競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

タガノディアマンテ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
昨日は色々用事が重なり帰宅も夜遅くなりました。今日は簡単に。
中山競馬場を含む首都圏はまたまた天気予報が悪化しました。
ただ土曜の予報通り雨は午前中が中心のようですが、量はかなり降りそうです。
高速馬場とはいえ、芝は道悪適性がそれなりに必要と考えます。

◆セントライト記念
おおかた展望どおりですが、モズベッロ、タガノディアマンテ、ランフォザローゼス、リオンリオン、ナイママに加え、手の合う池添騎手にもどるメイショウテンゲンも注意と思います。個人的な印象ですが途中のオッズに大きな違和感を感じた馬はいませんでした。あと権利取りでメイチ勝負の馬はかなりいると思いますが、人気のオセアグレイトは重でも好走歴があり注意と思います。サトノは2頭出しですが紐で買うかはまだ迷っています。むしろ馬場適性が不明ですがプリンシパルSで上位のキャロットの2頭の方が面白いと思っています。ただどちらも人気で、点数も増やしたくないのでレース前までに勝負気配を感じなければパスしようと思っています。

中心は人気系ではリオンリオン、穴ではモズベッロと考えています。

水曜日午後に投稿した展望は下記をご覧ください。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53331351.html

◆MエルコンドルパサーC
人気ですがアカネサス、ショウナンガナドルが有力と思います。他では先行型有利とみてナムラムート、スタートが決まればオーロリンチェあたりが残れば、と考えています。

◆中山12R
馬場状態によりますが、道悪で時計がかかれば、スタートしだいですがヤマニンベリンダが面白いと考えています。

他の用事も多く、難しいかもしれませんがまた追加があれば掲載するかもしれません。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在9月16日(月)AM6時52分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
土曜日は京都でメイショウ、タマモの馬が複数出走ですが、注意が必要と思っています。
◆葵S
・アズマヘリテージ
追っかけている馬ですが、夏、1200の方がよさそうで直線平坦、時計が若干かかれば注意と思います。
・アウィルアウェイ
こちらは複数の専門家も注目の馬ですが、暑いのは大丈夫そうなのと、個人的に上位馬はそれなりのレベルだったという印象の昨夏の新潟・ダリア賞で賞金加算をかけて勝利したときの脚は他の馬より抜きん出ている印象でした。当時2着で500万特別も勝ち上がりファルコンSで3着だったローゼンクリーガーを子供扱いした感じに見えました。その後鳴かず飛ばずですが、ここは注意と思います。

◆欅S
・ダンツゴウユウ

◆東京12R
・ダンケシェーン

◆京都12R
・スズカフューラー
・ビービーブレスユー

◆日本ダービー(現段階での見解で変わる可能性もあります)
いったん注目馬を3強と穴でランフォザローゼス、ロジャーバローズ、タガノディアマンテ、ナイママの7頭に絞り込みました。
後から田辺騎手が追い切りで遠征で注意と思って入れたタガノは前走のレース振りも個人的にはかなり注目と感じました。ただタガノ、ナイママは外枠、速い時計が問題と思っています。中心は3強プラス残りの2頭で組み立てようと考えています。まだ印の順位は決めていません。

ちなみに極論ですがロジャーは好走すれば凱旋門賞も視野に入りますが、世界的なレースに厩舎3頭出しは現実的ではなく、キセキとサートゥルの2頭は是非出走させたいと考えているのでは?と思います。そうなると場合によっては凱旋門賞のリハ的な部分も考えて、ダービーもその通過点かも?とすら思っています。ただ過去もそうですが京都新聞杯からの馬には注意と思っています。

◆目黒記念
東スポで陣営のコメントにもありましたが、ブラストも前述同様に斤量面や距離も考えて凱旋門賞のリハ的な目的があるようです。
個人的に先日からの展望どおり近走の様子でアドマイヤエイカンとウインテンダネス、ハンデの違和感でルックトゥワイスとポポカトペトル、あとは地力と賞金加算の部分でチェスナットコートの5頭を中心に考えています。

◆安土城S
何度も同じ内容になりますがツーエムマイスターを穴で狙うつもりです。他ではハンデが下がってきたトウショウピストもこの斤量まで下がれば一部強そうな馬もいますがトータルではこのメンバーなら3着以内に人気薄の先行馬が残ったり、人気薄の差し馬がなだれ込んだりする可能性は十分あるのでは?と思います。

ちなみに土曜日のレースでオッズに違和感を感じた馬は葵Sはニホンピロヘンソン、共同で参考外かもしれませんが朱雀Sのウインストラグルでした。理由や結果は不明ですのでご承知おきください。

※ご注意
新しいブログの雛形だとPCの場合は時刻が表示されないので、現在5月25日(土)AM4時15分くらいです。

↑このページのトップヘ