競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

スマートオーディン

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
今週5頭出走のラインの馬が早速勝利しました。土曜日は個人的にPOG登録のラインカリーナが快勝しましたが、日曜日も阪神2Rで人気で2頭出し(リンクスはPOG登録)、中山3Rも可能性のありそうな馬が出走、阪急杯では一昨年から追いかけているに近いラインスピリットが人気薄で出走です。日曜日も一部馬券に絡みそうです。特に阪神2Rは珍しく2頭出しです。また阪急杯のラインスピリットは実はまだ重賞は未勝利で、G1勝てるタイプかは疑問なところもありもしかしたらここは意外に侮れない可能性もあります。注意したいと思っています。

競馬界では毎年恒例ですが定年調教師が日曜日で引退します。特に個人的には柴田政人調教師も引退ということで感慨深いものがあります。競馬を始めたころは岡部騎手とリーディング争いを繰り広げていた一線級の騎手でした。詳細は憶えていませんがたしか田面木騎手とともに高松調教師が師匠だったと思います。昔競馬の本で清水成駿氏だか、高本氏だか忘れましたが、G1か何か大レースの前の記者会見で調教が甘かったので、その辺を質問されたときに「休むのも調教だ」と当時の名言を言い放ったとか、騎乗は柴田騎手の関係だったのでは?と記憶しています。違っていたらすみません。(オールドファンの方には有名な話のようです・・)
ダービー未勝利が長く、「ダービーを勝ったらいつ引退してもいい」とさえ言って、ウイニングチケットで念願のダービー騎手になりましたが、その後深刻な落馬事故で結局引退に追い込まれた、と記憶しています。

調教師になってからは全くに近いくらい影をひそめてしまい、大変残念に思っていました。
そしてついに定年で引退・・、と自分の年齢も同じに重ねている現実に立ち返りました。

騎乗で特に印象に残っているのは、クラシックを賑わし、その後当時の5歳(現4歳)時も天皇賞など大レースで人気になっていたのに結局泣かず飛ばずでこのまま終わるのか?と皆に思わせていたホワイトストーンを奇襲とも言える「逃げ」で暮れの有馬2着で、後にJCで優勝したレガシーワールドを完封して復活の勝利をあげたAJCです。

調教師としての印象はほとんどありませんが、日曜日最後に3頭が出走します。
特に中山8Rヒロノワカムシャ、小倉6Rブルーオラーリオは十分に可能性があると思うので最後に一発と、思っています。

◆中山記念
種牡馬の登竜門といわれるくらいの名門レースですが、しばらく低迷していた感じでしたが、近年はドバイの前哨戦として、また最近はG1昇格した大阪杯のトライアルとして豪華メンバーがそろうことが多くなりました。特に今年は一線級のG1馬が5頭という一部のメンバーを除くとミニG1戦ともいえる組み合わせになりました。
ただスタートしてすぐ1角という得意なコース形態や、開幕週ということもあり逃げ馬には注意が必要です。
過去も古くなりますが圧倒的な1番人気で地力が抜けていたメジロライアンがどちらかというと平坦専門の逃げ馬であるユキノサンライズに完封されました。ユキノはその後も調子に乗り次走の京王杯スプリングCも人気薄で2着に粘ったのを覚えています。
昨日穴予想の話で色々書きましたが、もとから穴候補自体がいないので展望で注目の2頭を狙います。
有力馬は印はつけますが、馬券的には見物ということで・・・
◎ステルヴィオ
毎日王冠、マイルCS、昨年のスプリングS、展開の向かなかった皐月賞などどのレースを見てもこの距離であれば現状最強クラスの地力と見ました。意外に人気が割れているので海外遠征を控えたディアドラではなくこちらのほうを重視
○マルターズアポジー
小倉の重賞から連闘で、馬主2頭出し、開幕週の内枠の逃げ馬、地力は足りている、重賞3勝の騎手騎乗といずれにしてもここ勝負は明白で一発を狙うとみました。
▲ウインブライト
この後海外遠征予定もなく、G1では??の可能性もあり得意な条件でここ勝負?ただ条件がそろいすぎの印象も
★ディアドラ
当初は本命に考えましたが、香港で惜敗、ドバイは条件的にも合っていそうでここは8分仕上げの可能性も、凡走はないと思いますが、3着〜4着の可能性もありと思います。
△ハッピーグリン
展望で記載のとおりJCでのゴール前後の様子で注目(JCの時計ではなく)、出走するからには無謀かもしれませんが勝ちに行くはず
△エポカドーロ
昨秋は難しい条件とはいえ何かリズムをくずした感があります。本来◎とほぼ同等の実力だったのでは?と思いますが、今回は人気もそこそこあるみたいでそこも考えて少々割引
△マイネルサージュ
ここまで人気がないほどの地力ではないと思いました。ただ外枠、開幕週などさらに不利な条件が並んでいますがノーマークになりそうなので他の有力馬が無理をしなかった場合3着くらいはあり得ると感じました。

◆阪急杯
ここは賞金加算、条件的に1400狙いの馬、G1の叩き台の馬の間隙を突いて重賞を勝ちたい馬、上がり馬などに注目と思います。
◎ダイメイフジ
勝つかどうかはともかくここは賞金加算や条件などを考えるとメイチの可能性が高いと考えます。追い切りも好感。
○ヤングマンパワー
どうしても今回狙いたい馬で、特に池添騎手騎乗で開幕週の内枠を好感。何よりも東京新聞杯でのレースの様子でそこがメイチでなく近々に出走したら狙おうと思っていました。
▲スマートオーディン
近2走のレースの様子が一番大きな理由ですが、近走で賞金が加算できていなくてこのまま大きいところを目指すのであれば賞金加算はかなり必要と思い、ここはメイチとみました。
★ミスターメロディ
△リライアブルエース
△ロジクライ
△リョーノテソーロ

◆皿倉山特別
テーオーフォルテ中心と思いますが、意外性でたまに3着に突っ込んで穴を開けるケージーキンカメに注意と思います。

◆阪神8R
前走のレースの様子からメイショウナンプウに注意と思います。

他ライン関係は上記に、他条件で気付いた馬はフリーMに記載しました。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在2月24日(日)AM4時13分くらいです。

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
G1は異様な盛り上がりでした。個人的には不発でしたが見ごたえがあり結構楽しめました。
今思えば武豊騎手のレース数日前のインタビューで藤田菜七子騎手の参戦について「負けたくないよね」と言っていたのを、当初はパフォーマンスで実際は菜七子騎手が勝ってもいいのでは?と反対の意味に感じていましたが、あれは彼女が出ることで一層闘志が高まり、絶対勝つのだという決意に近い発言だったのでだ・・、と思いました。さすが4千勝騎手だ、とあらためて感じました。

他では2月17日(日)の東京7Rゴールドパッキャオ、東京8Rオンタケハートは次走は場合によっては面白そうだと考えています。一部の理由などはフリーMに記載しました。

◆今週の展望
まだ追い切りなど直前の情報がありませんが、個人的な現段階での見解です。
・中山記念
ドバイの叩き台も含めG1馬が5頭と豪華メンバーがそろいました。
中ではディアドラはまず馬券に絡むのでは?と思っています。あと穴ではJCの時のレース振りや大阪杯のトライアルであることなどからハッピーグリンに注目しています。JCのレース直後から次走は狙おうと考えていました。マルターズアポジーが登録していますが、現実的ではないかもしれませんが仮に出走してきたら穴で要注意と思っています。他ではビッグレッド関係が多頭出しの可能性があり、複数で出走してきたらこちらも注意と思っています。

・阪急杯
例年よりメンバーが手薄ですが個人的には穴でスマートオーディン、大穴でヤングマンパワーに注目しています。
理由の一部はフリーMに記載しました。

・皿倉山特別
多分人気になりそうですがテーオーフォルテが出走してきたら注意と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在2月20日(水)AM5時45分くらいです。

↑このページのトップヘ