ブログネタ
競馬◎予想 に参加中!
今週は、もしかしたら東京競馬場に行くかもしれませんので、展望を書きたいと思います。出走するかどうかの問題もありますが、現時点での見解です。

◆エプソムカップ
東京4戦4勝のマチカネキララが人気になりますが、やはり中心になると思います。強いて言えば前走のようなハナ、クビ勝負になった時の根性がどうか?というところですが、メンバー的によっぽどのアクシデントが無い限りは、上位に確実にくると見ています。

同じ藤沢和厩舎のスズノマーチも注意です。特にこの藤沢和厩舎2頭は乗り込みが入念で、このレースにかける意気込みはかなりかなと思っています。スズノマーチは前走取り消しで実質休み明けですが、そのせいで人気も無さそうですし、昨年のこのレースの勝ち馬で狙ってきている感もあります。また主戦北村宏騎手はマチカネではなくこちらに騎乗です。ただこの馬、どちらかというと内枠に入った時の方が好走するケースが多く枠順は注意ですね。

ほかでは、左回り、特に東京コース得意の2頭、トップガンジョー、ルーベンスメモリーに注意です。2頭とも前走でオープン特別を叩き、しかも3着と調子も良さそうです。地力もあり、特にルーベンスは陣営も東京開催で勝負をかけるケースが多く、ローテーションもそのように組んでいるそうです。最近かなり力をつけてきていて、穴に一考です。

そのほかでは、実績馬のカナハラドラゴン、グラスボンバー、ダンスインザモアは紐で押さえておきたいところです。

◆CBC賞
今年からG3に格落ち、しかもハンデ戦と馬券的には興味が増す形です。中心はこのコース、距離での好走馬ですが、ハンデがどうかです。あと馬場が少し荒れてきて基本的には外差しが決まる馬場と思われます。

まず注目はギャラントアローです。57.5キロでハンデが微妙に軽くなりチャンスです。しかもこの馬斤量はあまり気にならないタイプです。
またこの馬は時計が少しかかる馬場が理想で、G1で通用しなくなった今最大の勝負所と思います。

57キロのシーイズトウショウですが、ハンデ戦で牝馬の57キロはいかにも不利で、実質実力はトップですが取りこぼしの危険もあり、過信は禁物と見ています。

52キロテイエムチュラサンは逃げ一手で、前走も53であのメンバーで入着できなかったことを考えると、まあ展開に恵まれた時を考え押さえる程度と考えています。ただ逃げ馬なので注意は注意です。

武豊騎手の58キロリミットレスピッドは、力はありますが、見込まれ過ぎという感もあり割引です。むしろ前走オープンを勝って56キロのワイルドシャウトは注意ですね。急激に力を付けており、単まであり得ると思います。あと得意コースに戻るプレシャスカフェは今回は注意です。近走さえませんし、58キロですが、かなりのメンバーがそろった昨年の高松宮記念で3着で、侮れません。調子が戻ればですが。

穴で面白そうなのは、51キロのナゾです。体重ギリギリで佐藤哲騎手が騎乗、コースも得意、時計が少しかかる、平坦コースは理想で、前走も見せ場があり注目です。

あとG1好走のアグネスラズベリに注意、かならず押さえたい一頭です。それから中京好相性で53キロのカネツテンビーも押さえたいところです。

◆エーデルワイスS(6/11東京)
好調柴田善騎手のエフセイコーに注目です。

◆伊勢佐木町特別(6/11東京)
タマモアーチスト、フミノブルースカイに注目。穴では出走すれば、エプソムボス、スターマーケットに注意です。

◆ブリリアントS(6/10東京)
昨年の上位馬で東海S好走のアルファフォーレスが有力、人気でも中心だと思います。特にこの馬は左回りの長距離ダートが得意中の得意。穴では近走冴えませんが52キロのイサオヒート、熊沢騎手が騎乗してきたら特に面白そうです。一昨年の2着馬でこの条件は得意です。

◆なでしこ賞(6/11中京)
前走好タイムのマルブツフジに注意、マッチレースになり3着以下をぶっちぎった前走はスピードを見せつけました。脚抜きがいい馬場かどうかという問題もありますが、準オープン並みのタイムで、その時の競り合いの相手のマチカネミノリも次走で楽勝。ここは注目です。騎乗も武豊騎手がまた乗るようです。除外にならないで欲しいところです。

◆長久手特別(6/11中京)
前走強い競馬をしたワンマンシャチョウ、中京得意で調子も上げてきたプロンタテヤマに注目。ほかではトーワクリスタル、フレアリングベスト、マルイチクエストあたりに注意です。

◆白川郷S(6/10中京)
トーセンブライトの勝機。ほかでは地力あるタイキヴァンベール、グランプリスター、スカーレットベル、テイエムファンキー、テイエムヤマトオーあたりまで。

人気blogランキングへ一票お願いします。