競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。穴狙いです。馬や騎手、興行としての競馬、オッズ、馬主、馬装具などひとつのファクターにこだわらないようにしています。ただ当サイトは2020年1月までで、以降は「競馬穴狙いの探求2」として https://keiba-ananerai02.blog.jp/ に移行しました。

タグ:アイトーン

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
雨が降るのが少し早まる可能性があり、小倉はもとから影響しそうですが、中山も多少馬場が悪化する可能性がでてきたようです。

土曜日は不発でした。この状態なので本来馬券を買っても当る気もしないのでですが以前から注目している馬が複数出走するのでその分だけ少々買いたいと思います。といっても個人的な注目の穴狙いなので今回もあまり参考にしないでください。

◆弥生賞
すでにナイママだけ見物料で買いましたが、他は馬券は控えたいと思っています。
ただメイショウテンゲンはチューリップ賞でメイショウがだめだったわけではありませんが、馬場状態の変化の可能性も出てきていることなど少し気になるので少々追加で買おうと思っています。レース的には里見氏と金子氏、特に金子氏のカントルはここは勝負では?と思っています。
◎カントル
○サトノラディウス
▲ラストドラフト
★メイショウテンゲン
△ナイママ
△シュバルツリーゼ
△ニシノデイジー

◆大阪城S
先日次走注目と記載したアイトーンが出走してきました。ここはそれなりのメンバーはいますが、ハンデ戦でもありあまりマークの対象にはならなそうなので面白そうです。あとは雨の影響がある可能性も考えアメリカズカップに注意と思います。近走は以前より意外と脚が使えるように、と感じているので力をつけてきている可能性もあると思っています。
参考(アイトーン)
http://blog.livedoor.jp/tamochan1316/archives/53310131.html

◆大宰府特別
ここは大穴ではありませんがサヤカチャンで勝負になると考えます。理由はフリーMに記載しました。ただだめな時は馬群に沈む可能性も高いと思います。相手はブラックオニキス、アンネリース、エルビッシュあたりで。単複とワイドで。

◆武庫川S
穴でワンダーピルエットに注目と思います。前走人気薄で直線半ばであわやという見せ場を作りました。今回も力関係から人気にならなそうですが、ハンデ戦で騎手も松若騎手に替わり面白そうです。

◆阪神12R
こちらも先日次走注目と記載したハシカミが出走してきました。展開に若干注文がつきますが相変わらず人気がないので単複少々。
参考
http://blog.livedoor.jp/tamochan1316/archives/53310224.html

◆小倉7R
先週注目して凡走したウォーブルが連闘で出走です。昨秋の福島で捲って失速した木幡初騎手に乗り替わりです。今回も仕掛けてくる可能性もあります。特にこのレースはビッグレッド関係が多頭出しで他の陣営の馬の対処が難しくここは勝負になる可能性ありと思います。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在3月3日(日)AM2時23分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
東京が雪の影響で中止になりましたが、うちは競馬場からあまり距離がありませんが11時現在まだほとんど降っていません。午後積もるのではないかということでの中止ですが、果たしてどうなるか?

◆洛陽S
時計のかかる馬場ですが、降水の影響はあまりなさそうです。
そうなればキョウヘイの出番と思いましたが、やはり人気になっているので、ここはメンバーのうち重賞級は数頭で他はどうとでもありそうなので、先行勢か脚質を変えたら、ひょっとして?というツーエムマイスター、アイトーンを狙います。単複少々。

◆壇ノ浦特別
しょっちゅう狙っていますが嵌れば地力があるブラックオニキスと前走の様子でドリームソルジャーを狙います。あと穴ではハウエバー、逃げ残りの可能性でオスカールビーに注意と思います。

◆京都12R
タガノリアンに注意と思います。あと有力どころではメイショウの2頭に注目しています。

◆小倉8R
マイネルズイーガーに注意と思います。

◆京都記念展望
現段階では穴でダンビュライトに注目しています。大穴ではダッシングブレイズあたりに注意と思っています。あと馬場次第ですが走法からブラックバゴにも注意と思います。当初は人気のようですがノーブルマーズに注目していました。相手はタイムフライヤー、ステイフーリッシュ、爆笑田中氏も注目のようですがケントオーあたりに注意と考えていました。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在2月9日(土)AM11時43分くらいです。

このページのトップヘ