ブログネタ
競馬◎予想 に参加中!
2歳馬のレースはビデオで詳しく分析していこうと思います。まずはG1を見て、感想を述べたいと思います。

■ジャパンカップダート
カネヒキリの強さが際立っていたようにも見えますが、実は惜しい2着のシーキングザダイヤの強さにも舌を巻きました。前半100〜700まですべて11秒台のラップで、前に行った馬で残ったのはこの馬だけ。しかもあわやという内容、というより殆ど勝っていた内容です。この馬短距離でも十分強く、さらにこの距離でもこれだけのスピードを維持できるということは、本格化した今、オールラウンダーとしての活躍が期待できます。

他では、サカラート、タイムパラドックス、ユートピアあたりもこの2頭に追随する勢力として面白そうです。上位の2頭が不出走か叩きレースの時は、狙いたいところです。

■ジャパンカップ
ハーツクライはまたしても2着で、歴代の2着取り馬?と思いがちですが、今回の相手は世界最高に近いレベルで勝ち負けですから逆に強さを証明した形です。ゼンノはもう無理はしてこなくなったかな、と思いました。ただ、あとはもしかしたらもう1回勝負しても?と思いますが。いずれにしても毎回勝負をかけるような荒っぽい使い方はしないと思います。もう十分な種牡馬の価値をもっているはずです。今回も先に抜け出し惜敗ですから、やはり強さと安定味はすごいですね。

他の馬で注目は、やはりリンカーンです。好位につけた馬で、ゼンノを交わす体制の4着ですから、かなりのものだと思います。騎手の腕もあるでしょうが、順調であれば、上位の経験のある有馬でも出走すれば、と思います。もちろん騎手は変りますが・・・。
あと、意外にタップダンス、ヘブンリーロマンスの内容は悪くなかったと思います。

また3歳馬のレベルを計るべく見ていた、アドマイヤジャパンは完敗。やはり現段階ではディープ以外は少しギャップがありそうです。

人気blogランキングへ一票お願いします。