競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

ウインテンダネス

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
・月曜日夜中(火曜日)に掲載したアルゼンチン共和国杯、みやこSなど今週の重賞4レースの展望の記事は下記です。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53336783.html
・木曜日深夜(金曜日)の出走馬確定、枠準未確定での展望続きおよびJBC展望(簡単に)
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53337039.html

土曜日は帰宅して結果をみて「やはり・・・」と思いました。
かすりもしませんでした。
今日も用事が多く集中はできませんが、冷やかし程度には買いたいと思っています。
雨も東京は微妙そうですが、なんとか大丈夫?と思っています。ただ振り出す可能性は十分と思います。

◆日曜日全体の話
ニシノやメイショウの記載をしましたが、一部のレース以外は今週は見送りにします。日曜日も出馬表の段階ではかなり厳しそうで、走るかもしれませんが、滑りそうな馬も多いと感じました。ただ福島1Rのニシノアオハルは可能性ありと思います。

ただ日曜日の出馬表を見ていたらトーセンの島川氏の馬が複数出しということに気が付きました。出馬の中心は東京ですが、今週から福島開催でもあり、また新馬戦に2頭出しするなど、集中して出走する感もありここは狙ってみたいと考えています。

◆アルゼンチン共和国杯
まともに考えると東京では数少ない坂2回のハードなスタミナ比べと考えています。距離適性がまずは最重要と考えます。あとは派生的な部分で穴っぽいところをさがしています。

まずはオッズですが・・
もとから当たっていないのでこの部分も不発に注意していただきたいのですが、現在までのオッズへの個人的な違和感は、オッズもかなり出入りが激しい感じでムイトオブリガード、オジュウチョウサン、ハッピーグリン(爆笑・田中氏が指名で多少関係があったのでは?)、タイセイトレイル(少々)に若干感じました。(馬券種類・タイミングは記載しません。根拠はなくあくまでも個人的な印象で、もちろん結果も不明です。

このレースの春の目黒記念との違いは個人的には、春はそこが賞金加算なども含めてのゴール的なレースで場合によっては宝塚に向かう馬もいますが実際はそんなにはいません。ところが秋はこの後のJC、有馬などの大レースの前哨戦だったり、冬〜春に多い中長距離の重賞への使い出しだったりでそれなりの目的やレベルの馬が出走してきます。ただ今年は抜けた馬がいないこともあり、かなり軸が難しそうな感じです。

また秋はタイミング的に中距離G1のさなかなのでそれなりの馬が出てきたら何か目的が明確な場合が多いと考えています。それと陣営のハンデ戦略が明暗を分けるとも思っています。

ということで、
◎ウインテンダネス
展望どおりですが、前走中止もあり人気薄です。原則単複中心で少々狙います。外枠ですがここ以外に狙いそうなレースが少ないと考えています。
○ムイトオブリガード
▲ハッピーグリン
問題はハンデの数値ですがハンデキャッパーの立場に立てばこれで圧勝や、大敗されると見立ての能力を問われることになり、きわめて難しい判断を迫られた結果だと考えています、ただここが最適な舞台であり、中央に転入したからには賞金加算は待ったなしと考えます。
★アフリカンゴールド
ラグビーWCではありませんが、鞍上、枠順も含め賞金加算も必須と人気ですが、メイチであることは明らかです。
△オジュウチョウサン
ハンデ戦略があれば上位を狙っている可能性が高いと考えます。
△ルックトゥワイス
アフリカンと並び先々G1で通用する可能性があると準オープン勝ちのときに感じましたが、馬齢、ハンデなどハードルもあり今までは多少ムラもあり、嵌ればという印象です。
△ノーブルマーズ
以前と違う使い方で、今回も個人的な印象ですが追い切りの様子では結果はともかく陣営はメイチに近い参戦と思いました。

◆みやこS
強い馬が何頭かいて、一部は斤量の問題もありますが、少なくとも大敗はないのでは?と思いますが、どうしても角居厩舎の2頭、特にデムーロ騎手の動向や出走の過程などが気になります。どちらも人気はあまりありませんが有力馬の脚質を考えるとどちらかは馬券に絡むような気がしています。
ということで、
ラビットラン、ワイドファラオから人気ではスマハマ、穴ではリアンヴェリテと前走見せ場のキングズガードに買いたいと思っています。それからこれは大きな根拠はありませんがテーオーエナジーが今回は気になっています。追い切りも素人目ですがキビキビしているように映りました。

現在までのオッズへの個人的な違和感はかなり出入りが激しい感じでワイドファラオ、ラビットラン、キングズガード、メイショウウタゲに若干感じました。(馬券種類・タイミングは記載しません。根拠はなくあくまでも個人的な印象で、もちろん結果も不明です。

◆みちのくS
人気ではエンゲージリング、ラベンダーヴァレイ、穴ではダイシンバルカン、ブロア、ブラッククローバーあたりに注意と思います。

◆JBC展望続き
前の展望どおりに吉原騎手が騎乗する馬を精査して狙いますが、3レースとも可能性のある馬と思いました。ただ1頭御本騎手(字間違えました。失礼しました。修正済)との動向で両馬とも狙うつもりです。どのレースも中央の人気どころが当然くる可能性が高いと思いますが、1点で仕留めるような腕はないので吉原騎手の手腕での上位食い込みに期待したいと考えています。

◆買いませんが、メルボルンC
即PATではないので買えませんが、メルボルンCは前回ムーア騎手で逃げてつぶれたマジックワンドかこれもA.オブライエン厩舎でG1の常連のハンティングホーンのどちらかがもし出走すればですが面白いのでは?と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月3日(日)AM7時25分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
穴狙いを楽しみながら、ある程度勝手な想像で予想していますので、不発にご注意ください。

・月曜日夜中(火曜日)に掲載したアルゼンチン共和国杯、みやこSなど今週の重賞4レースの展望の記事は下記です。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53336783.html

今週は個人的な見解で大きな根拠はありませんが、西山牧場、メイショウの馬に注意したいと考えています。

また騎手では土曜日は1レース騎乗で日曜日は以前重賞を勝った馬での騎乗の内田騎手、アルゼンチン共和国杯だけで遠征する高倉騎手あたりにも注意と思っています。

それからJBCであればラビットランに騎乗予定のデムーロ騎手はラビットがみやこSに出走だったのでここでは角居厩舎のもう1頭のワイドファラオに騎乗と、経緯はわかりませんし、当初からその予定だったのかもしれませんが、この動向が馬券に絡む上位の狙いにおいて何か意味を持っているのでは?とも感じます。要するに角居厩舎のどちらかは勝負がらみでは?と考えています。

基本的に最初にリンクを貼った当初の展望に注目馬は記載してありますが、加えて面白そうだ、と感じた馬を下記に追加しておきます。
・アルゼンチン共和国杯
まずこちらは上記リンク記事に記載した馬たちも注目ですが、大きな根拠はありませんが、新たにウインテンダネスを穴馬に加えたいと考えています。それも個人的には馬券の中心に考えてもいいのでは?と思っているくらいです。おそらく近走はまったく見せ場もなくかなり人気も落ちていると思いますが、今回の条件ではノーマークになる可能性が強く、いいポジションが取れたり、自分のペースで逃げられるようだったらかなり注意と思っています。また上記の高倉騎手のノーブルマーズにも注意と思いました。

・ファンタジーS
前回の展望での注目の馬に加えて、エレナアヴァンティが内田騎手がこの馬のみの騎乗のようで注意と思っています。

・河北新報杯
カステヘルミ

・清水S
トライン、ケンホファヴァルト、メイショウ2頭(メイショウオーパス、メイショウハニー)

・JBC関連
また直前に吟味したいと思いますが、デムーロ騎手のオメガパフューム、あと地方馬では今回も吉原騎手が騎乗する馬を狙ってみようと思っています。もちろん馬の地力の問題もあるので精査が必要だとは思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月1日(金)AM1時13分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
◆日本ダービー
スポーツ紙など競馬専門家においてもやはり原則3強が抜けている評判のようです。またJRAのプレレーティングにおいても3強の数値が断然の評価になっていました。

ただ他の馬について馬券に絡む可能性は少なからずあるのでは?考えている予想者も多かった印象です。
実際レースになれば枠順やスタートの良し悪し、ポジション取り、展開などで、思わぬことが起こったり、勝ちにいくことでつぶれるケースもあり、意外な馬が上位に食い込んでくるケースも多々あります。また輸送のダメージ有無や当日の馬の体調などでも期待馬や人気馬が見せ場もなく敗退したこともありました。

そこで今日はシンプルに出走予定馬や過去好走に重要と思われる要件を個人的に吟味してみたいと思います。かえって事務的・客観的に考えたほうがあぶりだされることもあると考えたからです。
・馬主多頭出し
ダノックスが2頭、キャロットが2頭
・厩舎多頭出し
池江厩舎が3頭、角居厩舎が2頭
・生産者多頭出し
圧倒的に大手生産者のノーザンFが多頭出しのようですが、他では三嶋牧場が2頭出し予定。
・拾得賞金を1月までに1100万以上に加算した馬
アドマイヤジャスタ、ヴェロックス、クラージュゲリエ、サートゥルナーリア、ナイママ、ニシノデイジー
・大手馬主(かなりファジーですが)でダービー未勝利?(個人的記憶です、間違っていたらすみません)
ダノックス関連、里見氏関連、ビッグレッド関連、西山牧場関連、猪熊氏関連
・ダービー未勝利で53歳以上(年内換算)の調教師
須貝厩舎、相沢厩舎、大竹厩舎、鮫島厩舎、萩原厩舎、武藤厩舎、高木厩舎、小桧山厩舎、池添兼厩舎、松永幹厩舎、高橋忠厩舎
・リーディングや重賞常連(かなりファジーですが)でダービー未勝利騎手
三浦騎手(中央G1未勝利)、石橋騎手、田辺騎手、戸崎騎手、浜中騎手
・騎手動向
池添騎手はサトノルークス予定、川田騎手はヴェロックス予定

とすると上記からは馬の地力は別としてダノンキングリー、ヴェロックス、サトノルークス、ニシノデイジー、ナイママ、タガノディアマンテ、ロジャーバローズあたりが浮上してきました。

サートゥルナーリアが別格とすれば上記の7頭にこの馬を加えた8頭が個人的データ上では有力ということになります。

◆目黒記念
個人的には近走のレースぶりでウインテンダネスに注目しています。

3月末のダービー卿の時に検討していたらある2頭にハンデに違和感を感じ、追加掲載して、予想を変えました。結局総合的な予想や馬券は外れましたが、記載した2頭のうち1頭が勝利しました。ただこれは中山マイルの内枠ということもあり因果関係はまったくないかもしれませんが、奇しくも今週のダービーウイークの目黒記念でも若干個人的に感じた馬が複数いたので、注意したいと思います。もちろんハンデキャッパーの公正な解析ときちんとしたルールのもとですので、どちらかといえば陣営側の中長期的なハンデ戦略の可能性のほうが高いと考えています。
それはポポカテペトル、マイネルヴンシュ、ルックトゥワイスです。

※ご参考
ダービー卿CT関連の記事
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53315116.html?ref=popular_article&id=567449-196777

もちろん他の適性などもありその分も加算されている可能性は皆無ではないと思っているので斤量が軽いだけで好走するとは考えていませんが少なくとも上位の可能性はあるかな?と思っています。

あとは地力で59キロですがブラストワンピース、G1でも好走できそうなチェスナットコートあたりは押さえざるを得ないと思っています。

◆安土城S
出走すればここまで使い続けてきているツーエムマイスターに注意と考えています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月21日(火)17時30分くらいです。

↑このページのトップヘ