競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

ストーミーシー

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
遅くなりましたが、今日も簡単に。
フリーMは周辺事象で気付いたことを記載しました。
◆東京新聞杯
展望で記載した穴のストーミーシーは予定通り狙いますが、この時期は特にマイルは最終目標が半年くらい先で本当に強い馬ほどまだピークに仕上げたりしないと思いますが、地力的な部分ではやはり入着まで、という感じで考えています。また他の人気薄ではショウナンアンセムの先行残り、それからゴールドサ−ベラスあたりに注意と思っています。

有力どころでは、これも展望どおり藤沢和厩舎の3頭に注目で、特にタワーオブロンドンが騎手の動向などでは一番勝負気配を感じます。ただ賞金面ではサトノアレスは特に馬齢からも加算が必須と感じています。またレイエンダも明け4歳とはいえこの賞金だとなかなか大きいところは狙えない状況です。今のうちに加算したいのはむしろこの2頭かもしれません。インディチャンプは人気になっていますがある意味、ここで勝負をかけない、という手はないはずでどのくらい強いのか?ということになると思いますが、いずれにしても押さえざるを得ないと思います。

◆きさらぎ賞
どう考えても成績だけでは穴が狙えないようなメンバー構成ですが、意外にこういうレースのほうが人気薄がノーマークでのびのび走れて馬券に絡んだりする、という印象があります。中では松山騎手の動向からランスオブプラーナには注意と思います。あとはかなり厳しいと思いますがコパノマーティンも朝日杯などの様子からは嵌れば、という可能性はあると思っています。いずれにしても買うレースではなくて見るレースということで見物料で複勝のみという感じで考えています。

◆銀蹄S
これも予定通り展望で注目のマイネルエスパスを単複のみ少々で狙います。

◆京都12R
以前から注目しているブロンズテーラーが間を詰めて使ってきました。馬齢や状況などからここで走らないと、いつ?というくらいの感じではないかと思っています。しかも減量騎手を起用してきました。ここはメイチと見て狙います。単複でと思いますが、あえて相手を選ぶとすればエネルムサシあたりで。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在2月3日(日)AM10時10分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
昨晩も帰宅が遅くなり、今日も昼間外出の用事があります。先日のとおり当面予想は簡単に。
来週中まで他用が立て込んでいてなかなか構築が進みませんが先日の方針どおりに考えています。
◆中京スポーツ賞
展望どおり人気ですが個人的に相当な実力と思っているトラインを狙います。単勝で。
※参考
2018年12月1日の記事
http://blog.livedoor.jp/tamochan1316/archives/53302419.html
2018年11月21日の記事
http://blog.livedoor.jp/tamochan1316/archives/53301326.html

◆節分S
ビッグレッドの馬が3頭出しですが、中では一番人気がなさそうなコスモイグナーツに注目です。
理由はフリーMに記載しました。

◆西尾特別
エフティアテナ、ウインルチルに注目です。
理由はフリーMに記載しました。

◆重賞展望
東京新聞杯は現段階では穴でストーミーシー、有力どころでは藤沢和厩舎の3頭に注目です。きさらぎ賞は今晩以降に検討予定です。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在2月2日(土)AM9時31分くらいです。

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
日曜日はまた再び不発でした。
という理由だけではありませんが、サイト構築の関係で当ブログも内容的に単なる馬券予想日記だけではない形に改修します。改修というよりはテーマの増設という感じですが・・

「時代文化ネット」の他のサイト構築などもあり、当面は馬券はあまり買わないので、馬券はかなり控えめにするつもりです。予想して馬券を買うのは重賞を含め原則1日2レースで、重賞で買わないレースはプラスαでなんちゃって予想のつもりです。

ただ馬主、騎手、馬などの観察は従来どおり続けます。
またフリーMに記載している周辺の他の気付いたことなどは記載しますが、他のテーマの構築のアップ時は若干違う内容にするつもりです。

他テーマは「競馬コレクション」「過去の競馬的中例」とすでに一部記事掲載の「穴馬列伝」にしようと思っています。
途中で修正する可能性もありますが、原則この考え方で構築を進めていきたいと思います。

ご興味のある方は引き続きどうぞ。

順調に構築を進められれば、早ければ春のG1幕開け「スプリンターズS」に間に合えばいいと思っていますが、なるべく早めにいつもの更新にもどれればと思っています。

もしご覧いただいている方がいらっしゃいましたら、今後も引き続きよろしくお願いいたします。
「競馬を楽しむ」という観点でいろいろな観点から考えて、構築していきたいと思っています。

◆藤田菜七子騎手
先週今年の初勝利を挙げましたが、何と根岸Sを快勝したコパさんのコパノキッキングでG1に騎乗することが決まったようです。カペラSは手薄なジョッキーのせいか柴田大騎手で快勝、マーフィー騎手で根岸Sを快勝と勝っているのに次走は藤田菜七子騎手に・・という、騎手が順番に乗り替わるという珍しい流れになりそうです。またJRAとしても有名人の有力馬に人気女性騎手が騎乗するという、今までにないPRになりそうで、馬券の売り上げだけでなく、注目度のボルテージも上がりそうで一般メディアでも大いに話題になりそうです。

◆今週の展望
・中京スポーツ杯
以前から注目のトラインが登録してきました。除外はありませんので回避しなけば出走と思います。G1ホープフルSで競争中止、その影響があるのかないのか4月の出走も凡走でした。ところが休み明け7ヶ月ぶりの京都の芝1600でほぼ勝負付けが済んだ後内側をすごい脚で伸びてきた馬がいました。それがトラインでした。その段階でエンジンが違うな。という感じでしたが次の前走でもそんなに人気にはなりませんでした。
若干ペースが速かったとはいえ中京の尖がったコーナーの外を回り、直線だけで最後方からごぼう抜き、しかも見た目以上の楽勝にみえました。
今回はさすがに人気になると思いますが、前回と同じ条件でどこまで強さを見せられるか、注目です。
個人的にはオープン、いや重賞でも通用すると思っています。

・東京新聞杯
ロジクライ、ロードクエスト、サトノアレスなどそこそこのレベル古馬とタワーオブロンドン、レイエンダ、ジャンダルムなど昨年クラシックや3歳G1路線を賑わした馬が対決で楽しみなレースになりそうです。
ここはタワーオブロンドン、サトノアレス、レイエンダと藤沢和厩舎が3頭出しで注目です。過去も藤沢和厩舎多頭出しは多くはどの馬かが馬券に絡んでいて馬券の軸にできそうな面々です。先々の大レースのために賞金加算をしたいという出走と思っています。

穴では普段あまり馬券を買ったことがない馬ですが、ストーミーシーに注目しています。中山など小回り巧者というイメージがありますが、意外に東京でも好走しいています。また新潟も含めると左回りも意外に好成績です。また賞金などを考えるとこのレースで勝ち負けできるかはともかく、先々の大レースなど目標どおりの重賞レースに出走を続けるためには、この時期にできれば賞金加算をしたいと陣営も考えているのでは?と思います。
ローテーションもかなり時期を詰めて使い続けている感じで、そろそろ走りごろではないかと考えています。
もし出走してきたら今回は狙ってみたいと現段階では考えています。

・銀諦S
過去もこのコースで全く人気薄であわや(4着)、という走りを演じたマイネルエスパスが出走してきたら狙おうと思っています。しかもハンデ戦(前走から1キロ減で僅差負け)で、さらにいえば持ち時計もないので、あまり時計が速くならない今の時期にはぴったりという感じです。要は除外や回避など出走するかどうか?も問題だと思っています。多分全く人気にならないので単複で少々だけ買ってみようと現段階では思っています。ただムラう馬なので注意とも思っています。

今回は改修の件と展望でしたが、次回更新から随時前述のようにしていきます。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月28日(月)PM5時05分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
フェアリーSは人気サイドののフィリアプーラが強さを見せましたが、3着のグレイスアンはこじんまりとまとまったいわゆる「早熟型」と思っていましたが意外に器用で、さらにゴール前後の様子から残念ながら牝馬のクラシックでは春は小回りコースがないのですが、ローカルや秋の秋華賞などは面白いのでは?と思わせる内容と個人的に感じました。まだ他にも奥がある可能性もあり今後はあまり人気にならないと思いますが要注意と思いました。

今週は土曜日から不発ばかりでした。3日間開催で気が重いのですが、あまり参考にされないほうがいいかもしれません。
ということで簡単に・・
◆日経新春杯
◎ガンコ
なぜこのタイミングで、この馬なのか?自分でも不思議ですが、この馬はダート、芝を含め活躍する競馬場や馬場状態が限定されているタイプと考えています。難しいかもしれませんが、秋〜年末のローテーションなどから考えると57キロがどうか?でここも叩き台になる可能性もありますが、春にかけてどこかで一発あるのでは?と個人的に考えています。また乗り役本人が追い切りに騎乗するなど出走だけが目的には思えないと思いました。今まで印を殆どつけたことはありませんが、今回は人気の盲点でもあり面白そうです。
○ルックトゥワイス
前走は切れる、というより圧倒的な脚を見せました。六社Sでは今回人気のムイトオブよりハンデ評価も高く、もし前走でかなり変わり身を見せてきたと考えると今回のハンデであれば、と考えます。
▲ノーブルマーズ
荒れてきた感がある現在の京都の馬場にピッタリな条件になりました。器用に立ち回ったとはいえ宝塚で3着でローテーションや賞金加算、56キロで出走できる今回は勝負と考えます。
★ウインテンダネス
△グローリーヴェイズ
△ムイトオブリガード
△メイショウテッコン

◆ニューイヤーS
展望どおり大穴でダイワリベラル、中穴でハーレムラインとストーミーシーに注目です。単複と3頭のワイドで少々。

◆新春S
現在の京都の馬場であればここのところ不発続きのハナズレジェンドでも上位を狙えそうです。あとは休み明けで地力的に難しいかもしれませんが大穴でテイーエスクライがスムーズに先行したら注意と思います。

◆五条坂特別
前走騎乗の若手Jがそのまま継続騎乗で、距離を伸ばしてきたシシゲルコングに注意と思います。あとはカフジキングもそろそろ走り頃では?と思い注意と考えています。

◆京都12R
中穴でベルクリアに注意と思っています。

◆京都8R
地方転入ですが以前の中央時に未勝利芝で好走歴のあるモズダンディーに注意と思います。

◆京都7R
ノースヒルズ関係のイグレット、アニエーゼの2頭に注意と思っています。どちらかは馬券に絡んでくるのでは?と考えています。

◆中山4R
こちらも展望どおりエスケークラウンに注目です。人気がないので単複で少々。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月13日(日)AM2時33分くらいです。

↑このページのトップヘ