競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。穴狙いです。馬や騎手、興行としての競馬、オッズ、馬主、馬装具などひとつのファクターにこだわらないようにしています。ただ当サイトは2020年1月までで、以降は「競馬穴狙いの探求2」として https://keiba-ananerai02.blog.jp/ に移行しました。

タグ:アルバート

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
凱旋門賞は上位2頭の強さが目立ちました。クリンチャーは残念でした。
比べるのは酷ですが、同じ距離の京都大賞典は強い馬は出るけど盛り上がりはなく、前哨戦、復活狙いとこの2頭の激突は見ごたえはありそうですが、あと一部は出走そのもが目的になっている感がありその温度差がその原因かもしれません。また現状この距離の層の薄さが際立っているのかもしれません。

毎日王冠のゴール前後の様子から、見た目はステルヴィオの脚色が目立ち今後も活躍が期待されますが、個人的な印象では次走はケイアイノーテック、キセキが面白そうだと思いました。

◆京都大賞典
ここは出走馬の中で追い切りなどで勝負する気があるのか?を計るしかありませんが、中でアルバートはモレイラ騎手が騎乗して追い切りました。もちろん休み明けや距離、開幕週であることなどの問題はありますが、モレイラ騎手は短期免許のうえ、来週は騎乗停止とここは毎日王冠に続き、もう一丁!、と狙ってくるとみました。あと大穴では仮に本気での出走なら距離延長でケントオー、またこの条件なら3着なら十分可能性がありそうなモンドインテロに注意が必要と思います。2強では不安定ですがサトノを上位に考えています。

◆グリーンチャンネルC
ハヤブサマカオーが速い逃げをうち有力差し馬で決着、というのが大方の見方のようですが、例によってここは逆に考えます。
特に東京1400は1600と違い、内枠などのスムーズな先行は残りやすく、特にハヤブサマカオーのブッ千切ったデビュー戦でみせた姿を考えれば、潜在能力は相当なものがありそうでここは注目です。
あとは内目の馬、ラインシュナイダー、タガノディグオ、モルトベーネはそれぞれみどころがありそうで今回は穴で注目です。それに人気ですがサンライズノヴァを加えて馬券を組み立てたいと考えています。

◆六社特別
昔府中に住んでいた時、府中の南口の繁華街の昔のさくらの焼肉屋の近くにたしか「六社堂」という書店がありました。勉強不足で意味はわかりませんが府中にゆかりのレース名だと思います。
前置きはさておき、期待の馬が数頭出走で穴の余地は少なそうですが、ハンデ戦なので少々買います。
穴馬は藤田菜七子騎手がこの距離をどう乗るかが問題ですが、ネイチャーレットに注目しています。他では左回りの長距離の方が持ち味が出そうなフェィズベロシティ、あとは超大穴で意外性でデルマサリーチャンあたりに注意です。

◆山中湖特別
ブラックオニキスが勝負がかりと考えます。

◆円山特別
まだ休み明けでどうかと思いますが、いつも人気薄で一発あるブロンズテーラーに穴で注目しています。このレースがどうかはわかりませんが順調に出走できれば来春までに一回は馬券に絡むのでは?と考えています。相手は実力あるタテヤマで。

◆南部杯
予定通り吉原騎手のノボバカラとルヴァンスレーヴへの連を狙いますが、ノンコノユメとオールブラッシュの馬券が途中色々な種類で一時売れていたようです。こちらの方が現実的かもしれません。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月8日(日)AM9時50分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
※大穴や超大穴狙い(複を少々)と記載している馬は継続的に狙っている馬でピンポイントではなかなか馬券に絡まないタイプの馬で、確率的にはかなり低いのを承知で個人的に狙っていますので、くれぐれもご注意ください。

G1シーズンたけなわですが、何故か忙しく日曜日もピンポイントで控えめに。
青葉賞など今までの重賞を見るかぎりスプリングS、ゆきやなぎ賞出走馬には注意が必要と感じました。
◆天皇賞・春
展望と大きく見解は変わっていませんが、追い切りなどの動きを見るとトーセンバジルという馬が意外に調子もよさそうだし、長距離のレースでは凡走も少なく、侮れないことに気付きました。ただ普通に考えれば固い決着の可能性が高くヤマカツ、シホウは個人的な趣味での大穴狙いなのでご承知置きください。本当はカレンミロティックと迷いましたがさすがに10歳馬であり、ここは逃げ宣言もありヤマカツに印をまわしました。
◎トーセンバジル
外枠が同かですが、島川氏の馬は春天2着2回で、今度こその可能性もあり、今回はメンバー的にも一発の可能性あり。
○アルバート
ローテーションから今年は特に警戒
▲シュヴァルグラン
ご存知の実力馬で上位候補
★クリンチャー
堅実なタイプで、前走の様子から上積みもありそうで上位は堅そう
△ヤマカツライデン
ローテーションと阪神大賞典の感じからここメイチの可能性あり
△レインボーライン
トライアルが強い勝ち方ですが権利取りでメイチの可能性もあり過信は禁物
△ガンコ
底を見せていないので余力に警戒
注シホウ
超大穴で複ほんの少々

◆谷川岳S
トウショウの2頭出しが上位に絡むと考えています。他ではトラスト、アポロ、タガノブルグあたりが上位候補と考えます。

◆端午S
メイショウの4頭出しが中心になりそうですが、どれも条件でムラがあり意外に難しい感じです。中ではメイショウラビエが一番安定しているのではと考えています。この馬からMオーパス本線で、あとはワイドで他のメイショウに。

◆新潟7R
このコースはなぜか走るスノードーナツに注意です。

◆京都5R
ウォルビスベイに注意です。

◆東京3R
穴でフチコマに注意です。複とクレバージェットとのワイドで。

◆東京2R
穴でユーロジャイズに注意です。相手本線はショウナンカルロとショウナンマボロシのショウナン勢ですが、人気のラスティユースとキルロードも押さえたいところです。

◆京都2R
ホクセツに注意です。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在4月29日(日)AM3時35分くらいです。

このページのトップヘ