競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。穴狙いです。馬や騎手、興行としての競馬、オッズ、馬主、馬装具などひとつのファクターにこだわらないようにしています。ただ当サイトは2020年1月までで、以降は「競馬穴狙いの探求2」として https://keiba-ananerai02.blog.jp/ に移行しました。

タグ:みやこS

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
・月曜日夜中(火曜日)に掲載したアルゼンチン共和国杯、みやこSなど今週の重賞4レースの展望の記事は下記です。
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53336783.html
・木曜日深夜(金曜日)の出走馬確定、枠準未確定での展望続きおよびJBC展望(簡単に)
http://keiba-ananerai.blog.jp/archives/53337039.html

土曜日は帰宅して結果をみて「やはり・・・」と思いました。
かすりもしませんでした。
今日も用事が多く集中はできませんが、冷やかし程度には買いたいと思っています。
雨も東京は微妙そうですが、なんとか大丈夫?と思っています。ただ振り出す可能性は十分と思います。

◆日曜日全体の話
ニシノやメイショウの記載をしましたが、一部のレース以外は今週は見送りにします。日曜日も出馬表の段階ではかなり厳しそうで、走るかもしれませんが、滑りそうな馬も多いと感じました。ただ福島1Rのニシノアオハルは可能性ありと思います。

ただ日曜日の出馬表を見ていたらトーセンの島川氏の馬が複数出しということに気が付きました。出馬の中心は東京ですが、今週から福島開催でもあり、また新馬戦に2頭出しするなど、集中して出走する感もありここは狙ってみたいと考えています。

◆アルゼンチン共和国杯
まともに考えると東京では数少ない坂2回のハードなスタミナ比べと考えています。距離適性がまずは最重要と考えます。あとは派生的な部分で穴っぽいところをさがしています。

まずはオッズですが・・
もとから当たっていないのでこの部分も不発に注意していただきたいのですが、現在までのオッズへの個人的な違和感は、オッズもかなり出入りが激しい感じでムイトオブリガード、オジュウチョウサン、ハッピーグリン(爆笑・田中氏が指名で多少関係があったのでは?)、タイセイトレイル(少々)に若干感じました。(馬券種類・タイミングは記載しません。根拠はなくあくまでも個人的な印象で、もちろん結果も不明です。

このレースの春の目黒記念との違いは個人的には、春はそこが賞金加算なども含めてのゴール的なレースで場合によっては宝塚に向かう馬もいますが実際はそんなにはいません。ところが秋はこの後のJC、有馬などの大レースの前哨戦だったり、冬〜春に多い中長距離の重賞への使い出しだったりでそれなりの目的やレベルの馬が出走してきます。ただ今年は抜けた馬がいないこともあり、かなり軸が難しそうな感じです。

また秋はタイミング的に中距離G1のさなかなのでそれなりの馬が出てきたら何か目的が明確な場合が多いと考えています。それと陣営のハンデ戦略が明暗を分けるとも思っています。

ということで、
◎ウインテンダネス
展望どおりですが、前走中止もあり人気薄です。原則単複中心で少々狙います。外枠ですがここ以外に狙いそうなレースが少ないと考えています。
○ムイトオブリガード
▲ハッピーグリン
問題はハンデの数値ですがハンデキャッパーの立場に立てばこれで圧勝や、大敗されると見立ての能力を問われることになり、きわめて難しい判断を迫られた結果だと考えています、ただここが最適な舞台であり、中央に転入したからには賞金加算は待ったなしと考えます。
★アフリカンゴールド
ラグビーWCではありませんが、鞍上、枠順も含め賞金加算も必須と人気ですが、メイチであることは明らかです。
△オジュウチョウサン
ハンデ戦略があれば上位を狙っている可能性が高いと考えます。
△ルックトゥワイス
アフリカンと並び先々G1で通用する可能性があると準オープン勝ちのときに感じましたが、馬齢、ハンデなどハードルもあり今までは多少ムラもあり、嵌ればという印象です。
△ノーブルマーズ
以前と違う使い方で、今回も個人的な印象ですが追い切りの様子では結果はともかく陣営はメイチに近い参戦と思いました。

◆みやこS
強い馬が何頭かいて、一部は斤量の問題もありますが、少なくとも大敗はないのでは?と思いますが、どうしても角居厩舎の2頭、特にデムーロ騎手の動向や出走の過程などが気になります。どちらも人気はあまりありませんが有力馬の脚質を考えるとどちらかは馬券に絡むような気がしています。
ということで、
ラビットラン、ワイドファラオから人気ではスマハマ、穴ではリアンヴェリテと前走見せ場のキングズガードに買いたいと思っています。それからこれは大きな根拠はありませんがテーオーエナジーが今回は気になっています。追い切りも素人目ですがキビキビしているように映りました。

現在までのオッズへの個人的な違和感はかなり出入りが激しい感じでワイドファラオ、ラビットラン、キングズガード、メイショウウタゲに若干感じました。(馬券種類・タイミングは記載しません。根拠はなくあくまでも個人的な印象で、もちろん結果も不明です。

◆みちのくS
人気ではエンゲージリング、ラベンダーヴァレイ、穴ではダイシンバルカン、ブロア、ブラッククローバーあたりに注意と思います。

◆JBC展望続き
前の展望どおりに吉原騎手が騎乗する馬を精査して狙いますが、3レースとも可能性のある馬と思いました。ただ1頭御本騎手(字間違えました。失礼しました。修正済)との動向で両馬とも狙うつもりです。どのレースも中央の人気どころが当然くる可能性が高いと思いますが、1点で仕留めるような腕はないので吉原騎手の手腕での上位食い込みに期待したいと考えています。

◆買いませんが、メルボルンC
即PATではないので買えませんが、メルボルンCは前回ムーア騎手で逃げてつぶれたマジックワンドかこれもA.オブライエン厩舎でG1の常連のハンティングホーンのどちらかがもし出走すればですが面白いのでは?と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月3日(日)AM7時25分くらいです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
JBCレディースであのラインハートがついに3着に突っ込んで複勝30倍以上の高配当を出しました。
オープン入りした後はしばらく短距離の芝、そしてダートや中距離の芝の重賞などを使い続け鳴かず飛ばずで、知らぬ間に地方入りしていました。当時大澤氏のラインが活躍する中で同じラインでありながら馬主も大塚氏で違い、常時単勝100倍以上の人気薄で使い続けて、ここでやっと日の目をみた、と思いました。

もちろん予想的にはすでに対象からはずしていましたが、たまたまJBCレディースは狙い馬がいなかったので見物料で複勝を100円だけ買ってみていました。まさか来るとは思っていなかったのでビックリ・・・、他は一生懸命考えても当たらないのに・・、複雑な気分です。

ただ残高的には助かりましたので良しとしたいところです。

◆アルゼンチン共和国杯
いわゆる秋の目黒記念が改名されたレースで春の目黒記念とまったく同じ内容です。
この後長距離の重賞はJC、有馬など大レースか、ステイヤーズSのような特殊な距離かで、特にハンデ戦で力の及ばない馬でもチャンスがある年内最後のレースで、近年強まっているJCや有馬のトライアル的な色彩だけでなく、以前からの長距離系のオープン馬の目標になっているレースです。

今年は有力どころは3歳と古豪とアルバートという3分割的な感じです。
個人的に追いかけているヒットザターゲットとレコンダイトがまたまた出走です。
写真のように2年前の春の目黒記念で穴を出した時以来ほぼかならず春秋ともに出走して馬券に絡まないまでも毎回それなりの走りを披露しています。特にヒットは今回が最後のチャンスかもしれません。またレコンダイトも今回叩き台と思われた京都大賞典でもかなり仕上がっていた感じで、今回はかなり気合が入っている可能性があります。

当然今回もこの2頭を中心に考えています。

あと気になるのは、競馬コンシェルジュで津田氏が◎でサラトガスピリットを推奨していたことです。近走はまったくでオープン入りした時はそれなりの下馬評でしたが、ここでいきなり◎にするということはそれなりに確信があるのではと感じました。推奨理由の説明でも大きな要因の説明はなく取ってつけたような説明だったので他に何か根拠があるのではと考えています。
また他の競馬記者の一部も本命ではありませんが紐の上位でサラトガを推奨していてサークル内で何か情報があるのでは?と感じています。私は素人なのでよくわかりませんが全くの人気薄なのでラインハートではありませんが、見物料程度の複勝ぐらいは押さえておきたいところです。

また他で気になるのは春の目黒では直線で一旦抜け出し見せ場たっぷりの3着だったハッピーモーメントで、前回の京都大賞典のときに私もコメントで賞金的な問題もあり京都かこのアルゼンチンかどちらかで勝負をかけてくるのでは?と書いたことを思い出しました。前走凡走で目も離れて人気も落ちていますが人気薄では特に注意が必要です。

また今回はまったく人気がありませんが、トルークマクトにも注意が必要です。この馬、場やメンバーは問わず自らがうまくレースを運ぶと侮れない力を発揮します。本来はハンデ戦以外でも好走歴がありますが、オープン入り後はやはりメンバー的にはハンデ戦のここあたりで勝負をかけてくる可能性が強いと考えています。

詳細は馬券はフリーMに記載します。

◆みやこS
昨日書いた、テイエムジンソク陣営のコメントの「強いメンバー」とは?これがかなりの核心につながっていると思っています。たとえば本当はテイエム陣営が本当は自信がありいわゆる「口三味線」をきっている可能性もあります。
また本心であれば当然その馬(たち)が勝ち負け候補ということになります。

候補としてはG1入着級かG2連対、もしくは3歳馬ということではと思っています。
となると一番実績があるのはアスカノロマン、あとはキングズガード、モルトベーネあたり、3歳ではエピカリスとローズプリンスダムぐらいまで、さらにムラはありますが3歳のタガノディグオも対象かもしれません。この6頭+テイエムというのがまともに考えると上位かもと思います。

あとは準オープンの定量戦でテイエムに完勝して、ここのところ追い切りで関西通いが続いていた横山典騎手の騎乗対象だったトップディーヴォも注意が必要です。
今回もJBCでニシケンモノノフで勝利した流れもありますが、おそらくこの騎乗のために関西遠征と思われます。

詳細は馬券はフリーMに記載します。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月5日(日)AM8時15分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
昨日の記事で金曜日なのに土曜日と書いてしまいました。
またまた不発が続いています。気力がなえそうですが続けます。
ただ今後他のサイト活動全般と合わせ、色々ブログの内容を考えていきたいと考えています。
私は特定のジャンルにこだわらないで競馬予想を考えていますが、今までの経験則や当時の専門家の指摘などに基いてある法則に嵌った人気薄の馬を中心に馬券を買っています。
承知と思いますが、ここのところを見れば一目瞭然ですが当たらないときも多々あります。
まだ検証や目の付けどころが甘いのか修行や分析が足りないと思っています。
他のファクターの開発も含め、検証や研究を深め精度が高くなるように目指す、というブログ記事に移行していこうと思っています。
もちろん目先の予想をして馬券を当てることも重要ですが、夏場のように異様に当たり続けたり、最近のように全くになったりでこの方法では先々同じ繰り返しになる可能性があり、それではまったく面白くありません。

という感じで考えていますので、近日中に大きな改修やリニューアルをしようと考えています。
いわゆる予想屋的な事業や、馬券師みたいなギャンブラーになる気はなく、プロ業者とは一味変えた競馬研究ができれば、面白いかな?と思っています。

ということでいつものしょぼい予想です。

そういえば金曜の福島1Rで3着のスズカアーチストという馬の次走に注目しています。
外枠のためスタート後1角をまわるとき大きく外を回らされました。普通のパターンだとここでほぼ終わりですが、この馬途中も外目をまわりながら後半に再び追い上げゴール前でも1・2着の馬をしのぐ脚色で3着に入りました。
ペース的に比較的ゆったりだったのも幸いしたようですし、減量騎手で時計も平凡なうえ、福島ダートなので、他場で通用するか微妙ですがその分人気にならない可能性もあるので今後は面白いと思っています。持久力はかなりのものと感じました。

◆京王杯2歳S
まず馬場の荒れ具合と内外の状態の差がポイントですが、金曜は東京は開催がなく走ってみないとわからないと思います。
東スポの出馬表の陣営コメントで気になる記事が2つありました。
カシアス陣営で「中央場所デビュー組との兼ね合いで勝負になる〜云々」というコメントがありました。
メンバーを見渡すといわゆる一般的な中央場所(東京、中山、京都、阪神)デビューの馬はトーセンアンバー1頭だけです。
しかも初戦は4着、2戦目は3着でした。他を見ると多くは中京、新潟、札幌でカシアスの函館と大きな違いはありません。
どういうことか考え、こういうことではと自分なりに推測しました。
つまり直線が長いか、坂があるようなコースで、裏開催ではないということではないということと、さらにいえばデビューは中央ではなくても中央場所で中央デビューの馬も加えた特別戦などで比較的好走したメンバーをいっているのではと解釈しました。
そういう意味で対象はかなりひろがります。
陣営は敵は上記の馬だと見ているようです。

もうひとつはニシノウララ陣営の「ファンタジーSも考えたがメンバーを考慮してこちらに出走した」というコメントです。
これは「こちらであれば勝てる可能性がある」と「こちらであれば上位に入る可能性がある」という2通りの解釈が可能であると思います。いずれにしてもファンタジーSを見ると夏の2歳重賞で走った馬は直線は見せ場をつくりましたがゴール前の脚色は追い込んだ上位馬とはかなりの差がありそれなりのメンバーであったことがわかりました。
どちらにしてもこちらのほうが手薄であるということなのだと思います。
ただ上位という意味であれば、1〜2頭はこちらにもかなり強いのがある可能性もあるのでいきなりニシノが勝つかどうかは早計かもしれません。

以上の内容から推測すると中央でそれなりの走りを見せた馬とカシアスが有力であり、また牝馬(3頭)でも通用するというこという感じに考えています。
結論はランキングコメント欄に記載します。


◆一般レース
フリーメールに穴馬を記載します。
・みちのくS
金曜日の段階では馬場状態は比較的時計も速く、開幕週ということで内目の枠が有利と考えます。
重賞好走馬や昨年の同レース上位馬も出ているので人気馬総崩れはないと思いますが、展開やポジションで人気順どおりには決まらない可能性は十分だし、穴っぽいのが1頭入ってきたりする可能性もあると考えています。比較的人気どころではラズールリッキーから上位人気に流したいと考えています。

・会津特別
有力なのが2頭いますが、ここも伏兵に注意です。ショウナンとトーセンのどちらかは馬券に絡みそうです。

・福島12R
意外に揉まれない外枠が好走するコースという印象があります。勝ちきれないメンバーが集結した感じもあり伏兵に注意です。


◆日曜日重賞展望
・アルゼンチン共和国杯
今回は3歳馬2頭対アルバート対古豪という感じに見ています。人気がない古豪に注目です。

・みやこS
3歳もレパードS1〜3着馬がそろって出走、古馬との力比べが見れて面白いレースになりそうです。
こちらもテイエムジンソク陣営から気になるコメントが。エルムSもそれなりのメンバーだったのに「今回の強いメンバーでどうか〜云々」というコメントが出ていました。今回一線級は当然JBCに出走しているはずですがみやこSでテイエム陣営が指している「強いの」がわかれば、という感じに考えています。穴は難しいかもしれませんがタガノ2頭出し、過去追い切りに遠征して何度も足を運ぶ騎手の馬、近走不振の重賞好走馬あたりを穴で狙いたいところです。


※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月4日(土)AM8時20分くらいです。

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
天皇賞は勝ち馬も時計もあっとびっくりのレースでした。超ハイペースなので先行した馬の次走以降が注目ですが、特にエイシンフラッシュ、シルポートには注意です。
またダークシャドウは今後距離が伸びてどうかということはありますが、先団のすぐ後につけて最後の伸びもあり地力は相当なものと思います。
またトゥザグローリーも見せ場たっぷりでした。ブエナビスタは終わっているの?という声も聞かれそうですが、ゴール前の脚はかなりのものと感じました。まだまだ注意です。

さて今週は最近G1馬を量産しているアルゼンチン共和国杯です。以前は秋の目黒記念としていかにもハンデ戦というメンバーでしたが、近年は賞金加算の問題や2000m超のG1に適したレースとしての意味合いが強くなりました。
問題は土曜から降っている雨です。また東京はやはり最内はAコース時からの度重なる雨で傷みつつあると考えます。
また京都も外差しが決まるケースもありそうです。新潟は展開次第ですが完全に外差し有利と考えます。
◆アルゼンチン共和国杯
道悪、長距離適性、斤量、騎手の乗り替わりのほか賞金加算したい馬に注意です。
追い切りで目立ったのはバネのある走りのカリバーン、頭を低くして大きなストライドでやわらかい走りを見せたゴールデンハインドと感じました。
また賞金加算が絶対のオウケンブルースリは田辺騎手が追い切りで栗東に遠征です。
道悪でも大丈夫そうな馬はナムラクレセント、ネコパンチ、ピエナファンタスト、イケドラゴン、アブソリュートあたりと考えます。
★結論
本来穴狙いしたいところですが人気を中心に狙います。
◎軸カリバーン
ここはどうしても賞金加算が必要です。
○ナムラクレセント
▲オウケンブルースリ
△コスモラピュタ
△ゴールデンハインド
△ピエナファンタスタ
注イケドラゴン

★馬券
◎から馬連で○に300円、▲に200円、○▲の馬連200円。
◎から△に馬連各100円。注にワイド100円。
◎○二頭軸三連複で印に各100円。
計1600円。

◆みやこS
強力な先行馬が多数出走のうえ、脚抜きのいいダートになりそうで早い時計に対応できそうな馬に注意です。
◎軸ゴルトブリッツ
○エスポワールシチー
▲トウショウフリーク
△ワンダアキュート
△ヒラボクキング
△シャア

★馬券
◎から馬連で○に500円、▲とワンダーに各300円、ヒラボクとシャアに各100円。
◎○二頭軸三連複で▲とワンダーに各200円、ヒラボクとシャアに各100円。
計1900円。

◆平ヶ岳特別
メロートから馬連でバクシンカーリーに300円、サクセスゴーラントに200円、フラワーウィンドに100円。
計600円。

◆京洛S
スギノエンデバー、キョウワマグナム、スカイノダン、ベイリングボーイ、ナイアードの馬連ボックスでスギノとキョウワのみ200円であとは各100円。
ベイリングボーイの単複(100,300)
計1500円。

◆銀嶺S
イアンペリアルマーチ・キングパーフェクト2頭軸三連複でトウショウカズンに300円、ダンシングマオとブラッシュアップに各200円、ジートップキセキに100円。
計800円。

◆WIN5
一部馬券予想と変えます。
・アルゼンチン共和国杯
カリバーン、オウケンブルースリ
・みやこS
ゴルトブリッツ
・平ヶ岳特別
メロート
・京洛S
スギノエンデバー、キョウワマグナム、ベイリングボーイ
・銀嶺S
インペリアルマーチ

計600円。

以上合計7000円。

◆2011年の成績
★11/6の購入金額・・7000円
★11/6までの購入金額・・632200円
★10/30の購入金額・・8000円
★10/30の的中金額・・0円
★10/30までの購入金額・・625200円
★10/30までの回収金額・・606170円
★10/30までの回収率・・96%

競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
先週のJRA-VANの鉄人は4レース的中なのに本命系の馬連のみで、4870ポイントで約5万人中1万位でした。
また土曜日の予想ははずれたので、かなり難解な日曜日のレースで何とか当てないとかなりきびしい状態になります。
ここのところきわめて多忙で対象レースのみです。
◆アルゼンチン共和国杯
以前は長距離専用のハンデ戦的色彩でしたが、最近はジャパンCなどもにらんだ馬も出走するケースも多く、レベルはアップしてきました。
今年は若干実績のない馬が多いようです。スタミナと切れ味が両方ともほどほどにある馬が強いレースであると考えています。
どちらかがひじょうに優れていてもなかなか難しそうで、実績のある人気馬がよくコケルレースでもあります。
ロングスパートが必要な京都の外回り2400あたりと相性がよいのではと考えます。
◎軸スリーオリオン
内田騎手の動向、距離、自在性などからここは賞金を加算したいところのはずで、55キロも好感。
○エアジパング
あまり根拠はありませんが、多少時間がかかれば、距離や斤量はまったく関係ない条件で、本来ステイヤーズS勝負と思っていましたが、前走札幌記念を使ったことも含め、内枠で経済コースを回れればこの相手なら十分に勝負になると考えます。
▲ドリームフライト
好走は長距離、ハンデ戦、平坦に限定されています。今回2つの条件はクリアーで、前走は強敵相手に無謀ともいえる大逃げをしました。これは先々への布石とみて注意です。
△トーセンジョーダン
4歳一線級と互角の地力、東京コースも向いていそうです。距離の問題もありますが、事情はわかりませんが内田騎手が乗らないことも気になり印を少し下げました。
△トウショウウェイヴ
得意の東京コースはここでダメだと来年まで難しいタイミングで、ここ勝負と考えます。
★馬券
・上記5頭の馬連ボックス。
・スリーオリオン1着付け三連単→2着エア→3着残り3頭
・スリーオリオン1着付け三連単→2着ドリーム→3着残り3頭
・エアジパングの単複(100,300)
計2000円。

◆みやこS
◎軸パワーストラグル
○ダイシンオレンジ
▲トランセンド
△ワンダーアキュート、ワンダースピード
★馬券
・上記5頭の馬連ボックス
・ダイシンオレンジ2着付け三連単→1着パワー→3着残り3頭
・ダイシンオレンジ2着付け三連単→1着トランセンド→3着残り3頭
・ダイシンオレンジ1頭軸の三連複印4頭に流し6点。
計2200円。

◆みちのくS
メジロアリス、ユメイッポ、ミスクリアモン、モトヒメ、インプレスウィナーの馬連5頭ボックス。1000円。
以上合計5200円。

◆2010年の成績
★11/7の購入金額・・5200円
★11/7までの購入金額・・450100円
★10/30.31.11/1の購入金額・・7700円
★10/30.31.11/1の的中金額・・4870円
★11/1までの購入金額・・444900円
★11/1までの回収金額・・329790円
★11/1までの回収率・・74%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

このページのトップヘ