競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

レース検証(強い馬さがし・次走注意馬、道悪上手など)

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!

またまた完敗です!
コントラをはずしたのは間違いではなかったようですが、今度は過去というか少し前に面白そうだと掲載した馬がまたまた好走してしまい、やはり結論的にはいざ予想や馬券を買う段階では勝った馬は◎で、当然中心で買いましたが、2着馬は完全にはずしていました。展望の途中までは紐候補として記載してありましたが・・・。(超言い訳がましい・・ですね)

ちなみにその記載とは・・?
・ラヴズオンリーユー
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53319436.html

・カレンブーケドール
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53318687.html

わざわざ一週前追い切りやレース後に印象を書いていました。

ということで一説には体質の問題もあり次回出走するかも不明なようですが一瞬鬼のような脚を使ったドナアトラエンテ、半年以上も追っかけているトラインなども同様にレース後に注目で記載した馬にも今後は十分注意したいと思っています。

まったく素人で、根拠もないのですが、見てきた期間やレース数だけはハンパナク長く、多い(下手の横好きって奴かも・・)ので無意識に感じたり、最初に直感的に感じた印象のほうがよほど役に立つのかもしれません。

もしご覧になっている方がいたら、そのような観点で、いつも書いていますが独自に参考?にしていただけたらと思います。
要するに自分でも気付かずに通り過ぎてゆくかもしれませんので・・。
そして私の人間や性分は多分基本的に簡単には変わらないので、何度でも同じ過ちを繰り返すかもしれませんので・・

◆ダービー展望?
ダービーは有馬とならぶ競馬のお祭りと思っています。
もちろん馬券は仕留めたいですが、この一週間はアーダ、コーダと予想を楽しみたい、という方が多いのでは?と思っています。
私は自分で活動しているので自分の周囲には競馬好きは少なく、どちらかというと競馬は一人で楽しんでいますが、多くの方は周囲の方と予想を楽しんでいるのでは?と思っています。

さて前述の印象の部分も含めると、皐月賞を見る限り、上位3頭は相当強い、という印象を持っています。
ダービーに関しては出走にこぎつけた馬以外はすべて勝ちや上位獲得を目指すはずなので、特に執念を感じる陣営に限定する必要があると思っています。特にNHKマイルを完勝したアドマイヤマーズは3強の3番手と見られているダノンキングリーに2戦2敗、そのアドマイヤマーズは桜花賞を完勝したグランアレグリアに2戦2勝です。そして前出のオークスでかなり強く見えた上位2頭のうち2着のカレンブーケドールは新馬戦ではダノンキングリーに届かずの2着でした。

単に適性などもあるので順位だけでは判断はできませんが、上記の多くはG1や重要な重賞、また新馬など一般的には能力全開でのぞむレースでは?と思いますので、ある程度は力関係は判断できるかもしれないと思っています。

となるとダービーで穴を狙うとすれば、ノーマークの先行馬か全く別の次元で出走にこぎつけた馬、もしくは昔のライスシャワーのように距離が伸びたり、馬場状態で浮上する馬しか考えられません。
ただ上位の馬は原則勝ちにいく可能性が強く、沈んだ場合は馬券からはずれる可能性もあると思っています。
しかしよほどイレギュラーな要因などでレースがめちゃくちゃにならない限り3頭とも馬券圏内(というより連対)からはずれるということは考えられないと、個人的には思っています。

さて今日は現段階で穴候補で注目している馬をシンプルにピックアップしてみます。(あくまでも上位候補です)
エメラルファイト、クラージュゲリエ、ダノンチェイサー
です。これはローテーション、権利取りの時期、無欲なレースができる可能性があると考えているからです。
他これからレース振りや追い切りでの走りや陣営や騎手などの動向や行動を見て色々考えたいと思っています。

先週同様まだ私的な事情でバタバタしていますが、一応競馬の祭典・ダービーなので少し予想を楽しみたいと思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月20日(月)16時40分くらいです。

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
ご覧になった方は承知と思いますが、よくよく確認したら愕然としました。(しょっちゅうですが・・・)
サトノワルキューレが凱旋門賞に登録したのは昨年でした。急いで検索したら今年と間違えてしまいました。
冷や汗、あぶら汗タラタラです。しかも予想では最終的に穴の筆頭で全部でも○印にしてしまいました。
たまたま他の予想した馬が複数好走したので、馬券的には大きなダメージはありませんでしたが、恥ずかしい限りです。

言い訳がましいですが、実は有力と思ったのは、その間違いの前でした。
当該馬はそろそろ復活の可能性ありと、近走のレース振りや追い切り映像を見て感じたためです。
馬名検索で積み上げる情報を調べていたらそのような間違いをしてしまった、というのが経緯です。
いずれにしてもいつもいい加減で、この部分はどうにかしないといけないと大変反省しています。

また近々廃業予定の角居調教師は総合的な腕は相当なものだと感じています。今年もキセキとロジャーバローズを当該レースに登録してきました。これは実際に凱旋門賞でどうこうというより、期待度の高さと他の大レースでも一発ある対象として今後も注目の対象にしたいと考えています。

そういう意味では同様に登録した笹田厩舎のノーワンや松永幹厩舎のリオンリオンも現状は地味ですが重賞でも常に注意したい馬と思います。

延期になったプリンシパルSで大外に回ってしまったクリスタルバローズはレース振りから今後もかなり注意と考えています。
今回は枠順が悪く注目からはずしましたが、今後出走機会があるようだったらあらためて、と思っています。

またたまに狙っているストーミーシーですが土曜の京王杯SCでははずしましたが、もしここがメイチでこの後は休養などでなければ、次走は狙ってみたいと考えています。潜在能力が高そうなダイメイフジも同様に考えています。これも追っかけているどこかで一発ありそうです。

◆今週の展望
まだG1以外は枠順も追い切り映像も見れていないのでかなり変わるかもしれません。
・オークス
他の要因も多々あると思いますが、グランアレグリアやアドマイヤマーズのレース振りや勝敗を考えると、皐月賞上位の3頭は相当強く、今年は現段階ではどちらかというと牡馬の方がレベルが高いのでは?と感じています。桜花賞の内容を考えると今までの一線級はほかはどの馬も大差がなくチャンスがあるのでは?と思っています。さらに別路線組の馬にも十分チャンスがあると感じました。

ただオークスだけ枠順が発表になりましたが、戦歴はともかく社台系大手クラブ馬や同じ系統の個人馬主、藤沢和厩舎の馬がどう考えても複数馬券に絡みそうだと感じました。

現段階で注目しているのは、一週前追い切りが絶品?だったラヴズオンリーユー、シェーングランツ、エールヴォア、クロノジェネシス、ビーチサンバ、フェアリーポルカ、カレンブーケドール、メイショウショウブとあと多分人気ですが押さえでコントラチェックの9頭です。この後の情報でかなり変えるかもしれません。

・平安S
こちらは枠はまだですが一部追い切り映像は見ました。あまり根拠はありませんがグレンツェントの久々の好走するか?に注目しています。あとは人気そうですがクイーンマンボ、ハイランドピークあたりに注目しています。人気のオメガパヒューム、チュウワウィザードも押さえざるを得ないと思っています。また穴ではマイネルオフィールとメイショウスミトモにも注意と考えています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月16日(木)17時23分くらいです。

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
◆先週出走の次走以降の注目馬
・土曜日
福島9R サイドストリート
福島牝馬S ウインファビラス
・日曜日
福島4R障害未勝利 シュンクルーズ
※ウインは次走が新潟の場合、もしくはサマーシリーズの場のみと考えます。

◆GWの注目騎手
色々現段階での騎乗予定を調べましたが、まず前半戦は下記の5騎手のスケジュールがハードとみて勝負馬がかくれているのでは?と想像します。
・ハードスケジュールの可能性のある5騎手
ルメール、福永、横山典、三浦、和田の5人の騎手が早々と週初から今週の3日連続の重賞の騎乗予定リストに入っています。
東京→京都→新潟、とすべて移動が必要でGW期間ということもありかなりのハードスケジュールになります。

◆重賞展望
少し早いですが、登録段階での個人的な見通しの見解です。
・青葉賞
ルメール騎手のランフォザローゼスと福永騎手のウーリリの権利取り&一騎打ちの様相が強そうですが、他の馬は現段階の実績では飛び抜けた馬は一般ファン視線では見当たりません。他のハードスケジュール騎手のうち三浦騎手、和田騎手、横山騎手の中ではリオンリオン(横山典)、サトノラディウス(三浦)に注目しています。他ではまずここ勝負のアルママ、あとは騎手がまだ未定のようですがマコトジュズマルに注目しています。

・天皇賞春
フィエールマンとエタリオウのどちらかが勝つのではないか?というような感じになっていますが、個人的にもしょうがないかな、と思っています。無理やり穴をさがすような感じになりますが、メイショウテッコンとクリンチャー、あとは昨年のレースぶりからチェスナットコートに注目しています。

・新潟大章典
そこそこ人気になりそうですが前出の騎手が中心になりますが、ミッキースワロー、アストラエンブレム、ブラックスピネル、ブラックバゴ(引き続き)、クリノヤマトノオーあたりに注目しています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在4月23日(火)17時15分くらいです。

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
先週の日曜日は一般レースがまったくでかすりもしませんでした。
まだまだ修行が必要な日々が続きそうです。
今週から春のG1が始まり、来週のドバイなど海外大レースも控えて盛りだくさんになりそうですが、個人的には散財に注意と考えているとともに、冬場から殆ど切れ目がありませんがしばらく私的なスケジュールもかなり立て込んでいて競馬は控えめにと考えています。
◆先週重賞の検証
・スプリングS
展開などから抜け出した勝ち馬などと先行した馬が今後面白いと感じました。

・阪神大章典
勝った馬だけが強かった、という印象です。つぶれた馬など他は大きな差がないと感じました。ただレースはそう思いましたがハンデ戦でもあり今後は重い斤量で順位の悪かった地力のある人気馬は人気が落ちるので狙い目と個人的には思います。
訂正:阪神大章典はハンデ戦ではありませんでした。失礼しました。いったい何と勘違いしていたのか、自問自答していますが・・。(多分ハンデ戦のような以前と比べると寂しいメンバーだったので、というところでしょうか?)いずれにしても勝ち馬以外でよほど展開の利やレース自体が壊れない限り本番で活躍しそうな馬はあまり見当たらなかったというのが本音です。ただ他のレースに出たときはハンデ評価の高い馬は適性さえあれば好走は可能と思いました。というのも前出のハンデ評価の高い馬は勝った強い馬を目標に勝ちにいった可能性もありG2だけに勝てばかなりの実績になります。勝てなければ凡走、ということを前提に競馬をしていた可能性は十分に考えられるためです。(訂正時刻:AM2時18分ころ)

・フラワーC
特に大きな注目点はありませんでしたが、勝ったコントラチェックは見た目以上に強いのでは?と大きな根拠はありませんが感じました。

・ファルコンS
展開が向いたとはいえ勝ったハッピーアワーの末脚は抜けていたと、感じました。人気薄ではショウナンタイガが展開、枠順とも若干恵まれましたが今後中京や新潟など左回りのコーナーのきついコースでは面白いのでは、と思いました。

◆今週の展望
展望はまだ現段階の枠順、調教、オッズなどを考慮していない状態の先週までの成績などを参考にしていますので大きく変える可能性もあります。(過去もそれが仇になることも多々あったのですが・・)一部注目の理由はフリーMに記載しておきました。
・高松宮記念
強い馬が引退して、大雑把には新進の馬と常連の馬の対決という印象です。ただ一部別路線からも参入する馬もいて、レース自体は面白そうです。常識的に考えるとダノン、モズ、ナック、レッツゴーの四つ巴プラス数頭の惑星という感じですが、レースは短距離で枠順やスタート、展開などで大きく順位が変わる可能性があり、いつもですが相変わらずの無謀?な穴を狙いたいと思っています。候補的には他路線から参入で人気がなさそうなロジクライ、ショウナンアンセムあたりと常連で狙ってきた感があるアレスンバローズ、セイウンコウセイあたりが上位や穴候補と考えています。あと条件付ですがダイメイの2頭も侮れないと思っています。

・日経賞
多分人気で馬券的に面白いかは別にしてトライアルですがまだ重賞未勝利のエタリオウが中心でしょうがないと考えています。他常連的な人気馬も出走しますが、前走や近走の様子などでメイショウテッコン、ブラックバゴ、地方のハッピーグリンにも注意と思っています。

・マーチS
人気の有無もまったく分かりませんし現段階での予想ですが、エイシンセラードを中心に狙ってみようと思っています。またこのレースも含め過去何度か違う斤量で対決しているロンドンタウンとセンチュリオンが今回は同じ斤量での対決です。このレースとの相性もよく人気になりそうですがここは紐では押さえたいと思っています。

・毎日杯
シンザン記念で強さと幼さを両方見せたマイネルフラップの走りに注目です。地力は証明済みである程度賞金もあるので、ここか先々の大レースかどこかで一発ある可能性十分と思っています。(詳細なローテーションは情報通ではないので知りませんが)

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在3月20日(水)PM9時31分くらいです。

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
G1は異様な盛り上がりでした。個人的には不発でしたが見ごたえがあり結構楽しめました。
今思えば武豊騎手のレース数日前のインタビューで藤田菜七子騎手の参戦について「負けたくないよね」と言っていたのを、当初はパフォーマンスで実際は菜七子騎手が勝ってもいいのでは?と反対の意味に感じていましたが、あれは彼女が出ることで一層闘志が高まり、絶対勝つのだという決意に近い発言だったのでだ・・、と思いました。さすが4千勝騎手だ、とあらためて感じました。

他では2月17日(日)の東京7Rゴールドパッキャオ、東京8Rオンタケハートは次走は場合によっては面白そうだと考えています。一部の理由などはフリーMに記載しました。

◆今週の展望
まだ追い切りなど直前の情報がありませんが、個人的な現段階での見解です。
・中山記念
ドバイの叩き台も含めG1馬が5頭と豪華メンバーがそろいました。
中ではディアドラはまず馬券に絡むのでは?と思っています。あと穴ではJCの時のレース振りや大阪杯のトライアルであることなどからハッピーグリンに注目しています。JCのレース直後から次走は狙おうと考えていました。マルターズアポジーが登録していますが、現実的ではないかもしれませんが仮に出走してきたら穴で要注意と思っています。他ではビッグレッド関係が多頭出しの可能性があり、複数で出走してきたらこちらも注意と思っています。

・阪急杯
例年よりメンバーが手薄ですが個人的には穴でスマートオーディン、大穴でヤングマンパワーに注目しています。
理由の一部はフリーMに記載しました。

・皿倉山特別
多分人気になりそうですがテーオーフォルテが出走してきたら注意と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在2月20日(水)AM5時45分くらいです。

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
日曜日はまた再び不発でした。
という理由だけではありませんが、サイト構築の関係で当ブログも内容的に単なる馬券予想日記だけではない形に改修します。改修というよりはテーマの増設という感じですが・・

「時代文化ネット」の他のサイト構築などもあり、当面は馬券はあまり買わないので、馬券はかなり控えめにするつもりです。予想して馬券を買うのは重賞を含め原則1日2レースで、重賞で買わないレースはプラスαでなんちゃって予想のつもりです。

ただ馬主、騎手、馬などの観察は従来どおり続けます。
またフリーMに記載している周辺の他の気付いたことなどは記載しますが、他のテーマの構築のアップ時は若干違う内容にするつもりです。

他テーマは「競馬コレクション」「過去の競馬的中例」とすでに一部記事掲載の「穴馬列伝」にしようと思っています。
途中で修正する可能性もありますが、原則この考え方で構築を進めていきたいと思います。

ご興味のある方は引き続きどうぞ。

順調に構築を進められれば、早ければ春のG1幕開け「スプリンターズS」に間に合えばいいと思っていますが、なるべく早めにいつもの更新にもどれればと思っています。

もしご覧いただいている方がいらっしゃいましたら、今後も引き続きよろしくお願いいたします。
「競馬を楽しむ」という観点でいろいろな観点から考えて、構築していきたいと思っています。

◆藤田菜七子騎手
先週今年の初勝利を挙げましたが、何と根岸Sを快勝したコパさんのコパノキッキングでG1に騎乗することが決まったようです。カペラSは手薄なジョッキーのせいか柴田大騎手で快勝、マーフィー騎手で根岸Sを快勝と勝っているのに次走は藤田菜七子騎手に・・という、騎手が順番に乗り替わるという珍しい流れになりそうです。またJRAとしても有名人の有力馬に人気女性騎手が騎乗するという、今までにないPRになりそうで、馬券の売り上げだけでなく、注目度のボルテージも上がりそうで一般メディアでも大いに話題になりそうです。

◆今週の展望
・中京スポーツ杯
以前から注目のトラインが登録してきました。除外はありませんので回避しなけば出走と思います。G1ホープフルSで競争中止、その影響があるのかないのか4月の出走も凡走でした。ところが休み明け7ヶ月ぶりの京都の芝1600でほぼ勝負付けが済んだ後内側をすごい脚で伸びてきた馬がいました。それがトラインでした。その段階でエンジンが違うな。という感じでしたが次の前走でもそんなに人気にはなりませんでした。
若干ペースが速かったとはいえ中京の尖がったコーナーの外を回り、直線だけで最後方からごぼう抜き、しかも見た目以上の楽勝にみえました。
今回はさすがに人気になると思いますが、前回と同じ条件でどこまで強さを見せられるか、注目です。
個人的にはオープン、いや重賞でも通用すると思っています。

・東京新聞杯
ロジクライ、ロードクエスト、サトノアレスなどそこそこのレベル古馬とタワーオブロンドン、レイエンダ、ジャンダルムなど昨年クラシックや3歳G1路線を賑わした馬が対決で楽しみなレースになりそうです。
ここはタワーオブロンドン、サトノアレス、レイエンダと藤沢和厩舎が3頭出しで注目です。過去も藤沢和厩舎多頭出しは多くはどの馬かが馬券に絡んでいて馬券の軸にできそうな面々です。先々の大レースのために賞金加算をしたいという出走と思っています。

穴では普段あまり馬券を買ったことがない馬ですが、ストーミーシーに注目しています。中山など小回り巧者というイメージがありますが、意外に東京でも好走しいています。また新潟も含めると左回りも意外に好成績です。また賞金などを考えるとこのレースで勝ち負けできるかはともかく、先々の大レースなど目標どおりの重賞レースに出走を続けるためには、この時期にできれば賞金加算をしたいと陣営も考えているのでは?と思います。
ローテーションもかなり時期を詰めて使い続けている感じで、そろそろ走りごろではないかと考えています。
もし出走してきたら今回は狙ってみたいと現段階では考えています。

・銀諦S
過去もこのコースで全く人気薄であわや(4着)、という走りを演じたマイネルエスパスが出走してきたら狙おうと思っています。しかもハンデ戦(前走から1キロ減で僅差負け)で、さらにいえば持ち時計もないので、あまり時計が速くならない今の時期にはぴったりという感じです。要は除外や回避など出走するかどうか?も問題だと思っています。多分全く人気にならないので単複で少々だけ買ってみようと現段階では思っています。ただムラう馬なので注意とも思っています。

今回は改修の件と展望でしたが、次回更新から随時前述のようにしていきます。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月28日(月)PM5時05分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
今週はバタバタして更新が遅れました。今週は土曜日が用事があり、日曜日以上に競馬に関しては厳しい日程になるのでさらっと買いたい馬だけ買って、じっくり狙いを定めるのは来週以降にまた再開する予定です。競馬が本業ではないので当然ですが熱くなって再度残高問題が浮上しないように、と考えています。

他の方も同じと思いますが有馬→ホープフル(昨年から)・人によっては東京大賞典→金杯と年末年始は毎年他のことも多々あり多忙の中で楽しまなければいけない(個人的な要望ですが・・・)ので、そういう季節だと思っています。またうだうだ述べてしまいましたので、この話はこの辺で・・

香港の関係か、たまたま地デジテレビのほうで無料放送があり日曜日のレースの録画ができて後でレースをみましたが阪神JFはかすりもしませんでした。何と掲示板に載った馬が印の中に1頭しかいないという完璧に近い不発でした。

今週はまずは現段階での出走馬の中から注意が必要と思う馬の候補を選別してみました。全部の馬が来ることはほぼ考えられないのでその日その日で絞り込んで一部は狙ってみたいと思いました。
あとレースビデオで一部のレースだけじっくり見て次走以降面白そうな馬もピックアップしました。ただあまりインパクトのある馬は見たレースに関してはいませんでした。

◆今週の一部のレースでの次走以降注目馬
ここがメイチやレース後に休養に入らなければ次走以降狙ってみたい候補です。
・中山7R
ブレイブウォリアー
・中京7R
エレヴァルアスール
・阪神7R
スプレーモゲレイロ
・中山8R
エタニティーワルツ
・中京8R
カウントオンイット
エスペランサルル
スラッシュメタル
とこんな感じでした。


◆今週の注意したと思っている騎手
蛯名騎手  土曜中京遠征
四位騎手  土曜中山遠征
江田照騎手 土曜阪神遠征

◆今週の注意が必要と思っている馬の候補
★土曜日
・ターコイズS
追い切りでは根拠はありませんがリエノテソーロとミスパンテールが妙に気になりました。
カイザーバル
カワキタエンカ
デンコウアンジュ

・タンザナイトS
ナガラフラワー
コウエイタケル
フミノムーン
ライトフェアリー
ツーエムマイスター

・中京日経賞
メイケイダイハード
ボーンスキルフル

・ひいらぎ賞
シャドウセッション

・栄特別
エフティアテナ
ウォーターパルフェ
モザイク

・寒椿賞
オーヴァルエース

・中山12R
バリンジャー

・阪神12R
ユアスイスイ

・中山8R
クリップスプリンガ
ナスノカンザン
カガスター

・阪神8R
アルマトップエンド

・中京7R
ディサーニング

・中京3R
クリノケンリュウ
メイショウアテン
他メイショウ3頭出し

★日曜日
・朝日杯FS
馬場状態が心配です。強いのが1頭と対抗評価がいますが穴馬の複勝と強いのにワイドという組み合わせで少々だけ考えています。当初から考えていた注目穴馬候補は、
エメラルファイト
ディープダイバー
あたりです。
追い切りでは相当難しいと思いますがなぜかイッツクール、ソルトイブキ、ヒラソールが気になりました。この辺が来たら相手がどの馬でも相当な馬券になりそうですが・・・

・ディセンバーS
ナイトオブナイツ
アドマイヤリード

・三河S
マイネルエスパス

・南総S
ブロワ

妙見山特別
テイエムグッドマン

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在12月14日(日)AM3時13分くらいです。

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
チャンピオンズCもルヴァンスレーヴの強さが際立ちました。2〜4着の馬はそれなりの騎手が馬の能力をメイチで引き出す一番の騎乗をしたのでは?と思いましたが、軽々と抜け出し勝利しました。これから先どうなるのか?興味深々です。

豊川特別で勝ったトラインは直線一気で他の馬とはまったく違う動きで着差以上の強さをみせつけました。1000万はおろか準オープンやオープンでも通用する可能性があるかもしれないと思いました。ただ今後は人気になりそうで人気と相談になるかもしれないと思いました。

香港国際競争をご多分にもれず買おうと思っていて、追い切りや番組などを見ていますが、早速JRAの直前情報がでていたので、今日はひとことだけ。

内容を読んでいて思ったのは、たまたま他のイベント競争で香港に来ていたルメール騎手が追い切りということで騎乗馬に乗ったようです。また最近ただでさえハードスケジュールだったモレイラ騎手は土曜日の騎乗地は知りませんが、現在の地元ということで香港にリスグラシュー?(本当は多分他の有力馬?)のために追い切りに来たようです。(いずれにしてもモレイラ騎手の騎乗馬に注意します・・)

あとはさらに矢作調教師本人のモズアスコット、リスグラシュー両頭ともコメントを出していました。それからヴィブロスの友道調教師も同様に現地入りしてコメントを出していました。他の陣営は定かではありませんがこの両厩舎は少なくとも本気度が高いのでは?と感じました。

ただ天候の悪化が予想され当日は道悪になる可能性もかなり高く、クロコスミアやディアドラなど道悪巧者にもかなりチャンスがありそうです。

◆今週の国内の競馬について
今週の注目では2歳G1はあまり食指が湧きませんが、個人的には中日新聞杯のレイホーロマンスの激走に期待しています。理由はフリーMに。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在12月5日(水)23時58分くらいです。

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
ジャパンCはアーモンドアイの並外れた強さを見せつける機会になってしまいました。

ただ2着のキセキは相当強くなっている、と感じました。
距離的にも、時計が速くても道悪でも、逃げても差しても力を出し切ればほぼ対応でき上位に入る地力があることが証明されました。ヨーロッパの馬場などを考えればこの馬こそ凱旋門賞で好走する可能性が大きいのではないか?とも感じました。

キタサンやビワハヤヒデなどと共通、いやそれ以上の対応力をもっている可能性もあると思っています。
今後この馬の存在はひじょうに面白そうです。この2走で斤量も大丈夫そうです。

京阪杯はやはり展開とコース形態のせいか、内の馬と脚を貯めた外の差し馬がかなり有利と感じました。
まだまだ約1頭の強い馬(今回は不出走)以外は混戦が続きそうな感じです。ただ勝ったダノンスマッシュは今後斤量などが変わってどうかという点がありますが、かなり強くなる可能性があると思いました。今回で春の大レースへの出走権は大方確保できたと思いますので、来年からこの馬もそうですが、現3歳馬の賞金の半減がなくなる関係もあり、じっくり戦略を立てられれば前出の強い馬にも対抗できるかもしれないと思いました。

一般レースで狙ったプティットクルール、サンシロウ、ゼットマックイーンと狙った馬はすべて不発でした。
プティットはハンデ戦限定、サンシロウは引き続き、特に好走歴のあるの中京が始まるので要注意と思います。ゼットはできれば平場の1000万のダート短距離であれば引き続き狙ってみたいと思います。

騎手は相変わらずモレイラ騎手のハードスケジュールに注目です。
11月14日? 栗東でサトノダイヤモンド1週前追い切り
11月17日 東京で騎乗
11月18日 香港で騎乗
11月23日 浦和記念にアポロケンタッキーに騎乗で着外
11月24日 京都で京都2歳Sでクラージュゲリエに騎乗して優勝
11月25日 東京でJCでサトノダイヤモンドほか騎乗で6着で着外
11月28日 兵庫ジュニアグランプリでシングルアップに騎乗(園田)
12月1日 中山でステイヤーズSでアルバートに騎乗予定
12月2日  中京でチャンピオンズカップでサンライズソアに騎乗予定
12月8日 不明
12月9日 香港国際競争でリスグラシュー他に騎乗

この中で追い切りなどで遠征するかどうかも含めてよく検証したいと思っています。どこかで勝負をかけてくると思っています。

◆先週の出走馬の中の今後面白そうな注目馬
ここのところ不発ですが、先々面白そうな穴馬をレースなどの様子から発掘していきたいと思っています。
また先週の岩田騎手様子で個人的に騎手として注目していきたいと思いました。(理由はフリーMに記載します)
★フクノグリュック(土曜日東京8Rダ1600・7着)
平場レースの常連であまり目立ちませんが、先週のレースの様子で継続的にではありませんが、近々一発あるのでは?と考えています。ただ地力的に疑問な部分がありよほど勝負をかけないかぎり上位は難しいところもあり、多分人気は全くありませんが確率的にもあまり高くないと考えていますので見物料程度に考えています。また後々ずっとではなく今度激走したら、という感じで見ています。

★ハーモニーライズ(日曜日東京5Rダ1400・8着)
この馬は比較的人気になりそうですが、いい脚を使いながらも届かない、というレースもかなりあるようです。今回の追い込みの脚を見ていたら本当にすごい脚を使えるのは200メートルくらいという感じに見えました。中山のダート1200か中京の短距離ダートあたりを使ってきたら展開が向けば面白そうと思いました。脚を使える距離から中山での出走を期待しています。

◆今週の展望
★チャンピオンズC
個人的にJBCから狙っていたアスカノロマンが前走で結構好走して、穴党の注目が増えそうで全くの人気薄ではなくなりそうです。ただこのレースまともに考えるとルヴァンスレーヴ→ゴールドドリーム→勝負気配的にサンライズノヴァ→サンライズソアという感じがします。前回見事に外したら快勝したケイティは地力もあり脚質的にも有利と思いますし、前走中央場でもG1を勝ちましたが、なぜか左回りはイマイチでその後と感じています。要するに穴は紐的な相手で2〜3着に人気薄を狙う、というのがまともなやり方かもしれないと思っています。また今年はアメリカからの遠征馬にも注意と思っています。
ー追記分ー
と、書きましたがよく見たらケイティは地方の左回りは交流G1を含めけっこう勝っていました。失礼しました。
要するに中京と東京では、そして相手関係もありますが新潟も含め中央の左回りでなぜか勝ちがないというだけでした。砂の深さやバテない持久力、あとはとんがったコーナーを苦にしない感じでその条件のいくつかがそろえば回りは関係ないのかもしれません。ここのところ地方の左回りの重賞で連勝を重ねていました。中央のG1はどちらもなぜか左回りで順位はちがいますが過去は脚色的には失速しています。裏を返せば地方の深いダートでは現状ではほぼ無敵になりつつある、ということかもしれません。そして東京などで勝ちがなかったのはローテーションの関係もあるでしょうし、それ以上に右回りでの勝ち方がきわめて強い勝ち方で、それにくらべて、という程度の印象なのかもしれません。ただこの馬は今活躍のピークに来ている可能性もあり、他の有力どころは完全に照準を合わせている感じがあり、この馬の取捨が馬券的中の鍵を握っていると考えています。
なぜ今まで中央の左回りG1でダメだったのか、まだ多少時間があるのでじっくり考えたいと思います。逆に言えばこの馬も馬券に絡むようだと穴党にはほぼ全く興味がなくなる、見物レースになるというふうに考えています。(11月29日AM0時48分)


★ステイヤーズS
モレイラ騎手のアルバートが前人未踏の同一重賞4連覇がかかっているということで注目ですが、紐は全く読めない感じでJC同様に穴馬の複勝とアルバートとのワイドで買おうと思っています。

★チャレンジC
3歳馬が人気になりそうですが春に半減した賞金加算必須の4歳馬を狙いたいと思っています。トリコロールブルー、アメリカズカップ、ダンビュライトあたりは来春の大レースにむけてメイチではないかと思っています。比較的強力な逃げ馬も複数いて開幕週なのでこちらも注意と思います。そしてどちらかといえば内枠有利と考えています。

★日曜日中京・豊川特別
先々週に出走で注目のトラインが登録してきました。出走してきたら注目と思っています。
参考
http://blog.livedoor.jp/tamochan1316/archives/53301326.html

★日曜日阪神・姫路特別
その前の週に出走して注目のスーパーライナーが登録してきました。こちらも出走してきたら注目と思っています。
参考
http://blog.livedoor.jp/tamochan1316/archives/53300395.html

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月27日(火)PM11時48分くらいです。

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
先週は完敗でした。一般レースの穴馬はほぼ不発でした。
また残高問題も浮上してメインのエリ女杯はわずかしか買えませんでしたが、それも完全に的外れな買い目でした。通常一般レースは比較的得意な分野で不発が多くても悪くても1日に1レースはヒットすることが多いのですが、先週は全くでした。修行のやり直しです。

特に複数回に分けて結構長々記載したメインのエリ女杯、福島記念は金曜日の枠順確定段階で自分が書いた記事を再度見て愕然としました。
http://blog.livedoor.jp/tamochan1316/archives/53300047.html

またここのところの穴パターンがまた少し変わってきた可能性もありよくレースや背景条件などを検討してみようと思います。

それから日曜京都が象徴的でしたが外国人の騎手の動向はかなり重要なポイントになってきたと感じています。来週からはさらにムーア騎手も参戦予定で日曜京都は危うく全レースが外人騎手の勝利になるところでしたが、たびたびそんなことがありそうです。

それから逆に外人騎手人気でかぶっている馬が沈んだ時などに複勝の大穴が狙えるチャンスもあるかもと思っています。特にボーナスシーズンと関係があるのかないのか、例年11月後半〜12月中旬は大穴の季節で昨年もタガノマニカ、ゼットマックイーンなどかなりおいしい複勝がゲットできたので今年も・・と思っています。

このブログを書いているのも自分の穴パターンの検証もかねていて記録に残すことで記憶するように、と考えているところもあります。

今後馬券ははG1や重賞はよほど狙っている穴馬がいないかぎりは見物料程度は買いますが、競馬全体では一般レースの狙い撃ち方式で狙った馬にある程度絞り込んでいこうと考えています。でないとまた残高問題が浮上して余裕のある競馬が楽しめなくなると考えています。原則は人気薄の単複で勝負したいと考えています。そして狙いのレースは比較的追い込みもきく京都、阪神、中京のダートの短距離、特に平場のレース(減量騎手騎乗可)を中心に狙いたいと考えています。

◆先週出走の今後の穴の期待馬
先週自分の注目馬が出ているレースなど一部のレースを見ていて新たに浮上した注目馬をさがしてみました。
今後休養や引退の可能性もありますが、近々にもう一度出走してきたら勝負をかけてくる可能性があると思い狙ってみようと思います。
・スーパーライナー(日曜京都8R5着)
先週個人的にこの先一番面白そうだと思った馬です。
このレースは実力馬といわれる馬の人気が3頭抜けていて、他はかなり人気薄で中でもこの馬は12頭立てで10番人気(単勝220倍)でした。このまま近々再度出走すれば個人的に20数年来穴の出る条件として考えているパターンに該当すると考えています。また人気馬や上位馬はこのクラスではそれなりに通用するメンバーで時計もそれなりだったと考えています。

・メイショウナンプウ(日曜福島3R7着)
500万下のレースでした。この馬は15頭立て7番人気(単勝27倍)でした。レースでは殆ど見せ場もなく他の馬達と一緒にゴールしました。ただよくよくゴール前後の脚色を観察してみたら、かなり余力があり狙いは次走以降かもしれないと感じました。
もとから1000万からの降級馬で上のクラスでも相手なりに走っていたようです。今後中京や小倉、もしくは地元の京都、阪神で出走してきたら面白そうだと感じました。

ーあと同じレースから2頭ー
・ウォーブル(土曜福島10R三春駒特別6着)
今回も連闘で個人的な穴条件と思い注目して馬券も買いました。結果は6着で不発でした。
ただ途中向正面で一気に仕掛け先団に進出しましたが、直線で失速しました。福島では場合によっては有効な戦略ですが、レースでそれなりに負荷がかかり、仮に勝負がかりだったとしてもいい稽古にもなったのでは?と感じました。もとから小回りや右回り、また冬場でも安定した走りぶりの馬で、中山の比較的ハイレベルなミモザ賞で2着するなど、今回は凡走しましたが次走近々出走すれば要注意と思います。
・サンシロウ(土曜福島10R三春駒特別7着)
1000万からの降級馬で上のクラスでも上位の経験があります。ということでそこそこ人気でしたが7着でした。以前は左回りを中心に(特に内枠)好走例が多く、自在性もありまだまだ奥がありそうな馬です。当時ハンデ評価は54キとイマイチの評価でしたが相手なりに走るという印象があります。今回のレース振りで個人的な穴の条件に合致しました。この凡走で人気が落ちる可能性もあり穴で狙える条件になればありがたいと思っています。この馬に関しては仮に次走まで若干間が空いていても次は面白いと思っています。

◆今後のG1レースの個人的注目馬
・マイルCS
たびたび近々の記事で触れていますが穴ではケイアイノーテック、ジュールポレールの2頭に注目しています。どちらも派手さがなく人気になりにくいタイプですが一線級と比べても地力は十分足りていると思っています。また今年になって急成長してきた感もありまだ奥があるのでは?と期待しています。
有力馬では安田記念の勝ち馬・モズアスコットとサンデーR、G1レーシングの三つ巴の戦いになるのでは?と思っています。そこに両側の有力馬が所属している池江厩舎の存在も大きく関係するのでは?と思っています。また安田記念同様騎手の動向も重要なファクターになると思っています。

・ジャパンC
まだ来週ですが注目のオジュウチョウサンが有馬直行にになり話題はアーモンドアイに集中しそうです。
馬場状態次第ですがこれも以前ふれましたがミッキーロケットがメイチ勝負をかけるのでは?と思っています。秋天の走りを観察した感じでは以前の江ピファネイア(次走JC快勝)とひじょうに似ている感じに映りました。あと凱旋門賞でも逃げ粘ったオブライエン厩舎の馬も出走するようです。例年この厩舎はG1でも大量に登録しても後で辞退して実際に出走することは稀だと感じていました。今年は他国の大レースでことごとく苦杯を舐めている感じで招待レースで賞金も高額なこのレースに出走させてくるのであればかなり本気度は高い可能性があるのでは?と思っています。専属騎手のムーア騎手がどうなるのか。は私は事情通ではないのでわかりませんが、仮にもし彼が騎乗となればさらに面白いかも、と思っています。人気の有無にかかわらず注意が必要と思います。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月12日(月)PM4時01分くらいです。

↑このページのトップヘ