競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

ロジャーバローズ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
やっと予想期間も大詰めになりダービー当日の前夜です。

土曜日・與杼特別で5着のタマモメイトウカトレアは直線、詳細な事情は不明ですが追い出しが遅れ届きませんでしたが、少し違和感を感じました。次走も狙いたいと思っています。富嶽賞で4着のクリノフウジンはゴール前で大きく失速したのにゴール後にかなり余力を感じました。こちらも次走は注意と思います。葵Sで2着のアスターペガサスは函館2歳Sの勝ち馬でした。馬の地力もさることながら函館⇔京都の法則はここも無関係ではないと思いました。

◆日本ダービー
土曜日の東京6Rと日曜日の青嵐賞はダービーと同じコースですが、そこでレーン騎手と浜中騎手が両レースとも騎乗してきました。どちらもダービーで角居厩舎の馬に騎乗します。またレースビデオが何回も放映されていますが個人的な印象ですが、青葉賞のゴール前でランフォは2着を確保できればいい、というふうに感じてしまいました。本番でどうかはともかく、出走権も賞金加算も確保できるので、もし本当にそうであれば本番はかなり注意が必要と思いました。

今回は逃げ先行の兼ね合いでリオンリオンが大逃げをするかどうかというのもポイントかもしれません。離れた先団の馬は脚を使わされる可能性があると思ったからです。メンバー的に超スローは考えにくいので、大逃げの場合も想定して若干だけ押さえたいと考えています。

・通常のパターンの場合
◎サートゥルナーリア
○ランフォザローゼス
まだ先を見ている可能性もありますが、ここまでのレース振りを見ると相当な潜在能力がありそうです。特にここまでは不発なのでまだ余力がありそうです。(理由は前述のとおり)
▲ヴェロックス
距離は長いほうがよさそうに見えましたが、切れ負けの可能性も。
★レッドジェニアル
未知数ですがその分可能性の問題で。(新規で)
△ダノンキングリー
馬主さんや騎手は悲願と思います。
△ロジャーバローズ
渋太そうで角居厩舎の戦略的にもレースの鍵を握りそうです。
△タガノディアマンテ
皐月賞の脚は京都新聞杯の凡走で人気の盲点になっている感じです。個人的には距離が大丈夫であればレース振りはむしろ次走好走するパターンと考えました。ただ外枠がどうか。
注ナイママ
ここまで使いながら調子はむしろ上がっている感じで不気味です。距離も大丈夫そうですが外枠が・・

・大逃げの場合
リオンリオンの残り目にも注意と思います。押さえる必要ありと感じます。サートゥル、ランフォ、ロジャーからワイドを押さえます。

◆目黒記念
ほぼ展望どおりで内容や理由も同様です。(ウインを割り引きました)
◎ルックトゥワイス
ハンデ魅力
穴○チェスナットコート
賞金加算
穴▲アドマイヤエイカン
中止後ですが本来ここが目標とみましたので、ある意味予定通りと考えます
△ムイトオブリガード
地力で
△ブラストワンピース
問題は斤量
△ウインテンダネス
休み明けで若干割引
馬券は◎○▲のワイドボックスと穴○▲から△にワイド

◆安土城S
ツーエムマイスター、トウショウピスト

◆白百合S
グラディーヴァ、レッドアネモス、ヒーリングマインド、モズベッロ

◆東大路S
ビッグスモーキー、メイショウの3頭出し

◆御池特別
メイショウシャチ、アーヒラ、タガノカレン、近走は芝のレース経験が少なく未知数な部分もありますがギンゴー

◆京都8R
フィルムフランセ
タガノリアン、タガノアニードの2頭出しとスズカモナミ、スズカフェスタの2頭出し

◆京都7R
ブルベアジネンジョ、ブルベアジュラフの森中氏2頭出し

ちなみに日曜日の重賞でオッズに違和感を感じた馬はダービーは殆ど感じませんでしたが強いていえばナイママとメイショウテンゲンと共同で参考外かもしれませんがレッドジェニアルでした。さらに強いていえばエメラルファイトも若干感じました。目黒記念もあまり大きな違和感を感じる馬はいませんでしたが、強いていえばムイトオブリガードとこれも共同で参考外かもしれませんがパリンジェネシスでした。理由や結果は不明ですのでご承知おきください。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月26日(日)AM1時35分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
◆日本ダービー
ついにダービーの枠順が発表になりました。
残念ながらダノンチェイサーが回避しました。

・厩舎関係
先日の記載の中で調教師の部分が一部誤記があり50歳以上のつもりが53と書いてしまいました。ただ同様の条件の方が多く、強いていえば鮫島厩舎、相沢厩舎、萩原厩舎、池添兼厩舎が60歳以上、年齢では基準は満たしていませんがG1常連でそろそろ、と思っていそうなのは須貝厩舎なども注意が必要と思います。

・角居厩舎(特に)
あとダービーは優勝経験はありますが廃業が近づく角居厩舎の2頭出しが注目と思います。さらに角居厩舎は凱旋門賞にダービー出走馬2頭を含む3頭を登録しています。ここでも有力なサートゥルナーリアはここを勝てば秋は3冠挑戦になるわけですが、その場合どうするのか?贅沢な選択を迫られる可能性もあります。
いずれにしてもきっと長年の夢であり、調教師にとって最後に近いチャンスかもしれない凱旋門賞はなど海外の大レースは3歳で出走すると斤量が大幅に有利になるので、来年より今年のほうが現実的な気がしますが・・。

現実的かどうかはともかく仮に両頭とも凱旋門賞にいく場合は、キセキとサートゥルナーリアの2枚看板が本命で今回も出走のロジャーバローズはペースメーカー的な役割になるのでしょうか?ということであれば細かい選考の詳細は不明ですが、重賞勝利すらないロジャーは今回は真剣勝負ということになる可能性はますます高まります。3頭出走がかなえば今までは日本馬では見れなかったレースの組み立て戦略が可能になってきます。

昔読んだ本で父親が根室競馬の関係者でオールドファンにはなつかしい、サイン競馬で名高い高本公夫氏が競馬は3頭協力すれば、実力が足りなくても勝つ可能性が十分でてくる、とある本に書いていたのをおぼえています。(初期はもっと人為的な興行としての競馬研究でならしていました・・)
特に先行馬、強力な先行馬、強力な差し馬が3頭というのは、自陣でレースを作れる最良の形ではないか?と個人的に考えています。相手はマークやペース配分が難しくなるからと感じています。

とすれば今回は2頭ですが、1枠1番に入ったロジャーはスタートの失敗がなければ、ここでも強力なサートゥルの存在があり相手陣営にとってはかなり面倒な存在になる可能性があります。そのまま上位に残る可能性も十分と考えます。しかも最近は逃げたり先行すると人気の大小にかかわらず馬券に絡むのをよく見る浜中騎手です。油断は禁物と思います。
もちろん逃げ馬のリオンとの兼ね合いもありますが、競らなければいいわけで、ゲートが開いてすんなり出れるかが大きな鍵になりそうです。ちなみに馬主さんの意向もあるので詳細な事情は当然不明ですし、その辺は想像の域は出ませんが、玉砕的な逃げはしない可能性十分と個人的に考えています。

・騎手の動向から
あと気になっているのは福永騎手が一週前追い切りで再度上京したランフォザローゼスです。地力、厩舎も含め、実力を出し切りだけで上位の可能性十分と思います。藤沢和厩舎はすでにダービーは勝っていて、狙いは海外のレースの可能性が高いと思いますが、その分気楽なうえ、先々のためにも今回は本番でもありそろそろ一発ある可能性もあると考えています。

他ある程度勝負になりそうな騎手ででダービーに合わせてを騎乗を絞り込んでいると感じたのは、浜中騎手、石川騎手、池添騎手(目黒記念のブラストワンピースが本命かもしれませんが、今後乗り替わりの話もあるので・・)、酒井騎手、川田騎手あたりと思いました。

現段階では、また一部変わりまして3強のほかで穴では、
ランフォザローゼス、ロジャーバローズ、アドマイヤジャスタ、クラージュゲリエ、サトノルークス、ナイママあたりです。
5月24日AM9時20分追記
直前追い切り映像を見たら騎乗の田辺騎手が追い切りのために栗東に遠征した現段階でのタガノディアマンテも穴候補に入れたいと思います。


明日は前売りが始まります。直前の追い切りも実は仕事関係があり見ていないのでまた金曜日の夜まで予想を楽しみたいと思います。

◆他レース
目黒記念はマイネルヴンシュが回避で先日の展望とおりウインテンダネス、ルックトゥワイス、ポポカテペトル、チェスナットコートに加え本来レース中止でしたが、本来当時からここが目標の可能性が高いと思っていたアドマイヤエイカンがメトロポリタンS同様に近走のレースぶりから注目と思っています。

また安土城Sも展望どおり出走してきたツーエムマイスターに注意と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月23日(日)23時58分くらいです。

↑このページのトップヘ