競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。穴狙いです。馬や騎手、興行としての競馬、オッズ、馬主、馬装具などひとつのファクターにこだわらないようにしています。ただ当サイトは2020年1月までで、以降は「競馬穴狙いの探求2」として https://keiba-ananerai02.blog.jp/ に移行しました。

タグ:アルゼンチン共和国杯予想

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
土曜日はまったくダメでした。
惜しかったとか、そういうレベルではなく、的外れな予想が多かったので、今日はレース数は少なめにします。
自信度は前述のとおりです。
◆アルゼンチン共和国杯
馬場、枠順、オッズ等を確認しましたが、馬場状態は先週より若干外目の差しが決まっているように感じました。騎手も最内より幾分外目の部分を選んで通っているように見えました。今年はAコースの時もそうでしたが、時計は早いのですが、馬場が悪化しやすい状態なのでは、と個人的には勝手に想像しています。

またオッズ等を見て、先日の印を少し変えた予想にしました。

★予想
◎軸ジャガーメイル
◯サンライズマックス
▲トーホウアラン
△モンテクリスエス
△トーセンキャプテン
△スマートギア
注ヴィーヴァヴォドカ
ここは人気ですがシンプルに考え、絶対に上位が欲しい、ジャガーメイルを重視に変えたいと思います。実力的に拮抗している◯が対抗、あとはここに照準を合わせてきている感のある▲、くせ者の馬を何頭かピックアップしました。スマートギアも勝負ですが少し割り引きで考えました。

★馬券
・◎から馬連で印の馬に6点。(サンライズに200円、スマートに300円)、◯▲の馬連。
・◎◯二頭軸の三連複で印に5点。
計1500円。

◆ファンタジーS
こちらは基本の予想はそのままで、もう一頭候補にくわえました。
有力馬はラナンキュルス、ステラリードの人気馬に加え、スイートエスケープ、ききょうS組のパリスドール、ラブグランデーです。
馬券は
・ラナン、ステラ、スイートからパリスドール、ラブグランデーに馬連フォーメーションで6点。
・パリスドールの単複(100,300)。計1000円。

◆赤富士S
パープルイーグルの単複(100,300)と馬連、ワイドでロールオブザダイスに。計600円

◆渡月橋S
趣味の大穴狙いです。あまり参考にしない方がいいと思います。
チャレンジシチー、スナークユーチャンからワイドフォーメーションでスマートブレード、スマートギルドに4点。
チャレンジ、スマート2頭の複勝を200円ずつ。計1000円。

◆東京7R
ダイワバーガンディから馬連でシュンカジョウ、テングジョウに。

◆東京8R
ツクバタイヨウの単勝300円。

以上合計4600円。

★11/8の購入金額・・4600円
★11/8までの購入金額・・223700円
★11/7の的中金額・・1180円
★11/7までの購入金額・・219100円
★11/7までの回収金額・・234160円
★11/7までのの回収率・・106%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

ブログネタ
競馬穴狙い予想 に参加中!
今週の出走馬が確定しました。秋華賞を制したレッドディザイアはJCに出走する方針のようです。相当強そうなので面白そうです。

天皇賞・秋は、カンパニーがアッサリという感じで勝ちました。個人的にはもっとし烈なレースになると期待していましたが、意外な感じでした。
馬券はたまたま印にない馬を馬連に組み入れたことが功を奏し取れましたが、本来何時間も事前に予想したことがあっさり覆ってしまい、複雑な心境です。
今年の秋のG1は降着やこのような感じで2勝になりましたが、今ひとつの気分です。
またウォッカの最後の1ハロンの走りは、まったく伸びなかったように見えました。武豊騎手もゴール前は勝ちにいく追い方ではなかったように見えました。今後はどんなことになるのでしょうか?

今日は土曜日の予想、馬券と日曜日の展望を書きたいと思います。
ラッキーに助けられているだけの現状なので冷静沈着に、と一応考えています。
なかなか難しいですが・・。

◆武蔵野S
最近は年々JCDの前哨戦的色彩が強くなってきました。今年は古馬と3歳馬の一線級の対決が面白そうです。

サクセスブロッケンの59キロをどう見るか、ジャパンダートダービーを制したテスタマッタの58キロをどう見るかも重要です。
サクセスブロッケンは斤量を承知で出走してきているはずで、実力からもあまりみっともないレースは出来ないはずです。ここは勝ち切れないにしてもアクシデントがなければ上位に入る確率はかなり高いと考えいています。

また重賞ウィナーですがトランセンドの55キロは無理な展開にならなければかなり有利と考えます。また春はパッとしなかったワンダーアキュートは追い切りでも力強い走りを見せて以前とは馬が違ってきたように見えます。

あと主戦の田中博騎手で安定した成績のシルクメビウスも注意です。
ダート未勝利ですがフレンチデピュティ産駒のサイレントプライド。後藤騎手が追い切りでも騎乗しました。前走は14着でしたが着差は0.5秒で、殆どの馬が一団でゴールした史上まれに見る激戦でした。
また最近は関東のほうが成績が良く、柴山騎手との相性がいいダイショウジェットあたりも警戒です。
いずれにしても常識にかなわないような大穴は狙えないと思っています。
★結論
◎軸トランセンド
◯サクセスブロッケン
▲ワンダーアキュート
△シルクメビウス
△ダイショウジェット
注サイレントプライド
★馬券は◎から印に馬連5点。◯と▲の馬連。サイレントプライドの単勝200円。
計800円。

◆京洛S
ウエスタンダンサーの単複(200,300)

◆長岡京S
アマノチェリーランの単複(100,300)と趣味に走りますがマンテンハットとマッチメイトの複勝をそれぞれ200円。計800円。

◆磐梯山特別
メイショウイチバンの単複(200,500)

◆東京2R
ジャングルハヤテの単複(100,300)

◆東京4R(障害戦)
トミケンブロードの単複(100,300)とチャイコフスキーとのワイド。

◆東京7R
インプリシットの単複(100,300)と超大穴狙いでこの馬からワイドでデルマアルタイル、デルマレグルスに。

◆京都2R
マリンバラッドの単勝200円。

◆京都4R
ドラゴンゼファーの単複(100,300)

◆京都8R
ラウリシルヴァの単複(100,300)

以上合計5300円

◆日曜日の展望
★アルゼンチン共和国杯
JCへの最終切符レースになりつつあります。賞金面もそうですがレーティング上位に食い込む流れを考えれば最悪でも2着、原則的には勝つことが必要です。今年はジャガーメイル、スマートギアなどが虎視眈々と狙っています。
このような事情で年々レベルが高くなって、今年は重賞ウィナーが11頭、G2で連対・G1や海外G1で上位に食い込んだ馬が3頭と例年になく豪華メンバーになりました。
ポイントは最近実情も加味したさじ加減になったハンデ評価です。また縦長の展開になった京都大賞典の上位馬がそろって出走予定です。
東京2400と酷似した条件ですが、スタート後の直線が長くスピードが乗りやすいので、よりスタミナやタフさを要求される条件です。
また以前と同様、ハンデ戦ならではのこの条件に照準を合わせた馬にも注意です。
★有力馬コメント
・ジャガーメイル◯
ご存知無冠の強豪馬です。海外の大レースで3着になったように地力は証明済み、新婚で初重賞を狙った石橋脩騎手から名手スミヨン騎手に乗替りです。昨年は2着で勝ったスクリーンヒーローはこの後JCを快勝、スクリーンよりハンデを背負っていたのでこの馬もJCに出走できていれば・・と悔やまれます。ただ相手なりのタイプで若干詰めが甘いようにも見えます。ハンデ57キロは妥当と思われますが、油断は禁物。名手で新味が出れば。
・スマートギア△
外差しがまだ決まりにくい東京で、追い込み一手の脚質が課題です。ハンデ56キロは恵まれた部類と思われます。当然勝ちにいくと思われますので、思い切った競馬が出来れば。
・エアジパング
長距離と北海道というイメージです。ここは若干割引です。大幅に時計がかかるような消耗戦にならないと難しそうです。
・アーネストリー
春は期待を裏切りましたが、秋になって変わってきた感があります。55キロであれば注意です。
・サンライズマックス◎
天皇賞・春で長距離でも力があることを見せつけました。東京は得意の部類です。ただ若干ムラがあるのが気になります。
・トウカイトリック
長距離の常連で3000メートル以上では天皇賞・春3着や重賞勝ちなど実績があります。ハンデ57キロは恵まれたので、紐で注意です。
・トウショウウェイヴ
東京はめっぽう強く、距離も適距離です。今回穴人気になりそうです。ただ昨年と違い前走のレベルは今ひとつです。2着馬は次走で完敗です。
・トーセンキャプテン▲
前走は久々に好走しました。一時と違い直線で抜け出す脚を使うようになりました。また同じパターンになれば、要注意です。ルメール騎手の騎乗にも注目です。
・トーホウアラン△
地味なうえ、人気になるとこけるタイプです。ただこの条件には合うと思います。嵌れば逆転も。
・ハイアーゲーム
青葉賞勝ちや前走など東京では走ります。ハンデも56キロで手頃で穴人気になりそうですが、Bコースに変わり今ひとつ好走するイメージがわいてきません。
・ヒカルカザブエ
実力は阪神大賞典で実証済みですが、距離がもう少しあれば。ただスタミナ満点そうで消耗戦になったら浮上しそうです。
・ミヤビランベリ△
目黒記念ではあっといわせました。また七夕賞を二連覇と地味ですが、人気以上に実力がありそうです。特に不良馬場とはいえあの消耗戦で千切って勝ったということは思った以上にスタミナがあり、長距離も合っていそうです。問題は57.5キロのハンデ。
・ダンスアジョイ
典型的なハンデキャップホースです。連戦連勝より、レースを選んで勝負をするタイプに見えます。この条件は最適な条件です。ただやはり実績を積んできて56キロのハンデがどうか。
・モンテクリスエス
ここでいきなり好走しても不思議はない条件です。どういう時に好走して、どういう時に凡走するか判断が難しいタイプです。とにかく紐に一点加えておくと安心です。予算が許せばですが。

以上ですが印は現段階でのものです。枠順、売り出し直後のオッズを確認してから結論を書きたいと思います。
追い切りはあまりピンと感じる馬はいませんでしたが、強いていえばトーセンキャプテンの反応がよかったように思いました。
ハンデ戦ですが、56〜57.5とそこそこのハンデ馬が横並びで、58キロ以上のハンデ馬が不在、つまり抜けた馬もいない状況です。人気差以上にどの馬にもチャンスがありそうです。ペースが落ちつけば先団の内目につけて経済コースを通った馬あたりが直線で渋太い競馬をしそうな感じです。
ハイペースでもやはり内目の経済コースをまわれるかどうかがかなりポイントになりそうな気がします。

★ファンタジーS展望
ステラリード、ラナンキュルスが人気になりそうです。この両頭は人気ですがかなり有力だと思います。穴ではラブグランデー、パリスドールのききょうS出走馬両頭に注目です。
先日書きましたが、かえで賞でききょうS出走馬が1〜4着を独占しました。特にききょうSでは先行した馬が厳しいレースになったと思われます。
そういう意味では人気薄になりそうなパリスドールのほうが面白いのではと考えています。

★11/7の購入金額・・5300円
★11/7までの購入金額・・219100円
★11/1の的中金額・・20660円
★11/1までの購入金額・・213800円
★11/1までの回収金額・・232980円
★11/1までのの回収率・・108%

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ

このページのトップヘ