さて、ダービー第2弾ですが、力関係についてです。レースでは一番重要なことです。特に今年は抜けたのが1頭います。ご存知の通り、ディープインパクトです。後ろ向きに走っても・・・なんて話が飛び出すくらいですが、全くその通りだと思います。個人的には穴狙いを通したいので、高配当しか買わないつもりですが、冷静に考えると、もう考える必要はないのかな、とさえ思ってしまいます。それから全体的なことに話を移しますが、レベル的には、一昨日の通り、弥生賞出走馬が皐月賞の上位を独占、その次くらいを若葉S出走馬が占めた感じです。ですから現状は誰でも想像はつきますが、弥生賞、皐月賞連覇のディープインパクトが抜けているのは、言うまでもなく、弥生賞、若葉S組が上位を占めた、青葉賞、京都新聞杯で、それらの馬に完勝した、ダンツキッチョウ、インティライミも相当な実力であると想像出来ます。さらにこの2頭はディープインパクトと対戦していませんので、どれくらい戦えるか楽しみですね。先に出した、万全な準備と勝負気配も考え合わせ、この馬に対抗出来そうな馬を何頭かに絞り込んでみたいと思います。
あと中京の金鯱賞ですが、タップダンスシチーが出るみたいですが、頭数もレベルもはっきり別れている感じですね。ただ中京は特殊なコースと私は思っていて、下級条件の馬が度々好走したのを過去も見てきました。ダービーと同じように、背景にあるもの考えながら、考えていきたいと思います。今日はこの辺で。