競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。穴狙いです。馬や騎手、興行としての競馬、オッズ、馬主、馬装具などひとつのファクターにこだわらないようにしています。ただ当サイトは2020年1月までで、以降は「競馬穴狙いの探求2」として https://keiba-ananerai02.blog.jp/ に移行しました。

カテゴリ: レース検証(強い馬さがし・次走注意馬、道悪上手など)

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
アップ直後に一部記載誤りを修正しました。

7月27日土曜日まではよかったのですが、翌日曜日から完全なドツボ状態になりました。
こういうときはおとなしくしているに限るのでしょうが、この状態でもささやかに予想は続けるつもりです。
自分でいうのもなんですしそれじゃ自身も困るのですが、仮にご覧になっている方がいたら、しばらくは春先までや一部期間同様、よほどの賛同でもないかぎり反面教師として活用されたほうがいいかもしれません。

◆先週の検証
重賞レースなのでそこがメイチだと参考外の可能性も高いですが、成長途上の3歳馬やまだ目標を先において仕上げている馬であれば、という前提です。
・小倉記念
ノーブルマーズ、クリノヤマトノオー、アドマイヤアルバは次走注意と思います。もちろん勝った馬は様々な条件でも危なげなく完勝して相当強くなっていると感じました。ただ爆発的という感じでなく、また好調維持期間も長そうでラブリリーデイ的な強さでは?と感じました。

・レパードS
こちらもディープの追悼レースで金子氏の白毛とということになりましたが、ハヤヤッコも思っていたより相当強いと感じました。他の馬ではこれも前述の前提ですがサトノギャロス、ビルジキールは次走以降注意と思いました。

・他のレース
驀進特別で4着だったサヤカチャン、またハンデ戦で内枠だったとはいえ越後Sで9着だったゲキリンは脚の使いどころの関係かかなり脚を余した印象があり目立ちませんでした次走以降注意が必要と思いました。また両津湾特別で2着のドナアトラエンテは5月のレースで見せた鬼脚は披露できませんでしたが、休み明けなのか、調整不足なのか、放牧に出てしまったようですが次走は勝負の可能性が強いと思いました。また勝ったローズテソーロは逆に近々の大きなところでも面白いかも、と思いました。

◆今週の展望
・関屋記念
個人的趣味でいえばエントシャイデン、ロードクエストに注目で人気もなさそうなので単複は買おうかな、と思っています。
ただ現実にはサンデーRなど大物クラブや大物馬主も先々を見据えたそれなりのメンバーをそろえている感じです。地力からはケイデンスコール、サラキア、ロシュフォールなど人気の馬が強そうで、大穴の馬が割り込むのは難しいかも、と思っています。また前出のロードもそうですがサマーマイル有資格のミエノサクシードも勝負をかけてくる可能性が高いのでは?と考えています。

・エルムS
穴ではホッカイドウ競馬で出走予定の馬に注意と思います。モルトベーネ、スーパーステションともに地力もあり、下記のこともあるので、こちらも単複のみ見物料で買ってみようと考えています。

◆ホッカイドウの件
来月6日に北海道胆振東部地震から1年、甚大な被害を受けた馬産地でしたが、現状また復活してがんばっているようです。
今週はエルムS、コスモス賞に地方馬が出走予定でまずはここで応援しようと考えています。
また翌週の札幌記念では先日急死したディープ産駒のワグネリアンが復活をかけて出走します。またこの馬の母親は北海道地震で亡くなってしまったということで、様々な意味で弔い合戦になると考えています。もちろんコース適性などは?というところもありますが、その実力も兼ね備えている馬なので、仕上がっていれば当然勝ち負けになる可能性があると思っています。こういうことは穴も上位人気もないと思っています。

また週中の追い切りや、お盆時期の交流重賞などの内容も絡めて考えてみたいと思います。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在8月5日(月)17時57分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
先週は土曜はともかく、日曜日は散々でした。
それなりにマイナスになったこともありますが、メインの重賞他多くのレースがまったくかすりもしませんでした。
特にクイーンSなどは一番注目していた2頭が途中殆ど名前も呼ばれず、見せ場もありませんでした。

しばらく補充の必要もありませんでしたが、残高問題も出てくる可能性もあり、今週からは趣味的になりますが、追いかけている馬を中心にピンポイントで狙ってみようと思います。

こんな調子もあり、くれぐれも不発にはご注意ください。

クイーンSでは、逃げると思われたエイシンティンクルが細かく見ていなかったので不可抗力などたまたまかもしれませんが、中団後方からになったようです。ただ今回のレース振りを見ていて、ここがメイチでなく、近々に次走出走してくるようだったら狙ってみたいと思います。ちなみにに直近の開催では新潟が相性がいいようです。もともとスピードや渋太さはそなえているので今後幅が出てきて面白そうです。またこれで人気もかなり落ちそうだと思っています。潜在能力はかなり高い馬だと考えています。また賞金加算も必須になりつつあるというのも理由の一つです。

◆今週の展望
ハンデが発表されましたが、前述のように個人的趣味を中心に考えます。あと例年この週にミルファームの新潟千直の多頭出しがあり、今年はどうか不明ですが楽しみだと思っています。
・小倉記念
池江厩舎が3頭、角居厩舎が2頭登録で、他もミドルクラスでは結構メンバーがそろった印象です。
個人的には現段階ではアウトライアーズを狙おうと思っています。
あとは上記大物厩舎の馬、ここ数戦思うような競馬が出来ていないクリノヤマトノオーに注意と思っています。

・レパードS
ユニコーンSの時に薬物問題やその他の状況で除外され同じ週が、その後に出走した馬は斤量が軽いとはいえ、軒並み好走しました。現段階ではそのあたりの馬を狙うつもりです。現段階では当時レースを見た時にもしかしたら強いかも?と感じたアッシェンプッテル(レース後に面白そうだとコメントを記載したおぼえがあります)とブルベアイリーデの2頭に注目しています。どちらも上位人気にはなりそうもないのでちょうどいいと思っています。

・札幌日経オープン
地力の高さと距離延長でも強そうだと感じさせたハッピーグリンが人気になりそうですがここは、この馬でしょうがないと考えています。

・UHB賞
アスタールビーのハンデに若干違和感を感じています。古川騎手で2連勝でしたが、今回もし出走できれば、また誰が騎乗するかなど色々ハードルはありますが面白そうだと感じています。

・藻岩山特別
もし出走してきたら現段階では個人的な趣味で以前から注目している元地方馬のイチダイとケージーキンカメが面白そうだと思っています。特に今回設定されたハンデに若干の違和感を感じています。前者は元地元のホッカイドウ競馬の出身、後者は同コースで58キロで、しかも人気薄で3着の実績があります。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在7月29日(月)17時10分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
ここのところ中途半端な状態が続いていますが、今週は夏競馬本番で買うからにはがんばりたいところだと考えています。

ところでBS11の競馬中継の「お馬のQ」を見ていたら小倉のコース形状の問題が出ていましたが、MCの芸能人はともかく競馬記者の方も正解していませんでした。私もえらそうなことをいえる立場ではありませんが、正直かなり違和感を感じました。

先週のレースではメインの中京記念ではキャンベルジュニアに次走注目したいと感じました。レース自体は惨敗でしたが、レース振りからそう感じました。また他では日曜中京8Rのランドヘルメース、日曜函館9Rのカガスターはそのレースがメイチでなく近々出走するような前提であれば注意が必要と思いました。

◆今週の展望
・アイビスサマーD
スタートや枠順でかなり情勢が変わるレースと考えていて、少なくともローテーション、賞金の状況、サマーシリーズ絡みの事情、コース適性などで条件をクリアしている馬の中でいい条件が重なった馬が上位に入るのでは?と考えています。現段階ではほとんど絞り込めていませんが、レッドラウダ、カイザーメランジェ、ライオンボス、ダイメイプリンセス、ナインテイルズ、アルマエルナトに注意と思っています。

・クイーンS
藤岡康騎手が追い切りで3頭に騎乗しました。他の乗り役が決まっている馬にも騎乗しましたが、その裏に何らかの事情があるかどうかに興味を持っています。少なくとも本来騎乗予定のシャンティローザ、兄の乗るウラヌスチャーム、柴山騎手の乗るカリビアンゴールドはこのレースだけではなく、今後も藤岡康騎手との絡みも含め要注意と思いました。また同騎手とそれぞれの馬の厩舎、馬主との今後の騎乗の動向にも注意と思います。また逆に兄の藤岡祐騎手や柴山騎手が函館などで遠征を行っていた場合はそちらの騎乗馬にも注意と思いますが、情報は一般人には入手が限られているので、たいがいにしたほうがいいかも、とも考えています。

それから今回の国枝厩舎の2頭ダノングレース、フロンテアクイーンに蛯名騎手と三浦騎手が騎乗予定ですが、追い切りにもどちらも札幌に遠征してきました。土曜日は新潟で騎乗して、再度日曜日に札幌に遠征の予定です。特に蛯名騎手は土曜に新潟で1鞍、日曜日当日に札幌で当該レース1鞍のみと騎乗を完全に絞り込んでいる感があります。もしかしたら調教師試験などのからみかもしれませんが、それであれば追い切りでわざわざ札幌を余分に往復することまでするのは?と感じました。斤量やローテーション、賞金の問題なども含めて考えると2頭とも注意と思いますが、蛯名騎手騎乗のダノングレースは特に注意が必要と考えています。

・薩摩S
以前から継続して注目している前走強い勝ち方で今回は人気になりそうですが、クリノフウジンが再度出走です。先週は登録のみで、今回は単独の登録で比較的相性のいい小倉に絞って出走してきました。この季節にここまで連続で使ってくるということは、一気に勢いに乗ってオープン入りを狙っていると考えます。少なくとも単複と2頭出しのメイショウあたりには連馬券を少々買おうと思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在7月26日(金)AM1時37分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
七夕賞は見事?な一族念願のタイトル奪取になりました。
勝手な個人的印象や見解であり、あくまでもスポーツなので表現には気をつけたいところですが、レース中の感じもロードヴァンドールが先行馬の見張番になっていたと感じました。ペースが速かったのでマルターズは無理とみたのでしょうか、完全にタニノをマークしているように見えました。ある程度先行した馬が残っても勝ち切る脚がないとみたのか、私見ですがロードは途中で少しかぶせ気味につつく感じだったのを控えたように見えました。直線向いて前の2頭に脚が残ってなくて、ミッキーが差し届いたところで、ロードもタニノを差しに出た、というふうに個人的には映りました。
いずれにしても戦略?通りにきちんと乗って馬の地力を引き出した菊沢騎手もよくやりましたが、横山典騎手の先行しての騎乗のさじ加減には感嘆しました。

と以上はすべて個人的な感想の話であり、勝った馬と2着の馬が強く、今回は両方とも勝負をかけていた、ということだと思います。

馬券的にはワイドと複勝のみで、◎をはずしていたわけで不発になりましたが、競馬観戦を満喫させてもらい、さらに騎乗の技と勘はまさしくプロ中のプロの仕事でお見事でした。

他気付いたことを下記に記します。

◆土曜日
これは土日両日の話になりますが、(7月9日17時52分くらいに追加)優駿Hの人気薄の馬が2頭勝ちました。クラブシーズンで注意ですが、特にここは以前から好走する馬には共通の印象があります。まったくたまたまかもしれなくあくまでも個人的な印象です。ご覧になっている方がいるかもしれませんが、その内容は個人的な見解なので正誤も不明ですし記載は避けます。
ただタイミング的には中京開催の時期は他場も含め注意と考えています。

他でレース振りから近々に出走してきたら面白そうな馬は下記の馬です。
・福島2Rフォーアネーム
・松島特別トウカイシェーン
あたりが近々に次走出走したら狙ってみたいと考えています。

◆日曜日
・途中のオッズに違和感を感じた馬
福島5R新馬のエバーガーデン、函館8Rのリバプールタウン、福島7Rタイセイドレッサー、彦星賞のリノワールド
他中京で騎乗の田辺騎手の騎乗馬のオッズにも順位に関係なく違和感を感じました。

・レース振りで次走以降面白そうな馬
中京・有松特別サンクロワ
・函館は滞在で近々にまた出走の可能性がありその中で次走出走してきたら面白そうに感じたのは下記の馬です。
煮詰まっている未勝利で参考外かもしれませんが函館4Rのサトノダイナスティ、函館6Rアオテン、函館8Rギャンブラーあたりでした。この辺は先々はわかりませんが次走は期待と思っています。

◆函館記念展望1
今週はセレクトセールがあり、大物馬主や強豪厩舎の調教師などが北海道に集結しています。クラブ系の募集も今が追い込みと思います。その辺も考えて追い切りや騎手の動向なども考えてみたいと考えています。

現段階で注目しているのは、
穴?ではドレッドノータス、アメリカズカップです。理由は近走のレース振りやレース条件、ローテーション、賞金の状況などからですが、アメリカズは夕方に発表されたハンデに若干違和感を感じました。これも理由に加えたいと考えています。

他では人気になりそうな馬も含めると、陣営も前走時に函館記念に向けて仕上げている旨を公言していたマイスタイル、ここで勝負しないでいつ?的な馬・ナイトオブナイツ、蛯名騎手がわざわざ北海道に遠征予定のレッドローゼス、今年はどうやらこちらが狙いのようなマイネルサージュと同じビッグレッドのマイネルファンロンあたりに注目しています。またこれは大穴になりそうで地力的には難しそうですがアーバンキッドもハンデ戦でもあり現段階では注目の中に入れて考えたいと思います。

結果はどうあれ、これが競馬予想の一番の醍醐味だと考えているので、これから少しずつ煮詰めていきたいと思います。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在7月9日(火)AM1時57分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
先週、特に日曜日は一昨年の秋の天皇賞以来と思えるような極悪馬場での競馬で、再度同じメンバーで良馬場で同じレースをしたらどうなるのかな?と思えるような日でした。ただ両重賞に勝った馬はかなり力をつけている可能性があると感じました。
あと日曜日後半に重賞も含め大活躍した地元出身の田辺騎手ですが、人気の有無にかかわらず騎乗した馬、特に馬券に絡んだ馬のオッズが途中であれ?と思うような時がありました。理由などは不明ですが・・・。

今週は先週除外されたクリノフウジンが中京の1200特別と福島の1700特別にダブル登録してきました。もし今週、特に中京で出走してきたらぜひ狙ってみたいと考えています。

あと現在九州を中心に大変な豪雨になっていますが、今週も中京、福島を中心にかなり雨の影響を受けそうです。適性やパワー、スタミナなどが問われるとともに枠順や騎手の仕掛けどころや経験値による腕や判断が大きく勝負を分けそうです。

◆今週の重賞展望
現段階での見解で、追い切りなど他の要因で最終的な判断ではありません。
・七夕賞
まず個人的な趣味もありますがゴールドサーベラスが個人的な穴の条件にぴったり嵌っていて、中央場所では難しそうですが、ローカル、特に福島、そして今週も予想される時計がかかる馬場ならばと考えています。

それから理由は不明ですが横山典騎手がお手馬のミッキースワローではなく騎乗する予定のロードヴァンドールに注目しています。コース的にも向いていいそうなうえ賞金加算が必須なことが大きな理由ですが、昨夕決まったハンデにも若干の違和感を感じています。(何度も書いていますがこれはJRAの問題ではなく陣営の戦略の関係と考えています)

他ではGW前後に超ハードスケジュールだった和田騎手が前走騎乗して勝ったお手馬が中京のもうひとつの重賞に出走するのに、七夕賞出走予定の馬に騎乗する予定のクリノヤマトノオー、道悪実績があるタニノフランケル、横山典騎手は乗りませんが賞金加算もしく地力のあるミッキースワロー、まだ底をみせていないロシュフォールあたりに注目しています。

それからまだ現段階ですが今回は実績ほど人気にもならなそうで、コース巧者のマルターズアポジーも同型との兼ね合いが鍵ですが、比較的マークがきつくならなそうなので注意と考えています。(AM3時53分ころ追記)

・プロキオンS
先週超ハードスケジュールでやっと少し結果を出し始めた武豊騎手が騎乗予定のマテラスカイは多分人気になると思いますが、現段階では斤量的な部分も含めやはり中心と考えています。

他でも人気になりそうですが調子が戻ってきた感がある田辺騎手が騎乗予定で左回り巧者のアルクトス、地力ありそうなヴェンジェンスあたりも有力と思います。それからもう一人の超ハードスケジュールでまだ近走不発の北村友騎手が騎乗予定のミッキーワイルドあたりも中穴で面白そうだと考えています。

穴はかなり難しそうなメンバーですが前走のレース振りと先行力に期待でサクセスエナジーに注目しています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在7月2日(火)AM3時27分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
私は即PATを使っていないので帝王賞は買えませんでしたが、Gチャンネルでやっていたので観戦だけしました。個人的にレース振りで気になったのはミツバで、次走にどこか出走するのかわかりませんが、もし長い休養なしに出走してきたら注意と思いました。

あと3着に突っ込んできたノンコノユメは、恐れ入りました。
ここから先は全く個人的な想像で、全く根拠もありませんし、間違いかもしれませんので聞き流してんもらえれば幸いです。

個人的な見解では・・・・・
今年から中央競馬の賞金体系が変わり、4歳馬の賞金が半減することがなくなりました。
特に今年は4歳のダートはレベルが高く、ルヴァンスレーヴ、オメガパヒューム、チュウワウィザードらが賞金がそのままで上位にランクされています。またゴールドドリームもまだ健在、さらにはインティという新しいヒーローが今年に入ってからG2、G1を連勝して賞金を大きく上積みしました。

今まで賞金上位のノンコノユメなどはうかうかしていると賞金面で不足して交流ダート重賞に出走がかなわない可能性もでてきたのでは?と想像します。
そこで5月にあえて地方に転出したという可能性もあるのでは?と感じます。
もちろん馬齢や衰えなども考慮の上とは思いますが、その部分も考えての戦略だった可能性もあると感じました。
これから夏を越えれば、秋〜冬にかけてダートの大きなレースが沢山あります。賞金を気にして準備するより地方、特に出走枠や番組が多く組まれている南関東はそういう意味では最適なのでは?と思います。

今回もそのような部分もあり今回の帝王賞のために叩きながら、じっくり調整できた可能性があると感じました。
それでも衰えも見せ始めていたのにトップの2頭が不在とはいえ、このメンバーで3着は激走の部類だと思いました。

ちなみにノンコノユメは途中の単勝オッズはかなり違和感を感じるオッズと個人的には感じました。

ということでまったく個人的な想像で創作した物語でした。

自分で書いておきながらですが、まさかそこまで手の込んだ戦略はないですよね?

あとここのところ中央のみならず海外や地方なども含め超ハードスケジュールでまた結果が出なかった武豊騎手もそろそろ今後は大きなレースで結果を残し始めるのでは?と個人的に思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在6月26日(水)21時12分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
宝塚記念はリスグラシューの強さとレーン騎手の好騎乗が印象に残りました。
後で気付きましたが、土曜日の展望でも少し触れましたが当日全く同じ条件で行われた阪神7Rと宝塚に両方騎乗した5人の騎手のうち岩田康騎手以外の4人が本番の宝塚では1〜4着に入線しました。もちろん馬や騎手の手腕、また枠順や展開なども大きな要因と思われます。そしてさらに一度事前に同じ条件で「下見」したことも好走の大きな要因のひとつに加えることができるのでは?と個人的には想像します。
特に天候や馬場状態がめまぐるしく変化するこの時期は季節的な問題もあり馬場読みもそれなりに勝負には関係あるのかもしれません。

あと他のレースで気になったのは、
6月22日(土)阪神7Rのエールショーで勝った馬も強烈な末脚で勝利しましたが、この馬はゴール後に勝った馬をはるかに上回る脚で突き抜けていきました。他では同じ土曜日の阪神8Rのメモリーコバルトで途中の仕掛けが入り負けましたが、次走は注目と思います。あと同じ土曜日の阪神・鶴橋特別で勝ったぜセルは途中でオッズにかなりの違和感がありました。

◆今週の展望
現段階での展望です。今週はまず全国的に雨が予想され馬場状態には引き続き注意と思います。

一般レースでは先日の東京ダートの富嶽賞でゴール前後の脚で個人的にかなり違和感を感じたクリノフウジンが日曜日の中京・香嵐渓特別に登録してきました。もとから中京は得意コースで出走してきたら狙ってみたいと思っています。

・ラジオNIKKEI賞
ダミーでなければ武豊騎手がわざわざ福島遠征で騎乗予定のゴータイミング、他ではサヴォワールエメ、あとはビッグレッド関係のマイネルサーパス、ウインゼノビアあたりに注目しています。

・CBC賞
穴では出走すれば軽量のメイショウケイメイに注目しています。他では前回函館で禁止薬物問題で除外になった2頭のうち函館以外では左回りに良積が集中している感のあるトウショウピストあたりに注意と思っています。そこそこ人気では葵Sはなんとか3着でしたが新潟のダリア賞でそこそこのメンバーで強い勝ち方をした印象でしかも軽量で出走予定のアウィルアウェイ、以前のダイタクヤマトのように突然一皮向けた感があるショウナンアンセム、当地でG1勝ちがあり道悪は歓迎のくちのセイウンコウセイ、端数ハンデのアレスバローズあたりに注意と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在6月25日(火)AM4時03分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
ユニコーンSはまだしも、函館はあの少頭数でかすりもしませんでした。
あいかわらずですので、反面教師等にご利用ください。

禁止薬物問題はこれ以上はここではコメントは控えます。
下記の違うブログで若干感じたたことなどを書きました。
http://burauda.blog.jp/archives/1938948.html

ユニコーンSはレベルの高い戦いを期待しましたが、意外に盛り上がり自体はありませんでした。
ただこのレースに登録したけれど回避したアッシェンプッテル、ブルベアイリーデはともに斤量の恩恵はありましたが、快勝しました。今回出走したメンバーの今後が楽しみです。

・宝塚記念展望1
グランプリなので早くも少しずつ展望です。
出走の目的は追い切りなど様々な要素で今後検討したいと思っています。

個人的には初G1を目指すクリンチャーの三浦騎手を応援したいと思っています。(しかも宮本厩舎2頭出し予定)

また通常宝塚では本気で勝負に出ないという印象の友道厩舎が2頭出し、個人的には海外大レースと国内全G1制覇も目指していると思っている藤沢和厩舎のレイデオロ、同様でしかも春天をパス(かどうかは不明ですが?)して宝塚で必勝を狙うキセキあたりが特に勝負気配プンプンと思っています。今年は勝ち馬に海外G1招待もありますが、少頭数のわりには強い馬がそのままガチンコで勝ちに行くきびしいレースになりそうです。

現状ではこんな感じですが、三浦騎手VS複数の名門厩舎の戦いと思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在6月17日(月)17時08分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
先週は不発どころか、大きくへこむ結果になりました。
今週ももしご覧になっている方がいたら、反面教師なり色々な意味で参考にしてください。

大原則違反ですが、少々愚痴と言い訳を記載します。
でもこのような反省を薬にしていくことで経験則は上積みされて来た面もあるので、前向きに考えるためにも素直に感じたままに書くと・・・

土曜日は一部的中もありましたが、日曜日は「おれ、何か悪いことした?」と思うような散々な結果でした。
エプソムCは1レースごとが勝負の馬、賞金加算必須の馬の1・2着。マーメイドSはさらに間が悪く、例によってですが週初の展望でわずか2頭だけ挙げたうち、はずした馬が勝ちました。

エプソムの2着は池添騎手のお手馬ですが乗り替わり、池添騎手はマーメイド2着のレッドランディーニに騎乗でした。どちらも動向や賞金など諸々の条件で考えれば要注意の条件でした。

サラスが勝ったことよりもサラキアとレッドの好走の可能性を読めなかったことのほうが反省材料としては重大と感じました。

さらに先程関東オークスで私が今年馬券同様、POG登録が不発嵐の中でただ1頭勝ち上がったラインカリーナが快勝しました。POGでは20人登録の馬で、デビュー戦はなんと単勝70倍を超える様な馬だったので、本来はしてやったり的な勝利のはずですが、POG的にはダービー前で中央のレースであれば・・、これは完璧に愚痴です。
失礼いたしました・・。

今週から函館です。
以前からたまに触れている完全に個人的な京都12⇔函館12、京都12ダ⇒函館ダ10、京都20⇔函館18,20の法則が試される舞台になります。
特に今年は降級馬が不在でどの馬もチャンスの確率が全体的には高まるはずなので、斤量の利とともに注目と思っています。

前述の件ではタマモの馬(ホットプレイ、ベストプレイなど)、クロコスミア、ティーハーフ、アスターペガサス、セイウンコウセイなど一線級にも多数の例があり特に注意と思います。

コース形状の類似が大きな要因と思いますが、他の条件は違うので全貌は不明ですが、実際には陣営も狙って使ってくる感もあるので、他の条件を吟味して狙いたいと考えています。

また馬主では昔でいえば八雲牧場やメジロ、また今も引き続きの河内氏などもちろんご当地馬主も注意ですが、札幌が本拠地と思われるデルマの馬も大穴を出すのはことごとく函館という印象があります。そして詳細な理由は不明ですが前出のタマモの馬も条件馬においても函館は注意と思います。個人的には今夏は当地実績がないので函館で使ってくるかは疑問ですが、先日の與杼特別での負け方に少々違和感を感じたタマモカトレアあたりが出走してきたら狙ってみたいと考えています。

◆今週の重賞の展望
・函館SS
以前から継続して個人的に追っかけている前出のタマモブリリアンに大注目です。ハンデ評価(当該競争はハンデ戦ではありませんが現在53〜54キロ程度?)以上に条件によっては力を出すタイプと考えています。また前出のタマモの馬は、例年原則函館は注意と思っていることもあります。
※参考
http://keiba-ananerai.blog.jp/search?q=%A5%BF%A5%DE%A5%E2%A5%D6%A5%EA%A5%EA%A5%A2%A5%F3

ただ今回は一部すでに穴予想家などから注目の声が聞こえていて、若干穴人気になる可能性があると思っています。また皆が穴注目すると長い目で見るとダメなケースが多く(サラスの例がありましたが・・)あまり穴注目になった場合は◎○▲など重い印は下げようと思っています。

注目の最大の理由はもちろん好走が函館に集中していることです。また今回は近走のレース振りなどからも、「重賞ではここで走らなければいつ走るの?、凡走したらバーデンバーデンくらいしか狙えなさそうだね・・」
的な状況と思います。前走は太目を叩くための脚ならしであればここか、前出のバーデン?かは不明ですが次走のどちらかで馬券に絡むのでは?と考えています。逆にここか次走(バーデン)がダメだと引退もちらついてくる状況と考えています。

あと他の馬ですが前述の京都⇔函館の法則から考えると、前走予想段階では見落として今回は斤量も有利な(いい加減に出馬表を見ている証拠です)アスターペガサス、ティーハーフ、デアレガーロ、ダノンスマッシュ、リナーテあたりはかなり有力と考えています。あと近走まったく鳴かず飛ばずで買えない条件ですがトウショウピストも函館はめちゃくちゃ相性がよく、開幕週というのが気になりますが、逆に枠順や展開の利があれば馬券に絡む可能性はあると思っています。

他では地力はありそうですが賞金加算が思うようにいかないダイメイフジにはつねに注意と思います。

あとは台風の目になりそうなのが、多分人気になるタワーオブロンドンです。
藤沢和師は定年が近づき、海外G1や国内全G1制覇など未踏の記録に挑戦しているのでは?と個人的に考えています。つまり今回は距離適性で秋の12G1挑戦を判断するのでは?と思っています。またまだ酷暑でないこと、洋芝で開幕週で時計が速い条件、それから58キロで斤量泣きしないかなどさまざまな条件を見るのでは?と思っています。もしかしたら馬場的な適性も含め香港あたりまで視野に入れて考えているのかもしれません。
となるとここは単なる脚ならしではすまず、試金石になる可能性が高く、例年札幌で活躍する同厩舎の馬とは違い、ここ勝負かもしれないと思っています。

ダービーで知略を見せた角居厩舎と並ぶ東の知将・藤沢和師の本音の一部を見れたら、と思っています。

大体上記の馬から絞り込もうと考えています。

・ユニコーンS
ことしはクリソベリル以外にも走るごとに強くなった感のあるデルマルーヴルやマスターフェンサーなどまだまだ成長途上でレベルの高い馬が出走馬にもいる可能性があると思っています。
特に芝ですがNHKマイルで見せ場があり福永騎手がわざわざ今回騎乗するワイドファラオ、一線級の馬と大きく差がなかったヴァイトブリックあたりに注目しています。あと抽選組ではエルモンストロに注目しています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在6月12日(水)23時35分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
今日も簡単に。
安田記念は完敗でした。
殆どコメントもありませんが、武豊騎手の斜行もあり少々後味は悪くなったようですが、競馬はルールのうえに行われているのでセパレートスタートでもしない限りこういう可能性は常にありしょうがないのかもしれません。
ただアーモンドアイの上がり3Fのタイムは他の馬とくらべて圧倒的なタイムでした。

先週から体系は変わっていますが、事実上は今週から夏競馬に突入です。

今週の展望
現段階での展望です。例年3歳牝馬が52キロで注目ですが、今年も注意と思いますが、3歳牡馬54キロの方がレベル的に注意かも、と今年は感じています。
・エプソムC
人気になりそうですがミッキースワローは必勝体制ではないか?と思っています。

・マーメイドS
軽量ではカレンシリエージョ、サラスあたりに注目しています。

・多摩川S
もし出走してくれば以前から注目のトラインが登録していて55キロであれば注目です。またワンダープチュックもまた登録してきました。この馬にも注意と思います。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在6月3日(月)17時28分くらいです。

このページのトップヘ