競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。原則穴狙いをしながら競馬を様々な面から研究。馬や騎手の能力はひじょうに大事ですが、あくまでも主催しているのは人間であり、経済的、興行的、そして人為的な側面も重要視しています。一つのファクターにこだわらないように考えています。

タイトル写真は2016年11月26日東京7R・芝2400m戦のスタート後の1コーナー付近の様子(撮影は当ブログ制作・管理者で転載・流用を禁止します)

2019年現在競馬歴31年、原則穴狙いです。けっこう無理やり穴をさがしたりもします。

このたびURLを急遽変更して、別のサイトに引っ越しました。
個人で単にレースの予想を定期的に掲載しているだけなので、私自身も全く事情はわかりません。自身も「寝耳に水」的な感じで、「え?何で?」と思いましたが、このように予想掲載できる設備があれば、個人的には満足なので深く考えずに、とりあえずそのようにしました。

新しいサイトは
「競馬穴狙いの探求2」(とほぼそのままですが・・・)です。

http://keiba-ananerai02.blog.jp/
上記リンクをご利用ください(URLがリンクになっています)
2020.2.1

アルテミスS

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
土曜日の天候で馬場状態が若干悪化する可能性がありそうです。
そういえば再度秋華賞の話ですが直線のゴール前の脚色が抜けていたアーモンドアイとほぼ同じ脚色だった馬がカンタービレでした。もちろん同じ実力があるかはわかりませんが、今後G1でも好走の可能性十分と感じました。

あと先週土曜日の京都8Rで人気薄で快勝したプティットクルールですが、今までのあと一息のレース振りから一皮向けた印象です。着差以上に強い勝ち方と感じました。上のクラスのハンデ戦では馬券に絡みましたが、定量戦ではもうワンパンチ足りない感じでした。まだ4歳で成長する可能性を考えれば長距離戦では今後期待できそうです。田中健騎手と相性がよく、1000万でも馬券に絡んだこともありハンデ戦などで斤量が軽い時は特に注意と思います。

◆スワンS
メンバー的に叩き台とはいえモズアスコットは凡走が許されないパターンと考えますが、以前もメンバーのレベルに関係なく取りこぼしもあるという印象もあり他の馬が勝つ可能性も十分です。またモズが上位でも人気薄が絡む可能性も十分と思います。
もとよりメンバーだけでなく、レース自体のレベルも高い可能性があるセントウルSで好走したコウエイタケルに注意です。また賞金加算が必須なうえ事前入厩したロードクエストにも注意です。さらに追い切りなどの様子も含めべステンダンク、コース形状が比較的似ている函館で好走歴の多いデアレガーロあたりまで注目しています。

◆アルテミスS
岩田騎手は今週美浦で追い切りでアフランシールにも騎乗しました。来週のJBCに絡んでの東上の可能性もありますが、この馬のための可能性もあります。実力的にも面白そうなので注目です、あとデビュー戦のレース振りからトスアップにも注意です。他の有力馬に比べて地味ですが潜在能力は引けを取らないと思っています。あとは人気ですが衝撃的な強い勝ち方をしたグレイシアは押さえざるを得ないと思っています。


◆国立特別
前回の51キロ騎乗では寸前に馬が出走取り消しとなり、「ひょっとしたら減量失敗?」と思わせた武豊騎手の久しぶりの51キロ騎乗のプリュス、軽量のエスターテあたりに注目しています。

◆岩船特別
真偽や本当の目的は不明ですが今週美浦での追い切りに騎乗馬ではないのですが、Gチャンネルの追い切りの映像では栗東の菱田騎手が参加していたようです。一週前の可能性もありますが、今週は新潟、京都の騎乗で一部美浦の馬にも騎乗があります。その中で軽量の関東馬で将来的にも面白そうなジョブックコメンに注目です。

◆東京12R
武藤騎手が前走騎乗で今回も減量のリーガルオフィス、今回武藤騎手が減量騎乗のラインアストリアに注意です。

◆超大穴注意馬
ほぼ難しいと思いますので話半分ということで、あまり参考にしないでください。
・京都1R
チョウヤバイ
・京都2R
スーペルゴラッソ

◆天皇賞秋展望
普通に考えたら強力な馬に一流騎手、さらに日曜日は馬場が悪化する可能性も少なく、Bコース替わりで、少頭数とまぎれる可能性がきわめて少ない形になりました。一部目的は不明ですが難しそうな馬を除けば有力馬の戦いの可能性が強いと思っています。
ただローテーションや前走のレース振り、当地での実績、あとはトリッキーなコースなので枠順も含めて考えれば、穴ではステファノス、サクラアンプルールあたりは面白そうと考えています。あとこれはかなり難しいと思いますがJBCのニシケンの追い切りで栗東遠征したと思われる横山典騎手が追い切りに騎乗したブラックムーンも実は地力があり注意です。特に昨秋のマイルCSでは全くの人気薄でしたがゴール前では見せ場たっぷりの豪脚を披露しました。距離も守備範囲内ではないかと思っています。
また今回は比較的人気がないアルアイン、サングレーザーも一回叩いていて今後のスケジュールやレース条件的にもここはメイチ勝負の可能性が高く注意と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月27日(土)AM4時18分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
また今週も雨です。特に京都は土曜日から馬場の悪化が進みそうです。東京は土曜日は雨の降り出しの時間が微妙でそんなに悪化は進まないと思っています。ただBコース変わりとはいえ先週までの大量の雨でかなり荒れた状態と考えています。
台風は大丈夫と思いますが、日曜日の京都は風が強くなる可能性があり、注意です。
京都は今週もAコースでさらに馬場が悪化する可能性があります。また新潟は季節柄もありのでしょうが今週は芝刈りをしていないようです。ただ内が荒れているようなので外差しが決まりそうな馬場は変わらないと思います。

◆スワンS
買う馬の詳細は最強ランキングコメントに、印(馬券はこの通りには買いません)は最強の重賞予想に記載します。
マイルCSのトライアルレースですが近年は若干相関関係が薄い年もあり本番ではなくここで勝負の馬が多くなっている印象です。
・セイウンコウセイ
ご存知道悪こそでの馬、という印象が強く距離、コースとも合うので当然に好走の可能性が強いと思いますが、その分間違いなく人気になりそうです。

・レッツゴードンキ
スプリンターズSでは本命にしましたが、今度は人気にもなりそうですが、要注意ではあります。

・ティーハーフ
コース形態が比較的近い函館で豪脚で圧勝の経緯があり今の馬場状態であれば注意が必要です。

・ジューヌエコール
軽量、函館での好走などに加えくわしい経緯は不明ですが騎乗馬の動向からも注意です。

・フミノムーン
ムラがありますが、侮れない地力があると思っています。また相手のレベルはあまり関係なく自分の競馬をするとかなりの実力があると思っています。主戦の幸騎手は当然G1馬に騎乗でここは割引です。

・ミスエルテ
気性の問題が問われていますが、潜在能力や軽量を考えるといきなりどこかで急に走る可能性があり警戒です。

・カラクレナイ
本来不利な大外ですが今までの脚質などからこの馬場状態であれば逆に要注意の一頭です。これくらいの距離がちょうどいいかもしれません。

・サングレーザー
こういうパターンの馬は好走の可能性が高いうえに道悪も大丈夫そうですが、当然人気にもなりそうです。個人的にはこのパターンは馬券は買いたくない条件です。きたらごめんなさいという感じで考えています。

・ビップライブリー
サングと同じ昇級ですがこちらは人気薄、道悪は大丈夫そうなのと、ひじょうに走りが安定していて面白そうです。

◆アルテミスS
評判馬が多く出走ですが、ここは手前味噌ですがPOGに登録しているハイヒールを狙います。
内枠が有利とは限らない馬場ですが、コース変わり、土曜日は馬場状態が大きく悪化せず若干の雨が降ればかえって有利になる可能性があると思っています。札幌ではメンバー的な問題はありますがまったくの楽勝にみえました。血統などの背景がない分人気がないので好感しています。単複で。

◆一般レース
東京7Rと東京9R国立特別を買う予定です。詳細はフリーMに記載します。

いずれにしてもここのところの馬券成績を考えると反面教師にしてください、という感じです。
先週のポポカトペトルと和田騎手のコメントではありませんが自分でも気づかないうちに数少ないチャンスさえも逃している感じです。

◆天皇賞・秋大雑把な展望
道悪の度合いが勝負に影響しそうです。実績などから前々日発売からサトノクラウンが人気のようです。事情は知りませんが馬主名義を法人に変えるなど戦略上の動きもあるようで、警戒です。個人的には馬場状態さえ問題なければもう一頭のサトノアラジン、前哨戦のローテーションを変えてきたステファノスのほうに注目していましたが道悪になりそうなので再度検討の予定です。穴では競馬とはまったく関係ない要因も含めサクラ、あとは来春引退調教師関係でディサイファ、前週もコメントに書いた前田氏の2頭(ワンアンドオンリー、カデナ)に注目しています。他の馬のコメントも含め詳細は土曜日深夜に記載します。


新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月28日(土)AM6時08分くらいです。

↑このページのトップヘ