競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

かしわ記念

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
アドマイヤはやはりきてしまいました。ごめんなさい。
よく考えたら昨夏(初夏)の中京の新馬戦の1・2着馬で決まっていました。(こんなに配当が高いのも考えてみれば不思議です・・)

グランアレグリアは揉まれ弱いのでは?という可能性がでてきたと思っています。また牡牝混合戦だと何か歯切れの悪い走りになるのもたまたまでしょうか?ルメール騎手は起器用に立ち回る騎手ではないと思いますが、昨年の安田記念のモズアスコットの騎乗を見る限り、かなり器用にさばく手腕を持っていて、この技術でも世界でも有数の騎手と思っています。やはり馬の問題と勝たなくてはいけない、という使命を背負っていたせいなのでしょうか?

奇しくもNHKマイル、ケンタッキーダービーは程度や対象こそ違いますが同様の事象が起き、少々後味がわるいレースになりました。ケンタッキーは前走アーカンソーダービー出走馬3頭すべてがその問題に絡んだようにみえました。(被害馬が2頭、2着で繰り上がり優勝になり当初の優勝馬<失格>と勝ち負けになった馬が1頭)

◆久々の平地未勝利戦を見て・・
最近は未勝利戦は殆ど見ないし馬券も買わないのですが、連休でノースクランブルなのと、ケンタッキーからそのまま中央の前半戦から見ていたので気がつきましたが、新潟1Rで連闘で2着にきた馬が前走出走した「4月29日ヒロノセンキンが勝った京都2R出走馬」には当該馬も含め今後も注意が必要と思いました。もちろん当該馬も連闘で体が絞れたり、減量騎手の恩恵もあったと思いますが、29日のレースは最初の4Fのタイムがかなり緩みのないきびしいタイムだったのでは?と思いました。特に先行した馬に注意していきたいと思います。

◆トライン圧勝!
あと日曜日京都12Rで以前から注目のトラインが快勝しました。使いべりするタイプなのか、また展開やスムーズさによるムラがあるのか不明ですが、今回は早めに進出したのに末脚も炸裂して楽勝でした。エンジンはG1級だと思うので、まだこのあたりは通過点だと思っています。(以前2歳時にホープフルSで残念ながら取り消しになった経緯もあるので・・)
参考
・2018年12月1日記載記事
http://blog.livedoor.jp/tamochan1316/archives/53301326.html

・2018年11月21日記載記事
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53302419.html

◆ヒルノデンハーグ、爆走!(ゴールを過ぎても止まらない、止まらない・・・)
それからこれも日曜日の新潟・八海山特別で直線だけで最後方から3着に突っ込んできたヒルノデンハーグが穴の片棒をかつぎました。この馬は嵌るととてつもない脚を使います。特に左回りの短距離ダートがその条件の前提のようです。レース直後は前回と同じでゴール板を過ぎても勝ち馬や2着の馬をブッコ抜きして、1コーナー方面に突き抜けていきました。あと200メートルゴール板が先だと文句なしに圧勝していたような脚色でした。
もちろんかなりのハイペースではありましたが、先行有利の新潟ダートで離れた最後方からの追い込みですから価値は高いと思います。少なくとも他の追い込みの馬とはエンジンが違う脚色でした。
今回は予想力不足で記載するに及びませんでしたが、現役の間は注意が必要な1頭だと思いました。ちなみに前回穴を出したゼットマックイーンは不発でした。やはり連続の好走はなしでした。

このようなタイプは比較的最近ではダートを中心に嵌るとすごい追い込みを見せたナガラオリオン、以前では関西のダート馬のイチオカ、さらに前だと小倉で芝の短距離で人気薄で怒涛の追い込みで何回か大穴を出したヒノトリという馬などを思い出しました。
参考
・2018年1月29日記載記事
http://keiba-ananerai.blog.jp/search_tags?qt=2643719

◆土曜日の中止レース
土曜日の激しい雷雨と雹で10R以降が中止になりました。
実は予想を掲載した後で気付いたのですが、12Rでこれも以前から注目のシアワセデスが出走していました。
東京のダート1400で以前これも他の同脚質の馬とは桁違いの脚色を見せたレースがあり、今回も嵌れば、と思い期待していたので少し残念でした。もっとも過去の経緯では嵌らないとだめなので、むしろよかったのかもしれませんが・・。
あと中止になったプリンシパルSは12日に再度行われるそうですが、仮に1着になりダービーの出走権を獲得したとして、中1週で2400の最高峰のG1に、どうやって準備するのでしょうか?また関西馬は再度東京に来るのでしょうか?
???

◆かしわ記念
超ハードスケジュールの和田騎手はやっと昨日(日曜日の京都)で炸裂しました。10回騎乗のうち1勝、2着5回(そのうちメインのカラクレナイを含む)と馬券絡み率が半分以上でした。
今日再度関東に遠征して、近走はお手馬であるモーニンに騎乗です。勢いに乗ると一気に攻めるタイプの騎手と思っているので強いの2頭と好調の先行馬が2頭いますがモーニンから馬券を買いたいと思っています。またよくよく見たらドリームキラリの矢作調教師、騎乗の坂井騎手はどちらも父親が南関の関係者だったのでは、ということに気がつきました。「それがどうしたの?」と思うかもしれませんが、通常関西で活動している両者なので、GWということもあり関係の深い個人的な地元で、凱旋したい気持ちが強いのでは?と思いました。出走に関しての詳細な事情は知る由もありませんが、今まで北海道での滞在や東京のオープンでの出走ばかりだった同馬がいきなり地方交流のG1に出走?と違和感を感じていた部分もあり、少し気になっています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月6日(月)AM11時08分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
不発続きなのでご注意ください。逆に参考にするのも一法です。

本来国事行事で休日の1日から精力的に活動した北村友騎手、福永騎手、浜中騎手など今年の年初も同様の騎手が時代初日から熱心に追い切りなどに騎乗していました。今後も引き続き要注意の騎手と思っています。

スイートピーSで勝ったカレンブーケドールですが、一見恵まれた感がありますが、新馬ではダノンキングリーとタイム差なしの2着など、先々まだ奥が深い可能性があると感じています。オークスではどうか、という問題もありますが、今後面白そうな馬だと思っています。

ルメール騎手の活躍が目立ちます。下記にわかっている範囲で詳細を記載しましたが、GW後半も超ハードスケジュールですが、G1以外も目が離せないと思っています。穴党にはきびしい存在ですが・・・。

新潟大章典は馬券的には完敗でしたが、土曜日予想時に記載したその時点での展望を見て、愕然としました。当時挙げた注目馬8頭のうち7頭がそっくりそのまま1〜7着に入っていました。馬券を買う段のむずかしさと、眼鏡が最終的には相当曇っている、と考えざるを得ません・・。

それに絡んで新潟大章典展望などで記載した勝った「メールドグラス」を「メートルグラス」と記載してしまいました。また少々前ですが春のジャンプGIレース名を「中山大障害」(正しくは中山GJ)と記載してしまいました。誤字脱字にとどまらずいつもいい加減ですみません。

◆ハードスケジュール騎手
まずは結果は?ですが、GWの中を移動の主な多い騎手です。
・和田騎手
27日青葉賞(東京)→28日天皇賞(京都)→29新潟大章典(新潟)→1日カキツバタ記念(名古屋)→2日兵庫チャンピオンシップ(園田)→4日東京一般R(東京)→5日京都一般R(京都)→6日かしわ記念(船橋)
※期間中まだ未勝利で一般レースで2着〜3着が少しあり。

・武豊騎手
28日香港国際競争→1日フランス→4日京都・京都新聞杯→5日東京・NHKマイル→6日(船橋)
※特に大きな成果なし。

・ルメール騎手
27日青葉賞(東京)【2着】→28日天皇賞(京都)【1着】→29新潟大章典(新潟)【3着】→2日美浦に追い切りで遠征の後、兵庫チャンピオンシップ(園田)【1着】→4日東京一般R(東京)→5日東京・NHKマイル(東京)→6日かしわ記念(船橋)
※勝負ががかりそうな馬はことごとく馬券に絡んでいます。後半も精力的に動いているようで人気になりそうですが要注目と思います。

・松岡騎手
28日香港国際競争【1着】→1日栗東で追い切り遠征→4日東京→5日東京・NHKマイル
※大きな舞台で優勝、さらに絞り込んだ対象に熱心な活動?で要注意と思います。

・吉田隼人騎手
24日栗東に追い切りで遠征→27日新潟→28日東京→29新潟大章典(新潟)→4日新潟→5日東京
※想像以上に東京と新潟を執拗に往復、さらに追い切りも関西に遠征(今年から注力とか・・)でこちらも要注意と思います。

◆現段階での追い切りでの印象も含めた展望と注目馬
私は下手の横好き的に長年は見ていますが、専門家ではないので素人目の印象と個人的でしかも経験則的な全く根拠もない独自の視線での注目点での感想です。(本来は事前入厩や騎手の追い切りでの遠征の有無の確認のためにGチャンネルのみで見ています)
またまだ未定なので枠順による有利不利は考えていません。
・NHKマイル
詳細な事情はわかりませんが原則賞金が足りているのにここに直行した馬には特に注意と思っています。また桜花賞や皐月賞からの転戦馬にも注意と思っています。
不発続きなので個人的な好みを優先するつもりですが、まず応援しているハッピーアワーに注目です。穴で狙っているマイネルフラップは追い切りの印象が格段に変わったように見えました。またシンザン記念での荒削りな感じも安定した感じに変わったように見えました。主戦の吉田隼騎手はハッピーアワーに騎乗ですが、香港帰りの松岡騎手が追い切りに遠征したのも好感です。
他前走のレースの様子でミッキーブラック、追いきりの様子でイベリス、ダノンチェイサー、ファンタジストあたりに注目しています。ただグランアレグリアは現段階では馬券に絡んでくる、というより勝つ確率は相当高いのでは?と思っています。あとは引き続き朝日杯でGアレグリアに先着した穴のクリノガウディー、人気のアドマイヤマーズにも注意と思っています。

・京都新聞杯
こちらも皐月賞出走馬には注意と思っています。北村友騎手が追い切りに騎乗して本番でも騎乗のフランクリン、これだけ連戦続きなのに今回様子が少し変わったように映ったナイママ、成績はともないませんがだんだんと力をつけてきた印象のブレイキングドーン、ヒーリングマインドあたりに注目しています。

・プリンシパルS
好調そうに見えたヴァッシュモン、先々面白そうに感じたクリスタルバローズ、堅実そうなマイネルサーパスあたりに注目しています。

・谷川岳S
ショウナンライズ、キョウワゼノビアに注目しています。

・メトロポリタンS
アドマイヤエイカン、ミライヘノツバサに注目しています。

・鞍馬S
本来は中京のCBCあたりが勝負かもしれませんがセカンドテーブルが好調そうな印象に見えました。

・ブリリアントS
コスモカナディアン、近走の様子からストライクイーグルに注目しています。

・上賀茂S
メイプルブラザーに注目しています。

◆なんちゃって展望
・かしわ記念
GW不発の超ハードスケジュール騎手の和田騎手騎乗のモーニンに注目しています。

・ケンタッキーダービー
レースビデオを見ただけですが、勝ち馬が取り消しで残念ですがアーカンソーダービー出走馬のインプロバブル、ロングレンジトディと他ではヴェコマに注目しています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月3日(日)AM1時20分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
春天ウィークは散々でした。もちろん馬券力が足りないのが一番の原因ですが大荒れではなく穴馬と期待していた馬がことごとく馬群に沈みました。4角ではもう無理だな、状態でした。

かしわ記念は即PATではないので買いませんが、一応予想です。
地方の重賞は力差がはっきりしていて原則荒れませんが、穴馬としてはベストウォーリアが面白いと思っています。

他インカンテーション、ゴールドドリーム、モーニンあたりが上位候補と思っています。
くれぐれも馬券を買わないこと、現状流れ的に超不調であること、地方は固いことなどをご認識の上対応していただければと思います。

理由など詳細はFメールに。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月1日(火)PM6時40分くらいです。

↑このページのトップヘ