競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

エメラルファイト

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
日曜日はかなり帰宅が遅れましたが、レースビデオでみたところは大方はかすりもしませんでした。でも競馬、そして秋〜暮れの注目レースは続きますので続けます。毎年のことですが・・。

今回ちょうど私もその時間に都心にいましたが、皇室の即位パレードが行われていました。
台風の関係で延期されての実施でしたが、そのめでたいイベントの関係があるのかないのか?枠連でいうと紅白の1−3で決まりました。
考えてみれば、本来の日程でパレード以外が行われた即位行事の直後の令和最初の天皇賞(秋天)でも間の2着に5枠(黄色)の馬が入りましたが、1着に1枠(白)、3着に(赤)とやはり紅白が馬券に絡みました。もちろんたんなる偶然かもしれませんが・・・。

またそういえばパンダが生まれ、キタサンが引退した年の有馬もその2つに関係があるのかないのか?偶然かもしれませんが、なぜか1枠にキタサンがはいり、結果パンダ色の白黒の1−2で決まりました。もちろんすでに皆が承知のことかもしれませんが・・・。

◆東スポ杯2歳S、および以前から注目の10月15日東京芝2千の新馬戦出走馬について
まずは一部では話題になりつつあるここのところよく記載している、10月15日の代替開催の東京の新馬戦2000メートル出走馬の話になりますが、今週の東スポ杯2歳Sにも1頭登録してきました。マイネルデステリョで、問題の新馬戦では6着でしたが、次走は結構強い勝ち方だったようです。今回はちまたでは良血馬のラインペックが話題になっているようですが、個人的には仮に上位に入れなくてもマイネルデステリョがどんなレースをするかで先述の新馬戦に出走した馬、該当馬を含め、特に勝った馬と次走に出走した5頭(1着4頭、2着1頭)の地力が他の馬たちに通用するかを見られると思います。コースも同じ東京コースで距離は若干違いますが、クラシックに直結する距離なので、今後の大きな参考になると思っています。もちろん当レースではマイネルデステリョの単複も少々買って見物したいと考えています。もしそれなりの走りを見せるようであれば他の馬の出走機会も順番に狙ってみたいと思っています。すでに次走で強い勝ち方をしたミッキーハッスルはしばらく追いかけてみようと考えているくらいです。

◆マイルCS
ポイントは前走および今までのレースでのレース振りで考えています。現段階では人気の有無は関係なしに考えています。
まず注目している馬を人気のなさそうな順に挙げると、エメラルファイト、ペルシアンナイト、ダノンプレミアム、インディチャンプ、ダノンキングリーと考えています。

というのもどの馬も前走のレース振りで今回がメイチなのでは?と感じたからです。
順に個別で考えると、まずはエメラルファイトですが前走はあの展開で直線一旦抜け出しかけたことを重視しました。あの状況ではゴールまでもたない可能性が高かったこと、休み明けのうえ、重賞を勝ったのは右回りで比較的力の要る馬場状態だった、と記憶しています。今回のほうが条件がそろっているのでは?と感じます。

またこれも大きな理由の一つですが、そして今回出走予定のダノンKも同様ですが、今年のダービーで比較的先行した馬や、早仕掛けっぽい馬は次走以降かなりの確率で、しかも大きなレースでも好走しています。
具体的には勝った馬は故障して引退してしまいましたが、2着ダノンキングリーは毎日王冠で古馬一線級に圧勝、4着サートゥルナーリア(早仕掛け)は神戸新聞杯優勝、マイネルサーパスはラジオNIKKEI賞2着、リオンリオンはセントライト記念優勝、サトノルークスはセントライト記念2着のあと菊花賞2着です。未出走のクレージュゲリエ以外ではエメラルファイトのみがまだ好走していませんが、前走は強敵相手に仕掛け気味に直線先頭に並びかけ、本番に向けてのレースに見えました。

ということで文中にもありましたがダノンキングリーも同様です。おそらく人気になると思いますが、毎日王冠でみせたあの他の馬(かなりの強敵)相手に一頭だけ抜けた脚を使い圧勝しました。
問題は右回り、また若干馬場状態も違うということ、さらに当時の鞍上も替わる、斤量の有利性が若干小さくなるということだと思います。

そしてエメラル、ダノンKはともに3歳ということで絶対的な斤量も古馬より若干有利になります。(ただダノンKは前走より負かした馬との斤量差が小さくなりますが)

次にペルシアンナイトですが、こちらは札幌記念時のレース振りからどこかで一発あるのでは?と思っています。
期待した毎日王冠でしたが、考えてみればこの馬はすでにG1馬であり、毎日王冠がいかにハイレベルであっても、狙いはG1や海外G1の可能性が高いと考えるほうが自然かもしれません。また毎日王冠のこの馬のレース振りも勝ち負けよりも次走につながりそうな、積極的な、また脚を測るようなレース振りに見えました。そして今回出走予定のマイルCSはい一昨年は斤量が軽いとはいえ優勝、昨年も2着ときわめて相性のいいコースであると思います。ここは休み明け3走目で相性のいい回り・コース・距離でG1ということでメイチは明らかと思います。

最後にインディチャンプですが、注目の理由は前走のレース振りです。58キロを背負い、前出の馬たちと同様に直線で一旦抜け出しました。展開が嵌ったとはいえ、現実に春のマイルG1であのアーモンドアイに先着していることを考えれば、少なくとも馬券に絡む可能性はあるのでは?と考えています。

以上の5頭にまずは事前に注目していますが、この後直前追い切りの様子や、オッズなどの情報をみて検討しようと考えています。

◆ジャパンC1週前展望
外国馬は不出走、騎手は世界の一流騎手が集結、と買う、というよりは見て楽しむレースという感じに考えています。
ただ今年は名馬・ディープインパクトや種牡馬として大成功したキングカメハメハが相次いで亡くなり、特にディープのメモリアルレースとしてJCも行われるようです。そこに前走それぞれ秋天で見せ場のあった友道厩舎でディープと同じ金子氏の3頭、ワグネリアン、ユーキャンスマイル、マカヒキが出走予定です。さらに加えて同じ金子氏の馬として堀厩舎のジナンボーも登録しています。中でも使い出しが早かったワグネリアン、またこちらも最初の新潟記念ですでに好走しているとはいえさらにこの馬の条件としては適性が高そうな距離になるユーキャンスマイル、そしてディープと同じ武豊騎手が騎乗予定で、同じ条件のダービーという大レースのG1で勝ち鞍があり、さらに前走(秋天)でゴール前に見せ場があったマカヒキと、この3頭が馬券に絡む可能性十分と考えています。特におそらく人気薄になりそうだということで個人的にはマカヒキには注意が必要と考えています。

ただここまでわざとらしい結果になると、後々波紋が・・・、という可能性もありそんな単純な話ではないかもしれませんが・・・。

とりあえず現段階ではこんな感じに考えています。

もしご覧になっている方がいたら、長々読んでいただき、ありがとうございました。

まあ、話半分で聞き流しておいてください。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月14日(木)AM2時37分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
木曜日夜中(金曜日)に記載した菊花賞、富士S他今週のレースやコーフィールドCの展望です。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53335783.html

他の用事が多く遅れましたが、今週も簡単に。
今週も天候が不安定で、馬場状態に注意と思います。特に東京はかなり馬場が悪化しそうです。
◆富士S
展望どおりに◎はエメラルファイト、○カテドラルでいきたいと思います。他ではアドマイヤマーズやノームコアは馬場状態と斤量がどうか?ということがありますが押さえは必要と思います。
あと現在までの途中のオッズ違和感ですが、かなり途中で変化が多く特定しにくいのですが当初から別の要因で注目のカテドラルとエメラルファイト、あと共同でどうかと思いますがレッドオルガに若干感じました。あとこれは難しいと思いますので、話半分ですが現在までの途中の2−3−8の三連複と三連単のオッズになぜか若干違和感を感じました。

◆室町S
端数ハンデのカフジテイク、シュウジ、それからハットラブに注目です。

◆京都12R
アポロテネシーに注目しています。

◆新潟8R
少しずつ復調してきた感があるカレンに注目しています。

◆コーフィールドC
豪州の競馬はあまり見たこともないのでテレビで放映の参考レース映像のみで考えましたが、原則見物料で展望どおりクオフィラを単複のみでピンポイントで少々だけ買います。

◆菊花賞展望追記
現段階では展望どおりホウオウサーベル中心で、レッドジェニュアル、ニシノデイジー、ユニコーンライオン、メイショウテンゲン、ナイママで考えていますが、追加で騎手の動向でヴァンケドミンゴも検討対象に追加します。あとザダルが結構気になっています。枠順・・、若干のオッズの違和感などが理由です。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月19日(土)AM11時35分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ


ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
すべて現段階での展望です。
◆菊花賞
前回の展望でホウオウサーベル中心でメイショウテンゲン、ユニコーンライオン、レッドジェニュアルに注目と書きましたが、よくよく以前からの成績などを吟味しましたが、加えて比較的人気では今回ルメールが騎乗のニシノデイジー、人気薄そうなところでは外枠が気になりますがナイママに今回も注目と思いました。両馬の注目点は札幌2歳Sのレース振りです。またニシノデイジーは京都⇔函館の法則(個人的な法則ですが・・)、またナイママも京都外回りの比較的長距離では他の場よりスムーズで掲示板に載りました。侮れない条件だと思います。

◆富士S
先日このブログでもふれましたが、今年のダービーで比較的先行したり、3〜4コーナー付近など途中で脚を使った馬は次走では重賞でもほとんど馬券に絡んでいます。ということで馬場状態が心配ですがエメラルファイトに期待しています。また追い切りでの走法からカテドラルは力が要るほど馬場が悪化しない、通常の道悪なら注目と思います。

◆大山崎特別
クインズチャバラ

◆飛翼特別
ケワロス

◆代替競馬21日東京
代替などの時は個人的な印象ですが、馬使いの荒い馬主さんの馬、たとえば15日代替メインの勝ち馬のシゲルの馬やタマモ、ナムラ、メイショウ、クリノ、ミルファーム、ビッグレッド関係などに注目と思っていますが、今回は出馬投票をやり直すのと、若干日が開くことも考えて、と思います。むしろ15日とは若干違って本来有力と目されていた馬が再度出てきたら要注意という可能性も十分と思います。
・オクトーバーS
マイネルサージュ、マイネルサーパスの2頭と相手でショウナンバッハ、ブレスジャーニー

◆コーフィールドカップ
前走のレース振りからクオフィラ

現段階ではこんな感じですが、これから富士Sなど土曜日のレースの枠順が決定したり、重賞の金曜日発売が始まりオッズも最終形ではないにしても大雑把な人気の情勢もわかってくると思います。またそれらを見ながら土曜日と菊花賞の検討をしたいと考えています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月18日(金)AM2時20分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!

またまた完敗です!
コントラをはずしたのは間違いではなかったようですが、今度は過去というか少し前に面白そうだと掲載した馬がまたまた好走してしまい、やはり結論的にはいざ予想や馬券を買う段階では勝った馬は◎で、当然中心で買いましたが、2着馬は完全にはずしていました。展望の途中までは紐候補として記載してありましたが・・・。(超言い訳がましい・・ですね)

ちなみにその記載とは・・?
・ラヴズオンリーユー
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53319436.html

・カレンブーケドール
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53318687.html

わざわざ一週前追い切りやレース後に印象を書いていました。

ということで一説には体質の問題もあり次回出走するかも不明なようですが一瞬鬼のような脚を使ったドナアトラエンテ、半年以上も追っかけているトラインなども同様にレース後に注目で記載した馬にも今後は十分注意したいと思っています。

まったく素人で、根拠もないのですが、見てきた期間やレース数だけはハンパナク長く、多い(下手の横好きって奴かも・・)ので無意識に感じたり、最初に直感的に感じた印象のほうがよほど役に立つのかもしれません。

もしご覧になっている方がいたら、そのような観点で、いつも書いていますが独自に参考?にしていただけたらと思います。
要するに自分でも気付かずに通り過ぎてゆくかもしれませんので・・。
そして私の人間や性分は多分基本的に簡単には変わらないので、何度でも同じ過ちを繰り返すかもしれませんので・・

◆ダービー展望?
ダービーは有馬とならぶ競馬のお祭りと思っています。
もちろん馬券は仕留めたいですが、この一週間はアーダ、コーダと予想を楽しみたい、という方が多いのでは?と思っています。
私は自分で活動しているので自分の周囲には競馬好きは少なく、どちらかというと競馬は一人で楽しんでいますが、多くの方は周囲の方と予想を楽しんでいるのでは?と思っています。

さて前述の印象の部分も含めると、皐月賞を見る限り、上位3頭は相当強い、という印象を持っています。
ダービーに関しては出走にこぎつけた馬以外はすべて勝ちや上位獲得を目指すはずなので、特に執念を感じる陣営に限定する必要があると思っています。特にNHKマイルを完勝したアドマイヤマーズは3強の3番手と見られているダノンキングリーに2戦2敗、そのアドマイヤマーズは桜花賞を完勝したグランアレグリアに2戦2勝です。そして前出のオークスでかなり強く見えた上位2頭のうち2着のカレンブーケドールは新馬戦ではダノンキングリーに届かずの2着でした。

単に適性などもあるので順位だけでは判断はできませんが、上記の多くはG1や重要な重賞、また新馬など一般的には能力全開でのぞむレースでは?と思いますので、ある程度は力関係は判断できるかもしれないと思っています。

となるとダービーで穴を狙うとすれば、ノーマークの先行馬か全く別の次元で出走にこぎつけた馬、もしくは昔のライスシャワーのように距離が伸びたり、馬場状態で浮上する馬しか考えられません。
ただ上位の馬は原則勝ちにいく可能性が強く、沈んだ場合は馬券からはずれる可能性もあると思っています。
しかしよほどイレギュラーな要因などでレースがめちゃくちゃにならない限り3頭とも馬券圏内(というより連対)からはずれるということは考えられないと、個人的には思っています。

さて今日は現段階で穴候補で注目している馬をシンプルにピックアップしてみます。(あくまでも上位候補です)
エメラルファイト、クラージュゲリエ、ダノンチェイサー
です。これはローテーション、権利取りの時期、無欲なレースができる可能性があると考えているからです。
他これからレース振りや追い切りでの走りや陣営や騎手などの動向や行動を見て色々考えたいと思っています。

先週同様まだ私的な事情でバタバタしていますが、一応競馬の祭典・ダービーなので少し予想を楽しみたいと思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月20日(月)16時40分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
土曜日も事実上不発で日曜日も簡単に。
自分で言うのもなんですが、あまり参考にしないほうがいいと思います。
◆スプリングS
原則は昨晩の展望で記載した馬を中心に考えます。
実際のベース条件が違うので一概にいえませんが、朝日杯のレースで圧倒的な脚を使ったエメラルファイトが条件戦を勝ってから間をあけて権利取りレースに出走してきましたが、レース振りが見ものと思っています。
抜けた馬は現在の成績ではいなそうですが、まだ若駒なので今後変わってくる馬もいるはずなので、クラシックに間に合うかはともかく注目のレースと思っています。
またクリノガウディーはここは休み明け、賞金も足りていますが、1回叩いてから、などという馬主ではないと思っているので、G2の重賞であれば当然勝負になると踏んでの出走と思いますのでこれも注目です。
あとは騎手の動向や他の要因(たいした理由ではありませんがフリーMに記載)などからこれも展望で触れたタガノディアマンテ、ユニコーンライオンに注意と思っています。あと大穴ではリバーシブルレーンに注意と思っています。

◆阪神大章典
これも展望で触れたとおり穴で先行しそうなロードヴァンドール、サイモンラムセス、あとは直近の重賞でも上位を狙っていた印象のケントオーに注意と思っています。ロードはわざわざ横山典騎手が遠征でこれも上位を狙っているのでは?と思っています。サイモンは不明ですが小倉では実際に馬券に絡んでいるので注意と思います。人気系ではヴォージュに注意と思っています。(たいした理由ではありませんが一部はフリーMに記載)

◆千葉S
展望の注目馬の中からモアニケアラ(理由の一部はフリーMに記載)、ナンチンノン、トウショウピスト、ハヤブサマカオーに注目と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在3月16日(土)PM18時03分くらいです。

↑このページのトップヘ