ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
◆ジャパンカップ
武騎手はウォッカで毎日王冠でなぜ逃げたのか考えました。本番の天皇賞でライバルのダイワスカーレットと戦う上で先行したら、と試してみたのではと思います。ところがやはり末が甘くなりスーパーホーネットに差されてしまいました。そして本番ではいつものような乗り方でのぞんでのでは、と考えました。武騎手はJCは当初からサムソンに乗ることがわかっていたので、天皇賞はどうしても勝ちたかったはずです。すくなくともダイワ以外には負けるわけにはいかなかったはずです。というのも安田で岩田騎手に勝たれてしまっているからです。

なぜこんな話をするのかというと、ウォツカの取捨をどうするか考えていたからです。結局怪我で騎乗はできませんが、ウォッカはどこで一番の勝負だったのか、これが大きなポイントになると思ったからです。今年のウォッカの最大の目標は多分ダイワに勝つこと、だったのではと今になって思うようになりました。このような尺度で各馬を考えてみて馬券を買おうと思います。

サムソンは引退が決まっています。もしかしたら値段も決まっているかも知れません。スモールさんの通り石橋騎手にはJCを勝ってもらいたいのはもちろんですが、サムソンにまた乗れる喜びと同時にこの馬を無事に種牡馬にしてあげたいという、つまりレース中に故障などをさせてはいけないプレッシャーも背負うことになってしまいました。

それではディープスカイの四位騎手はどうでしょうか。昨年ダービーを勝ったウォッカを降ろされ、今年も同様にダービーを勝ったこの馬で陣営の最大の秋の目標だったJCを凡走するわけにはいかない状態です。いかなる状況でも少なくとも連対は果たさなくてはならないはずです。

またマツリダゴッホですが、昨日書いたようなとおりです。

もちろん適性などももありますが、皆が一番マークしている馬が、おそらくダイワスカーレットだったのではと感じます。この馬の出否に合わせて他の馬のスケジュールや騎乗をコントロールしているように思いました。

またもうひとつは国際レーティングを上げて、海外の大レースに出走する、そして勝つということがすべての強い馬の共通のゴールになりつつあるということを感じます。今回のように海外のメンバーが低調な場合、上位に入ること自体は大した評価増にはならず、勝つことで国際G1馬のタイトルを取ることにのみ意義が出てくるのではと思います。特に今の時期であれば、ドバイにも間に合います。有馬の時期では事実上間に合いませんし、国際的レーティングはあまり関係ないように思います。

長々と書きましたが、前述のことも含めて考え、国際G1で好走するということに大きなこだわりを持っている陣営の馬を中心に馬券を買いたいと思います。

まあ競馬はこうやってああでもない、こうでもないと考えているときが一番楽しいんですけどね・・。

軸◎ディープスカイ
◯オウケンブルースリ
▲マツリダゴッホ
△アサクサキングス
△ウォッカ
△トーホウアラン
△ペイパルブル

馬券は馬連は◎◯▲のボックス、◎◯か◎▲二頭軸の三連複で以下に流したいと思います。

◆シャングリラ賞
カネスラファールが勝負気配とみました。単複が中心。あと少しだけアポロの二頭に流してみたいと思います。

◆東京1R
もうすぐ出走時刻ですが、レイクルイーズに注目です。
◆東京2R
サニングキャプテンに注目です。
◆東京6R
ナムラビスマルクとステルスソニックに穴で注意です。
◆ウエルカムS
ハードなスケジュールでまた使ってきたシゲルタックはここ勝負とみました。57.5キロの二頭とアグネススターチが相手で、ほかに大穴でドリームパートナー、パープルイーグルに個人的な趣味もあり買いたいと思います。

人気ブログランキングへ