競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

小倉大賞典

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
土曜日は相変わらず京都牝馬S以外は不発でした。コメントはともかく予想はあまり参考にされないほうがいいかもしれません。
◆フェブラリーS
アップ直後に印からサンライズソアをはずし、ユラノトに変更しました。(AM3時45分ころ)
ここに照準を合わせた常連の強豪馬と新興勢力の戦いと思いますが、芝スタートや最初の微妙な緩いカーブなど一筋縄でないコースという認識です。展開とスタート直後のポジション取りに左右されやすい内枠の馬は場合によっては有利にも不利にもなる可能性があるという認識です。ちなみにオメガは地力は十分で有力と思いますが今回はG1奪取後の休み明けで距離も今までと違うので、軽視してしまいました。きたらごめんなさい。(常識的には印を回さざるを得ない対象ですが・・)
◎サンライズノヴァ
展望通り印上は本命にしますが、頭というよりは馬券の軸にという考え方です。特に前走に関係なく東京のダート1600は注意の馬と思っています。今年はここを狙っての参戦という感じがします。
○インティ
体内時計は随一の武豊騎手が逃げ馬、それもかなりの実力の馬に乗るという舞台で、例年逃げつぶれる先行馬の出方も変わるはずで少なくとも馬券圏内に残る可能性はかなり高いと考えます。
▲コパノキッキング
普通初G1の騎手は仮に馬が強くても難しいと思いますが、今回はコパの有力馬にJRA史上初の女性騎手という組み合わせです。地力の底も見せていないので相手もマークが難しく上位の可能性十分と思います。
★ゴールドドリーム
さすがに押さえで
△ユラノト
安定性もあり、相手なりに走れそうです。
△モーニン
過去の勝ち馬でもあり、地力もあるのに人気もなく妙に気になります。人気の盲点になっているのでは?と思い増す。もうひとつの理由はフリーMに記載しました。
△サクセスエナジー
意外にハンデ評価も高く地味ですが、大きなレースで穴が出る時はよほどのハイペースでの極端な追い込み競馬以外は、ほとんどは逃げ、先行残りです。過去もこのレースは先行勢の多くはつぶれている経緯があり、並みの逃げ馬では難しい、という認識ができつつあると思っています。でも並みの実力の馬が実際に穴を出すときは多くは逆に逃げ残りのケースが多いと考えています。特にインティの参戦でいつもと違う感じになりそうなうえ、マークもきつくならなそうなので要注意と思います。また下記記載のノボバカラ同様追い切りの動きがキビキビしているように映りました。(専門家ではないので難しいことは輪まりませんが・・・)

※超大穴(印と別に個人的趣味で複少々)
ノボバカラ
いつも人気薄なので頻繁に買っていますが、文章が変ですが、今回は特に少しだけ注意と思っています。
本来東京ダート1600は好績があり、左回りの緩いコーナーのコースは要注意と思います。追いきりの動きはぶれていましたが脚の切れがあるように見え、秋からここまで連続で使ってきて外人騎手が連続騎乗で、頭は難しそうですが間隙を突いて上位に残る可能性はあると考えます。この馬も連続ですが、過去このレースを勝って馬もいる馬主さんというのも不気味です。ただ過去も出走チャンスは地力などは度外視して出走させるという感もあり、この不人気は当然と思いますが、今年は本当に強い馬が不出走のうえ、どの馬も抜けた感がなく、団子になったり、先行馬残りで直線で大きく後続の追い込み馬を離した時などは少々注意が必要と思います。複勝(複勝で十分・・)を少々程度。
(詳細な事情は知りませんが年齢的に引退の可能性もあるのでそこは注意と思いますが・・)

◆小倉大賞典
ここは逃げ、先行馬がそろいましたが、個人的なイメージですが最初のコーナー付近までで内枠の好位のポジションが取れた馬が好走するのでは?と思っています。展望どおりマルターズアポジー、賞金加算がしたく川田騎手が遠征で騎乗のタニノフランケルあたりに注目です。エアアンセムも関西に活動基盤を移しつつある吉田隼人騎手が栗東で追いきりに騎乗するなど注意が必要と思います。他ではいまだ重賞制覇できず直線が平坦なコースしか好走暦がないマイスタイルあたりにも注意です。

穴では先行勢がつぶれたときに出番がありそうなエテルナミノルに注意と思っています。特に3走前の中日新聞杯の4角から直線に入る付近のレースの様子から、そのレース後も連続して使っていることを考えれば、数走以内に勝負をかけてくるのでは?と思っています。

◆大和S
昨年の勝ち馬ナンチンノンの逃げ残りに注意と思います。もうひとつの理由はフリーMに。

◆日田特別
サンデーR、ビッグレッド、ノルマンディがともに3頭出しでそのあたりの勝負になりそうですが、特にノルマンディ関係のブリリアントリリーとビレッジソングに注意と思います。もうひとつの理由はフリーMに。

◆紫川特別
メイショウシャチ

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在2月17日(日)AM3時38分くらいです。

ブログネタ
競馬◎予想 に参加中!
◆小倉大賞典
比較的メンバーが揃いました。ハンデ差でもわかりますが、人気ほどは実力に差はなくしかも小回り平坦で、騎手やローテーション、入厩方法、コース適性などで勝負気配を読んでみたいと思います。
◎マヤノライジン
ローカルの重賞、1800と好条件が揃い、ここは勝負か?
◯エイシンドーバー
得意の小倉、調子もよく、蛯名騎手がわざわざ遠征。人気ですが上位に来る確率はかなり高いと思います。
▲マルカシェンク
主戦福永騎手が騎乗、追い切りも騎乗。そろそろ来ないと、こちらも上位に来る確率はかなりと思いますが、後ろから行った場合届かない危険も。
△スズノマーチ
内枠で先行出来、事前入厩とかなり勝負気配を感じます。最近は実績はありませんがこのレースは要注意です。
△ワンモアチャッター
前走は道悪と、展開の問題で、ペリエに変わった今回は注意です。
△ペールギュント
力は足りているうえ、コースも大丈夫で、上位にくる可能性充分。
注マヤノグレイシー
小倉は超相性がよく、マヤノ2頭出しで突っ込んでくる可能性有り、穴で押さえたい。

◆白富士S
すんなり逃げられればニシノデューに注意です。あとルーベンスメモリー。相手は人気ですが、メイショウオウテ、ネウ゛ァブション。

◆東京2R
穴でニシノマンゲキョウ。

◆東京3R
穴でダイワグリーズ、サドラーズボーイ

◆東京4R
穴でトウショウデューク、シェンケイベイク

◆立春賞
穴でアミュレットに注目、相手はアサクサゼットキでワイド。

◆東京12R
穴でバンドマスター、他はオースミダンスイン、イエス、エプソムボスあたり。

◆京都8R
ファイブアロー

◆山城S
タケカワルキューレ、マルブツブリザード、シルク2頭、超大穴でケイエスアイの複勝

◆京都12R
スイフトバイオ、メルボルンシチー、グローバルボンバー、アグネスレプトン、ワイドボックスで。

◆小倉8R
ベルモントアーサー

◆小倉9R
ボトムフィッシャー

↑このページのトップヘ