ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
武豊騎手の不倫?ではない(火遊び?)騒動や落馬での今週の騎乗取り消し、JCにオブライエン厩舎の馬参戦など話題にはことかきませんが、今週のエリ女杯も相当なメンバーがそろい見物対象としては面白そうなレースになりそうです。

前回記事の中で「口三味線をきる」と書いてしまいましたが、それをいうなら「口三味線を弾く」ということだということに後日気づきました。学識のなさが露呈してしまいました。失礼しました。

さてその件ですが「口三味線」が炸裂した結果になりました。木原調教師のコメントにはこれからも気をつけないといけませんね。そういえばフーラブライドの時も同様に感じていたおぼえがあり、引退前のエリ女杯や京都大賞典前には「胸をかりるつもりで・・・」などというコメントを繰り返していました。ところがG1本番では見せ場たっぷりの差のない6着、ダート出身で人気にならないタイプで皆「あわや・・」と思ったのではと思います。
今回のジンソクも急に本格化した感があり、ダートから転向して一線級と互角にわたりあったフーラとどこか画像がかさなります。

口三味線はともかく調教師として異色の能力を秘めている可能性もあり今後も目が離せないと感じました。

さて今週も重賞が目白押しですが、先刻書いたように当方で考えている人気薄好走パターンを研究するという側面から競馬、そしてブログなどを展開していきたいと思います。馬券はそのエッセンスとして考えたいと思います。

またこれもこめんとで注目した京王杯のニシノウララですが、レースでは先行した後失速して上位には入りませんでした。
ただ今後はまだ2歳でもありますし、あのコメントの意味するところを想像するに勝負になる部分もあると感じましたので今後は人気にもならなそうですし引き続き注目したいと思います。(実はレース中に気づいたこともあり他にも理由があります)

ランキングコメントに「重賞の結論」、フリーMで「一般レース結論と他気づいたこと」というパターンは当面は続けます。

◆武蔵野S
ここもメンバーがそろいました。ただ騎手の騎乗馬がかなりあべこべになっているようです。前走勝って一部人気になりそうなクインズサターン、メイショウウタゲ、サンライズノヴァの騎手が皆乗り替わりになっています。毎度書いていますが私はサークル内のエージェントの事情など承知していませんので詳細はわかりませんが、重賞なので一線級の騎手の騎乗動向は今後も考えるとかなり重要なファクターだと考えています。

最終的に内田博騎手がブラゾンドゥリスに騎乗することから順にずれていったのであれば、この馬には注意せざるを得ません。もしくはサンライズノヴァの主戦騎手が戸崎騎手なので前走がピンチヒッターだったのであれば中心はサンライズノヴァということになります。いずれにしてもこのどちらかの馬が馬券に絡んでくる可能性はかなり高く、サンライズがノヴァが見せ馬だった場合はもう一頭のソアに注意ですが、前走騎乗の北村宏騎手がクインズに騎乗であり可能性はありますが、この2頭からは若干割り引きたいと思います。

他では強豪のベストウォーリア、カフジテイク、モーニンではすべて注意ですが、斤量やこのあとのスケジュールなどから特にカフジは注意です。

また乗り替わりの話と若干矛盾するようですが、メイショウウタゲも追い切りを見ていたら好調なのではと思い個人的には注意です。ただ私は相馬眼はありませんので、ご承知おきを・・。また同様に矛盾しますが地力の高そうなクインズサターンにも注意です。今回大駆けするかはわかりませんがいずれ大きく出世する馬というふうに思っています。

あとはここのところ地味ですがピオネロに注意と思っています。これも追い切りで感じたことです。
さらにムーア騎手が乗るゴーレデンバローズも復調していれば十分圏内と考えます。

◆デイリー杯2歳S
フロンティア、ケイアイ、カツジ、ロードイヒラニあたりに注目しています。

◆京都ジャンプS
タマモプラネット、スズカプレスト、マイネルフィエスタに注目しています。

◆一般レース
シーズン的に共同馬主の馬も一部注意です。
※一部クラブの情報は私的な推測で根拠はありませんがフリーMで
(ただ私の推測域では今週はタイミング的に勝負気配の強そうなクラブがなく次週意向は本格的に注意と考えています。ただ日曜日の一般レースには一部注意が必要な馬がいると思っています)
あと京都12Rと福島8Rで狙ってみたい馬がいます。人気の状態で考えたいと思います。

◆エリザベス女王杯展望
他の要因を重視している部分もあるので馬券を買うかどうかはわかりませんが、追い切りを見ていて気になった馬は下記の馬です。牝馬は格より調子、という部分もあるので一応注意です。
ウキヨノカゼ、クロコスミア、ジュールポレール、タッチングスピーチ、 デンコウアンジュ、ルージュバック
あと他事項での検討では現段階では横綱のヴィブロスはもちろん、京都大賞典出走馬のスマートレイアー、マキシマムドパリ、3歳馬ではレース振りやコース、距離などを考えるとディアドラ、モズカッチャンに注目しています。

以上のメンバーから人気薄の馬を絞り込んで狙いたいと思います。土曜の晩にまた検討を加えます。

◆福島記念展望
シーズン的に共同馬主系のビッグレッド関係とキャロットの多頭出しの中に馬券の軸があると考えていますが、追い切りなどから穴っぽいところでショウナンバッハ、ケイティープライド、スズカデヴィアスあたりに注目しています。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月10日(金)PM11時50分くらいです。