競馬穴狙いの探求(中央競馬中心)

2019年現在競馬歴31年。穴狙いです。馬や騎手、興行としての競馬、オッズ、馬主、馬装具などひとつのファクターにこだわらないようにしています。ただ当サイトは2020年1月までで、以降は「競馬穴狙いの探求2」として https://keiba-ananerai02.blog.jp/ に移行しました。

タグ:アーモンドアイ

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
遅くなりましたが土曜日も不発続きで、もしご覧になっている方がいたら今日は殆ど参考にならないと思います。
ふっと気付いたのですが、今回武豊騎手がJCはおろか京阪杯にも騎乗していない状況でした。
ちまたの話題沸騰ですが、個人的な事情で今日は簡単に。自信度はEです。

◆ジャパンカップ
アーモンドアイがここを勝てば名馬と年度代表馬、そして国民的な英雄の名誉を手に入れるということで話題沸騰です。
こういう時は印は別にして馬券はアーモンドから穴にワイドと複勝を買うパターンで少額で責めようと思います。
該当馬が馬券に絡めば、ワイドか複勝の高配当かどちらかがゲットできるからです。アーモンドがかぶっているおかげです。
狙いは穴馬ではサウンズオブアース、ウインテンダネス、ノーブルマーズです。東京の長距離重賞で連対実績があり、後の2頭は先行力もあります。頭数が少ないので外枠も多頭数よりは気にならずむしろスタートから思い切って動けるのと、被される可能性が少ないのですんなり先行できれば面白そうです。

まともに考えれば勝負気配や雰囲気などからキセキ、サトノダイヤモンド、カプリあたりがアーモンドの相手では?と思っています。騎手も当然上位を狙ってくる可能性が高いと考えています。

一応印は、
◎アーモンドアイ
○キセキ
▲サトノダイヤモンド
★カプリ
△サウンズオブアース
△ウインテンダネス
△ノーブルマーズ

◆京阪杯
ここも混戦なので連より単複で勝負します。
展望から気になっている好走は間隔を開けた時に多いフミノムーン、追い切りで気になった実力馬のダイアナへイローに加え近走は妙に間隔を詰めて使っていて後々好走馬が出ているスワンSの先行馬のキングハートにも注目です。
有力馬が上位に食い込む可能性はかなり高いと思いますが展開で紛れがある京都の1200なので外の人気馬ワンスインナムーンが強引に引っ張れば差し馬の、そのまま先行有利になれば内枠の馬の出番が人気ほど自力に差はないと思っているのでありそうです。

◆吉原騎手
1〜3Rは馬券に絡めませんでしたがそこそこの騎乗はみせています。後半に期待です。

◆ゼットマックイーン
京都7Rで出走で2ヶ月半ぶりですが、昨年1月に大穴を出して以来凡走続きです。順調に出走してくれば今回以降は暫くはそろそろの一発に期待です。

◆オータムリーフ
見物料でタイセイの2頭(特にエクレール)を単複のみで狙ってみます。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月25日(日)AM11時01分くらいです。

ブログネタ
レース検証(次走狙え・この馬強いぞ・道悪上手?) に参加中!
先週は全く的外れではありませんでしたが、馬券の買い方や注目馬の選択が少しずれていました。
馬券は結局ピタリ当てないとゼロなので同じことかもしれません。

◆先週出走の今後の穴の期待馬
先週自分の注目馬が出ているレースなど一部のレースを見ていて新たに浮上した注目馬をさがしてみました。
今後休養や引退の可能性もありますが、近々にもう一度出走してきたら勝負をかけてくる可能性があると思い狙ってみようと思います。
★トライン(日曜日京都8R7R【訂正:11月23日AM3時28分】芝1600出走)
ハイペースとはいえゴール前追い込んで上位に入った馬をしのぐ脚をみせました。他の馬と明らかに脚色が違いました。上位の馬よりも上がりで1秒前後速かったようです。もとは新馬を1番人気で快勝、暮れのホープフルS(G1)で競争中止になりましたが6番人気になった素質馬です。休み明けの前走はかなりの馬体減で、今回は体を戻していました。エンジン自体が違う可能性もあると思いました。今後人気は高まりそうですが、今回の順位は8着で実際のレースで上位に入るまではまだそんなに人気にならない可能性もあるので近々に出走してきたら狙ったら面白いと思いました。

◆今週のG1など重賞展望
今週はモレイラ騎手のハードスケジュールに注目しています。
週中 栗東でサトノダイヤモンド1週前追い切り
11月17日 東京で騎乗
11月18日 香港で騎乗
週中 不明
11月23日 浦和記念に騎乗予定
11月24日 京都で騎乗予定
11月25日 東京でJC他騎乗予定

仮に今週の追い切りで栗東に遠征するようだと、関東と関西を香港の間に挟んで行ったり来たりとかなりのハードスケジュールになります。
少なくともJC,京都2歳S、浦和記念のどれかで勝負をかけて優勝、もしくは上位に入るのではないかと考えています。追い切り遠征などの絡みを考えると、やはり賞金が高く、名誉もあるジャパンカップが彼の最大のねらいではないかと考えざるをえません。

・ジャパンカップ
残念ながら個人的に一番狙いたかったミッキーロケットが回避の予定のよで、他にも早々と不穏な事情でレイデオロが回避して有馬に回り、マカヒキも回避のようです。
それでも日本馬だけでもG1勝ち馬が6頭出走予定でメンバーがそろいました。

個人的な見解ではまずは世間的には牝馬三冠で史上最強の呼び声も高いアーモンドアイが注目しています。騎乗予定のルメール騎手は体重から考えると体を絞る必要がありコンディションや身体的な条件に細心の注意をもって準備しているのでは?と思っています。もちろん個人的にも現段階では最有力と見て馬券の軸として考えるつもりです。

他では前出のモレイラ騎手のサトノダイヤモンドに注目しています。おそらくかなり前からこのレースに照準をさだめているのでは?と考えています。

他では地力でシュヴァルグランは押さえざるを得ないと考えています。
また穴ではここで再度使ってきたサウンズオブアースに注意と思っています。
過去当該レース2着もあり、悲願の重賞制覇もあり全力でこのレースに勝負をかけてくると思っています。
特に今回は実力馬はほとんど勝ちに行く可能性が高く、思わぬ馬が上位に食い込む可能性大と思っています。

あと一番の台風の目はオブライエン厩舎のカプリ他外国馬の参戦です。

特に馬場適性がどうか?といわれているカプリですが個人的にはかなり注目しています。先行馬も多く消耗戦になったり離した逃げになる可能性もあると考えています。ご存知の通り昨年もオブライエン厩舎の馬が出走(5着)しましたがあまり見せ場はありませんでした。また例年は登録のみだったケースが多くこのレースに対する本気度はあまり感じませんでした。しかし今年はここ2〜3年の世界での快進撃にくらべ今年はBC、凱旋門賞などの大レースで惜敗続きであり、今年の出走馬はそれなりに勝負がかりと考えています。凱旋門賞でも逃げ粘り直線でも大きくバテませんでした。脚質から自分でレースを作れるので騎手の手腕もくわわれば、思わぬ好走の可能性もあると思っています。

と、それぞれの人が本命系の中で馬券の組み立てをするのでは?と思いますが、このような時にそれ以外の馬が馬券に絡むと思わぬ高配当になるケースもあると思っています。直前までによく研究しておこうと思っています。

◆ラジオ短波杯京都2歳S
スローペースになる可能性もあり未知の部分も多いですがヤマカツシシマルがスムーズに先行すれば残る可能性もあるのでは?と思っています。2歳時の中距離以上の重賞やオープンは血統馬や評判馬が人気になりますが、実際には意外に先行馬に注意と思っています。過去も穴が出るときは度々ノーマークの逃げ馬が絡んだという記憶があります。この馬の場合は前走はデータ的には全く話にならないと思いますが、個人的には超スローで参考外と思っています。その分通常での地力はほぼ未知数と思っています。


◆京阪杯(理由はフリーMに記載)
出走してくればですが、まずは穴でフミノムーンに注目しています。ムラのある馬ですがどちらかというと馬群や内を抜け出すというイメージがあり、混戦に強いという印象があります。強力な逃げ馬がいたりすると厳しい可能性がありますが、団子になるレースであればチャンスは十分あると思っています。他ではダノンスマッシュ、キングハート、カルヴァリオ、アンヴァルあたりに注意が必要と思います。

◆高雄特別
少し前に500勝ちでレース後に次走以降の注目馬として記載した触れたプティットクルールが登録してきました。地元開催のの長距離、ハンデ戦は最適な場で、以前降級前の同条件の淡路特別では50キロで3着に入り穴をあけました。先行して持ち前の渋太さを発揮すれば面白そうです。今回のハンデは51キロですが、前走の走りを見るとまったく危なげない勝ち方でかなり力をつけてきた印象もあります。勝手を知っていて相性のいい田中健騎手が騎乗すれば狙って面白そうだと思っています。
(仮にそうなった場合は以前は必要でしたが、今回は絞らなくても騎乗可能なのが逆に少し気になりますが・・)

◆プラタナス賞
手前味噌ですが個人的にPOGに登録しているラインカリーナが出走予定です。前走は比較的ハイペースを先行、さらに評判的にはそれなりの馬が複数出走でしたが3着に粘りこみました。ただ今回のレースの登録メンバーは初戦を勝ちあがった馬が大半で中には強い馬がいる可能性もあり馬券的には当然ラインカリーナを狙いますが走ってみないとわからない側面もあります。思わぬ強さを発揮する馬もいるかもしれません。見物料だけにして見て楽しもうと思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在11月21日(水)AM5時28分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
※大穴や超大穴狙い(複を少々)と記載している馬は継続的に狙っている馬でピンポイントではなかなか馬券に絡まないタイプの馬で、確率的にはかなり低いのを承知で個人的に狙っていますので、くれぐれもご注意ください。

土曜日は重賞は時計も速く、ペースは速すぎで想定とはまったく違い完全に不発でした。ラインも結局ゴール前でつかまり3着と勝ちを期待していたので個人的には不発でした。G1デイですが状況から反面教師として参考にしたほうがいいかもしれません。

◆秋華賞
ほとんどの予想家や関係者が◎を他の穴馬にしても事実上はアーモンドアイでしょうがない、と感じているようです。
ただ外枠にどうしても逃げたい馬が入り、小回り、直線短く平坦、開幕間もない軽い馬場であり、またアーモンドは揉まれ強いのかがまだ不明です。地力では他を圧倒していと思うので、まだ能力に奥がありそうな馬、先行か内目を進む差し馬、など逆転でkる条件は限定されると思います。ここで浮上するのは騎手の手腕かもしれません。また展開とそのような位置取りであれ経済コースを進めるかが鍵のような気がします。あとは出走権をなるべく早めに確保できてここに照準を合わせてきたことも重要と思います。
特に賞金が足りているのにトライアルを使い、大負けしなかった馬(レース条件は違いますが過去でいえばホクトベのようなパターン)には人気にかかわらず注意と思います。
◎軸アーモンドアイ
○ゴージャスランチ
条件はクリアーしていませんが、いつも能力は高いのでは?と感じる馬で、いつか一発ありそうです。
▲ハーレムライン
賞金が足りているのにトライアルに出走して掲示板でした。新馬でRライラックに完敗ですが、秋になり馬体が大きく成長している可能性もあります。おそらく最低人気圏ですがAアイやRライラック以外とはそんな大きな差はない可能性もあります。中山マイルの内枠で勝っているのでごちゃつくのも大丈夫そうで注意です。
★サラキア
これもトライアルで浮上した馬ですが、能力もありそうで、京都の2000が向き沿そうと感じます。
△トーセンブレス
穴の指名が今回多いと感じました。柴田善騎手から乗り替わった藤岡祐騎手が関東までお追いきり遠征です。私見ですが動きがよく見えました。
△ランドネ
内で先行しそうで残る可能性十分と思います。
△パイオニハバイオ
フラットな馬ですが持久力勝負に強そうで展開次第ですが、内枠は有利そうです。柴田善騎手の動向もあり注意と思います。

◆信越S
トウショウの2頭に注意ですが、特にトウショウピスト、あとは地力も含めスターオブペルシャに、軽斤量馬ではアンフィトルテに注目と考えています。大穴ではウインソワレ、あとはこの条件ならアポロノシンザンに注意と思っています。大穴のウインは複少々で中心はトウショウP、スター、アンフィ、アポロで組み立て、トウショウDからもスター、アポロあたりには押さえたいと思っています。
あとは点数がかさむのでひかえたいところですがミュゼエイリアンは今回ハンデが恵まれているように思え気にはなっています。

◆オクトーバーS
一般オープンでは実力馬の両マイネルはともに58キロで、新進のアドマイヤアルバ、スティッフェリオが人気ですが、この2頭では4歳馬で来春賞金が減額するスティのほうが有力と思います。仮に買うとしたらスティからワイドで両マイネルに少々。
※スティは降級はもう終わっていました。失礼致しました。いずれにしても北海道でのレベルの高いレースを経験したということで先々期待している馬なのでこの馬を軸に買うつもりです。(PM0時40分)


◆神奈川新聞杯
グランドボヌールに注意で、仮に買うとしたらニシノウララ、ティルナノーグにワイド少々。

◆藤森S
まず難しいと思いますが、シルバードリームの複少々。まともに考えればヤマニンアンプリメが有力と思っています。

◆寺泊特別
これも難しいと思いますが、マイネルサイルーンとダイシンサクセスの複少々。中穴ではショウナンサスケは地力があり注意と思っています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月14日(日)AM11時15分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
いよいよ秋のG1連戦が始まります。
あっという間に有馬記念になってしまう感がありますが・・。

◆府中牝馬S
賞金加算が必要な馬や一回叩いた馬を重視したいところです。
特に今年は夏後半から週中のみならず週末の天候も悪く馬場状態から若干時計がかかったほうがいい馬に注意と思っています。
◎クロコスミア
現状好走する条件がそろっている馬で地力もあり、昨年も好走していて注意です。
○ディアドラ
最終的な目標は不明ですが、一回叩いていることを考えればここは少なくとも上位を狙っていると考えます。
▲カワキタエンカ
賞金加算が必要と考え、スムーズに先行すると多少ペースが速くても簡単に崩れないので注意ですが、問題は東京コースがどうか。
★ソウルスターリング
復活を目指すのには一番いい条件です。
△リスグラシュー
△アドマイヤリード
△ジュールポレール

◆今週はいつも注目しているラインの馬に注意
中央競馬で現在大澤氏のラインの馬は12頭登録がありますが、今週は一挙5頭が出走です。通常多くても3頭くらいなので、個々最近はラインスピリットのG1での3着など活発な動きになっていることを考えれば、今週はどの馬も注意です。
・ラインカリーナ
プラタナス賞出走で、ここは先日すごい走りを見せたダイシンインディが出走のほか強敵ぞろいですが、デビュー戦では相当な能力を見せていてここでも一発の可能性十分です。
・ラインギャラント
新潟8R出走ですが開幕週もあり、枠順的にも注意です。

◆白秋S
ここは人気馬が順当と思いますし、定量戦なので狙いにくい条件ですが、いつも追っかけているキングクリチャンが出走です。すでに9歳ですが最近調子を上げてきている感じもありここも注意です。本来ハンデ戦での好走が目立ちますので順調に使えればの話ですが、次走以降に狙いがある可能性もありますが、ここは大穴狙いで複少々は押さえたいと思っています。

◆日曜日展望
・秋華賞
皆の注目はアーモンドアイの3冠達成に注目が集まっている感じで、私も同感です。
特別な馬と考えれば、現段階では相手の紐穴狙いで、と考えています。本来は京都内回りで開幕間もないことを考えれば内枠の馬か先行馬重視ですが、あまりこだわらずに考えます。
比較的人気ではまだまだ奥がありそうなサラキア、コース形態が似ている函館で好走したミッキーチャームに注目です。
穴ではゴージャスランチ、騎手の動向からパイオニアバイオ、あとは騎手が遠征で追い切りしてしかも動きがよく見えたトーセンブレスあたりに注目しています。

・信越S
穴党には勝負したい条件がならびました。現段階では特に注目はスターオブペルシャで、あとはトウショウの2頭(トウショウドラフタ、トウショウピスト)、あとはアンフィトリテ、ウインソワレに注目しています。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在10月13日(土)AM5時55分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
※大穴や超大穴狙い(単複を少々)と記載している馬は継続的に狙っている馬でピンポイントではなかなか馬券に絡まないタイプの馬で、確率的にはかなり低いのを承知で個人的に狙っていますので、くれぐれもご注意ください。

完全に嵌っている感じです。
もしご覧になった場合は反面教師として活用してください。
G1も最盛期ですが個人的事情で比較的簡単に(日曜日はレース数は多いですが・・)

◆オークス
個人的には原則的には今回はアーモンド対角居厩舎の戦いと考えています。
今年は早くに権利を取った牝馬は2歳時前半戦の馬はあまり出走がなく、12〜2月に取った馬はそのままその後の大きなレースで好走して人気になっています。
また実力差がはっきりしている感もあり、資金の余っている人以外は本来は見て楽しむようなレースと思いますが、穴狙いであれば本命系から穴に少額の資金で楽しむのが一番と思います。(紐荒れ狙いで)

本来はギャンブルとしてではなく、将来性では一番期待しているアーモンドアイを応援して確実に勝って欲しいと考えたいところですが・・
・○アーモンドアイ
この距離、コースで強ければ歴史に残るような名馬になる可能性が出てくると思います。桜花賞よりも緩い馬場のシンザン記念の追い込みのほうが度肝をぬかれました。他の馬が止まって見えました。
・◎サトノワルキューレ
もしアーモンドに実力で勝る可能性があるとすればこの馬と思います。トライアルでの脚は半端でなかった印象でス。ただしここで激走するかはわかりませんが、いずれライバルになる可能性も。角居厩舎の筆頭。
・★マウレア
今回が一番勝負をかけているように感じます。ある意味先のことを考えずに勝ちにいく可能性ありと考えています。
・▲カンタービレ
フラワーCを勝った時から決まっていたと思われる桜花賞をパスするローテーションで穴では特に警戒。角居厩舎の2番手。
・少々△3:パイオニアバイオ
展望でも触れましたが大きな根拠はありませんが、注意。アーモンドとカンタービレにワイドを少々。
・穴△1ランドネ
これで内田騎手が不発だとずっと栗東まで遠征を続けている目的が?と思い、穴で狙います。角居厩舎の3番手。
・紐△2リリーノーブル
当初前走のゴール前後の脚色から次走注目と思いましたが、また人気なので少々押さえ程度で。


◆韋駄天S
ヨンカー、ナインテイルズ、アベルトゥーラ、ラインミーティア、ダイメイプリンセスあたりに注目しています。

◆下鴨S
多分超大穴になりますが、スズカルパンに注意です。(複を少々)

◆京都12R
個人馬主の鈴木氏、前田幸冶氏がそれぞれ2頭出し、土曜日はこのパターンがことごとく不発だったので最終で一発の可能性大と考えます。カレンマタドール、カレンカカ、プエルタデルソル、タイユールの4頭のワイドBと各馬を人気に応じて単複少々ずつ。

◆東京12R
ピアシングステラ、クラウンシャイン、ティーポイズンのワイドBと人気に応じて単複少々。

◆湯沢特別
本来内枠、先行有利の新潟千二ですが、馬場悪化で外の差し馬も上位を狙えそうです。ここも岡田氏とメイショウがそれぞれ2頭出しですがそれなりに人気になりそうなので馬連フォーメ4点で。
メイショウハバネラ、メイショウトキン、ジェットヌーベル、プレイズガールの4頭で。あと太目でなければこのコースで時計がかかる時しか走らなそうな休み明けのポンポンから4頭にワイド。

◆フリーウェイS
ボーダーオブライフ、クライムメジャー、フローレスマジックの馬連Bとボーダーとクライムのワイド。あとオッズの動き次第ですがグランドボヌールにも注意が必要です。それから追いかけているクリノコマチの複少々(今回は難しいと考えているので最低単位で)

前半のレースは原則買わないつもりですが行き当たりばったりで、もし買った場合は間に合えば掲載、間に合わなければ馬券の写真を撮影します。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月19日(土)PM6時01分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
遅れたので簡単に。
先週の土曜日(13日)の新潟2Rのテーオーパートナー、ロマンスガッサンは次走注意と思います。
あと函館が近くなりデルマの馬がそろそろ照準を合わせてきた感じがあり今後は人気にかかわらず注意と思います。
それから季節的な要因で今年は皐月賞馬を出したヒダカBの馬もテレビ放映時間帯を中心に注意です。

あと個人的な感じですが今週はシゲルの馬に注意と考えています。今週は出走数を絞ってきましたが、どれも上位の可能性ありと考えています。あとは東京8R出走のユアザスターにも穴で注意です。

◆平安S
グレイトパールとテイエムジンソクは人気ですが、どちらも今のダート界を引っ張れる馬と感じています。帝王賞など今後大きなレースがあるので陣営の本気度の問題もありますが、この辺で大敗するようではたいした馬ではなかったということになります。穴ではナムラアラシ、プリンシアコメータ、クインズサターン、クイーンマンボあたりを相手で狙うつもりです。


◆オークス展望
もちろんアーモンドアイがどれだけ強い馬か、というのが最大の注目点と思います。ただ過去もよくりましたがあまりに強い馬が限定されているイメージが先行すると、距離やコースなど未知の要因が多い条件だけに、以前のダービーのライスシャワーなどのような大穴の流れも予想されます。

もちろんアーモンドに注目ですが、今回色々な意味で角居厩舎の3頭(カンタービレ、サトノワルキューレ、ランドネ)に注目しています。今回は勝ちに行く可能性が高いのでは?と考えています。また現段階では意外ですが今回追い切りの段階で少し変化が見られたように感じたマウレア、あとここを狙ってきた感があるトーセンブレスに注目です。それから超大穴でパイオニアバイオという馬に注意と考えています。一般的な要因では買える条件が殆どないのですが何故か気になります。(一番おきな理由はフリーMで)

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在5月19日(土)AM9時40分くらいです。

ブログネタ
競馬一発穴狙い??? に参加中!
レース名で春雷Sを千葉Sと書いてしまいました。訂正します。AM11:05

土曜日はかろうじてニュージーランドT他で少々的中がありましたが、ほぼほぼ完敗でした。
阪神牝馬がスローになり期待していた差し馬の出番はまったくありませんでした。
そんな展開でリスグラシューの強さと、ニュージーランドTで大外を周った一部の馬の強さが目を引きました。
まだ3歳なのでこれから活躍の場があるかも、と思いました。

日曜日は桜花賞ですが、収録などがありバタバタで、さらに勝ってもいないのでかなり控えめに・・
特に一番期待していた阪神最終のテイエムの1頭がスタートでゲートに膠着して、絶望的な状態になり・・、がっかりでした。ちゃんと出ても難しかった感じもありましたが、せめて直線向くところまでは小さな夢を見たいものですが。

◆桜花賞
ラッキーライラックがどうなのか?というところで8対2くらいで無風決着というのが巷の予想のようです。
ただ3着も含め相手が荒れる可能性は大、だと見ています。
展望のとおり、素質に期待でアーモンドアイを応援していますが、ラッキーも押さえるつもりです。

穴はやはり予定通り、トーセンブレスを筆頭にリバティハイツ、ハーレムライン、そしてあとはプリモシーン、スカーレットカラー、アマルフィコーストに注意と思いました。

印が回らないので全く人気のないスカーレットは印をはずして複勝少々だけということにしたいと思います。

千葉S春雷S(訂正4月8日AM11:05)
今年になってからの短距離戦を見るかぎり近年はメンバーが手薄なシルクロードS出走馬の次走以降の好走が目立ちます。
また今回ビッグレッドが変則的に多頭出しをしてきましたが、通常のパターンとちがい今回は勝負がかりのような気がします。ということでマイネルバールマン、ウインソワレ、セカンドテーブル、アレスバローズの4頭に注目です。

◆梅田S
まったく人気がありませんがドラゴンシュバリエを大穴で狙います。順当ならテルペリオン、クリノリトミシュルが中心で、実力的にはストロングバローズも足りている感じです。ドラゴン単複と3頭にワイド、あとはストロングから人気2頭に馬連

で買いたいと思います。

◆阪神6R
穴でスノードリーム、スズカチャレンジの各々の単複とエーデルワイスから両馬にワイド。

※ご注意
新しいブログの雛形が時刻が表示されないので、現在4月8日(日)AM1時55分くらいです。

このページのトップヘ