競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

アルアイン

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
土曜日は一部はヒットしましたが、総合的にはかすりながらの不発もあり馬券の買い方にも大きな問題がありました。

◆マイルCS
原則は週初からの展望で注目の穴ではケイアイノーテック、ジュールポレール、有力どころではモズアスコット、池江厩舎の3頭のうちの注目順にアルアイン(サンデーR)→ペルシアンナイト(G1R)に注目は大きく変わっていませんが、順位をつけたいのと他の馬の内容を再吟味することや、枠順や前売りオッズなど後からの情報も含めて検討したいと思います。

日曜版の東スポを買っていないので今週は爆笑・田中氏の予想(今週は日曜版に掲載のようです)は見ていませんが、他の穴党の予想は比較的本命寄りではアルアインやロジクライ、穴寄りでは私も個人的に注目しているジュールポレールのほかミッキーグローリーなどに注目している人も複数いる感じでした。

ただ大穴的な予想はあまりありませんでした。また馬の実力もさることながら秋になりさらに外国人騎手の手腕による好走が目立ちその関係もあるかもしれません。

★秋天出走馬の香港予備登録とローテーション
アルアイン 登録なし 秋 オールカマー(2着)→秋天→
アエロリット マイルのみ 毎日王冠(1着)→
ウインブライト 第一希望マイル、第二希望2000 富士S→
ケイアイノーテック マイルのみ 毎日王冠→
ジャンダルム マイルのみ 
ジュールポレール マイルのみ 府中牝馬S→
ペルシアンナイト マイルのみ 富士S→
ブラックムーン 第一希望マイル、第二希望2000 (中京記念出走)秋天→
モズアスコット マイルのみ スワンS(2着)→
ロジクライ マイルのみ 富士S(1着)→
他の馬は登録なし

★叩き3走目の馬:
アルアインとヒーズインラブ、および中京記念を入れればブラックムーン

このように先々の予定や方針まで見るとまずは叩き3走目で香港に登録もなく、厩舎、馬主ともに3頭出しのアルアインはここはメイチの勝負とみました。、またマイルの上位馬は中距離の一線級の馬とも一緒に走ることも多く、大雑把ですが3歳および4歳牡馬、牝馬の一線級は現在かなリのレベルでこの秋でいえば毎日王冠、秋天、府中牝馬Sに出走した馬は他の出走馬のその後の結果を見てもわかりますが相当なレベルだったと思っています。

◎アルアイン
先述の通りで以前と今後のローテーションやタイトルが欲しい厩舎の事情や馬主3頭出し、さらに枠順、また賞金や古馬でのタイトル奪取がまだ、複数の要因でメイチ勝負のはずです。
○ジュールポレール
同じく春のマイルG1ホルダーで、前走府中牝馬Sの直線でのレース振りから今回は要注意と思います。
▲ケイアイノーテック
外枠がどうかですが、前走毎日王冠でのゴール前後の様子に注目です。マイルG1ホルダー
★モズアスコット
本来ルメール騎手騎乗でここまで印を落としていいものか?と思いますが、ルメールも神様ではないので・・
△ステルヴィオ
前走賞金は足りているのに複数の強敵と勝ち負けを演じました。馬主3頭出しの一頭で騎手は外国人とはいえ主戦からは乗り替わりですが、押さえたい条件です。
△ブラックムーン
昨年大外を鬼脚で追い込み6着と僅差でした。地力はあるので条件が嵌れば馬券に絡む可能性十分と思います。
△ヒーズインラブ
右回りでこその馬でこの条件はほぼベストという印象、経緯はともかく叩き3戦目で、追い切りはキビキビみえました。

◆福島民友C
ヒラボクナターシュが注目と思いましたが、かなり人気をかぶっているようです。ここは穴で見物料がわりにここしばらく泣かず飛ばずのストロングバローズの復活をかけた一発に期待です。(理由の一部はフリーMに記載)

◆霜月S
ここは穴で外枠ですが展望通りコウエイエンブレム、ラテンロックに注目です。(理由の一部はフリーMに記載)

◆一般レース注目馬
・西陣S
ディープミタカ(大穴で確率低いので注意してください)
・飯坂温泉特別
コンセッションズ
・福島9R
展望に書いたとおりなんと5連闘のマリネリス(大穴で確率低いので注意してください)

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月18日(日)AM1時15分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
※AM4時40分くらいまでに内容は変えていませんが若干文章を整備しました。

土曜日のアルテミスSは不発でした。ただ勝った馬だけでなくこのレースに出走した馬の一部は今後も面白そうです。今後それなりに活躍する馬を量産するのでは?と思いました。

全般もですが特に重賞は不発続きですが、また長々と下記に予想を書きます。
天皇賞はある種、有馬やダービーと並んでお祭りなので、ああでもない、こうでもない、と色々考えるのが楽しいのかもしれませんね。

参考にする方は、もちろん反面教師にしてのほうが賢明と思います。

◆天皇賞秋
ここは秋の中距離G1初戦ということで、叩いた馬で先々活躍する条件があるかないか、という部分でもこのレースで勝負をかけているかどうかを考えてみたいと思いました。ただまともに考えると穴はもちろん、大穴など考えにくいメンバーなので馬券を印どおりに買うかすらも迷っています。いっそ目をつけた穴馬の単複と◎とのワイド程度に絞って見物に徹してもいいのかも、と考えています。
・今後のスケジュール
近年は秋天→JC→有馬という公式はなくなりつつあり、狙いを絞り込んでの出走が多いと感じています。ここで問題になるのは暮れの香港です。ここにどういう登録をしているかが先日発表されました。あとは来春の大レースですが秋天を本格的に狙うタイプは当然ドバイと大阪杯がかぶります。そう考えるとここか香港でメイチ勝負してあとは来春の2レースしか敵鞍がなくなります。下記にもありますが半年以内で海外2回遠征はきついので香港は登録だけという馬もいると考えています。というよりそんなに沢山の出走枠があるかどうかも疑問です。そうなると2千前後がベストの馬は仮に香港に登録があってもここメイチの可能性もあります。
ただ休み明けの馬や、一部のタフな馬はマイルCSにも出走可能なのでここは注意と思っています。

★秋天出走馬の香港予備登録
ヴィブロス 第一希望マイル、第二希望2000
ステファノス 2000のみ
サングレーザー 第一希望2000、第二希望マイル
マカヒキ 第一希望2000、第二希望2400
ブラックムーン 第一希望マイル、第二希望2000

というふうになっています。香港は12月のレースであり、ここを本格的に狙っているケースは秋天でピークにするとかなり無理がありそうです。ここが休み明けくらいでちょうどいい感じでは?と思います。また香港の馬場は日本とは違い時計がかかり、さらにいえば秋天とは違い右回りです。また香港で激走した場合は春のドバイを目指す場合は馬には再度の検疫など大きな負担がかかる可能性が高く、ドバイで実績のある馬は実際には出走しないでドバイに絞り込む可能性もあるのでは?と思っています。

そのように考えるともとから香港には登録さえしていない秋天出走馬の有力どころで、欲をいえば1回叩いていたり、ここをゴールに使ってきた馬のほうがさらに勝負気配は濃厚と考えています。

さて上記の条件も含めた個人的私見による可能性ありの各馬のコメントです。
・ステファノス
内枠有利で実績もあり穴で注意ですが紐までか?
・ブラックムーン
大穴ですが人気にかかわらず地力があり注意ですが、休み明けもありよくても入着級で複少々。
・ヴィブロス
陣営から伝わってくるのはマイル〜1800がベストと考えている?と感じます。圏内とは思いますが紐まで。
・レイデオロ
過去のレースは原則2200〜2400で勝負がかりの印象で、もちろん地力は高そうですが過信は禁物と感じました。こちらも香港は登録なく本当の狙いはJC?
・スワーヴリチャード
休み明けが気になりますが左回り、特に東京巧者で、安田出走などを考えるとJCよりここの適性の方が高いと考えている可能性があると思いました。アルゼンチンは相手関係や56キロのハンデ、賞金加算が必須だったことでの出走と考えます。勝ち切るかどうかはわかりませんが香港登録もなく有力。
・マカヒキ
香港登録では2千→24千の順で有力ですが、ムラがあり負ける時は惨敗もありそうです。
・アルアイン
香港登録なく、この先敵鞍もなく、賞金や実績も加算したいはずです。叩いてここ勝負の可能性高いと考えます。問題は東京コースがどうか?
・ダンビュライト
長距離馬に思えますが、意外に2千を繰り返し使っていて2千〜22千あたりが向いていると陣営が考えている感じです。地力が疑問ですが先行するとかなり渋太く、香港登録もなく賞金加算も必須で、Bコース変わり、少頭数のレースということも考えると人気薄ですが注意です。
・サングレーザー
前走通り福永騎手騎乗であればさらにここもと思いましたが、それを上回るモレイラ騎乗で経緯は不明ですが、もしモレイラ騎手確保プラス彼を他の馬に乗せない、ということが目的であれば、勝った騎手からの乗り替わりでは異例ですが、かなり注意です。香港は2千→マイル登録ですが、短距離からの距離変更もあり、ローテーションはもちろん考えているとは思いますが、目先のレース1戦ごとに全力勝負と思いました。有力です。
・キセキ
穴狙いのターゲットになっている感じです。ただ前走は復活しての休み明けではないので叩き台というような余裕があったかは疑問で自体が勝負がかりだった可能性もあると思っています。であれば若干割引です。菊花賞は長距離で超荒れ馬場、ダービー上位馬不在で過信は禁物と思います。
・ミッキーロケット
宝塚や近々の実績で長距離の印象が強いですが実はもとは2千前後でこその馬。ただ速い時計や東京がどうか?
・サクラアンプルール
前走はサマーチャンピオンがかかり、またここ最近の主戦・田辺騎手ではなく単にタイトルのために勝ちに行ったのか、戦略的に仕掛けたのかが難しいところです。もし後者であれば人気はありませんが上位の可能性十分というふうに考えています、

◎軸アルアイン
○スワーヴリチャード
▲サングレーザー
★レイデオロ
△サクラアンプルール
△ヴィブロス
△ダンビュライト

馬券は◎から人気に馬連、穴にはワイドで。

◆カシオペアS
プリメラアスールがすんなり先行できれば今回は注意と思っています。

◆ルミエールAD
穴では内枠がどうかですが前回1400をハイペースで逃げたウインソワレに注意です。それから裸同然の軽量で連闘するジュリーハーツ、ノルマンディ系の2頭、アペルトゥーラ、ナインテイルズに注意です。またこれはかなり難しい可能性がありますが前走は惜しくも馬券に絡みませんでしたが見せ場があった9歳馬のシベリアンスパーブも少々買いたいと思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月28日(日)AM3時59分くらいです。

↑このページのトップヘ