先週は個人的な成績は、昨日書きましたが、今日はレースの検証と今週の展望について書きたいと思います。

■検証
☆新潟記念
3コーナーから、4コーナー、そして直線半ばまでが非常に厳しい展開になりました。先行した馬、ここで足を使った馬は皆崩れたのですが、一頭だけ次走要注意の馬がいました。それはチャクラです。勝ち馬と並んだ位置取りから先に仕掛け、四角で先頭に並び掛け直線は失速したのですが、明らかに次走を意識した乗り方だった様に思えました。距離が伸び、斤量次第では、人気の無い次走は狙い目ですね。

☆8/27新潟7R未勝利戦
メイデンヨシムネ
向こう正面から捲り気味に追い上げ、直線失速で10着だが、勝ち馬とは0.7秒差。次走は勝負か。

☆8/27新潟10R佐渡金銀山特別
スプレッドスマイル
スピード断然のシーキングザベストとマッチレースになり競り勝つ。能力は抜けている。オープンでも通用するタイム。2着馬の次走も注目だが、この馬自身も次走は人気になるが注目。

☆8/27札幌8R500万下
ラブリイマーチャン
もともと札幌に良績がある馬だが、このレースでは三角手前から仕掛け、最後失速で12着。スローペースを最後方にいて、しかも外を回り距離ロスも大きく、次走を札幌でしかも若干馬場が悪化し減量騎手でも使ってきたら要注意、次走も間違いなく人気薄だと思います。

■今週の展望
今週は夏競馬も終盤、ポイントは新潟、小倉で勝負をかける馬と、夏負けを避けリフレッシュした馬を見抜けるかどうかですね。間違ってもバテバテ馬や、中山、阪神の叩き台レースの馬を買わないことですね。新潟、小倉の2歳ステークスがありますが、基本的に抜けた馬がいない限り、検討が難しく、あまり手を出したくないですね。強いて言えば新潟のほうで、3頭登録してきた西山牧場の馬に注目しています。特に人気になるとは思いますが、ニシノフジムスメに注意ですね。タイムや上がりは平凡ですが、ハイペースの先団につけ、馬場の悪い内を抜け出し、2着に0.7秒差をつけたということはかなりの地力と見ました。次走はどうか解りませんが、いずれどこかで一発ありそうですね。

☆越後S
前回の柴田善の52キロは惨敗でしたが、今日ハンデが発表になり、登録してきたリンガスローレルもバロンカラノテガミもともに52キロ、柴田善騎手はどちらに乗るか解りませんが、いずれに乗るときも減量が必要です。今回は抜けた馬がいなく、おまけにハンデ戦です。しかも両馬とも左回りは得意です。当然、トウショウギア、ビッグフリートははずせませんが、このどちらかの馬に柴田善騎手が乗ってきたらかなり勝負気配は強いはずですから狙ってみたいと思います。

☆エルムS
59キロのパーソナルラッシュをどう見るか、ですね。基本的には秋に照準を合わせている様な気がします。要注意は今回は人気を落としそうなジンクライシスですね。脚質が札幌コースにピッタリの様な駒がします。あと軽量のモエレアドミラルは今回は注意ですね。あとは堅実なカイトヒルウィンド、ドンクールあたり、それからもし出走したらですが、マチカネメニモミヨは注意ですね。ここまで連続で使ってくるということは何か狙いがあってのことだと思います。もとからダートを勝ってオープン入りした馬ですし、直線で叩き合いになったら負けない力はあると思います。

と今日はとりあえずこんな所です。

人気blogランキングへ一票お願いします。