗しました。それを考えると穴で狙えた可能性もないことはありませんでしたが、意外に人気薄の度合いは低く最低人気の区域ではなかったのとダート馬なので走ってみないとわからない部分があり、なかなか手がでなかった、というのが本当のところで正直びっくりしました。

それから有馬記念の話になりますが、東スポの爆笑・田中氏をはじめ予想の中で、4枠両馬がサイン的に面白いという話を結構みかけました。要は新聞の出馬表を見てすぐ感じたのは、「レイワ」という言葉が浮かび上がるようになっているからかもしれません。おまけによく見ると、両馬の親はそれぞれディープインパクトとキングカメハメハで、今年逝った名種牡馬です。

またレースにはその両方の馬主の金子氏の馬、当時のトレーナーだった池江泰郎師のご子息の厩舎の所属馬のアルアインなど話題性のある馬が複数出走しているようです。

ただ近年キタサン1枠問題以来特に囁かれている?「競馬は出来?レース」という疑惑が発生する可能性もあり、ストレートにそのような結果がプラスにならないケースもあると感じています。

ディープインパクトやオルフェーヴルのような突出した馬でない限り、ファンに色々想像させてしまう余地ができてしまうのかもしれません。(アーモンド以外は・・)

さてまだ土曜日ですので、簡単に土曜日も参加します。
◆阪神C
残念短距離のG1レースというイメージであり、また前哨戦ではないので来年にそなえての賞金加算レースでもあるという印象です。
ここが目標の馬もいるかもしれませんが、格式の高い設定なのに有馬の週ということで毎年地味な印象です。

展望で述べたフィアーノロマーノは意外に人気になっていて、穴を狙うのには少し面白みがなさそうです。
今回関東の騎手では田中勝騎手(人気)、横山典騎手、吉田隼騎手が参戦ですが、経緯は不明ですが吉田騎手は追い切りではシヴァージに騎乗でしたが、レースではワンアフターに騎乗です。

あとはレッツゴードンキがレース後に引退式があるようで、これも経緯や事情は不明ですが岩田騎手は追い切りで有馬のスカーレットカラーには騎乗せず、レッツゴードンキには騎乗しました。牝馬でもあるし、G1で惜敗など後半は大きな実績もなく、ここは引退戦ですがメイチの可能性があると思っています。

あと地力では地味ですが、グアンチャーレ、ロジクライ、マイスタイルは侮れないと思います。また人気ですが実力を出し切ればグランアレグリアもこの先メイチのレースもなくここを狙っての遠征と思います。

ただ紛れがある阪神内回りなので伏兵には注意と思います。

中で結構気になっているのは前出の和田騎手のグランドボヌールです。つかみどころのない馬という印象ですがノーマークになりそうなのですんなり先行できれば面白いと思っています。

まずは注目は展望から注目のフィアーノロマーノと引退戦のレッツゴードンキですが、他では先述の人気どころのグランアレグリア、マイスタイル、グアンチャーレは押さえたいところと思います。穴ではロジクライと先述のグランボヌールと思っています。あとこれは点数の関係で買わないと思いますが、今回レインボーフラッグがここまで人気がないのが気になっています。このメンバーであれば少し紛れれば馬券に絡むくらいの地力はあると思っていますが・・。

個人的には馬券は絞って当初から注目のフィアーノとレッツゴー、穴目でロジを加えた連馬券で場合によっては押さえでグラン、グアンあたりまでと考えています。他はグランドボヌールの単複少々見物料ていどにと思っています。

◆中山大障害
展望で注目のメイショウダッサイはやはり人気になりました。他ではヨカグラあたり。またメドウラークもここはこのレースが目標だったと思うので個人的にはメイショウかメドウのどちらかは先行して残りそうだと考えています。

あと未勝利やオープンなど平場で個人的に注目していたブライトクォーツやシュンクルーズが出走してきます。このメンバーでは難しそうですが、距離が大きく伸びて変わる馬もいるのでちょっと注目しています。

◆中山8R
難しいと思いますが、個人的に大穴でショウナンカイドウに注意と思っています。

◆有馬記念展望2
原則は最初の展望に記載した内容と大きく変わっていません。印順位は直前に決めます。
追い切りや枠順抽選会であまり気になったことはありませんでした。
ただ騎手が追い切りに騎乗した馬、特に騎手が追い切りのために遠征したりした馬で、特に池添騎手が2週続けて稽古をつけたフィエールマン、わざわざ騎手が来日するリスグラシューは特に気になっています。
またオッズは現時点まででは大きな違和感は感じていませんが、強いていえばクロコスミア、アルアイン(共同ですが・・)に若干感じました。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在12月21日(土)AM10時17分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
結局日曜日もまったくダメでしたが、今年もそのまま大穴の夢を見ながら、年越しになりそうです。

地方交流重賞はやはりここしばらく鋭い騎乗を見せていた吉原騎手が本領を発揮し始めました。川崎を勝って騎乗機会重賞2連勝です。いろいろあって中央転入はまだ難しそうですが、来年の交流重賞も期待です。
また今年の様子で異色の新人・藤井騎手、また豪州などで修行を続けている富田暁騎手も来年は楽しみです。

少し日が過ぎましたが、先週の日曜日のレースで個人的次走注目馬が少々いました。
阪神7Rで4着のヴォルスト(10番人気、単勝56.4倍)は人気薄でしたが、騎乗の岩田騎手の様子や装備がすでに違っていたように思いました。4角で仕掛けましたが、直線向いて外から追い込み体制になりましたが、直線で1回止まりかけました。しかしゴール前で再度伸びてばてた先行馬は交わして4着に入りました。気難しそうなうえ、脚の使いどころも難しそうですが、エンジンがかかるとかなりの脚を使えそうです。まだ2歳なのでこれから期待です。

あと北総Sで今回個人的にも若干注意と記載したタガノファジョーロは、結局5着になりましたが、レース振りから次走も引き続き注意と思います。穴っぽい馬はしばらく追いかけたほうが、要はしがない経験則ですが人気薄+実力ある、と感じた馬はしばらく追いかけたほう結局収支がよくなる、と考えています、ただ見立て違いでダメな場合の見切り時は困難極めると思っています。むしろその判断力が難しいと思っています。

あと土曜日に戻りますが、自分でPOGに登録していたディーズギャラントは今回初ダートの1戦にのぞみました。後ろから馬場そうじかと思ったら、直線だけで4着まで追い込んできました。こちらは馬券よりも初勝利に向かって次走こそは、と期待しています。

◆有馬記念
引退馬が5頭、G1馬が11頭で現役最強といわれている馬も含まれ、まれに見るメンバーという評判です。
でもレベルは高いけど重賞未勝利馬も2頭と少しユニークです。

いつもそうですが、ダイユウサク、タップダンスシチー、マイネルブリッジ、アメリカンボスなどフタをあけるとどんな豪華メンバーでも意外な馬が上位に顔をだすというのが、わりと恒例になっています。
共通しているのは長距離実績、中山実績、内枠の馬、ノーマークの先行馬、なぜか牝馬などのどれか、もしくは複数に該当していると感じています。

また最近はローテーションも各陣営、オーバーワークにならないように考えているようで、高校野球の投手の球数制限ではありませんが、長い目で見た場合では馬にとっては過酷なスケジュールは解消しつつあるようです。なのであまりハードなローテーションの馬や、すでに目標だったと思われるG1を勝っている、使い出しが早く秋に3戦以上消化している、海外の大レース帰り、牡牝で事情は違いますが、種牡馬入りが確定している牡馬の引退戦などは若干割引と考えています。また一概にはいえませんが内枠が圧倒的に有利と思っています。また3歳馬が2キロ減で出走できるのでこれも不利にはならないと思っています。

それから海外騎手、特に遠征騎手はクリスマス時期にわざわざ残って騎乗するのでここは賞金から考えても、最低掲示板には載りたいと考えている、と想像します。特に今回は事実上有馬のために来日する遠征騎手もいて、手ぶらでは帰れないと考えていると思います。

また前日と当日に同条件のハンデ戦がありますが、特に日曜日のレースに騎乗する騎手や出走する厩舎、また当日他のレースをほぼ棒に振って騎乗する騎手などには注意と思います。

それから年末年始ということで前週も翌週も地方交流重賞が目白押しですが、ハードスケジュールをぬっての参戦で、さらにそこでは有力馬に乗らない騎手も注意と思います。

現段階で前出の理由などで内枠から、
スワーヴリチャード、エタリオウ、ステイッフェリオ、フィエールマン、リスグラシュー、アーモンドアイ、クロコスミア、アルアインの8頭に注目しています。
また変わるかもしれませんが・・・。

◆阪神C
現段階ではフィアーノロマーノに注目しています。大きな根拠はありませんが前走のG1でのレース振りからですが、そこがメイチだったとは思えず力試し的な走りだったとすれば今回は面白いのでは?と考えています。

◆中山大障害
現段階では人気しだいですが穴っぽかったらメイショウダッサイに注目しています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在12月20日(金)AM3時21分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
香港は日本馬の優勝ラッシュでした。
正直言うと「今がピーク?、的な感じもあり少し不安をおぼえました・・」
ただしばらくは栄華を誇りそうです。が、欧州の軟らかく力も要る馬場に今後どう対応していくか?という問題が凱旋門賞での好走を占う部分になりそうだと感じました。
ただそれもディアドラではありませんが、慣れもかなり重要なのかもしれないと思いました。
雪国の人の雪道歩きのように・・・。

あと有馬記念にアーモンドアイが出走してきました。他の方とは違う見解かもしれませんが、個人的にはもう十分強いのはわかっているので、これ以上いいのでは?というのが本音です。勝ってもそんなに価値が上がるとも思えないし、負けたらケチがつきそうだし、出走すること自体リスクを負うと思うので、なぜ?というふうに思いました。

それと無関係ではありませんが、出走が微妙になっているクレッシェンドラヴがもう1頭回避が出ないと出走が難しくなりました。知人の一口もっている馬でもあり、この舞台が一番一線級と力差が少なくなる条件と思うし、枠順や展開などで十分上位を狙える可能性があり、まだあきらめずに期待しています。また個人的にはルックトゥワイスもこの条件のほうが面白そうと感じていたので、これもまったく出走意志などがなかったようで、ひそかに残念に思っています。

まあこの話はそれくらいにしておきます。

今週も相変わらずごたくは並べますが、馬券は淡白に、と考えています。

◆朝日杯展望
この時期の2歳馬はまだ未完成と考えています。
本当に強い馬もいるかもしれませんが、もしそこまで出ない場合は完成度や成長力によって地図が塗り変わる可能性もあり、常に穴っぽい馬は狙いたいと考えています。ただどの馬にそのような要素があるかも見当もつかず難しい検討になりそうです。
ただでさえ馬券を当てるのは難しいので、それが倍加すると感じています。

現状阪神の1600はごまかしの利かない地力の試されるコースと思っています。そこに現状でトップクラスの馬が集うので、まず力のない馬が、ラッキーで勝てたり、上位に食い込むのはよほど展開などの助けがないと難しいと考えています。

ただここのところはホープフルSのG1昇格があり、この時期の命題である賞金加算と輸送慣れにおいて賞金をクリアしている馬は輸送と皐月賞と同じ条件を経験させる意味で、そちらに出走させるほうが長い目でみれば得策、という流れが少しずつ定着しきた感もあります。

今後はNHKマイル狙いや、賞金加算の馬、早熟的な馬のG1奪取目標などの陣営が勝負をかけるレースになるのでは?と個人的には想像しています。

あと今年は夏場の福島と中京が馬場が悪化したことでひじょうにタフな馬場になり、底力が試されるレースになったと思っています。今までの能力とスピードだけで好走していた馬より、そういう馬場で好走歴のある馬がそろそろ頭角を現す可能性があると個人的に期待しています。

ということで、現段階では前出の両場を経験したり、好走した馬、ウイングレイテスト、ジュンライトボルト、ペールエール、マイネルグリットあたりに注目しています。まだ2歳戦なのでここが目標の早熟タイプでも馬券に絡む可能性が十分あると思っています。

◆タンザナイトS
ここはかなり注目していますが、エイシンティンクルが距離短縮で出走してきました。どのような戦法に出るか?枠順など、まだ不明な部分や走ってみないとわからない部分もありますが、この条件ならそんなに人気にならなそうなので、単複で狙ってみようと考えています。

他のレースは条件がわかってから見物料がわりに少々だけ買おうと思っています。また直前に予想だけは少し楽しみたいと思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在12
月13日(金)AM1時57分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
私は出目には興味がないので、最終的にはどうでもいいことなのですが・・・。
今年の秋のG1はご承知かもしれませんが、秋華賞以降はすべて3枠が馬券に絡んでいます。しかも秋天以外はすべて連に絡んでいます。別にそれだけのことで偶然かもしれませんが、よく3枠(赤)がくるな、とは感じていました・・。

ということでした。

今年末はいつもの不発に加えて、他の事情も重なり、予想はいろいろごたくを並べるかもしれませんが、馬券は超淡白に、簡単に。

◆現段階での今週の注目馬
現段階での穴っぽい馬の注目馬ですが、まだ色々要素があり変更の可能性もあります。
・阪神JF
この段階でも明らかに強そうなのが少なくとも2頭はいますが、個人的にはなぜかレシテンシアに注目しています。

・カペラS
まともに考えればゴールドクイーンとJRA重賞の女性騎手初制覇がかかるコパノキッキングの一騎打ちムードですが、全く根拠もなく、人気の有無も不明ですがハニージェイドに個人的には穴?で注目しています。他ではタテヤマ、シュウジは注意と思います。

・中日新聞杯
サトノが複数出しです。個人的には人気の有無は不明ですが、馬主は別でたまたまですが、追い切りの様子でアイスストーム、騎手の動向でアイスバブル、それから追い切りの様子でアドマイヤジャスタに注目しています。

・師走S
ハンデが微妙ですが個人的には恵まれた、と思っているローズプリンスダムに注目しています、ただ右回りがどうかというハードルがあると思っています。あとは前走出走馬が次走以降好走馬を量産していると感じているシリウスS出走馬のメイショウワザシ、あとは年齢的にどうかと思いますがこれも前走はハードなレースでこの馬は脚質的にどうかとは思いましたがメイショウスミトモに注意と思います。

・リゲルS
個人的には一番馬券を買いたいと思っているレースで、狙いはフロンティアです。相手はかなり難しそうなメンバーなので現段階でも少なくとも単複は買おうと思っています。ただ枠順がまだなので極端な枠でなければと思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在12月6日(金)AM4時27分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

↑このページのトップヘ