ブログネタ
競馬◎予想 に参加中!
いよいよ、宝塚記念です。今回もディープがダントツ人気で、穴狙いは出番なしとお思いでしょうが、今回はちょっと違和感を感じていることもあり、穴目を探してみたいと思います。

◆宝塚記念
★追い切り
はじけるような追い切りの馬はいませんでした、騎乗騎手が追い切ったのもわずか、ハットトリック、ナリタセンチュリー、カンパニー、シルクフェイマスだけで、特筆はシルクは柴田善騎手が栗東まで追いきりに行きました。これはアドマイヤメインの時と同じです。
★馬主、厩舎
音無厩舎、近藤氏のコンビで2頭出し、カンパニー、リンカーンです。
★ローテーション
これが実際一番大事だと思うのですが、まずディープですが、凱旋門賞のステップとして使うようですが、このレースを勝っても馬の価値は殆ど変わらず、凱旋門がどうなのかが一番問題のはずです。リンカーンはG1が欲しいという大目標から全力のはずです、しかも今がピークに来ている感もあり、秋4連戦、春から3連戦とかなりハード。落ち着いて考えてみれば秋の天皇賞はディープがいないので一番のチャンスのはず。ところがこの馬は左回り0勝。距離も短すぎで、本当は有馬記念の条件が一番だったはずです。使い過ぎは多少心配ですが、勝負気配は相当なものだと思います。
★ファン投票以外
あとファン投票以外の出走馬は3頭ですが、グランプリはアメリカンボス、ダイユウサクなどこのタイプの馬は警戒が必要で、今回はトウカイカムカムが注意と思います。
★馬場
明日は午後から雨のようですが、馬場が悪化するにはいたらないと見ました。ただ濡れているだけで駄目な馬もいるので一応注意ですが、実績的にはハットトリックが雨が嫌いそうな感じがします。またこの馬7〜9月の暑く湿った時期に勝ち鞍がないのも気になります(単に使っていないだけかもしれませんが)。あと馬場は概ね良好そうですが、最内と大外が極端にいい状況のような感じがします。土曜日も真ん中で伸びる馬が少なく、騎手もみな内に突っ込んでいくように見えました。皆が通らないとこの時期は芝が伸びて深くなり、悪循環になるので直線のコース取りはかなり重要そうです。
◎デーィープインパクト
このレースに限り軸としての信頼です。というのもシビアに考えるとこのレースにこの馬が全力投球する程のメリットがまったく見当たらなく、能力はダントツですが、???、太くならないようにつかっているのかな?馬券の売り上げに貢献するために?と思ってしまいます。
いずれにしても凱旋門賞をひかえ絶対に無理はしないと思うので、外々をまわり、最後は馬場のいい大外を超大回りしてくると読んでいます。それでも楽勝だったりして。
◯シルクフェイマス
勝負気配だけはプンプンです。共同馬主らしく全ての重賞に全力投球です。それでもこの馬のために柴田善騎手が栗東に駆けつけたことは今まで無かったと思います。アドマヤメインの時はダービー初勝利がかかっていて、しかもテン乗りで実際2着になっています。そして京都2200は得意のコース。天皇賞の時も惨敗でしたがディープと同時に仕掛けたのは、この馬とローゼンだけでした。
▲リンカーン
前述のとおり、勝負のはず。でも眼に見えない疲労があるかもということで、割り引きました。
△カンパニー
同じ音無、近藤氏ならこちらが面白そう。売り出し直後に複勝だけ1倍台に売れていました。自在性もあり切れ味もある、また理由はわかりませんが1800に強い馬は不思議と2200も強い馬が多く前走も不利があってしかも着差ほどは負けていません。京都の大外から差し込めそうな馬の一頭で警戒です。
△ファストタテヤマ
この馬京都の外回り、特に長距離で人気薄、この条件は注意です。押さえといた方がいい馬です。ただ衰えはかくせない感もありますが、菊花賞2着の実力馬であり、相手なりに走れ他力本願ですが、嵌った時はこわい一頭です。

とりあえず宝塚だけ予想しました。時間があったら、あらためて一般レースも書きたいと思います。

人気blogランキングへ一票お願いします。