競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

オークス

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!

またまた完敗です!
コントラをはずしたのは間違いではなかったようですが、今度は過去というか少し前に面白そうだと掲載した馬がまたまた好走してしまい、やはり結論的にはいざ予想や馬券を買う段階では勝った馬は◎で、当然中心で買いましたが、2着馬は完全にはずしていました。展望の途中までは紐候補として記載してありましたが・・・。(超言い訳がましい・・ですね)

ちなみにその記載とは・・?
・ラヴズオンリーユー
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53319436.html

・カレンブーケドール
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53318687.html

わざわざ一週前追い切りやレース後に印象を書いていました。

ということで一説には体質の問題もあり次回出走するかも不明なようですが一瞬鬼のような脚を使ったドナアトラエンテ、半年以上も追っかけているトラインなども同様にレース後に注目で記載した馬にも今後は十分注意したいと思っています。

まったく素人で、根拠もないのですが、見てきた期間やレース数だけはハンパナク長く、多い(下手の横好きって奴かも・・)ので無意識に感じたり、最初に直感的に感じた印象のほうがよほど役に立つのかもしれません。

もしご覧になっている方がいたら、そのような観点で、いつも書いていますが独自に参考?にしていただけたらと思います。
要するに自分でも気付かずに通り過ぎてゆくかもしれませんので・・。
そして私の人間や性分は多分基本的に簡単には変わらないので、何度でも同じ過ちを繰り返すかもしれませんので・・

◆ダービー展望?
ダービーは有馬とならぶ競馬のお祭りと思っています。
もちろん馬券は仕留めたいですが、この一週間はアーダ、コーダと予想を楽しみたい、という方が多いのでは?と思っています。
私は自分で活動しているので自分の周囲には競馬好きは少なく、どちらかというと競馬は一人で楽しんでいますが、多くの方は周囲の方と予想を楽しんでいるのでは?と思っています。

さて前述の印象の部分も含めると、皐月賞を見る限り、上位3頭は相当強い、という印象を持っています。
ダービーに関しては出走にこぎつけた馬以外はすべて勝ちや上位獲得を目指すはずなので、特に執念を感じる陣営に限定する必要があると思っています。特にNHKマイルを完勝したアドマイヤマーズは3強の3番手と見られているダノンキングリーに2戦2敗、そのアドマイヤマーズは桜花賞を完勝したグランアレグリアに2戦2勝です。そして前出のオークスでかなり強く見えた上位2頭のうち2着のカレンブーケドールは新馬戦ではダノンキングリーに届かずの2着でした。

単に適性などもあるので順位だけでは判断はできませんが、上記の多くはG1や重要な重賞、また新馬など一般的には能力全開でのぞむレースでは?と思いますので、ある程度は力関係は判断できるかもしれないと思っています。

となるとダービーで穴を狙うとすれば、ノーマークの先行馬か全く別の次元で出走にこぎつけた馬、もしくは昔のライスシャワーのように距離が伸びたり、馬場状態で浮上する馬しか考えられません。
ただ上位の馬は原則勝ちにいく可能性が強く、沈んだ場合は馬券からはずれる可能性もあると思っています。
しかしよほどイレギュラーな要因などでレースがめちゃくちゃにならない限り3頭とも馬券圏内(というより連対)からはずれるということは考えられないと、個人的には思っています。

さて今日は現段階で穴候補で注目している馬をシンプルにピックアップしてみます。(あくまでも上位候補です)
エメラルファイト、クラージュゲリエ、ダノンチェイサー
です。これはローテーション、権利取りの時期、無欲なレースができる可能性があると考えているからです。
他これからレース振りや追い切りでの走りや陣営や騎手などの動向や行動を見て色々考えたいと思っています。

先週同様まだ私的な事情でバタバタしていますが、一応競馬の祭典・ダービーなので少し予想を楽しみたいと思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月20日(月)16時40分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
今日はバタバタでもうこのままにしますが、昨日のオークスの予想で展望から一部語っていた「コントラチェック」を印に組み入れるのを忘れていました。

そもそも今回は藤沢和厩舎の親子どんぶりは?可能性が小さいと個人的には考えていましたが、まともに考えればどちらも内枠、ここを狙っているのは明らかで、根拠のない個人的な穴の希望的観測にすぎません。

特にコントラは屋根も含めてかなり有力なのは事実です。

でも自分的にはこのままにしておこうと思います。

きたらごめんなさい。

この台詞が、ここ最近出ると、どのような結果になっているか・・・

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月19日(日)AM11時05分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
土曜日も不発嵐でしたが、幸いメイSで注目馬が複数好走してくれたので馬券的には先週に続き大きなダメージはありませんでした。ただ日曜日はさらに色々用事が立て込み競馬観戦している余裕は殆どなさそうなので、またまた超簡単に。
「逆に参考にする」「反面教師にする」など、もしご覧になった方は色々な部分でご参考になれば、と思います。

個人的には全く不発だった平安Sのマイネルユキツバキはレース振りから想像以上に地力がある可能性を感じました。今日のメンバーでは難しいかもしれませんが、もう少しメンバーが落ちれば重賞でも馬券に絡む可能性がかなりあると感じました。

◆オークス
個人的な印象ではどの馬にもチャンスがあるのでは?という印象は大きく変わっていませんが、勝負気配や枠順などの問題もあり穴で少々だけ狙ってみます。
◎ラヴズオンリーユー
○シゲルピンクダイヤ
▲シェーングランツ
★ビーチサンバ
△アクアミラビリス
△クロノジェネシス
△ジョディー

体型、追い切りの様子、レース振り、出走権獲得時期、騎手の動向などからこのように考えました。
メイショウショウリは買いたい馬ですが、時計が速い馬場で外枠の先行馬ということで少し割り引きました。
土曜日でいえば差し馬は直線はショウナンバッハのあたりのポジションが伸びそうです。

理由や結果は不明ですが前売りの段階でオッズに違和感を感じたのはフェアリーポルカでした。前走も不利な外枠から掲示板に届き消耗がなければ注意が必要とは思います。

◆韋駄天S
コパノディール、カッパツハッチあたりに注目で、他では人気になりそうですが前走圧倒的な逃げ切りを決めたライオンボスの先行残り、穴では以下は今後のレースが狙いの可能性もありますが年齢的に叩く余裕は?とも思うので、フミノムーン、そしてあとは休み明けですがタマモブリリアンあたりに注意と思います。

◆丹沢S
人気の度合いはわかりませんが、ソリティール、あと外枠がどうかですがナンヨープルートー、あとこちらは人気になりそうですがシロニイに注意と思います。

◆京都12R
穴かどうか不明ですがメイショウノボサンに注目と思います。またテイエムが2頭出しで、引退が迫る小林徹騎手騎乗のテイエムオスカーとテイエムチューハイに注意と考えています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月18日(日)19時05分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
一部しか見ていなかった参考レースや追い切り映像などを見ました。
また他の穴予想なども一部拝見しました。
先週もでしたが、個人的な事情で今週も簡単に、と思っています。

◆平安S
展望では昨年の覇者・サンライズソアははずして書いてしまいましたが、賞金を見たらかなりひっ迫していてここで加算できないとこれからのスケジュールもかなり変わる可能性があると感じました。ここは個人的には本意ではありませんが人気ですが押さえざるを得ないと思います。またハンデ戦のように単に重いことが絶対的に不利とは思いませんが、斤量の問題を考えると少なくとも軽いほうが有利であることは事実だと感じました。ということで、
◎クイーンマンボ
穴○グレンツェント
▲ハイランドピーク
★サンライズソア
△チュウワウィザード
△マイネルオフィール
△メイショウスミトモ
とこんな感じになりました。

◆メイS
ここにも一部GWの雹で中止の馬が出走します。個人的にははずして考えたいと思っています。またサマーシリーズを意識している感じの馬もここは割り引きたいと考えています。ここは人気ではエプソムCあたりが目標かもしれませんがダイワキャグニー、レイエンダに注目しています。穴ではメンバー的にもこちらのほうが勝負になりそうなプラチナムバレット、いつも追っかけていますが年齢的に一戦一戦が勝負では?と考えるショウナンバッハに引き続き注目と思います。

◆東京12R
ピースユニヴァースに注目しています。単複と減量騎手の馬や関西馬に少々。

◆新潟8R
ここは穴でネコマヒカ、ペイシャリサ、タキオンレイに注意と思っています。

◆オークス展望
こちらも追い切りや参考レース映像などで若干見解が変わっています。まず賞金加算(事実上の出走権の獲得)が早かった馬、騎手の動向、距離が伸びることも念頭に入れたいと思います。また追い切りでの騎手の遠征は岩田騎手がシャドウディーヴァの追い切りで関東に遠征したようで注意と思います。追い切りではあまり専門的なことはわかりませんが、クロノ、アクア、ウイン、エール、ビーチ、メイショウが印象に残りました。

ということで現段階では、
人気ではコントラチェック、ラヴズオンリーユーはかなり強い可能性もあり、また力関係からクロノジェネシス、シゲルピンクダイヤ、ビーチサンバに注意と思います。穴ではシェーングランツ、アクアミラビリス、フェアリーポルカ、ジョディーに注目しています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月18日(土)AM8時30分くらいです。

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
ご覧になった方は承知と思いますが、よくよく確認したら愕然としました。(しょっちゅうですが・・・)
サトノワルキューレが凱旋門賞に登録したのは昨年でした。急いで検索したら今年と間違えてしまいました。
冷や汗、あぶら汗タラタラです。しかも予想では最終的に穴の筆頭で全部でも○印にしてしまいました。
たまたま他の予想した馬が複数好走したので、馬券的には大きなダメージはありませんでしたが、恥ずかしい限りです。

言い訳がましいですが、実は有力と思ったのは、その間違いの前でした。
当該馬はそろそろ復活の可能性ありと、近走のレース振りや追い切り映像を見て感じたためです。
馬名検索で積み上げる情報を調べていたらそのような間違いをしてしまった、というのが経緯です。
いずれにしてもいつもいい加減で、この部分はどうにかしないといけないと大変反省しています。

また近々廃業予定の角居調教師は総合的な腕は相当なものだと感じています。今年もキセキとロジャーバローズを当該レースに登録してきました。これは実際に凱旋門賞でどうこうというより、期待度の高さと他の大レースでも一発ある対象として今後も注目の対象にしたいと考えています。

そういう意味では同様に登録した笹田厩舎のノーワンや松永幹厩舎のリオンリオンも現状は地味ですが重賞でも常に注意したい馬と思います。

延期になったプリンシパルSで大外に回ってしまったクリスタルバローズはレース振りから今後もかなり注意と考えています。
今回は枠順が悪く注目からはずしましたが、今後出走機会があるようだったらあらためて、と思っています。

またたまに狙っているストーミーシーですが土曜の京王杯SCでははずしましたが、もしここがメイチでこの後は休養などでなければ、次走は狙ってみたいと考えています。潜在能力が高そうなダイメイフジも同様に考えています。これも追っかけているどこかで一発ありそうです。

◆今週の展望
まだG1以外は枠順も追い切り映像も見れていないのでかなり変わるかもしれません。
・オークス
他の要因も多々あると思いますが、グランアレグリアやアドマイヤマーズのレース振りや勝敗を考えると、皐月賞上位の3頭は相当強く、今年は現段階ではどちらかというと牡馬の方がレベルが高いのでは?と感じています。桜花賞の内容を考えると今までの一線級はほかはどの馬も大差がなくチャンスがあるのでは?と思っています。さらに別路線組の馬にも十分チャンスがあると感じました。

ただオークスだけ枠順が発表になりましたが、戦歴はともかく社台系大手クラブ馬や同じ系統の個人馬主、藤沢和厩舎の馬がどう考えても複数馬券に絡みそうだと感じました。

現段階で注目しているのは、一週前追い切りが絶品?だったラヴズオンリーユー、シェーングランツ、エールヴォア、クロノジェネシス、ビーチサンバ、フェアリーポルカ、カレンブーケドール、メイショウショウブとあと多分人気ですが押さえでコントラチェックの9頭です。この後の情報でかなり変えるかもしれません。

・平安S
こちらは枠はまだですが一部追い切り映像は見ました。あまり根拠はありませんがグレンツェントの久々の好走するか?に注目しています。あとは人気そうですがクイーンマンボ、ハイランドピークあたりに注目しています。人気のオメガパヒューム、チュウワウィザードも押さえざるを得ないと思っています。また穴ではマイネルオフィールとメイショウスミトモにも注意と考えています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月16日(木)17時23分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
※大穴や超大穴狙い(単複を少々)と記載している馬は継続的に狙っている馬でピンポイントではなかなか馬券に絡まないタイプの馬で、確率的にはかなり低いのを承知で個人的に狙っていますので、くれぐれもご注意ください。

完全に嵌っている感じです。
もしご覧になった場合は反面教師として活用してください。
G1も最盛期ですが個人的事情で比較的簡単に(日曜日はレース数は多いですが・・)

◆オークス
個人的には原則的には今回はアーモンド対角居厩舎の戦いと考えています。
今年は早くに権利を取った牝馬は2歳時前半戦の馬はあまり出走がなく、12〜2月に取った馬はそのままその後の大きなレースで好走して人気になっています。
また実力差がはっきりしている感もあり、資金の余っている人以外は本来は見て楽しむようなレースと思いますが、穴狙いであれば本命系から穴に少額の資金で楽しむのが一番と思います。(紐荒れ狙いで)

本来はギャンブルとしてではなく、将来性では一番期待しているアーモンドアイを応援して確実に勝って欲しいと考えたいところですが・・
・○アーモンドアイ
この距離、コースで強ければ歴史に残るような名馬になる可能性が出てくると思います。桜花賞よりも緩い馬場のシンザン記念の追い込みのほうが度肝をぬかれました。他の馬が止まって見えました。
・◎サトノワルキューレ
もしアーモンドに実力で勝る可能性があるとすればこの馬と思います。トライアルでの脚は半端でなかった印象でス。ただしここで激走するかはわかりませんが、いずれライバルになる可能性も。角居厩舎の筆頭。
・★マウレア
今回が一番勝負をかけているように感じます。ある意味先のことを考えずに勝ちにいく可能性ありと考えています。
・▲カンタービレ
フラワーCを勝った時から決まっていたと思われる桜花賞をパスするローテーションで穴では特に警戒。角居厩舎の2番手。
・少々△3:パイオニアバイオ
展望でも触れましたが大きな根拠はありませんが、注意。アーモンドとカンタービレにワイドを少々。
・穴△1ランドネ
これで内田騎手が不発だとずっと栗東まで遠征を続けている目的が?と思い、穴で狙います。角居厩舎の3番手。
・紐△2リリーノーブル
当初前走のゴール前後の脚色から次走注目と思いましたが、また人気なので少々押さえ程度で。


◆韋駄天S
ヨンカー、ナインテイルズ、アベルトゥーラ、ラインミーティア、ダイメイプリンセスあたりに注目しています。

◆下鴨S
多分超大穴になりますが、スズカルパンに注意です。(複を少々)

◆京都12R
個人馬主の鈴木氏、前田幸冶氏がそれぞれ2頭出し、土曜日はこのパターンがことごとく不発だったので最終で一発の可能性大と考えます。カレンマタドール、カレンカカ、プエルタデルソル、タイユールの4頭のワイドBと各馬を人気に応じて単複少々ずつ。

◆東京12R
ピアシングステラ、クラウンシャイン、ティーポイズンのワイドBと人気に応じて単複少々。

◆湯沢特別
本来内枠、先行有利の新潟千二ですが、馬場悪化で外の差し馬も上位を狙えそうです。ここも岡田氏とメイショウがそれぞれ2頭出しですがそれなりに人気になりそうなので馬連フォーメ4点で。
メイショウハバネラ、メイショウトキン、ジェットヌーベル、プレイズガールの4頭で。あと太目でなければこのコースで時計がかかる時しか走らなそうな休み明けのポンポンから4頭にワイド。

◆フリーウェイS
ボーダーオブライフ、クライムメジャー、フローレスマジックの馬連Bとボーダーとクライムのワイド。あとオッズの動き次第ですがグランドボヌールにも注意が必要です。それから追いかけているクリノコマチの複少々(今回は難しいと考えているので最低単位で)

前半のレースは原則買わないつもりですが行き当たりばったりで、もし買った場合は間に合えば掲載、間に合わなければ馬券の写真を撮影します。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月19日(土)PM6時01分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
遅れたので簡単に。
先週の土曜日(13日)の新潟2Rのテーオーパートナー、ロマンスガッサンは次走注意と思います。
あと函館が近くなりデルマの馬がそろそろ照準を合わせてきた感じがあり今後は人気にかかわらず注意と思います。
それから季節的な要因で今年は皐月賞馬を出したヒダカBの馬もテレビ放映時間帯を中心に注意です。

あと個人的な感じですが今週はシゲルの馬に注意と考えています。今週は出走数を絞ってきましたが、どれも上位の可能性ありと考えています。あとは東京8R出走のユアザスターにも穴で注意です。

◆平安S
グレイトパールとテイエムジンソクは人気ですが、どちらも今のダート界を引っ張れる馬と感じています。帝王賞など今後大きなレースがあるので陣営の本気度の問題もありますが、この辺で大敗するようではたいした馬ではなかったということになります。穴ではナムラアラシ、プリンシアコメータ、クインズサターン、クイーンマンボあたりを相手で狙うつもりです。


◆オークス展望
もちろんアーモンドアイがどれだけ強い馬か、というのが最大の注目点と思います。ただ過去もよくりましたがあまりに強い馬が限定されているイメージが先行すると、距離やコースなど未知の要因が多い条件だけに、以前のダービーのライスシャワーなどのような大穴の流れも予想されます。

もちろんアーモンドに注目ですが、今回色々な意味で角居厩舎の3頭(カンタービレ、サトノワルキューレ、ランドネ)に注目しています。今回は勝ちに行く可能性が高いのでは?と考えています。また現段階では意外ですが今回追い切りの段階で少し変化が見られたように感じたマウレア、あとここを狙ってきた感があるトーセンブレスに注目です。それから超大穴でパイオニアバイオという馬に注意と考えています。一般的な要因では買える条件が殆どないのですが何故か気になります。(一番おきな理由はフリーMで)

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月19日(土)AM9時40分くらいです。

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
日曜日は横浜に仕事なので土日まとめて予想です。
ほとんどやけくそ予想です。反面教師にご利用ください。
◆吉原寛人騎手で勝負。以前関西ですばらしい騎乗を見せた吉原騎手が東京に登場です。
計9レース。各馬の単複(200.500)
1Rホクセツウィン
2Rセイウンヴィオラ
3Rトーアラビリンス
6Rビナムーン
7Rチャンピオンブルー
8Rバトルレッド
丹沢ステークストップオブパンチ
メイステークスオセアニアボス
12Rミスターマスタード
計6300円。

◆東京4R
サンレイランキングの単複(200.500)とコスモソユーズとの馬連100円、ワイド200円。
計1000円。

◆東海S
ヒラボクキング⇔ワンダーアキュート→ニホンピロアワーズ・ソリタリーキング・ミラクルレジェンドの三連単。
計600円。

◆メイS
・エーシンリターンズ、キングストリート、カリバーンの馬連ボックス。
・エーシンリターンズ、キングストリート、カリバーンのワイドボックス(エーシン・カリバーンのみ200円)。
計700円。

◆オークス
今年の牝馬はイマイチ盛り上がりません。超簡単に。
ヴィルシーナからダイワズーム、ダイワデッセーに馬連各200円、ワイド各300円。
計1000円。

◆WIN5
・昇竜S
キズマ
・フリーウェイS
シルクウェッジ、プランスデトワール
・駿風S
アフォード
・深草S
トラバント、スノードラゴン
・オークス
ヴィルシーナ
計400円。

以上合計10000円。

◆2012年の成績
★5/19.20の購入金額・・10000円
★5/19.20までの購入金額・・166600円
★5/13の購入金額・・7000円
★5/13の的中金額・・0円
★5/13までの購入金額・・156600円
★5/13までの的中金額・・84470円
★5/13までの回収率・・53%

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
先週の競馬の検証・反省・次走注目馬 に参加中!
オークスは完敗、ショウナンは予想通り好走馬がでて収支的にはプラスでした。
ついにダービーを直前にひかえWIN5で1億4千万の配当がでました!
出るべくして、出たのか?ダービーに合わせて出たのか?
そのへんはいろいろな想像が飛び交うことでしょうが、競馬も興行です。
効率よく馬券を売らなくてはいけません。
ほかのスポーツとは違い、ここは「競馬は興行である」という前提で馬券を検討するほうがはるかに建設的であるという考えたいと思います。
もちろんスポーツでもある一面もふくめてですが・・。

◆オークス検証
オークスは見た目以上にハードなレースになったと感じました。
直前の大雨で追い込みの有力馬の脚は止まりましたが、上位の馬のスタミナには驚かされました。
特に2着に粘ったピュアブリーゼは逃げ馬には不利な外枠から脚を使って逃げ、最後までホエールキャプチャを抜かさせませんでした。

あとでスローだったからというコメントが飛び交っていましたが、2〜3ハロンのラップは11秒台、上滑りする馬場で2400の距離です。
途中もほとんどが12秒5未満のラップで3コーナーのところ以外はほとんど息が入らない展開だったように感じました。
1000メートル1分00秒7というのもスローとはいえないと思います。

あと気が付いたのは1〜2着馬はトライアル以前に2000のレースを使っていたといのも注意すべき点であると感じました。

問題はひじょうに過酷なレースなのでここで力尽きず、秋〜来年のレースで活躍してほしいと思います。

今回ディープインパクト産駒が6頭出走していましたが個別にどうということではなく、競馬全体のレベルを押し上げる原動力になっているのではと感じます。
ダービーは皐月賞を見る限り、上位馬の力はかなり抜けているようなところもありますが、世代全体では確実にハイレベルになっていると思います。
つまり今年は以前のように本当に強い馬が圧勝するパターンより、有力馬も少しのミスで馬群に沈んでしまうくらい全体のレベルはアップしているのではと思います。
昨年はハイレベルの馬が大量にいて、その馬の戦いでしたが、今年は幅広い底辺がありその中から頭ひとつ出した、という戦いなのかもしれません。

レーヴディソールがいたら2着探しのレースだったのかもしれませんが・・。

◆東海S検証
発走直前にクリールパッションが取り消しになりある意味救われました。
その返還分が黒字になったからです。
クリールも力はあるから買おうと思ったのですが、パドックの様子や馬場状態は有利にはうつららなかったというのが正直な感想でした。

それにしてもランフォルセがかなりのペースで逃げたとはいえ、1900ダートで1分53秒台というのは破格です。
京都の軽いダート、大雨(昼まではお汁粉馬場でした・・)から少し乾いた本当に走りやすいダートとはいえ、芝でもかなりの好タイムであり驚きました。

勝った馬も強かったですが、強引に大外から逃げてペースを作ったランフォルセはダートの状態の注文がつきますが、時計の速い馬場ではこれからも注意が必要だと思います。
トランセンドあたりでもうっかりすると足元をすくわれる可能性があると感じました。

◆ダービー展望
どうしても震災のこともあり、仙台の馬主さんである島川氏のトーセン2頭が気になっています。
どちらも良血のうえ、実力のあるところも見せていて十分可能性はあると思います。
ただ逆にトーセンラーは昨年のエイシンフラッシュの藤原英厩舎、トーセンレーヴは皐月賞勝ちの池江厩舎で、連続はあるの?というところもあるので一回白紙にして考えてみてもいいかもしれません。

また今週も雨が週末にかけて降りそうで、馬場状態も注意が必要です。

それから邪推かもしれませんが、ダービーは騎手、調教師、馬主すべてが夢見るタイトルで、いわば馬を生産して買って、育て、仕上げるその最大の目標になっています。
近年は欧米、そして国内でも強い繁殖牝馬を育て、持つことが競馬で勝者になる近道になってきていますが、日本の競馬はダービー、天皇賞は別格のレースであると考えていいかもしれません。

そういう観点からでは、馬主も共同馬主は過去なかなかダービーを勝てていないのが実情です。
たとえば極論をいえば2年前にブエナビスタがダービーに出ていたら、とかアンライバルドもダービーは皐月賞がうそのように沈黙。
サンデーRやキャロット、ラフィアンなどの馬もなぜかダービーになると凡走、先述のように勝てそうな牝馬もプランさえでてきません。
ここ数十年でも社台RH以外の共同馬主の馬はダービーは未勝利です。
今年はサンデーRのオルフェーヴルがジンクス?破りに挑戦しますが、さてどんなレースをするか注目です。

ベテラン騎手では柴田善騎手、蛯名騎手がダービー未勝利、特に柴田善騎手は牡馬クラシックも未勝利で今年はナカヤマナイトという比較的有力な馬で挑戦できるのでこれも注目です。

ベテラン調教師では橋口師が念願のタイトルに挑戦しますが、ほかにも有力な調教師では二宮師、西園師もダービー未勝利です。
また最近の新進の厩舎では昨年勝った藤原英師、角居師はすでに勝ちましたが、池江師はまだ未勝利です。

馬では前出のトーセン2頭、皐月賞1〜2着馬、やっと炸裂したウィンバリアシオン、あと人馬ともに目指すナカヤマナイト、コティリオンあたりに注目していますが、穴では渋太いユニバーサルバンク、まだ素質の全容がみえていないデボネア、そしてこれは超大穴ですが母父がマックィーンで父がステイゴールドというフェイトフルウォーの豹変に注目しています。

◆2011年の成績
★5/22の購入金額・・10500円
★5/22の的中金額・・10580円
★5/22の返還金額・・1000円
★5/22までの購入金額・・342400円
★5/22までの回収金額・・322410円
★5/22までの回収率・・94%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
土曜日だけ東京で騎乗の村田騎手は私が注目していたトウカイライフは凡走で、手ぶらで新潟に帰るのかと思っていましたが、最終レースでどでかい大穴をあけました。
まったく人気のなかったホクトスワンで2着に入り馬連4万円台、複勝4千円台の高配当を出しました。
注目の三浦騎手は2勝しましたが勝てなかったレースでも好騎乗を連発しました。最近は人気のない馬も多く今後はかなり注意だと思います。
外人騎手のビンナ騎手はまだ慣れていないということもあるのでしょうが、現状ではウィリアムズ騎手と比べると正直少し割り引いたほうがいいかな、という印象です。
ただ身元引受厩舎の友道厩舎の馬には注意で、のぞみ賞のレオプライムは連闘ということもあり注意です。
◆オークス
不調ということもありますが、参考データがあまりに少なく昨年や一昨年のような抜けた馬が今年はリタイアしたこともあり、以前のようにふたを開けたらビックリというパターンも十分ありえると思っています。
ここはセオリー?どおりに勝負気配、騎手の動向、権利取りの時期、距離経験などを重視して穴を狙いたいと思います。
穴軸◎マイネイサベル
最初の展望で注意と書きましたが、マイネル2頭出し、桜花賞をパスしたローテーション、左回り巧者、きびしい流れのフラワーCで一番きびしい競馬を強いられたことなどを考えここは注目です。外枠が少し気になります。立ち回りが鍵。
○ホエールキャプチャ
ここに賭ける執念は相当と思われます。騎手も追い切りで東上、上位の確率は一番高そうです。
▲バウンシーンチューン
注目の三浦騎手、内枠、道悪も大丈夫。追加登録料を払っていることも考え注意です。
△ハブルバブル
常に勝負の外人一線級の騎手の騎乗、内枠も好感です。今回はローテーションも余裕がありそうで本気で走る条件はそろいました。
△マイネソルシエール
先行有利の馬場条件とはいえ先行馬が厳しい流れでゴール前の脚色は一番でした。急激に渋太さを増した印象。スタミナもありそうで道悪は歓迎。
△スピードリッパー
先団に取り付く脚や抜け出す脚があり実戦に強いタイプ。桜花賞は脚を貯めた馬が上位を独占しましたがこちらのほうが厳しい競馬を強いられました。距離延長も歓迎と考えます。
注マルセリーナ
実力上位は明らかで押えたい。
★馬券
◎から馬連・ワイド・三連複で印に。(馬連と三連複はマイネソルシエールには流さず)
◎の単複(200,500)とマイネソルシエールの複勝300円。
計3100円。

◆東海S
外枠が気になりますが穴でクリールパッションに注目です。
ゴルトブリッツ、ワンダーアキュート、バーディバーディ、テスタマッタにワイド、三連複で流し。
計1000円。

◆ショウナンの馬に注意です。
京都3Rショウナンマハの単複(800,1500)・ショウナンハトバの単複(100,300)、新潟3Rショウナンサージュの単複(300,700)、東京7Rショウナンダンクの単複(300,700)、京都12Rショウナンタイリンの単複(100,200)

◆由比ガ浜特別
前々走は意表をついて逃げ、前走は元の追い込みに戻し脚質を転換したカレンナサクラですが、今回左回りの1400とベストの条件です。道悪はダメなので馬場が渋らなければ好勝負と考えます。
また前走途中で追い上げる脚を見せたタマニューホープも今回が勝負と考えます。
ここは両馬の単複(200,500)。

以上合計10500円。

WIN5、三連単中心の「藁しべ長者になれるか」は個人ブログで後ほど掲載します。(日曜日の午前中までに)

◆2011年の成績
★5/22の購入金額・・10500円
★5/22までの購入金額・・343400円
★5/21の購入金額・・3500円
★5/21の的中金額・・2870円
★5/21までの購入金額・・332900円
★5/21までの回収金額・・311830円
★5/21までの回収率・・93%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

↑このページのトップヘ