競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

2018年09月

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
かなり遅れました。
いずれにしても今週は簡単に、の予定なので。

◆新潟記念
◎ショウナンバッハ
迷いましたが今回は強い馬は休み明け、時計のかかる馬場、ハンデ戦(1キロ減量)、穴人気にもならなかった、多頭数ではないなど個人的には好走の条件はそろっていると思っています。
○マイネルハニー
▲ブラストワンピース
★メドウラーク
今回は間違いなくメイチのはずで、3着まで突っ込んでくる可能性も十分と考えます。
△エンジニア
△マイネルミラノ
△グリュイエール

◆小倉2歳S
◎チュウワフライヤー
今回勝つかどうかですが、素質高そう
○ルチアーナミノル
スムーズなら止まらなそう
▲シングルアップ
★アーデントリー
△ファンタジスト
△セプタリアン

◆丹頂S
ブレスジャーニー、リッジマン、ルミナスウォリアー、ハートレーに注目です。大穴でトウシンモンステラに注意です。

◆ミルファーム関係
土曜日最終もすでに2着になりましたが、日曜日も飯豊特別でハンデ戦で2頭出し、12Rで直1000で4頭出しと、狙っている条件にかなり有力な馬を多頭出しです。少なくともどちらかのレースで馬券に絡んできそうです。
・飯豊特別
人気のビリーバーが有力ですが、ブロワも斤量的に注意と思います。
・新潟12R
人気のOスペックより個人的には人気薄の3頭ユッセ、パッセ、シェヴェルニーを狙いたいと思っています。10Rが不発の場合は特に注意です。

◆札幌9R
穴でバケットリストに注意です。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在9月2日(日)AM11時15分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
今週は予算の関係もあり簡単に。

ただ競馬界は、事情通でない私にも少し違和感を覚えることが数点。
ひとつは今週の重賞で土曜日の札幌・デムーロ騎手以外は外国人の重賞騎乗はありません。

モレイラ騎手の騎手免許受験問題、藤田菜七子騎手今後の広告塔としての売り出し?、JRAぐるみでの武豊騎手4000勝キャンペーン・・など全く無関係なのでしょうか?

根拠はないのでこれ以上はやめておきますが、今週は若干違和感を感じています。

そういえば札幌WASJ4戦でのモレイラ騎手の騎乗はすごいと感じました。人気薄の馬で途中で馬群をぬって進出し、勝つためにはこれ以上ないという騎乗だったと思います。馬に地力がなく4角で沈みましたが、勝たないと逆転できない状況だったので、常識的にはまず難しい馬でも騎乗で出来るかぎりカバーしようというしたたかさを感じました。

たしかに来日したら、なれると勝率5割などというのも夢ではないかもしれません。

◆札幌2歳S
調教師が稽古をつけ1枠に入ったクラージュゲリエは人気でも注目です。あとは新潟騎乗が続く中わざわざ追い切りから札幌に駆けつけレースに騎乗してまた日曜日に新潟にもどる石川騎手のエメラルファイト、岩田騎手が騎乗のアフランシール、他では先週は通常の北海道から新潟に移動、その間に美浦で追い切りに騎乗、今週また1日だけ札幌で騎乗、さらに日曜日再び新潟にもどる池添騎手のラブミーファインには注目です。もちろん今週有力なのは日曜の新潟のブラストワンピースと思いますが、これだけ行ったり来たりを繰り返しているので他の重賞など大きなレースでもでも一発ありそうだと思っています。馬もデビューは1800で勝っていて、短距離も対応したことを考えるとかなり能力は高そうです。あとは動きがよく見えたニシノデイジーあたりに注意と思っています。

◆北九州短距離S
人気ですがエントリーチケットに注目です。あと穴では小倉は走るいつも狙っているトシザキミがハンデ戦なので一発あればと期待です。

◆新潟8R
前走太宰騎手で穴をあけたタツオウカランプの再度の一発に期待です。この馬事実上左回りしか良積がなく、展開の注文がつきますが注意です。

土曜日分はまた気付いたことがあればアップするかもしれませんが、こんなもんで。

◆日曜日重賞展望
・新潟記念
七夕賞であっ、といわせたメドウラークですが今回5着以内に入ればサマーチャンピオンになれます。他の馬はすべて資格を失っているのでここで使ってきたということは当然狙ってくると考えます。中央場所が始まれば平場オープン以外は難しそうな馬なのでなおさらです。さらに都合がいいことは個々のところの雨で馬場がかなり荒れてきたことです。5着以内なので争奪戦でもありませんし、馬券にも関係ありませんが、複勝の可能性は十分と考えます。ハンデ戦で外人騎手不在と条件はそろっています。

池添騎手は先週美浦に出向いて稽古をつけた一番の目的はやはりブラストワンピースだったようです。先日のインタビューで秋は必ずG1を取ると断言していましたが、この馬が最有力と思います。ただこのレースは本場に2ヶ月あまりあり、ローテーション重視での出走という可能性もあります。でもハンデは54キロということで実力評価の割りに実績がないので斤量的にも有利と感じました。勝てなくても悪くても馬券に絡みそうだと考えています。

いつも繰り返していますが私は事情通ではないので詳細な事情は全くわかりませんが、ショウナンバッハは1回叩いてサマーシリーズを無視?してじっくり間隔をあけて今回使ってきました。もしかしたら次走が比較的得意の中山であればそちらが一番の目標かもしれませんし、夏場がどうかはわかりませんが時計のかかる馬場は歓迎で今回ハンデが53キロです。今回は人気もなく、内枠に入り経済コースを進めれば注意が必要と思います。

他では多少馬場が悪化、もしくは荒れている前提で考え、エンジニア、マイネルハニー、マイネルミラノに注意と考えています。

・小倉2歳S
小倉も天候が悪化して道悪になる可能性が出てきました。動きだけを見ると今回どうかわかりませんが、フェニックス賞の上位馬チュウワフライヤー、勝ったシングルアップ、あとアーデントリーに注意と思っています。あとはあまり大きな根拠はありませんが走法も含めルチアーナミノルに注意と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在9月1日(土)AM4時07分くらいです。

↑このページのトップヘ