競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

モズアトラクション

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
土曜日の予想はほんのごく一部をのぞいてまったくかすりもしませんでした。
もしご覧になっている方は別の色々な意味で活用の方法があると思いますので、日曜日も同様に活用していただければ幸いです。
個人的には殆どヤケと思われるかもしれませんが(実際そうなのかも・・)、さらに考えられない穴狙をしようと考えています。
実際に馬券を買うのは超大穴もいてかなり難しいと思いますので不発にご注意ください。

中山9Rの呉竹賞はスローペースの前残りの決着になったようですが、外を回って追い込んだ人気の2頭、ショウナンマリオ、コヴァルトウイングは向かない展開や距離ロスにもめげずそれなりの地力をみせました。今後少し人気も落ちるかもしれない、と思い、特に近走順位が人気に反映するオープンクラスに出走のときは、人気薄でも思わぬ激走を披露する可能性があると感じています。次走以降に注目と思います。特にかなり長い距離で脚を使ったショウナンマリオには注意と思います。

あと東雲賞で休み明けで馬群に沈んだサンクロワ今後順調に使われてくれば次走以降に注意と思いました。
それから中山最終Rで4着に逃げ粘ったフジマサディープは展開や枠順の利があったとはいえ、今回の不人気は距離がどうか?というのもあったのを考えると、意外に善戦したと感じました。時計がかかる馬場で切れ味優先でない舞台であれば、これも今後注意が必要と思いました。

上記の馬たちはおそらく、特に後述の馬は人気になりにくいタイプと思いますので、順調であればいずれ回収可能な馬と思いました。
ただ上級のクラスで通用するかは別問題なので、勝負付けが済んでから突っ込んできてくるぐらいのほうが、長く穴を狙えるのかも・・・、と思いました。


日曜日が1月最後の週の開催ですが、現段階では今年は1月の重賞では中山金杯で人気になったウインイクシードが馬券に絡んだ以外は、ビッグレッド系があまり活躍していない印象です。中でもマイネルやコスモの馬はいつもより出走すら減っているように感じます。
日曜日も東西3頭が重賞に出走しますが、果たしてどうでしょうか?

ちなみに金曜朝に掲載の今週の重賞の展望記事は下記です。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53344949.html

◆AJCC
年間の中でもトップクラスに地味な重賞の印象です。適性のある馬の出走が多く、大荒れは少ないですが、毎年のように意外な馬が馬券に絡む印象のレースです。ただ近年はドバイなど海外レースの開催時期が初春のため、ステップ的に使う可能性は高いと考えています。展望でも触れましたが、出走の目的自体も問われている部分もあると思っています。

◎軸ブラストワンピース
特に大きな目標がないようなので、とすればG1馬でもここは少なくと上位を狙う可能性が高いと考えます。
○ミッキースワロー
G1を使わずに得意の距離とコース、条件が揃いすぎていますが、アクシデントがない限り昨年はG2が2着どまりなのでここは。問題は休み明けだけと感じています。
▲ステイフーリッシュ
本来近走の実績からは軽視されがちですが、逆に考えればここか京都記念くらいしか、条件の揃ったレースもなく、タイトルがほしいタイミングなのと、騎手の動向で。
★ラストドラフト
追い切りの経緯などを考えてもここを叩き台にする理由が見当たらず、勝つかどうかはともかく枠順も比較的恵まれ、ここは勝負と考えます。
△マイネルフロスト
実はダービー3着、青葉賞でも最後に着差を詰めています。意外に自在性もあり、軽視は禁物と思います。
△ルミナスウォリアー
現在の馬場状態、ハンデ評価、騎手が追い切りに騎乗したことから、最初から掲示板を狙ってくるようなレースをした場合は・・・。

◆東海S
ここは大筋は展望どおりに考えています。結論は、
◎モズアトラクション
○スマハマ
▲インティ
★エアアルマス
△アングライフェン
△コスモカナディアン
△マイエンルクラース

以上2重賞は多分難しいと思いますが、超人気薄のビッグレッド、特に今回出走のマイネルや岡田氏のコスモも押さえたいと考えています。

◆門司S
展望どおりクリノフウジンの嵌ったときの地力に注目と思います。オープンでも通用する馬と考えています。連馬券の相手はスマートの2頭に。

◆初霞賞
セイウンオフロードに注意と思います。

◆若竹賞
展望どおり10月15日の東京新馬戦に出走した、マイネルデストリョ、レッドライデンに注意と思います。特にマイネルは前走は中途半端な競馬になった印象があり、今回は思い切りのいいレースになれば、勝ち負けの可能性も十分と考えています。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53337313.html

◆八幡特別
タイセイトレンディ、ノーブルノートに注意と思います。

◆京都12R
ホープフルスターに注意と思います。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月26日(日)AM2時47分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬(中央競馬中心)・今週の展望 に参加中!
先週の日曜日は一部の穴馬は馬券に絡みましたが、個人的には完敗でした。
今週は登録を見た感じでは大荒れはなさそうにみえますが、無理やり穴馬を考えてみようと、いつもながらですが考えています。
原則は個人的にもあまり現実的ではないと考えている部分もあるので、もしご覧になっている方がいたら不発にご注意ください。

特に今週は天候と馬場状態に注意と思っています。例年と違いこの多雨と晴天率の低さによる馬場の回復の遅れがどのように影響するか、という問題です。逆にここでの出走が今後の地力強化の足がかりになる可能性もあると思っています。

◆AJCC
まず人気薄も含めた出走の目的、要は勝負や好走をめざしているかも焦点になりそうだと思っています。
もちろん人の心の中はわかりませんが、行動に現れた部分を拾っていきたいと考えています。

人気になりそうなところではブラストワンピースは川田騎手が東上して直前追い切りに騎乗しました。他ではミッキースワローは調教師が直前に、ニシノデイジーは田辺騎手が一週前追い切りに騎乗しました。ラストドラフトも直前は同様に騎手騎乗だったように記憶しています。
あと人気薄そうな馬ではルミナスウォリアーが柴山騎手騎乗でした。こちらは馬場悪化に対応できる可能性がありこちらも注意が必要と思いました。

それから初芝のクロスケは常識的にはありえないとは思いますが、走ってみないとわからない部分があり、馬券は買わないと思いますが、なぜここで、という部分もありますが、走りには注目と思います。賞金的にスケジュールやローテーションを埋めたりする余裕はないはずで、オープンでは勝負にならないとふんで、出走だけが目的でない限り、一発勝負に出る可能性もあると思っています。
※昨年1回平場のオープンに出走して、惨敗したようでした。失礼しました。AM10時52分くらい追記

社台RHの3頭で現状では一番近走の実績では劣っているルメール騎乗のステイフーリッシュは地力はかなりありそうで個人的には一番注意と思っています。

まとめるとと穴ではルミナスウォリアー、比較的有力どころではステイフーリッシュ、ミッキースワロー、ブラストワンピースに注目しています。ラストドラフトも侮れないと考えています。

◆東海S
みやこSの再来か?インティとスマハマの出走です。インティとしては本番でスマハマに出走されるといやなので、ここでしっかり序列をつけるか、スマハマの権利取りを阻止したいのでは?と個人的に考えています。ただインティは今回武豊騎乗で斤量は1キロ減り、勝負になるので、前回のような無茶?なレース振りはないのでは?と思っています。いずれにしてもここはスマハマは今までのローテーションではないハードスケジュールで出走してくることを考えれば勝負をかけてくる可能性が高いと考えています。

要はスマハマが馬券、というか悪くても賞金を加算する2着以内に入るか、それとも馬群に沈むのか、どちらか?というのが個人的な見解です。
あとは今回は注目になり比較的人気しそうなヴェンジェンスにも注目と思います。個人的な理由は昨年の超ハイレベルと感じた天保山Sの勝ち馬であり、そこからこの活躍が始まっていると感じています。ただ枠順と、今回は今までのようなノーマークの馬ではなくなる可能性もありスムーズに実力を発揮できるか?がポイントと思っています。他の陣営から見たらこの馬が実力を出し切れば困るのでは?と考えています。

比較的穴では個人的に考えている京都⇔函館の条件にあてはまるモズアトラクション、アングライフェンにも注目と思います。

大穴?ではあまり大きな根拠はありませんが、ビルジキール、マイネルクラースにも注意と思っています。

現段階で一番注目しているのはモズアトラクションで、人気ではスマハマの取捨です。

◆門司S
ここはコース適性はイマイチで、特に先行有利な道悪ではどうかと思いますがクリノフウジンが再度出走予定です。嵌ったときの地力はかなりあると思いますが、少なくとも年齢的にここから数走のうちに馬券に絡んでくるのでは?と思っています。

◆若竹賞
このレースにはマイネルデステリョ、レッドライデンが再度出走してきます。
この2頭は再三このブログでも記載していますが10月15日の東京芝2000の新場戦の出走馬です。
このレースの出走馬は当分追いかけてみたいと考えています。
参考
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53337313.html

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月24日(金)AM8時30分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

↑このページのトップヘ