ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
高校野球の予選が大詰めになり、次々と代表が決まっています。声を大にしてはいえませんが私も一応高校球児だったのですが、我が母校『調布北高』はあっさり西東京の3回戦で敗退しました。そのとき勝った錦城高校は次戦で日大三高に負け、さらに日大三高は早実に敗れ、さらに日大鶴ヶ丘に敗れ、結局日鶴が出場となりました。私が以前住んでいた埼玉も当時名門だった上尾高校がもう一歩のところで甲子園出場を逃がしました。現巨人の原監督のいた東海大相模を撃破したり、当時無敵と言われていた牛島ー香川のバッテリーがいた浪商を土俵際まで追いつめ、地味でサッカー以外取り柄がないといわれた埼玉県民を熱狂させたあの時代をもう一度・・、などと期待しますが、夢と終わりました。最近は公立高校が強力チームを作るのは本当に至難の業なんですね。

さて競馬ですが、先週はラッキーでした。越後Sでは穴狙いなのでダイワエンパイアを切って書いてしまいました。そして予想した通りにワイドを買おうと思いましたが、ぐりぐり人気のダイワエンパイアが消えるのは前走など見ても考えにくく、どうせならということでそのワイドにダイワを付けて三連複でそのまま買ってしまいました。と、まさかとは思いましたが一番高めで的中してしまいました。いつも悔しい思いばかりですがこんなこともたまにはあるんですね。今週は調子に乗らないようにします。

そういえば土曜日に嘉堂信雄騎手の引退式がありました。嘉堂騎手と言えば、『パンフレット』です。障害馬としては異例の人気馬になり、グレードのつく前の中山大障害や京都大障害などで、ワカタイショウや、ナムラモノノフ、シンボリ軍団との激闘を展開しました。当時は地味と言われた障害レースを一気に人気を高めた主役でした。パンフレットが馬券の売り上げをどれくらい押し上げてくれたかを考えると、今の障害馬では考えられないような貢献度であると思います。嘉堂騎手お疲れさまでした。

◆函館記念
新潟は野芝で輸送があり暑い、函館は洋芝で滞在で涼しいとローカルは完全に適性がわかれます。馬に限らず動物は高温多湿をきらうので、普通は夏は休みたいところですが、新潟ほど過酷な環境でない状態でレースを使えるのが北海道です。関西馬も多数参戦でレベルはこちらの方が高いと考えます。特にサマー2000シリーズの高額賞金もかかり、トライアルの巴賞などとは違う狙いが必要と思います。しかもハンデ戦です。夏競馬は馬齢の重量だと三歳馬が圧倒的に有利ですが、ハンデ戦はそこまで有利性はなく、高齢の軽量馬にも十分勝機はあるはずです。
しかも函館は全国ここだけと言ってもいいぐらいの独特の適性があります。器用でしかも馬力があり、さらに瞬発力が必要とよくいわれます。深い芝で先行馬泣かせのコントロールしにくいコース形態で、若干の斜度もあり直線は短いのですが瞬発的な差しが決まる馬場です。

前置きが長くなりましたが、予想は、
◎メイショウレガーロ
◯ピサノパテック
▲マンハッタンスカイ
△エリモハリアー、コンラッド、マヤノライジン、フィールドベアー

馬券は◎◯の二頭軸で三連複と行きたい所ですが、◎◯▲の馬連ボックスというのもすっきりしていいかも、と思っています。

◆関越S
ドンクール、マイネルアワグラス、マコトスパルビエロのボックス。

◆新潟8R
リリーレインボー

◆新潟12R
サラトガティプトン

◆函館7R
ヤマカツシリウス

◆函館8R
ケイエスバウアー

◆函館12R
グランプリヒーロー

◆小倉6R
マイネルザバーム

◆小倉8R
エイシンイッパツ

◆天草特別
セフティローレル

◆有明特別
シクンシ

この辺りに穴馬で注目しています。