競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。穴狙いです。馬や騎手、興行としての競馬、オッズ、馬主、馬装具などひとつのファクターにこだわらないようにしています。ただ当サイトは2020年1月までで、以降は「競馬穴狙いの探求2」として https://keiba-ananerai02.blog.jp/ に移行しました。

カテゴリ: レース検証(強い馬さがし・次走注意馬、道悪上手など)

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
函館記念はFメールに何気なく書いた異常投票と思われる?オッズの異変がそのまま結果になりました。もちろん何気なく書いたので馬券は買っていませんでした。他のレースのもっと大きな異変につられて買った馬券はことごとくはずれで、なんとかトータルはそこそこでしたが、個人的には全くでした。

サクラアンプルールは個人的には追い切り重視の厩舎と考えていたので、田辺騎手のわざわざの遠征や端数ハンデもありましたが、重いどころか印もつけませんでした。

◆中京記念現段階での展望
昨年の覇者ウインガニオンが今年は57.5キロの端数ハンデでの参戦です。賞金加算も含め秋とサマーシリーズの両睨みと思っています。安田記念の走りだと上位に食い込みそうですが、端数ハンデは函館記念で来ているので過信は禁物と考えます。また昨年3着のブラックムーンも同様と考えます。ここは多分条件的にも穴人気になりそうですがデムーロ騎手が52キロで騎乗するワントゥワンが面白そうです。抜けた能力はなさそうですが、前走がG1を使っていて陣営はこちらで考えている以上に期待している可能性があると考えます。
穴で注目は現段階では実力馬の人気薄が面白そうです。あまり人気になりにくそうなガリバルディやハンデが減ったマイネルアウラート、賞金加算が待ったなしのグレーターロンドンあたりに目を付けています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在7月20日(金)AM10時15分くらいです。

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
大阪で大きな地震がありました。人的な部分も含め大きな被害が出ているようです。
お見舞い申し上げます。

こんな時に恐縮ですが一応投稿だけです。

日曜日東京12Rで逃げたマイネルのリープフラウミルヒはそんなに楽ではないペースでもゴール前まで粘りこみました。2着のイタリアンホワイトを物差しにすれば軽量の3歳馬で、単騎逃げに持ち込んだ利もありますが、ゴール前後の脚色なども考えるとまだ余力もありそうでした。そんなにレベルが低い相手ではないと思いますので、今後は要注意と感じました。ただこのタイプは決め手がないタイプが多く、消耗戦にもちこむか、抜け出してある程度リードを奪わないと最後に差し込まれる可能性もあり、展開も関係あるのでは?と思います。

POGはラインカリーナの一発がきいて最初だけだとは思いますが、シェアポイントで26位になりました。

まだ主場の東京、阪神の最終日がありますが、今週からは早熟で仕上げ、一流馬が出てくるまでに賞金を稼ぎたいミルファーム、マイネルなどの馬には注意と思います。新馬でダメでも次走のローカルで一発ある馬もいるので人気にかかわらずこの辺を狙いたいと考えています。ま

た先週一部が早くも人気薄で一発あったデルマ、ラインの馬もこちらも人気にかかわらず注意したいところです。

あと函館馬主では西村氏の馬は上位馬がでましたが、厳密に地元かは詳細は存じませんが、河内氏、澤村氏などはこれから特に注意と考えます。頭数も少ないので狙いがつけやすいのと極端な人気薄は難しい印象があるので、買うときは穴ではなく軸で考えたいと思っています。

◆宝塚記念
ずばり春天の時のゴール前後の脚色でミッキーロケットの次走は買いたいと感じていました。先週は思ったよりも時計も速く前も粘っていましたが、今週は週中の殆どが雨が降りそうで、この馬にもチャンスは十分あると思っています。

宝塚記念は超一流馬がスルーすることが多く、「例年G1をなかなか勝てない馬が勝つレース」という印象ですが、今回のメンバーではその条件に一番近いステファノスにも注目しています。ただ前走58キロいはいえG3では負けすぎ、また2200の距離がどうなのか?という感じもあり、そして年齢的な衰えがなければ、ローテーションは狙い済ました感もあり注意です。

あとは勝負ががかりそうなのは、ローテーションなどから、
キセキ、サトノダイヤモンド、パフォーマプロミスあたりと思っています。
またパフォーマプロミスを物差しにすると前走1キロ軽いハンデでしたが渋太く先着したノーブルマーズも堅実さもあり侮れない、と思っています。

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
安田記念は台風の目となっていたモズアスコットが優勝しました。やはり矢作厩舎はこのレースにかけていたようです。
残念だったのは勝負がかりと思われたG1レーシングの2頭です。特にペルシアンナイトは道中かなりかかり気味のうえ、直線で2度進路がふさがる状態になり、最後の脚色を考えれば・・、というふうにみえました。

馬券的には安田で矢作勢からスワーヴ以外の有力どころにレース直前に追加で少しずつワイドで押さえたのと、由比ヶ浜特別で穴が来たので、トータルではまあまあという感じでした。要は負けないで済んだという程度ですが・・。

今週はまだ主場開催ですが、気候的にも条件的にもすでに夏競馬は始まっていると考えています。
ただ梅雨入りして特に日曜日の馬場状態には注意です。

◆展望
・エプソムC
私は馬体や走りを見るのは素人ですが、完全な私見では追い切りの様子はグリュイエール、トーセンマタコイヤ、今回58キロですがマイネルミラノが比較的動きがいいように、またそこそこの道悪に対応できるような感じに映りました。

多分ダイワキャグニーとサトノアーサーの4歳馬2頭が実力的にも賞金加算したいという部分でも人気になり、ハンデ戦でもないので実際に好走の可能性が高いと思います。

ただ無理やりにそうするつもりもありませんが、穴狙いというスタンスからもまずは追い切りで気になった馬は比較的人気がないと思われるのでまずは注目したいと考えています。

あとは地力から穴で注目しているのはアデイインザライフです。この馬の人気の予想はひじょうに難しい感じですが少なくとも1〜2番人気になることはないと思うので今回は狙ってみようと思っています。

ということで現段階ではアデイ、トーセン、グリュイあたりを中心に紐ではMミラノあたり、押さえで人気も絡めて狙ってみようと思っています。

・マーメイドS
例年条件馬が勝ったり、トップハンデ級の一流どころが勝ったりとひじょうに傾向が難しいレースのひとつですが、道悪になると一気に条件馬など軽ハンデ馬の活躍が目立つという印象です。

今回登録時点では斤量が確定する前でダミーかもしれませんが、一応騎乗予定だった騎手がいた馬もハンデ発表された後に未定に変わった馬もいました。先程出馬投票が確定したので出走馬と騎手も決まりました。

51キロで出走のアンドリエッテは当初の予定通り国分恭騎手、48キロで出走のティーエスクライも当初の予定通り竹之下騎手の騎乗になりました。あと軽ハンデ馬では51キロで出走のフェイズベロシティに注目しています。

上記3頭のうち少なくとも1頭は馬券に絡んでくるのでは?と思っています。

追い切りの素人私見では人気になりそうですが、エテルナミノルとレイホーロマンスが調子も良く、道悪もそんなに苦にしないのでは?というふうに感じました。(まったく根拠はありません)

あとは前出の軽ハンデ馬の中で前走見せ場たっぷりで復調の兆しをみせたアンドリエッテも3歳時に道悪でいい脚を使い、ここも加えて注意が必要と思います。

現段階では上記軽ハンデ馬3頭と人気どころ2頭の計5頭に注目しています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在6月7日(木)PM4時32分くらいです。

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
ダービーは思わぬ伏兵が3着に飛び込み大穴になりました。
よくよく見れば、G1でも活躍していたミクロコスモスの仔でした。
個人的には土日と書いた展望や予想の内容を再度検証して呆然としました。
個人的に参考にしたデータや情報、資料は決してずれている内容ではありませんでした。
判断を誤ったのは自分自身だと、再度修行不足を認識しました。
ひとつだけ検討不足だったのは2着のエポカドーロです。
皐月賞馬なので2冠目のダービーは他の馬以上に真剣勝負であったのは明らかで、紐に加えるのは当然だった、と反省しています。特にこの後は秋まで大レースはないのでメイチの大勝負だったはずでした。もちろん実力がないと難しいですが、日曜日の予想記事に書いたとおり、最後の直線の脚色は消耗度が高い先行馬であったのに追い込み馬とほぼ変わらなかったことから、一番にマークすべきだったのかもしれません。
やはり大手ではない共同馬主であることで軽く見ていたのかもしれません。

今朝さきほどのNHKニュースでも大きく報道していましたが、ディープの子が始めてイギリスダービー制覇をかけて出走です。ノーザンF生産馬で、馬券を離れて注目です。

◆安田記念展望
藤沢和厩舎の4頭のうち3頭が急遽出走回避、特に無理ではないローテでトライアルの京王杯を快勝した、期待馬のムーンクエイクも取り消しです。ルメールの騎乗が確保できずという話もあるようで、真実はわかりませんが、何か事情がありそうです。というのも1頭だけ除外対象だったモズアスコットが先週の安土城Sに出走、安田をあきらめたかのように見えましたが、もしかしたらこの辺と絡んだ駆け引きがあったようです。
結局モズはルメール騎乗で連闘で出走となりました。
掲示板などでは厩舎同士の問題も取り沙汰されていますが、生産者や馬主の問題という感じがしました。

私は競馬界での実際の事情は計り知れませんが、この問題は実際のレースの上位馬の順位にも大きく影響する可能性が高いかも知れないと考えています。

実力的には大阪杯の1・2着馬(スワーヴリチャード、ペルシアンナイト)が抜けているように思います。また春シーズンはこの後は大きな予定もないようでメイチに仕上げてくる可能性が高いことも考えれば、よほどイレギュラーな展開にでもならなければどちらかは上位に入りそうです。

あとの馬は地力はともかく現状では大きな差はないように思います。人気にかかわらずどの馬が上位にきてもまったく不思議はないと思っています。

中では以前より少し評判を落としましたが、もとから左回りの短距離の重賞が続く春シーズンに照準を合わせていたレッドファルクス、G1レーシングのもう一頭サングレーザー、コース的な部分も含め安定してくずれないリスグラシュー、嵌ると一流馬とも互角の実力のブラックムーンあたりに注目しています。

あと大穴では昨年は来週のエプソムCで勝ったダッシングブレイズに注目しています。今年のローテーションを見るかぎりこの時期に照準を合わせている感じで、特に格の高いG1に出走してたということは人気や実績はともかく一発狙っている可能性が高いと考えます。仮に地力上位と思われる2頭以外はムラもあるし、人気ほど実力差もなく、一部は勝ち味に遅い感じもあるので、十分に上位の可能性はあると考えています。

問題は今回台風の目になった連闘のモズアスコットです。馬も相当な潜在能力を秘めていて、しかもルメール騎乗です。
軸にするか、紐にするか、迷いますが、取捨も含めレースまでに決めたいと思っています。

◆鳴尾記念展望
関東から遠征で当日はこのレースのみ騎乗になる怪我から復活した石川騎手騎乗のモンドインテロに注目です。多分すごい人気にはならないと考えていますが、過去かなりのメンバーと差のないレースをしていて、阪神コースは芝も、コース形態も合うのでは?と思っています。あとは賞金が半分になる4歳馬2頭に注意です。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在6月1日(金)AM8時17分くらいです。

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
かしわ記念の穴注目のベストウォーリアは最後の直線向いたところで完全に脚が止まり万事休すでした。
以前からなんちゃってですが、船橋の特にダート16は内枠の先行馬が残る、という印象があり実はその期待も込めて穴を狙ったらと思いましたが、観測が甘かったのでしょうか、さらに内枠の人気薄に逃げられ穴を出されました。

青葉賞の騎乗馬で2週連続栗東に遠征して追い切りに騎乗した内田騎手ですがG1出走の馬にも今週騎乗で、もしかしたらこの馬で勝負がかりの可能性十分と考えます。毎週のように遠征するというのは中期的に何か大きな目標があるのではと考えます。

下記は現段階での展望です。
◆NHKマイルC
以下の7頭に注目しています。
・ギベオン
走法に無駄がなくかなり完成されたイメージで将来よりここ勝負か?
・ミスターメロディー
超ハードスケジュールの福永騎手騎乗で注意。まだ底を見せていないイメージ。前走は相手はともかく、かなり強く見えた。
・テトラドラクマ
東京コースに合いそう。自在性もあり広いコースで本領発揮か?能力高そう。
・タワーオブロンドン
相手が強そうだったアーリントンCで完勝。現段階では一番完成度高そう。
・パクスアメリカーナ
前走は脚を余した印象。相手が強いほうが力出せそうなイメージ。将来性高そう。
・フロンティア
内田騎手の追い切り遠征の一番の目的であれば注意です。権利を早くに取っていることも加えると変身の可能性あり。
・リョーノテソーロ
大きな根拠はありませんが、注意です。

◆京都新聞杯
・グローリーヴェイズ
もしダービーに出走予定であればここは上位は必須。
・レノヴァール
あまり強調点はありませんが、ここは注意です。
・ケイティクレバー
同様に賞金加算したいところですが、皐月賞ではかなりハードな競馬で余力あれば注意。
・ダブルシャープ
ここは地方から中央入りした目的も含め3歳では最大のヤマ場で間違いなく勝負がかり。あとは実力だけ。
・リシュブール
この馬も福永騎手騎乗で注意ですが、良血の末裔で注意です。
・タニノフランケル
こういうタイプは得てして人気先行で大活躍する馬は少ないのですがまだ途上でここは紐で押さえたいところです。


◆新潟大賞典
・ケントオー
中距離に路線変更してから以外に健闘していてこの相手で56キロなら。
・ロッカフラベイビー
多分全く人気薄になりそうですが、今回特に穴で注意です。新潟ハンデ戦得意。
・トリオンフ
前走強敵相手に見せ場たっぷりで、ここは賞金加算したいはず。
・トーセンマタコイヤ
柴田善騎手遠征で勝負がかりの可能性あり
・ステファノス
常識的には休み明け58キロでしんどそうですが、注意。
・マイスタイル
賞金加算も必要ですが、渋太く注意。

◆プリンシパルS
・アイスバブル
川田騎手が東上して騎乗で注意。
・コスモイグナーツ
逃げてどこまで。今年のBRのダービー出走の可能性の最後の砦。ダービー出走はボーダーラインで上位は必須。
・トーセンヴィータ
・トーセンクリーガー
今週は重賞にトーセンの馬が多数出走ですが、ここは2頭揃えてきて馬券に絡む可能性は結構高く注意です。
・ハッピーグリン
このコースだと一変の可能性ありで注意です。

◆ラインの馬に注意
今週新潟大賞典でラインルーフが出走ですが、他に一般レースでも3頭出走します。すべて土曜日で東京5Rラインアストリア、京都4Rラインクロノス、新潟7Rラインフィ−ルですが人気にかかわらず注意です。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月3日(木)PM5時50分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
追記馬名記載間違い修正しました4月18日

まずご覧の方は承知と思いますが、前回記載の中で皐月のダービー優先出走権は今年から5着までになったようで、情報が古くてすみませんでした。
後で述べますが、結局連の馬券はワイド9点に絞込み買いました。
予想の段階では外しもいいところで穴が出るレースは確実に取らなければいけないスタンスなのでまた修行のやり直しです。

また天皇賞・春の最終登録馬が発表されました。強い馬もいますがなんともさみしいメンバーという印象です。
これも以前大阪杯から春天に向かうだろうと勝手な憶測で書いた馬が安田記念経由や宝塚直行、海外レース出走などに向かうようで、多様化したのは馬にとってはいいのかもしれませんが、やはり長距離のレースが敬遠されている流れがさらに強くなった感があります。これは世界的な傾向なのでしょう。
それから先週の桜花賞は予想以上にアーモンドアイの強さが際立ちました。他ではリリーノーブルとトーセンブレスがさらに力をつけてきていると感じました。オークスでは要注意だと思っています。

それにしても皐月賞は大レースとしてはきわめて珍しい展開になりました。今までの大逃レースの中でもひじょうに複雑なパターンだと感じます。長年競馬を見ていますがあまり似たレースを憶えていません。
強いてざっくり言えば、原型は典型的な2頭逃げで、原則は前残りのパターンになりました。ただ今回は馬場状態が思ったほど回復せず、さらにその中でやはりコース形状の関係もあるのかややハイペースになったので、前は残りましたが勝ち負けには加われませんでした。

某有識者のブログの予想通り一般生産馬の逃げグループにノーザンの逃げ馬が強引に絡み事実上3頭逃げになりましたが、前の2頭が予想以上に離したこと、馬場が追い込みに向かない状態だったこと、また2頭が予想以上に渋太くスピードがあったことなどから4角で反対にノーザンの馬が競り落とされ、さらに一番力とスタミナ上位のジェネラレウーノジェネラーレウーノが坂上までスピードが落ちず、好位にいた2頭以外は手も足も出なかった、とうのが本当のところではないでしょうか。

となれば実力馬に騎乗していたのは一流外人ジョッキーなどですから、その段階でターゲットは5着以内とすぐ切り替えたのでは?と感じました。勝負付けが済んでからすごい脚で突っ込んできたのはそのせいでは、と思います。

そういう意味ではサンリヴァルは先週土曜日の展望でも触れましたが、賞金を早めに加算し、その後の臨戦過程を考えれば当初からこのレースを視野に入れていたのかもしれません。(ということはよほど能力が高くなければダービーは若干割引ということになりますが・・)、そして3着のジェネラルも同様かなと思いますが、この馬はまだ奥がありそうな感じなのと、勝った戸崎騎手とともに田辺騎手の好騎乗もあると思います。ちなみに戸崎騎手は嵌ると人気の有無にかかわらずすごい騎乗をして皆をビックリさせますが、たまに圧倒的人気でもコケルという印象もあり一流どころの中ではすごく取捨が難しいと個人的には感じています。

ダービーでは当然前代稀に見るイレギュラーな皐月賞のレースを度外視して上位4〜7着の馬が再度人気になるのではと思いますが、個人的な見解では1・2着の馬ももちろん見限れませんが、展開的には3着のジェネラーレウーノには要注意と感じました。一番厳しいレースを強いられ、スピード、スタミナとも十分と感じ、自在性なども考えると侮れないのでは?と思いました。逆に有力馬は殆どがこの馬より後から行くので、ゴールまでにこの馬を交わせるか?というのが個人的な焦点であると感じています。田辺騎手は大レースでの度胸もあるので期待したいところです。

・馬券は?
今回も言い訳がましくなりますが、結論から言うと予想は完全に外れたのに一部的中してしまいました。

その経緯は、
注目した逃げ馬はあまりに人気がないので連には入れず単複のみ(複中心)で買い、印をまわした中で次に人気薄のサンリヴァル、ジェネラーレの2頭を軸にして有力の2,3番にフォーメーション、およびサンリヴァルージェネラーレのワイドと考え5点買おうと思いました。
ところが馬連では対象馬は3着の可能性も大で、今度はワイドだと配当がイマイチということで色々考えました。
そこで馬券は当初の予定通りワイドにするかわりに相手の有力馬サイドに配当妙味といいうことでステルヴィオとエポカドーロを加えてフォーメーションは2×4の8点にしてしまいました。
何とそれが逆に幸いしたというのが実際です。正直1点でも引っかかればというふうに思っていたので、自分自身この結果には驚いています。

たまたま結果的にワイドは3点とも的中ということになりましたが、そもそも印を厚くした穴馬や人気の印上位馬はすべて撃沈で、予想もほぼ完敗ということでした。

レースから数日後に知人のX氏と別件での電話のついでに皐月の話になりましたが、彼は三連複を特券以上でGETしたそうです。最初から焦点が合っていたのではないかと思います。さすがです。

さて今週末から春のG1本番の東京・京都開催ですが、東京は冬の開催からとは一変、ラチ沿いがグリーンベルトになる芝Aコースになるはずです。特に内枠と先行有利の2000で行われるフローラSは昨年のように人気はともかく実力とスピードのある馬が内枠に入ると、騎手がペース判断を誤らなければ、まず馬券に絡む可能性大と考えています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在4月17日(火)PM5時35分くらいです

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
めずらしく早々に月曜日にアップです。少しブログらしくしないとという思いですが・・。

検証というよりは反省と言った方がいいような日曜日の結果でした。
ことごとく参考程度?の一部をのぞく一般レースはだめで、重賞も大きな読み間違いでした。

根岸Sはやはり地方馬が飛ばしたのでハイペースになり有差し馬の餌食になりました。
今回届かずの3着だったカフジテイクは明らかに脚を計った感が強くG1に出走してくればかなり有力だと思いました。
シルクロードSは従来どおりに京都内回り1200は先行馬、内枠の教えどおりの結果でした。
外枠の中団あたりにつけた馬が次走以降面白そうです。そういう意味では距離やコースなどに注文がつきますがカラクレナイは今後面白そうです。

あと一般レースでは面白そうな馬が1頭いました。
日曜日中京最終の大須特別に出走したヒルノデンハーグです。
今回あまり深く考えずに注意の1頭として挙げましたが、惜しくも3着争いに加わる程度の結果でした。
注意に挙げた理由は前走の12月23日阪神のダート1200の出走馬だったからです。
先々週の日曜日京都最終は1番人気ー16番人気ー14番人気の超大穴決着でしたが、すべて前走はチェイスダウンが勝った前記のレース出走馬でした。

ところが今回はダメでした。
でも大きな見所がありました。
それは外枠からコーナーのきつい中京の3〜4角で追い上げ、直線入り口で大きく膨れ、そこから体制を立て直してまたいい脚を使いました。そしてここからが重要と思ったのですが、ゴールした後に上位に入った馬を楽々追い越して突き抜けていました。

戦歴を見るかぎり左右の回りなどは大きく問わないようですが、走りを見るかぎり器用な感じではないのでもう少しゆったり走れる距離やコースのほうが合うかもしれませんが、次走以降かなり面白そうです。今までは比較的カーブがきつくない北海道などで好走しているようです。

◆川崎記念
先日書いたようにアポロケンターッキー中心と考えています。あとは引退調教師のからみでケイティブレイブ、他中央の馬を紐にしたら点数を絞って買えるのでは、と思っています。私見ですが買うとしたらアポロ1着か2着付け三連単でケイティは1〜3着、他アウォーディー、サウンドトゥルーに流す形と考えます。(ざっくり8点ぐらいですか?)
PATでは買えないので、馬券を買えるかわかりませんが、前日か当日都心に出る用事があれば後楽園で買うかもしれません。

他まだ週初ですが、東京新聞杯と特別登録からの登録段階での注目はフリーMで。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在1月29日(月)AM10時15分くらいです。

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
G1の話は多分ちまたに溢れていると思うので、まず他の日曜日のレースを見ていて気が付いたことを2点だけ。
ラピスラズリSのオウノミチ
逆瀬川Sのショウナンバーキン
はともにレース振りやゴール後の様子などから次走以降継続して注意したいと思いました。
ただ両馬とも地力勝負では分が悪いのである程度条件がそろった出走が前提と考えています。

日曜日G1当日に超大穴馬券が出ました。
中京7Rで三連単2200万、三連複500万超、馬連36万円超、ワイド新記録の12万、単勝4万円超、複勝万馬券など・・。土曜から中山は大荒れでそんな下地がそこでピークになったように感じで、流れもあるのかもしれません。

ただこれは当週の穴馬券連発も含め、果たして偶然でしょうか?
もちろんレースの流れで色々な偶然が重なったことも大きな要因だと思います。
結論からいえば個人的には出るべくして、出たと考えています。
善悪や正誤は棚に上げて考えますが、これは興業であり、ギャンブルという事業の一環なのだとあらためてつくづく感じました。

今は情報が行き渡り、競馬は純粋なタイムトライアルのスポーツであると考えている方は現状殆どいないと思います。
でなければ様々なコースで枠順の有利不利などが生じたり、ということはスポーツとしては完全に公正ではなくなるからです。

今回の超大穴は上位の馬が力を発揮した以外に下世話ですが下記の条件も重なったからなのでは?と考えています。
また下記にも書きましたが、競馬を支えている馬主さん(会社でいえば株主?)の事情も絡んでいるのでは?とも思いました。
・一般のボーナスシーズンである
・年末ジャンボ宝くじの発売期間と重なった
・比較的歴史の浅いG1の当日だった

などです。
競馬は配当額のルールを変えないかぎり、インフレや配当を高額にする必要が出てきた場合、より大きな高額配当を出すしか手段がありません。ですので季節的な要因も考えれば今後もこのシーズンは注意が必要だと思います。
ただ同じようなことが毎年、毎レースで起こると、「あれ?」という感じが強くなるので、手を変え品を変えというふうになると予想します。

また今年もしばらくは注意が必要だと思っています。

さて今回の馬券は考えられない組み合わせだったのでしょうか?

実は実績的にはまったく手が出ないのですが、馬主構成で考えると村野氏の2頭出し、中京の地元大物馬主、阪神の地元大物馬主であり、4着も村野氏の馬と馬主だけ見て勝っている人は少なくともワイドや三連複はけっこうあっさり取れた可能性があります。
しかも先週は永井氏も松本氏も大挙出走で、どちらも人気の有無にかかわらず好走馬を出すのをよく見かけます。逆に出走数が多すぎてすべて買うと結局大枚はたく必要がある部分が一番困難なのかもしれません。

私も自分で今週はメイショウ注目と書いておきながら、中京7Rでは見物馬券を買っていましたがもっと中穴的な馬を買ってしまい、少なくともこの人気薄のメイショウはまったく無視してしまいました。

また馬主多頭出しは近年は情報が出回っているのでまったくかすりもしないケースも結構あります。
地元馬主や馬主多頭出しをすべて追いかけているとそれこそ大穴に行き着く前に破産してしまいます。

やはり周辺事情やタイミングなどを見て絞り込んで、せいぜい複勝、ワイド、三連複の組み合わせで買うのが一番ゲットする確率は高いのでは?と考えます。

他に出やすいタイミングは?
と色々予想するのも面白いですよね。
将来的には国策でのカジノが解禁になる可能性もあり、このような馬券ハンターを目指すのもいいかもしれないと思いました。

◆大穴の出るパターン
これはレースの条件によってかなり違いますし、ある意味どんなパターンでもありうるのでしょうが、よくみラルパターンはというと
・短距離の追い込み
芝、ダートを問わずハイペースなレースでよくみられるパターンです。特に最後方から大外一気というのが一番決まりやすいようです。
・中長距離での逃げ
大逃げや、スローに落としての逃げ、これらもよくみられるパターンですが特にこわいのは、2頭で離しての逃げです。どちらかが残るパターンと片方が残るパターンがあり後ろの馬はきわめて対応がむずかしいケースです。
・内からの強襲
内枠の馬によく見られますが、コースロスのない内目の好位から中団を進み直線で内から伸びるパターンで開幕週などでよくみられるパターンです。

総じていえば内枠の馬、逃げ馬、完全に直線勝負に徹した馬など思い切った騎乗の場合が圧倒的に多いと感じています。

騎手も結構「穴騎手」というのが存在しますが、馬主的に良血の高額な馬よりも、リーズナブルな価格で購入された馬のほうが多くみらると思っています。多頭出しなどは特に可能性が高まるのでは?と思います。
要注意と感じている馬主はフリーMに記載します。

今回は本番のG1は中穴程度で大きく荒れませんでした。逆に土曜日から荒れまくったのもあり人気が割れて、特に3着馬からのワイドはビックリするくらいの高配当になりました。
でも後述にもありますが、まだまだ一般に大きくなじんでいるG1と思えないので近年中にドカンと一発大穴がでるのでは?と想像しています。

◆G1レースの大穴は?
まずこれから書く話は一面的な部分だけ推測したもので、競馬の持っている様々な側面はほぼ触れていません。当然ですがレースの結果は他の側面も深く関係しているという前提で書いていることをご承知おきください。

G1レースではまだなじみがなかったり、または世情の変化など周辺事情が生じた時、また格上げや名称変更でイマイチ地味な感じのG1は変更や発足後約数年〜10年目くらいに、また時代背景的な周辺事情があるときは適宜なタイミング必ずといっていいほど超大穴が出ています。

そしてこれは個人的な想像で根拠もないのですが、私自身は逆に個人的にはまったく否定的ではなく競馬予想の楽しみの最たる部分だと考えています。(取扱注意ですが!!)ただ海外馬が参加する可能性が前提のレースはなぜかあまり超大穴は出にくいようです。(記憶の範囲では遥か前の京王杯スプリングSくらいです)

さてG1大穴のパターンは例えば、
★ヴィクトリアマイル(2006年新設)
・2015年 ミナレット 3着 三連単2070万、三連複286万、ワイド863倍と865倍、複勝85倍
ご存知の通りG1超大穴の極めつけ

★NHKマイルC(格上げ新設1996年)
・2007年 1着ピンクカメオ、3着ムラマサノヨートー 単勝76倍、三連複122万、三連単973万

★秋華賞(新設1996年)
・1999年 1着ブゼンキャンドル、2着クロックワーク 単勝57倍、馬連946倍
・2008年 3着プロミナージュほか11−8−16番人気で決着 単勝29倍、馬連230倍、3着馬複勝62倍、三連単1098万、三連複186万
※再度大穴が出た一因としては名前に反してイマイチ華やかにならない当該レースとリーマンショックなど金融不況と重なったため? 

★高松宮記念(1996年高松宮杯が格上げ、1998年より時期と名称変更)
・2001年 3着テネシーガール  ワイド65倍、88倍
新設とともに1999年発足のワイド馬券浸透もかねて?
・2007年 2着ペールギュント 馬連402倍、三連単54万
レースの浸透とともにリーマンショックなど社会情勢が背景?

★マイルCS(1985年新設)
・1995年 2着メイショウテゾロ 馬連1043倍

★阪神ジュべナイルF(混合戦から1991年より牝馬限定、2001年より現名称に変更)
・1992年 1着スエヒロジョウオー、2着マイネピクシー 単勝35倍、馬連1204倍

とざっと見てみると一部はすぐ出ていますが、多くは約10年経過したころにとてつもない馬券が出ています。

またそれなりの知名度の大レースでも大穴は散発的に出ています。色々時期的な事情や社会的な状況も関係しているのかな?と個人的には感じています。
★スプリンターズS
・2000年 ダイタクヤマト 単勝257倍 馬連257倍
当該レースの時期変更初年度

★有馬記念
・1991年 ダイユウサク 単勝137倍
・1992年 メジロパーマー・レガシーワールド 単勝49倍、馬連315倍
ともにオグリキャップ引退で売り上げだけでなく競馬ファン減少の危機、ダイユウサク・マックイーンはともに映画俳優、パーマーは大逃げで話題に
・2001年 2着アメリカンボス 優勝馬マッハッタンカフェとの馬連486倍、複勝25倍
・2002年 2着タップダンスシチー 圧倒的一番人気が1着で馬連148倍
アメリカテロや山一倒産など金融不況後の株価などが大きく低迷、01年は馬名もアメリカにちなんだ名前で1・2着
・2008年 2着アドマイヤモナーク、3着エアシェイデイ 馬連294倍、三連単98万
リーマンショックと円高不況の影響とディープインパクト引退後の馬券売り上げ低迷?

★天皇賞・春
・2012年 ビートブラック 単勝159倍、馬連615倍、三連単150万
東日本大震災の復興も関係?


★エリザベス女王杯
・1989年 サンドピアリス・・単勝430倍
オグリキャップなど競馬ブームなどの影響?
・1992年 タケノベルベット・・単勝91倍、馬連704倍
トウカイテイオー、ミホノブルボン、マックイーンなど競馬ブームの継続の必要性とバブル崩壊による縮小への対策?
・2009年 クイーンスプマンテ、テイエムプリキュア 三連単150万、馬連1000倍
リーマンショックと円高不況の影響とディープインパクト引退後の馬券売り上げ低迷?

以上G1について触れましたが、新規格上げで設定意義が微妙で個人的にはまだ納得が難しいホープフルSもどうなるのでしょうか?ただクラシック直結のレースを目指している条件なので荒れるというよりはJRAは一流馬の登竜門にしたいのではないかと感じていて、むしろ今年を含め朝日杯のほうが今後配当的にも色々とそういう対象になりそうな気もします。
ただ短期間に連発で2歳G1というのも長続きするのでしょうか?

と好き勝手に書いてみました。
もちろん弱い馬が勝つことは不可能なので、そこは上位に入る力があるかを見切る必要はあると思います。
※本当は強かったり、急に一皮むけたりという馬などは今までが全然なので実際はなかなか見抜けないとは思いますが・・

◆騎手
ご存知江田照男騎手が現状は抜きん出ている印象です。テンジンショウグン、ダイタクヤマト、アメリカンボス、ミナレット、ネコパンチとすべて伝説級のドラマと配当を演出しています。(ミナレット以外はすべて中山)
今後面白そうな騎手は難しいですが、今回穴を出した木幡騎手兄弟も面白そうです。また嘉藤騎手や岩部騎手も面白いと思っています。それから気性的な部分も考えると荻野極騎手も注目です。初勝利がなんと単勝400倍超(複勝万馬券)と縁もありそうです。また意外ですが蛯名騎手もにん気薄注意です。あとはハンデ戦や3歳牝馬夏シーズンの軽量騎乗時で内枠の時の横山和騎手も注意です。

総合的にみるとやはり景気が悪い時のほうが大穴がでるという印象は否めなく、多少不謹慎と感じる方もいるかもしれませんが、ご容赦ください。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在12月5日(火)AM0時30分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
土曜日は仕事の打ち合わせ他で昼前から出てしまうのと、さらに相変わらずの状態なので控えめに。
コース替わりですが、雨でまた馬場が悪化しそうです。特にレース時間帯に降りそうな東京はまたまた悪化しそうです。

先週のレースでは土曜日の京都5R新馬戦でのミスティックに注意です。スタート直後から離された後方でしたがゴール前かなりのところまで追い込みました。次走で走るかわかりませんが、能力はあると見ました。
日曜日の京都6Rのワンダーレアリサルも注意です。
あと同じ京都の7Rは途中仕掛けて大敗したメイショウサルーテは場内が沸くほどの脚を向う正面で使いました。1800は距離的にどうなのか?という感じでしたが、今後注意です。また先団の後ろあたりで地味なレースだったテイエムグッドマンも次走以降注意です。それから勝ったザイディックメアは騎手の動作から次走以降は過信は禁物と感じました。

今週注目はサラリーマンのボーナス時期も近付き共同馬主の馬に注意です。

◆東スポ杯
馬場悪化が予想され、10月後半の道悪で勝った馬が複数出走と7頭立てのわりには相当難しい条件になりました。
良であれば素質馬ルーカスが馬券に絡む可能性が高いと思いますが、どの馬でもチャンスがありそうな条件になるかもしれないと思っています。
ただ先月の悪化と今回はかなり温度差がありそうで、原則あまり買いたいレースではありませんが、買うとしたらということでランキングコメントに買う馬を記載します。

◆他一般レース
前述の共同馬主の注目馬をフリーMに記載します。

◆マイルCS展望
実力的にどうかとは思いますが、パンパンの良馬場でもなさそうなのでここは人気薄を少々だけ狙います。
即PATの発売でもかなり人気は割れているようですが、もとから照準を合わせていたと思われる馬を狙いたいところです。
現段階ではそこそこ人気ではマルターズ、サング、レッド、サトノ、ペルシアンあたりで、人気薄ではヤングマン、ガリバルディ、ムーンクレスト、レーヌ、ブラックあたりに注目しています。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月18日(土)AM2時40分くらいです。

このページのトップヘ