競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

2007年01月

ブログネタ
競馬◎予想 に参加中!
金杯は惨敗でした。ただ他が当たってトータルでは1000円プラス。8200円になりました。
と意気込んでいたら、風邪をひいたみたいで熱が・・。思考するのが面倒で、こんな日はやらなければいいのですが・・。新聞を買ってしまったらやるしかない、ということで新年第二日へ。

◆ガーネットS
59キロのハンデの馬が3頭という近来まれに見るレースになりました。特に重賞未勝利のジョイフルハートがなんと59キロを背負うことに。JRAの優秀なハンデキャッパーの腕の見せどころです。
ということで、これでジョイフルハートが惨敗したらハンデキャッパーの面目まるつぶれとなり、まず上位にくると読みました。この馬自身も使い込めないタイプで、さらに賞金加算が必要なので勝負と考えます。

あと、フォーティナイナー産駒のダイワパッション、ダート底を見せていないスピード馬のダイワメンフィスのダイワ2頭。エイシンボーダン、ハンデ戦で強い馬が不利になる今回中山1200大得意のニシノコンサフォスあたりにいきたいところです。アグネスはドバイの予定があるそうで今回は?です。もう一頭リミットレスピッドは年末に地方重賞を勝ち、連闘でハンデが増量されても出走してきました。こちらはかなり不気味です。押さえたいところです。

◆万葉S
追い切り入念なチャクラが今回は注意です。ハンデが減り前走一瞬見せ場がありました。あとブリットレーンに注意です。この馬にピッタリの馬場状態かな、思います。あらに2年前の天皇賞を見る限り、直線一瞬見せ場があり馬群に沈んだのですが、3200以上は長過ぎで、2500よりは長い方が良いタイプのように思えます。ハンデも今回52キロ、しかも札幌のように直線平坦のほうが良さそうです。
あとは実力馬トウカイトリック、ファストタテヤマ、長距離100%連対のバイロイトまでと思います。

◆門松S
スターオブニルスに注意で、トシザヘネシー、サトノスローンが相手。

◆京都12R
メイショウウーキーに注目。

◆京都5R
メイショウ3頭出しに注意、あとホーマングラッパに注目、前走一変して、しかも岩田騎手に乗り変わりチャンスです。

あ〜、また風邪がひどくなってきたのでそろそろ寝ます。

ブログネタ
競馬◎予想 に参加中!
いよいよ今年最初のレースが始まります。私は馬を見る目はないのですが今年は鍛えていきたいと思っています。
さて1R、オッズは売り出しからスズノメヒョーが売れていました。前走レベルではヘイラホップ、スズノメヒョー、カオリステラあたり、パドックでも素人判断ですがこの3頭に注目。あと実力馬のエゴールドエンジェル、入れ込んでいたがエターナルフラワー、ここまでかなという感じです。
3-12のワイド、8番、14番の複勝を購入します。

ブログネタ
競馬◎予想 に参加中!
やはり雨模様です。とりあえず売り出し直後のオッズを取ったところまでの注目馬をあげてみました。あとは競馬を見ながら書きたいと思います。
◆中山1R
スズノメヒョー
◆中山2R
クリフバニヤン、サクラハーレー
◆中山3R
スズライトアップ、ウォーターマーク、トゥルーアイズ
◆中山4R
ユーワファントム
◆中山5R
コスモ2頭、チェルシーザベスト、ストロングラリー
◆中山6R
ノーフォークパイン
◆中山7R
キングアーサー、トウショウアタック、テンガロンハット
◆中山8R
チョウカイミッキー、ケイアイカールトン、エンゲルジーク
◆中山9R
マンハッタンバー、エーシンピーシー、マイネルオアシス、トーセンクラウン
◆中山10R
デイフラッシュ、ジュレップ、メガトレンド
◆中山12R
プリンセスドルチェ、セイングレント、エイワジョリー、グランフィナーレ、マイネシャーナ
◆京都7R
ロックリバー
◆京都10R
マルカジーク、ポイントセブン、ヒシフェアレディ

ブログネタ
競馬◎予想 に参加中!
いよいよ、2007年スタート!今年のPATの残高は7000円。これがどこまで増えるか?明日無くなったりして・・。と、まあ頑張っていきたいと思います。競馬をやりながらまた書きたいと思います。

とにかく天気が心配です。馬場状態はいずれもかなり悪くなりそうです。

◆中山金杯
京都に比べ手薄なメンバーになりました。サンデーRが3頭出し。社台が2頭出し。ハンデ戦でしかも一長一短で、馬場が悪化すればどの馬にもチャンスがありそうです。追い切りを見た限りイースターがかなり好調そうに見えました。前哨戦では中日新聞杯、鳴尾記念組がやや優勢に感じられます。
賞金を加算したいのはワンモアチャッター、マヤノライジンあたり。はっきり言って難解そうで、しかもメンバーにも妙味が無くあまり沢山手を出したくないところです。
◎イースター
ここは、勢いに乗って、もう一丁!という感じですが、全幅の信頼はおけません。
◯フォルテベリーニ
重の福島記念でうまく立ち回り、相性のいい中舘騎手とのコンビで注意。
▲マヤノライジン
ここは出走する以上は賞金を加算したいところ。
△シェイクマイハート
平坦の常連に見えるが、中山3勝。サンデーの3頭出し、ここ5戦オープン特別は前走だけえあとは重賞のローテーションも好感。時計がかかりそうな明日はチャンス。
△ダンツジャッジ
他力本願だが、外人騎手騎乗と道悪は鬼で注意。経済コースを回れれば。
△シャドウゲイト
すんなり先行すると意外に渋太く相手なりに走る。この馬も明日の馬場を考えると注意。
注トウショウシロッコ
人気になりそうでいやだが得意のコース。ここは押さえたい。
注ワンモアチャッター
これも押さえ

◆京都金杯
中山と違いG3とは思えないメンバーが揃いました。スワンS、マイルC、阪神Cの再戦っぽいですが、雨とハンデ戦に注意です。
◎キンシャサノキセキ
阪神C除外で栗東に入厩してまた美浦に帰りまた輸送で出走。実力はご存知の通り、距離、コースも適性あり、そして何よりも安藤騎手にどうしても騎乗したいと思わせた能力に期待です。賞金的にも今後を考えるとどうしても加算したいはずで、4歳馬になりたてのハンデ戦であればまだ斤量面も多少有利でここは勝負のはず。
◯ペールギュント
このメンバーでは今一歩に見えるが、京都のマイルはベストでこの中間は追い切りが入念で騎乗騎手での追い切りも多数有り注目です。
▲フサイチリシャール
先行出来、やっと復調した感じでここは勢いもあり57キロくらいであれば、G1を狙う馬であれば好走出来そう。
△グレイトジャーニー
嵌るかどうかだが力は足りて、京都のマイルは得意。馬場状態にも寄るが決手があり注意。
△マイネルスケルツィ
惜しいレースが続き、またしつこく使ってきたということはこのまま帰れない状況か?
△コスモシンドラー
道悪はあまり苦にしなく、相手関係からも55キロであれば上位に突っ込んで来る可能性十分。
△スズカフェニックス
決めて鋭く相当強くなりそうな素材。ただ馬場状態、ジョッキーの点で多少割り引き。嵌れば逆転も。
注サクラメガワンダー
実力はあるが、距離がどうか?勝っても不思議は無いが・・。56キロであれば本命でもと思ったのですが。
注マルカシェンク
さらに押さえ。
と、こちらは頭数をここまで絞るのが大変でした。

このあと他のレースの分析も掲載したいと思います。

ブログネタ
競馬◎予想 に参加中!
ca582599.jpgそして、写真の馬券が2枚目です。

ちょうどこの日は仕事の挨拶回りが港区と横浜にあり、しかも午後の時間が空いてるというおあつらえ向きの状態でした。喫茶店に入るより、『よし!大賞典の馬券でも買うか』と大井競馬場に寄ることにしました。私は最近(かれこれ10年以上)は地方競馬は全く買わないのですが例年、年末のこの時期だけは買うことがあります。それは中央競馬がちょうどない時期というのもありますが、一番大きな理由は南関東の電話投票の口座をもっていて今はどうかわかりませんが、以前は年に一回は投票をしないと権利が無くなってしまう、と記憶していたからです。

地方の馬や賞金加算のルールはよくわからないのですが、東京大賞典だけは中央のダートの一線級が出走するので結構楽しめるからです。

京急の立会川で降りて、大井競馬場に到着しました。相当久しぶりです。この日は北風ピープーで肌が凍りそうな寒さでした。

大井競馬場は大混雑、昔の普通の開催では考えられないほどの人出です。そして何よりも昔からは考えられないくらいカップルや女性のお客さんがたくさんいました。ステージでは阿部幸太郎さん(穴のアベコー)がゲストで寒さの中解説をしていました。遠目にアベコーさんの本命はブルーコンコルドのようでした。なるほど新聞の調教欄をみるとJCDの後短期間なのに念入りな調教を積んでいます。普通1ヶ月の中間だと時計を出す調教は3〜4回程度が限度ですがこの馬だけ7〜8回は追い切りをかけていました。でもそこそこ人気だしほかの穴馬を探そうと思い、私は人気薄激走馬のクーリンガーから狙うことにしました。依然このレースでも突っ込んできて穴の片棒を担いだ記憶があります。

相手は人気、実力トップの3頭、アジュディ、シーキング、ハードクリスタルに絞りました。そしてこのような馬券になったわけです。

そして馬券だけ買い、次の仕事に向かいました。

夜、行きつけのお店により、友人に結果を聞くと。『えっ〜〜〜!』
な・な・なんと勝ったのはあのアベコー推薦のブルーコンコルド、そしてわがクーリンガーが2着に来ていたのです。『ひえ〜〜っ』
来年がまた思いやられます。馬券は難しい・・・。

もう三日後には金杯です。登録が多く出走馬が確定出来ないのでこれから予想ですが、気を取り直して頑張りたいと思います。

ブログネタ
競馬◎予想 に参加中!
8b7a97a4.jpg新年おめでとうございます。今年も頑張ります。

年末年始も相変わらず、穴狙いは不発続き。今年こそは、と思っていますが・・。

有馬記念は、3歳馬3頭と北海道活躍年の流れでコスモバルクにかけて、ディープからその辺に買ってみましたが全く見当はずれ。そういえば有馬の前週に普段馬券を買わない妻が、『きっと有馬はディープとペリエで決まるから私も買ってみようかな・・』と言ったので、『そうだね、それで一点で買ってみようか』などと話していました。

ところが、ペリエはポップロックに乗ることになり、しかも馬は海外帰り、さらに同廐のデルタに負けての出走、そして追い切りも軽めで帳尻合わせの出走か、などと思ってしまいました。そして直前に妻に『ペリエは難しいんじゃないの』などと余計な事を言って、結局妻は馬券をダイワメジャーのいる4枠に注目して枠連3-4に変更。私は前述のような馬券を買いました。

レースが終わって、『あんたが余計な事言うから外れちゃったじゃないの!!』とおこられる始末。

と、まあ散々でしたが、ディープインパクトが本気も出さずに楽勝して引退をかざり、競馬ファンとしてはよかったと思いました。やっぱりなんだかんだ言っても本当に強い馬でした。穴狙いの私も何とか難癖をつけて外そうとしましたが、みごとにそれを覆させられました。他の名馬と言われる馬は過去もかなりいましたが、この馬は破格の強さですね。

年末はさらにもう一つのイベント『東京大賞典』がありました。写真は私が買った馬券です。2枚あるので2回に分けて掲載します。

↑このページのトップヘ